最後の渡加とか。。。

テーマ:
タイトル通りです。最後の「SANDYの渡加とか」です。

最期。

2009年Septemberに始めたこのBlog。

「カナダからの手紙」Love letter from CANADA
をコンセプトに整形外科臨床留学の情報を日本に流すのが目的でした。
266回のメッセージにてその役割は少し果たせたのか、
と自分では思っています。

が、結局一番のBlogのメリットは

「人とつながれる」

ということだったかと。

これを、きっかけに

留学を目指す整形外科医
いや、科を関係なく留学を目指す医師
いや、医師でなくカナダを目指す留学生
いや、ただLondonに遊びに来る人
いや、留学関係なくスポーツ医学に興味があるひと
いや、将来スポーツ医を目指す中学生
いや、ただの旧友
いや、ただただSandyにつっこみたいひと
いや、すっごく偉い整形外科の大先生
いや、その辺のゴミみたいな後輩
いや、いや、いや・・・・・とかとかとか。。。。

このBlogを始めるにあたりInspireされた

「サッカーボールをめぐる冒険」

の著者である人見秀司のひとことをかりれば
「情報を発するところに人は集まる」
とのこと。

その通りだったと、今、納得。
$SANDYの渡加とか。                 
ありがとう、秀司。

ちなみに東京医大スポーツ班による慶應ソッカー部(人見がコーチ)のメディカルサポートも今年から始まります。
松永怜が中心ですが、文武両道を本気で突き進む彼らの活躍が楽しみです。
秀司よろしく。

そして、本題。

SANDYの渡加とか。は終了します。

個人ブログである
「SANDYの渡加とか」
が終止符を打つには大きな理由があります。


医局が混乱しないため、
と、
教授閣下が倒れないため。

ではありません。

大変嬉しい理由です。
山藤崇は2012年度より正式に「鹿島ファミリー」の仲間入りしました。

チームドクター
香取 庸一 かとり・よういち 52歳
関 純 せき・じゅん 55歳
宮川 俊平 みやがわ・しゅんぺい 57歳
石井 朝夫 いしい・ともお 52歳
※山藤 崇 さんどう・たかし 36歳
春日 正照 かすが・まさてる 68歳
     ※は新任

自分がこの道に入ることが出来た一番の師匠である

「関純」SANDYの渡加とか。                 

関先生の後を歩き始められるとは医師になって最大の喜びです。
チームドクターになりたいという相談を学生時代にしに行った時、
「サッカーが出来るうちはサッカーをしなさい。何も心配するな」
という力強いアドバイスをいただき、医歯薬リーグに没頭しました。
サッカーどころでない環境であった医局でもがいていると
「今は辞めるな、修行しろ」
と背中を支えてくれました。
「関純」は自分の父親です。
そしてだれよりもサッカーを愛するドクターです。
SANDYの渡加とか。                 

そして、現東京医大スポーツ班の班長である
「香取庸一」SANDYの渡加とか。                 

香取先生は自分の目標です。
香取先生には
「先生、学校の教員になりたいです」
と真剣に医師になってから相談していました。
そんな無茶な相談にも「なぐる」ことなく
「気持ちはわかる」
といつも理解を示してくれました。
「俺も、サッカーしたかったからわかるよ」
と。
その上で、サッカーを愛する気持ちも持ったドクターがチームドクターをする意義、
をいつも説いてくれました。
そして今の自分があります。
$SANDYの渡加とか。                 

スナック「さつき」で一晩中話しても話しつくせないドラマがありますが、
ここでは話しつくせません。

鹿島アントラーズのファミリーに入ることで、
選手が行っていないブログやFacebookなどのソーシャルネットワークを
チームドクターが個人で行うことは不適切と考え「とかとかの終了」を迎えました。

ちなみに、こんなローカルブログをチームや誰かに止められたわけではありません。
自分自身の判断での終止符です。
「喜ばしい終焉」だとおもってくだされば嬉しいです。

鹿島のファミリーになったことは最大の幸せです。

しかし、これはゴールでなくスタートです。

選手権に出たくて出場したけど、なんにも出来なかった自分。
目線の高さが人を高みにあげるのだという福田雅の指摘。
これからです。
これから。。
いまから。。。

SANDYの渡加とか。

を愛読?してくださった皆様には感謝です。
長い間、不適切な発言などなどを許容しつつ、
ブログを見てくださったみなさま本当にありがとうございました。

しかし、これがお別れではありませんので、ご安心を。

SANDYの渡加とかは引退しますが、
わが東京医大香取工務店は永久に不滅です。

(SANDYはなにを隠そう6歳まではジャイアンツの選手が夢でした)


ゴールでなくスタートです。
$SANDYの渡加とか。                 
と、いーながらスポーツ班のNo3である高橋翼と
U17チームドクターの松永怜は青梅マラソンを3時間切ってゴール。

この写真はゴールだな。。。スタートではない。。。

彼らをはじめとして、
『これからの東京医大整形外科とスポーツ班を盛り上げていく有望な人事が集う場所』
として次のBlogを引き継げたらいいなと思っています。

形はどうなるか分かりませんが、情報発信は続けていく予定です。
このBlogでACLやFAIの情報を得て、外来に来てくれている患者様もいますし。。

新宿香取工務店のブログ

になっているかもしれません。。。


んで、本当に最後になりますが。
$SANDYの渡加とか。                 
遠い遠いカナダに1歳3か月児Ronaをつれての留学。
愛妻のあすかには本当に助けてもらいました。
$SANDYの渡加とか。                 
寒かったね。
$SANDYの渡加とか。                 
マイナス25度だったね。
$SANDYの渡加とか。                 
カナダ人に溶け込みつつ、移民待ちの南米人と一緒に英語を習ったね。
$SANDYの渡加とか。                 
英語しか通じないのに子育てしつつ。
SANDYの渡加とか。                 
ハロウィーンでCutest prizeをとったり。
SANDYの渡加とか。                 
調子こいて、ホッケーしちゃったり。
$SANDYの渡加とか。                 
コロンビア人の友達とたくさんパーティをして。
$SANDYの渡加とか。                 
あすかもロナもサッカーを始め。
$SANDYの渡加とか。                 
冬になったらRonaは凍るし。
$SANDYの渡加とか。                 
310DUNDASでたくさんの時間を過ごし。
SANDYの渡加とか。                 
優しい、BOSS達に支えられ。
$SANDYの渡加とか。                 
そして3人でたくさんの旅行もしたねー。
$SANDYの渡加とか。                 
バンクーバー五輪でカナダと日本の両方を応援し。
$SANDYの渡加とか。                 
クワッチとミガーの人形をマクドナルドで集め。
$SANDYの渡加とか。                 
この壁おぼえてる???
そうケベック。フレンチかぶれでいらついたケベック。
SANDYの渡加とか。                 
マイアミとクルーズは最高だったなー。
$SANDYの渡加とか。                 
ロッキーマウンテンはきれいという言葉を超越してたね。
$SANDYの渡加とか。                 
道端で熊とであっちゃったり。
$SANDYの渡加とか。                 
中山家も来てくれたね。
$SANDYの渡加とか。                 
マドリッドからアルハンブラ宮殿までドライブして。
ドンキホーテ気分を味わい。
$SANDYの渡加とか。                 
スペインの小さな町にも芝生のスタジアムはあったね。
老後はここに移住かね。
$SANDYの渡加とか。                 
そして、モロッコにいき、下痢になり。
$SANDYの渡加とか。                 
スークで世界一のオレンジジュースを飲んだなー。
$SANDYの渡加とか。                 
最期の大晦日はNYまで1200Kmドライブでいったね。
そして、マジソンスクエアーでカウントダウン。
寒かったのー。
$SANDYの渡加とか。                 
って、いろんなことがあったけど、
結局思い出すのはLondonでの生活。
町中にはわれらが長男の名前がたくさんあり(大手ホームセンター)
$SANDYの渡加とか。                 
Victoria Parkで無料でスケートして。
$SANDYの渡加とか。                 
毎日、Dundasから北を向いて夜景をながめ。
Ronaは「大きくなったらチャーチで働く」
とかいってたもんです。
$SANDYの渡加とか。                 
このアングルは一生忘れないだろうね。
SANDYの渡加とか。                 

そして、この雪だるま覚えていますか?

2人とも英語がうまく通じず、喧嘩して、ふてくされて寝たら、
あすかがベランダの雪を集めてひとりで作った雪だるま。
あの時の手は冷たかったな。

3人で家族だよ、とあすかは笑っていいました。

そして、留学中にSandyがベットから出られなくなり、
「鬱なんだよ」
と、ばっさり思いっきり励ましてくれたね。
あれで元気になりました。
Ronaとの写真を壁にかざり
「辛かったら帰国してもいいんだよ」
といってくれて、ふっきれたんだよ。

そう、旅の写真ばかり出して楽しそうに見えるけど辛かったね。
自分も仕事でつらかったけど、あすかはもっと辛かったはず。
1歳3か月のRonaをつれて。。。

よくがんばりました、そして本当にありがとう。

このまえ、なかむーにメールしました。
「Canadaは楽しかったので、帰りたい!」と。

したら、なかむーから
「人間というのはよくできていて,
つらいことをあまり思い出さないのに楽しかったことだけはよく思い出す,
だから生きていけるんだ」
というメールが来ました・・・・・・

その通りなのかもしれません。

でも、Canadaに永住したいって、あすかが言いだして喧嘩になったなー。
「簡単にそんなこと言うな。仕事場はまじ辛いんだぞ!」
と。

あ、長くなりましたね、最期のBlog。

愛妻のあすかへ、今更ながらお礼を言いたくて筆が延びました。
ちなみに、このBlogは2月20日朝4時に書いています。

あすか、本当にありがとう。
カナダ臨床修行はあすかのおかげで乗り越えられました。

そして、過去の写真をみていたらこんなものを見つけました。

2010年のCanadaヴァージョンの「書き初め」です。
$SANDYの渡加とか。                 

LIVE TOGETHER & SMILE

これがわれわれがカナダで出した答えなのかもしれません。
われわれの答え。

スポーツ班にもあてはまるかと。
香取棟梁がよく言う「一体感」を横文字にするとこうなるのかと。

そして、そこに笑顔があれば無敵ですな。

我々ふたりが出会ったのは茨城県の阿見。
あすかの実家は茨城県の結城。

鹿島、がんばります。

最後の一言はは歌詞で締めくくります。
香取棟梁を刺激しなければいいのですが・・・

「喜びを他のだれかとわかりあう、それだけがこの世の中を熱くする」



小沢健二は個人的には嫌いだけど、この一文が好きです。

家族と、スポーツ班と、友達と、仲間と、サッカーと、後輩と、・・・・
一緒に喜べるものを目指して前進していきます!

あー、また留学したい。

では。。。

股関節鏡研究会

マイカタ病院、綺麗でスペースがあって素敵でした。

んで、ギラヴァンツ北九州のチームドクターでもある、日本の股関節鏡手術の第一人者、内田宗志先生の手術をみてきますた。
photo:01

なんだかサンディの帽子が気持ち悪い。

ちゃんと話しをしたのは初めてですが内田先生はカナダのオンタリオ州留学者のバイブルであるトロントパーティの設立者。
photo:02

と、いーながら我々は大都会トロントでなく田舎町London。。。

研究会は勉強になります、が、やはり話しは股関節外科より。より。

股関節手術手技研究会、が必要であるとも感じます。
photo:03



手術室のサンダルで関西を感じます。
photo:04

タイガースですな。

懇親会はアウエーだな、、、と思ったのですがワイフからアウエーこそチャンスとのメールを頂き、いろいろなドクターと仲間になれました。

これから新大阪を出て我が家に戻ります。
photo:05

この人、大阪人でしたっけ?

また、帰りは医学雑誌で澤のバロンドールをツマミに一人呑んでみようかと。。。
photo:06






iPhoneからの投稿

関西医大枚方病院へ。。

これ、ヒラカタって読むのね。
マイカタかと思ってました。

うちのワイフが具合が悪いのでおばーちゃんちから早朝出勤。
photo:01

狙ってる元代々木町の土地をみつつ、東京駅へ。
photo:02


サッカーマガジンとサッカーダイジェストというインパクトFactorが10を超えるジャーナルとともに、住宅情報をGET!
photo:03


関西医大マイカタ病院でかいなー。。。
photo:04

一時から開始となる股関節鏡研究会に東京から参加です。

個人的に股関節鏡は北米>欧州>関西>関東、、、というイメージ。
photo:05

つか、院内にドトールがあっていいなぁ。。

そーいえば順大にはスタバがあったな。
photo:06


カナダのウエスタンで学んだ股関節鏡の談義を出来ると思うと楽しみでなりません。。

東京医大スポーツ、西で戦って?きます。

飯田先生、内田先生お世話になります!


iPhoneからの投稿

東伏見の偶然。

西武新宿線の鷺宮駅にて、C級の指導者講習の講義をやりにいく途中、、

たかし!

と、おーきいひとに声をかけられた。

つい、午前中に書いたブログに出てきた林監督。。。
photo:01

???

自分が講習する同じグランドにて暁星が練習試合をするとのこと。

人見と連絡がつかねー!と文句言われた。人見、よろしく。。
photo:04

いつかの泥だらけのグランドは
photo:05


早稲田の刻字が、輝く人工芝。

んで、

講義は
photo:02

熱心そのもの。いつになくレスポンスが良く、日本の指導者の熱を感じました。

日本のサッカーは間違いなく彼らに支えられてます。感謝。。

しかし、偶然は重なるもので、林監督の次男のケイタが受講生でした。。

なんだか、偶然な年始。

んで、講義を終えてグランドにでると
photo:03



あの赤いユニホームが!!!

やはり暁星のユニホーム、、、いいな。

今年はいろいろ、過去のつながりがより強くなりそうな予感。

鹿島。
暁星。。
慶應。。。

2012楽しみなり。

iPhoneからの投稿

暁星初蹴り。

テーマ:
あけおめ二回目。
これからJFA指導者講習の講師の仕事で東伏見の早稲田のグランドに向かいます。

高校時代以来だが、あのころの砂埃なグランドとは違うんだろうな、、、20年ぶりです。。

んで、我が母校、暁星高校の下のグランド。
photo:01



懐かしい。。。
とゆーより、辛かったな、、、というマイナスの記憶が先行。

福田が四苦八苦してOB全員が集まってボールを蹴る機会を作った。
感謝。
photo:02

この男、サッカーボールさえ蹴らなければ最高なんだが。。。

早くついたので体育教官室にいくと、恩師林監督と前田遼一。

前田とゆっくり話す時間があったのだが、前田も皇居は嫌いだったと聞き安心。

スタミナの鬼である遼一でも辛いのだ、と。
photo:03

林さんのさつあい。
photo:04

いまだに、背筋が伸びるOB一同。

そして、暁星のDNAが詰まったミニゲーム。。。

途中から若手に混じりまじ試合。
われらがおっさんチームには仙台大学監督の吉井さん、玉田 兄、松永りょう、栗山弟、えんちょう、、、そして長髪山さん。。。

初戦の相手は、フットサル日本代表稲葉洸太郎、フットサル界のモウリーニョ?須賀、宮せんの秘蔵っ子田中良直、島川など、、、

3-0完勝!

sandyは2アシスト!!

あー、気持ちいい。

ゴールはすべてカウンター。。。
photo:05



みんな、今年は即効マニュアル買いましょう!

うひひ。

すがちゃん、効きましたよー(笑)



iPhoneからの投稿

選手宣誓から18年・・・

あけましておめでとうございます。
今年はよろしくお願いします。

今年は久々の日本でのお正月。。。

そういえば2010年のカウントダウンはニューヨークのマジソンスクエアーにいたかも。
うんうん、いた。
寒かった。
$SANDYの渡加とか。                 
My WifeとRonyは箱根でのんびりしていたのですが、Sandyは仕事があり一人参宮橋。。
んで、テレビを見ていたら冬の選手権の開会式。

んで。
$SANDYの渡加とか。                 
そう、選手宣誓。
Sandyが選手権で選手宣誓したのは1994年。
そう、もう18年前。
$SANDYの渡加とか。                 
となりにいるのは現慶応大学サッカー部コーチ、人見秀司。

実はそんなにいい思い出ではない選手権。
出たかったけど、出たあとのことまで考えていなかった。
目線が低かったのだと、いまでも正直後悔している。
死んでも出たかったから出たのは死ぬほど嬉しかったのだがね。
その悔しい気持ちは、今でも自分の頑張る糧です。

$SANDYの渡加とか。                 
そして、読んだ課題図書はこれ。
ふふふふ・・・・これを読んだ成果は1月2日に発揮(詳細後日)。

須賀監督、さすがフットサル界のモウリーニョ。

んで、家族を追って箱根へ。
$SANDYの渡加とか。                 
サッカーは嫌がったりするのに、ゴルフは積極的。

$SANDYの渡加とか。                 
そして、兄貴家族と合流し大涌谷へ。
大涌谷の黒たまごを食べると7歳寿命が延びるらしい。
Rona,長生きしろよ。。。
$SANDYの渡加とか。                 

すんげー寒かったけど、その分、富士山はよく見えました。
$SANDYの渡加とか。                 

そして、箱根にいたけどテレビで箱根駅伝パッケージビールを片手にのんびり。
$SANDYの渡加とか。                 

そして、なかよくぺったんとお餅つきをしましたとさ。。。
$SANDYの渡加とか。                 

今年はアントラーズ元年。
気合をいれて前進します!

仕事的?目標は「月一論文執筆」です。
『月刊Sandy』???

よめは達成したらフェラーリを買ってもよいとのことです。
ふふふふふ。

そして、須賀監督のモウリーニョ本の成果は次回号にて。
というか、暁星の初蹴り・・・・楽しかったぁ。

前田りょういちともゆっくり話できました。

今年もみなさまよろしくお願いしまする。。。

教授宅にて忘年会パーティー。。。

テーマ:
今年最後のブログでしょうか?

なぜこのコスチュームを青木が選んだかは謎?だが、2011年リクリエーション班の仕事おさめ。
photo:01

われわれ、医局での役職はこれでございます。

恒例の太っ腹、景品大会。
目玉?はゴパン?

お米でぱんが作れるらしいっす。
よくわからないのですが、
あさ起きたら、ごはんでなくパンができていたら、ごはん党の自分はショックかと、、、

んで、一昨日は教授の自宅で忘年会。

自宅でパーティーするなんて、外人みたいだなー、、、と言いたいところですが、うちのロナウジーニョは
photo:02

東京医大相撲部出身の医局長と相撲大会。。

市丸先生のアカペラ鹿児島の歌。
photo:03



留学生ウチくんの祖国の歌。
photo:04

なぜか、つばさと自分でフランス国家斉唱。

写真は出せませんが、ロナウジーニョも裸になって写真撮影。。。

教授、ご迷惑おかけしました。

自分は四月にカナダから帰国して、スポーツ関節鏡グループの立ち上げに参加させてもらった。

自分のいない二年の間にいろいろなことがあったみたいだが、医局にいる若手が生き生きと仕事と勉強をしているのをみて安心した。

正直、個人的な恨み辛みや、くだらない権力争いには興味がない。

自分たちが東京医大でがんばって、後輩と先輩と東京医大とともに前進できれば幸せだ。

一生懸命、みんなで前進する2012年にします。

しかし、もし、がんばっている後輩の足を引っ張ったり、邪魔をする輩がいるのならば自分は許さない。

自分たちが前進できるよう来年もがんばりましょう。
photo:05

おい、、、ロナウジーニョ。
うちの棟梁になにするんだ、、、

ちなみに、嬉しそうにロナウジーニョを支えているのが私のBOSSでございます。

来年がみなさんにとって素敵な一年になりますように!



iPhoneからの投稿
行って来ました、クラブワールドカップ。

個人的にはトヨタカップ時代の方がすきですが。

プラティニの寝転がりも、ライーの腰シュートも、雪の中のMagicマジェールも、、、あの時代世界最高峰が見れたのは幸せでした。

個人差には日産スタジアムは見にくいし一体感もなく嫌い。

でも、昨日は楽しかった。。
photo:01

りょう、岩崎、チケットありがとう。。。

去年、カンプノウに家族で行った時はラウドロップ率いるマジョルカとドロー。

わが妻はそん時かったジャージにて参戦。。

ちなみにラウドロップはおいらと同じ誕生日。

プラティニとユーべでトヨタカップで角度なしゴール決めてます。

オープニングは富士山と日の出をイメージした演出。
photo:02

それをみてロナでなくワイフが、
あれ、みかん???
とおっしゃってますた。。。

席は前から二列目。。
photo:03

君ら最高。

我が長男はCLで腰だけフェイントでチェフをあざ笑い、ワンハンドでジョンテリーをなぎ倒したロナウジーニョをイメージして、ロナにしました。

よって、バルセロナよりなかっこ。
ユニはロナウジーニョ。
人形もロナウジーニョ。
ロナはサードユニ。
photo:04

ちなみに、ロナは
イニエスター、と叫びながら観戦。

でも、、、サントスには、いや、ネイマールには期待してました。

試合前、となりに座ったブラジル人にりょうがポルトガル語で話し出した。

りょうは馬鹿だから、大学時代にブラジルにサッカー短期留学経験あり。

したら、話をサンディに振る。

サンドーサンドコデシタッケ?
と。

ブラガンチーノ。。

自分も、大学時代にブラジルサッカー修行に行ったのを忘れてました。。

医者でブラジルサッカー留学したことあるひとが二人も東京医大にいやした。

馬鹿ですな。

ちなみにブラガンチーノのことはブラジル人は知ってました。
嬉しい。

妻は知らなかった事実に目を丸くしてましたが、、、

とりあえず、次男の名前はネイ丸???

保留。

あ、試合内容。
解説不要。
サッキミラン以来、サッカーが変わった瞬間が、いまですね。。。

林さんが言っていた、サッカーは最終的にはバスケットボールになる、、、に近づいているようです。。。

幸せ報告でした。



iPhoneからの投稿
股関節鏡のオペを会心にやり切り墨田へ。

そう、フウガ東京。。
われわれがチームドクターをつとめる地域フットサルの雄、フウガ東京の練習にいって来ました。
photo:01



暁星のOB都立駒場のOBが中心で発足し、墨田からFリーグを目指すあついチーム。

このブログでも度々とりあげてやす。

あつい。
あついです。
あつすぎます。

真剣なトレーニング。
止むことのない声。
フットサルへの熱意。

給料をもらうどころか、会費を払って活動する選手たち。。。

頑張る姿を見て、自分の頑張りの足らなさを痛感。

頑張るのは素晴らしい。。。
photo:02



今週土曜日の17日。関東フットサルリーグ最終節。。

勝てば優勝。
行きましょう!
クラブワールドカップよりも熱い試合がそこにあります。

行きましょう、錦糸町へ。

って、その日、医局の忘年会が、、、
あ。。。

なにが大事か。
自分の大事なものは何か。

おいらは間違えない。。。

関東を制し、日本を制す。

練習の帰り道。
ラジオから流れて来たのは小沢健二の痛快ウキウキ通り。

喜びを他の誰かと分かち合う
それだけがこの世の中を熱くする

フウガをみて自分の頭に浮かんだ歌がラジオから流れて来た。

偶然。

フウガと喜びを分かち合えたら、、、

勝つ。



iPhoneからの投稿

ソクラテスの会。

テーマ:
うん、投稿可能なので連続投稿@経堂。

いつもなら、エルゴラ読みながらですが、柏に悔しさを感じるので購買せず。。

11月5日。第二回ソクラテスの会で講演しました。
テーマは、私のサッカードクター人生。

とはいっても若輩者すぎるのでサッカーおたく向きの、面白スライドに終始。

ちなみに、ソクラテスは現役医学部生時代に1982スペインワールドカップにでちゃった上に、ジーコ、ファルカン、セレーゾと黄金のカルテットをくんぢゃったツワモノ。

んで、関東若手サッカードクター勉強会の名前をソクラテスの会にしたのです。

しかし、なにかの縁か、、、会の前日にソクラテスは死去。。。悲しい。

そして、ソクラテスの会を立ち上げたサイタ先生とは同級生。

んで
photo:01

よこになってしまいましたが、1994年の選手権に二人ともキャプテンで出場し、新聞に隣同士で掲載されてます。

ちなみにこの事実をしったのは、つい最近ですが、、、
わが親友です。

photo:02

そして昨日、浦安ネズミーランドに行って来ました。

なんの下調べなく突入したら、入場制限で入れなかったので、提携ホテルに宿泊し入場するとゆー大技。。

ま、入籍記念だったので大盤振る舞い。。
photo:03



ネズミとは関係なく車に陶酔するロナウジーニョ。
photo:04

そして宇宙へ。。。

今週末の日曜日は、りょうにもらうチケットでクラブワールドカップの決勝に行きます。

生ネイマールがバルセロナをきりきり舞いにする、、、という試合がみれるらしいbyりょう

YouTube情報だけですが、ネイマールすごいっす。

日曜日次第では次男の名前はネイ君に、、、

楽しみだ。



iPhoneからの投稿