タイトハンマーブログ

タイトハンマーブログ

わが家のリフォーム専門店


テーマ:

 地震から2週間以上経過しました。

 

世間も平常な状態に戻りましたが、あちこち家の屋根にはブルーシートが掛けられています。

 

地震の後に、これまで住まいのリフォームをさせていただいたお客さんの中で、おじいちゃん、おばあちゃんだけのお宅に電話してみたり、直接行ってみたのですが、どちらも特に大きな被災などなかったので安心しましたが、やはり皆さんなんらかの小さな困り事はありました。

 

 

こちらはFさんのお宅の2階の部屋の様子です。

 

本棚が倒れて、本棚の前面のガラス戸が割れて散乱していて、本も飛び出してバラバラです。

 

普段使っていない部屋だったので、とりあえずそのままにしといてもらって、他の仕事が落ち着いてから先週の金曜日に片付けをしました。

 

家具は転倒しないようにしっかりとビスや金物で壁に固定しないと危険です。

 

しかしガラス入りの本棚だと、たとえ壁にしっかりと固定していても、突発的な地震で中から本が飛び出してきたらガラスを突き破るわけですからそもそもが危険なものです。

 

できれば避けるのが賢明です。

 

また、別のお宅では、システムキッチンの吊り戸棚の扉が全部開けられないとのことでした。

 

中の耐震ラッチが作動したようで、全部解除して開けてきたのですが、ああいうのはどうやって解除するのかなど普通は知らない方のほうが多いと思います。

 

そもそもが耐震ラッチの存在すら認識していないのではないだろうか?

 

私自身、言われてから一瞬、あれ・・・??どうやって解除するんだった・・・・??

 

となってしまいました。

 

とりあえず、開き扉の突先(蝶番側の反対側)の上部を手のひらでバンと押せば解除できます。

 

 


テーマ:

 大きな地震から一夜明けて、街の様子も少し落ち着いた感じです。

 

しかしすごかってですね!!昨日の地震は!!

 

昨日は遅めの出勤で、ちょうど朝食を食べていたところに、ドドドんと衝撃が来て、なんじゃ!!トラックか何か家に突っ込んできたんか!!と一瞬思ったぐらいビックリしました。

 

私の家では幸い、壁掛けの時計が壊れたくらいで大した被害はありませんでした。

 

朝から早速Oさんから電話があり、少々混乱した様子で「屋根瓦が落ちてしまったんです」と。

 

すぐにブルーシートとはしごを持ってかけつけました。

 

 

棟の丸瓦とのし瓦がずれ落ちていました。

 

こちらは傾斜地の中腹にあるので、屋根の上から周りを見渡して見たのですが、見える範囲ではそう大きな被害は見られませんでした。

 

でも、瓦屋根は全面的な損壊はないのですが、一部損壊という状態はちらほらと見受けられました。

 

その後続々と電話が入り、今日も4件ほど屋根養生してきました。

 

辺りを観察しながら移動していたのですが、どうも寄棟の上り棟の部分がやられているケースが多いような気がします。

 

切り妻など単純な形状の屋根はやはり被害が少なそうです。

 

梅雨に入ったこともあり、なかなか屋根に登るのも危険で、今後の改修計画もすんなりとは進まないと思いますが、今後大きな余震が起こらないように祈るばかりです。

 


テーマ:

 Nさんの2人の息子さんは今年から高校と中学に進学しました。

 

それぞれに広い子供部屋があり、恵まれた環境で幸せです。

 

ただ少々の問題点もあったようです。

 

お子さんの成長とともに、だんだんと持ち物も増えてくるので、きっちりと仕舞えるところがないと、雑然とした空間になってしまいます。

 

元々大きなクローゼットはあったのですが、なぜか内部には普通は付いている棚やパイプハンガーなどはありませんでした。

 

扉を開けると、四角い箱のような空間があるだけでしたので、床に物を置いていて、ほとんど空間が遊んでいて機能していませんでした。

 

とてももったいない空間になっていました。

 

それで、今回パイプハンガー付きの枕棚を取り付けました。

 

 

 

内部の壁の両側面にはフックを付けました。

 

 

 

 

別注制作で本棚を作り設置しました。

 

棚板は10cmのピッチで上下可動式ですので縦方向のスペースを無駄なく活用出来ます。

 

収納する物品は、立てたり寝かしたり、たたんで重ねたり、吊り下げたりといろんな状況を想定して万全に対応できると整然とした空間を保てます。

 

スッキリと整理整頓された勉強部屋で、お子さんの成績アップも間違いなしです!!

 

 


テーマ:

 なんか天気がグズグズしていて、そろそろ梅雨入りも近そうです。

 

今日は、先日お引き渡しした外構工事のMさん宅に、頼まれていた表札が届いたので取り付けてきました。

 

 

ステンレスヘアラインの薄い板に黒色の文字を印刷したものです。

 

ごくシンプルなもので、景観的にもスッキリマッチしています。

 

こちらのお家は結構古い町家住宅です。

 

 

2階部分には虫籠格子の窓があり、とても風情があります。

 

2階に上がらせて貰ってはいませんが、今風にいうとロフトみたいになっているはずです。

 

つまり完全な部屋がある2階ではなく、天井の低い2階といった感じでしょうか。

 

お施主の娘さんの話では、天井にはまだ藁がむき出しで見えていると仰っていました。

 

多分、茅葺き屋根だったのを、現状の和瓦に葺き替えたので小屋裏に見える部分の藁が残ったのでしょう。

 

こういう古民家は中に入るとなんだか漂う空気がしっとりしていて気持ちがいいです。

 

最近のビニールクロスに包まれた温室のような家とは全然違います。

 

特にこれから夏場の暑い盛りには、窓を開けて網戸と扇風機だけでも十分過ごせると思います。

 

多雨多湿の日本の気候に合った伝統工法な訳です。

 

この辺りではこういう家も少なくなってきましたが、取り壊したりせずに大事に維持していただきたいと切に願うのですが・・・。

 

 

 

 


テーマ:

ここ1ヶ月ほど、外の工事が続いていて、先週で全部終了しました。

 

好天が続いたので、工程もスムーズに消化できて快調に進みました。

 

室内の工事と違って開放的だし、お客さんの生活とも切り離されていて、その分こちらも気持ちの上では楽です。

 

 

こちらのMさん宅の広い敷地にあった、はなれと土塀を壊した後に、新しく塀と格子戸の門を設置しました。

 

(after)

 

最後に土間の洗い出しをやって終了です。

 

(before)

 

 

 

 


テーマ:

ゴールデンウィークが終わって、仕事も通常モードに入りました。

 

私は、連休前も連休中も飛び飛びで仕事が入っていたりで遠くに出かけるとか、あまり連休らしいレジャーなどは特にはやっていません。

 

強いて言えば、取引先の業者さんにもらった甲子園の阪神・DeNA戦を子供達を連れて観に行ったくらいです。

 

 

なかなか良い試合でした。

 

やはり、ピッチャーはメッセンジャーが先発だったので、程よく引き締まった投手戦でしたが、得点は4対2で阪神が勝ちました。

 

連休前は好天に恵まれて、F様邸ガレージのコンクリート工事は無事終わりました。

 

 

連休の谷間に、カーポートを完成させて全て終了です。

 

(after)

 

車の駐車スペースのみコンクリートを打って、それ以外は芝生のままです。

 

グレーの味気ないコンクリートですが、以前より庭全体の景観としては引き締まって見えます。

 

(before)

 

工事前は車の駐車スペースのみ、土のままの土間の上に化繊のシートを敷いていました。

 

雨の日に下が緩んでぬかるむからです。

 

(after)

 

境目にはブロックを並べて土の面より少し高くして、雨の日に土が流れ込まないようにしています。

 

これでもう雨の日にうっとおしい、車の出し入れや乗り降りも快適になります。

 

他にも玄関門扉の工事もさせていただきました。

 

門扉が壊れていた訳ではないのですが、大谷石の門柱の方が表面がボロボロ崩落しはじめていたので、新しくしたいとのことでした。

 

(after)

 

(before)

 

 

 

こちらは祭日に行った、保育園のパーテーション工事です。

 

既設パーテーションの移設と、新設です。

 

写真は、新設したクリヤーアクリル入りのパーテーションです。

 

ホール内で、クラスを仕切るためですが、園児たちの様子を見守るために上半分を見通せるようにということです。

 

 

 

 


テーマ:

昨日の夜から雨が降っていて、明後日の生コン打ちができるかなと、ちょっと心配だったのですが、なんとかできそうです。

 

今日はコンクリート止めの型枠の代わりにブロックを積んで並べて、土間のコンクリートを打つ前の段取りをしました。

 

 

中程に横方向に二本、目地材を設置しています。

 

これはコンクリートにかかる荷重によるひび割れを防ぐためのものです。

 

明日は晴れるので、絶好のコンクリート打設日和になりそうです。

 

 


テーマ:

久しぶりの外構工事です。

 

ずっと住宅リフォームばかり続いていたので、たまには青空の下の工事も良いものです。

 

 

こちらのガレージは、地面が土のままで、その上にシートを敷いて車を止めていたのですが、雨の日は土が緩むので、ぬかるんでいたようです。

 

 

ですので、駐車部分のみ土を掘削して、コンクリートを打ちます。

 

ついでに屋根も新しくします。

 

 

とりあえず、約5m*3.5mほどの広さで15cm掘削して、5cmは採石を敷いてから転圧をかけて、残り10cmの厚みでコンクリートを打ちます。

 

職人の都合で、今週はここまでで、残りの工事は来週にやります。

 

春陽の日和で、屋外の工事もポカポカとして気持ちがいいです。

 

 


テーマ:

 

3月いっぱいで工事は終了して、その後少々やり残したことをやって無事お引き渡し出来ました。

 

今回の工事は椅子、テーブルなど家具類や、一部の厨房機器以外は含まれていなかったので、工事が終わった時点で即お引き渡しとなりました。

 

通常ですと、それらも請け負う場合が多く、工事終了後も数日間は家具のセッティングなど、付随する作業で動くのですが今回は予算の都合で別途となりました。

 

約2ヶ月間、パターン化した住宅リフォームとは違い、古家の解体から始まり以前とは違った形態へのリニューアルということで十分に頭の体操も出来ましたし楽しかったです。

 

Yさんありがとうございました。

 

年度が変わって約2週間経ちますが、世の中少し落ち着いたら感じでしょうか?

 

少しペースを落として落ち着けるかな・・・と思ったのですが、なかなかそうも行きません!!

 

バタバタと、今週と来週で3件ほど着工しなければならなくなりました。

 

会社に置いてある愛用のギターがリペアから戻ってきたので、おもいっきり弾いたるぞー!!と思っているのですが、なかなか時間が取れません・・・。

 

 

ネックのリペアのついでにピックガードをべっ甲柄で作ってもらいました。

 

ブラウンサンバーストのストラトだとカッコよかったかもしれませんが、このチェリーサンバーストだとちょっときついかな??

 

少々派手になって、なんとなく品がなくなったような気もしますが・・・まあこれはこれで結構気にいっています。

 

 

 

 


テーマ:

 現在進行中の店舗付き住宅の全面改修工事もいよいよ今週で完工します。

 

 

 

クロスや床材も貼り終わり、外装も仕上がり足場を解体できます。

 

じっくりと2ヶ月かけて、我ながらなかなかの出来だと思います。

 

最初はこんな家でした。

 

 

 

 

それを解体して、

 

 

こういう状態にしました。

 

 

東京オリンピックの年に建てられた家ですが、大規模に手を入れてまた新たな歴史を刻みます。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス