ムラサキノオト
ムラサキノオトの一部過去作品をBoothで通信販売しています。 https://purplesounds.booth.pm/
次回のイベント参加予定は未定です。
  • 14Dec
    • Linux Mint 19 で chinachu(γ)を動かす(3)

      Chinachu自体のインストールは(2)で書きましたので、ここからは事後談です。■動画の再生でブロックノイズが多発するのでカーネルを入れ替えるAMD Athlon 5350(kabini)がさほど速い環境でないことは承知の上ですが、録画サーバー上でChinachuからXSPFでtsを再生すると、ブロックノイズが多発してほとんど見れたものではありません。以前は普通に見れていたと思うのだが・・・、と考えてみたところ、もともとこの録画サーバーはUbuntu Studioだった時期があって、その後も lowlatency kernel を使っていたように思います。そこで、まずはカーネルを入れ替えます。なお、録画サーバーは(1)で書いたようにUEFIブート仕様です。synapticsパッケージマネージャから"linux-lowlatency"をインストール指定して適用します。すると、2018年12月7日時点では"vmlinuz-4.15.0-42-lowlatency"が入りました。しかしそのままではgenericカーネルのままなので、ブートマネージャーのgrub2をいじって標準で起動するカーネルをlowlatency版に変更します。カーネルを変更した場合はgrub-mkconfigを使ってgrub2を更新する必要があるようです。linux Mint 19では、update-grubかupdate-grub2を使います(両者は同じもので、その実体は/usr/sbin/update-grubというgrub-mkconfigを実行するスクリプトです)。まず、/etc/default/grubを編集します。$ sudo xed /etc/default/grub開いてみるとわかりますが、冒頭に# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update# /boot/grub/grub.cfg.# For full documentation of the options in this file, see:# info -f grub -n 'Simple configuration'と書いてある通り、このファイルを編集しただけでは起動環境は書き換わらず、編集後にupdate-grubを行うことでカーネルを検索し、/boot以下にある実体の起動設定ファイルを書き換えます。grub2の設定内容については下記の参考サイトが詳しいです。【参考】今回のお題 - GRUB を設定する ~ GRUB 2 編http://www.usupi.org/sysad/202.htmlGRUB2(gentoo linux)https://wiki.gentoo.org/wiki/GRUB2/jaUbuntu 14.04以降のGRUB2でデフォルトのLinuxカーネルを固定するhttps://ytooyama.hatenadiary.jp/entry/2018/06/25/23542925.5. GRUB 2 設定ファイルのカスタマイズhttps://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/system_administrators_guide/sec-customizing_the_grub_2_configuration_file今回の録画サーバーでは起動するカーネルを固定するので、GRUB_DEFAULT=0となっているところを、GRUB_DEFAULT="gnulinux-advanced-d0815f30-02ba-4f00-a664-bf4a651900c1>gnulinux-4.15.0-42-lowlatency-advanced-d0815f30-02ba-4f00-a664-bf4a651900c1"と書き換えます。最初、GRUB_DEFAULT="Ubuntu, with Linux 4.15.0-42-lowlatency"のように書いたのですが、update-grubするとWarning: Please don't use old title `Ubuntu, with Linux 4.15.0-42-lowlatency' for GRUB_DEFAULT, use `Advanced options for Ubuntu>Ubuntu, with Linux 4.15.0-42-lowlatency' (for versions before 2.00) or `gnulinux-advanced-d0815f30-02ba-4f00-a664-bf4a651900c1>gnulinux-4.15.0-42-lowlatency-advanced-d0815f30-02ba-4f00-a664-bf4a651900c1' (for 2.00 or later)のように警告されたので、その通りに書き直しました。続いて、書き換えのコマンドを実行します。$ sudo update-grub -o /boot/efi/EFI/ubuntu/grub.cfgこれで再起動するとlowlatency kernelで動くようになりました。が、起動時に /EFI/Ubuntu/fonts/unicode.pf2 が無い、みたいなエラーが出ます。なので、$ sudo cp /usr/share/grub/unicode.pf2 /boot/efi/EFI/Ubuntu/fontsのようにファイルをコピーすると、このエラーは出なくなりました。この後、kabiniの動画再生支援関連を調べていたのですが、重要なことを忘れていました。■Chinachuで録画できないエラーふと気がつくと、Chinachuにエラーが出て録画できなくなっています。ログには"undefined ECONNRESET"のように表示されています。あ、そうだった、カーネルを変更したからPT3のドライバを更新しなきゃいかんのだった(PT3のドライバはカーネルのバージョンに依存します)。$ ls /dev/pt3*案の定あるべきデバイス名(/dev/pt3video0 /dev/pt3video1 /dev/pt3video2 /dev/pt3video3)がありません。ドライバを更新してインストールして再起動します。$/src/$ cd pt3/src/$ make clean/src/$ make/src/$ sudo make install/src/$ sudo reboot再起動後に再び$ ls /dev/pt3*してドライバが復活していることを確認して解決。【参考】chinachuで急に録画できなくなった(PoohKidsParty)http://poohkids.com/server/chinachu-cannotrecord/■Linux Mint 19 と Athlon 5350 による動画再生lowlatencyカーネルにしたことでvlcでtsを再生した時のブロックノイズや動画のカクつきはなくなりましたが、たしか以前使っていたLinux Mint 17の頃はAMD提供のプロプライエタリなドライバを入れてVDPAUで再生していたような気がします。そこで、そのへんの情報を調べてみたものの、Radeon派が少数になっているのかあまり情報がありません。VDPAU自体は現在もあるっぽいが・・・。AMD製のドライバは2015年12月から更新されていないようです。https://www.amd.com/ja/supportProcessors with graphics→AMD Athlon Processors→AMD Athlon Quad Core APU→AMD Athlon 5350 with radeon R3 seriesの順に指定して「送信」をクリックするとOS別のダウンロードページへ行ける。リポジトリを追加してfirmware-linuxを入れてみる方法もあるようですが、2016年の元版はLinux Mint 19の最新環境では古すぎて、依存関係の問題でインストールがスムーズにいきませんでした。公開鍵エラーを克服し、バージョンを固定して強引に入れてみたものの、影響を受ける他のパッケージにも必要なものがあり・・・。PPA(oibaf/graphics-drivers)を登録してOpen Source Graphics Driversを試すとvdpauinfoで情報が出てくるようになり、vlcでVDPAUを使って再生できるようになりましたが、描画が多少軽くなった印象はあるものの再生画質が落ちてしまいました。インタレ縞が酷くてインタレ解除を設定しても効果が出ないし、再生時の負荷メーターを見るとインストール時にデフォルトで入っていたドライバで再生した時とさほど差がないのです。しかも何度か設定変更を繰り返しているうちに何故かvlcが起動しなくなってしまって、結局mesa vdpauドライバはリムーブしてしまいました。vdpauを使わなくても、微妙に動きが遅く感じるものの画質はずっと良く、lowlatencyカーネルのおかげでカクつきは解消されているので、私の理解が進むまで、当面これで行くことにしました。アップデートしてMesa 19.0.0-develになりました。$ screenfetchOS: Mint 19 taraKernel: x86_64 Linux 4.15.0-42-lowlatencyUptime: 32mPackages: 2860Shell: bashResolution: 1024x768DE: MATE 1.20.0WM: Metacity (Marco)GTK Theme: 'Mint-Y' [GTK2/3]Icon Theme: Mint-YFont: Noto Sans 9CPU: AMD Athlon 5350 APU with Radeon R3 @ 4x 2.05GHz [15.0°C]GPU: AMD KABINI (DRM 2.50.0, 4.15.0-42-lowlatency, LLVM 7.0.1)RAM: 1565MiB / 3387MiB$ glxinfo -Bname of display: :0display: :0 screen: 0direct rendering: YesExtended renderer info (GLX_MESA_query_renderer): Vendor: X.Org (0x1002) Device: AMD KABINI (DRM 2.50.0, 4.15.0-42-lowlatency, LLVM 7.0.1) (0x9830) Version: 19.0.0 Accelerated: yes Video memory: 512MB Unified memory: no Preferred profile: core (0x1) Max core profile version: 4.5 Max compat profile version: 4.5 Max GLES1 profile version: 1.1 Max GLES[23] profile version: 3.2Memory info (GL_ATI_meminfo): VBO free memory - total: 457 MB, largest block: 457 MB VBO free aux. memory - total: 2033 MB, largest block: 2033 MB Texture free memory - total: 457 MB, largest block: 457 MB Texture free aux. memory - total: 2033 MB, largest block: 2033 MB Renderbuffer free memory - total: 457 MB, largest block: 457 MB Renderbuffer free aux. memory - total: 2033 MB, largest block: 2033 MBMemory info (GL_NVX_gpu_memory_info): Dedicated video memory: 512 MB Total available memory: 2555 MB Currently available dedicated video memory: 457 MBOpenGL vendor string: X.OrgOpenGL renderer string: AMD KABINI (DRM 2.50.0, 4.15.0-42-lowlatency, LLVM 7.0.1)OpenGL core profile version string: 4.5 (Core Profile) Mesa 19.0.0-devel (git-5c45466 2018-12-14 bionic-oibaf-ppa)OpenGL core profile shading language version string: 4.50OpenGL core profile context flags: (none)OpenGL core profile profile mask: core profileOpenGL version string: 4.5 (Compatibility Profile) Mesa 19.0.0-devel (git-5c45466 2018-12-14 bionic-oibaf-ppa)OpenGL shading language version string: 4.50OpenGL context flags: (none)OpenGL profile mask: compatibility profileOpenGL ES profile version string: OpenGL ES 3.2 Mesa 19.0.0-devel (git-5c45466 2018-12-14 bionic-oibaf-ppa)OpenGL ES profile shading language version string: OpenGL ES GLSL ES 3.20$ vainfolibva info: VA-API version 1.1.0libva info: va_getDriverName() returns 0libva info: Trying to open /usr/lib/x86_64-linux-gnu/dri/radeonsi_drv_video.solibva info: Found init function __vaDriverInit_1_1libva info: va_openDriver() returns 0vainfo: VA-API version: 1.1 (libva 2.1.0)vainfo: Driver version: Mesa Gallium driver 19.0.0-devel for AMD KABINI (DRM 2.50.0, 4.15.0-42-lowlatency, LLVM 7.0.1)vainfo: Supported profile and entrypoints VAProfileMPEG2Simple : VAEntrypointVLD VAProfileMPEG2Main : VAEntrypointVLD VAProfileVC1Simple : VAEntrypointVLD VAProfileVC1Main : VAEntrypointVLD VAProfileVC1Advanced : VAEntrypointVLD VAProfileH264ConstrainedBaseline: VAEntrypointVLD VAProfileH264ConstrainedBaseline: VAEntrypointEncSlice VAProfileH264Main : VAEntrypointVLD VAProfileH264Main : VAEntrypointEncSlice VAProfileH264High : VAEntrypointVLD VAProfileH264High : VAEntrypointEncSlice VAProfileNone : VAEntrypointVideoProc$ vdpauinfo(使ってないけど)display: :0 screen: 0Failed to open VDPAU backend libvdpau_radeonsi.so: cannot open shared object file: No such file or directoryError creating VDPAU device: 1【参考】ハードウェアビデオアクセラレーション(arch linux)https://wiki.archlinux.jp/index.php/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3DebianでのHW動画再生支援機能 - 酒と機械とときどき読書https://sasamine.hatenablog.com/entry/2018/11/12/031445ハードウェアアクセラレーションを有効にする。 Linux MINT 19 ubuntu 18.04LTS(涙とともに夜な夜なパンを齧った)https://poor-user.blogspot.com/2016/07/linux-mint-18-ubuntu-1604lts.htmlHow to Install The Latest AMD Radeon Drivers on Ubuntu 18.04 Bionic Beaver Linuxhttps://linuxconfig.org/how-to-install-the-latest-amd-radeon-drivers-on-ubuntu-18-04-bionic-beaver-linuxHow to Install AMD Radeon Drivers on Ubuntu 18.10 Cosmic Cuttlefish Linuxhttps://linuxconfig.org/how-to-install-amd-radeon-drivers-on-ubuntu-18-10-cosmic-cuttlefish-linuxLinuxでGPUの動画再生支援を用いる(主にDebian/Ubuntu向け)https://kakurasan.blogspot.com/2015/11/accelerated-video-decode-on-linux.html第524回 Hades Canyon/Kaby Lake GのdGPUを有効化する(Ubuntu Weekly Recipe)https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0524AMDGPU(arch linux)https://wiki.archlinux.jp/index.php/AMDGPUHow To Enable Hardware Acceleration In Chromium On Ubuntu Or Linux Mint (VA-API Patched PPA Builds)https://www.linuxuprising.com/2018/08/how-to-enable-hardware-accelerated.html(がんくま)

      2
      テーマ:
    • XigmaNAS 11.2.0.4 導入記

      社内で余っていたPCを使って初期投資0円でNASを作ってみた。■用意したもの・PC本体Dell Optiplex755SFF Core2Duo E4500 RAM 2GB HDD250GB Intel Q35 Express ICH9D0 82566DM S-ATA 3Gb/s・HDDSeagate ST1000DM003 1TB 7200rpm S-ATA 6Gb/s・4GB USB MEMORY・CD-Rメディア1枚Optiplex755は以前、某放送局でAbleton Liveによる効果音のポン出しで使っていたWindowsXP機で、当時の単機能用途としては特に問題が無かった搭載メモリ2GBだが、今となっては使い道がなく何年も寝たままだった。しかしインテル82566DMがギガビット・イーサネット対応で、内蔵HDD用の冷却ファンが付いている点もNAS転用には好ましい。HDD250GBだとNAS用途には不足なので、USB2.0の外付けHDDに使われていた1TB HDDと入れ替えた。ST1000DM003は7200回転で、うちのようにアクセスが極めて少ない場所で常時電源入れっぱなしのNASに使うには向かない気もするが、新しいHDDを買ってくるつもりも無いので使ってみる。■NASプログラムのインストールXigmaNASは、その前身であるNAS4Freeから2018年7月にプロジェクト名が変わったばかりで、ネット上にはNAS4Freeの情報が多いが、バージョンも近いので読み替えてインストール作業を行った。XigmaNAShttps://www.xigmanas.com/XigmaNAS Source Forge(ダウンロード先)https://sourceforge.net/projects/xigmanas/files/OptiPlex755にDVD-ROMドライブが付いていたので、CD-ROM用のiso"XigmaNAS-x64-LiveCD-11.2.0.4.6229.iso"をダウンロードしてきて別のPCでCD-Rに焼く。NASとして運用する際、起動はUSBメモリーから行うこととした。HDDが飛んだ場合の復旧や入れ替えが簡単になるのではないかと思ったためである。かなり以前に取引先から粗品で戴いたUSBメモリーには、誰かが間違って動作中に抜かないようにテプラを貼った。OptiPlex755のBIOSバージョンはA22で、これが最終更新版だったのでそのまま使う。久々に起動すると"System battery voltage is low"の表示が出たので、内部のCMOS用コイン電池CR2032を、そこらにあった新品のCR2025に差し替えた。BIOSを初期化した後、DrivesからSMART Reportingを有効にし、Boot SequenceでInternal CD-ROMから起動するように変更。内蔵サウンドカードとCOM/LPTポートは使わないのでOFFとした。さきほど焼いたXigmaNASのLiveCDを入れて起動。なお、Optiplex側でインストールの操作に必要なのはキーボードだけで、マウスをつなぐ必要は無い。XigmaNASは毎回起動時にメモリ上にRAM DISKを作って、そこに必要なプログラムを展開するので起動に少し時間がかかる。しばらく待っているとFreeBSD上でConsole Menuが表示されるので、"9) Install/Upgrade from LiveCD/LiveUSB"を選ぶ。続くメニューの一番上にある、"1 Install 'Embedded' OS on HDD/SSD/CF/USB"を選んでOKを押し、更に続くメニューでインストール先のパーティションを選択するのだが、GPTもEFIもインストールが上手く行かなかったので、"3 Install 'Embedded' OS/MBR/ on HDD/SSD/CF/USB(Legacy)"を選んだ。ブートに使うUSBメモリーは4GBなので、特に問題は無いだろう。OKのままEnterを押し、パーテーションを作る確認画面もOKでEnterを押す。"Choose installation Media"ではインストール元のCD-ROM(cd0)を選択。"Choose destination Media"ではインストール先のUSBメモリー(da0)を選択。セクタ長は2048のままEnter、SWAP領域サイズは推奨値の1024を入力してEnterした。するとUSBメモリー(da0)が初期化され、XigmaNASがインストールされる。最後にLiveCD/USBを抜いてリブートしろ、と表示されるので、Enterを押すと一旦Console Menuに戻るが、"7) Reboot Server"を選んで再起動。■ネットワークから見えるようにする再起動直後にBIOS設定に入り、Boot SequenceでUSB Deviceから起動するように起動順を変更(Optiplex755ではUSBメモリーをあらかじめ挿していないとBoot SequenceにUSB Deviceが現れない)。da0からXigmaNASが起動したら、ネットワークの設定を行う。Console Menuから"1) Configure Network Interfaces"を選び、続く画面で使用するLANのインターフェースを選択。内蔵NICを使うので"le0"を選んでOK(Enter)、LAN->le0を実行はYesでEnter。再びConsole Menuから"2) Configure Network IP Address"に入り、DHCPは使わないのでNoを選択、"Enter new LAN IPv4 address"にNASで使うstaticなIPアドレスを入力。サブネットマスクは24、デフォルトゲートウェイにルーターのアドレス、DNSサーバーはトラブルのメール報告を利用するなら使っているものを指定し、うちでは使わないのでルーターのアドレスを入れておいた。IPv6は使わないのでNoでスキップ。以上の設定を行いConsole Menuに戻った時点で、LAN上にXigmaNASが見えているので、他のPCのWebブラウザから"http://NAS用のIPアドレス"で開くとログイン画面が表示される。初期設定のユーザー名/パスワード、admin/xigmanasで入って以降の設定はGUIで行う。■GUIによる設定まずパスワードの変更を行うので、「システム」>「基本」>「パスワード」でパスワードをxigmanasから別のものに変更する。「システム」>「基本」今回のインストールでは最初から日本語で設定画面が表示されていた(されていない場合はLanguageで日本語を選択)。タイムゾーン:Asia/Tokyo日付のフォーマット:2018-12-14 12:00:00形式を選択NTPを有効化にチェックホスト名:nasとかfileserverとか任意のものドメイン:ドメイン管理をしている場合は設定最後に保存をクリック「システム」>「高度な設定」電源管理デーモン:Enable電源モード:Adaptive※PCの電源管理機能を使って省電力動作を行う設定なので後で設定しても良い。■ディスクの登録今回、シングルドライブではあるが領域の確保にはZFSを使うこととした。理由は、今までZFSを運用した経験が無いので、どんなものか知りたかったので。「ディスク」>「マネージメント」>「HDD管理」で、Toolboxの下にある「+」をクリックしてHDD(ada0)を追加する。Disk Settingでは、転送モード:AutomaticHDDスタンバイ時間:30分電源管理:レベル1S.M.A.R.T.:有効ファイルシステム事前フォーマット:ZFS Storage Poolと設定。「追加」をクリックし、HDD管理に戻って「変更の適用」をクリック。続いて、ZFS仮想デバイスの設定を行う。「ディスク」>「ZFS」>「プール」>「仮想デバイス」から「+」でデバイスを追加。設定では、名前:任意の名前。ここではfileserverとした。タイプ:RAIDを組まないのでSTRIPEを選択(確認メッセージが出る)。追加と変更の適用。続いて、今設定した仮想デバイスをプールに追加する。「ディスク」>「ZFS」>「プール」>「マネージメント」から「+」で追加画面へ。名前:任意の名前。ここではfileserverとした。仮想デバイス:先程作成した仮想デバイスを選択マウントポイント:/mnt/fileserver追加と変更の適用。以上でディスクの登録は終了。ホーム画面にドライブ情報が表示されるようになる。■ファイル共有のためにサービスを登録この時点ではNAS上でディスクが認識されているにすぎないので、他のPCからもディスクが見えるようにNAS上にサービスを登録する。「サービス」>「CIFS/SMB」>「設定」右上にある「有効」のボックスをチェック。Server Max. Protocol:SMB3_11(Windows10)Server Min. Protocol:SMB2NetBIOS Name:任意の名前。ここではnas1とした。ワークグループ:あれば設定。無ければWORKGROUP。DOS Charset:CP932UNIX文字コード:UTF-8ログレベル:最小Null Passwords:チェック「保存して再起動」「サービス」>「CIFS/SMB」>「共有」で「+」を押して共有を追加。名前:共有フォルダの名前(外から見える名前)を入力コメント:説明を書くパス:共有フォルダのパスを選択ゲスト:許可(試験運用が終了し、本設置に移行したらユーザー名管理にして不許可にする予定)Recycle Bin(ごみ箱機能):無効(チェックを外す)シャドウコピー:無効(チェックを外す)「追加」して「変更を適用」■再起動と動作確認以上で初期設定は終了。この時点でローカルネットワーク上からはWindows、MacともにSMBで共有フォルダが見えていて、ファイルの読み書きや転送ができることを確認できた。「システム」から「シャットダウン」を実行し、再起動してBIOS設定からKeyboard Errorを無視する設定を行い、Console Menuの起動が確認できたら再度シャットダウンしてインストールに使用したディスプレイとキーボードを取り外す)。■とりあえず使ってみて最初にも書いたがXigmaNASは起動時にRAMDISKを展開するため起動にはやや時間がかかる(2分程度)。Optiplex755の内蔵サウンド機能を殺していても、起動時(Console Menuが出るタイミングと思われる)とシャットダウン時にはビープ音が鳴る。うちの会社にはWindows機よりもMacのほうが多く(しかも最新OSは少数派)、かつてはAirMacによるファイル共有を使っていた時期もある。XigmaNASはSMBやNFSの他にAFPにも対応しているが、AFPによる共有はやめにした。客先とのファイル交換や、スマホからの利用のためにXigmaNASの内部wwwサーバーを外からアクセスできるように運用する可能性があるが、しばらくNASとしての様子を見てからの検討課題。テスト運用時のファイルコピーの速度はWi-Fi越しでWindows/Mac共に2~3MBytes/sec程度と遅い。この速度ではUSBメモリー経由のファイル交換のほうが早い。スイッチングハブ経由だと70~80MBytes/sec程度出ているので、NASが原因ではなくWi-Fiそのものが遅い(ルーターはPR-500MI)。NAS自体も10Base-T時代の古いケーブルを使った仮設置なので、ケーブルを変えればもう少し速くなるかもしれない。NASの必要性を理解してもらうための今回の設置であったが、その結果、逆に社内LAN環境が遅いことが顕在化してしまった。電源管理デーモンによりOptiplex755の動作周波数は動的に変更され、最低で150MHzとなり消費電力を抑制できている(はず)。動作音は、静かな家庭なら気になるかもしれないが、都心のオフィスでは思ったより静かでほとんど気にならない。Wake On LANは使う予定が無いが、UPSは今後使う可能性がある。現在メモリー2GBだが、何のデータも記録されていない状態でも70%以上使用していることが多く、スワップも時々使われている。ZFS運用はメモリー使用量が多いそうなので、ディスクを増やすと2GBでは足りなくなると思うが、Optiplex755の内部には2台目のHDDを増設する余地が無いので、RAIDを組む可能性が薄く、容量が足りなくなったら2TBや4TBの単品HDDに載せ替えるかもしれない。【参考にさせていただいたサイト】中古PC活用:NAS4Freeをインストールして中古PC/サーバでNASを作ってみようhttp://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1801/12/news025.htmlNAS4Free 9.1.x.x によるファイルサーバ構築+DLNA+ZFShttps://eco.senritu.net/nas4free-dlna-zfs-fileserver/にゃののん日記 2018-10-09https://nyanonon.hatenablog.com/entry/20181009/1539065402NAS4FreeのWebサーバ(神技は行動の積み重ね)https://lubtech.geo.jp/2017-03-17/?p=1683NAS4Free(IrvineのもっとPC自作日記)https://irvinejp.net/pcdiy/category/storage/nas/nas4free/(がんくま)

      テーマ:
  • 05Dec
    • Linux Mint 19 で chinachu(γ)を動かす(2)

      ■ICカードリーダーを使えるようにするここからしばらく、以前からPT1/2/3を使っている方には見慣れた作業。必要なものをインストール$ sudo apt-get install pcscd libccid libpcsclite1 libpcsclite-dev pcsc-tools動作確認$ pcsc_scanPC/SC device scannerV 1.5.2 (c) 2001-2017, Ludovic Rousseau Using reader plug'n play mechanismScanning present readers...0: NTT Communications Corp. SCR3310-NTTCom USB SmartCard Reader [Vendor Interface] 00 00 Tue Dec 4 12:07:58 2018 Reader 0: NTT Communications Corp. SCR3310-NTTCom USB SmartCard Reader [Vendor Interface] 00 00 Card state: Card inserted, のように、B-CASカードを認識すればOK。(Ctrl-Cで中断)■チューナーカード(PT3)のドライバを作ってインストールソースファイルをローカルにコピー$ cd src/src/$ git clone https://github.com/m-tsudo/pt3.gitソースからドライバをビルドしてシステムにインストール/src/$ cd pt3/src/$ make/src/$ sudo make install/src/$ cd今作ったドライバを利用するため、Linux標準のDVB版ドライバを無視する設定を書き加える$ sudo xed /etc/modprobe.d/blacklist.conf最下行にblacklist earth-pt3を記入して保存終了再起動する$ sudo reboot再起動後にカードの存在を確認する$ ls /dev/pt?video*/dev/pt3video0 /dev/pt3video1 /dev/pt3video2 /dev/pt3video3と表示されればOK。■ARIB STD-B25ライブラリの有効化ソースファイルをダウンロードして展開$ cd srcsrcwget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/c44e16dbb0e2.tar.bz2/src/$ bzip2 -dc c44e16dbb0e2.tar.bz2| tar xvf -ソースからライブラリをビルドしてインストール/src/$ cd pt1-c44e16dbb0e2/arib25/src/src/pt1-c44e16dbb0e2/arib25/src$ make/src/pt1-c44e16dbb0e2/arib25/src$ sudo make install/src/pt1-c44e16dbb0e2/arib25/src$ cd$ ■録画コマンド recpt1 の作成ソースファイルの取得$ cd src/src$git clone https://github.com/stz2012/recpt1.gitソースからビルドしてインストール/src$ cd recpt1/recpt1/recpt1/recpt1$ ./autogen.sh/recpt1/recpt1$ ./configure --enable-b25/recpt1/recpt1$ make/recpt1/recpt1$ sudo make install/recpt1/recpt1$ cd$PT3のアンテナ端子にUHFアンテナからの同軸ケーブルを接続し、録画ができるかどうかを検証する。$ recpt1 --b25 --strip xx 10 test.tsxx の所にはその地域で放送されている地デジのチャンネルを入れる。【参考】地上デジタル放送 チャンネル一覧表https://www.maspro.co.jp/contact/bro/bro_ch.html正常に動作していれば test.ts という名前で10秒間の録画ファイルができるのでvlc等で再生してみる。"Cannot tune to the specified channel"と表示される時は受信できていないのでアンテナ配線かチャンネル番号を確認。■Mirakurunのインストールここからは初期のChinachuには無かった作業で、初期のChinachuから現行のChinachu-Gammaへ移行する時に一番戸惑うのがMirakurunの存在です。Mirakurunは汎用デジタルテレビチューナーサーバーで、チューナーをLAN内で共有することができる。以前のChinachuはChinachu本体が録画コマンドであるrecpt1を叩いていたが、現在はMirakurun経由で録画をしている。Mirakurunはnode.jsで動いており、またMirakurunやChinachuの起動や停止はPM2というプロセスマネージャーで行う(以前はserviceコマンドで登録していた)。よって、Chinachuのインストールと実行にはChinachuとMirakurunの他に、node.jsとPM2のインストールが必要です。Mirakurunのインストール方法についてはmirakurunのgithubを参照。https://github.com/Chinachu/MirakurunREADME.mdhttps://github.com/Chinachu/Mirakurun/blob/master/README.mdChinachuもMirakurunも進化中のソフトで情報が古くなるので公式サイトを必ず見ること。2018年12月4日時点で、PM2の要求バージョンはupdate expected PM2 version to `>=2.4.0` となっており、2.4.0以下でしか動かない。Node.jsはNode.js 8.9.4 > 9 or 10.11.0 > 11となっているので、10.11.0以上11未満であれば動く。Node.jsのバージョン10をインストール$ curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_10.x | sudo -E bash -$ sudo apt-get install nodejsバージョンを確認$ node -vv10.14.1PM2の現在のバージョンを確認する$ npm info pm2 versionsリストが表示される。2018年12月4日時点では 3.2.2 が一番新しいので、バージョン指定で 2.4.0 をインストールする。$ sudo npm install -g pm2@2.4.0インストールされたかどうか確認$ npm list --depth=0 -g/usr/lib├── npm@6.4.1└── pm2@2.4.0Mirakurunをインストール$ sudo npm install mirakurun -g --unsafe --productionインストール途中にnode.jsとPM2のバージョンをチェックされる。Version: node@v10.14.1 [OK]Version: pm2@2.4.0 [OK]Mirakurunのログを分割保存する設定を行う$sudo pm2 install pm2-logrotate$sudo xed /etc/logrotate.d/mirakurun中身の記述(毎日ログを圧縮して1週間分保存する設定)/usr/local/var/log/mirakurun.stdout.log/usr/local/var/log/mirakurun.stderr.log/{ daily compress rotate 7 missingok notifempty}【参考】Mirakurunのインストール手順(Ubuntu・Debian・CentOS)https://www.jifu-labo.net/2016/05/mirakurun/2/使用するチューナーの設定を行う$ sudo EDITOR=xed mirakurun config tuners※実際に編集しているのは /usr/local/etc/mirakurun/tuners.yml使っているチューナーの"isDisabled: true"を"isDisabled: false"に変更。受信チャンネルの設定を行う$ sudo EDITOR=xed mirakurun config channels※実際に編集しているのは /usr/local/etc/mirakurun/channels.yml 上記のサイトを参考にするなりネット上でチャンネル番号を検索するなりして設定。【参考】地上デジタル放送 チャンネル一覧表https://www.maspro.co.jp/contact/bro/bro_ch.html設定後にリスタートする$ sudo mirakurun restart■Chinachu(γ)のインストールまず、Chinachu用のユーザー"chinachu"を作って、グループvideoに追加。以下の作業はユーザー chinachu でログインして行います。【参考】chinachu-Gammaインストールガイドhttps://github.com/Chinachu/Chinachu/wiki/Gamma-Installation-V2$ git clone git://github.com/kanreisa/Chinachu.git ~/chinachu$ cd chinachu/chinachu$ ./chinachu installerChinachu Installer Menu:[!] These are installed under all /home/chinachu/chinachu/...[!] Recommend the Auto installation.1) Auto (full) 3) Node.js Environment 5) ffmpeg2) submodule 4) Node.js Moduleswhat do you install? > 1 (Autoを選択)インストールが終了したら、chinachuの設定ファイルを書きます。【参考】設定方法(公式)https://github.com/Chinachu/Chinachu/wiki/Gamma-Configuration【参考】2018年版MiyouTVにも使えるChinachu全録サーバの作り方https://qiita.com/Daigorian/items/bae6ba98629b637b7e76【参考】Chinachu γ(ガンマ) インストール手順(Ubuntu・Debian編)https://www.jifu-labo.net/2017/01/chinachu_gd/インストール時に付いてくるサンプルファイルをコピーして編集/chinachu$ cp config.sample.json config.json/chinachu$ xed config.jsonchinachuを動作させるユーザー名や録画データの保存先、ブラウザで見る時のポート番号、録画したファイルの命名規則、ディスクの残量がしきい値を切った時の所作などを設定できます。録画ルールのファイルを初期化します。/chinachu$ echo "[]" > rules.jsonこちらはChinachu起動後にGUIから設定可能です。時間帯やチャンネル、番組ジャンルで録画する範囲を決めたり、範囲内でも録画をしないタイトルを決めたりする設定です。動作テスト/chinachu$ ./chinachu service wui execute問題なく起動できたらCtrl+\で終了アップデート/chinachu$ ./chinachu updatechinachu起動/chinachu$ sudo pm2 start processes.jsonchinachu-operatorchinachu-wuimirakurun-serverの3つが動作していることをpm2の表示で確認。この状態でhttp://(録画サーバのIPアドレス):20772/にブラウザでアクセスすればChinachuの画面が表示されます。アンテナをつないで10~15分ほど待てば番組表が表示されるはずです。この状態のプロセスリストを保存/chinachu$ sudo pm2 saveシステム起動時にこれら3つのプロセスが起動するように登録/chinachu$ sudo pm2 startup以上でインストールは完了です。chinachuの起動、終了、動作確認はすべてpm2で行います。[起動]sudo pm2 start chinachu-wuisudo pm2 start chinachu-operator[停止]sudo pm2 stop chinachu-wuisudo pm2 stop chinachu-operator[再起動]sudo pm2 restart chinachu-wuisudo pm2 restart chinachu-operator[動作確認]sudo pm2 statusスクリプトを書いて、デスクトップからショートカットで叩けるようにしました。ちなちゅー!(がんくま)

      2
      テーマ:
    • Linux Mint 19 で chinachu(γ)を動かす(1)

      本ブログでchinachuの話を書くのは2013年12月以来なので、5年が経過しています。その間にだいぶ色々なことが変わりました。数年動いていなかった録画用のLinux PCを復活させたので、今回はその記録を書きます。■なんのことだかわからない方向けの説明・chinachuは七森中録画研究会でkanreisa氏により開発が続けられている、Linuxで動くデジタル放送の録画環境です。・わかんない事は時間がかかっても自分で調べて解決出来る人向けのシステムです。ダブルクリックでアプリをインストールしたらすぐ録画、みたいなものでは無いので、そういうのを求める方は他の録画機器を選びましょう。・前半はシステム更新の話なのでchinachuの話だけ読みたい方は(2)へ。■ハードウェアの更新5年前にブログを書いた当時はD510MO(Atom)+PT2でしたが、2、3年前にAthlonに乗り換えています。MotherBoard: MSI AM1ICPU: AMD Athlon 5350Memory: DDR3-1600 DIMM 4GBx2HDD: WD20EZRX 2TBTunerCard: PT3IC Card Reader: SCR3310HDDはAtom時代からのものなので、今回2TBから4TBへ更新します。新しいSeagateのBarracuda ST4000DM004と以前のWD20EZRXを比較すると、WD20EZRX+5vDC 0.60A+12vDC 0.45AST4000DM004+5vDC 0.55A+12vDC 0.37Aと、容量倍になっても消費電力は微減で、キャッシュメモリは64MBから256MBへ増えました。マザーボードのBIOSのアップデートも行い最新版にしました。■OSの更新Linux Mintの本家サイトからダウンロードしてきたisoファイルをWin32DiskimagerでUSBメモリに入れて起動。デスクトップからInstall Linux Mintを叩いてインストールします。・言語「日本語」・キーボードレイアウト左「日本語」、右「日本語」・グラフィックス、Wi-Fi機器、Flash、MP3やその他のメディアに必要なサードパーティソフトウェアを「インストールする」・インストールの種類「それ以外」で、パーテーションを自分で編集・ロケーションで「Tokyo」・ユーザー情報やパスワードを設定なのですが、1024x768のディスプレイだとパーテーションを編集する画面でウィンドウの下部分が表示されず操作ができませんでした。ENTER押してればなんとなくインストールできるものの、すっきりしないのでディスプレイを交換して再度インストールをやりなおし。今回からUEFIブートにするので途中の「UEFIインストールを強行しますか?」では「UEFIモードにとどまる」を選択します。しかし、インストール途中でGRUB(ブートマネージャー)がインストールできないとエラーが出る。これはLinux Mint19をUEFI環境でネットワークインストールしようとすると見られるエラーらしい。【参考】Linux Mint その91 - Linux Mint 19で発生する問題・LMDE 3の開発状況とCinnamonのパフォーマンス改善作業https://kledgeb.blogspot.com/2018/07/linux-mint-91-linux-mint-19lmde.htmlそこでUSB起動をやめ、DVD-Rにisoを焼いてネットワークに接続せずにインストールを行おうとしたのだが、パーテーションの編集を終えてインストールを叩くと、The partition table format in use on your disks normally requires you to create a separate partition for boot loader code. This partition should be marked for use as an "EFI boot partition" and should be at least 35MB in size. Note that this is not the same as a partition mounted on /boot.If you do not go back to the partitioning menu and correct this error, boot loader installation may fail later, although it may still be possible to install the boot loader to a partition.というエラーが出る。パーテーションの編集に戻って、ディスクの先頭にFAT32で /boot/efi を200MBで作成(*1)。また同じエラーが出ますが、そのまま進行にすると、今度は「grub2パッケージをインストールしています…」「"grub-intsall /dev/sda"を実行しています」と表示が出て無事インストールが終了し再起動しました。最終的なパーテーションは、次のようになりました。/dev/sda空き領域 1MB (これは確保にいかなくても取られる領域)/dev/sda1 fat32 /boot/efi 199MB/dev/sda2 ext4 / 102399MB/dev/sda3 swap 16384MB/dev/sda4 ext4 /home 3881802MB空き領域 0MBネットにつないでインストールしていると起動時にアップデートや日本語入力環境を拾ってくれますが、スタンドアローンインストールだったので、続いて環境を整えます。DHCPでネットに接続後、システム管理からソフトウェアソースを開いて、リポジトリの参照先を回線速度が早いサイトに変更。Synapticパッケージマネージャを起動し、設定>Preferencesの順に開き、「依存関係で推奨されたパッケージを考慮する」にチェックを入れる。$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade【参考】Linux Mint 19: インストール後やっておくべき 27選http://baker-street.jugem.jp/?eid=107日本語環境の導入$ sudo apt install language-pack-ja language-pack-gnome-ja fonts-takao-gothic fonts-takao-mincho fonts-takao-pgothic fonts-vlgothic fonts-ipafont-gothic fonts-ipafont-mincho libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja firefox-locale-ja manpages-ja thunderbird-locale-ja ibus-mozc ibus-anthy kasumi ibus-gtk ibus-gtk3 poppler-data cmap-adobe-japan1 fcitx-mozc fcitx-anthy fcitx-frontend-qt5 fcitx-config-gtk fcitx-config-gtk2 fcitx-frontend-gtk2 fcitx-frontend-gtk3 mozc-utils-gui fcitx-frontend-qt4 fcitx-frontend-qt5 libfcitx-qt0 libfcitx-qt5-1日本語フォント追加$ sudo apt-get install fonts-migmix fonts-ipamj-mincho fonts-horai-umefont fonts-takao xfonts-mona fonts-kouzan-mouhitsuコントロールパネルから「言語」を選び、言語サポート「言語のインストールと削除」をクリックし、"Japanese, Japan, UTF-8"の右側が「全てインストール済み」になっていなかったのでクリックしてインストール。戻って入力方法で日本語が「インストール」になっていたのでクリックでインストールし、FcitxかIBusが選べるようになったので上段の入力方法でFcitxを選択。デーモン有効化のため一旦ログオフしてログイン。日本語入力の切換はデフォルトでCtrl+Spaceになっているが、Fcitx設定で変えることもできる。コーデック類追加$ sudo apt install -y mint-meta-codecs ubuntu-restricted-extras libavcodec-extra libdvd-pkg$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update日本語フォルダ名を英語に変更。次回ログイン時に元の日本語に戻すか聞かれるので、そのままでいいにして次回以降は表示しないにチェック。"Please setup system snapshot"の画面表示で復元ポイントの設定を促されるので、OKを押してSystem Snapshot(Timeshift)を設定する。RSYNC>NEXT>Select Snapshot Location>適当なHDDを選択>NEXT>Select Snapshot Levels>Daily keep 5>FinishでTimeshiftの画面になるのでCreateで1個作っておく。【参考】Linux Mint 18.3 : 「Timeshift」を使ってバックアップ(復元ポイント)を作成しようhttp://baker-street.jugem.jp/?eid=726テキストエディタXedの設定編集>設定>エディタ[Display]Display line numbers オンDisplay right margin オン[Highlighting]Highlight the current line オン[Theme]COBALTTSのスプリットでexeファイルを使うのでWineをインストール【参考】Linux Mint19 に wine 入れるhttp://bigmoro.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/linux-mint-19wi.html$ sudo dpkg --add-architecture i386$ wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/Release.key$ sudo apt-key add Release.key$ sudo apt-add-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'$ sudo apt-get update$ sudo apt-get install --install-recommends winehq-stable$ sudo apt-get install --install-recommends winehq-devel$ sudo apt-get install --install-recommends winehq-staging$ sudo apt-get install winetricks$ winecfg (動作確認)Chromeをインストールecho "deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable main" | sudo tee -a /etc/apt/sources.list && wget https://dl.google.com/linux/linux_signing_key.pub && sudo apt-key add linux_signing_key.pub && sudo apt-get update && sudo apt install google-chrome-stableChrome 入れた後から sudo apt-get update しようとすると、「ターゲット Packages は /etc/apt/sources.list:2 と /etc/apt/sources.list.d/google-chrome.list:3 で複数回設定されています」のようなエラーが出るようになったので、$ cd /etc/apt/sources.list.d//etc/apt/sources.list.d$ lsadditional-repositories.list lintaro-mcomix-bionic.listgoogle-chrome.list official-package-repositories.list/etc/apt/sources.list.d$ sudo xed google-chrome.listこのファイルの中にある、deb [arch=amd64] http://dl.google.com/linux/chrome/deb/ stable mainという行をコメントアウトしたら出なくなった。【参考】Ubuntu16.04.3 LTSでapt-get updateに失敗するhttps://qiita.com/on-vegetable/items/8f821be0641d0dbb7631以前の2TB HDDから同一ユーザー名の既存フォルダーをまるっと上書きコピーしたらGUIでログインできなくなった。設定ファイルの所有権の問題なので、Ctrl+Alt+F1 で CUIでログインしてから$ sudo chown -hR username:username /home/usernameを実行して所有権を現在のユーザーに書き換え、更に不具合が出るアクセス権は sudo chown か sudo caja で個別に書き換え。起動画面をスプラッシュ表示にしないで、昔ながらの文字列を流す画面に変えてみた。現在のLinux Mintはgrub2になっているので、まずは/etc/default/grubを編集する。$ sudo xed /etc/default/grubGRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"となっているところを、GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=""に変更して保存終了。続いて実際の設定ファイルをコマンドで書き換える。$ sudo update-grub2 -o /boot/efi/EFI/ubuntu/grub.cfgexFatのサポートは・・・$ sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utilsexfat-fuse はすでに最新バージョン (1.2.8-1) です。exfat-utils はすでに最新バージョン (1.2.8-1) です。あ、もう入ってたわ・・・。というわけで続いてデジタル放送関係の設定に進みます。(*1)RedHatのページ https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/7/html/installation_guide/sect-disk-partitioning-setup-x86に「/boot/efiのサイズは少なくとも50MiBにしてください。推奨サイズは200 MiBになります。」「このパーティションは標準の物理パーティションに格納してください。」との記述があったので。(つづく)

      テーマ:
  • 02Dec
    • Presonus MP20 のメンテナンス(3)

      ■結局ハムノイズは取れたのか?電源部のLEDは在庫品で交換しました。少し暗くなったけどまぁ良し。焼けた抵抗をカーボン抵抗に付け替えていた所も千石電商で買ってきたチップ抵抗に戻して復旧しました。1chヘッドアンプ部の残りのアルミ固体電解コンデンサも2chと同じく全てニチコンPM/UMW/MFで交換しました。また、これは原因じゃないよな、と頭でわかってはいたものの、ヘッドアンプ部のカップリングコンデンサの無極性ニチコンVPも同一製品でリキャップしました。1chも2ch同様に、出音がシャリっとした感じから少し落ち着いた感じにはなりましたが、2chのハムは依然として取れないままです。2chの5534を抜くと、以降の回路にはハムが乗らないので、MOS-FET(2N4392)を含む5534より前の回路で乗っているようです。この記事の最初に書いたように、実際には無信号でゲインを最大近くまで上げないと気付かないし、何か別の信号が入力されていればマスクされて聞こえない微かなハムだから、いいか・・・と自らを納得させて他の課題に取り掛かかります。ヘッドホンアンプのボリューム部分のオペアンプ用カップリングコンデンサも元と同じ無極性ニチコンVPで交換したのですが、なんだか眠い音になってしまいました。エージングで解決するかな?と丸一日聞いていたけれど、あまり良い方向に変化しそうになかったので、在庫品のMUSE-ES 10uF/25Vに変更しました。MUSE-ESはヘッドホンや回路との相性によってはシャカシャカギラギラした音になるので、どうかなと思ったが、交換前の眠い音よりはマシなのでこれでいきます。同部分の電源用コンデンサはNIC NRSA(青)からニチコンMFへ交換へ交換していますが、あるいはこれの影響があったのかもしれません。ここはオーディオ用の電解を使ったほうがすっきりした音になるのかも。また、マイク入力に一番近い所のファンタム電源接地側に入っている電解コンデンサーを、一旦交換したニチコンHE(50V)からニチコンKZ(100V)に変更。これらの作業をしている最中に、通電したままケース中に立てていた基板の向きを変えると、なんとハム音が消えるではないか(!)ハムの原因はトロイダルトランスからの漏れ磁束(が経年変化で増加???)と信号線のパターンの相関関係によるものなのかな?基板の向きを変えればハムが消える角度はあるのですが、本体のネジ穴に合わせて基板を固定すると、どうしてもハムが乗ってしまいます。IDSSのボリュームの軸を直に触るとハムが変化するので、あるいはFETからIDSSのボリュームまでの長いパターンにノイズが乗っているのかも?と後から思いましたが、小手先の修理では対策が不可能なので、コンデンサ交換によるS/N・音質向上を結果良しとしてメンテナンス作業を終了しました。せっかくなのでオペアンプの差し替えもやってみました。もともと付いているのはPHILIPS製のNE5534ANで、これをLT1115やLME49710NAに差し替えてみましたが、5534そんなに悪くない。気分転換で5534+LME49710NAにしてますが、元に戻すかもしれません。このFET+5534部分については回路図や調整についての情報を後日発見しました。【参考】Thread: Presonus MP-20 mic pre(Music Electronics Forum)https://music-electronics-forum.com/showthread.php?t=45419>I couldn't get any help from Presonus other than a schematic. と書かれてあるので、Presonusにお願いしたら回路図は出してくれるのかもしれませんね。作業終了後の信号波形です。・1chのチャンネル出力・1chのマスター出力・2chのチャンネル出力・2chのマスター出力2chに取り切れなかったハムノイズが見えています。修理前より信号の描画線が太くなってホワイトノイズが増加しているようにも見えますが、これは測定に使っているMOTUのインターフェース側で増幅度を最大にして32dB持ち上げて見ているためです。マイクプリの増幅度も最大なので、実際にはメンテ前よりノイズが減っています。無信号でもなんとなくワシャワシャした感じだったのが、落ち着いた感じになったというか。アルミ固体電解コンデンサを交換した影響と思われます。ここより先はトランスの磁束漏れ対策や、FETの交換などが考えられますが、何かはっきりとした不具合が出ないとそこまでやるつもりがありません。マイクやマイクプリのように微細な信号を扱う電化製品は、回路図というより実装などのノウハウが品質を左右するんだろうなーと思えた経験となりました。この記事を見て修理や改造をされる方は自己責任でお願いします。(がんくま)

      1
      テーマ:
  • 01Dec
    • Presonus MP20 のメンテナンス(2)

      ■アルミ固体電解コンデンサーの交換MP20では、ヘッドアンプ部を中心に多数のアルミ固体電解コンデンサーが使われていますが、どこ製のものかは良くわかりませんでした。"052 10 35E"と印刷されているもの34個"082 1 50E"が2個"2.2uF 50V"が2個の3種類で合計38個です。10uF/35Vの34個は、在庫がたくさんあったニチコンPM(50V/105℃品)に、1uF/50V 2個はニチコンUMWに、2.2uF/50V 2個はニチコンMFに交換することとしました。まずはマスター出力のオペアンプ用と、2chチャンネル増幅回路のオペアンプ用のものを交換してみます。表面実装のアルミ固体電解は、ニッパーで胴部分を切って胴部分と黒いプラスチック台座部分を撤去した後、残った金属リードを吸い取り線で取り去り、その後ランドに新しいハンダを盛って足を曲げたコンデンサーを取り付けるという作業で、スルーホールから足を抜く苦労は無いのだけど、なにせ数が多いので面倒くさいです。サンプルとして破壊せずに取り外したアルミ固体電解のESRを測定してみると、10uF/35Vでどれも3.4Ωや4Ω程度、容量も少ないもので9.20uFになっている個体がありました。交換する新品のニチコンPMは低ESR品のため、おおむね10.04uF/0.68Ω程度です。交換後、期待を込めて通電してみましたが、残念ながらハムは消えません。しかし1chのノイズがシャーと高域寄りでかなり固い印象があるホワイトノイズなのに対して、2chのそれは気持ち柔らかく、ごくかすかに艶というか、落ち着きがある感じが出てきた気がします。交換後の2chに比べると1chの音はシャカシャカカサカサしています。微妙にだけど。■そしてやらかす続いて、チャンネル出力の増幅部とSEND/RETURN回路のコンデンサを交換。しかしこの時、半田を吸い取った後のコンデンサの金属リード片の残りがSEND/RETURNの4回路オペアンプ、MC33079Dの足の間に乗っているのに気付かず通電してしまいました(通電前に+18v/-18v/+48VとGNDの間がショートしていないことは確認していたのだが・・・)。ヘッドホンで聞いていると信号線に直流がかかったときの「パッツン」という嫌な音がした。すぐに金属片を取り外したけどもう音が歪んで駄目。調べてみた所、MC33079Dは廃品種なので後継品のMC33079DR2G(MC33079DG)へ交換するしかないようです。電源電圧18V対応品で、バンド幅が15から16MHzへ拡大している他は同じです。単に音が出れば良いというだけならTL064(TA75064F)で置換できそうですけど。交換のためICを外したことで、2chアンプ部が切り離されましたが、ハムが乗らないことから、ヘッドホンアンプ部が原因でハムが乗っているのではないことが確認されました(上の写真の中央から手前のコネクタに向けてのパターンがカットされている所は私ではなく、出荷時から元々切断されています)。数日後、RSオンラインからMC33079DR2Gが届いた(DR2GとDGの違いは納品形態だけなので刻印はDG)ので、早速載せ換えました。しかし、結果は変わらずまたDCの音が。「ええ、ICだけじゃないんか飛んだの?」と良く見たら、なんとまた同じ箇所に金属片が乗っている。口から呪いの言葉が出る。直前にちゃんとチェックしたつもりだったのに~。またICを取り外してみるも、今度はさすがにランドが一部剥がれてしまいました。しかも新たに「ICを取り付ける前の各端子の電圧は特に高くないのだが、ICを取り付けるとあちこちが異常電圧になってしまう」という現象が発生。ICの内部リーク??いやいや、相手はオペアンプなので、と、ちゃんと回路図を書いて調べ直すと、何故かリターン側のホットに16Vもかかっている。ショート事故でオペアンプのセンド側回路のプラス入力の接地抵抗が焼けていて、オペアンプ内部で電圧が異常に増幅され、これがセンドから出力されてそのままリターンに帰ってきているのが原因でした。焼けたチップ抵抗の値は1kΩ。試しにカーボン抵抗に付け替えてみたら電圧は正常に戻りました。修理している対象を自分で壊すと落ち込むのだが、壊したのは自分なので、自分で投げずにやるしかない。ふと気がつくと、電源部の+18Vの供給確認用のLEDが点灯しなくなっている。電圧もLED用の抵抗も正常なので、LEDが切れたっぽい。これもショートの影響なのか、それとも運か。(つづく)

      テーマ:
  • 30Nov
    • Presonus MP20 のメンテナンス(1)

      https://www.presonus.com/products/MP20/mediaかなり以前から所有している機材ですが、ふだん録音をしているスタジオではAMEK 9098DMAのほうが評価が高く、ラジオ録音のようなチャンネル数が必要な時はTOA RH-200に活躍の場を奪われ、我が家ではもっぱらヘッドホンアンプとして日陰の人生を送っています(そのほうが利用頻度自体は高いけど)。しかしながら、これの便利な所は2chミキサー機能やSEND/RETURNが付いていて小回りがきく所です。■だいぶ前から感じていた問題点1.ヘッドホンアウト(PHONES)のボリュームに左右偏差(ギャングエラー)があって結構ひどい。2.MASTER L/R OUTと 2ch CHANNEL OUTにハム音が乗る。3.ヘッドホンアウト(PHONES)にも両chハム音が乗る。4.1chのホワイトノイズが2chに比べるとやや耳につく。1.については購入当時からの問題で、マイクプリとして使っている頃は気にしなかったのですけれど、ヘッドホンアンプとして使うようになると結構なストレスです。2~4については経年で出るようになった(ように思う)ので、部品の劣化(電解コンデンサーかFET?)ではないかと思われます。これももう製造から20年選手ですからね。■PHONESのボリューム11時から15時位はさほど差がないのですが、7時から11時位はR側がはっきりと小さいです。なお、MASTER L/R OUTPUT(以下マスター出力)側のボリュームは左右偏差がありません。分解してみたところ、ボリュームにC10Kと書かれており、Cカーブ10kΩの2連という、店頭ではあまり売っていないボリューム部品であることがわかりました。私にできる修理方法を考えてみますと、①同型でBカーブ20KΩの2連ボリュームを買ってきて、追加の抵抗を2本抱かせて疑似Cカーブのボリュームに改造し、部品を交換。【参考】擬似Cカーブ可変抵抗の定数設計(ねがてぃぶろぐ)http://gomisai.blog75.fc2.com/blog-entry-527.htmlLTspiceで擬似Cカーブ可変抵抗 (ねがてぃぶろぐ) http://gomisai.blog75.fc2.com/blog-entry-352.html②現在付いている部品に補正抵抗を追加してギャングエラー解消を試みる。【参考】 2連ボリュームの左右アンバランス補正(私のアンプ設計&製作マニュアル)http://www.op316.com/tubes/tips/tips21.htmそもそもヘッドホン端子なので「偏差無く適当な音量で聞こえさえすれば良い」ということであれば、新品の10KΩB型ボリュームをそのまま付けても良いかなと思います(使い勝手は悪いだろうけど)。しかしここでは②案を試すことにしました。良く参考にさせていただいているぺるけさんのページに紹介されているもので、上記のリンク先で公開されているExcelシートを使って、補正抵抗値を簡単に算出することができます。抵抗値を測定し、Excelシートでシミュレートした結果(ぺるけ氏のシートはA型やB型を想定しているのでC型だとグラフが一部隠れてますが)、10KΩの抵抗を追加すれば良いことがわかり加工しました。実装の都合で抵抗はここへ配置。ところで、MP20のつまみって見た目がサトーパーツのK-5424かK-5432に似てますね。抵抗追加の結果、10時から14時については表の通りになり改善しました。7時から10時についてはぺるけ氏の説明にあるように改善しません。とりあえずこれで良しとしましたが、将来抵抗値が揃っていてシャフトの加工が不要なB型20KΩ2連VRが見つかったら①のパターンを試すかもしれません。■ハムノイズMP20の電源部は自作派にもお馴染みのLM317/LM337を使った定電圧電源です。まずはノイズの状況を調べます。1chのチャンネル出力にはハムノイズが無いが、高域寄りのホワイトノイズがやや大きい。2chはハムノイズが乗っているが、ホワイトノイズのレベルは1chより低い。ハムノイズはヘッドホンにもマスター出力にも2chの単独モノラル出力(以下チャンネル出力)にも乗りますが、L/Rボタンを押さなければヘッドホンには出ません。ヘッドホンの回路はまともということか。チャンネル出力のノイズをMOTU MicroBookのライン入力に入れて内蔵FFTで見てみました。ノイズレベルはMP20の増幅度Maxで49.1Hz -57dB位148.3Hz -50dB位240.5Hz -52dB位447.7Hz -51dB位550.8Hz 小778.1Hz 小...ほぼ50Hzとその3倍、5倍・・・の高調波なので、やはり電源起因のハムのように思えます。大元の電源回路の波形を調べるか、コンデンサを交換してみて、それでもノイズが消えないようであれば、大量に使われているアルミ固体電解コンデンサーを疑うことになります。まずは電源電圧を測定。AC入力100V(101.95V)DC出力-18V -18.08V+18V +18.11V+48V +42.97VDC波形を、この時初めて導入したUSBオシロスコープで見てみたのですが、うわーわかんねー。旧型のブラウン管式アナログオシロに慣れている身としては、問題があるノイズなのか、それとも表示が細かすぎるだけなのか直感的にわかりにくいですね。慣れん。測定に際して基板を眺めていたら、ヘッドホンボリュームの後ろにある電解コンデンサがパンクしていました。25v 470uFのルビコンPKで、パンク時の容量は269.9uF ESR=0.26Ω。部品箱の中に全く同じルビコンPKの在庫があったので即交換しました。今回記事を書くにあたって、ちょっと前に開けた時の写真を見たら膨らんではいますが破裂はしてません。交換後にヘッドホン出力をモニターすると、1chについてはハムノイズが完全に消えました。しかし2chには乗ったままで、チャンネル出力にもマスター出力にも乗ったままです。パンクしていたコンデンサもハムの原因ではあったが、それとは別の原因もある、ということですね。ただし、ハムが乗っているとはいっても、音声信号を入れて普通の音量で使っている限りは全く問題にならないほどの微小なレベルなのですが、気がついてしまうとやはり気になるものは気になります。沼だ。MP20の回路図は公開されていません。基板を見て実際に使用されているコンデンサを調べます。以前修理したLucid 88192を思い出し、なんとなくアルミ固体電解が怪しいのかなーと思いつつ、その数の多さと作業の手間を考えると二の足を踏み、共用部分からリキャップ作業に着手。とりあえず電源の自立型電解、レギュレーターIC周りの平滑用、ヘッドホンアンプ周辺とLED基板、2N4392+5534のヘッドアンプ部も、アルミ固体電解ではない一般の電解コンデンサは新品に交換しました。ただし、カップリング用のコンデンサー(ニチコンVP無極性)は、ハムの原因であると思えなかったので交換せず。自立型電解は元がニチコンLQでこれを現行品のLSに、他はニチコンPLを東信UTWRZかUTESに、ヘッドホンアンプ部のNIC NRSA(青)はニチコンMFに、ヘッドアンプ部電源のニチコンVRはルビコンPKに交換しました(C2/C12の100uFは2N4392の電源なので、オーディオ用にするともっと音に高級感が出るかもしれない)。+48Vのファンタム回路用の電解の耐圧は63V品でしたが、実装面積が狭く、丁度良い耐圧と外寸のものが無かったので、やむを得ずニチコンPLをUTWRZの50V品へ変更し、マイク入力部分のELNA RE2はニチコンHEに交換しました。コンデンサ交換後の電源電圧は、DC出力-18V -18.10V+18V +18.10V+48V +46.37Vしかしヘッドホンで出音を聴く限りでは、残念ながら交換前とノイズの変化が無い。しゃーない。腹を決めてアルミ固体電解を交換するしかないか。(つづく)

      テーマ:
  • 29Nov
    • ラウドネスメータープラグインを試す

      (画面はクリックで実寸まで拡大)DAWを使って放送番組などのミックスをされている方は、ラウドネスメーターのプラグインを使っていると思います。私はNuendoを使っているので、内蔵のラウドネスメーターを使うことがあります。しかしこれはEBU-R128ベースであり、厳密に言えば日本のラウドネス規格である"ARIB-TR-B32"に正式に対応しているわけではありません。【参考】ARIB-TR-B32制定の経緯などはこちらからなぜ今、ラウドネスメーターなのか?(ROCK ON PRO)ラウドネス測定プラグインの定番はNugen Audioの製品で、WavesのWLM PlusやiZotopeの製品を使っている方もいらっしゃると思いますが、高機能なものはそれなりのお値段です。一方で、無料でも使えるものとしてはYoulean Loudness Meterが有名だと思います。今回は、比較的廉価な製品の中では多機能なTBProAudioのdpmeterXTのデモ版と他のプラグインを使って、動作や使い勝手を簡単に検証してみました。■TBProAudio dpmeterXThttps://www.tb-software.com/TBProAudio/dpmeterxt.html個人的に感じるメリットと特徴は・・・・プリセットでARIB-TR-B32に対応している(国内各放送局へ納品する仕事で使える。動画サイト向けのプリセットもあります。)・10chまで対応しているので5.1や7.1でも大丈夫。・プログラムは32bit/64bit両対応で、かつWindowsXP SP3/MacOS X 10.5から対応(AU/VST/VST3/RTAS/AAX)なので、古いOSや古いDAWでも動作が安定。・内部音声は64bit処理。・バーグラフによるメーター、経過時間に沿ったグラフ(ヒストグラム)表示、測定値のみの縮小表示の全てを切り替え表示。・ラウドネス値、ピーク値、トゥルーピーク値を目的値に合わせてマッチングさせる機能がある。・自動測定機能あり。・測定結果をテキストファイルに書き出す機能あり。・測定した時系列データをcsvで書き出す機能あり。・お値段1万円ちょっと(79ユーロまたは95USドル)・測定設定をかなり細かくいじれますが、プリセット以外を触ることはまずない。デモ版は90秒ごとに音が途切れますが、90秒以内にdpmeterXTのロゴをクリックすれば途切れません。もちろん、ミックス中にそんなことをやっていられるはずもありませんが、試写時に測るならいざという時に緊急避難的にダウンロードして使えなくはない。まあそんな場合は素直にYoulean LMを使うでしょうが。デモ版に、決済後メールで送られてくるライセンスキーを入力すると製品版になります。■ProTools10 HD(Mac OS X 10.9)環境での比較検証に使ったのは9分半程度の番組のセッションファイルで、ミックス済の音をSENDで送って測定しています。使ったプラグインは下記の4種類で、測定プロファイルは全てARIB-TR-B32です。・Nugen Audio VisLM-H・TBProAudio dpmeterXT(デモ版)・Youlean Loudness Meter(無償版)・Waves WLM plus測定後の結果は以下の通りです。・Nugen Audio VisLM-HIntegrated Loudness:-24.0LKFSLoudness Range:6.8LKMax TruePeak:-4.0dBTPMax Momentary:-16.3LKFS・TBProAudio dpmeterXT(v1.3.3デモ版をちょいちょいクリック)Integrated Loudness:-24.0LKFSLoudness Range:6.8LKMax TruePeak:-3.9dBTPMax Momentary:-16.3LKFSMax ShortTerm:-20.0LKFS・Youlean Loudness Meter(v2.1.0無償版)Integrated Loudness:-23.6LKFSLoudness Range:5.2LKMax TruePeak:-6.3dBTPMax Momentary:-17.2LKFSMax ShortTerm:-21.0LKFS・Waves WLM plusIntegrated Loudness:-24.0LUFSLoudness Range:7LUMax TruePeak:-4.0dBTPMax Momentary:-16.4LUFSMax ShortTerm:-22.1LUFSちなみにバウンスした2MIXのWAVをNugen Audio LM-Correct2に読ませて解析した結果です。Integrated Loudness:-24.0LKFSMax TruePeak:-4.0dBTPMax ShortTerm:-20.2LKFS測定系のプラグインなので、実測値が全部同じになるかと思えば各プラグインで微妙に違いがあります。Youlean Loudness Meterのみ測定結果に大きな違いがありますが、これには理由がありまして、今回の測定環境だと測定開始後1分ほどで暴走してしまうからです。数分間はバーグラフメーターやヒストグラム画面が激しく揺れ動き、正しい数値を示しません。さらに数分経過すると元に戻るのですが、暴走中は正しい測定をしてくれないようです。この現象はv2.1.0の一つ前のバージョンでも同様でした。Windows10+Nuendo6の環境でVSTプラグインとして使っている分には異常動作は無く正常に使えます。放送局への納品上必要となるIL(Integrated Loudness:統合ラウドネス)値と、トゥルーピーク値について、業界定番のNugen Vis-LMと有償プラグイン大手のWaves WLM plusは一致していますが、他の数値はごく微妙に違いますね。dpmeterXTもIL値は他と同じですがトゥルーピーク値が0.1dB違います。厳しいほうに出ているので問題は無いかと思います。Youlean LMも暴走が無ければIL/dBTPで大きく違う数値は出ないはずです(Windows版の挙動を見ている限り)。日本のIL値の許容誤差は-24LKFS±1LKですが、-24.5LKFSから-23.5LKFSの範囲で納品していればひっかかることは無いでしょう。もともと±1LKはメーター誤差や生放送を想定したマージンで、きわきわを攻めるものではありません。 【参考】JPPA連載ラウドネス講座 第6回ラウドネス運用規準とポストプロダクション■dpmeterXTとYoulean Loundness MeterdpmeterXTの使い勝手についてYoulean LMと比較してみます。Youlean LMはバーグラフメーター、ヒストグラム、数値表示を全て1画面で見られますが、dbmeterXTはバーグラフとヒストグラムの表示が排他切換式です。その代りピークメーターが見られるし、画面に表示される情報の種類も多いです。dpmeterXTのデザインはやや古めで、Youlean LMのほうがパッと見の視認性が良いです。dpmeterXTの表示色はカスタマイズできますが、表示部やグラフの中のみで、基本的に地味です(数値に色が付いている写真はTBProaudioから配布されているプリセットファイルで変更したものです)。ヒストグラムの時間軸の最小表示が以前は15sからでしたが、最新版ではYoulean LMと同じ10sからになりました。グラフの上でマウスのホイールを操作すると横軸、Shiftを押しながらホイールで縦軸を拡大縮小できます。モーメンタリラウドネスのバーグラフメーターの挙動もYoulean LMのほうがヌルヌルとしていて見やすいです(並べて見比べないとわからん程度ですが)。最小表示画面を比べるとこんな感じです。ちなみに Youlean LMは表示ウィンドウのサイズ(縮尺)を自在に変更できますが、dpmeterxtは25%ステップです。dpmeterXTにあって、Youlean LMに無いマッチング機能は、測定後の実測値と設定した目的値に合わせてdpmeterXT内部のプリゲイン値を一発で変更するというもので、プリゲイン値が変更された後、再度dpmeterXTを通して録音(書き出し)すれば目的値になるよ、というものです。目的値はIL値でもdBTP値でも設定できますが、LM-Correctのように、ファイルを読み込んで目的値で自動補正してくれるような機能はありません(*1)。もちろんVisLM-H2のような部分修正後の自動再計算機能もありません。(*1) dpmeterXTは、DAWを立ち上げてプラグインとして呼び出さなくても単体アプリとして動作できますが、LM-Correctのようにファイルを読み込む機能は無く、音声の入力・出力インターフェースを設定してパソコンを単体メーターとして動作させられるよ、というものです。小型PCや古いPCをメーター専用機として使えそうです。dpmeterXTの自動測定機能について。測定開始・停止ボタンとSyncボタンを両方押していると、DAWの再生開始と同時にそれまでの数値や表示を自動でリセットしてくれるので、自分で測定開始ボタンを押さなくても良いという機能で、これは他の製品にも備わっています。ところがWindows10+Nuendo6で使っていると、DAWの再生を止めた時、1~2秒後に測定値の表示がリセットされてしまうことがあります。「おいおい、もう1回DAWの再生を回した時か、手動で表示リセットボタンを押す時までは統合ラウドネス値とdBTP値やヒストグラムを出しっぱなしにしておいてくれよ」と思い設定を調べましたが、そんな設定は無く、どうやらこれは不正常な動作のようです。表示がリセットされる直前にNuendoの平均パフォーマンスメーターが振り切れるとリセットされ、振り切れない場合は表示がそのまま残っています。長尺の番組を測定して、止めたら数値が残ってないようでは実用できませんので、そこが改善されないとお金払う気にならないなぁ・・・。もっとも、DAWの再生を先に止めずに、dpmeterXTの測定開始・停止ボタンのほうで測定を止めれば、この不具合は回避できるのですけれども。Mac OS X+ProTools AAX版ではこの現象が出ないので、Windows10+Nuendo6(64bit VST)という特定の組み合わせでのみ起こる不具合なのかもしれません。dpmeterXTが出力する記録ログの例。dpmeterXTが出力するcsvファイルの例。dpmeterXTについては、以前(v1.1.8当時)のマニュアルを日本語化したものがありますので、もし読みたい方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。■Nuendo6によるラウドネス測定冒頭でARIB-TR-B32に正式対応ではないと書いているNuendo6の内蔵ラウドネス測定機能ですが、元になっているITUの測定規格はほぼ同じ(本文中の参考リンクをご参照下さい)なので、大きく値がズレるわけではありません。Youlean LM(ARIB)と測定比較してみましたが、この時使った素材では同じ値(写真桃色枠内)となりました。DAW自体にラウドネス測定機能が内蔵されているので、実時間を回さなくてもクイック解析で統合ラウドネス値を出したり、Short-Term値のヒストグラムを描画したりすることができます。任意のクリップを選択して右クリック→Audio→統計を選ぶとラウドネス値やトゥルーピーク値も表示してくれます。オフラインバウンスした番組のWAVなら数秒~数十秒です。長尺のミックスでも、これらの機能を使ってラウドネス値逸脱の大きな原因となった箇所を把握・修正し、部分的なオフラインバウンス後にクリップを統合して統計でチェックすれば、短時間で所定のラウドネス値に持っていくことができます。Nuendoの内蔵ラウドネスメーターで目標のラウドネス値を達成した後、試写をしながらARIB-TR-B32対応プラグインを使って納品報告用の値を測定する、というような使い方をしています。なお、同人作品ではラウドネスなど無視して好きなようにミックスしています(ぉ(がんくま)

      テーマ:
  • 18Nov
    • MUR-013 「磁空のかなた 忘却の夏」

      オーディオドラマ 「磁空のかなた 忘却の夏」Release: 2018.11.18 ガタケット160【C-36a】 39分 28分ステレオ イベント価格300円ムラサキノオト初の地方イベント参戦は新潟開催のガタケットです。この作品は2016年のカセットテープオンリー用に書き下ろしていた作品で、録音してから2年ぶりのリリースとなりました。ご出演の皆様、お待たせしてすいませんでした・・・。[ジャケット][試聴ファイル]https://soundcloud.com/gankuma/mur-013-sample[あらすじ]2016年、とある母娘によって、ベテラン音響効果の徳田寅次郎(徳さん)の元へ持ち込まれた1本の古びたオープンリールの磁気テープ。なんの変哲もない昔の録音だと思われたが、徳さんが抱いたささいな違和感から、そのテープにまつわる過去の奇妙な人間関係が紐解かれる。[登場人物・キャスト]徳田寅次郎(徳さん):今宮ゆう倉橋卓也(卓ちゃん):くろ。蓮見清音:杉宮加奈蓮見凛音:かがみがわとうこ蓮見智紀:白色レグホン月宮恵子・月宮洋子:きょりす駅アナウンス:南瓜南[スタッフ]脚本・音響効果:がんくま技術:Ping-key※本作品には意図的に音質が悪い部分がございます。劇中、オープンリールデッキで再生している部分は、実際に古い6mmテープに録音した音をデッキで再生し、素材として取り込んでいるためで、演出上の仕様です。※ジャケット写真及び劇中のテープ再生に用いているデッキは DENON DN-3602RG です。(がんくま)[通信販売(Booth)] https://purplesounds.booth.pm/items/1099497

      1
      テーマ:
  • 16Nov
    • ガタケット160の新作情報

      今年最初のリリース作品ですが実は2年前のカセットテープオンリー用に書き下ろしていたオーディオドラマ作品になります。ジャケットだけできました。中身は今せっせと作っていますがホテルでCD-Rに焼くことになるかも・・・。予価300円です。内容は磁気テープによる過去録音から展開するドラマですが、ちょっとねっとりとしています。いつもの爽やか路線?そんなものはもともと無い。(がんくま)

      1
      テーマ:
  • 14Nov
    • ガタケット160に参加します

      2018.11.18(日)に、新潟県の新潟市産業振興センターで開催される同人即売会「ガタケット160」にサークルとして参加します。スペースは C-36a です。サークルリストではジャンルが「よろず」になっていますが、これは同人アニメーション・同人音楽制作サークルの「舞風(MAIKAZE)」と合同参加するためで、ムラサキノオトは同人ドラマCDとグッズの頒布になると思います。今年はM3-2018春以外に同人参加が無く(しかも春M3は売り子がおらず終日無人頒布でした・・・)、新作も無く、同人活動としてのムラサキノオトは停止状態でしたが、かろうじて年内に唯一参加するのがこのガタケット160です。当サークルにとっては、地方イベント初参戦でもあります。ぶっちゃけがんくま本人は新潟にはほとんど縁がありません。でも福岡出身で東京在住の身としては、何度か日本海が見たくなって新潟や富山まで行ったとことがあり、今回も知人と車で出かけての参戦です。イベントだけでなく旅自体がかなり楽しみです。頒布物は、磁気テープ録音をめぐる推理モノ?の新作「磁空のかなた、忘却の夏」を予定しています。その他、旧作CDの在庫やビール関連のTシャツなどを持っていくと思われます。新潟の皆様、イベントご参加のみなさまどうぞよろしくおねがいします。(がんくま)

      1
      テーマ:
  • 23Oct
    • BSS DPR-404 をバラす

      外観や内部の業務機っぽさが好みなBSS製品。4ch Comp/DeEsserのDPR-404を入手しましたので、早速バラしてみました。以前修理した4ch GateのDPR-504と同様に、DIPタイプのICがソケット挿しになっています。メーカーは意外とバラバラな印象。SIPのTHAT2150A(VCA)と汎用ICで出来ています。ch.4のLEDがパネルから引っ込んでいたのでパネルを外して引っ張り出しました。この個体はわりかし傷が多く、かなり使い込まれた感があります。また、何度か開けた形跡もあって、レジストを剥がして電解コンデンサが付け替えられたりしています(耐圧が上がってるのは適当な部品がなかったせいかな・・・)。しかし動作は正常です。唯一、ch.1のDeEsserのLEDが、何の信号を拾っているのか時々明滅します。霊感が強いようです(笑)。動作や音に影響は無いようです。古い機種なので電源の平滑コンデンサのみ交換しました。使ってみた印象として、さすがに普段録音で使っているコンプのような高級感のある音にはなりません。アタックやリリースもボタンでNormalとFastが選べるだけです。しきい値越えたらガシッとかかる印象で、生放送やステージものでリミッター的な使い方ならありかなと思いました。うちで使う機会はほとんど無いと思われる。DPR-504の修理の際にも書きましたが、BSSのツマミはキャップが外れて失くなってしまうことが往々にしてあり、この個体は5個も紛失しています。調べてみるとこのキャップはBSSの型番でKC10007 Grey Knob Capというものです。DPR-504やFDS-318の小さいほうのツマミのキャップはみんなこれです。ネットで検索した所、海外の部品屋に在庫があり購入できないか検討しましたが、あまりに安すぎる部品のせいか見積もりの返事すら返ってこず。果たしてあるかな~と思いつつヒビノさんに問い合わせた所、在庫ありとのこと。代理店経由で部品を発注しました。お値段は1個150円(税別)です。海外から輸入するよりだいぶ安いです。ありがたや。(がんくま)

      1
      テーマ:
  • 17May
    • marantz ZP-1 のペリペリ音対策

      日本マランツといえばオーディオマニアなら誰でも知っているメーカーですが、ほとんどの場合民生用のオーディオ機器のメーカーとしての知名度だと思います。そのマランツが "marantz PROFESSIONAL"というブランド名でガンマイクを売っているのをご存知でしょうか。今回取り上げるのはそのマランツ製ガンマイクのオプションとして販売されているウィンドシールド(風防)、マウントシステムのZP-1です。製品情報:http://inmusicbrands.jp/marantz_pro/zp-1/ZP-1の市販価格は2万円ちょっと。マイク本体ならともかく、マイクの風防に2万円もかけないでしょ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、業界定番、ほぼ同等の構成のRycote製のガンマイク用風防は15万円位しますから、2万円は相当破格なお値段です。そして、分かる人には分かると思いますが、"marantz PROFESSIONAL"ブランドで売られている風防やブームポールは、RODE社のマイク用オプションとして売られているものに酷似しています。ZP-1はRODE BLIMPとそっくりですが、BLIMPですら国内の売価は3万5千円程度なので、見た目通りの働きをしてくれるならば、ZP-1が一番安い製品となります。なお、当のマランツ製のガンマイクは残念ながら使ったことがなく感想がありません。というわけでZP-1を買ってきました。仕事先では何年もRycote製の風防を使ってきましたが、個人用にカゴ風防を買うのは初めてです。同梱されている説明書を見ても英語、ドイツ語、スペイン語などで日本語の表記がありません。国内向け市場は最初から重視されていないのかも。ショックマウントのサイズは公称20~22.5mm用となっていますので、22mm径のRODE NTG-1には良いですが、19mm径のSENNHEISER MKH-416やMKH-8060を使う場合はマイクの外周にビニールテープを巻いたりスポンジを噛ませたりしないとぬるっと外れます。逆に25mm径で太いSENNHEISERのAMBEO VRマイクは無理やり吊れました。とは言え購入時、交換用のゴムバンドは付属していますが、マイクを差し込むプラスチックリングは予備が付属しませんので、無理をしてリングを割ってしまうとだいぶ困ります。さて、実際にマイクを吊るしてロケで使ってみた所、問題が発生しました。私が購入した個体は、前後方向に揺らす分には問題がありませんでしたが、左右方向に小刻みに揺らすと「ぺりぺり」と薄い膜が剥がれるような音がしました。小さな音ですが、高感度なマイク用の製品なので、これでは仕事で使えない、というレベルの欠陥でした。なお、他の方が別の店頭展示品を試した限りでは同様のぺりぺり音はしなかったそうなので、私が買ったものがたまたま「ハズレ」だった可能性があります。耳をすますと、どうもカゴの円筒の下部とホルダー周囲のプラスチックの継ぎ目から音がしている様子。隙間にドラフティングテープを突っ込んだり、シリコンのシール剤を充填したりしてみましたが音は消えず。ドラフティングテープが貼ってあるあたりの隙間から音がする。分解してみた所、接着剤が少量しか使われておらず、剥離した接着剤の膜がぺりぺりという音の原因となっていることが判明しました。カゴ部分はポリプロピレン製で、接着剤が苦手とする材質です。見た目では乾燥した瞬間接着剤のような薄いビニール状の膜になってしまっています。円筒の4辺とホルダー周りのプラスチック、前後の丸枠に付いている接着剤をドライバーの先で全て剥がし、紙やすりで面を荒らしてからアセトンで拭って脱脂し、"セメダインスーパーXハイパーワイド"を塗って組み直しました。この接着剤はポリプロピレンも接着しますが、硬化しても体積が減らない上に完全に硬化せず柔軟性を保つので、今回のような用途には向いているのではないかと思われました。できればこの接着剤で接着した後、更に残った細い隙間や角になっている凹み部分をシリコンシーラントで塞げば確実でしょう。これで悩まされたぺりぺり音が消えたので、再度現場へ投入しました。毛皮(ジャマー)のサイズがやや小さめで、強く引っ張らないと装着できません。これは使っているとそのうち伸びて解決するのではないかと思っています。毛は長めで、当然ながら未装着時よりも高域が落ちますが防風性能はなかなかのものです。今までは強風防としてRODEのWS6を使っていましたが、さすがにワンランク上の性能です。買ってよかった。注意点としては、毛皮の下側の開口部(グリップが突き出る所)にジッパーが無く、ぴたりとは閉じません。強風時はそこから風が回るので、シビアな用途ではベルクロなどを縫い付けて隙間が広がらない工夫をしたほうが良さそうです。屋外録音の時、カゴ風防とセットで使うブームポールには、Amazonで7、8千円で買える中国製のカーボンブームポール(3m)を使っています。昔からebayで"Andoer"というブランドで売られていたものと同一で、実際に購入すると"JIE YANG(捷洋)"というブランドになっています。浙江省寧波市にある宁波捷洋影视器材有限公司というメーカーの製品のようです。マイク用のブームポールもプロの間で評価が高いvdb製などは8~10万円位します。映画やドラマの画角であればもう少し長くて丈夫なものが欲しくなると思いますが、一般的なロケであれば今の所これで問題ないです。同じ長さならアルミ製ポールよりも軽く(重さ559g)、寒い日にも冷たくなりません。ロケ音声の先達のアドバイスに従って、先端部にゴムワッシャーを追加(締め過ぎで外れなくなるの防止)。下端部にゴム足を追加(置いた時に床が傷付くの防止)。グリップ部分の中間部に追加のウレタンスポンジリングを装着(スポンジが無い部分との段差を触った時に振動でノイズが入るの防止)。長く使っているとスライド部の滑りが悪くなるので、ホコリの多い現場へ行った後は分解して掃除します。(がんくま)

      13
      テーマ:
  • 11Mar
    • 秋葉原で1500円で買ったUSBマイクを他のダイナミックマイクと比較してみた

      こちら2016年の10月か11月頃に、秋葉原のあちこちの店で売られていた、USBでもXLRでも接続できるハイブリッドなダイナミックマイクです。当時は結構大量に在庫していたように見えたのですが、いつの間にか見かけなくなりました。まだどっかで売ってるんでしょうか?ノーブランド品で、本体のどこを見てもメーカー名や製品名の表示はありません。見た目はSHUREのBETA57Aにちょっと似てる、というかSM86がモデルじゃないかと思います。同一製品かどうかの確証がありませんが、"CrazyTalk 5"という写真やイラストをしゃべらせるソフト(?)の付属品でついてくるマイクに良く似ています。CrazyTalk 5 USBマイク付きhttp://www.ah-soft.com/ct_5/mike.htmlこちらのサイトではマイク単体での直販価格が\5,480(税込)と掲載されています。私が持っている現物(以降USB/XLRマイクと書きます)は、タイトルのように\1,500(税別)で購入したものです。CrazyTalk 5のマイクは特徴として、・カーディオイドマイク(USB/XLR使用可能)・ダイナミックマイク(USBデジタル出力)・PCデジタルオーディオワークステーションと互換性あり・微細な音も再現可能なため、声やアコースティックインストゥルメント、その他のサウンドソースのレコーディングに最適・高品質のA/D変換(16bit,48Kサンプルレート)・カーディオイドピックアップパターン・ソリッド・ダイカスト構造と書かれていますが、これはUSB/XLRマイクを購入した時にタグに書いてあった内容と同じです。試しにalibabaで検索してみましたが、似たものは発見できても、これとまったく同じものは現在見当たりません。コネクタ部分がどうなっているかというと、こんなんです。Mini-USB端子がパソコン接続用のデジタルアウトで、その横に一般的なマイクと同じXLRオス端子(アナログアウト)があります。この部分を見るとわかるように、一般的なハンドマイクと比べると胴が少し太いです。このため、SHUREのSM58のような一般的なハンドマイク用のホルダーには入らないかもしれません。手元にあった他のダイナミックマイクと外形を比較してみました。AUDIX OM3、USB/XLRマイク、Beyerdynamic M58、AIWA DM-68Aです。XLRコネクタにケーブルを挿すとこんな感じ。Mini-USB端子の方はロックが無いのでケーブル引っ張ると抜けますから、ハンドマイクとしてはアナログで繋がないと危なくて使えないと思いました。ネット放送用なんかで机上のスタンドに固定して使うなら良いかな。好奇心から中が見たいのでとっととバラします。というか、2本買ったうちの1本は振ると何かが外れているような音がします・・・。グリルボールを外すとカプセル部分がぽろりと外れてしまいました。カプセルを固定するゴム系接着剤が不足していたようです。胴内に基板が見えます。カプセル部分です。思ったよりしっかりとした造りに見えますね。底部のネジを外すと内部の基板が引き出せます。正方形の一番大きなICは、C-MEDIA製USB ADCのCM6327Ahttps://www.cmedia.com.tw/applications/microphone/CM6327Aです。専用のドライバは不要で、つなぐだけでUSBマイクとして認識されます。デジタルゲイン機能で-16dB~45dBに対応とあるので、ワンチップで直接A/Dしています。小さいほうのICはEEPROM(MICROCHIP 24LC028)。アナログ出力については、単純にカプセルから電解コンデンサを介して出力ピンへつながっているだけのようです(出力ピンとGNDの間には抵抗が入っています)。上の写真にあった各マイクと、録音比較してみました。・声の比較DynMic_Compare01.flac・持ち鈴(高い澄んだ音)DynMic_Compare02.flac・USBでパソコンにつないで直接録音した声。DynMic_Compare03.flacアナログ接続した場合に比べるとゲイン上がっていますが、ヒスノイズも若干目立ちます。つなぐ相手(HA)にもよりけりですけど、USBよりはアナログ接続で使ったほうが音質は良い気がしますね。比較音声でも言及していますが、グリップ部が太いせいか叩くと若干胴鳴り感があります。プラスチックの安っぽい感じでは無いので、1,500円だと思えば造りや質感はむしろ良いと感じます。でも使いみちは今の所無い。再組み立てにあたり、接着剤で胴にしっかりとカプセルを固定しました。このマイクについては当時記事を書くよーと言って写真をとったままで、1年以上すっかり忘れてました。私の他に買った人は、その後どうお使いなのかなぁ。(がんくま)

      7
      テーマ:
  • 09Mar
    • Dolby DP564 Multichannel Audio Decoder の修理

      DP564は、DVDなどの音声をドルビーデジタルやドルビーサラウンドで作った際に、それが民生機でダウンミックスされた時にどのように聞こえるかをオーサリングスタジオ等で検証するための機械です。AES/EBUデジタル入力(BNC)と光仕様のデジタル入力端子が付いていて、出力はヘッドホン(ドルビーヘッドホン対応)と8ch(L/R/C/Sw/Bs/Br/Bsl/Bsr)のAES/EBUデジタル出力(BNC)および+4dBアナログバランス出力です。マスターボリュームや、調整用のノイズジェネレーター、チャンネルディレイが付いているので、AVプリアンプ的な使い方もできなくはないですが、DTSにもDolby Atmosにも対応しません。対応フォーマットはDolby Digital/Dolby Digital Surround EX/Dolby Pro Logic & Pro Logic II、24bit/96kHzまでです。この他にLANにストリーミングされた音源の再生や、ドルビーデジタルに重畳されたSMPTE TCを表示・出力する機能があります。故障内容は、通電後しばらくたつと画面がフリーズしてしまうというもの。フリーズするまでの時間はバラバラで、1分で固まる時もあれば15分位固まらない時もあります。しかし固まらずに動き続けることは無く、再起動すると一時的に正常表示に戻りますが、必ず再現する故障です。画面がフリーズしても音は出続けており、ボタンを操作すると反応し、完全にハングアップしているわけではないようでした。なお、業務機である本機には電源スイッチというものが無く、再起動にはコンセントの抜き差しが必要でとても面倒です。■原因を探る天板を外してみます。オーディオ機器には見えない感じ。回路図はネット上に見当たりませんでしたが、このレベルだと私の知識では果たして歯が立つかどうか・・・。経年劣化の定番、電解コンデンサの容量抜けを疑いましたが、電解コンデンサなんてスイッチング電源ユニットを除けばヘッドホンアンプ部など数えるほどしか無く、あとはひたすら表面実装の部品ばかり。電源からの出力と各レギュレーターの出力も異常なし。画面表示部のVFD基板は、以前修理したLucidの88192と同じで日本のノリタケ伊勢電子製で、蛍光管とはいえ128x64ピクセルのドットマトリクス表示です。基板に一個だけ導電性アルミ固体電解コンデンサが使ってあり、明らかに電源用なので、とりあえずこれを付け替えてみましたが変化なし。Twitterで「VFDドライバICの劣化で表示が熱暴走しているのでは?」というご意見をいただきましたので、それもあり得るな、とVFDドライバ(ISE97002KS)に熱伝導シールでヒートシンクを貼ってみましたが、変化なし。しかし、そのご意見を参考にVFD基板ではなくメイン基板上のチップを触ってみると、CPUがかなり熱いことに気が付きました。お試しでCPUの上に鉄の板を置いてみると・・・、1時間たっても固まりません(この機種は放置するとスクリーンセーバー表示になります)。CPUはNXP/freescaleのMPC860TVR80D4(PowerQUICCというIBM/モトローラのPowerPCを組み込み用にした32bit MPU)で、80MHz対応品ですが実際の動作クロックは不明です。この規模になるとオーディオ機器というより、もはやコンピューターですね。CPUにもヒートシンクを貼りました。この時点では「ちょっと大きすぎたか?」と思っていましたが・・・。RAM(48LC8M16A2-75G 2個)にも手元にあった超薄型ヒートシンク(まず貼る一番ハイブリッド)を貼りました。 これで丸一日音を出しながら放置してもフリーズしなくなりましたので、天板を戻しました。すると、なんと2時間ほどでフリーズするのです。しかも今度はボタン操作もできなくなります(音は出ていますが)。天板を外してヒートシンクを触ってみると、当たり前ですが天板を外している時よりも熱い。ここからが意外と苦戦。■温度と相関関係があると思うのだが秋月電子で超お買い得な温度計モジュールを買ってきて内部に設置し、温度を比較してみます。測定時の室温は16~18度位。温度計のプローブはヒートシンクの上にテープで貼っただけなので、ヒートシンク自体の温度を正確に示しているわけではありませんが、それでも天板有りの場合はじわじわと上昇し、1時間半位たつと43~46度に達してフリーズします。天板を外していると温度は26~18度から上昇せず、フリーズは起こりません。天板の有無で変わる温度は5~6度程度かと適当に考えていたのですが実際に測定してみると全然違いました。本機の冷却はフロントパネル下部のスリットと、背面パネル上部のスリットによる自然対流方式です。大きな熱源はCPUの他に、3つある電源レギュレータICで、特にフロントパネル寄りのDSPチップ付近のものが熱くなります。測定の結果から、天板をメッシュにすれば解決できそうですが、ラックマウントすることを考えるとファンによる前後方向の排熱を考えないといけません。CPUのヒートシンクにファンを付けるよりは、背面スリットにファンを付けて内部温度を下げるほうが効果的と思われましたので、まず3cm角のファン1個で冷えるかどうか実験しました。+12V用のファンですが、全力だとうるさいので電源はスイッチング電源の+5V出力からもらいました。が、結果はケース内温度あまり下がらず効果なし。続いて、CPUヒートシンク自体にファンを付けてみました。すると、38.1度という今までになく低い温度で画面がフリーズしました。えっ?と指でヒートシンクを触っても熱くありません。CPU温度とフリーズには相関関係があると思っていたのですが、もしかして違うのか???■二種類のフリーズの罠落ち着いてよく観察してみると、フリーズには二種類あるのです。一番最初に確認していたように、画面だけがフリーズして、ボタン操作はできる状態(この時、スクリーンの表示は瞬いている)と、画面もフリーズしてボタン操作も一切できない状態(この時、スクリーンの表示は静止状態)。どちらの場合も音は出続けていますが、もしかすると前者が表示系(VFDドライバ?)の熱暴走で、後者がCPUの熱暴走なのではないだろうか。温度計を2つに増やしました。天板に近い、VFDドライバのヒートシンク付近の温度も測るようにしました。その結果、CPUがフリーズするCPUヒートシンク温度43~46度よりも低い内部温度で、画面だけが先にフリーズする場合があることが確認できました。そのまま温度が上がり続けると、画面がフリーズした後に時間を置いてCPUもフリーズするのです。私はそれまで、両者を同じ現象だと思い込んでいたので、矛盾が生じていたのです。画面のフリーズの原因がVFD基板内にあるかどうかははっきりしませんが、VFDドライバはCPUよりも高い位置にありますので、ケース内に熱気がたまると悪影響を受けやすいように思います。CPUだけ冷やしても駄目、という結果なので、背面パネルの排熱ファンを2つに増やしました。フロントパネルのスリットから、空気が吸い込まれていくのを手のひらで感じることができます。これで天板を付けて内部温度を測定すると、通電後30分ほどで、天板付近で28~29度、CPUヒートシンク付近で37度位で安定し、天板有りでもフリーズしなくなりました。しかし、今は冬なので、夏場は更に対策を考えないと再発しそうな気がします。せめてあと2~3度下げられればマージンが増えるのだけれど。今回は修理というよりは改造で、ファンの音がするようになってしまったのが残念です。海外のebayに出品された同機種にも"screen locks up"という記述が見られましたので、この症状はもしかすると傾向故障なのかもしれませんが、元々の設計にはCPUやVFDドライバの放熱を考慮した気配がまったく無く不思議に思われます。結果として「VFDドライバICの劣化で表示が熱暴走しているのでは?」というご指摘はかなり鋭かったように思いますが、ISE97002KSってDigi-keyにもRSオンラインにも無いので入手難しそう。■音を聞いてみるD/Aは全チャンネルAKM4935VFが採用されており、オペアンプはMC33078が多用されていますが、他にも5534A、2134UA、072Cと幅広く使われています。DSPはNXP/freescaleのDSP56311VL150が2つです。お試しで2ch PCM Audioを再生してみたところ、デフォルトではドルビーヘッドホンの設定が有効になっていたり、ProLogicによるサラウンド効果が有効になっていたりするので正常な音になりません。これらを切って単純にステレオD/Aとして聞いてみましたが、ヘッドホンは中庸な音です。アナログバランス出力は分解度が高くさらっとキラキラした音です。入力した信号に応じて各信号のメタ情報を表示してくれます。なお、本機のデジタル同期入力はWordClockではなくAES3-ID referenceとなっています。基本的にモニター用途(スレーブ)でしか使わないと思います。(がんくま)

      1
      テーマ:
    • サトーパーツ KE-1 電鍵の分解清掃

      今のNTTの正式名称は日本電信電話株式会社(Nippon Telegraph and Telephone Corporation)で、民営化される前は電電公社(日本電信電話公社)と呼ばれていました。今でも社名に「電信(テレグラフ)」が入っているけれど、モールス信号による電信なんてのは、普通の人が一般生活をおくる上では今やまったく縁がない世界です。私は以前アマチュア無線をやっていましたので電信(CW)の資格を持っています。が、もうかなり長いことアマチュア無線で電波を飛ばしたことがありません。昨年見に行った帆船海王丸(初代)の無線室。机上右側に縦振れ電鍵(HI-MOUNDのHK-3か8?)が見える。なのに先日、急に縦振れ電鍵(モールス信号を打電するために手で操作する一種のスイッチ)が欲しくなってオークションで入手したのが、このKE-1です。この電鍵、見た目がJRCのプロ用電鍵KY-3Aにちょっと似ています。しかし高価な本格電鍵と違って販売当時はたいへん安価な製品(千数百円で買えたらしい)で、電信の資格を取るための「練習用電鍵」や「入門用電鍵」という位置付けだったそうです。かなり古びていて使用感もあり、机上にしっかり置くために前の持ち主が付けたらしいゴムの台座も経年でヒビ割れ、歪んでいて、見た目がイマイチな状態です。しかし台座を付けている位なので、ちゃんと実用されていた(交信に使っていた)わけです。試しに自分で打ってみると左右にぐらつき(遊び)があって、使いにくいです。ネット上で調べると、新品の綺麗な状態を紹介したページ【当店コレクション】サトーパーツ製 KE-1型電鍵(大阪・日本橋の『無線とパソコンのモリ』)http://morimusen.blog.fc2.com/blog-entry-204.htmlと、昔使っていたものを磨いて綺麗にするページを発見しました。サトーパーツ KE-1(m0ver)http://d.hatena.ne.jp/m0ver/20091228/1261966900私も分解清掃してみることにしました。ゴム台座は接着剤で止めてあるだけでしたのでこれを剥がします。台座を外した所。内部がピカピカなので購入して早い段階で台座を付けたのでしょう。部品はバラバラにして金属部分はピカールで磨きます。ベークライトの台座やノブも洗剤で綺麗にしました。接点も磨く。ウン十年ぶりで輝きを取り戻した部品たち。支点の部分を分解すると、左右両側がボール軸受になっています。小さな鋼球6個を先端が円錐状のネジで締めることによって、支点がボールで浮く仕掛けです。安価な入門用電鍵とはいえ、こだわった仕組みになっていました。残念ながら、片側はこの鋼球が2つ失われており、左右にぐらつくのはこれが原因でした。鋼球をノギスで測ると1.5mm位のようです(後述)。必要数は全部交換しても12個ですが、ベアリング用の鋼球の通販を調べると販売単位が100個とか1000個とか書いてあって送料もかかり無駄が多いです。秋葉原の駿河屋プラモデル館さんで「ハイキューパーツ スチールボール 1.5mm」というものを買ってきました。とはいえこれも50個入っていますが・・・。本来の用途はフィギュアやジオラマのディティールアップ用らしいですが、ごめん、説明読んでもどう使うのか良くわからない・・・。でも多分、元はベアリング用の鋼球だと思います。軸受部分に硬めのグリスを塗って、ピンセットで1個づつスチールボールを並べます。すると、わずかな隙間が。どうやら元の鋼球の直径が正確には1.5mmではなく、1.55mmか1.6mm?位のようですね。もしかするとインチ系のサイズなのかもしれません。でも、この程度の隙間があっても円錐ネジで押し拡げられるはずなので、実用上の問題は無いはず。大きすぎて入らないよりはマシか・・・。数が有り余ってるので左右12個とも新しいスチールボールに入れ替えました。磨いた部品を元通りに組み立てて完成。打鍵時のぐらつきも無くなりました。本当に通信に使うなら台座を付けねばなりませんが。以下、清掃前との比較です。磨くと光るものは分解清掃の達成感が高くて良いですね。さて、電鍵の使いみちですが、実は効果音としてモールス信号を録ることが稀にあります。せっかく分解清掃しても通信に使わないのがちょっと申し訳ないのですけれど、以前も戦争中の再現映像で無線室のシーンがあり自分で録音しました。といっても私は横振れのエレキー育ちで、昔使っていたキーは実家に置いたままです。このKE-1を入手する前は手元に横振れのバグキー(HI-MOUND BK-100)しか持ち合わせがなく、やむを得ずそれで録音しましたが、戦時中の日本軍はバグキーを使っていないでしょう。強引にBK-100を縦置き(縦振れ)にして使ってみたりもしましたが。そもそも免許はとったが欧文QSOだけで和文は覚えなかったので、その節は平文暗文など色々と調べて音を作りました。最近欧文もあやしい。最も一般的にイメージされやすい縦振れ電鍵を持っておこうと思ったのは、そのせいでもあります。とはいえ、現役の音響効果で電信の免許持っている人はあまりいないかも(他にいらっしゃるのかしら?)。無線室のシーンで背景にながれるモールス信号のピーピー音、電信(CW)と無縁な人には環境音のように聞こえるかもしれませんが、電信経験者にはあれは字幕で文字を出しているのと一緒なんですよ、と制作陣には言いたい(たまに音楽の中に意味のあるモールス電文が入ってるとびっくりしますよね)。ディレクターや監督は、映像化する前に電信経験者に相談して、シーンをぶち壊さない内容の電文で音を作っていただきたいです。(がんくま)

      3
      テーマ:
  • 03Mar
    • SONY CFD-S50 CD読み込み不良の修理

      結構新しいCDラジカセで、2013年10月発売らしいです。ラジカセと言うやつは、とにかく電源さえ入れれば単体で音が出る、という簡単さが素晴らしく、スタジオでは「CD-Rに焼いた音源が普通に再生できるかどうか」や「音が悪い再生機器で再生した場合のシミュレーション」で使用します。この製品は知名度の低い海外ブランドでもなく、デザインもすっきりしているのでスタジオに置いても悪くないな、と思って2、3年前に購入しました。が、購入後1年半ほどでCDを読まなくなってしまいました。症状からするとピックアップ不良の可能性があり、保証は切れているので有償で修理をすると買った値段の2倍以上の金額が予想されます。だったら新しいの買ったほうが良いよな、となるのが悲しくて、自己責任で修理してみることにしました。分解は⇒の印のあるネジを全部外してバックキャビネットを後ろに引き抜くだけなのでとても簡単です。ただし、深い穴の底にネジがあるので金属棒部分が長いドライバー(通称長ドラ)が必要です。修理屋が良く使っている長ドラよりもネジのサイズが小さいので、意外と持ってる人が少ない工具です。引き抜く途中で電源の赤色のハーネスも抜きます。メイン基板を外し、ピックアップとモーターへの配線を外すとデッキ部分が現れます。しかし、見たことあるよーな、無いよーなピックアップだな。あれ、これSONYじゃなくて・・・SANYOのピックアップでは?見たところSF-P101Nですが、型番はEP-C101となっており、中国製(または台湾かも?)のセカンドソースのようです。SANYO亡き後金型や製造装置が中国に渡ったのでしょうか。調べてみるともともとSF-P101NはSONY KSS-213Cとある程度互換性があるような話がありますので、SONYも自社ピックアップ製造をやめてこれを使うようになったのかな。BOSE CDA-12 2600円 : ニコニコ調剤ジャンク館https://nicojunk.exblog.jp/12079529/原因追求のため、レンズをクリーニングしてからレーザー出力調整用のVRを回してみますと、とりあえず読みますが・・・不安定。時間をかけて調整を試みたものの、外周に行くとまったく駄目です。ピックアップ交換しか無いようです。EP-C101はebayかalibabaで入手できますが、オリジナルのSF-P101N自体がいつものCDパーツマンさんから取り寄せ可能です。SF-P101Nにはいくつかピン違いのバージョンがあるようですので取り外したEP-C101と同じ16Pバージョンを取り寄せました。デッキの分解で難儀なのがクランパー式には無い黒いプラスチックのカバーで、これの4つ足が振動で外れないようにゴム系接着剤で止めてあり、そのまま無理やり外すと足の爪が折れます。このカバー部品の入手はおそらくピックアップの入手よりもずっと難しいので、アセトンで穴に詰まっている接着剤を柔らかくしてから、ゆっくりと取り外しました。交換して通電してみると、読むけど不安定。あれ?もしかしてモーターか回路か?でもモーターはそれらしき回転をしていますし、回路にも調整ができるような箇所は他にありません。コンデンサもまだ新しいはず。再びレーザー出力のVRを調整すると、今度はちゃんと読むポイントがありました。でもKSS-213Cに比べるとSF-P101Nは調整がクリティカルですね。VRを回した向きや量に反応があまり比例しないような感じです。最近発売された各社のCDラジカセでは、このEP-C101を使っているものを他にも見ますので、今後は細々とこれに頼ることになっていくのでしょうか。比較写真。SF-P101Nのほうは静電気破壊防止のランドの半田を除去する前です。ケースを少し開けると調整箇所が見えるので、作業自体はやりやすい。カセット部分のゴムベルトもまだまだ新しいです。せっかくピックアップ交換したからこのまま長持ちするといいけれど、どうかな~。やっぱり古い機械のほうが部品は劣化はしてるけど中の造りはいいな、と感じます。当ブログの記事を参考に修理をされる場合は自己責任でお願いします。(いわくま)

      2
      テーマ:
  • 12Jan
    • Nuendo(Cubase)を起動するたびに出ていた邪魔なエラー表示を消す

      2018年あけましておめでとうございます。これが最初のブログです。まだNuendo6を使っています。OSやプラグインのアップデートをあれこれと行っているうちに起動時に毎回エラー表示が出るようになってしまいました。キャンセルをクリックすれば問題なく動くので放置していましたが、100回以上キャンセルを繰り返した挙句にようやく対策。OS: Windows10 Pro 64bit(Version1709)DAW: Nuendo 6.0.7 Build2277■エラー1つめ"user privileges insufficient to start a low level driver"というエラーが出ていました。参考ページの説明によると、"Windows環境でiLokドライバやインストールされているプラグインのバージョンが古い場合に報告が多いエラー"だそうです。iLokは最新なので関係なし。スプラッシュウィンドウの下部のロード表示を見ていると、Mic Mod EFX(Antares)でこのエラーが出ているみたい。使っていないのでアンインストールしたら出なくなった。[参考ページ]user privileges insufficient to start a low level driver というエラーが表示され使用することができません - Q&A Slate Digitalhttp://midmagazine.jugem.jp/?eid=83■エラー2つめWavesのプラグインをアップデートしてからですが、Nuendoを立ち上げるたびに"Select Waves 9.6PlugIns folder"のウィンドウが開き、どこを指定しても何度も聞き直してくるのでその対策。[参考ページ]wavesに関する覚書「Select Waves 9.6PlugIns folder」http://blog.livedoor.jp/transamramair/archives/52416466.html上記のページを参考に解決できましたが、実際にやってみると結構面倒、というかアンインストールと再インストールで1時間近くかかるので時間に余裕がある時しかできません。(1)Waves CentralのINSTALLメニューからインストールされているプラグインを全てアンインストールする。これでC:\Program Files (x86)\Waves\Plug-Ins V9\以下に入っていたプラグインのdllが消えました。が、C:\Program Files (x86)\Waves\フォルダといくつかのファイルは残っています。ReWireのフォルダに実行ファイルが残っていますがWavesのものなので、結局C:\Program Files (x86)\Waves\フォルダそのものを手動で消しました。(2)Waves Centralをアンインストールする。C:\Program Files (x86)\Waves Central\unins000.exeと、C:\Program Files (x86)\Waves Central\Utilities\unins000.exeを実行します。最後にC:\Program Files (x86)\Waves Central\フォルダ自体も手動で削除。(3)他のVSTPluginフォルダに残っているWaveShellを消す。C:\Program Files\VSTPluginsC:\Program Files(x86)\VSTPluguinsC:\Program Files\Steinberg\VSTPluginsC:\Program Files\Steinberg\Nuendo 6\VSTPluginsなど、VSTのプラグインパスが通っているフォルダを調べて、Waveshellが残っていたら手動で削除。WaveShell-VSTx-xxx.dllみたいなファイル名のやつです。きるぜむおーるです。この段階でNuendoを確認のために起動するとプラグインフォルダを聞かれずに起動できた。(4)Waves Centralを再インストール。インストール後に起動するとユーザー名とログイン状態が維持されていました。アプリと別のフォルダに記憶されているっぽいな。(5)プラグインを再インストールWaves CentralのINSTALLメニューから、オンラインでプラグインを再インストールします。うちはDiamond Native V9とVU Meter V9で、15分位かかったかな。(6)確認Nuendoを起動したら何のエラーも問い合わせも開かず起動しました。ほんの数秒の差だけど忙しい時はそれでもイラッとしてたのさ。しかし、Nuendoを起動後、何の操作もせずに終了すると異常終了(動作を停止しました表示)するのは治らないが、こちらはまったく実害が無い。■その他Windows10になってからバックグラウンド動作が増えましたがその設定していなかったので「スタートメニュー>設定>プライバシー>バックグラウンドアプリ」から色々とアプリのバックグラウンド動作を外しました。実際にはWindows UpdateとChromeのバックグラウンド動作が重いのだが。Chromeは chrome://settings/ の詳細設定から"Google Chrome を閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行する"をオフに出来ます。Windows Updateについては「設定>更新とセキュリティ」から、作業中は一時的に更新をオフにする設定などで対応しています。私が使っているマウスの中で、ELECOMのEX-G(M-XGM10UBBK)という有線マウスに限り、使っている最中に動かなくなる現象が頻発していました。下記のサイトを参考にUSBのセレクティブサスペンドの設定を行った結果、この現象は改善されました。これ、もしかするとUSBバスパワーのAudio I/Fにも影響が出ていた可能性がありますね。音はFireWire経由で出しているので今まで気にしたことなかったんですが。[参考ページ]ELECOM FAQサイトhttp://qa.elecom.co.jp/faq_detail.html?id=5731参考ページを作っていただいた皆様、ありがとうございました!(がんくま)

      5
      テーマ:
  • 27Dec
    • 冬コミ向け頒布品の進展状況

      冬コミ向け作品の準備が佳境です。ムラサキノオトの参加スペースは 2017.12.29(1日目) 【東ウ-37b】です。 新作のドラマCDに関してはやはり完成がギリギリになってしまいそうです。→なんとか完成しました!会場で是非!!https://ameblo.jp/purplesounds/entry-12335155034.html旧作も多少持っていくつもりです。オリジナルTシャツ第一弾「低賃金Tシャツ」は完成品が届きました。https://ameblo.jp/purplesounds/entry-12337509419.html大変良い感じに出来上がっております!お楽しみに!!(がんくま)

      3
      テーマ:
  • 25Dec
    • TOA RH-200 Remote Head Amplifier(2)

      ■RH-200 vs AMEK9098DMARH-200の性能はどんなものか?測定器が無いため簡易的ではありますが、業界鉄板マイクプリの一つ、AMEK 9098DMAと比較してみました(ビンテージ機種のため、9098側の性能にもばらつきがあると思いますが)。比較に使用した機材はProTools HD192+Lucid 88192で、ProToolsのSignal Generatorの出力を88192経由で各マイクプリに入出力しています。残留雑音の比較です。RH-200のゲイン表示は7セグLED2桁で0~72の間です。0VU=-20dBFS付近で、この数値は1dBステップになっていますので、インピーダンスにもよりますが、通常使う域においてはほぼdB表示と見て良さそうです。AMEK 9098も2つのゲインツマミで66dB+6dBつまり+72dBまで上げられます。両者に同じレベルの基準信号を入れてゲインアップの最大値+72dBにすると、ほとんど同レベルに増幅しますので、微調整して両者の増幅度を揃えました。1kHzの正弦波の信号でメーター読み76.7dB増幅です。この最大増幅度の状態で入力を抜き、機器内部のホワイトノイズを録音しました。録音したノイズをレベルメーターで比較します。もちろんLucid 88192のノイズも加わっていますが、条件は同じなので9098とRH200の比較にはなるでしょう。マイクプリの入力は信号線をGNDに落としたSHORTと、開放したOPENの2種類を測定しましたので、下記の波形は左から9098のSHORT/OPENと、RH-200のSHORT/OPENの4種類になります。結果は、AMEK 9098DMA SHORT時 -68.5dB OPEN時 -56.1dB TOA RH-200 SHORT時 -69.2dB OPEN時 -48.6dBとなりました(音響特性フィルターによる修正をかけても測定値は変わらず)。9098はビンテージ機器の中ではかなり静かな部類に入るので、RH-200もS/Nに関しては十分優秀と言えるでしょう。ただし、入力端子に何も繋がず開放にしたままでフェーダーを上げているとノイズが大きいようです。SHORT時の残留雑音の周波数も比較してみました。そのままだとノイズが微小で画面に出ないのでクリップゲインで+36dB上げています。AMEK 9098DMA 音響特性フィルター無しAMEK 9098DMA 音響特性フィルターCAMEK 9098DMA 音響特性フィルターATOA RH-200 音響特性フィルター無しTOA RH-200 音響特性フィルターCTOA RH-200 音響特性フィルターAAMEK9098のほうには50Hz起因のハムが乗っています。微小なので実際の録音では気にならないのですが、電源の電解コンデンサが経年劣化してリップルを取り切れていない可能性があるかも・・・。以下は基準信号のホワイトノイズで比較したRH-200のHPFスイッチの特性です。80Hz以下が落ちますがさほど急峻なカーブではありません。TOA RH-200 HPF OFFTOA RH-200 HPF ONなお、ここに記載の測定結果は全てRH-200のアナログ出力を使った場合です。さて、S/Nについては良いことが分かりましたが肝心の出音はどうでしょうか。両者にU87aiとAT4050をつないで録音してみましたが、やはり9098のほうがメリハリと輪郭があって聞きやすい音です。RH-200は若干おとなしい感じ、悪く言えばもやっとした感じになります。男声だと違いがさほど目立ちませんが、女声だともやり具合がわかりやすいので、もしその場で両者を聴き比べたならば、大抵の人はAMEK9098の音を選ぶと思います。メーカーの性格からして、本機の想定用途が放送設備用なのか、プロダクション用なのかが私にはイマイチ判然としませんが、もちろん普通に高品位なマイクプリとして使えます。中古で入手した値段を考えれば十分すぎるほどお買い得な音質です。更にいじろうと思えば、合計で10個使われているOPA2134PAが全てソケット挿しなので交換が可能ですし(追記:製造時期によりNJM5532が使われている場合があります。この場合はソケット挿しではなくフラットパッケージの表面実装なので交換は難易度高いです)、各段のカップリングが日ケミの無極性電解コンデンサ(KME)なので、この辺交換していくと出音も変化するものと思いますが、そこまでやるかどうか。また、前に書いたように本機は出力をトランスではなくラインドライバでバランス出力化していますが、その先で新電元工業製のアイソレーションフィルタを通しています。おそらく業務用機器として出力ショートや逆電圧付加などの異常発生に対して手堅い設計になっているのだと思いますが、音質的にはどうなのか。CN602から直接出力を引き出すハーネスを作ると音質比較ができると思いますが・・・。録音用マイクプリとしては、前述のゲイン可変時のプチノイズとチャンネルセレクトがあるので、ゲインの調整が瞬時に細かくできない点が気になります。この点連続可変できるアナログATTは良いですね。AES/EBU出力が付いているので、A/Dコンバーターとして使えること、4chあるので、ドラマCDのセリフ収録時に1-2chをHAに使ってアナログコンプに入力し、その出力を3-4chでA/D変換してオーディオインターフェースに送る、といった使い方ができそうなのが個人的に面白いです。■デジタル出力最後に、本機のワードクロック(WC)入力に信号を入れ、どこまでロックするか調べます。入力無しの場合は内蔵OSC(INT)でLOCKしていますが、これはどうも48kHzのようです。WCを入力すると外部入力(EXT)に切り替わりLOCKします。外部入力が無くなると自動的にINTに切り替わります。アナログ出力はA/Dとは別系統で出力しているので、WCが途切れたり切り替わったりしても音声は途切れません。44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz以上4つのfsで試してみましたが、44.1kHz/48kHzについてはEXTでLOCKしますが、残念なことに88.2kHz/96kHzについては無視されてINTでLOCKします。AKM5393VSとCS8404Aはどちらも96kHzまで対応しているICなので、いけるかな、と思っていたのですが。簡単な改造でなんとかならないものか。(がんくま)

      1
      2
      テーマ:

月別

一覧を見る

お気に入りブログ

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス