羽田空港第3ターミナル駅【東京都】(京急空港線。2020年ほか訪問) | 『乗り鉄』中心ブログ(踏破編)
新型コロナウイルスに関する情報について

『乗り鉄』中心ブログ(踏破編)

当ブログでは、私の鉄道乗りつぶしの過程や、最近の乗り鉄のレポート等を中心に紹介いたします。


今回の【駅】コーナーは、
東京都大田区南東部・東京国際空港(羽田空港)の敷地内西側に所在する、国際線の第3旅客ターミナルビル(旧・国際線旅客ターミナル)に隣接した南側に位置する京急空港線の駅、
羽田空港第3ターミナル駅

(はねだくうこうだいさんたーみなるえき。Haneda Airport Terminal 3) です。
 
尚、東京モノレールの駅の記事につきましては以前UPいたしました⇒記事はこちら
 
 
駅名
羽田空港第3ターミナル駅 (KK 16)
 
所在地
東京都大田区
 
乗車可能路線
京浜急行電鉄:空港線 
 
隣の駅
京急蒲田方……………………………天空橋駅
羽田空港第1・第2ターミナル方……羽田空港第1・第2ターミナル駅 
 
乗換可能駅
東京モノレール:東京モノレール羽田空港線……羽田空港第3ターミナル駅まで徒歩5分 
 
訪問・撮影時
2018年9月、2019年4月、2020年3月
 
 

走行中の東京モノレール列車より東を望む。
京急の羽田空港第3ターミナル駅は東京国際空港(羽田空港)第3旅客ターミナルビルの西端北側地下に設けられていて、ホームは第3旅客ターミナルビルから西側の地下に設けられています。
駅東側の地上部には3階建て(?)の駅ビルがあり、左上には京急の看板が掲げられています。駅ビルの向こう側は第3旅客ターミナルビルです。
駅ビル内の2階に上り線(京急蒲田・東京都心方面)の改札が、地下2階に下り線の(羽田空港第1・第2ターミナル方面)の改札が設置されています。
そして駅ビルの2階と3階には京急系の商業施設「ウィングエアポート羽田」のテナントが入居しています。1階は業務用スペースとして利用されています。
また、京急駅舎の南側(写真右外)には東京モノレール・羽田空港第3ターミナル駅があります(ホームは高架上3階にあります)。
尚、京急・東京モノレールとも独自の駅前広場はありませんが、地平部分に第3旅客ターミナルビルのバスターミナル、タクシー乗り場が整備されています。
 
 

羽田空港第3旅客ターミナルビル北側より南を望む。
ターミナル内環状道路を挟んで左に第3旅客ターミナルビルが、右(写真中央)に京急の駅ビルがあります。
京急線は左右方向の地下を通っており、右側にかけての地下に京急の羽田空港第3ターミナル駅があります。
駅の外、1階部分にはバスターミナル、タクシー乗り場、自家用車送迎スペースが設けられています。
京急駅舎の向こう側には東京モノレールの羽田空港第3ターミナル駅があり、その右側には立体駐車場(第5駐車場。P5)があります。
尚、駅外から京急駅舎へは直接入る事ができず、旅客ターミナルビル2階経由でアクセスする形となります。
 
 

駅前より南西を望む。2019年4月撮影。
左側に京急駅が、後方に第3旅客ターミナルビルがあります。
正面にはタクシープールやバスターミナルがあります。
前方約500mには多摩川が左右方向に流れており、対岸は神奈川県川崎市川崎区です。
羽田空港第3旅客ターミナルビルの南西側~西側にはホテル・温泉施設や商業施設が入居する「羽田エアポートガーデン」を建設中でしたが建物は完成し、2020年4月にオープン予定でしたが、新型コロナウイルスの影響でオープンが延期となっています。
また、この付近には多摩川を渡る手段(橋・トンネル)が存在しない事から川崎市側と結ぶ橋梁が架けられる予定です。
 
 

こちらは羽田空港第3旅客ターミナルビル3階の様子です。西を望む。
正面は3階アクセスホールで、正面と右手には2階にある京急駅都心方面改札へ向かう上下方向エスカレーターとエレベーターがあり、右手には京急駅羽田空港第1・第2ターミナル方面改札とを結ぶ上下方向エスカレーター・エレベーターがあります。
左側には東京モノレールの3階改札があります(2階にも改札があります)。
羽田空港第3旅客ターミナルビルですが、3階に出発ロビー、2階に到着ロビーがあります。
後方の4階から5階にかけてはレストラン・ショップが入居しています。
4階には江戸の街並みを再現した「江戸小路」が、5階には展望デッキがあります。
 
 

5階の展望デッキにて。東を望む。
ここからは飛行機や空港の様子を一望できます。
前方に見える左右方向の滑走路の先には第1旅客ターミナルビルが見えます。
第1旅客ターミナルビルの向こう側には第2旅客ターミナルビルがあります。
 
 

地下2階の、羽田空港第1・第2ターミナル方面下り1番線ホーム東側(第1・第2ターミナル方)に位置する改札口の様子です。
改札内に上下線ホームを結ぶ通路は存在せず、こちらの改札口は下り線専用です。したがって、ここから乗車する際は羽田空港第1・第2ターミナル駅にしか行けません。
後方には「ウィングエアポート羽田」3階(出発ロビーあり)直通と「ウィングエアポート羽田」2階(到着ロビーあり)経由3階行きの上下方向エスカレーターが1組ずつあり、2階・3階へ向かうエレベーターも4基設置されています。
交通系ICカード『PASMO』などに対応の自動改札機が5通路ありますが、大型荷物に対応するため全て幅広通路です。京急駅は改札内に旅客ターミナルビルのカートを改札内に持ち込む事が可能で、ホームにカート置場があります(モノレール駅は持込不可です)。
右端は有人通路を兼ねており、通路沿いに窓口(ご案内カウンター)があります。
改札口の右手前には自動券売機がありますが、普通乗車券は隣の羽田空港第1・第2ターミナル駅行きしか発売していないと思われます。
トイレ・多機能トイレは改札外の左後方にあります。
そして改札の先は下り1番線ホームです。ホームから改札口・出発(到着)ロビーまでのルートはバリアフリーに対応しています。尚、地下2階構内(改札外・改札内とも)には売店・コンビニがありません。「ウィングエアポート羽田」3階やターミナルビル1階にあるコンビニをご利用下さい。
 
 

こちらは地上2階の、京急蒲田・品川・東京都心・横浜・都営浅草線・成田空港方面上り2番線ホームに通じる改札口の様子です。
この改札口から羽田空港第1・第2ターミナル駅へは行けませんので要注意です(地下2階改札へ)。
後方には東京モノレールの2階改札口があり、右には第3旅客ターミナルビルの到着ロビーがあります(3階出発ロビーへのES・EVあり)。
右前方には商業施設「ウィングエアポート羽田」と、地下2階下り線改札とを結ぶ上下方向ES・EVがあります。
左手にはバスターミナルや第5駐車場(P5)、そして2020年4月から夏にオープンが延びた「羽田エアポートガーデン」への連絡通路があります。
交通系ICカード『PASMO』などに対応の自動改札機が2方向に計5通路ありますが、こちらも大型荷物に対応するため全て幅広通路です。こちらも地下2階ホームまで旅客ターミナルビルのカートを持ち込む事が可能で、ホームにカート置場があります(モノレール駅は持込不可です)。
右端は有人通路を兼ねており、通路沿いに窓口(ご案内カウンター)があります。
改札口の右手前には自動券売機がありますが、直通先の都営地下鉄線各駅やJR山手線の各駅への連絡乗車券も購入可能です。ここでは隣の羽田空港第1・第2ターミナル駅行き乗車券は発売していないと思われます。
トイレ・多機能トイレは改札内にあります。
そして改札の先は連絡通路で、ターミナル内環状道路を渡った先に地下2階ホームとを結ぶ上下方向エスカレーターがあります。エレベーター(複数基)は改札を通って右側に乗り場があります。カートはエレベーターしか利用できませんのでご注意を。尚、階構内(改札外・改札内とも)にも売店・コンビニがありません。「ウィングエアポート羽田」3階やターミナルビル1階にあるコンビニをご利用下さい。
 
 

下り1番線ホーム側壁に設置されている駅名標です。駅名改称後の2020年3月20日撮影。
電照式です。青地の京急新デザインで、「第3ターミナル」が強調されていて、誤下車の防止に一役買っています。
四隅には期間限定で花の写真が貼り付けられています。英語、中国語、韓国語表記もあります。
駅ナンバリングも併記されています (KK 16)。
そして、羽田空港のターミナル番号「T 3」も併記されています。
ちなみに、旧駅名は「羽田空港国際線ターミナル駅」でした。
 
 

こちらも1番線にて。
第3旅客ターミナルは国際線ターミナルなので英語表記主体の駅名標もあります。
 
 

京急線の羽田空港第3ターミナル駅は相対式ホーム2面2線の地下構造で、地下2階にあります。
ホームは東西方向に延びています。有効長は8両分で、京急名物(?)の12両編成には対応していません。
右(北)が下り1番線で羽田空港第1・第2ターミナル行き、左(南)が上り2番線で京急蒲田・東京都心・横浜方面行きです。
各ホームともホームドアが設置されています。ホーム幅は非常に広いです。
そして、各ホームにはカート置場があり、1番線はホームからカートを利用できます。
2番線にはベンチ・飲料自動販売機がありますが、1番線はほぼ下車客である事から設置されていません。
1番線の羽田空港第1・第2ターミナル方(右前方)に下り線専用改札口があり、2番線の羽田空港第1・第2ターミナル方(左後方)には2階上り線専用改札口とを結ぶエレベーターが、2番線中ほど(左前方)には2階上り線専用改札口とを結ぶ上下方向エスカレーターが、それぞれ設置されています。
写真は1番線より京急蒲田方を望む。
 
京急蒲田方はこの先、高架を走る東京モノレール線と並行する形で空港用地内の地下を西へ走り、やがて右へカーブすると天空橋駅へと至ります。駅構内で東京モノレールの天空橋駅をくぐる形になります。天空橋駅には東京モノレールとの乗換改札が2ヶ所設置されています(うち1ヶ所は時間制限あり)。
 
一方、羽田空港第1・第2ターミナル方はこの先、東京モノレール線と離れ、羽田空港第3旅客ターミナルビルの直下を横切るように東へ走ります。その後は左へカーブしながら滑走路などの空港用地地下を走り、進路を北東へ変えると第1旅客ターミナルビルの直下を横切り、第1旅客ターミナルと第2旅客ターミナルの間に位置する終着駅、羽田空港第1・第2ターミナル駅へと至ります。
 
 
あとがき
私が京急空港線の羽田空港第3ターミナル駅で下車(乗車)したのは2018年、2019年、2020年の計3度です。いずれも実現できるかどうかは未知数ですが東京都の全駅を訪問する目的の一環で下車しました。駅は第3ターミナルビルと一体になっていますが、地下駅なのでターミナルビルへのアクセスは若干時間を要しましたが許容レベルです。駅前は空港用地で、当然ながら住宅は見られませんでした。
 
新宿駅からですと山手線内回り(品川方面)に乗り、品川駅で下車。京急本線~空港線のエアポート快特・快特・エアポート急行の羽田空港行きに乗り換えて当駅下車です(エアポート快特は品川~羽田空港第3ターミナルの間ノンストップです)。余裕で日帰り訪問可能です。
一方、大阪からですと東海道新幹線に乗り品川駅で下車。以降は上記のルートで到達できます。じゅうぶん日帰り訪問可能です。
(飛行機でのアクセスは考慮していません)
 
食料・飲料について、第3ターミナルビル内で済ませられます。1階にコンビニが2軒あり、3階~5階に飲食店が多数ありますが、飲食店は気軽に入れるチェーン店が少ないです。まぁ事前に用意しなくても大丈夫でしょう。
 
大阪からの到達難易度もさほど高くありません。
京急空港線を乗り鉄される際は、ぜひ一度は羽田空港3第ターミナル駅でも途中下車されてみて下さい!
そして羽田空港へのアクセスで京急をご利用の際も、ぜひ羽田空港第3ターミナル駅を観察されてみて下さい!
 
(参考:京浜急行電鉄のHP、地理院地図、Google地図、Wikipedia)