管理長に就職してから約2年半。秋だったので、みんなで一生懸命稲刈りを終えました。野原は、内陸の軍事施設、公営企業、そして中学校からの農場支持者で群がっていました。いたるところに赤い旗がはためいていて、「稲作闘争開始!」のようなフレーズが書かれたさまざまなプロパガンダを見ることができました。「党が決定することを人々は実行せよ!」 「我々の生活はすぐに社会主義になるだろう!」一方では、軍と警察の動機付けの集会(宣伝目的で軍隊に割り当てられた舞台芸術グループ)がありました。

 

 

 

 

 

 

課員と私は、稲の茎を鎌で切るのに一生懸命でした。混沌とした環境とは関係なく、私の心は朝に起こったことに悩まされていました。その日の朝、農場経営委員会で、農場労働者の出席率を上げるために何ができるかについて話し合った。

 

会長が現れたとき、私はかなり不安を感じ始めました。クムスクは今日も仕事に来ていませんでした。過去2年間、私はクムスクに同情するという最初の決意に従いました。しかし、それでも、私の力は限られていました。

 

私の上司は、私の権限をそのように使用したことで私を好意的に見ていませんでした。特に経営委員長は、私の原則の欠如が人々をよりよく統治することを妨げていると常に批判していました。「やってみるんだ。私は実際に人々に対処しなければならない。食べ物さえ提供できない場合に、どうすれば人々が働くことを期待できるだろう?私も経営委員長であれば、空虚な発言をすることができるだろうに。」私は自分自身に不平を言いました。

 

会長は私に吠えました。「クラス1セクション2管理長!今日は誰がいないんだ?」「クムスクは病気のため欠席しています。」私は答えました。 「クムスク?マネージャーである君は、人々に対して厳しさがなっていない。それは、君が部下たちをフォローしているからだ。なぜその女は再び病気になるか?私たちがどんな時代にいるのかわかるか?私たちは戦っているのだ。私たちが病気やけがをした場合、敵は私たちを受け入れてくれると思うか?彼女が腐っていても、水田で死ぬように言え。部下の心配事に耳を傾けるなら、誰が危険信号を守るためにそこにいるのか?すぐに行って彼女を連れてきなさい。彼女が来ることを拒否した場合、私は彼女を自分で連れてくる。」

 

 

 

 

 

私はすでに朝早くに彼女の家に立ち寄っていました。彼女が結核に苦しんでいるのを見て心が痛んだが、もう一度彼女に会いに行くしかありませんでした。私は彼女に医者から診察を受けるように提案したが、彼女によれば、医者は高価なタバコという賄賂を贈った場合にのみ診察してくれるのだそうです。彼女はその日のために十分に食べることができなかったので、明らかに彼女は賄賂を提供する余裕もありません。

 

彼女の家のドアを開けた瞬間、彼女の咳と激しい呼吸が聞こえた。 「奥様、あなたを仕事場に連れてくりように経営委員長に命令されました。ご自分で経営委員長に現在の状況を訴えてもらえますか?」

 

彼女と私は良い関係を築いていて、彼女は通常私に好意的に反応しました。しかし突然彼女は怒鳴りだしました。「その経営委員長の妻はおそらく今家にいるでしょう。なぜ彼は私のような病気の人をそんなに要求しているのですか?彼には心がありませんか?」彼女は最初は悲鳴を上げ、それから泣き始めました。

 

 

 

 

「私はもう仕事をやめるべきです。もう耐えられなくなってきています。私は心のストレスが少ないことをやるべきです」と語りました。すると突然、ドアが開き、経営委員会の委員長が入ってきました。私は完全に悔やみました。彼は私について来たに違いありません。

 

彼はおそらくクムスクの暴言を外から聞いたでしょう。彼は顔を赤くして激怒した。 

 

「私はここにいる。言ったことを繰り返してみなさい?何と言った?そうだ、私には心がない。強制収容所に行きたくないのなら、すぐに仕事に来ることだ。死ぬつもりなら、畑で死ぬことだ。」会長の言葉が私の体を震わせました。

 

彼は本当に人間ですか?それとも彼は人を装った獣ですか?クムスクは会長がいない間は自由に話すことができたが、彼に驚かされて言葉を失いました。結局、クムスクは病んでいる体を野原に引きずり込まなければならず、私は残酷な委員長から一口の不快なことを聞​​かなければなりませんでした。

 

水田で働いている間、私は米の塊を集めるのに苦労しているクムスクを見つめ続けました。

 

 

 

 

 

これが社会主義協力の残酷さなのでしょうか?どんなに親切な人でも、幹部になったら容赦ないのでしょうか。党の支持を得て昇進するために必要な野心と盲目的な服従は、ある時点で野蛮なものになります。国民の貧困に関係なく、政権を維持するためのエリートの執着と権力闘争のための絶え間ない戦いは、金正日による政治システムの成果です。

 

私は人生が無駄に終わったような気がしました。「奥様、座ってしばらく休んでください。誰もあなたに働くように頼みませんから。少しじっと座ってください」と私はクムスクに同情的に言った。「セクションリーダー、ごめんなさい。私のせいであなたに迷惑をかけてしまったことを私は知っています。体が調子が悪いので仕方がありませんでした。」

 

「奥様、そんなことを言う必要はありません。私はあなたの病気について知っています。私が批判された場合、何が問題になりますか?あなたは本当にすぐに良くなるはずです。」

 

「ありがとう、管理長。私が死んでも、あなたの親切を忘れません。」クムスクと私がこの会話をしていたとき、ヨンチョルが私たちに近づいてきました。「管理長、一服しましょうか?」私たちはそれぞれタバコを巻いて火をつけました。 

 

 

「管理長、なぜ私たちはこのように生きるべきなのでしょうか?」

 

 

 

「ある意味、中学で学んだ封建社会の奴隷を思い起こさせませんか?追い出されて立ち去り、心がきちんと話せない奴隷…農民の子供たちでさえ野外で働くことを余儀なくされたとしたら、生きることにどんな喜びがあるのでしょうか?」過去2年間で、ヨンチョルと私は心の奥底にあることを分かち合うことができるようになりました。 

 

 

「兄弟よ、他のどこでもそれを大声で言うな。誰かがそれを聞いたら、君は密告されて殺されるかもしれないのだから。」「私は管理長を信頼しているので言っているだけです。他に誰に正直になれますか?最近、私はかなり非人間的だと感じています。この犬のような生活はこれから変わるのでしょうか。」 

 

「兄弟よ、状況はいつか良くなるだろう。私はこの仕事をやめることも考えている。もうやっていられない。私が留まると、あの経営委員長と同じくらい残忍になるのではないかと恐れている」と私は言いました。二人は座って約1時間話をしました。突然、誰かが緊急に「クムスク!」と叫ぶのが聞こえました。振り返ると、血を吐いたクムスクが畑に横たわっているのが見えました。ヨンチョルと私は彼女に駆け寄りました。私たちは彼女の意識を戻そうとし、「どうしたの?目を開けて」と言い続けました。その間、課のメンバーや他の労働者が私たちの周りに集まってきました。「クムスク、どうしたんですか?死なないで!ああ、どうすればいいのだろう?」...

 

医学の知識を持っている人は緊急治療をしようとしました。私はパニックになって叫んでいたので、彼女を背負って病院に駆け込みました。病院では、医師が彼女にCPRといくつかの注射をしました。「先生!彼女は大丈夫でしょうか?」急いで聞いたら、白髪だらけの医者が「難しいだろう。彼女は血を吐いたし、病気は長く続いていたようだ。だが、私は最善を尽くします。」

 

 

 

 

 

私は絶望に陥りました。言葉では言い表せませんが、彼女を家から引きずり出すのは自分のせいだと感じました。なぜ経営委員長を頑固に納得させることができなかったのでしょうか。私は彼と議論し、彼女を家に留めるためにあらゆることをするべきでした。私は自分の無能さと弱さを恥じていました。 

 

「先生、この女性は死ぬことはできません。彼女が死んだら、娘はどうなるですか?」心配で私は泣きました。すると、かすかなうめき声が聞こえました。「ボメ...」クム・スクは無意識のうちに自分の子供を呼んでいました。涙が私の目から手に負えないほど落ちました。彼女の体が病んでいるにもかかわらず、彼女は信じられないほどの決意を持って働きました。必死の苦しみの中で、彼女は娘に彼女と死んだ父親の愛の分け前を与えようとしました…そして今、彼女は静かに死にかけていました。かわいそうなクムスク。彼女はもっと生きる日があったはずだった。彼女はそのような若い年齢で、最後の言葉もなく、彼女が憤慨した世の中を自由に批判することができずに死にかけていました。

 

しばらくして、彼女は息を引き取りました。彼女には、彼女を悼む両親や兄弟がいませんでした。セクションのメンバーは貧しい女性のために涙を流しました。すぐに、党書記(리당비서)と議長が病院に入りました。議長からの死の知らせを聞いた秘書は、次のように述べています。

 

「彼女は国のために忠実に働いていて、職務で亡くなりました。私たちのクムスクを決して忘れないようにしましょう。」

 

忠誠と愛国心とはどういう意味でしたか?飢えに苦しんでいる間、誰のために働いて死んでいたのですか?この国では、忠誠と愛国心が盲目的な忠誠心に具現化され、飢餓に耐え、人々は死ぬまで働かされています。貧しいクム・スクを死に追いやったにもかかわらず、会長は威厳を持って背を伸ばして立っていました。クムスクの娘のボメは世界の間違った場所で生まれたために足が不自由だっただけでなく、残酷な世界が彼女の両親を連れ去りました。

 

 

 

 

炎が私の目に燃え上がり、憤慨と欲求不満が私の中に満ちていました。悲しいことに、私は自分の心を話すことができませんでした。生きるためには、自分の気持ちや考えを抑えることしかできませんでした。この不当について書くことは、私がその時に感じた怒りと欲求不満を復活させます。その土地では、多くのクムスクが声を上げることがなく毎日死んでいきます。

 

私はその苦情の地を嘆き、私の前に逝った多くの魂を追悼して頭を下げます。どこにいても、ボメに同情心を感じずにはいられません。いつになったら、私たちは彼女たちのような貧しい魂を救うことができるのでしょうか。

 

(終)

 
 
 

 

友好的になるために、私は結局、怠惰なフレーズを話しました。彼女は私に奇妙な笑顔を与え、「難しいことは何もありません。数日間は私は機能しないことを知っておいてください。」私はそれを聞いて機嫌が悪かったのですが、受け入れるしかありませんでした。初日から親密な会話が期待できなかったので、一言も言わずに家を出ました。

 

家に帰って、私は彼女のあざけりの顔と彼女の冷たい態度について考え続けました。管理長としての仕事はこれが初めてだと思い、落ち着きを感じました。そして、ヨンチョルがほのめかした他の理由を知りたくなりました。このように夜を過ごしたくなかったので、アルコールを一本飲んでヨンチョルの家に行きたくなりました。ヨンチョルは真夜中に私を見てとても驚いた。「兄弟よ。私は管理長としての私の義務を忠実に果たす方法について君のアドバイスが必要だ。私はまだ若く、農業の経験はあまりない。セクションの操作についてもよくわからない。兄として、そして先輩として私を助けてほしい。」

 

 

私はこのように言い訳をして、ボトルを取り出しました。ヨンチョルはあまり酒好きではありませんでした。彼の言葉は2番目のグラスの後で不明瞭になり始めました。今がその時だと思いました。仏像でさえ酔うとしゃべると言われているので、「兄弟よ、今日クムスクの家に行ったのだが、家の中は酷かった。彼女の娘は別の話だ。彼女は3歳か4歳くらいに違いないが、とても可哀想だった。彼女の夫がそこにいれば、事態はそれほど悪くはないだろうに。なぜミョンホは盗みを働いたのか?」ヨンチョルはすでにほろ酔いでした。

 

 

 

 

 

「ミョンホは突然発作を起こしたのです。」 「なぜ彼はそんなに怒ったのですか?」 「その夜、彼は研究センターを監視しに行きました(北朝鮮では、企業の細分化が金日成研究室を交互に守っています)。作戦のリーダーはミョンホに仕事を手伝うように近づきました。リーダーは彼に、倉庫に米の種を2袋詰めるように言いました。ミョンホが終わったとき、リーダーは彼に車が来るのを待ってそれを拾うように言いました。しばらくして、車がやって来て、彼はその車が軍のグループ秘書のものであることに気づきました。彼はなぜ彼らがバッグを送っているのかと尋ねたところ、それは軍のグループ秘書の娘の結婚式のためだったと言われました。ミョンホはこれを聞いて激怒したのです。」

 

「貧しい人々は出産後、妻を養うための米さえ見つけることができないのに、党幹部は娘の結婚式に国の米を使用していました。そして彼らは私たちに社会主義システムを保護するように命じています。彼らが米の備蓄を利用できるのであれば、私も利用できるはずです。結局のところ、私たちは実際に米を栽培した正当な所有者です。そして、ミョンホは作戦リーダーに米を要求しました。彼はなんとか鞄を手に入れましたが、出て行く途中でパトロールに捕まりました。袋に入った稲の種だったので、稲作を台無しにしようと企てたとして逮捕され、裁判にかけられました。ミョンホは新聞社に作戦指導者とグループ秘書について話しましたが、ミョンホだけが罰せられました。」

 

 

 

 

「こんな状況で、誰がエリートに指を向けることをあえてするでしょうか?貧しい人々は常に犠牲者です。私たちは、彼が刑期を終えたら戻ってくるだろうと考えましたが、彼は長続きせず、昨年亡くなりました。」 私はこう聞きました。「君が言うように本当にそのような出来事があったのなら、それを中央当局に報告することはできないのか?」 「クムスクは市町村レベルで試みましたが、人々は自分の利益にばかり固執するため、効果がありませんでした。」

 

私は言葉を失いました。私はそのようなことが起こっていると聞いただけでした。これが私の近くで起こったと思うのは衝撃的でした。ヨンチョルは私が取り乱しているのを見て、話し続けました。「出産後わずか数日で夫が連れ去られるのを見て、クムスクは肉体的そして精神的に病気になり、結核にかかりました。あなたは彼女の娘を見ましたね? 4歳なのに、彼女は栄養失調のためにまっすぐに立つことさえできません。その少女は死んでいるよりも悪いかもしれません。彼女たちは死を待っているだけであり、恐れることは何も残っていません。前のセクションリーダーは、クムスクをグループの一員とは考えていませんでした。注意してください。そうしないと、屈辱を受けるだけかもしれません。」私の心の中に彼女への同情が生まれました。私はヨンチョルの言葉に耳を傾け、彼女が望むように生きることを決心しました。

 

 

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 
 

 

「具体的に教えてくれ。チェ・ミョンホが盗んでいたのなら、クムスクは何が起こっているのかを知っていたに違いない。どうして彼女は彼を止めなかったのか?汚い盗みよりもきれいな物乞いの方がいいと言われているが、どうしてそんな愚かさを犯したのか。そして、盗んだのは米の種らしいが、「農民は死ぬが、種は最初に芽を出し、次に死ぬ」ということわざがある。どんな農民も種を盗むことは許されない。」私は気づかずに怒り狂いました。

 

 

ヨンチョルは慎重な目で私の顔をじっと見つめ、「同じことを経験したなら、盗むだけでなく、誰かを奪うでしょう」と答えました。「どういう意味だ?彼にはどんなことが起こったのか?」私は彼に真剣に尋ねた。「とても悲しいことです。チェ・ミョンホと私は中学生の同級生でした。学校を卒業した後、彼は軍隊に10年間勤めました。彼がついに戻ってきたとき、彼を迎える魂は家にいませんでした。彼は一人っ子であり、彼の両親は「苦難の行軍(北朝鮮最悪の飢餓)」の間に飢えて死にました。ミョンホは帰郷しましたが、泣くしかありませんでした。眠る場所も食べるものもないので、彼は友人の家の間をさまよって眠り、傷ついた心を鎮めるために昼夜を問わず酒を飲みました。」

 

 

「彼に同情と親切を示したのは、近くに住んでいて彼と仲良くしていたクムスクだけでした。その時、クムスクは未亡人の母親を亡くし、同じ状況にあったミョンホを理解することができました。彼女は彼を慰め、世話をしようとした。当然、ふたりはお互いに頼り、理解するようになりました。彼らは正式に結婚する前に家族を始めることになった。彼らには何もありませんでした、そしてそれは乏しい生計でした。しかし2人は感謝して、互いが貴重であると考えていました。しかし、彼らの至福の生活は長くは続きませんでした。王でさえ貧困を治すことはできないと言われています。貧困がすべての問題の原因となりました。」

 

 

 

 

 

「ミョンホの事件の日は、クムスクが赤ちゃんを出産した日でした。彼女は娘を産んだ…最初の娘は「黄金の少女」であり、ミョンホは恍惚としたはずだったが、代わりに彼の心は重かったのです。痩せ細った彼女に米と海藻のスープを提供することはできるはずもなく、彼らは食べるトウモロコシの粒さえ持っていませんでした。彼らは草のお粥で暮らしていましたが、彼は母親になったクムスクに同じことを与えることにはもっと耐えられませんでした。彼は周りに尋ねましたが、困難な時期に人々は無関心になり、貧しい彼らにご飯を分けてくれる人は誰もいませんでした。」

 

 

 

 

「その日、友達が3kgのご飯と海苔を持ってきてくれたので、それを見て子供のように泣いたミョンホを忘れることはありません。誰も元気に暮らしていなかったし、それ以上集まらなかったのが残念でした。ミョンホが私のところに来て、家族を養うことすらできなかった彼のような人にとっては罪だと涙を流して告白しました。それが彼が盗みを働くようになった理由です。」

 

 

 

 

 

ヨンチョルの目には突然の感情の爆発が見られました。私は話を聞いて、ミョンホが何を盗もうとしたのかを感じました。ヨンチョルは「もちろんそれが基本的な問題でしたが、他の要因もありました」と再び話しました。 「他の要因とはどういう意味だ?」私は驚いて尋ねましたが、彼は話すことを躊躇しているようでした。みんなと共有できないものだったに違いありません。私は答えを求めるのをやめました。理由が何であれ、ヨンチョルの話を聞いた後、クムスクに対する私の不快な気持ちは消え、私は単に彼女を哀れに思いました。彼女は今どこにいるのだろうと思いました。

 

一日の終わりに仕事をまとめているときに、セクションメンバーの顔をもう一度注意深く見ました。ヨンチョルが前に述べたように、すべての顔は活力に欠けていました。 「これらのメンバーたちはクムスクのような経験をして来たのであろうか?これらの人々とうまく働くために私には何ができるだろうか?彼らを前進させるために必要なものはなんだろうか?」私は考えました。

 

絶好の機会のように思えたものはすぐに消えました。希望が1日も続かなかったなんて信じられませんでした。しかし、現実は現実です。運営委員会(農園経営普及団体)の会合に出席し、帰宅したのは夜遅くでした。仕事の初日の後、私の心はあまり平和ではありませんでした。突然、クムスクが頭をよぎりました。私は服を着て彼女の家に向かいました。

 

遅刻しましたが、幸い彼女の家から石油ランプが光っていました。彼女は遅く帰宅したのだろうかと思いました。「誰か家にいますか?」家に入ると、ある女性が夜遅くに誰が女性の家に来るのだろうと思っているように私を見つめました。彼女の顔はきらめくランプライトでやせ衰えたように見え、頬骨だけが目立ちました。

 

 

 

 

頬骨は浮き出ているものの、頰肉はなくこけています。ヨンチョルによれば、彼女は30代半ばから後半にいたに違いありませんが、彼女の顔は非常に老けて見えました。私は本能的に家の周りをざっと見ました。灯油ランプの煙が壁と天井を黒くし、キッチンは泥でできていて、青いビニールの破片がサムファトー(3種類の泥を混ぜて作った北朝鮮の床)の裏地のリノリウムをぎこちなくしていました。

 

 

生活水準の低さは一目でわかりました。彼女の前には3歳か4歳の小さな女の子がいました。彼女はあまりにもやせ衰えていたので私は鳥肌が立ちました。状況を理解した後、彼女がご飯を食べたかどうか尋ねるまで、私はしばらく唖然としました。それから彼女は私に奇妙な表情を見せて、私が誰であるか尋ねました。「ああ…はい。私は新しいクラス1セクション2の管理長です。今日はあなたが働いているのを見なかったので、あなたに会いに来ました。今日はどこにいましたか?」

 

 

 

 

「体調が悪かったので、仕事に行けませんでした」と、彼女は冷静に答えました。このようにして生き残るのは大変だったに違いありませんが、彼女は私のような人とは付き合いたくないのではないかと思いました。理由はわかりませんが、この女性に心を込めてやりたかったのです。 「見てください。ここでは色々と大変なようです。何が問題なのか教えてください。各セクションは家族のようなものだと言っています、おそらく私があなたを助けることができる何かがあるでしょう。セクションがうまく機能することは重要ですが、労働者の家族のニーズも満たす必要があります。一緒に困難な状況を乗り越えましょう。」

 

 

(続く)


 

 
 

北朝鮮を出てからもう半年が経ちました。

 

韓国政府と国民の励ましと支援のおかげで、私はハナウォン(脱北者が韓国社会に適応するために一定期間学び過ごす施設)で勉強し、生活しています。

 

まるで夢が叶ったようです。自由が抑圧され、ほとんど生き残れなかった私のような人にとって、韓国は天国のように感じます。しかし、北での困難と多くを失ったにもかかわらず、私は故郷である北朝鮮への愛情と恋しさが薄れることはありません。

 

 

 

 

私は北のヤル川岸の内陸にある小さな農村で育ちました。昔、この場所は美しい景観と肥沃な土壌で有名であり、人々はここに住む人々を羨ましがっていました。しかし今、人々と土地の両方が見捨てられ、傷ついていると感じています。

 

兵役に費やした時間を除けば、私は文字通り他のどこにもいませんでした。私はこの生まれ故郷で農業を学び、管理人として長年過ごしました。人々はよく故郷についてロマンチックな思い出として記憶しようとします。しかし、私のような北朝鮮人の記憶の中には、非常に残酷な出来事だけが埋め込まれているので、美しい思い出などないのです。

 

 

思い出の中でも特に忘れられない一例がありますが、それはある不幸な女性の話です。

 

この女性に起こったことは壊滅的であり、私の痕跡が彼女の短い人生に絡み合っているので、彼女の記憶が私の心を深く突き刺しているのではないかと思います。

 

もし彼女が今日生きていたら、彼女は30代後半になるでしょう。彼女は平凡で平均的な農民でした。名前はグムスクといいました。

 

彼女に初めて会ったのは、農場の管理人に任命された初日でした。約5年前の夜明けで、冷たい春の風が大気を冷たくし、物事が生き返るにつれて山や丘が緑に変わっていました。 

 

代表が来て、就任発表のためにグループに話しかけました。「よく聞け!私たちが愛し尊敬している将軍様と党の高い政治的信頼と配慮に基づき、以前リーユースリーグで働いていたグァンミョン兄弟が管理人に任命された。同志(北朝鮮で互いを呼ぶときに使われる言葉)は積極的に従う必要がある。新しいセクションマネージャーの約束と党の要望に従いなさい。」

 

 

 

 

ぼんやりとした顔で、メンバーの部屋を見回しました。目の前に立つ一人一人に特に気を配りながら、私は「私は若くて経験が浅いので、仲間の助けが必要です。私たちはお互いに助け合い、一緒にうまく働き、良い進歩を遂げるように促すことができることを願っています。」と言いました。それから私たちはグループの出席を取り始めました。 20人のうち1人は欠席しました。 

 

「管理長が来ているのにこの場に来ていないとは何事だ?」と私は激怒しました。 「なぜこの同志が行方不明なのか」と大声で尋ねました。「彼女は非常に病気だと思います。かなり頻繁に欠席していますから…」と最年長のメンバーであるサンオクは答えました。私は眉をひそめ、副課長を務めたヨンチョルにクムスクのファイルを見せてくれるように頼みました。彼女のファイルにはレポートありませんでした。

 

「医療記録がない場合、彼女が病気であるとどうやって信じることができるのか。これはずる休みだろう。この忙しい農業の季節に、どうしたらそんなことができるのか。君たちは注意しなさい。私がここの課長である限り、許可なく欠席した者は許されない。私たちがいる時代を思い出してください。私たちは、帝国主義者の孤立した暗殺計画から社会主義システムを守ることができるかどうかが決定される決定的な瞬間にいるのだ!革命の精神が欠けている場合、どうしたら将軍に忠誠を尽くし、赤軍を支持することができるか?私たち全員が私たちの革命的な決意をしっかりと受け止め、割り当てられた革命的な義務の遂行に専念しなければならない。」

 

これらの政治声明は私の口から自然に出てきました。このような革命的な言葉で青年同盟のメンバーを鼓舞する習慣がありました。セクションのメンバーは、同様の言葉を何百万回も聞いたことがあるに違いありません。彼らは何の反応もなく立ったままでした。これらの人々を統治するのは難しいだろうと自分自身思い、私はメンバーにその日の仕事を与え、彼らを仕事に送りました。それから、ヨンチョルを連れてクムスクの家に向かいました。

 

 

 

 

私は最初から適切なトーンで話すことに決めていました。農場の近代的な居住区の後ろには、人間には住めないように見えるぼろぼろの家がありました。病気で出勤できなかったクムスクはどこにも見えず、玄関のドアは外から施錠されていました。

 

私はかなり激怒しました。「その女はどんな人なんだ?」ヨンチョルに聞きました。ヨンチョルはため息をつき、「憤慨しすぎないでください。彼女の話を知っているなら、それはとても悲しいことです。」 と言いました。

 

「クムスクは小さい頃から、彼女と私は同じ近所に住んでいました。彼女は優しい心を持ち、一生懸命働きました。しかし、彼女は人生で多くの困難を経験し、彼女の体と心の両方が病気になりました。率直に言って、他にも時々仕事に就けないメンバーがたくさんいます。今日、党書記が新しい課長を連れてきたので、誰もが仕事に来ることを余儀なくされました。今日管理長(私)はメンバーの顔をご覧になりましたが、元気いっぱいの人はいましたか?食料が不足しているため、ほとんどの人はお粥からかろうじて生き残っています。彼らのセクションリーダーになるのは簡単なことではありません。」

 

ヨンチョルはタバコの袋から強力なタバコの葉を取り出し、自分でタバコを包み始め、私にもいくつかをくれました。彼は刺激的で苦い煙を吐き出し始め、まるで彼がそれを経験した人であるかのように彼の話を続けました。

 

「クムスクの夫は改革センターで亡くなりました。約2年前、作業室から2袋の米を盗んだために裁判にかけられたチェ・ミョンホのことを聞いたことがありますか?」私は思い出しました。

 

金正日の国家政策は、農産物への侵入の試みを完全に排除するように設定されました。治安法令は、加害者が銃殺隊によって公開処刑されることを発表しました。その結果、ほぼすべての市と郡で公開処刑が行われ、多くの人々が改革センターと労働収容所に連れて行かれました。

 

私たちの農場では、チェ・ミョンホが捕まり、3年の禁固刑を言い渡されました。チェ・ミョンホはクムスクの夫でした…私はチェ・ミョンホが穀物泥棒であることを知っていました。私は職場で見守らなければならないクムスクについてもっと詳しく知りたいと思いました。 

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 


 

 
 

4人の警備員との激しい戦い、そして韓国大使館に入る!

 

 

私は偽の書類を持っていた姉を追いかけ、偽の身分証明書を持っていました。私の母と二番目の姉は、顔が青ざめていましたが、慎重に私たちから少し離れていました。正門に近づくと、鼓動の音が聞こえてきました。足が震えました。私の姉は警備員に近づきました。 2人の警備員が彼女にIDを尋ねました。

 

その瞬間、彼女は門を通り抜けながら、警備員に「私の妹はすべての書類を持っている」と何気なく話しました。それはすべて一瞬で起こりました。警備員は私を見ました。私は緊張していました。私は書類を手渡して、警備員の言葉を無視して入って行きました。

 

警備員はこう言いました。「あなたは確認された後に入ることができる。」

 

 

 

 

二人の警備員は「そこの二人、止まりなさい!」と叫びました。彼らが私たちを追いかけ、姉と私はその建物に向かって走りました。正門から建物までの距離はわずか20メートルでしたが、当時は10里(〜5000メートル)のように感じました。

 

 

 

建物の門からの他の2人の警備員(両方とも約6フィートの高さ)が私たちが来るのを見た時、2人の警備員はもう追いつくところでした。姉が最初に近づいたとき、彼らは中国語で「あなたはここでどんなビジネスをしているのですか?」と尋ねました。姉は「韓国訪問を申し込むために…」とつぶやき、警備員を押しのけて入国しようとしました。

 

 

 

私も同時に2人の警備員を押しましたが、捕まりました。正門の警備員が到着するまでに、姉と私はそれぞれ2人の警備員に捕まりそこで争いが始まりました。私たちは「助けてください!」と叫びました。力がどこから来たのかはわかりませんが、二人の男はしっかりと私を抑えることができませんでした。

 

 

 

 

苦労しながら、姉が警備員から解放されて大使館に駆け込むことに成功したのを垣間見ました。それから私は騒ぎの間に私の二番目の姉と母も大使館に忍び込むことができたことに気づきました。外に残っているのはたった一人だったので、4人の警備員が私を捕らえにきました。私は入り口のドアノブを握っていたので、4人の男が私を引っ張る力がなかったら、すぐに入ることができたでしょう。捕らえられた私はすぐに入り口から遠ざかっていることに気づきました。

 

「助けて!」私が叫んだとき、私の母と私の2人の姉妹は私がいないことにすぐに気がつきました。彼らは警備員に向かって走り出しました。母は警備員の髪の毛を引っ張り、姉妹は他の警備員をひどく噛みました。その瞬間、私は自分の体が軽くなったのを感じました。

 

その瞬間、警備員は私を解放しました。私はその瞬間建物にぶつかり、顔を前に出し、体が地面に倒れそうになりました。そして、私は韓国人の男性を見つけました。彼は中国人よりも白い顔色をしていて、清潔できちんとしたスーツを着ていました。このハンサムな男はロビーから私たちを見ていました。

 

 

 

 

(後に、韓国と中国の外交関係を考慮し韓国大使館は脱北者を助けることができないことを知りましたが、彼らが建物にうまく入ることができた場合、大使館によって保護されます。)

 

 

私の頭の中で、私たちが彼の元に行けば、私たちは生きることができるだろうと私は知っていました。私たちは全力で彼に向かって走りました。

 

 

私たち4人は成功しました。私たちはお互いに抱き合って涙を流し、心から泣きました。それから私たちは外からサイレンの音を聞き、中国のパトカーが外に駐車しているのを見ました。警察は建物に入ることができませんでしたが、外で待っていた残りの人々をつかみ、一人一人を徹底的に検査しました。

 

領事館の職員は私の背中を軽くたたき、穏やかに落ち着くように言って、私たちがどこから来たのか尋ねました。

 

「北朝鮮から」と一斉に声が震え、涙が溢れました。私たちは調査室に案内されました。昼食の時間だったので、私たちは4杯の冷たい麺を提供されました。氷が浮かんでいて美味しくて涼しげに見えましたが、食べられませんでした。すべてが夢のように感じました。

 

 

 

 

正門から建物までの距離を考えると、ドラマチックな入り口はたったの3分くらいでした。しかし、私にとっては、人生で最も長い期間でした。後遺症として、正門からビルまでどうやって来たのかは覚えていますが、どうやってロビーに入ったのか全く思い出せませんでした。

 

それは恐ろしい出来事でした。失敗したら地獄の恐怖を危険にさらした経験でした。大使館への「侵入」は、2002年10月25日の昼食時に行われ、大使館はこの事件の直後に閉鎖されたと聞きました。

 

私たちが今持っているこの自由を手に入れるには、私たちに多くの困難と苦しみがかかりました。世界的な文明と啓蒙の時代のこの21世紀において、私たち4人は、そのような時代に入るために私たち自身の命を勇敢に危険にさらしてきました。今考えてみると、同じ勇気と絶望を思い起こさせることはできないと思います。しかし、そのような困難を乗り越えてきた脱北者は、韓国に住むことを恐れず、生きる意欲が非常に強いことは明らかです。

 

統一が成し遂げられるまで、そして父と出会うまで、勇敢に歩んだこの自由への道を無駄にせず、私たちは毎日真剣に生きていきます。

 

 

 

 

 

翻訳:Christal S.Yim

 

4年後に韓国に行くことを決めた

 

 

 

2002年10月、KBS衛星放送のニュースは、韓国に行くためにモンゴル大使館に駆け込んだ脱北者の一部を報じました。私たちも韓国に行くことを母親に懇願し、「ここでは国籍すら与えられなく、捕まるのを恐れて生きるのは難しいでしょう。お母さん、韓国に行きましょう。」姉の主張で数日間熟考し、ついに行くことにしました。

 

 

 

 

Cheolryeoから北京まで電車に乗りました。到着したとき、「韓国大使館近くの旅館」や「安い旅館、1日50ウォン」などの韓国広告が書かれた掲示板を持って立っている韓国人がたくさんいました。なかでも韓国大使館に一番近い旅館を選びました。宿で荷物を開梱し、大使館の場所を宿屋の主人に聞きました。宿屋の主人からの疑惑を避けるため、必需品は宿に残しました。

 

大使館の前に到着した時、周囲をうかがっていたため緊張しました。大使館の門は非常に小さく、一度に一人しか通り抜けることができませんでした。外側の金属製の門は、2人の中国人警官(警備員)によって外側から守られており、一度に複数の人が入るのを防ぐために、金属製の門はわずかに半開きでした。

 

ゲートから約100メートル離れたところに合計4人の警官と2台のパトカーが駐屯していました。外側のゲートで書類がチェックされ、合格した場合は建物のゲートで別のチェックが行われるのです。

 

 

 

 

監視し続ける警備員たちに対し、私たちは無関心を装いましたが、それらの中国人警官は決して彼らの位置から離れませんでした。セキュリティは、私たちが予想し、計画していたよりもはるかに厳格でした。午前9時過ぎの2日目に大使館に戻りましたが、その日も失敗しました。また、旅館や食料の費用も足りず、もう1日はほとんど持ちこたえられませんでした。

 

 

母は私たちが計画全体をあきらめることを提案しました。万が一、試みに失敗したら、全員が北朝鮮に送還され北朝鮮で射殺されることは間違いありません。 3日目、二番目の姉が目を覚まし、奇妙な夢を見たと言いました。彼女の夢の中で、彼女は巨大な馬がその小さな門をゆっくりと通り抜けるのを見ました。久しぶりに静かに笑いました。彼女は馬の年に生まれたのです。

 

 

私たち4人はお互いに手を取り合って、この世界のどこかに存在するかもしれない神に懇願しました。旅館から一握りの塩を盗み、住居を出るときにスプレーしました。これらすべての儀式があっても、大使館の安全は依然として厳しいものでした。正門を通過するには、書類が必要です。当時、私は偽の身分証明書を持っていて、大使館近くのさまざまな種類の書類を販売している店からランダムな書類を購入することができました。私はその文書を茶色の封筒に入れました。

 

 

 

昼食の時間に近づくと、4人の警備員のうち2人が昼食を取りに行きました。私たちは正門からかなり離れた路地にいました。そこで私の姉は、「お母さん、ジョンスクと私は最初に文書を提出するので、2番目の(姉)と一緒に私に従ってください。これ以上遅らせることはできません。今がチャンスです。」それから彼女は大きな歩幅で正門に向かって歩きました。

 

 

4人の警備員との激しい戦いが今始まったのです!

 

 (続き)

 

 

 
 

母から引き離され人身売買の被害に遭った

 

 

家のすぐ外ですでに2台のタクシーが私たちを待っていました。

 

タクシーの1つに同行した女性は、母は後者のタクシーに乗らなければならず、私の妹と私は前のタクシーに乗らなければならないと言いました。離れることはできないと言ったのに、一緒に乗って警察の車検に巻き込まれると、タクシーの運転手が通訳してくれないと警告してくれました。それで、私の母は後者のタクシーに乗ることを余儀なくされました。

 

 

大きな交差点で、姉と私が無意識のうちに頭を向けて、母のタクシーが私たちの後ろを追いかけていることを確認したとき、私たちは青信号を待っていました。そして、恐ろしいことに、私たちのタクシーは突然Uターンし、私たちから離れてスピードを出しているのに気づきました。 「何が起きているの?!」と必死に叫びました。

 

 

 

 

そして、このように母親から引き離されたため、提供された食事をスプーン一杯も口にすることができないままハルビンに行くバスに乗り換えました。 1998年6月28日午前11時にハルビンに到着しました。それから電車に乗り、チョリョと呼ばれる目的地までさらに4時間移動しました。姉と私はチョリョの地元の家に連れて行かれました。

 

 

家は家族のような人々と一緒に2人の中国人男性で混雑していました。そして私の妹と私はちょうど何が起こっているのか理解せずにお金を交換しているそれらの人々を見つめていました。当時、「人身売買」という言葉は私たちが聞いたことがなく、その意味を知らなかった言葉でした。

 

2人の男性のうちの1人は32歳で、もう1人は28歳でした。 28歳はギャングのように見え、身長は170cmに達することはほとんどなく、体重は約100kgである可能性が高いような男でした。簡単に言えば、彼は愚かな豚のように見えました。二人の男は私たちを大きなショッピングモールに連れて行き、私たちに服を買って、地元の写真スタジオで写真を撮らせました。

 

そして、姉は別の場所に行かなければならないと言われました。そして、彼女は32歳の男性に、私は28歳のギャングのような男性に売られました。私は必死に泣き、姉にしがみつきました。 32歳の男性は私たちが心配しないように、お互いに会って一緒にたむろすることを約束しました。当時、姉は21歳、私は18歳でした。

 

 

 

 

 

 

離婚以来、姉と私は電話で連絡を取り合っており、1998年8月のある日、彼女が私に電話をかけてきました。私の姉は、32歳の男性に数日間涙を流して私たちの母親を見つけるように懇願していたと言い、彼はついにそうしました。しかし、私たちの母親を連れて行った太った女性は、母を2000元で売ると言いました。私を買った性格の悪い男は寄付を拒否したので、姉の側がすべてを支払いました。娘が自分の母親を買うというこのばかげた状況を経験するのは悲劇的でした。

 

母の到着予定日、私たちはチョリョに到着した最初の家に行きました。 1時ごろ、手荷物車が到着しました。ドアが開くと、私たちを売った女性が出てきて母が現れました。 2か月会わなかっただけで、母親の前髪は完全に白くなり、目は垂れ下がっていました。それから別の女性が母を追って現れました、そしてそれは…私の姉でした!

 

私たち4人は抱き合ってしばらく泣きました。私たちは静かな部屋に入り、姉は彼女がどのように母に会ったか、そして何が起こったのかを私たちに話しました。母は私たちと引き離されたあの日以来何が起こったのかを私たちに話しました。

 

 

母は私たちが一時滞在したヤンジの住宅街に連れ戻されました。母は自分を私たちのいる場所に連れ戻すように懇願しましたが、無駄でした。これらの人身売買業者は私と私の妹を売ろうとしていましたが、母親は価格を大幅に下げたので、代わりに彼女を連れ去らなければなりませんでした。

 

 

 

 

離れた後、母は食事ができず、ただ泣きました。母は小説の「一晩で耳の後ろの髪が白くなった」との説明を引用し、架空のものだと思いましたが、彼女の場合、たった2日で前髪が突然白くなりました。

 

そして3日間の追悼の後、家の扉が突然開き、長女が泣きながらやって来ました。そのようにして、母と娘は出会い、それ以来ずっと一緒にいました。2か月間、彼らは売られまた離れ離れになるのではないかと恐れて、一晩中お互いを見守っていました。

 

 

 

豆満江を渡ってからの姉の話

 

 

 

姉の話は、私が北朝鮮で聞いていた話とはまったく異なっていました。国境を越えると、彼女を助けた人々は警備員に賄賂を渡したので彼女にお金を要求しました。彼女は私たちが行ったのと同じ場所(屋根裏部屋)に隠れ、翌日(私たち3人が中国に来る前日)、韓国人がいないが中国人だけが住んでいた町の男性に売られました。

 

 

男は姉に美味しいパンと炭酸飲料をくれました。どれも生まれて初めて見たものでした。彼女は妹と母親のことを考えて、ケーキ、キャンディー、バナナなど、男性からの美味しそうなお菓子をすべて紙袋に保存しました。彼女は北朝鮮に戻ったときに、母親と私にあげたかったのです。

 

 

約10時間の運転の後、彼女はついに男の住居に到着しました。彼は彼女に住むための別の部屋を与えました。その部屋で、彼女はずっと恐怖で震えていました。 10時間の運転は、彼女が北朝鮮から非常に遠く離れているに違いないことを意味し、彼女は戻る方法を考えることができませんでした。午後10時頃、男は自分の部屋にやってきました。彼が彼女に近づくと、姉はひざまずいて涙を流し、「私の近くに来ないでください!」と言いました。

 

 

優しい顔と心の持ち主の姉を見て、男は彼女に近づくことができませんでした。彼は躊躇し、「そんなに恐れないでください。誰もあなたに触れるつもりはありません。」と部屋を出ました。それから彼は食べ物で満たされた携帯用テーブルを持って戻り、部屋を出ました。姉は安堵の表情を浮かべ、部屋を見回すと壁に十字架がかかっているのが見えました。祈る方法すら知らなかった彼女は、一晩中十字架の前で物乞いをしました。

 

 

 

 

翌日、彼女は窓の外を見ました。その家は二階建てで、彼女はここが裕福な家であるということに気づきました。柵の右側に小さな門がありました。柵と門は鎖でつながれていましたが、その間のスペースは広かったです。その夜、彼女は再び十字架の前にひざまずき、助けを求めました。

 

朝6時、太陽が昇り始めたとき、妹はこっそりと階段を下り、柵のそばの門を抜けました。その時でさえ、彼女はまだケーキ、ミルク、そして果物が入っている紙袋を持っていました。

 

彼女は門を抜けましたが、それ以上行く方法はありませんでした。朝鮮人と思われる人は誰もいないようで、まだ夜明けだったので外に人はあまりいませんでした。人々が通り過ぎるのを待って、彼女が大きな道に向かって走ったとき、彼女は突然涙を流しました。涙が流れ、何をしたらいいのかわからず、足を踏み鳴らしていた。すると突然、朝鮮語が聞こえました。振り返ると韓国人の女性が目の前に立っているのを見ました。

 

姉は彼女の前で泣き叫び、足にすがり、「助けてください、私を救ってください!」と懇願しました。その女性は姉を抱きしめて、人気の少ない路地を彼女と一緒に歩きました。女性は姉に「どこから来たの?」と尋ねました。姉は簡単に経緯を話し、タクシーで吉林の家に連れて行ってくれと懇願しました。彼女は姉のためにタクシー料金を支払ってくれると言いました。

 

そして、彼女は豆満江近くの吉林の家に戻ることができました。彼女が到着したとき、彼女は家の所有者に自分が北朝鮮に戻るつもりであると言いました。それから、家の所有者は彼女の母親と私たちの服を手渡して、私たちがヤンジに行ったことを彼女に伝えました。その知らせで、姉は家の所有者を平手打ちしました。

 

「惨めな金の亡者と泥棒め!私はなぜここに来たのだと思いますか?なぜ私がこれらのケーキやキャンディーを持ってきたと思いますか?北朝鮮に戻り、私の家族に与えるためです!」

 

それは私の母、妹、そして私が2日目をヤンジで過ごした日でした。

 

私たちはお互いにしっかりと抱き合って泣きました。顔は涙で覆われました。姉が私を抱きしめて、「ごめんなさい、私の妹よ。私のせいであなたはこのような場所に売られ、まともな社会生活を経験したことさえないのね。」それから、私が経験したすべての屈辱を思い出したとき、私の涙は新たに溢れました。そのため、私たちは中国で4年間過ごし、もはやどの国にも属していない追放者であるという苦痛と悲しみを十分に経験しました。

 

 

(続く)

 
 
 
 

姉を探して中国に逃げる

 

 

私たちの北朝鮮からの脱出は1998年に始まりました。

 

これは、韓国で自由を見つけるために中国で苦難を経験した私の家族の脱出についての話です。

 

1998年6月、見知らぬ人が私たちの家にやって来ました。彼は中国に行く途中で私たちの姉の仲間であると主張し、私たちに彼女の手紙を手渡しました。

 

 

「親愛なるお母さん、ごめんなさい。お元気ですか?お母さんが私のことをあまり心配して病気にならないことを願っています。お母さんはいつも私たちの家族を養うために重労働に苦しんでいますが、私は与えられた務め以外に何もできませんでした。家族の長女として何もできなくてごめんなさい。」

 

 

「私のボーイフレンドは私と結婚したいと思ってお母さんのサポートを求めていますが、私たちの家族の状態は明らかに困っています。それで、お母さんをさらなる苦痛から解放するために、私は噂を聞いて、私が中国でたった一週間働いてたくさんのお金を稼ぐことを決めました。それで、女性の知人を通して、私はこの手紙を持っている男性に紹介され、彼と一緒に中国に行こうとしました。」

 

 

 

「しかし、私たちが豆満江に入るとすぐに、国境警備隊に捕らえられました。中国との国境で私たちを待っていた韓国人がやって来て、警備員に400ウォンで賄賂を渡して私を解放した。無事に中国に到着しましたが、借金を返済する必要があるため、当初の予定であった1週間以上かかる場合があります。お母さん、待っていてください。私は間違いなくお金を持って戻ってきます。親愛なる姉妹たち、私がそんなに役に立たない姉妹であることを申し訳なく思います。私を待っていてください。美味しいものをたくさんお届けします。お母さんの世話をしてください。」

 

 

手紙はいたるところが汚れていました。私たちは皆その男に非常に激怒し、母は娘がどこにいるかを知るように要求しました。男は、吉林省の豆満江を越えて知人と一緒にいると言いました。彼は私達がそこに行かなければ私達が彼女に会うことができないと言いました。

 

 

実は、私たちは姉のことを心配して48時間起きていました。母は姉を連れ戻すという覚悟を決めていました。「私たちはすでに父を失った。そして今娘の一人が去ったので、私たちの家族は5人から3人に減ろうとしている。私はただ座って見ることはできない。」

 

 

母が姉を探して一人で去った場合、今度は私たちの2人だけになります。そして、母が私たちの姉を見つけられず、戻ることができない場合はどうなるでしょうか?

 

それで、母親は私たちに同行するように頼みました。姉と私は取り残されるのではないかと恐れていたので、私たちは母と一緒に行くことに同意しました。行くためには、ルートや旅行の必需品について話し合う必要がありましたが、私たちの住居は壁が薄すぎて、隣人の話し声は筒抜けでした。

 

 

 

それで私たちは薪を集めるふりをして丘を登りました。丘の中でも誰かから見られている可能性があるため、リュックに枯れた枝を入れたり、たまに集まって計画を話し合ったり、枝を持って地面に描いたりしていました。

 

ようやく降りたとき、私たちは緊張していました。母は私たちのアルバムから特別な写真をいくつか選び、それぞれをプラスチックシートで注意深く包みました。川を渡るときに写真が濡れないようにするためでした。 (当時、私たちの誰も、私たちの父の写真が1枚もなかったことに気づいていませんでした。)

 

 

 

国境警備隊への賄賂と豆満江の横断

 

 

 

チルスンリの丘で、私たちは夜が来るのを待ちました。たまらない暑さで気を失いそうになりました。太陽はすでに丘の上に沈んでいて、辺りは午後8時過ぎにようやく暗くなりました。

 

私たちはすでに国境警備隊の1人に支払いを済ませており、彼が私たちを迎えに来るのを待っていました。午後9時過ぎ、警備員と妹の手紙を渡した男が戻ってきた。私たちはすぐに警備員を丘から川に向かって追いかけ、足音で音を立てないように注意して渡り始めました。

 

 

 

 

川の流れはかなり厳しいものでした。一歩ずつ中国に向かって歩いている間、私たちはお互いの手をしっかりと握りました。水を渡るときの音は、私の心が恐怖で引き締まるほどの雷鳴のようでした。ついに、中国の地が私たちの前にありました。岸に着くと着替えて、最初から案内してくれた男を追いかけ、姉のいるはずの中国の邸宅に向かいました。

 

 

それから母と男は喧嘩しました。彼は私たちの姉は前日にその場所を去ったと言ったからです。私たちは彼女の家からの服や化粧品を含む彼女の持ち物を手渡されました。姉に会うには遅すぎたので、母は私たちをその住居から連れ出しました。彼女の心は再び川を渡って北朝鮮に戻ることに決まっていました。

 

 

家の所有者と私たちを案内してくれた男性は、この時点で中国の警察が豆満江地域をパトロールするだろうと言って、彼女に行かないように懇願しました。母は私たちが日の出前に戻らなければならないと言いました、さもなければ私たちの隣人は私たちの失踪に気づき、そして私たちは刑務所に入れられるでしょう。すると私たちは近くに止まった中国のパトカーからサイレンを聞きました。家の所有者は、警察が家を検査するので、私たちに隠れるように促しました。

 

 

それで私たちは家に戻り、言われた通り屋根裏部屋に隠れました。高さ約1メートルの屋根の下の空間で私たちは完全に沈黙していました。すぐにドアがノックされるのが聞こえ、多くの人が大きな声で中国語で何かを言って押し入り、家の所有者がそれに応えました。足音と声の音が10分間続き、その後沈黙が訪れました。空気のろ過があまりないので、屋根裏部屋はサウナのようでした。

 

 

どのくらいの時間が過ぎたでしょうか。彼は警察がまだ外にいるのでもう少し待たなければならないと言いました。それで、私たちは一晩中屋根裏部屋にとどまり、恐怖を感じて、ほんの少しだけではありますが、眠りに落ちました。午前10時以降、家の所有者は私たちに降りるように言いました。私たちの体はまるで汗のお風呂に浸かったように濡れていました。

 

母親が外の状況を尋ねたところ、家の所有者は警察がまだ近所にいると答えました。彼は警察が言ったことを私たちに教えました。警察は遠くから数人の脱北者を見てこの辺まで来ましたが、彼らがどの家に入ったかはわからなかったようです。

 

家の所有者は私たちに韓国の映画をビデオで見せてくれました。私たちは未熟だったので、姉と私はリラックスし始め、出された食べ物をすべて食べて、映画に没頭しました。

 

 

 

 

日が沈むと、私たちは裏庭を通り抜け、丘を登り、リンゴ園の小さなわらぶき屋根のコテージに身を隠しました。上から見下ろすと、確かに近所をパトカーが3台走っていました。

 

恐ろしかったです。私たちが警察に捕まった場合、特に私たちが才能のある芸術家の家族として有名だったので、私たちは北朝鮮で刑務所に入れられるでしょう。さらに、私たちの親戚も厳しい罰を受けるでしょう。そんな恐怖で一晩中起きていて、朝になると家の持ち主がやってきました。

 

彼は、パトロールの活動が増えたため、彼自身が危険にさらされないように、私たちはもはやここにとどまることができないと私たちに言いました。彼は私たちがヤンジに行かなければならないと言いました。

 

私たちが被ったすべての苦痛について家の所有者にも申し訳なく思っていたので、私たちは同意する以外に選択肢はありませんでした。その夜、私たちは彼が持ってきた服とスニーカーに着替えて、その場を去りました。私たちは丘を登り、一見果てしなく続く道を歩き、車のヘッドライトが通り過ぎるのを見るとすぐに近くの茂みに隠れました。

 

ヘビや昆虫に対する恐怖症を抱えていた私は、茂みに隠れることよりも死んだ方がましでした。時々、私たちは真っ暗闇の中で茂みの中を通ったので、服がほとんど泥で覆われていることに気づきました。

 

それで、ガイドと繋がっているある家のヤンジの繁華街に着きました。母、姉、そして私はいつも一緒に、トイレまで行きました。私たちは離れ離れになることを恐れました。家の所有者は彼の場所に戻り、午後5時までにハルビンまで行く必要があると言われたので、私たちは新しい場所で過ごしました。

 

(続く)

 

 
 
 
 

生死をかけた脱北・豆満江を越えて手にした自由(脱北者の証言)

 

 

お父さんはどこかで生きている

 

 

北朝鮮で壮絶な時代を過ごした後、家族と私が韓国に到着してからもう5年になります。

 

しかし、父と北朝鮮で過ごした日々、豆満江を渡って中国に住んでいた日々、そして仁川国際空港に足を踏み入れたとき、大きく「やったー!」と叫んだ時のことを今でもはっきりと覚えています。壮絶な苦しみの時代を経験したので、忘れられないのかもしれません。

 

 

私たちの家族は、中国に駐在する韓国大使館に100日間滞在した後、2003年1月26日にようやく韓国の仁川空港に到着しました。

 

飛行機が降りてくるのを感じたとき、突然涙が流れました。悲しみが湧き上がった感情と新たに発見された感謝の気持ちが一緒に爆発したに違いありません。

 

 

私たちの身元を政府が1か月間調査し、ハナウォンで3か月間訓練した後(脱北者が新しい韓国社会に適応するのを助けることを目的とした施設)、私たちはこの新しい土地での生活の第一歩を始めました。ついに、私と私の家族の「家」と呼べる場所を見つけたのです。

 

 

 

 

2004年の初夏、私は韓国で幸せと平和な生活を送っていましたが、父を一度も忘れたことはありません。

 

贅沢な白米を初めて食べたときや、父の誕生日を思い出したときも、毎晩父のことを考えてベッドで泣きました。

 

 

最近、私たちのお気に入りのテレビチャンネルは「TheBroadcast」という番組です。私たちは一緒にテレビの前に座り楽しんで観ています。それからある日、2番目の姉が私と一緒に番組に挑戦することを提案して、公式にリクエストをしました。

 

 

それで姉と私はそのテレビ番組に出演することになりました。 Lee Gum-Heeアナウンサーは、私たちがテレビに出演したかった理由を私たちに尋ねました。私たちは中国のどこかで迷子になっているかもしれない私たちの父について話しました。

 

私たちは中国で彼と会うことができなかったことを話し、私たちの父に(カメラに向かって)「この番組を見ているなら、韓国に来てください」と懇願しました。

 

 

その日、私たちはその番組で1位を獲得し、翌週は2位を獲得しました。その後、「王の王」という称号を獲得する寸前で、さらに3回優勝しました。約半年後、ついに北朝鮮の親戚から父に関するニュースを聞きました。

 

 

私たちの父は、テレビで私たちを見て、韓国大使館を通じて韓国に来ようとしたとき、中国にいました。私たちと同じように、彼は大使館の入り口で中国人警官と大きな取っ組み合いをしましたが、捕らえられて北朝鮮に送還されました。

 

 

刑務所では、彼はあらゆる種類の拷問に苦しみ、まだ治癒していない傷に対する絶え間ない殴打は彼の体に深刻な損傷を引き起こし、彼はついに亡くなってしまいました。

 

 

 

 

 

私たちは、ニュースを知っている親戚に対して憎しみさえを感じました。私たちはそのニュースを受け入れることができず、天さえ非難しました。

 

 

私たちの父はとても強い人でした。彼は一回の試みで巨大な牛をノックアウトする力さえ持っていました。なのに、彼はどうして拷問に耐えることができなかったのでしょうか?信じられませんでした。

 

 

私は父に白米を食べさせたり、まともな食事を提供したりする機会がありませんでした。私が提供したのは、大根のピクルスが数個入った、かろうじて目に見える麺の粥でした。

 

 

これよりも悲劇的なことは他にありますか?

 

 

 

(続く)

 
 
 
 
 

鴨緑江の悲しい流れ

 

 

世界はとても豊かでした。

 

 

私は韓国社会についてまだ理解しなければならないことがたくさんありますが、事実として私が知っていることの1つは、ここで食べ物、衣類、燃料について心配する必要がないということです。

 

 

北朝鮮のすべての人を苦しめた飢餓は、韓国では存在していませんでした。ここでは、一生懸命働くほどより多くのお金を稼ぐことができました。手に入るすべてのことに熱心に取り組みました。

 

 

 

 

物事が困難になったり、おいしい食事をしたりするとき、いつもベッドに横になっている父の姿が頭に浮かびました。

 

たくさんの涙を流し、韓国での生活がうまくいっていても十分に楽しむことができませんでした。

 

二人の子どもがいなくなったので、父の世話をすることができる人は誰もいませんでした。頑固に他人の助けを拒否する父の性格を考えると、心が重くなりました。

 

 

私は最初の給料小切手から1,000,000ウォンを受け取り、国境を越えて出会った友人を通して父に送りました。ある日、川を渡ってチャンベクに入ったばかりの友達と電話で話しました。彼の口から出た言葉は私の心を砕きました。

 

 

「君はろくでなしだ、君の父さんはお金よりも子どもを必要としている。どういう意味か分かるか?私たちがここにいるから君の父さんは餓死してはいない。けれど、私たちは彼の息子ではない。どうして君たち二人が逃げることができたのか?」

 

 

私は震えました。年配で病気の父にとっての最大の祝福は、彼が望むときにいつでも彼の2人の息子に会うことでした。父は二人の子どもがもう帰ってくることができない場所に行ったと思って、どれほど悲しくて寂しいのだろうかと思いました。

 

私は数ヶ月苦しみ、ついに決心しました。

 

私は貯金をすべて使い切って、中国行きの飛行機のチケットを購入しました。

 

 

 

 

チャンベクに到着し、1週間の慎重な計画の後、なんとか父が脱北するのを手伝うことができました。

 

 

真夜中過ぎに、韓国人が運転するタクシーに乗って、人里離れた田舎の村に到着しました。中国人の避難者が住んでいたこの場所から、鴨緑江の流れを一目で見ることができました。

 

 

泣き声のような川の水の流れを聞いて、川を渡ったばかりの父を腕に抱き、涙を流しました。

 

父には骨しか残っておらず、彼の縮んだ体が私の心に響き渡りました。父を無事に韓国に連れて行くことができれば、息子としてはできなかった適切な愛情を父に与えるでしょう。

 

父が一人で耐えなければならなかった2年間を埋め合わせると自分に言い聞かせ、父をタクシーに連れて行った。

 

 

次の瞬間、私は父の目に冷たい視線に気づきました。暗い夜でしたが、私は彼の視界に一瞬慌てました。父の目をじっと見つめていると、最悪の事態を想像しました。

 

 

"私をどこへ連れて行くんだ?"

 

 

彼は本当に知りませんか?それとも、彼は私の行動に反対しているのでそう言っているのでしょうか?たくさんの考えが糸のようにごちゃ混ぜになりました。

 

 

「私はお父さんを他の場所に連れて行くことになりました。」

 

「どこへ?」

 

「お父さん!」

 

「私はお前の気持ちを理解しているが、私はここから去ることはできない。」

 

「なぜ?なぜお父さんはここを去ることができないのですか?行きましょう。もう不貞な息子になりたくないのです。」

 

「それはわかっている。それでも、チョンリョン、私は去ることができない。」

 

 

父は振り返りました。私たちの前には、鴨緑江の轟音が激しい音を立てていました。

 

 

「私はお前の顔を見るためだけに川を渡った。私はお前に会い、話すこともできた。もちろん息子のいるところに行きたいが、亡くなった私の父が埋葬されている土地を離れることはできない。祖国を離れることはできない。」

 

 

「お父さん!」

 

 

私は父の前にひざまずきました。

 

 

父は震える肩に手を置き、一言も言わずに私を撫でました。私は父の目を見ていました。

 

そんな深い物語を心に刻んだ父の英雄的精神を決して忘れません。

 

私の父が決して話さなかったすべての言葉、私は今理解しています。

 

 

 

「私がお前たちと一緒に行くことを私に押し付けないでくれ。二人が幸せな生活を送れることを願っている。この分断された土地(朝鮮半島)が1つに統合されたら、ハイビスカスの1本の茎を私の墓に残してくれ。」

 

 

 

この事件から間もなく、父は亡くなりました。

 

 

 

 

 

いつ父の墓の前でお辞儀をして自由に泣けるのでしょうか…

 

父は亡き祖父である父の隣に埋葬され、憧れを抱いていました。

 

おそらくそれは、愛する息子が提供できる親孝行の究極の行為です。

 

しかし、それさえできないことの痛みを私は知っています。

 

壊れ切った私たちの故郷の現実は非常に残酷です。

 

 

 

翻訳:Sooyeon Kang