11月16日はSOAS(ロンドン大学アジア・アフリカ学科)へ。数年前はここの三曲グループ(琴、三絃、尺八)に入ってて毎週のように行ってたので懐しい所です。 日本的なイベントだったのでお仲間と着物で。 この可愛い菊柄の白大島と、鮮やかな緑で普通とは縦横が逆の博多献上帯の両方を下さった方もいらっしゃるということで、今日のイベントの趣向にはそぐわないのですが、これにしよっと。 この着物は今年4度目ですが毎回違う帯で楽しんでます(一覧は→こちら)。

 

 

    

                          カメラ小さい写真はクリックで拡大します

 

島根県無形民族文化財益田糸操り人形(→こちら)を拝見できた無料イベントでしたが、修理不要で130年前の人形をずっと使ってらっしゃるのは素晴らしいことです女の子男の子

    

もっと広くて設備の良いホールの予定だったのに諸事情でこちらに変更を余儀なくされたのは残念。もっとも、人形が小さいので、あまり大きな所では出来ませんけどね。

 

義太夫と三味線の方はいらしてなくて録音だったのはもっと残念でしたが、貴重な伝統芸をロンドンで拝見できただけでも幸せでございます。 説明とデモンストレーションもして下さったし。

    

    寿三番叟                         八百屋お七

   

衣装なしだと動きがよくわかります。女性の人形は脚がないそうですが。 人形は一キロあるそうで、長い間操るのは疲れると仰ってましたが、そうでしょうとも。 女性の操り手の方が特にお上手でした。

 

   

お琴はこの二倍の長さがあるともっと絵になるんですけどねえ、、。 

 

 

後ろのスクリーンに英語字幕付きで本格的にやって下さったのは傾城阿波の鳴門 巡礼歌の段幼い時に別れた親を探す巡礼娘に親だと名乗れない母。なぜ名乗れないのかもう少し説明して下さったらもっと共感できたんですけどねえ・・。などと、文句ばっかり言ったらいけませんけどね

   

山本一流獅子の一曲のユーモラスな動きの獅子舞が大受けゲラゲラ二人の息が合ってないと出来ないし、重そうです

    

赤ワイン終了後にワイン・レセプションがあり、お獅子も来てくれましたしし座  

 

    

シックなお三方の着物姿が綺麗な顔立ちの巡礼娘と良い感じ。

 

実は日本で一番観たいのは人形浄瑠璃なんですが、まだ一度も本格的に観たことがありません。来年春に公演があるかどうか探してみよう。

 

AD

<16th Nov Thus>

カラーパレットNYのオークションでダビンチの絵に凄い値段がつきましたね(→こちらおーっ!)。これ、ちょっと前にロンドンのクリスティーズで一般展示されてて、折角だから観に行こうと最寄の駅まで行ったのに行列と聞いてギブアップしたのは残念。なんだか疲れてたしねショック。この頃疲労感を感じることが多く、寄る年波には勝てないので、今楽しまなくては!、と着物お出掛けに頑張ってます。昨夜も今夜も。ぜーぜーDASH!

--------------------------------------

                    カメラ小さい写真はクリックで拡大します

    

昨夜は実家の母のお下がりの薄い藤色の木目柄の小紋と、一目で気に入って買った乱菊の帯を紫だけですっきりと。

    

行った所はロンドン北部の高級住宅地ハムステッド。素敵なカフェや洒落他住宅の小路を抜けるとBurgh House。 結婚式やコンサートのイベント会場になってる300年前のお邸ですが、ここで去年春に着物ファッションショーに出演させて頂きましたね(→こちら)。

 

    

 

   

博物館もありますが来るのはいつも閉館後なので行ったことなし。ギャラリーはまだ開いてました。ご一緒したAさんは淡い色調の紬。後姿を撮り忘れましたが、帯は藤色に可憐な小菊。 

   

コンサート前に渋いお部屋でドリンク。 出演者(カウンターテナー、ピアノ、リュート)と観客がお喋りしながらアットホームな雰囲気でした。

     

 

      

 

 

コンサート会場というよりはお邸のサロンの雰囲気でした。お客さんも出演者の家族と知り合いが多くて本人が曲の説明をユーモアたっぷりに説明しながら和気藹藹の1時間で、普段は縁のないお金持ちのサロンにお邪魔している気分でした。 出演者たちもいかにも上流階級のお坊ちゃまだったし。

      

プログラムはクリックで拡大してご覧下さいですが、カウンターテナーのOliver Gerrishはギルドホール、ピアノの美青年Nathaniel ManderはRCM,リュートのSam BrownはRCM、と出身音楽学校は違ってもイギリス特有の階級という括りで仲良しなのかも。

 

私が通う緊張感に溢れた一流アーチストのコンサートと比べることは出来ませんが、かぶりつき席でお馴染みのカウンターテナー曲を楽しみました。イエスティン君でお馴染みの曲が多かったので彼の声が頭の中で響き渡っちゃいましたが、キャメロン元首相に似た雰囲気のオリヴァー君の穏やかな裏声も素直で聞きやすかったです。女CTの腐ったような声のCTもいますからね。

 

ピアノのナタニエル君はまるで少女漫画に出てくる金髪イケメン青年で、弾いてない時は椅子に座っていたんですが、目が合うとにっこり微笑んでくれて、おばさんはドキドキドキドキ これもいつものコンサートと大いに違う点でした。

サム君がリュートはMichael Lowe作と紹介した時は「おーっ!」というどよめきが起こりましたが(映像は→こちら)、それを目の前で聴けてうっとりでした。リュートは近くで聴くに限ります。どれくらい近かったかと言うと、隣でAさんがちょっと咳をしたらサム君がすかさず彼の前にあったテーブルのコップの水を差し出してくれたほどで、なんでも近くで聴くのが好きな私は大満足。 いつもとは違うロンドンの音楽界を垣間見ることが出来て興味深い夜でした。

 

カウンターテナーと言えば、26日はウィグモア・ホールでフィリップ・ジャルスキー聴きます(→こちら)。 あ、でも、先月のザビエル・サバタの記事もまだ書いてないわガーン

AD

<14th Nov Tue>

午前中だけ働いて午後はムスメと一緒に親子3人で又近所の映画館へ映画

待ちに待ったパディントン2 Paddington 2クマ 

 

 

ムスメと同業者のボーイフレンド君がこの映画のモノ作りに参加してて、去年ムスメが北京に行ってる間これで忙しかったのですが、一般公開に先駆けて関連者試写会で観た彼が「凄く良い出来で面白いよゲラゲラ。ベストはヒュー・グラントチョキ」、と言ってたのを裏付けるように軒並み素晴らしいレビューでヒュー・グラントは絶賛されてますクラッカー 日本では来年1月19日公開だそうですが、是非どうぞ。ロンドンが素敵に見えるのも嬉しい。

 

この大きなオルガンも彼らが作ったモノの一つですが、こういう仕事に携わってる人にとっては、余分にお金もらえなくても作品の出来は気になるわけで、素晴らしかったら嬉しいでしょうね。

 

ムスメにいつも仕事をくれるおじさんは、この頃注文取りに不調なようなので、ムスメは他のルートで仕事を探したほうが良いのではないかと思うのですが、忠誠心の塊のようなムスメのこと、お呼びが掛かるのを辛抱強く待って文句言わずに参加してます。

 

ムスメがロイヤルオペラハウスでフルタイムで雇ってもらえて、作ったものを直接舞台で見られたらどんなに嬉しいだろうと実は密かに思ってるんですが、まあそれはカーチャンの勝手な夢であって・・。

 

AD

<13th Nov Mon>

ご贔屓にキャンセルされてショック来年1月のパリ行きはまだ迷っていると言うのに(当初のショックがかなり和らいだので段々行く気にはなってますが)、来年春の休暇が先に確定。

 

3月末と4月初めは仕事が忙しい時期なので日本でお花見するのは退職するまで待たなきゃいけないだろうなと諦めてましたがしょぼん、なんとありがたいことに休暇を頂けることになりました。 時短勤務の頼りにならないパートのおばさんで全く戦力になってないのが幸いしたわけですねゲラゲラ 

 

イースター4連休の最初の日に発ち、3月31日成田着/4月17日成田発の2週間強。

 

久し振りに桜が見られるのも嬉しいですが、実は大好きなテノールの追っ掛けも兼ねていて、3つのコンサートが旅のハイライトになる筈。 

ビックリマーク追っ掛けと言えば、そうです、当然いつものクラウス君(クラウス・フロリアン・フォークト)。 彼は日本がたいそう気に入ったようで今年秋に続き又来年春に来日してくれるんです。 羨ましいったらないわ。 

 

今年の9月のタンホイザーはさすがに仕事を休めない時期なので泣く泣く諦めましたが、3月と4月の東京・春・音楽祭(→こちら)で彼が4回歌ってくれるうち3月26日のシューベルト歌曲リサイタルは無理だけど、4月5日(ローエングリン)、8日(ローエングリン)、11日(奥様との軽めのコンサート)の3回に行きます。 最近は日本で人気のあるクラウス君、切符は当然凄い争奪戦だったようですが、ファン仲間の方にお願いして首尾よく取って頂きましたチョキ 

あ~~っ、楽しみアップ

 

桜桜をトーチャンにも見せてあげようと誘ってあげたのに(但し、切符入手が難しいコンサートは私だけよ)、コンサートが目的なら自分は邪魔だと遠慮したのか(まあ、そうですけど)、「日本の桜ねえ・・、花はきれいだけど、醜い青いシート敷いて酔っ払ってカラオケして台無しだから、桜はロンドンで愛でるからいいよ」、とか言って(そう言えば、大昔まだ日本でガイジンが珍しかった頃、お花見で酔っ払いに絡まれたことあった)辞退してくれたので、私一人で行くことになりました。 

 

あ~~~っ、更に楽しみアップアップ

 

桜関東と東海で桜がきれいな所をご存知でしたら、教えて下さいませ。

 

2年前に一人で行った時もクラウス君来日と偶然(?)重なったっけべーっだ!(→こちらと→こちら)。その時の写真 ↓ラブラブ!恋の矢 (クリックで拡大します)

    

<11th Nov Sat>

今週末は寒いらしいが、私は家から一歩も出ないつもりなのでちょうどいいわ。久し振りにお琴も出して来月の準備。 歌の伴奏のためのアレンジもしなくては。

-------------------------------------------

               カメラ写真は正面からと上からのが混じってますが、小さいのはクリックで拡大します。

 

先月のことですが、10月9日(リハーサル)と25日に聴いたヴェルディのシチリア島の夕べの祈りLes Vêpres siciliennes(フランス語版)の記録

 

13世紀、フランス統治下にあるシチリア島の首都パレルモで実際に起こった住民の暴動とフランス軍虐殺事件(→こちら )を背景に、敵の大将が父とわかってジレンマに苦しむ若者の恋をでっちあげた作品で(詳しいストーリーは→こちら )、グランド・オペラの要素を全て備えたヴェルディらしいオペラ。テノールとソプラノにそれぞれ盛り上がる有名アリアがあるのに、なぜか上演機会が少なくて勿体ないオペラです。 オーソドックスだけど古めかしくない大掛かりなセットと美しい衣装という素晴らしいプロダクション、4人の熱い演技でドラマも盛り上がり、良いレビューが並んだと言うのにね。クリックで記事に飛びます。

 

Express ★★★★★
Guardian ★★★★
Evening Standard ★★★★
Financial Times ★★★★
Independent ★★★★
Bachtrack ★★★★
The Stage ★★★★
What's On Stage ★★★

 

 

 

Music Giuseppe Verdi

Libretto Eugène Scribe and Charles Duveyrier

Director Stefan Herheim

Set designer Philipp Fürhofer

Costume designer Gesine Völlm

Conductor Maurizio Benin

Hélène Malin Byström
Henri Bryan Hymel
Jean Procida Erwin Schrott
Guy de Montfort Michael Volle
Ninetta Michelle Daly
Daniéli Nico Darmanin
Thibault Neal Cooper
Robert Jihoon Kim

 

 

4年前のプレミエでは初日(→こちら)プラス2回(→こちら)観てスケールの大きさとドラマ性に感激し、あちこちでやってくれるようになるだろうと期待したのにそうはならなかったようで、4人のうち3人が前回と同じ歌手。ミヒャエル・フォッレアーウィン・シュロットは上手だからだからよしとしますが、ここには出過ぎのブライアン・ハイメルだけは変えて欲しかった。ロンドンで彼のやった中ではこれが一番合ってる役だとは言っても、あのベチャーっとつぶれた声にはヘドが出る。

     

紅一点のヘレナ役、4年前は代役騒ぎで3人乱立して混乱したのですが、今回はマリン・ビストロムが無事全て勤めたようです。オペラ界のバービードールであるすらっとした超美人ですから、クラシックなドレスで更に美貌が輝いて、本当に綺麗乙女のトキメキ。 でも、ロンドンにはよく出てくれて、ちょっとクセのある厚味のある声が私は好きですが、ヴェルディは向いてないのでは? もっと正統的に歌って欲しいので。 でも、彼女の来年1月のサロメはいいぞ~、きっと(→こちら)。

 

  

声だけの迫力で圧倒的なシュロットは不気味な女装姿もご披露

 

   

 

「わーい、お父ちゃんとお揃いの軍服だ」。 同じ服じゃなくてもちゃんと親子に見えて演技の絡みも良かったフォッレとハイメル。