家具の教科書|家具ブログ

家具の教科書|家具ブログ

世界中の家具についていろいろと語っていくブログです。

無垢で作る家具アクロージュファニチャー は埼玉県所沢市の工房でオーダーメイドの家具を作成しています。

江戸川区のリフォーム会社
インテックスでは、マンションリフォームからスケルトンリフォームまで、江戸川区のお客様から多くの支持を得ています。デザインに優れた家具についてもご相談いただけます。


芯光庭苑 は造園工事、外構工事、エクステリア、ガーデニング、庭の工事、庭の手入れをトータルに行っています。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
そして、このバネには、Sバネというものが良く使われていて、
ソファにはお馴染のものです。

このSバネと言うのは、見てすぐにわかるように
S字のような形をしていることから、
Sバネと呼ばれてるのですが、
本当の名前は「ウェ―ブスプリング」とのことです。

このウェーブスプリングが使われているのですが、
ソファに使う際には、Sになっている間隔を
よく調整して使用するとのことで、
この感覚を広くしたり狭くしたり、
また、綿経を太くしたり、細くしたりして
様々な調節を行うとのことです。

こうした調節によって、
より座りやすいものになるように
するのですが、ウェーブの山の盛り上がりを
調整したりして、かなりいろいろな工夫をして
ソファの座り心地を高めていくとのことです。

さすがに、こうしたものは、ソファの座り心地を大きく左右するものであるということで、
かなり重要なものになるようです。

やはり、人が座るには、それなりに
適度な柔らかさというものがあるので、
こうした職人のこだわりによって
作られるということのようです。


こうした目に見えない部分をしっかりと
考えられてソファは作られているということがわかるのですが、
ソファバネというのは、かなり重要なもののようです。

テーマ:
ソファには中にバネが入っていてそれがふわふわとした
感じを作りだしていますが、このソファに使う
バネも随分とこだわりがあって
使われているということになっています。
やはり、バネというものはどれも同じような感じもしますが、
しかし、実際にソファをつくる職人さんにしてみると、
このソファに使うバネにしても、
非常に重要なものになるようです。

なので、このソファに使うバネについても、
非常にこだわりがあって、
より座り心地の良いようなものを
使えるように考えてソファは作られていて、
ソファごとにコイルの数から綿経、ウレタン比重を
よく計算して、より良いソファの座り心地を
実現させているとのことです。

確かに、ソファの座り心地というのは、重要なもので、
あまり硬い感じのするソファには、
座りたくないものです。

やはり、どこか芯がありながらも、
ゆったりとして、座り心地のいいものが
いいのですが、
こういうソファを作る為にも、
職人さんは、ソファに使うバネ、コイルというものを
重視するそうです。

より優れた座り心地というのは、
使う素材などによって大きく異なってきますが、
そうした事を良く考えて、
バネは選ばれているとのことです。
バネ一つとってみても非常に
奥深いものがあるようです。

テーマ:
綿についても、非常に高品質なものが使われている
とのことで、上位のソファのものには、特殊繊維を
使用した高品質ポリエステル綿といわれている、クリスター綿を
使用しているとのことです。

このクリスター綿は、耐久性や通気性に優れていて、
非常に使いやすく、いつまでもキレイに使えるもののようです。
そして、丸洗いができるとのことで、洗濯をしても、
風合いを変えることなく、いつまでも同じように
使う事ができます。

綿埃もでにくいおのことで、ハウスダストアレルギーの
発生を上手く抑えてくれるということで、
そうしたものにアレルギーのある人にとっては、
非常に有効ですね。

確かに、ソファというのは、長く使っていると、
いろいろとほこりなどが付着してきますが、
しかし、このクリスター綿は、丸洗いができると言う事で、
非常にそうした事をうまくクリアできるようです。

耐久性もよく、通気性に優れているとのことで、
普通に使用をしていても、かなり清潔に
使う事が出来るようです。

どうしても、ソファの場合は、綿や羽毛を使うということで、
埃などを気になってしまいますが、
普通の人はもちろん、アレルギーがあると言う人も、
より清潔でキレイに使う事が出来るものは、非常に
使い勝手が良いようです。

テーマ:
ソファに使われる素材ですが、これも様々なものがあり、
いろいろなことがしっかりと
吟味されて素材選びがされているとのことです。
まず、ソファを製造する時に使われる部材は、
クッション材にバネ、ウッドフレームなどになりますが、
非常に多くのものが使われている為に、
実際の組み立てられた時に、座り心地は
どのようなものであるのかということや、
座る時に、安心して座ることができるのか
いう事などを、しっかりと考えて、そこから
こだわりをもって選定しているとのことです。

まず、NOYESで使われている羽毛ですが、除塵洗浄を
繰り返していて、高音による殺菌処理がおこなわれているとのことです。

こうしたことによって、羽についている虫なんかは、
完全に除去されているとのことです。
なので、非常にキレイな羽毛で安心して腰掛けることができるように
なっています。

また中袋には、綿100%を使用しているので、
羽が飛び出しにくいとのことです。

こうした細かいこともしっかりと
考えられていて、
さらには、ダウンプルーフ加工を行ってるために、
外からのダニの侵入も、ほとんど起こらないということで、
いつまでもキレイに使う事が出来て、
安心して使う事ができます。



テーマ:
このようにタッ化―と言うのは、
プロが使うものにしろ、家で使うものにしろ、
ソファ作りには欠かせないものであるのですが、
しかし、これには、さらに大きなタッカ―とうものも
あり、それは、普通のタッカ―の
2.5倍程の大きさのあるものであるとのことです。

相当大きなものになりますが。
こうしたもので、何を作るのかと言うと、
これは、ソファに使うバネを
打つ際に使われるとのことです。

ソファには、バネ、スプリングが
中に入ってるものがありますが、
それをつけるためには、こうした
ものが使われているとのことです。


バネを付ける時には、木枠の奥からバネを留めて行って、
バネを留める道具を使って、グッと弾くようにとめる
とのことですが、かなり
熟練したテクニックが必要となりそうです。

こうしたものを使用してバネが留められているのですが、
しかし、普通にバネを留めると言うと、
やはり、木枠と布を留めるというのとは
少し違う事であるようですね。

それなりに技術が入ることであるようなんですが、
本当に大きな道具を使うようです。

普通に使うタッカ―の
2.5倍ということで、相当に大きな
ものになりますが、
しかし、こうしたものを使わないことには、
しっかりとバネを留める事が出来ないそうです。

テーマ:
ソファ作りには、そうしたもの担当者がいろいろと
意見を言い合いながら作り上げていくのですが、
しかし、そこから実際に家具を作っていく時には、
どいう道具を作って、どのような工程になっていくんか
というのは気になる所です。

なので、それを少し見ていきたいと思うのですが、
まず、ソファをつくる道具と言うと、
タッカ―と呼ばれるものがあり、これが非常に
重要なものになります。

というのも、これはエアーで鍼を飛ばして
布等をしっかりと留めるもので、
ソファの場合は木枠と布をしっかりと留める
ものになっています。

これがないことには、ソファができないといっても
良いほどですが、プロがしっかりとしたソファを作る際には
こうしたものが使われているとのことです。

これには、簡易的なものもあるとのことで、
大きめのホッチキスのようなものになっていて、
家庭で使っているダイニングチェアーなどが、
少し流れてしまったと言うような時には、
それを使ってうまい具合に補修をすることができます。

タッカ―の簡易盤というような感じのものですが、
しかし、こうしたもんも家庭では、
非常に役が立つことがあるそうです。

なので、プロが使うにしろ、家庭で使うにしろ、
どちらにしても布と木枠を留めるものは
重要ですね。

テーマ:
そうして図面を見ながら、いろいろなものを
確認した後は、様々な担当者が集まって、より使いやすいもの
になるように意見交換をするとのことです。

基本的には、ソファを使うと言うと、
開発担当者が一人で行うものですが、
しかし、最終的には、縫製担当者、製造担当者からも
意見を聞くとのことです。

こうして意見を聞いて、より使いやすいようなソファにするには
どうしたらいいのか、
また、座り心地等についてもしっかりと
意見交換を行い、ソファを完成させていくとのことです。

ここで強度試験というものも行うとのことで、
少し強度について足りないところがある場合には、
試験に出す事もあるとのことです。

これはすべてに行われると言うわけではないようですが、
しかし、しっかりと人が座れるような
ものを作る為には、非常に重要なものになります。


また、図面で見ると、非常にいいものの、
実際に作っていくと、あまり良くない
部分などもあり、そうした所というのは、
細かな調整を加えていくとのことです。

例えば、肘の高さをほんの少し買えるだけで、
随分と印象が変化するということで、
こうした事も良く行い、
よりお客さんからの目線でものを作るように
心がけているとのことです。

テーマ:
このソファ作りには、デザインによって随分と、
その木枠が異なってくるとのことで、
担当者はソファの強度や安定性を
よく考えて木枠図面を描いて木工所に
依頼するとのことです。
そして、依頼をした後は、できあがってくる
木枠を図面と照らし合わせながら、
強度の確認や無駄な個所などを確認していくとの
ことです
そうしたことを行いながら、より仕上がりのイメージに
近づけていけるようにするとのことです。


こうした作業を行ってから、よりしっかりとした
ソファが作られるということになるようです。

確かに、ソファというのは吸われれば何でも良いというような
ものではなくて、あくまくでしっかりと座って、
それがどのおようなものかということが
重要になるので、ここのところは欠かせないことですね。
特に強度の場合は、非常に重要な事で、
あまりデザインを追求しすぎてしまって、
すぐに壊れてしまうと言うようなことでは、
ソファとしては、到底使えないものになってしまうので、
ここの所はかなり重要になります。

強度などを良くチェックして、そこからより仕上がりの
イメージを思い浮かべながら、細かな所を見ていくとのことです。
こうしたことをまず行われてから、
本格的にソファが制作されています。

テーマ:
そして、多くのイメージが描かれて、
その中からより優れたデザインのものを
選んでいくのですが、ある程度、デザインの形が決まってくると
今度は、そのデザインからサイズは
どのくらいのものにするのかということを
考えて行くそうです。

デザインはしても、それがどのような大きさのものであるのか
ということも、しっかりと決めて行かなければいけないとのことです。
ソファには、一人で座るものから、二人用のもの、
3人用のもの等、座る人数によって、
そのサイズが大きく違ってくるので、
そこのところをよく考えて行かなければいけないようです。

一人で座るものなのか、それとも二人で座るものであるのか、
それともそれ以上の人数で座るものであるのかというと、
これはサイズそのものが実に大きく異なってくるものであるので、
そうしたものを良く考えて、作っていくと言う事になるようです。

まずは、デザインからサイズ決めということで、
こうしたことがソファを造る際には
必要になるのですが、これがすべての始まりのようです。
ここでしっかりとしたものができるかどうかというのが
何よりも重要にもなるのですが、
より良いソファを物を生み出すにはデザインは重要になりますね。

テーマ:
ソファを作るにはいくつかの工程があるのですが、
まず、初めは試作・開発ということになっています。

この試作・開発によって、どのようなソファを作っていくのか
と言う事を決めるのですが、これは思う以上に
しっかりとしているもので、普段座っているものが
このようにして作られているのかと
驚いてしまいます。

まずは、ソファを作る際には、どのような形にしていくのか
ということをしっかりとイメージで書いていくとのことで、
まるでファンションデザイナーが洋服をデザインするように
ソファの形をデザインしていくとのことで、
落書きともとれるようなデザイン画を多く制作していくとのことです。

こうしたものを多く書いていっては、
より優れたデザインのものを実際に作っていくようにする
とのことですが、しかし、ソファも制作される際には、
まずはこうしたデザインから考えられると言う事で、
少し以外ではありました。

確かに、何でもデザインというのは
重要になりますが、しかし、ソファをデザインするというと、
これはかなり意外な感じしますね。
しかし、まずは、このデザインがしっかりとしてから、
その後の過程につながるとのことで、
初めに何度も書き直しては理想のソファを作り上げる為に
イメージ画を描くとのことです。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス