<8th Oct Sun>

今日は教会でROH若手アーチスト達のパフォーマンスを聴きました。新顔には、ここ数年いつもいる韓国人が二人(テノールとソプラノ)いて、ルックスは東洋人としても残念なレベルだけど、歌はなかなか。 一番の掘り出し物はロシア人メゾ・ソプラノで、低音が凄い迫力。容姿も端麗。

---------------------------------------------

    

 

    

7日(土)はHackney Empireというかつてのミュージック・ホール(労働者階級の人たちの娯楽場)でオペラを観ました。

English Touring Operaが国中を回るヘンデルのジュリオ・チェーザレ(=ジュリアス・シーザー。以下シーザー)の初日で、少々長いので半分に分けてパート1とパート2を別売りして、途中で1時間ちょっとのギャップを挟んでの上演。 両方買うと2割引だし、全部観たいので両方買いましたが、これがなんと一部重なるという妙なことをして、始まってから終わりまで通しで6時間半も掛かりました。ワーグナーじゃあるまいし・・。 せこいことしないで最初から一つにまとめて上演しろ!ムキーッ、 或いは分けるなら重ねないで時間短縮しろ、と呆れたのは私だけではありますまい。 ただでさえ歌が多くて大変なのに歌手たちも可哀相だ。

 

あちこち持ち運びできるように舞台セットはうんとシンプルだけど、ヘンデル時代に読み替えた衣装はまともで豪華。私はシンプルな舞台と凝った衣装というコンセプトが一番好きです。 経費節約のためにコーラスの人たちは普段着の私服で舞台には上がらず客席で立って歌うという涙ぐましい努力までして衣装代につぎ込んだのでしょう。

 

Giulio Cesare

The Death of Pompey

Cleopatra's Needle

Director  James Conway
Conductor Jonathan Peter Kenny
Designer  Cordelia Chisholm
Lighting Designer  Mark Howland
 

役柄と歌手の容貌もぴったりで、ってことは精悍なシーザーと美しいクレオパトラですが、美男美女のカップルをビジュアル的に愛でるというオペラでは滅多に起こらない楽しみ方も出来ました乙女のトキメキ シーザー役はメゾソプラノがやることも多いけど、こんな素敵なカップルだとラブシーンがサマになります。

 

シーザー役は南アフリカ出身のカウンターテナー、クリストファー・エインズリーで、(若ハゲを除けば)長身でハンサムでマッチョな体で(上半身脱いでくれましたチュー)、見目麗しい青年です。 個性的な声で、私は何度も聴いてるので正直ちょっと飽きてますが、もう一人のCTであるトロメオ役が低い音はすぐに地声になってしまうという不味さだったので、それに比べるとクリスのテクニックの立派さが際立ちました。声量はあるし、コロラチュールもそこそこ転がって、長丁場を難なく乗り切りましたチョキ

 

 

 

   

めっけものはラブリーなクレオパトラ。 ソラヤ・マフィという聞いたことのない名前の若いイギリス人ソプラノでしたが、張りのあるピュアな美声と小柄で可憐な容姿でとてもチャーミングで、彼女が歌う場面が一番わくわくしましたドキドキ

他の人たちもなかなか上手で、(トロメオ役以外は)ENOくらいならこのまま出しても遜色はないでしょう。 特にセスト役のキティ・ワットリーが上手。中年バリトンのベンジャミン・ビーヴァンはソフィー&メアリー・ビーヴァンの叔父さんですね、きっと。

 

オケは、アッパー・サークルからだとぼやけた音に聴こえましたが、パート2で座ったストール席だとうんとシャープに聞えて、やはり場所によって全然音が違うことを再確認。 歌手だって近くでストレートに聴く方が好きです。

 

このオペラ、有名な割にはイギリスではやってくれないので、5年前にENOの英語版で観て以来ですが、その時は超ヘンテコリンなプロダクションだったので(→こちら)、今回初めてちゃんとイタリア語で聴くことが出来て、しかもクラシックで美しい舞台だったので大満足。

 

お札今回は気付くのが遅かったのでかぶりつき席が買えず、前半は上から、後半は横の隅っこから観ましたが、やっぱりちゃんとアンテナを張り巡らせて売り出したらすぐに買わないとね! と思ってチェックしたら、ETOの来年春の切符がもう売ってたので、早速買いました。最前列ど真ん中だよーん!(→こちらこちら)。ロッシーニ・ハイライトとプッチーニ二部作です。 3演目のうち「フィガロの結婚」は英語上演なのでパス。

AD

昨日、バービカン・シアターでの蜷川幸雄一周忌追悼公演「マクベス」のロンドン公演初日に行ってきました(→こちら)。

 

こちらで経緯が書いてあるのでご覧下さいですが、要約すると、このプロダクションは、

1980年の日本初演ではぱっとしなかったが、1985年にエジンバラ国際フェスティバルでこの日本の安土桃山時代に読替えたプロダクションが絶賛される。 2015年にリバイバルされ世界中で公演が決まっていたが昨年5月に蜷川氏が80歳で死去。演出家不在となってしまったが、キャンセルはせずに追悼公演として上演することが決定。

 

芝居には基本行かない私、ニナガワ作品も着物イベントとして便乗するために和服姿が登場する舞台にしか行かないので、ロンドンでニナガワ公演はいくつかあったけど、行ったのは2009年の十二夜→こちらと2010年のムサシ→こちらだけ。

 

そんな演劇無知の私は他と比べたりできないし、ましてや日本の役者さんのこと等全くわからず、ど素人の戯言ですが一応感想を。

 

↓ クリックで記事に飛びます。

The Stage  ★★★★★

The Guardian ★★★★

The Telegraph ★★★★

 

昨日は折りしも日本生まれで英国人になったカズオ・イシグロ氏がノーベル賞取ったニュースもあり、このマクベスと合わせてイギリスと日本ということを意識して感慨に耽ったことでした日本 イギリス

この笑っちゃうくらい日本文化にまみれたシェイクスピアを日本人の私がロンドンで日本語で両脇をイギリス人(おそらく)に挟まれながら観るのは不思議な気持ちでした。最前列で横にあった字幕は読み辛い位置だった読みませんでしたが、簡単に見える位置だったらきっと読んで、英語と日本語ということにも思いを馳せた筈。

逆の立場で日本人じゃない人は不思議な気持ちだったでしょうし、それがエジンバラで評価されたわけですが、今回のロンドン初公演も期待通りの高い評価を得たのは日本人として嬉しいことです。

 

桜桜吹雪がことさら日本を感じさせて美しく、花びらが私の足元にハラハラと散ってまじかに観る臨場感が更に盛り上がり、同時に、今の会社で働いてる限り桜の季節に日本に行けない我が身の哀れさも・・・。

近くだと衣装の柄がよく見えたのも着物好きとしては嬉しかったです。化繊であってもほとんどの衣装はシックな色合いな中マクベス夫人の打ち掛けが安っぽいギンギラギンだったのは、私の好みではないけれど、リアルな映画とは違う「お芝居さ」を出すのには効果的なのかな。

 

オバケ仏壇のコンセプトは余程日本に詳しい人じゃないと理解できないでしょうが、仏壇って精神的物質的に日本の文化がぎゅっと詰まってるわけで、美しいですよね。イギリスに来るまで毎日キンキラキンの仏壇にお参りしてたわ、そう言えば。その時は強制されて形だけやってただけですが、今は心の中にご仏壇があって無意識に手を合わせてるかも。まさに仏壇は日本人の心が宿るところ。

 

    

等々、プロダクションとしては綺麗で斬新で日本の心が迫ってきて期待通りでしたが、失望したのは演技面で、特にマクベス役の市村正親さん。彼のことは全く知らなくて初めてなのですが、台詞の言い回しが滑らかじゃなくてごつごつで一本調子で声は硬くて深みが無くて、私好みではありません。 表情も豊かとは言えず、立ち居振る舞いも華がないように見えましたが、蜷川さんに抜擢されたくらいだし、日本では名優さんなんですか? 蜷川ハムレットにも出たそうですが、それは観たくないな・・。

田中裕子さんも、昨日ご一緒した方は皆さん凄く上手だと絶賛でしたが、私はいまいちピンと来ませんでした。もちろん充分上手ですが、地味だし風邪ひき声みたいだし、これくらいの演技できる女優さんはたくさんいるでしょう? もっとも、彼女に関しては私とは同郷で大好きだったザ・ピーナッツから夫を奪ったけしからん女としてそもそも良い印象を持ってないのも一因かもですけどね。

 

ま、俳優の好き嫌いはオペラ歌手同様、要するに好みの問題でしょうから。

 

天使カーテンコールの最後に蜷川さんの写真が出てきたのは感動的でした。オペラでは演出家が亡くなってもプロダクションが続くのは当たり前なので、この桜吹雪&仏壇マクベスも蜷川さんの作った形を守りながら続いていって欲しいものです。 

 

でも、正直言って、私にはやっぱりオペラの方が迫るものがあるかなぁ。 今シーズンはROHでネトコちゃん(アンナ・ネトレプコ)がマクベス夫人を歌ってくれるのが今から楽しみ(→こちら)。 

明日は大好きなヘンデルのジューリオ・チェーザレだドキドキ

 

 

AD

<5th Oct Thus>

お祝いズオ・イシグロ氏のノーベル賞文学賞、彼はイギリス人ですから、勿論ニュースになってます。 日本にもイギリスにも関わりのある人ですからダブルに嬉しいです。

--------------------------------------

 

昨日は、抗生物質の副作用か、ちょっと頭痛がしたので仕事には行かなかったのですが(病欠ではなくその分違う日に行くだけだから気は楽)、夕方には治ったのでバレエに行こうかどうしようか最後まで迷った結果、 結局は面倒臭くて行かず仕舞い。 人に譲ったりリターンしたりトーチャンに代わりに行ってもらったりすることなく単に無駄にしたのは初めてかも。 まあ、10ポンドの立見席なので勿体無くはないですけどね。

Alice’s Adventures in Wonderlandでしたが、トーチャンに代わりに行ってもらって王子様ムンタギロフのカーテンコール写真だけでも撮ってきてもらおうと思ったのに、行きたくないと言われてしまいました。たしかに、男が一人でバレエ観るのは気恥ずかしいかもですが。

 

ハチスコットランドでの虫刺されから始まった顔のかぶれなかなか治らず、今日は蜷川マクベスに着物で行くのを長い間楽しみにしてたのに、あまりに醜いので、これもギブアップ。 いえ、ギブアップするのは着物だけで、マクベスは観に行きますとも。

 

折角支度してあったのに口惜しいので、写真だけでもご覧頂きたいです。

 

 

こないだ知人から頂いた帯のうちの一本ですが、図案化されたも上品な色合いも素敵でしょ? 応用範囲の広い重宝する帯ですが、帯を主役にするために着物はすっきりと、少しぼかしの入った青海波柄の付け下げはどうかしら? 日本人観客も多いでしょうし初日だから関係者もいるかもしれないので、いつもの「どうせガイジンにはわかりゃしないから派手でもいいよね?」というコンセプトではなく、年相応の落ち着いた感じにしてみたつもりざんす。 

このマクベスは仏壇セットで役者さんたちも和服だから、かぶりつき席で私も「日本モード」を少しでも盛り上げることができるかもしれなかったのに、残念・・・。 

 

では、行って来ます。

AD

<3rd Oct Tue>

 

1年7ケ月ぶりのヘアカット美容院 

 

       

 

でも、後姿しかお見せできません。

 

なぜかと言うと、顔が大変なことになってるんです滝汗

 

1ケ月半前にスカイ島でスコットランド名物のミッジスという小さな虫に30ケ所くらいいっぺんに刺され(主に顔)、半分くらいは幸い痕も残らず治ったものの、残りはいまだにカサブタが取れるとまだ中がじくじく濡れてての繰り返しえーん。 なかなか治らないけど気長に待つしかないかなとうんざりしてたところ、なんと、2、3日前に刺されてない所まで広がったみたいで、顔の半分近くが真っ赤になって腫れちゃいました。 まぶたも腫れてお岩さん状態でしたもんねゲッソリ。 

さすがにこれはまずいと、昨日お医者さんに行き、抗生物質と炎症止め飲み薬をもらい、今日はちょっと良くなりましたが。

 

こんな顔をさらすのは迷惑ですから(構わず会社には行ってますけど)、昨日は高田茜ちゃんのロールデビューだったアリスを諦め、今日はラボエームに着物で行く予定だったのにそれもキャンセル。

 

代わりに今日ヘアカットに行ったわけですが、明日のアリスは可愛いムンタ君が出るので絶対行くし、明後日のバービカンの蜷川マクベスにも行きます。 心配だった明後日の地下鉄ストライキも解除されたので、それまでに顔が改善すれば(美人にはなり得ませんが)、出来れば着物で行きたいです。お芝居には行かない私、そもそも着物イベントとして仏壇マクベスに行くことにしてわけですから。

 

本当に恨めしい虫刺されアレルギームキー

 

    

<30th Sept Sat>

ヴィクトリア & アルバート・ミュージアムとコラボレーションしてオペラ関連の展示しますからね~ビックリマーク、とロイヤル・オペラ・ハウスが長い間叫んでたイベントが今日オープンしたので、セインズベリー・ギャラリーという新しい展示場のお披露目イベントでもあり、早速行ってみました。 

 

初日に行ったと言っても、待ちわびてたわけではなく、来週からの殺人的スケジュールの前に行ける時に行っておこうと思っただけですが、大英博物館の北斎展みたいに最初は空いてるけど終わりに近づくと売れ切れるイベントも多いわけですしね。

でも、これが人気沸騰するかと言うと、さあ、それはどうでしょうか? イブニング・スタンダード紙は5ツ星評価でしたが、第一オペラなんてマイナーですもんね。

 

V&Aであれば、オペラ衣装をずらっと並べたりするのかしらと思ったら、そうではなくて、4百年に渡るオペラの変遷と社会状況をヨーロッパの7つの都市と代表となるオペラで表現するという試みで、選ばれたのは、ポッペアの戴冠(1642年ベニス)、リナルド(1711年ヘンデル)、フィガロの結婚(1786年ウィーン)、ナブッコ(1842年ミラノ)、タンホイザー(1861年パリ)、サロメ(1905年ドレスデン)、ムツェンスク群のマクベス夫人(1934年レニングラード)。

 

壮大なテーマをどう展示すべきか一生懸命考えたのはよくわかるし、上手にまとまってはいるのですが、まず説明が書いてある字が小さ過ぎて読みにくいのが難点。大きな字で書いてある冊子も置いてあったのですが、該当部分が見つけ辛くてギブアップ。 これなら全員に配られるオーディオガイド(主に選ばれたオペラの音楽、たまにパッパーノ大将のコメント)でもっと説明してくれたらわかり易かったのに。それに、作曲家が使った楽器や手書きの楽譜は少しありましたが、大英図書館じゃないんだから、説明を読ませるよりももっと実際に物を展示して欲しかったです。

オペラで「物」と言ったら衣装でしょうが、往年の有名プロダクションで有名歌手がまとった衣装をずらっと並べてくれたら良かったのというのが私の意見。 それでは、これでオペラファンを増やそうという魂胆には役立たないでしょうが、第一このイベントでオペラに興味を持つ人が続出するとは思えません。高い入場料(大人19ポンド)を払ってわざわざ見に来るってことは興味があるからでしょうが、熱心なオペラファンにとっては新鮮味のない展開だし、一体どういう人を対象にしてるのかしら? 

 

来年2月25日までやってますが、私はアート・パスとシニア割引で9ポンドで済んだので文句は無いものの、19ポンド払ってまでお勧めかというと・・・。 

 

ロンドン展示がやはり一番力が入ってて、ヘンデル時代風のセットなんぞ作ってありました。

 

    

 

    

David Danielsが着たリナルド衣装。 

 

「わー、凄いポーン」と思ったのは、イタリアの150の歌劇場の写真パネル。 私はスカラ座、フェニーチェ(ベニス)、サンカルロ(ナポリ)しか行ったことがないぞショボーン

     

 

 

モーツァルトが弾いたチェンパロ。 シウリーナとピサローニの「フィガロの結婚」の映像が流れてました。 

オーディオガイドは自動的に自分の立ち位置で音声を選んでくれるのが便利。

    

ドレス1994年からやってるROHの椿姫の衣装は一番お馴染み。 右はナポレオン3世の奥方の本物の時代もの。 このウエストの細さはオペラ歌手には無理。