ピースフィールド営業マンの業務日誌
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

全体講義で所信表明

今日は、宅建協会で研修インストラクター運営小委員会と全体講義に参加しています。





今月から、運営小委員会の新体制が始まるので、インストラクター長と副長が所信表明をすることになりました。
私は副長として、1~2分程度何か軽く所信表明する予定です。

夕方から企業研修

昨日は〇〇Cで午前中に講義をした後、夕方から淀屋橋で企業研修をしました。



初回ということで、オリエンテーションを行いました。
1人でも多くの方が合格してほしいと思います。

錯誤と為替レート

今日は宅建講師の日です。
今週から〇〇Cのなんば校で週1デイタイム本科生の講義が始まりました。





今日の講義の範囲から意思表示の錯誤についての問題です。

問題

Aは、自己所有の腕時計を100万円で外国人Bに売却する際、当日の正しい為替レート(1ドル100円)を重大な過失により1ドル125円で計算して「8,000ドルで売却する」と言ってしまい、Aの錯誤について過失なく知らなかったBが「8,000ドルなら買いたい」と言って、AB間に売買契約が成立した場合、AはBに対し、錯誤による取消しができる。
(令和2年10月「問6」より出題)
〇か×か

答え

×

解説

錯誤で取消しするには、まず表意者(勘違いした人)に重過失(ひどいうっかり)が無いかどうかをチェックします。
表意者に重過失が無ければ取消可です。
表意者に重過失があった場合、相手方に①悪意(知っている)②善意有過失(うっかり知らない)③共通錯誤があれば取消可です。
この問題の場合、表意者Aに重過失があります。さらに相手方Bは善意無過失ですので、錯誤による取消はできません。

それにしても、この問題は4年前の本試験の問題ですが、令和6年の為替レートと全然違うと思いました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>