和道ライフコーチ・志野デスーザ・オフィシャルブログ -2ページ目

2007年、インド出身で米国籍を持つポールとの婚約後、退職前の有休消化も兼ね、東京からアメリカ南部はジョージア州に住む義理家族を初めて訪れた。義母と義妹夫妻、愛らしい甥っ子達の溢れんばかりの笑顔とハグに包まれ、まだ英語もままならなかった私の緊張も溶けていった。

 

インドのチャイと義母お手製のケーキを振る舞われたのち、義妹のマリアから「私達のファミリーへようこそ!記念にこの宝石を」と受け取ったのは、大粒の光輝くブルートパーズ宝石ブルー  ヒーラーであるポールがブラジルへワークショップの開催に出かけた際、その美しさに惹かれて購入し、愛する妹へ贈った宝物だったが、「義理の姉となるあなたにぜひ譲りたい」と彼女は言った。

 

イベントコーディネーターの経験もある義妹は、早々に私達の結婚式のプランを開始し、「式のテーマカラーは何色がいい?」と私に聞く。ちょうど前職でアメリカのウエディングスタイルをリサーチし、式の当日に何か(サムシング)「新しいもの」「借りたもの」「古いもの」「青いもの」の4つのサムシングを取り入れることで、永遠の幸せが続くという言い伝えの存在を知った私は、迷わず「テーマカラーは、このトパーズのような水色がいいわ。この宝石をネックレスにし、”サムシングブルー”として結婚式で着けます」と答えた。

 

表参道の宝石店では、私の肌やイメージに合うようにと、ゴールドの細いチェーンと宝石の輝きを引き立てるための高い台座を勧められた。出来上がりを待てずに日本をあとにした私のために、弟がアメリカでの結婚式に参列するまで大事に持って来てくれた。

 

 

ブライドメイド(花嫁介添人)として日本から駆けつけてくれた友人達もまた、淡いブルーのロングドレスに包まれ、義母がアレンジした花々が会場を彩り、テーブルには同色のキャンドルが揺らめく。。。「まるで映画のワンシーンのようだね!」と感涙する父の姿に、私の目も潤んだ。

 

義妹の別荘で催されたガーデンウエディングには、双方の親族に加え様々な人種の友人知人が集い、母の留袖を含め、まるで民族衣装のファッションショーのよう!南部独特の黒人バンドによる演奏とともにダンスが始まり、祝福と喝采の宴は夜更けまで続いた。

 

あれから12年の月日が流れ、その間に義母は他界し、義妹は癌を患い、昨年末に逝去した。

 

久しぶりにブルートパーズの箱を開けると、あの夢のような結婚式の想い出が、まるで昨日の出来事のように蘇る。と同時に、宝石の形が、天使の輝く涙のようにも見えることに気づいた。

 

人生は美しくも儚く、だからこそ当たり前の日々を大切に生きなければ。。。窓からそよぐ初春の風が、目に沁みた。

 

 

あなたの思考があなたの現実を作り出す」、、これは是非知っておいていただきたい、大切な宇宙の法則です。

日ごろ私達は、頭で色々な事を考えています。 電車に乗っている時も、会議中も、眠っている時でさえ、あなたの頭の中で思考がストップすることはありません。

「ある人に電話をしようと思ったら、偶然その人から電話がかかって来た」といったような経験は誰にでもあると思いますが、これは思考が現実を作る一例です。

そしてその思考には、人それぞれのパターンや癖のようなものがあります。

たとえばネガティブでマイナス思考な人が、気持ちが高揚するような本や人からの励ましに触れて一瞬ポジティブになったとしても、すぐにいつもの自分の思考パターンに頭は支配され、変わらぬ生活に戻って行きます。そして、その人が日ごろ無意識に考えているネガティブな思考パターンが現実と化し、堂々巡りを繰り返していることに気づけずにいます。

人生のパートナーを探す場合、そのような状況下でやみくもに出会いを求めても、結局出会う相手は 以前うまくいかなかった相手と似たようなタイプだったりするものです。 その人の思考パターンが、そのような相手を呼び寄せているからです。そして、「どうしていつもこんな結果になってしまうのだろう?」と嘆くことになるのです。

このような思考パターンは生きて来た年数分だけ強固になっているため、意識的に取り組まなければ なかなか そのパターンから脱却できません。

そこで、「もっと幸せになりたい!人生のパートナーが欲しい!」と思ったら、まずは頭で作り上げた理屈や条件を葬り、意識的にあなたの「心」が欲している人生、そしてその人生を一緒に歩んで行ってほしい相手の像を箇条書きにしてみましょう。

 

 



 

この「書く」というシンプルな行為は、実はあなたが想像する以上に強力なパワーを持っています。

書くことにより心から欲している事柄が明確になり、「そうか! 実は私はこんな人生や、こんなパートナーを欲していたんだ!」と自覚することに結びつきます。そして思いが明確になるということは、「私は○○を望んでいます」と天にはっきりと意思表示をしたことになります。ですから書いた時点ですでに、運命の扉の鍵を手にしたも同然なのです。

書くものは、手帳やパソコン、スマホなどの身近なものが良いでしょう。自宅に神棚などがある方は、その場所に願いのメモを置いても有効です。私と主人のポールは無宗教ですが、リビングの祭壇にメモを置き、人智を超えた大いなる存在に対し、日常的に感謝の祈りを捧げています。

あなたの心が欲する人生やパートナー像をクリアにしたあとは、ことあるごとにその文面に目を通し、時には声に出して読んでみて下さい。

特に、頭や思考がせわしなく動いている日中よりも、脳波がアルファ波になる就寝前などに読み上げると、眠っている間に潜在意識に届くため、願いはより一層叶いやすくなります。

さらに願いを唱えるときは、「ああして欲しい、こうもして欲しい。」といったエゴから来る欲求をできる限り抑え、「ここに書いたようなパートナーに出会えるよう努力をします。その後はあなた(宇宙や神などの大いなる存在)にすべてを委ねます。」と謙虚な心持ちで願いましょう。

このように書き、自覚し、意思表示をすることは、あなたが心から求める相手にシグナルを送ることになります。実際、私自身も書き出した後に主人のポールと出会い、書くことのパワーを実感している一人です。さらに彼もまた、私と同じような時期に人生のパートナー像を書き出していました。結婚後にそのノートを見せてくれたのですが、「これって本当に志野のことだね!」と彼も改めて驚いていたほどです。お互いが「私はここであなたを探しています!」とシグナルを発し合い、それをキャッチした天が二人を引き合わせてくれたに違いありません。

そしてついに願いが叶ったら、、、その時は、ギフトを届けてくれた宇宙に沢山の感謝をしましょう!!あなたの感謝の気持ちが宇宙から還元され、あなたの手元に次なるギフトとして届きますから。。。

心はいつも、あなたが気づいてくれるのを待っています。

今夜はテレビや音楽を消し、静かに心の声を書き留めてあげませんか?

※ Part1, 2は以下からご覧下さい。

「人生のパートナーと出会う方法 」 Part 1

「人生のパートナーと出会う方法 」 Part 2



 

前回「人生のパートナーと出会う方法」を綴ったのち、下記のような色々な反響をいただき続けています。中には個人的な内容のため、コメント欄ではなく直接のご連絡という形も多々あり、私自身も改めて このテーマを再考する機会をいただき感謝しています。


・苦しい関係を断ち切り、そこから学んだ経験をもとに今は幸せな結婚生活を送られている方。

・辛い失恋から立ち直って前進するために、いつでも読めるよう、ブログの記事をプリントアウトして持ち歩いて下さっている方。

・現在のあいまいな関係が、自分にとって本当に幸せな形であるのか自問自答を始められた方。

・過去の痛手から人を愛することに臆病になり 長らく恋愛を避けていたが、人生のパートナーを心から欲している自分に気づいたという方、、等々。



人は一人では生きられません。多くの人に囲まれ多忙な日々を送りながらも、ふとした瞬間に淋しさを覚えることはありませんか?特に核家族化や個人主義が進んだ都会では、下記のような状況はごく普通のことでしょう。


・職場の人間関係はあくまで仕事上の付き合い。

・マンションの同じフロアに誰が住んでいるのか分からない。

・休日に家に一人でいると落ち着かないが、人と会うのも億劫。

・ラインやフェイスブック、ツイッターなどのバーチャルな人間関係に甘んじている気がする。

・いざという時に助けを求められる人が思い浮かばない。

・なんとなく、自分だけが取り残されたような気がする。



これが恋愛関係の場合だと、、



・自分も相手も忙しいから、お互い会える時に会うしかない。

・相手が忙しくてなかなか会ってくれない。

・大きな声では言えないが、今の関係は恋人というよりセックスフレンドに近い。

・相手との関係が惰性になっているが、別れるのも面倒。かといって結婚する気もおきない。

・同棲(結婚)しているけれど、相手は真の人生のパートナーというよりもルームメイトに近い。

・長く付き合っているのに、相手が本当は何を求め、何を考えているか分からない。

・告白や別れ話さえもメールで済ませ、人とじかに向き合うことを避けている自分がいる。

・欲しい物は手に入ったのに、真のパートナーだけは思うように手に入らない。



どんなにテクノロジーが発達しても、最終的には生身の人間同士が向き合う必要があります。しっかりと向き合いたくても向き合うことが出来ない相手とは、単にそれまでの縁だったというだけです。関係が悪化すると相手を責めたり自己嫌悪に陥ったりしがちですが、相手が悪いわけでも あなたに非があるわけでもありません。恋愛関係が成就しないのは実に受け入れ難いことですが、あなたにはあなたの、そして相手には相手の「真のパートナー」が存在します。

時には恋愛でボロボロに傷つき、醜い自分や見たくない自分の側面を垣間みることもあるでしょう。 しかし、傷ついたら相手を責めるのではなく、再び傷つくことを怖れてガードを固くするのでもなく、そこから何を学び成長できるかを考えて下さい。

あなたに起こることは、全てが必然です。意味のないことは一つもありません。失恋、婚約破棄、離婚、不倫、、それらで深い傷を受けたとしても、そこから大切なことを学び、傷を癒し、大きく成長できれば、何もムダではないのです。

逆に傷から学びを得て成長しない限り、まるであなたに復習させるかのように、これでもかと言わんばかりに同じような学びを与えられます。時にはあなたに分からせるために、さらに厳しい学びを与えられることもあるでしょう。そこから逃げ続けていると、結果的に不可解な病気の発症や経済的な破綻、挙句には刑事事件など、人生がガタついて行きます。

 

逆に一旦 学びを終了した際には、想像以上の素晴らしいギフトがあなたを迎えてくれます。このようにして、天は常にあなたの魂の成長を導いてくれているのです。

「そんなこと言われても、そんな学びはやっぱり面倒。だったらいっそのこと独りでいよう。他にも色々とやるべきことはあるし」と、心を閉じてしまわないでください。素晴らしいギフトを受け取らずに人生を送るのは、やっぱり空しくはないですか??

また、女性の社会進出が盛んな昨今では、男女の価値観に大きなズレが生じているのも現実です。保守的で家庭的な私達の母親世代に育てられた男性達は、仕事や自分の人生を優先し、強く自己主張する現代の女性達への対応の仕方を教わっていません。

浮気は男の甲斐性などと言って耐えた母親世代とは異なり、現代では一度の浮気から関係の解消や離婚にいたることも多々あります。そして社会で強く生きながらも、実際はかつての自分の父親のように、一家の大黒柱となってくれる男性を無意識に求める女性達。。。女性達もまた、いかに男性をたてるか?、過剰な自己主張を抑え、母性と愛で男性を包み込めるか?を学び直す時期に来ているでしょう。

しかし、時代が進化しても、人が愛を求めることは変化していません。このあたりで一度、会社の肩書きや価値観の違い、エゴや理想や恐れなどを取り払ってみましょう。そして素の状態のあなた自身が、どんな相手を求めているのか、じっくりと心の声を聞いてあげましょう。意外な人の魅力に気づくことで新たな出会いが広がったり、今の関係の素晴らしさを再認識するかもしれません。スピリチュアル的にも、自分が心から求める相手の像をクリアにすることは、その相手が現れる可能性のスイッチをONにすることになります。

私自身も、長い恋愛遍歴に疲れ果てた時にじっくりと自分自身を見つめ直し、本当はどんな相手を望んでいるのかと自問自答を繰り返しました。以下は、その時に心の奥底から聞こえた声です。


・一時的な恋愛相手としてではなく、私と人生をともにすることに心の準備が出来ている人。

・お互いがしっかりと向き合い、喜びも悲しみも共に分かち合える人。

・深く愛し合い、夢を共有し、お互いが支え合える人。



そして、その人に出会った時に、彼もまた同様に私を探し求めていたことを知りました。出会えた時の深い喜びは、言葉では語りつくせません。やっと出会えた相手だからこそ、その存在に感謝しながら日々を送っています。

この世の中には、社会で経験を積んだ大人のあなたを尊重すると同時に、時には甘えん坊の子供のような幼さや、格好悪い生身の姿、苦しい心境をさらけ出しても動じず、しっかりと支えてくれるパートナーが必ずいます。そのパートナーも、今一生懸命あなたを探しています。その人を見つけるのは 他でもないあなた自身。。。あなたの運命を信じて、愛に満ちた未来を築きませんか?

※ Part 1, 3は以下からご覧下さい。

「人生のパートナーと出会う方法 」 Part 1

「人生のパートナーと出会う方法 」 Part 3

 

私のもとへは、常に独身女性、男性達からの人生相談が後を絶ちません。彼らのほとんどは着実にキャリアを重ね、端から見れば優雅なシングルライフを謳歌しているように映るでしょう。何もかも手にしたように見える彼らが今一番欲しているもの、それは人生のパートナー。。。

そこで恋愛遍歴20年以上を経たのちに天からの啓示を受け、その後魂が触れ合うような出会いと結婚に至った私の経験から、愛を求めるシングルのあなたへ、真の人生のパートナーと出会う方法をお伝えできればと思います。

 

 



 

◎ 自分を愛し、大切にする。

一時の自分の感情に流されたり、終わりかけている関係にしがみついたり、相手に依存したり、適当な関係を持ったりすることは、本当の意味で自分を大切にすることとは対極です。自分を大切に出来ない人を、一体誰が大切にしてくれるのでしょう??

あなたを幸せの方向へ導くことができるのは、彼や彼女ではなく「あなた自身」です。幸せを相手に求めてばかりでは、いつまでたっても心の隙間は埋まりません。この世に一人の自分の存在を慈しみ、大切にすることで初めて、あなたを心から大切にしてくれる相手が現れます。


◎ コンビニな関係を絶つ。

独りは淋しい、独りよりはマシだから、、そんな言葉を発していませんか?

別れを告げられた相手にすがったり、「もっといい人が現れるまで」などと言いながら惰性の関係を続けたり、もうとっくに終わっているはずの腐れ縁に執着したり、不特定多数の異性に気のあるようなそぶりをしたり、自分(相手)の都合のいい時に会うだけのコンビニな関係を続けていては、真の愛情が入って来るエネルギーが妨げられてしまいます。

「空いたスペースを埋めようと、新たなエネルギーが入って来る」-- これは宇宙の摂理です。

恐れずに、独りになってみましょう!


◎ 自分の恋愛パターンを知る。

気づいたら、いつも同じような恋愛パターンを繰り返し成就しない。。。そんな方は、無意識のうちに「成就しない相手」を選んでいることがほとんどです。耳が痛いかもしれませんが、その理由は、恋愛相手との間に問題が起こることで自分自身の内なる問題を先送りにできるから
ドンッ これは他国に戦争をしかけることで、国民の意識を自国の問題からそらす政府の手法にも似ています。

「いつだって幸せな関係を求めているのに、幸せな結果が訪れないのはなぜ??」、、、この負のスパイラルから抜け出すためには、恋愛に使うエネルギーを、まずは自分自身の変革に使うことが必要です。

 

「自分自身の変革」だなんて面倒な響きですよね?でも急がば回れで、その方が結果はずっと早く出ることを信じ、恋愛をする前に、まずは自分の仕事や人生の方向性、親との関係、幼少期のトラウマ、過去の恋愛や離婚で受けたダメージなど、あなたが向き合い、根本的に癒す必要のある課題を、勇気を出してできるだけクリアにしましょう。自分一人で解決不可能な際は、セラピストやカウンセラーなどの助けを借りることも有効です。(もちろん、私にご相談くださっても結構です!)

さらに自分の恋愛パターンを冷静に知ることで、過去と似たような相手が現れた際は きちんと避けたり、前向きに対処することができるようになるでしょう。そして自分の意識が強くポジティブに変わる事で、次第にネガティブな弱い波動やオーラを発した異性が近づかなくなります。「あなた自身を真に大切に出来ていない人は、無意識のうちに、あなたを大切にしてくれない相手を引き寄せている」ことをぜひ知って下さい。

相手はあなたの鏡です。恋人や伴侶の愚痴を言い続けている方を多く見かけますが、それらの相手を周囲に引きつけているのは紛れもなくあなた自身です。逆に愛と優しさに溢れたポジティブなあなたには、同様の波動を持ったパートナーが現れます!


◎ よけいな理想や幻想は捨てる。

都会に生きる男女は、とかく理想が高くなりがちです。

「福山雅治に似ている人がいい」 

 

「結婚する女性は若いほうがいい」

 

「今の生活レベルを落としたくない」

 

「センスはそれなりにある人がいい」

 

これらは私が実際に聞いて来た言葉ですが、真のパートナーと出会うために、このような理想が邪魔をしていることが多々あります。日頃抱いている理想をいったんリセットして、パートナーと出会う際、本当は自分にとって何が一番大切なことかを「あなたの心」に聴いてみて下さい。


◎ 年齢や世間体に振り回されない。

結婚しないと上司や両親がうるさい、、もう○○才だから結婚しないと、、そんな考え方は終わりにしませんか?

時代が変化し、カップルの年齢差や国籍の違い、籍を入れない事実婚、ネット婚、シングルマザー・ファーザーの再婚やゲイカップルの合法的な結婚など、世界のカップルの数だけ愛の形があります。

自分に正直に生きましょう!


◎ 真の人生のパートナーが現れることを信じる。

心から強く願うことで、物事が実現の方向に向けて動き出す。。。スピリチュアルの世界では「宇宙の法則」として知られていますが、これは量子力学の世界でも証明され始めています。

あなたが、「私はこのまま一生シングルかもしれない」と強く思い続けていたとしたら、「一生シングル」の状態が続くだけです。

逆に「どこかに必ず私のパートナーがいるはず。その人に会える準備が整ったので、どうか会わせてください!」と強く天に祈れば、あなたの周りのエネルギーの流れが明らかに変わってくるでしょう。

もし心のどこかで「会える準備が整っていない」気がするのでしたら、その原因が何かを逃げずに問い続けて下さい。


世界のどこかに、必ずあなたを探し、待っている人がいますキラキラ

早くその人に会いに行きませんか?


※ Part 2, 3は以下からご覧下さい。

「人生のパートナーと出会う方法 」 Part 2

「人生のパートナーと出会う方法 」 Part 3

『 和道(わどう) - Wha-Dho 』とは?

 

インド出身でアメリカ国籍を持つポール・デスーザが、長年のヒーラー 兼 ビジネスコンサルタントとしての学びと経験によって自ら開発した、人々が幸せで豊かな人生を生きるための哲学および方法論であり、「The Way of Harmony(和の道 − 調和のある人生)」を意味します。 

 

彼はこの『和道』を用い、個人への指導を始め、企業再生のためのコンサルタントや講演、書籍の出版、また世界各国でのワークショップも開催しています。

 

                和道創始者 ポール・デスーザ

 

アメリカでの講演活動

 

日本でのワークショップ光景 

 

 

『和道』の学びにおいて、あなたは「Mind・Body・Spirit -- 心・身体・魂」をバランス良く統合し、同時にあなたを取り巻く環境や人々と調和して生きるスキルを身につけます。

 

同時にあなたの「Health ・Wealth・ Personal Relationship -- 健康・経済的な豊かさ・人間関係」の改善に取り組むことで、あなたの人生に調和をもたらして行きます。

 

そして、あなた自身の普遍的な内なる力を発見することによる、心の平和や喜び、繁栄や成功への道を導きます。

 

( 和道は、既存の宗教やその他の団体とは関わりはありません。)

 

               

 

ニューメキシコ州でのリトリートワークショップ

 

志野さんには、「ありがとう」という一言では表せないほどの優しさをいただき心から感謝しています。志野さんが、私に起こった現象を上手に的確に言語化してくださったおかげで、私がこれから歩いていく道、行きたい道を探す道標になりました。

 

心と体、魂が何だかちぐはぐしてしまう時期があって、それがここ最近起こった出来事なんだと気づくことが出来れば強くなれる。そこに向き合う勇気が生まれる。そして事態が前向きな挑戦でワクワクしてくる!そんなインスピレーションを与えてくださった出逢いに、本当に今一度感謝です。(東京在住、女性)

 

-----------------------------------------------------------

 

「何かが違う、何かが足りない」とずっと感じ、和道と出逢いました。そのお陰で、じっくり自分自身と向き合い、感じにくくなっていた、魂の思いを感じる努力をする事が出来、私の人生の真の目的を見つけ出す事が出来ました。

そこで真の意味で、私の人生にはパートナーが必要だと言う事もわかりました。


なぜ人生のパートナーが必要なのか?
結婚をなぜしたいのか?
どういう人と共に歩むべきか?

色々とクリアになりました。

結果、今まで付き合ってきた人、今まで思い描いてきた人、理想像とは全然違う人(むしろ真逆!)を選びました。しかし7億人もいる人口の中で、この人!と思える事は奇跡ですし、とても幸せです♪

私の人生の目的、、、魂を昇華する事が結婚によってより開花し、まだ見たことのない神聖な境地を見て感じる事が出来たら嬉しいです!

地に足をしっかりと根付かせながらも、宇宙とのつながりを感じ、自分を全うしていきます!

志野さん、ポールさんへの感謝の念は、時が経つほどに感じます。(東京在住/ヘアサロンオーナー)

-----------------------------------------------------------

 

2010年に和道プログラムを受講して以来、志野さんとポールさんには公私に渡り大変お世話になっています。

振り返るとこの4年の間に、会社退職、恋愛と別れ、2回の手術と回復、その後の結婚、出産など、まさにこれまでの人生で最大の変化がありました。

眼に見える現実の変化としては、離婚後、都会で働く疲れて恋破れたシングルであった自分から180度変化し、良いパートナーを得て再婚し、婦人科系の病気を乗り越えて奇跡的に子どもを授かる事ができ、精神的、また経済的にも安定した幸せな結婚生活を送っています。

しかし、それ以上に私にとって大切なのは、環境や周囲の人に振り回されたり、ネガティブな影響を受けることがぐっと少なくなり、自分の内面が平和であることです。そうした内面の変化が、パートナーや周囲の人との安定した愛ある関係を作り、支えているのだと思います。

それらの全ての背景には、和道プログラムで学んだ事と、志野さんとポールさんの愛情溢れる細やかなケアと指導が常に支えになっています。そのお陰で今、本当に今までの人生で一番幸せだと感じられますし、そのお陰で子どもの母親であることも一瞬一瞬慈しみ楽しむことができています。自分が幸せで愛に満たされていなければ、他人を助ける事も幸せにすることも本当には不可能だと親になった特に確信しています。その意味でも、和道プログラムを受けて本当によかったと思っています。

だれにも人生の岐路には常に不安がつきものです。和道が教えてくれることは、自分の中に平和と幸せを常に見いだし、どんな状況にあってもポジティブで愛に溢れる対応ができる技術と心がまえであり、一生の宝になります。これを読まれていてワークショップへの参加や和道プログラムの受講を迷われている方、人生にポジティブな変化を求めている方に、ぜひ心からお勧めいたします。(S.R./アメリカ在住/自営業)

 

* S.R.さんのブログ内にて、詳細が綴られています。

 

からだとこころのリカバリ編<1>

http://ameblo.jp/miraclebabie/entry-11741484234.html

 

「からだとこころのリカバリ編<2>」

http://ameblo.jp/miraclebabie/entry-11892997118.html

 

 

-----------------------------------------------------------

 

私が調和を心がける事で家族に対する思い・行動が変わりました。その事により家族の心がいつも繋がっている感じがあります。

心が穏やかで落ち着いているので、いろいろな出来事を楽しむゆとりが持てています。そして自分に起る事を”良い悪い”で判断せず、”必要な気付きや学び”だと捉える事が出来る様になりました。

以前は全てを自分でコントロールしようとしていたので、思い通りにならない時にいろいろな感情が出てきて混乱していましたが、今は何が起きても自分にとっての必然と捉えられるようになったため、どんな出来事に対しても、最終的には感謝の気持ちが湧いてきます。一瞬『え~!どうしよう!!』と思うような事でも『なに?なに?今度はどんな学び?!』と挑戦するような気持ちで楽しめるようになりました。

自分の狭い思考であれこれ考えていた頃には想像も出来ないような、素晴らしい出来事が思いがけず舞い込んでくるようにもなり、毎朝今日はどんな事が起きるのかな?とワクワクした気持ちで目覚めています。

また主人や子供達が幸せそうで楽しそうにしている姿を見ると、私がやっている事への答えをもらえている様で、私も幸せを感じ家族に感謝しています。苦手だった義母も、今では私の行為全てをプラスに捉えてくれるようになったので自然体でお付き合い出来ています。

こうして、和道を学んで人との調和がもたらす恩恵の素晴らしさを実感しています。

一人では生きていけない世の中、人との調和を大切にしながら成長していく事は、人と争い傷つきながら学ぶよりも遥かに素晴らしい事です。でも人との調和の前に自分との調和が必要です。まずは自分からです。私は和道に出会ってそれを徹底的に学びました。これから先たくさんの方が、和道によって調和のとれた素敵な人生を過ごせるように願っています。(神奈川在住・主婦)

 

-----------------------------------------------------------

私が和道プログラムを経て学んだ事は、パートナーとの調和です。

以前の私は仕事や自分のやりたい事を優先し、彼が寂しがっていても我が道を行くタイプでした。和道と出会ってからは、相手との調和を大切に思うようになり、彼の思いを尊重するようになりました。

「調和のとれたパートナーシップ」と「自分自身の充実感」をバランスよく保っていきたいです。そして今後は二人の将来のビジョンを明確にし、同じ夢を持って歩んで行きたいと思います。

そもそも、和道との出会いは東京でのワークショップでした。ポールさんの問いかけに対し、参加者の皆さんと意見をシェアしあえたのがとても勉強になりました。ヒーリングして頂き、不必要なものが吐き気と共に浄化された感覚を覚えています。

次の日の個人セッションでは、とても深い瞑想体験をしました。自分の過去世、本質的なものが見えた気がして、”今日が新たな人生の始まりの日”という感覚でした。

ベーシックコースを受講し、全てのものと繋がっている一体感を感じました。その後のアメリカでのリトリートワークショップでは更に自分の方向性が明確になり、自分自身が深く癒されていくのを感じました。

悩みの有無に関わらず、自分の生き方を明解にする為に、和道プログラムを心からお薦めしたいと思います。(東京在住、女性)

-----------------------------------------------------------

和道との出会いは5年前。人生に落胆し、仕事も婚約者も失くし、歩くことすらできなくなった頃、「この悪循環のスパイラルから脱さなくては」ともがいていた際、ふと思い浮かんだのが、ネット上で悩める乙女たちにアドバイスをしていたアメリカ在住の志野さんでした。自己紹介すると同時に人生相談をしたところ、旦那さんのポールさんと、『和道』を紹介されました。そして即決。彼らを含めて、輝いた人生を送っている人を被害者意識で指をくわえて見ているくらいなら、彼らが言っていることを心から信じて行動に起こしてみようと決意し、日米遠隔で和道プログラムを始めました。

和道の瞑想法だけでなく、言葉だけで理解することのできない「魂の成長」に関する多くのことを自らの経験で学び、学んだ知識をもとに、新しい人生を選択していきました。心身のケアと瞑想、意識的に行動する毎日が続いて何年か経ち・・・。気づけば、まわりを眺めて自分を比較したり、情報に振り回されたり、過去の失敗やネガティブな感情をカウントすることが自然と減り、今の自分に与えられたものや、その多さと奇跡に感謝できるようになり、、。

そしてソウルメイトと出逢い、結婚し、東京から海外に移住しました。私の場合、結婚しようと決めてから、実際に彼との出会いを果たして結婚に至るまで12ヶ月。結婚前に主人も和道プログラムを受講し、アメリカでのリトリートワークショップにも参加(そこで結婚の誓約を行いました)。夫婦とも独身時代に己と深く向き合った時間があったからこそ、今、成長の場である聖なる結婚生活を確かなものとして過ごせていると感じます。

自らの体験ですが、心の奥底にある微かな感覚を信じ勇気を持って行動に移すことを決心したとき、「奇跡」と呼ぶものが起こります。それを選択するチャンスは、私たちすべてに等しく与えられています。

ポールさんのパワフルな癒しと導き、志野さんの温かい愛に護られながら、愛と光に満ちた世界へと続く扉を今こそ開きましょう!(カー 寛子/オーストリア在住)

 

◆ メールカウンセリング

回数、文字数制限無し=一ヶ月20,000円

 

 ◆ 個人カウンセリング

対面:1回1時間30分=10,000円、スカイプ:1回1時間30分=6,000円

 

◆ 個人カウンセリング・5回パス(一回分が無料)

対面:1回1時間30分 x 5 =40,000円、スカイプ:1回1時間30分 x 5 =24,000円

 

◆ カップル、夫婦カウンセリング

対面:1回1時間30分=12,000円、スカイプ:1回1時間30分=8,000円

 

◆ カップル、夫婦カウンセリング・5回パス(一回分が無料)

対面:1回1時間30分 x 5 =48,000円、スカイプ:1回1時間30分 x 5 =32,000円

 

( 上記料金=税込。USドルの場合は、その時の円相場にてお支払い頂きます。)

 

 

-- カウンセリングは、ご相談者様がお話されたいテーマ、内容をもとに、対話形式で進めさせて頂きます。尚、内容は人生に関するどのような案件(恋愛、結婚、離婚、婚活、家族、嫁姑問題、健康、病気、仕事、人間関係、生きる意味、等々)でも結構です。

 

-- 対面セッションの場所は、基本的にアメリカではカリフォルニア州サンノゼ近郊、日本では東京・神奈川とさせて頂いております。

 

------------------------------------------------------------

 

『 和道プログラム 』

和道の哲学にもとづいた、カウンセリングおよびライフコーチングプログラム。 

ライフコーチングプログラム: 
和道ベーシックコース(3ヶ月間)=150,000円
和道アドバンスコース(6ヶ月間)= 300,000円

 

 

和道プログラムでは、和道インスティテュート公認のライフコーチ・志野デスーザによる定期的なカウンセリングセッションと、日々の和道瞑想のもと、頭で考えがちな日常において、これまで聞かずに封じ込めていた『心の奥底の声』を徹底的に聞いて頂くことにより、ご自身の内面をクリアにし、様々な悩みや苦しみから離れ、新たな人生を確実に構築して行きます。 

『和道』は、人々が「 Mind・Body・Spirit -- 心・身体・魂 」をバランス良く統合して生きるスキルを身につけ、自分自身の普遍的な内なる力を見出すことによる心の平安や喜び、人生の目的の発見、現実社会においての繁栄や成功への道を導きます。

 

 

【和道ベーシックコース】

 

ベーシックコースは3ヶ月、その後のアドバンスコースは6ヶ月と、それぞれの期間、ステップ、目的、ゴールが明確です。その分生徒さんご自身の、変化のために取り組む意志や決意、そして集中力を要します。同時に和道ライフコーチである私も、生徒さんの目的達成のために、期間中は熱意と覚悟を持って指導に臨みます。

 

 

-- 自己変革のための4つのステップ--

 

ステップ1:Listening「内なる声を聞く」

 

日常生活に追われる中で、内なる声をしっかりと聞く機会は稀です。志野デスーザによるセッションと、ご自宅での瞑想を通して内なる声を徹底的に聞いて頂く事で、あなたの内面をクリアにし、今後の人生において何が最も大切であるかを発見して行きます。

 

まずは最初のステップとして、これまでの人生においてチリのように積もった不要なエネルギーを浄化するための瞑想法「クリーニング・メディテーション」から始めて頂きます。

 

 

ステップ2:Awareness「気づき」

 

頭で組み立てる論理的な思考ではなく、あなたの『内なる声』、すなわち あなたの心の静けさの中で「何が本当に大切であるか?」を聞くことを学びます。

 

そして日常生活ではなかなか聞く事のない内なる声を聞き続けることによって、様々な気づきが訪れます。同時に気づきによる葛藤や不安、迷い、または喜びや幸福感など、様々な変化による感情や状況の整理を行います。

 

 

ステップ3:Transition 「変容と移行」

 

この新たな気づきによって、あなた自身の「変革と脱皮」が始まり、あなたに苦しみや痛みをもたらす全てのもの、ご自身の人生で不要になった要素、または意味を持たないエネルギーに決別をします。そしてあなたに喜びや幸せをもたらすものに、より近づきます。

 

 

ステップ4:Creative Change「創造的な変化」

 

一旦あなたが人生においてポジティブに前進し始めると、あなたがパワフルな選択をするための、そしてあなたがしたい事をするための、より大きな能力を持つことが可能になります。さらに「真実とパワー」と共に生きるための能力を持つようになるでしょう。

 

さらにステップ3での決別の後には、新たなエネルギー(人生)を迎え入れる大きなスペースが生まれます。内なるあなた自身のパワーと普遍的な軸を見出すことによって、より有意義で幸福な人生を送ることが可能になります。

 

 

 

【和道アドバンスコース】

 

 

--変化のための5つの原則--

 

ベーシックコース終了後、当ステップで吸収したことを実際の日々の生活において実践し、新たな人生のステージを、あなた自身の力で生きて頂くための指導をいたします。

 

 

1. The Principle of Purpose-- 目的の原則

 

前述の4つの自己変革のステップを踏むことによって、あなたの人生で何が大切かという点における、新たな理解と価値観を持つようになるでしょう。今あなたは、「あなたの人生の目的」を明確にするのです。

 

あなたは、何を本当に達成したいと思いますか? 本当はどんな人生を送りたいのでしょうか?

 

このステップは、あなたが人生に望むことや、その他のすべてのことを明確にします。そして、それに続くすべてのことの基盤を創造します。

 

 

2. The Principle of Prosperity-- 繁栄の原則

 

あなたの人生の目的が明確になった今、その目的を実現するためには、どのくらいのお金が必要となるでしょうか?

 

繁栄の原則は、あなた自身が、あなたの人生や仕事で達成したいと思う経済的な成功のレベルを理解することに役立ちます。

 

どのくらい育ってほしいか?どのくらい利益を上げたいか?

あなたの成功の基準は何であるか? 簡単に言えば...

 

あなたは、どの位の収入を得たいと思いますか?

 

 

3. The Principle of Process -- 過程の原則

 

あなたの明確な「目的意識」と「目的の達成のためにどのくらいのお金が必要か」という点をあなた自身が理解することにより、あなたのゴールを達成するための戦略やプランを始めることが可能になります。

 

あなたのゴールを達成するために、今何をしますか?

 

 

4. The Principle of People -- 人々の原則

 

あなたの人生に存在する人々は誰ですか? 

その人々は、あなたの目的の達成のためのサポートをしていますか?またはその人々は、あなたの目的達成を妨げたり、成功を傷つけてはいませんか?

 

あなたの友人やパートナーをよく選びましょう。あなたが一人で出来ることは多くはありませんが、あなたは誰と共に生き、人生の目的を達成するかを選ぶことは出来ます。

 

あなたは他の人々の助けが必要ですから、その人々を賢明に選びましょう。

 

 

5. The Principle of Practical Leadership– 実践的なリーダーシップ

 

この原則は、家庭や職場などにおいて、人々や組織が非常に強力になり、さらには成熟をもたらします。高められた実用的なリーダーシップの意識によって、ポジティブな影響を及ぼし、同時にあなたの目的をサポートする決定をすることが出来るようになります。

 

この力強い姿勢によって、夫婦関係、子育て、嫁姑関係、隣人、職場における人間関係(同僚や上司、従業員や顧客、パートナーや売り手等)からの忠誠やサポート、および献身を得始め、それを互いに祝福し合えることが可能になるでしょう。

 

あなた自身の人生のリーダーになりましょう。

そして、あらゆる場においてリーダーでありましょう。

 

 

■和道プログラム:各コースの受講料について

 

◎ ベーシックコース(3ヶ月間)=150,000円

 

◎ アドバンスコース(6ヶ月間)=300,000円

 

その他 ----------------------------------------------

 

 アメリカ・ニューメキシコ州でのリトリートワークショップ(約4日間)=約1,500ドル

 

 和道ライフコーチ養成コース(2年間)=10,000ドル(一年間=5,000ドル×2)

 

 

※ プログラムに覚悟を持って積極的に受講して頂くため、各コースともに一括にてお支払い頂いていますが、個々の状況に応じてご相談をお受けしております。尚、プログラム受講中の受講料のご返金は承っておりませんので、あらかじめご了承下さい。

 

 

■お支払い方法

 

 ・志野デスーザ(旧姓:池上志野)のみずほ銀行口座へのお振込

 ・The D'Souza Group への、PayPal(オンライン)によるクレジットカード

 ・現金

 

 

■プログラムの内容とスケジュール

 

※ 和道ライフコーチ・志野デスーザによる初回セッション:1時間×3日間連続(瞑想の指導も含みます。)

 

※ ご自宅での瞑想:朝約15分+夜約15分(朝晩は瞑想に適した時間帯ですが、難しい日には日中などでも結構です。)

 

※ メールによる随時フォローアップ

 

※ コース中を通し、隔週ごとのセッション:1時間

(遠方にお住まいの方など、対面セッションが不可能な場合はスカイプで進行させて頂きます。)

 

カウンセリングや和道プログラムの受講により、真に豊かな人生を得た方々からの推薦のメッセージは、ブログトップページ・メニューバーの「クライアント様の声」をご覧下さい。

 

■ 各コースの詳細をご希望の方は、メニューバーの「お問合せ・お申込み」欄よりご連絡願います。 

 

 

志野デス−ザ(旧姓:池上)
 

1968年 東京生まれ、神奈川にて育つ。現在カリフォルニア州在住


職業

・米国「和道インスティテュート」ディレクター
・米国「和道インスティテュート」認定ライフコーチ
・フリーライター(以下実績)

東京の美大を卒業後、住宅業界にて勤務したのち、長らく外資系ファッションブランドのマーケティング部にてPR・宣伝・販促業務を担当。 

2005年のある夜に天からの啓示を受けて以来、導かれるように魂の探求を始める。 

各種セラピスト養成講座等に通う過程にて、インド出身でアメリカ国籍を持つヒーラー兼ビジネスコンサルタントのポール・デスーザと出会い、2007年春、結婚を機にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ近郊へ移住。地方都市やネイティブアメリカンの聖地である大自然での暮らしをも経て、現在カリフォルニア州サンノゼ在住。

 

2008年より、東京にて和道ワークショップを主催し続け、ポール・デスーザのアシスタントおよび通訳を務めると同時に、和道インスティテュート認定ライフコーチとしての活動をスタート。『和道プログラム』(下記)にもとづき、スピリチュアルな観点から、カウンセリング およびライフコーチングを行い現在に至る。

《ウェブインタビュー記事》


*日本を代表するポータルサイト「緑のgoo-地球がLOHAS」http://eco.goo.ne.jp/life/lohas/earth/

*雑誌トリニティ「国際結婚・夫婦円満の秘訣」
http://www.el-aura.com/20130411‐06/

 

 

【 活動 1:和道ライフコーチ 】 

ポール・デスーザが開発した『和道プログラム』(下記)にもとづき、以下のようなご相談に関するカウンセリング およびライフコーチングを行っています。 

『 Wha-Dho(和道:わどう)-- The Way of Harmony 』とは? 

インド出身で米国籍を持つポール・デスーザが長年の学びと経験によって自ら開発した、人々が持続的な幸せを獲得し、真に豊かな人生を送るための哲学および方法論。 日本語では『和の道』を意味します。

ポール・デスーザはまた『和道インスティテュート』を創設し、個人向けのカウンセリングかつメンタリングである『和道プログラム(以下)』を始め、『和道』を用いてのビジネスコンサルタントや講演、世界各国でのワークショップ他、書籍の出版も行っています。


【 活動 2:フリーライター 】 

下記の分野におけるライター業もしておりますので、お気軽にご連絡を下さい。 

・スピリチュアリティ
・恋愛、婚活、結婚
・ナチュラル美容 
・海外生活 etc...,

 

実績

 

・(株)エスプレ:雑誌「エココロ」への海外ナチュラルコスメ、アメリカのシェアライフ情報寄稿

 

・(株)メディアジーン:ウェブマガジン「マイスピリチュアル」公式ライターとして長期連載

 

・(株)エルアウラ:雑誌「トリニティ」への寄稿(Vol.43巻頭特集「レディー・ガガ:これが私の生きる道」、Vol.44「ミランダ・カー現地情報提供」他)

 

 

今週のアメリカは、ファッションデザイナーのケイト・スペード、長期テレビ番組を持つ人気シェフのアンソニー・ボーデインといった二人のセレブリティが鬱病によって自殺し、連日ニュースやSNSを賑わせています。薬を服用し、セラピストとのセッションも定期的に行っていたにも関わらず、なぜ彼らの魂は闇の底へと落ちて行くしかなかったのでしょうか?

ヒーラー、ライフコーチ夫妻である私達の家は、駆け込み寺として、これまでアメリカや日本を始め各地から人々が訪れ、短期・長期滞在し、心と身体、魂を癒し、再生して来られました。中には仕事と家族、家を同時に失い、抗鬱剤とお酒の力で何とか生き延びていた当時50代の初対面の男性が、三週間滞在したことも。。。「ポールと志野に出会わなかったら、僕は自殺していた」と言っていた彼は、その後再婚し、幸せに暮らしています。

私自身もまた、アメリカ移住後に言葉や文化の壁にぶつかり人生初の鬱を発症したので、鬱病は他人ごとではなく、恥ずかしいことでもなく、誰にでも起こり得るものであることを体験しています。

そうした経験から、「一旦立ち止まり、しっかり心の闇と向き合い、葬ること」「一人で解決しようとせず、信頼できる人に頼ること」の大切さを知っています。

「忙しすぎる」

「仕事がつまらないけど、辞める勇気もない」

「いつも疲れている」

「時々落ち込むけど、理由がよくわからない」

「生きる意味が分からない」

「日々多くの人に囲まれているのに、ふと孤独を感じる」

「いざという時に頼れる人が思い浮かばない」

「結婚生活がうまく行っていない」

「結婚したいけど、出会いがないまま数年が経っていてむなしい」


そんな感情を繰り返しているようなら、決して放置せず、強がらず、ご自身を大切にすることを優先してあげて下さい。

周囲の人の様子が今ひとつおかしかったら、「大丈夫?よかったらお茶でも行かない?」と声をかけてあげて下さい。あなたのその一言が、一人の人生を救うきっかけになるかもしれません。

そしてもし誰かが心を癒すプロを必要としているなら、私をご紹介ください。疲れた魂に寄り添うために、私はいつでもここにいます。




写真訳「魂の暗い夜は光への旅。あなたの闇から、あなたの強さと魂に潜む底力へと導く旅路です -- キャロライン・メイス」

友人のアレックス&ジル夫妻に誘われ、シンシナティ・オペラ主催のチャリティパーティーに参加しました。

アレックスは、彼自身が血液のガンを克服したことからこのような慈善事業に力を入れていますが、彼の推薦でポールが『白血病とリンパ腫協会』のためのチャリティ活動を率いたのは去年の夏。その後私達もまた、機会があるごとにサポートを続けています。

会場はシンシナティの中心街に佇むヒルトンホテル。1931年創業当時のアール・デコ様式をそのまま残した国定歴史建造物は、一歩足を踏み入れると、先日観たばかりの映画「グレイト・ギャツビー」の世界に迷い込んだような錯覚を覚えます。

          

                    


 

                    




美しいエレベーターを降りると、タキシードに身を包んだ紳士と、イブニングドレス姿のレディ達に思わずため息!

パーティのテーマである「The Night of the Rose(夜の薔薇)」にちなみ、深紅のバラに埋め尽くされた会場には、全身バラ柄を施したドレスや、バラの花びらを模したドレス姿の女性達も. . .
ブーケ1
 

 

                       


                      


着席し、ディナーも半ばに近づくと、オペラ歌手のサラ・コバーンがステージに登場し、数々の名曲を披露し続けます。オペラの中でも特にアリアが好きな私は、彼女の美声に合わせて口ずさんでいました音符

ディナーが終わり、階下のダンスホールへ移動すると、そこではDJに合わせて踊る人々が. . . ジルの旧友のシャツデザイナー、ジョナサンを紹介され、物静かな彼とDJの大音量に負けずに、しばし大声でファッション談義を楽しむことに!

 

                    

 

 

こんな素敵なチャリティーイベントが盛んに行われるのも、世界で最もチャリティーに熱心な国として、常に上位にあるアメリカならではアメリカ


その後は、薔薇の花がブランドアイコンのランコムのお土産を手に、夢見心地で会場をあとにしたのでした。。。