<21st July Sat>

18日からオランダのレイネさんが我が家にお泊りになり、3泊4日でROH2回とグラインドボーンオペラ2回にご一緒しました。ブログネタが一気に溜まりましたが、まずは最初の日の着物について。

 

大きなスーツケースで着物3枚、帯3本を運んでらしたレイネさん、着物は全てお母様のをサイズ直しなさった夏物で、到着日の18日は我が家で着替えてROHのオペラコンサートへ。 

   

暑さの続くロンドンですが、透ける黒い紗が涼しそうですね。透ける=涼しいというのは日本の感覚で、こちらでは冬の夜のソワレにでも良いのではないかしら? 特にこの渋い金銀のシックでありながらゴージャスな帯と合わせれば。

   

トーチャンも一緒。

 

ドニゼッティのレアなオペラL'Ange de Nisidaについてはあらためて書きますが、客席が暑い中、長いし、往生こいてまった(名古屋弁で「大変だった」という意味)最初のイベントでした。 ま、今回のハイライトのグラインドボーンのついでのオマケですから、ROHに着物で行けただけでもいいことにしましょう。

 

   

私のコーディネート備忘録: 水色の地色と芝草柄は好きですが、一応は絽でも化繊なので涼しくないメラメラ。 

ピンクの博多献上帯は初登場。去年ブライトンに琴を弾きに行ったジャパニーズ・フェスティバルのバザーで2ポンドで売ってたもの。新品だけど、お饅頭より安かったかもにひひ

 

今日のROHのオペラはそこそこ暑かった上に私が使う冷房付きの地下鉄が工事で不通なので、着物はギブアップ。明日のコンサートはどうなるかな? 

<17th July Tue>

昨日今日と丸二日間、ITスキルアップのセミナーに行かされましたが、知識ゼロなのは私だけだったので、いきなり落ちこぼれガーン、大変だったのなんのって・・えーん。そうじゃなくても苦手なのにブー。全くもって時間と(会社の)お金の無駄だイラッ

 

無駄と言えば、もっとスケールの大きな悲しいニュースがあり家族で凹んでいますえー?。ムスメが一昨年8ケ月以上も北京に出稼ぎに行った「アシュラ」という中国のファンタジーアクション映画、上手くいったら世界中で公開すると意気込んでいたのですが、最近リリースされたところ、あまりの不人気で3日間で公開打ち切りとなったそうです叫び。 映画はギャンブルだから仕方ないけど、ムスメは遠くまで行って頑張ったのに、ほとんど誰にも見てもらえないでお蔵入りになるなんて・・・しょぼん。 ムスメが今ロンドンの撮影所で携わっているのは有名ハリウッド女優も出るのでまさかそんなことにはならないでしょうが、良い作品になりますように・・。 尚、同業者であるムスメのボーイフレンド君は同じ撮影所の違う映画で働いているのですが、こちらは成功まちがいなしの超大型SF映画なので絶対大丈夫グッド!

 

さて、長い間嫌だなぁと心が重かったITセミナーがやっと終わり、わーい、明日からは5連ちゃんでオペラ&コンサート三昧、着物三昧爆  笑。 一時程ではないけれどまだ暑いので、着物は夏の薄物オンパレード。

 

セミナーはセント・キャサリン・ドックSt. Katherine Docksで行われたので、昼休みは停泊してるゴージャスなヨットやクルーザーをたくさん見られて気持ち良く過ごせました。 素敵なカフェやフラットもあって素敵なエリアです。 

 

 

    

こちらから二艇目の立派なのはShogunという名前で、漢字で将軍って書いてある(クリックで拡大)。

 

ロンドンのシンボル、タワーブリッジも久し振り。

 

あら、タワー・ヒル駅にジュリアス・シーザーの像があるなんて知らなかったわ。 筆まめなシーザーは2千年前にイギリスをヨーロッパ大陸に最初に紹介した人ですもんね。

 

あちらに見えるのは、かのロンドン塔イギリス。 そう言えば、金曜日にグラインドボーンで観るのはヘンデルのジュリオ・チェーザレ(→こちら。舞台はもちろん暗いイギリスではなく、華やかなエジプトみずがめ座。もちろんクレオパトラも出てきますヘビ

<15th July Sun>

テニスもサッカーも決勝で誰が勝っても負けてもどうでもいいので、テレビ2台並べていい加減に観ながら、ブログの写真選びとかもしてだらだら過ごした午後。 あ、実はテニスは応援してた方が負けたし、おまけに男子ジュニアと混合ダブルスに出てたイギリス人が皆負けたので嬉しくない・・。 これでスポーツTV観戦の日々は終わり、明日からは普通に戻ります。

-------------------------------------------

 

今回のラ・ボエーム、切符はたくさん買ってあったけど、体調崩したりスポーツ観戦のためにほとんど諦めたので、結局行ったのはAチーム2回のみ。 6月16日の初日については既に書いてるので(→こちら)、今回は逆側から鑑た7月4日分ですが、もっと行こうと思えば行けたのに、しかも大好きなテノールのポレンザーニラブが出てるのにも拘わらず、面倒臭くなってしまったのは、このオペラに飽きてるのと、そもそもプッチーニは好きではないからでしょうね。トスカだってヘドが出そう・・ゲロー

 

Conductor Nicola Luisotti
Mimì Maria Agresta
Rodolfo Matthew Polenzani
Marcello Etienne Dupuis
Musetta Danielle de Niese
Schaunard Duncan Rock
Colline Fernando Radó
 
   
燕尾服が格好良い指揮者のルイゾッテイ。 最近は少数派なのが淋しい。

 

 

 

 

ブログを初めてから観たラ・ボエームの記事は以下ですが(クリックで記事に飛びます)、たまに良い歌手が出てるのに(テノールはMアルバレス、アラーニャ、グリゴーロ、カレヤ等、ソプラノはゲオルギュー、ネトレプコ、ヨンチェバ、ハルティッヒ)、誰もこの役がベストだと思う人はいなくて、いつもなんだかなあ・・、と思ってました。強いて言えば、ドラマとしてまとまってたのは、2013年のイリンカイ、ハルティッヒ、ヨンチェバのほっそりした若いチームでしょうか。 それに、やっぱり、以前のプロダクションの方が(古めかしい衣装以外は)好きかな。

 

<旧プロダクション>

ラ・ボエーム  2005年6月 Aゲオルギュー、Rヴィラゾン

ラ・ボエーム   2006年11月 Mアルバレス、Nフォッチーレ、Kヴァン・クーテン

ラ・ボエーム 2008年7月 Cガラルド・ドマス、Rアロニカ、Nカベル、Fヴァサロ

ラ・ボエーム (初日) 2012年3月 Jカレヤ、Cジャンナタッシオ、Fカピタヌッチ、Nフォッシーレ

ラ・ボエーム  2012年3月 Jカレヤ、Cジャンナタッシオ、Fカピタヌッチ、Nフォッシーレ

ラ・ボエーム (ミミ代役) 2012年3月 Jカレヤ、Cジャンナタッシオ、Fカピタヌッチ、Mピラー

ラ・ボエーム(初日)  2012年6月 Rアラーニャ、Aゲオルギュー、Nフォッシレ

ラ・ボエーム(カーテンコール写真) 2012年6月 Rアラーニャ、Aゲオルギュー、Nフォッシレ

ラ・ボエーム(2回目)  2012年6月 Rアラーニャ、Aゲオルギュー、Nフォッシレ

ラ・ボエーム  2012年12月/2013年1月 Rヴィラソン/Dポポフ、Mコヴァレフスカ、Sドヴハン

ラ・ボエーム  2013年3月 Tイリンカイ、Aハルティッヒ、Sヨンチェバ、Gヴィヴィアーニ

ラ・ボエーム 2013年3月 Gグリゴーロ、Hゲルツマワ、Sヨンケヴァ、Gヴィヴィアーニ

ラ・ボエーム(初日)  2014月7日 Vグリゴーロ、Aゲオルギュー、Iラング

ラ・ボエーム(2回目)  2014月7日 Vグリゴーロ、Aゲオルギュー、Iラング

ラ・ボエーム(3回目)  2014月7日 Vグリゴーロ、Aゲオルギュー、Iラング

ラ・ボエーム 2015年5月 Aネトレプコ、Jカレヤ、Lミーチェム

ラ・ボエーム   2015年6月 Aネトレプコ、Jカレヤ、Lミーチェム

ラ・ボエーム (旧プロダクション最後) 2015年7月 Aハルトニアン、Eバカロヴァ、Lモルハー 

 

<新プロダクション>

ラ・ボエーム   2017年9月 Mファビアーノ、Nカー、Mクヴィエチェン、Sミハイ

ラ・ボエーム  2017年9月 ROH Mファビアーノ、Nカー、Mクヴィエチェン、Jエルコーリー

 

鉛筆

ところで、トーチャンはヒマ潰しに私が行ったオペラをデータ化してるのですが、それによると、カーテンコール写真を取り始めてから、ROH以外も含めると34回観てるんだそうです。 意外に少い?

 

ドン・ジョバンニに着物で

テーマ:

<14th July Sat>

ショートケーキコーヒームスメのフラットで午後のお茶とケーキ。仕事で忙しい彼らに夕食の準備させるのは気の毒だもんね。

家にいたらテレビ2台並べて、テニスとサッカーW杯を同時に観るのだけど、ムスメんちではそうはいかず、テニス狂いのボーイフレンド君の解説でテニスに専念し、ジョコビッチとナダルの昨日の続きの準決勝と女子シングルス決勝を観ました。 昨日はずっと外出してて全くテレビを観られなくて、大接戦の男子シングルス準決勝も見逃したので、今日はテニスをたくさん観てもうんざりせずに済みました。

   カメラクリックで拡大

今日のウィンブルドン、ケイト妃とメーガン妃がロイヤルボックスに登場(→こちらに写真がたくさん載ってます)。そう言えば、決勝で負けたセリーナ・ウィリアムズはメーガン妃と同じアメリカ人で、結婚式にも出席した仲良しさんなのよね。

楽しげな二人でしたが、どうか彼女たちがずっと仲良しでいてくれますよう・・。 

ところで、個性の違うファッションで甲乙つけ難い二人ですが、メーガン妃が外国デザイナー服ばかり着るのはまあいいとしても、今日のラルフ・ローレン、ストライプのシャツは良いけど、ズボンは長過ぎて引きずってますけど・・ブー

-------------------------------------------

少し暑さも和らいだ7月12日、着物でROHへ。 日本からのオペラ仲間の皆さんもいらっしゃることだしね。

   

あじさい我が家の庭の二箇所の紫陽花と一緒に撮ってみましょう。雪輪柄の単衣の紬の着物に、最近友人から頂いた白い夏献上帯で涼しげに。でも、やっぱりオペラハウスは結構暑かった。

   

 

ドン・ジョヴァンニ3回目でしたが、折角着物だし、ステージドアには知り合いが何人もいらしてたので私もちょっと寄りました。テノール好きなので、ドン・オッタヴィオ役のパヴォル・ブレスリクとのツーショットだけで満足。

ハンサムで上手な彼、7月22日(土)にWigmore Hallでシューベルトの水車小屋の娘を歌ってくれますが(→こちら)、まだ良い席が残っているので、是非どうぞ。清々しい声とルックスがこの曲にはぴったりで素敵ですよぉラブラブ

 

暑いと言えば、来週の木曜と金曜にグラインドボーンに連ちゃんで着物で行く予定なんですが、うんと涼しくなってくれないと困るわ。

<11th July Wed>

サッカーサッカーのワールドカップで28年ぶりの準決勝に出場したイングランドは、クロアチアに2-1で逆転負けえーん。 まあ、準決勝に出られただけでも期待以上だったし、開始5分以内に先取点あげてから1時間以上、「目 も、もしかしたら、決勝に出られるかも・・叫び」、という素晴らしい夢を見させてもらったから爆  笑、いいことにしましょう。決勝でフランスに負けるよりは傷も浅いかもしれないしね。それに、今日の相手がロシアでなくてよかった・・。スパイ毒殺疑惑でロシアとイギリスは最悪なので。

 

今日はウィンブルドンテニスで男子シングルス準々決勝は接戦も多くて見応えありました。スポーツは人間ドラマ、特にサウスゲート監督が選手を一人一人労う姿は印象的でした。

 

ということで、フィーバーも終わり、一気に現実に引き戻されたイングランド。 3日前にEU離脱相が辞任したりしてお先真っ暗な上に、明日はトランプ大統領がイギリスに来るんですって・・・ゲロー

イギリス過去の栄光を忘れられずにイギリスはまだ偉大だと思ってる人たちがいるのがEU離脱を選んだ理由でもあるのですが、昨日はそんな気にさせてくれたイベントもありました。

Royal Air Force王立空軍の創立100年記念のセレモニーとたくさんの軍用機がロンドンの上空を飛んだスペクタクル。戦争を栄光化するのは日本人には違和感あるでしょうが、イギリスはこういう派手なディスプレーが上手で、主役となるロイヤルファミリーも充実してるのが強みです。

私も仕事で生で見物はできませんでしたが、一緒に写真で楽しみましょう。 一昨日まで毎日青空だったのに、昨日は曇っちゃったのが残念でしたが、涼しくなってうんと楽になりました。