<17th Oct Wed>

午前中働いてからジムで泳ぎ、午後はRoyal Academy of Musicで3時間、ソプラノのルーシー・クロウのマスタークラスという充実した一日でした。マスタークラスはまだ新米というルーシー先生のアドバイスは主に歌に感情を込めることだったけど、彼女の状況の表現が面白かったし、生徒の進歩が見事で楽しめました。しかし、先月のSusan Bullockの時はおデブちゃんが多かったのに(先生も太目)、今日はほっそりして可愛い女の子ばっかりだったのは偶然? 男子も一人いて、ノルウェー人のMartin Enger Holmというテノール君が可愛くて上手だった。

--------------------------------------

                                    カメラ 小さい写真はクリックで拡大します。

 

10月4日から一泊旅行したリールLilleは、ロンドンからはユーロスターで一時間半で簡単に行けて、見所は旧市街のグラン・プラスの周辺にかたまっているので、日帰りでも簡単に行ける可愛い街。 快晴の中、気持ち良く街歩きができました。

グラン・プラスGrand Placeは広くて、杭が立っている部分は車道なので、ボーっとしてると危ないです。

ぐるっと広場を見回してみましょう。

 

 

 

クリスマス・マーケットは雰囲気あるでしょうねえ。

   

オペラハウスに着物で行きましたが、すぐ近くなので、夕陽の広場で記念写真。

   

一本裏の道も雰囲気のある石畳。 ロンドンでも人気のPaul発祥の地。ここが一号店じゃないかな?

 

↑↓ オペラハウスの向いは17世紀の旧株式取引所。中庭は古本屋とか並んでました。。

 

グラン・プラスの隣の広場にある時計塔の商工会議所の隣はリール・オペラ。どちらも第一次世界大戦前後の建造。オペラハウスの中もすごく綺麗でした(→こちら)。

   

 

 

 

↑↓ リオー宮Palais Rihourはゴシック様式。 以前はここが観光案内所だったようですが、今は向いに移転したようです。

隣はプランタン百貨店。 

 

リオー宮の中で映画ポスターの展示してました。 

   

 

 

  

↑↓ ノートルダム・ド・ラ・トレイユ大聖堂Cathedrale de la Treilleは近代的。

 

 

     

 

ベルギー国境に近いリール、ちっちゃくて可愛い街というイメージですが、実は人口22万5千の結構大きな街で、グラン・プラス周辺だけ歩くだけでも充分楽しめますが、折角ですから1時間半のバスツアーにも参加して旧市街以外もざっと見ることができました。素敵なギャラリーもあります。それは又あらためて。

<16th Oct Tue>

時間に余裕があるので、本日二つ目の投稿。 興味がないと言いながら、またハリー王子夫婦の初海外公務について書いちゃいます。

 

昨日妊娠を発表したメーガン妃ですが、初の海外公務初日はシドニー。

いつもはピンヒールの彼女もさすがに慎重を期してか、フラットシューズで登場。すぐにいつものハイヒールに履き替えたようですが。そう言えば、キャサリン妃の妹のピッパも4日前のユージェニー王女の結婚式では、いつ産まれてもおかしくない時期なのにハイヒールで参列してましたよね(昨日、無事に男子出産)。 西洋人女性の体力にはか弱い私たち日本人はとても敵いません。

 

   

エプロン彼女のファッションはシンプル過ぎてつまらないですよね

 

 

しかし、いくら強いと言っても、大丈夫でしょうか? 毎日移動して、オーストラリア、フィジー、トンガ、ニュージーランドを駆け巡る強行スケジュールなんですよ。 メーガン妃が健気に頑張ろうとしているのはわかるのですが、37歳で初産ですからね、無理は禁物。 

 

出産時期については、来年春のEU離脱(3月29日)あたりらしいという噂もありますが、お先真っ暗になるであろうBrexitで少しでも明るいニュースを提供してくれるのはグッドタイミング拍手。 その割にはまだお腹は全く膨れてないですけど、こんなものでしたっけ? 私が出産したのは30年も前ですからね、覚えてないわ。

 

でも、願わくは36歳のキャサリン妃がもう一人産んでくれますように・・。 女の子だったら理想的だし、万が一に備えてハリー王子の子孫に王位がいかないように予備はたくさんいる方が安心でしょ。王室の子供は重要な観光資源でもあるわけだしイギリスまじかるクラウン

 

<16th Oct Tue>

ROH今シーズンの幕開け6年ぶりのリングサイクル。4回のうち、私は10月2日、4日、7日、9日の2回目のサイクルに行きました。 但し、ワルキューレはリール遠征と重なってのでパス。 見逃したワルキューレは安いリターン切符を狙ってますが、一年以上も前にセットで売り出して以来凄い人気なのでまず無理でしょう。

切符の値段と言えば、先回2012年は近くから観たいというワーグナー好きのトーチャンのためにストールサークル脇席を奮発しましたが(61ポンドx4回x二人=488ポンド)、今回同じ席だと69ポンドに値上がったので552ポンドになり、3度観てるプロダクションで大した歌手も僅かしか出ないのに、それだけ払うのは勿体なくて、結局アッパースリップの19ポンドの席で妥協。 トーチャンに「貴方だけ高い席にどうぞ」とオファーしたんだけど、私と一緒で良いと言うのでそうしたんだけど、結局観ながらブツブツ言ってましたわ。 実は観てる間、私ですら何度か(素晴らしいと思った時に)「うーん、ケチらずに近くに座ればよかったかな」、と思ったこともあったのですが、アッパースリップ前列の舞台から遠い席はアーチに反響してすぐ近くにいるように聞える上に字幕も見易いしほぼ見切れることもないのでお得感満載で、まあ満足かな。長時間無理な姿勢を強いられるので辛かったけど。

 

期待はしてなかったけど、見終わってみれば、演出は(おそらく)映像が追加されてゴージャスになってたし、パフォーマンスも全体的にはこれまででベストだったかも。やっと世界的な歌手であるニーナ・シュテンメがブリュンヒルデをやってくれたことがベストでしたが、ヴォータンもトムリンソンとターフェルみたいに他で聞き飽きた人じゃなかった上にちゃんと上手だったのも今回のプラス点。負担が大きいジークフリートは前回気に入ったステファン・ヴィンクが又出てくれたし、おなじみのイギリス人歌手たちも健闘。パッパーノ大将以外の指揮で生で聴いたことがないので比較できませんが、次回はきっと新しいプロダクションで違う指揮者でしょうから、それも楽しみです。正直、リングはあまり好きではないですけど。

 

 レビューは上々で、私も観た中ではテノールの出番が多いジークフリートが一番良かったです。クリックで記事に飛びます。

Das Rheingold

The Stage ★★★★
The Arts Desk ★★★★
Evening Standard ★★★★
Guardian ★★★★
What's On Stage ★★★★
Financial Times (£) ★★★★
Music OMH ★★★★
Express (full cycle) ★★★★
Telegraph (also Die Walküre) ★★★
Bachtrack ★★★
Opera Now (also Die Walküre) (No star rating, mixed)
Times (£) (No Star rating, very positive)

Die Walküre

Bachtrack ★★★★★
Evening Standard ★★★★
Financial Times ★★★★
What's On Stage ★★★★
The Arts Desk ★★★★
The Stage ★★★

Siegfried

What's On Stage ★★★★★
Music OMH ★★★★★
Arts Desk ★★★★
Times (£) ★★★★
Guardian (also Götterdämmerung) ★★★★
Telegraph (also Götterdämmerung) ★★★★

Götterdämmerung

What's On Stage ★★★★
Financial Times ★★★★

 

4オペラの共通キャスト

Music Richard Wagner 

Libretto Richard Wagner 

Director Keith Warner 

Set designer Stefanos Lazaridis 

Associate set designer Matthew Deely

Costume designer Marie-Jeanne Lecca 

Lighting Designer Wolfgang Göbbel 

Original movement director Claire Glaskin 

Video designers Mic Pool and Dick Straker

 

Conductor Antonio Pappano

Chorus Royal Opera Chorus

Orchestra Orchestra of the Royal Opera House

 

 

 

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

10月2日、ラインの黄金グロイスベックのROHデビュー。

Das Rheingold

 
Wotan John Lundgren

Alberich Johannes Martin Kränzle

Loge Alan Oke
Erda Wiebke Lehmkuhl
Fricka Sarah Connolly
Freia Lise Davidsen
Donner Markus Eiche
Froh Andrew Staples
Mime Gerhard Siegel
Fasolt Günther Groissböck
Fafner Brindley Sherratt
Woglinde Lauren Fagan
Wellgunde Rachael Lloyd
Flosshilde Angela Simkin

  

 

  

 

   

 

  

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

ワルキューレ 。 これは見逃したので、写真は無しですが、トーチャンはジークムントのSスケルトンが良かったと。

Die Walküre

Siegmund Stuart Skelton

Sieglinde Emily Magee

Wotan John Lundgren
Brünnhilde Nina Stemme
Fricka Sarah Connolly
Hunding Ain Anger
Gerhilde Alwyn Mellor
Ortlinde Lise Davidsen
Waltraute Kai Rüütel
Schwertleite Claudia Huckle
Helmwige Maida Hundeling
Siegrune Catherine Carby
Grimgerde Monika-Evelin Liiv
Rossweisse Emma Carrington

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

ジークフリートこれまででぶっちぎりベストなブリュンヒルデであるシュテンメですが、ちょっと疲れてきたかな? 以前ほど声に張りがなくなったような。そりゃ、これやり続けたら壊れるよね。 今回も元気だったジークルリートは先回はスキンヘッドだったステファン・ヴィンク、今回は長髪カツラ。 いつかクラウス君がやってくれたらいいなあ。一応、彼の「将来の候補」には入ってるようだけど、無理かしら・・。

 

Siegfried

 
Siegfried Stefan Vinke

Brünnhilde Nina Stemme

Mime Gerhard Siegel
Wanderer John Lundgren
Alberich Johannes Martin Kränzle
Fafner Brindley Sherratt
Erda Wiebke Lehmkuhl
Woodbird Heather Engebretson

      

 

    

 

     

 

     

 

キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ

神々の黄昏。 一番の功労者とも言えるオーケストラを舞台に乗せてのカーテンコール。演る方も観る方もお疲れ様でした。達成感あり。

Götterdämmerung

 
Siegfried Stefan Vinke

Brünnhilde Nina Stemme

Gunther Markus Butter
Hagen Stephen Milling
Gutrune Emily Magee
Waltraute Karen Cargill
Alberich Johannes Martin Kränzle
First Norn Claudia Huckle
Second Norn Irmgard Vilsmaier
Third Norn Lise Davidsen
Woglinde Lauren Fagan
Wellgunde Christina Bock
Flosshilde Angela Simkin

 

    

 

   

 

   

グンター役(赤い服)だけがパワー不足で足引っ張った。

   

ほぼ全裸で歌うラインの乙女たち。

<15th Oct Mon>

今日こそはワーグナーのリングサイクルについて投稿しようと思ってたのに、こんなニュースが飛び込んできたらそっちは延期するしかない? オペラブログであって、王室ウォッチブログじゃないんですけどぉ。

--------------------------------------------

 

今朝、メーガン妃の妊娠が発表されました。先週金曜日のユージェニー王女の結婚式で身内に告げたそうですが、きっと結婚報道が収まるのを待っての発表だったのでしょうね。昨日結婚記念写真がリリースされたわけだし。しかし、花嫁の母親であるファーギーがツィッターで妊娠発表の瞬間に結婚話題の投稿(→こちら)をいくつかして妊娠したことには触れないのは主役の座を早くも奪われたことに不満なんだろうなどと言われてます。そう言われること自体がファーギーの人気のなさを物語っているってことで、困った人です。

 

メーガン妃の出産予定日は来年春というだけでいつなのかわかりませんが、夫婦での初の海外公務のために今日オーストラリアに到着し、予定通り全てこなすと言うことですから、悪阻の時期は過ぎて既に安定期に入ったということでしょうか。先週の結婚式にぶかっとしたコートドレスを着てたのもお腹を隠すのが目的だったんだと納得。今になって妊娠の噂はあったらしいと聞きましたが、私はこの夫婦に興味ないので全く知りませんでした。

 

16日間にも及ぶ初の外国訪問についてはずっとニュースになってたので、「ふーん、メーガン妃のお手並み拝見してやろうじゃないの」という野次馬的な感じで楽しみにしてたのですが、これで、上手くいけば「大変な時によく頑張った」と評価が更に上がり、しくじっても「そりゃ仕方ないわよね」、と大目に見てもらえるし、嫌だったらアポをキャンセルしても文句言われないだろうから、気が楽になりましたね、メーガンさん。妊婦に悪口は言えないし、頑張れ!、と応援したくなってきました。

 

えらくカジュアルな格好でシドニーに到着したのは、やはりしんどかったから? ファイルでお腹隠してし(この写真はまだ発表前)。

 

で、

こんなこと言うと人種差別みたいで嫌なのですが、両親があんなことになって温かい家庭に恵まれなかったハリー王子はウィリアム王子一家が羨ましくて早く自分も子供が欲しいと思ってたようなので、「良かったね、おめでとう」、と祝福できても、うーん、でも一体どんな子供が産まれてくるのかちょっと心配・・かな、正直なところ。いや、いっそ肌の色がダークな子の方が「時代の変化に寛大な開かれた王室」をアピールできていいかも。大変なのよ、あの一家も。皆が言いたい放題批判するから。

 

<14th Oct Sun>

昨日で強行スケジュールは一旦終了し、数日間はゆったりできそうなので、旅行やオペラ、コンサートの記事をどんどん進める予定ですが、その前に、長年の英国王室ウォッチャーとして、12日のユージェニー王女の結婚式で感じたことを一言ベル

 

 

ユージェニー王女の母親のファーギーとは犬猿の仲と言われ出席が危ぶまれてた97歳のフィリップ殿下が参列できたことが一番良かったです。長年連れ添った夫婦の存在は結婚式に相応しいし、なによりも彼と一緒だと女王様も嬉しそうです。

 

芸能人とかと派手に付き合ってる割には地味で堅実な印象のユージェニー王女、長年の交際を得て理想的な伴侶を選んだのもよかったですが、ベール無しのウエディングドレスは12歳の時の脊柱側弯症の手術の傷を見せるだけというガッツのあるところを見せて株上昇。問題ばかりのアンドリュー王子一家のイメージアップに貢献したのではないかしら。

 

公務はせず普通に働いてる彼女のために多額の(この結婚式のみならず)警備費用を使うのはけしからんという意見もありますが、税金の無駄使いということであれば、お父さんのアンドリュー王子の方が問題では? 公務はしてるけど全くニュースにならないだけかもしれないけど、それじゃあ駄目なので、いまだにルックスだけは良いわけだから、皆が関心を持つ素敵な女性と再婚して公務に励むべきだと思います。 絵になるカップルとして、ますますチャールズ皇太子夫妻の影が薄くなるくらい目立ってもいいから。 無理矢理離婚させられたけどずっと仲良しのファーギーとの再婚なんておぞましいことは考えたくないので(ファーギーは今回も下品にはしゃぎ回って不快だった)、女王様ご健在の間は起こり得ないでしょうが、自分も脛に傷持つチャールズの代になったらわかりませんからね、そんなことにならないように、早く他のまともな女性を見つけて下さいよね。

 

 

台風この日は強風だったのに、ケイト妃が裾が広がるワンピースを選んだことは驚きでワンピース、今までに何度かマリリン・モンロー状態になって失態をさらしてるのに叫び、今回も危うかったこと。 因みに、このAマックィーンは春に着てたピンクのと同じデザインの色違いで品の良い色で素敵ですが、メーガン妃の濃紺のコートドレスはお葬式みたいでしたねむっ。それに又ジヴァンシーって、英国デザイナーの服を着る気がなさそうなのもけしからんですむかっ。短期間で燃え上がったハリー王子とメーガン妃は長持ちしないような気がしますが、ユージェニー王女夫妻はきっと大丈夫ですから、末永くお幸せにラブラブ

結婚式はいいですね、ハッピーな気分になれて。 慶事で幸福な一体感を感じさせてくれるのも王室の重要な役目。