動画あり・パール入りカラージェルの色ムラ原因と改善方法 | 東京・少人数で親身丁寧!セルフジェルネイルレッスン教室May

東京・少人数で親身丁寧!セルフジェルネイルレッスン教室May

ジェルネイル初心者さん、ジェルがムラになる・すぐ剥げれる…自己流でジェルネイルをしている方に基礎の基礎を少人数でみっちり丁寧にレッスン^^基本のブラシワーク、手順、デザインの仕方などなどセルフで楽しむために必要なことを一日でしっかりで学べます♪

 

『パール入りジェルを
もっときれいに塗りたい!』

 

受講生さまからよくいただく相談として、

 

 

 

『パール入りのジェルが上手く塗れません。

丁寧に塗っているつもりですが、なんかムラの様な感じになってしまいます…』

 

 

『パール入りのジェルを塗りたいけど、一度やって上手く塗れなかったので挑戦できずにいます』

 

 

と、パール入りカラージェル関するお悩みをいただきます!

 

 

 

 

そこで!

 

 

 

この記事に、

 

 

・パール入りカラージェルが上手く塗れない原因

 

・どうやったらきれいにムラなく塗れるか

 

 

セルフジェルネイルの習得に向けてがんばっている方へ書きました^^

 

 

 

 

動画でも説明していますので、記事と合わせて動画もご覧いただけると分かりやすいと思います!

 

 

 

また、記事の最後ら辺にある「ポイントまとめ」で書かれていることは、パール入りのカラージェルだけでなく、

 

ジェルネイルをきれいに質高く仕上げるために共通することなので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

 

 

 

 

 

まずは、基礎知識

 

 

ピンク薔薇パール入りのカラージェルってなに?

 

微粒子のパールが入っている色のついたジェルのこと。

光の反射で輝き、ワンカラーでも上品に仕上がるカラージェルです。

 

 

ですが、筆跡がつきやすくムラになりやすく、初心者さんにはちょっと塗るのが難しいカラージェルです。

(メーカーによって塗りやすさは異なります)

 

 

▼パール入りのカラージェル

(プリジェルP564:ミューズピンク)

 

▼◯がついている、562、564、563、561がパール入りのジェルです。(すべてプリジェル)

 

▼これは生徒さまが持っていたパール入りジェル

(ムズカシイですと、レッスンに持ってきて下さいました)

 

 

 

ピンク薔薇「上手く塗れない」「ムラっぽくなってしまった」状態って?

 

矢印のジェルの表面に横筋が2本はいっているのがわかりますでしょうか?

なんか、ぼこっとしているように見える、横線の模様のようなのが出来た状態です。

 

 

ピンク薔薇上手く塗れている状態は?

左にある親指が、横筋なくきれいに塗れている状態です!

 

 

 

 

ムラになる原因って?

 

 

では、なぜ上記の写真のように横筋が入って、ムラのようになってしまったのか。

 

 

 

 

原因は何だと思いますか?

 

 

 

カラージェルの塗布量?

 

カラージェルを塗る時の筆使い?

 

 

 

どちらも、横筋が入ってしまう原因となりますが、

 

 

 

大きな原因は、

実はカラージェルを塗る前の”ベースジェルの行程”で出来ています。

 

 

 

写真のように、

 

 

ベースジェルを塗り横から見た時に表面がデコボコしていては、その上から塗るパール入りジェルはムラのように(横筋)仕上がります

 

 

 

 

ですので、

 

 

パール入りのジェルを塗る時は、ベースジェルの行程から(もっというとベースジェルを塗る前の自爪の下準備の段階から)、気をつけておく必要があります!!

 

 

 

では、実際にどうやってきれいに塗るのかみていきましょう!

 

 

 

 

動画:きれいに塗るためのコツとは


以下の動画に、ダメな例ときれいに塗るための塗り方を収録しました!

 

 

 

動画時間(3分59秒)

クリックすると音が出て、音声で説明しています!

 

 

 

動画の見どころ&ポイント

 

ピンク薔薇見どころ①

ベースジェルにオウトツがあると、パール入りジェルにムラができる!オウトツが出来た実際の動画

 

 

ピンク薔薇見どころ②

パール入りカラージェルをきれいに塗るための筆使い(1分35秒〜)

・カラージェルを均等に塗る筆の動かし方とは?(2分10秒〜)

・カラージェルの適量とは?

 

 

ピンク薔薇参考にして欲しいポイント

・カラージェルを塗っている時の筆に伝わる力加減に注目!

(筆先が広がってない。つまり圧をかけていないということ)

 

・筆を動かす時の速さ

 

・硬化する前に、はみ出した所はウッドスティックでぬぐい去る!

 

 

 

※補足

親指を塗っている時(2分45秒ら辺)に、『一度目を塗った時にムラがあっても大丈夫』といっているのは、一回目塗った時に多少色が薄い所、濃い所があってもそのまま硬化してもOKということ!

 

なぜなら、硬化した後また同じカラージェルを重ねて塗ると、そのムラがなくなっていくからです!

 

 

 

 

ポイントまとめ

 

ピンク薔薇ベースジェルの行程からオウトツをなく塗ることで、ムラなくきれいにパール入りカラージェルが塗りやすくなる。

 

 

これはとっても重要な事なのですが、

 

ベースジェルの行程からオウトツなくきれいに塗る事をマスターすると、

 

どんな種類のカラージェルもきれいに塗れるし、トップジェルまで仕上げたときもオウトツなく仕上げる事ができます

(カラーグラデーションのネイルを作る時も、ベースジェル命です)

 

 

爪先にジェルがいつもたまってしまう方は要チェック

 

 

ベースジェルを塗り終えたときは、目線の高さで爪を見ていただき、オウトツなく塗れているかチェックするといいですよ!

 

 

▼左が地爪。右がベースジェルを塗布した爪。

表面が地爪よりオウトツなくなめらかになっています。

こうなるようにベースを塗れると、どんな種類のカラージェルでもデザインでもきれいに仕上がる!!

 

 

 

ピンク薔薇ムラなくきれいに塗るために大切なのは、のせるジェルの量と筆使い

 

・圧をかけすぎていませんか?(筆先が広がってしまうのは力の入れ過ぎです)
 

・ジェルを取りすぎていませんか?(カラージェルは少量ずつ重ねていたった方がきれいにムラなくしあがります)

 

 

 

 

 

レッスンをしていて感じる事

 

今まで生徒さまを指導させていただき感じるのは、

 

 

独学や我流でジェルネイルをしていた方は、ベースを適当に塗っていることが多いということです。

 

 

また、塗布量が少ないです。

 

 

 

 

一般的にジェルネイルを仕上げるために、ベースジェル、カラージェル、トップジェルと塗りますが、

 

 

この3種類のジェルの中で一番重要なのは、”ベースジェル”なんです。

 

 

ベースジェルは、持ちにも関係するし、その上に塗って行くカラージェルをきれいに塗るための土台となります。

 

 

 

 

ジェルネイルをきれいに仕上げたかったら、ベースジェルの塗りを極めるべし

 

 

 

 

この記事を読んで、

 

 

『ベースジェルってそんな意識して塗ってなかった!』

 

 

という方は、ぜひ意識して塗ってみて下さいね^^

 

 

 

仕上がりがぐっときれいになりますよ♪

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

クローバーワンカラーをきれいに塗る方法

 

クローバー初心者さんのためのジェルを塗る前の下準備のやり方

 

クローバーカラージェルを揃える時に知っておきたい事

 

 

 

あと1席となりました!
 

知識ゼロから、ネイルケア・ジェルネイルを確実に習得していくコースレッスン。基礎〜アートを楽しみたい方にオススメです!

 

ベースジェルをきれいにオウトツなく塗るやり方や、のせる適量を見分けるコツが出来るようになるまで指導します^^

 

セルフジェルネイル習得コース(全6回)

・4/10水曜日スタートあと1席(〆切は今日の23:59まで)

・4/13土曜日スタートあと1席

 

開催が決定しています♪

一緒にジェルネイルを楽しみませんか?

 

(次回の習得コースの開催は未定です)

 

 

ピンク薔薇プロや資格取得を目指すのではなく、趣味でジェルネイルを楽しみたい初心者さんのためのレッスン教室(東京)

クローバーサロンまでのアクセス
クローバー初めての方へ
クローバー良くあるご質問(全般)
クローバーメニュー一覧
クローバー生徒さまのネイル作品
クローバーなんでもお問い合わせフォーム

クローバー問い合わせ先クローバー
・e-mail: ema@may.jp  
・Tel:
080-1166-2174 
 お電話は月〜土曜の9時〜18時まで。メールでのお問い合わせ・申し込みは24時間受付しています)

セルフジェルネイル講師 菅野エマ(かんの えま)

 

趣味で楽しく学ぶ♫少人数セルフジェルネイルレッスン教室・東京さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります