音快計画-ヴァイオリン弾きのお仕事とはッ?!-

お越しくださいまして、ありがとうございます!クラッカー



■ TVから、音楽の世界へ!

TV局のディレクターとして、番組の企画・構成・演出をしてきたのですが…職業ヴァイオリニストへの転身を決意し、音大へ!
卒業後、タンゴ、クラシックを中心に、ライブやレコーディングの

演奏・企画をしています!!!



『その名は、ピアソラ』

 ライブに、ドラマやドキュメンタリーの面白さをねじ込んだ、劇場型ライブ。

 ディレクター時代の遺産、ラジオと同じ方法で書いた台本。
 それはピアソラの人生を辿る物語。

 そこに挟み込まれた音楽が、ピアソラの心情を描き出します。
 物語と音楽が絡み合い、ぐんぐんピアソラの世界に引き釣り込みます!


 東京での4回の公演の後、ピアソラ生誕90年の2011年、
 この作品は、quoVadisと3月北陸、4月東海に旅をしました!
 予想を遥かに超える反響があり、無事終了いたしました。
 そしてピアソラ没後20年の2012年、
 スペシャル・ヴァージョンを上演、好評をいただくことができました。
 お世話になった皆様、ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

■ 2009年、アルゼンチンに行ってきました!

その顛末は、こちら
http://ameblo.jp/onkai-projects/entry-10230620030.html
からどうぞ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Zoomでヴァイオリンのレッスンをしてみると…? ④他のアブリと比べてみた!

 でーん!

 何だか分かりにくい写真になってしまいましたが、買ったマイクを、譜面台に無理やりつけて、オンマイクで弾けるようにしました。……本来はこういうものです↓。

 

 先月中頃から準備をしてきた、オンラインでのヴァイオリンレッスン。色々調べたり、実験したりしたことを綴っています。今回は、使用するアプリのこと。細かーい記事が続きましたが、ここからは逆にざっくりいきます。

 

 テレワークの人、データ上はそんなに多くないようなのですが、ここのところ通信が不安定になっている気がします。

 そこでスマホから、有線LAN(ケーブルで通信するやつです)が使える、ノートPCに機材を切り替えました。少し前提が変わっていますので、そのつもりでナナメに読んでいただけたらと思います。

 

 買ったマイクがUSB接続だったので、切り替えが簡単で助かりました。もちろん、PCで使う用途も考えて、あえて選んだものだったのですが、うまくいってよかった!こういうマイクです。

 

 色々と実験をしてみました。機材もですが、アプリも、ZoomSkypeMessengerと試してみました。

 LINEは、時々通話することがあって、想像がつくので省略。Skyphoneは、音がいいということは知っていたのですが、大画面で見る方法が、自分にはないので断念(先生側は、できれば大きな画面の方がいいと思います。やっぱり見易い)。Skyphoneは、大きめのタブレットなどお持ちなら、試してみる価値がありそうです。

 

 以下、まとめです。

 

Zoom

 比較的安定していました。Wi-FIの時は、画と音がズレたり、ちょくちょく時が飛んだりすることが気になる時もありましたが、有線LANではその時間が一瞬くらいな印象です。少なくとも、音は問題がなくなりました。後はセキュリティ上の問題をどうとらえるかでしょうか。

ZOOM Cloud Meetings

ZOOM Cloud Meetings

Zoom無料posted withアプリーチ

Skype

 いい瞬間は、一番いい音がしていたと思います。さすがに長年使われているアプリです。これも時々、時が止まるのですが、有線LAN時でも音も画もちょくちょく飛んでいるなあという印象でした。いずれも差は少々ですが、音はこちら、安定性はZoomでしょうか。

Skype for iPad

Skype for iPad

Skype Communications S.a.r.l無料posted withアプリーチ

 

Messenger

 ヴァイオリンのレッスン、という、この手のアプリがまったく想定していないであろう、特殊用途で使っているので、結局、どのアプリでも都合がいいはずはありません。Messengerは、音のタイプとして、比較的向いていないかも。ただ、前の2つアプリと、大きな違いがあるわけではありません。

Messenger

Messenger

Facebook, Inc.無料posted withアプリーチ

 

 以上、あくまで100%主観ではありますが、実験に協力してくれた人とは、同じ感想になったということは付け加えておきます。

 

 音質はもちろんですが、通信が安定していないと、見本をきちんと見せるのが難しくなる、ということが分かりました。これはあまり想定していなかったことで、音楽のオンラインレッスンをする上で、重要な要素なんだなと感じました。

 

 また、ヴァイオリンの音、というのが、条件として、一段とキビシイところなんだと思います。古い録音を聞くと、ピアノなどに比べても、ヴァイオリンの音質は実際とものすごく違いますが、そこにはレコードや昔の機材の良さはあります。

 それが、デジタルで音が悪いと、実物とまったく違うものに聞こえる上に、単純にストレスを感じるな、という感想です。

 おそらく音質については、どのアプリかよりは機材で差が出るようです。つまり、先生側のマイクはあった方が良いです。その上で、可能であれば生徒側に外部スピーカーかイヤホン(ヘッドホンは難易度が高い気がする)を用意すると、生徒にとってのクオリティは飛躍的に向上するでしょう。

 

 生徒の方の好みもあるはずですし、アプリもどんどん進歩していくはずです。急にダウンすることもあり得ます。常にいくつかの手段を確保しておいた方がいいだろうな、と思いました。

 

 ところで、Zoomでレッスンをするようになってから、妙に疲れを感じます。伝染病の蔓延のせいか(神経質にならざるを得ない)、引きこもって人に会わないからか、やっぱりズーム疲れなのか。

 どこかの国では、ロックダウン下で、飲んだくれている人が多数いると聞きましたが、納得~!!

 

 何だか久しぶりに、グダグダ書いた気がします。書き遺したこと、まだあったような気がしますが、忘れちゃいました。思い出したら、つづきを書くかもしれませんが、おそらく、これにてお仕舞いです。

 読んでくださり、ありがとうございました~!

Zoomでヴァイオリンのレッスンをしてみると…? ③スマホにマイクを付けられないだろうか?!2

 なんでこんな細かいことを書いているんだろうと、我ながら呆れますが、こういうことが分かっていたら、かなり楽だったなあとやっぱり思えます。それほど、面倒なマイク選びです。

 

 周波数特性や感度など、色々な点から検討しましたが、やはり用途にあっているかが重要で、間違ってもカッコよさで選ばないようにせねば。スペックもさることながら、使いやすさに重点を置くことにしよう、という方針で絞っていきました。

 

 元々、経緯から、マイク端子に差し込むタイプのものを探していたわけです。しかし、色々なマイクの情報を見ていて、段々、ノイズが少ない方がいいのではないかと思うようになりました。そうすると、USBマイクがいいらしい(電源の問題もあります)

 

 また、持ち運ぶ、ポータブルレコーダーに挿して使うなら、小さいのがいいし、動画を撮ることも考えるなら、ガンマイクスタイルものもあります。家で使うなら、大きさよりは、設置のし易さとか、重要ではないか。レッスンの最中にマイク落としてバタバタするとか、あり得ます……。

 

 他にも、指向性や、マイクに付いたスイッチなどなど、色々なポイントがあります。僕は、オンラインレッスンで使えなかった時の、別の用途も考えて、性能が少し劣っても、簡易スタンドのついたUSBマイクを買うことにしました。

 

 高くないものでも、マランツのPod Pack 1なんて、かなりのスタンドまでついていて、これがいいなあと思いました。オンマイクで弾く練習にもなりそう。ソニーのBlueのyetiオーディオテクニカのAT2020USB+とか、どれもメリットがあります。結局、失敗した時のことを考えて、FIFINEのK669にしました。

 

 

 

 

 

 

 途中から、どれでもいいのだと思うようになっていきます、自分が情報を整理しできて、その上で決められれば。何を選んでも、届くと嬉しくなるほどカッコいいんだし。

 

 ところで、おまけですが、USBにも色々ありまして、パソコンに付いているようなもの(Type-A)も、2.0だったり、3.0だったり。

 近年のスマホには、Type-CといわれるUSB端子がついていますが、これをType-Aに変換するアダプタが売られていることがあります。これは少し危険らしい。ふむふむ。え?このType-Cにも、実は何種類もあるんです?……?2.0、USBPD、3.0。いい加減にして~!本当に疲れた~!!写真を付けたりするのは、後日にします。

Zoomでヴァイオリンのレッスンをしてみると…? ②スマホにマイクを付けられないだろうか?!1

 ヴァイオリンのオンラインレッスンをするために必要なこと、特にZoomを使ってみたい方々に。

 オンラインレッスンの宣伝は沢山出てくるのですが、調べてもやりようは分かりません。特に東京都は、すでに逼迫した状況になっていて、今すぐにでも始めないと、無収入(=無職)に陥ってしまう人も多いはずです。しかし、実際どうなるのか、どうしたらレッスンのクオリティを保てるのか、分からずに始めてしまっても、生徒たちに迷惑をかけてしまうし……、そう考えている人も多いと思いました。これでできるはずです!共に生き残りましょう!!

 この回からは細かくなりますので、関係のない部分は、容赦なく読み飛ばしちゃってください。

 

 さて、音の問題は、原因が3つ考えられると思いました。

①マイクに問題がある

②マイクの拾った音が圧縮され過ぎている

③再生側のスピーカーに問題がある

 多分、全部が当てはまる。

 ①、これがとても大変だったのですが(今回のテーマです)、一番何とかできることです。

 ②は、アプリによるもので、これも試してみました(次回以降に書こうかと)。

 ③は、気にならなければイヤホンかヘッドホンをつけてもらうと、かなり改善されます。外部スピーカーにつなげてもらっても改善します。

 

 ここでの問題は、マイクです。これが難しかった!

 スマホのカメラは優秀なので、画面は小さいですが(PCのモニターに写すこともできますし)、とにかくマイクです。マイクさえ、ちゃんとできればいいのではないかと。

 

 スマホは、そういえば、イヤホンなどの端子を差し込む口が1つしかありません。もう一つ、差込口がありますが、それはUSB端子などです。

 マイク端子ってないの??

 これをまず調べました(この先、マイクに問題のない人は、容赦なく読み飛ばしといてください)

 

 結局、スマホの端子は、普通のステレオ端子じゃないということが分かりました。

 こんなです。凸凹が4つあるのです。

 ヘッドホンや、昔からある民生用のマイクは、こんな端子です。

 凸凹の数が違う!

 そんなこと、考えたこともなかったのですが、確かにそうなっている…。ここで、ピンと来た方もおられるでしょう。そう、スマホの端子は、ヘッドホンなどの端子と、マイク端子が合体していたのです(4極端子というらしい)。それで、差込口が1個しかない、ってことです。なるほど、理解。

 

 え?しかしそれは困る。マイクはどうすれば?!と絶望しかけたのですが、思い付きました。

 当然、同じことを考えている奴らがいるはずで、この4極端子を、ヘッドホン・イヤホン部分と、マイク部分に分ける部品があるんじゃないかと。

 ありましたぁ!

4極3極変換ケーブル」という、インチキな検索ワードでも、律儀に出てきてくれます。

 これをスマホにつなげて、マイクとヘッドホンをつなげて、しかもヘッドホンを装着して楽器を構えた様子を想像すると、…かなり笑えるのですが、とにかくあった。やっとマイクだ!

 ……と、その前に、4極端子にも、2つ、規格があったのです(一体どうなっているんだ……)。OMTPとCTIAというのですが…。もう知らん!と言いたくなります。自分のスマホの機種名と、OMTP、CTIA、と入れてぐぐってみたところ…、ハッキリ分からない。OMTPは、主に古い機種で使われているので、多分CTIAでじゃないか、ということで(面倒になった)、見切り発車することにしました。この調子なら、ダメでもどうせ変換プラグはありそうだし。

 

 マイクを選ぶ前に、自分が持っているもので試してみて、どんな性能が必要なのか、調べてみようと思いました。

 そこで、昔むかし使っていた、ソニーのステレオマイク(ECM-MS907)を探し出し、普段使っているPCMレコーダー(RolandのR-05)も、つないでみます。

 

 

 ここで、思いもよらないことが分かりました。マイク端子に何をつないでも同じ音になってしまう。なぜ……??

 理由は簡単でした。つないだマイクではなく、スマホ内蔵マイクが音を拾っていたからです!これは、iPhoneでは起こらないことらしく、Androidだとなってしまうようです。何とかならないのだろうか?

 しょうがないので、もう一つ、アプリを入れました。

「レッサー音声切り替えhttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.nordskog.LesserAudioSwitch&hl=ja)」です。なんでこんな名前なんだろう?よく分からないのですが、レッサーパンダの絵が出てくる……。音声を好きな出力に切り替えるためのアプリで、マイクの切り替えもできました。USBやBluetoothデバイスにも対応しているらしい。名前は謎に満ちていましたが、優秀なやつでした!
レッサー音声切り替え

レッサー音声切り替え

Roughy無料posted withアプリーチ

 

 ようやく外部マイクで録音できるようになり(時間がなかったら、この辺りで絶対に諦めているところ…)、早速確かめてみます。

 うーん、こりゃダメだ。古いマイクは、音が小さい上に、ものすごいホワイトノイズが乗る(壊れてしまっているかも)。レコーダーでも、かなりのホワイトノイズが乗るのと、なぜか1秒に1回くらい、パスッという感じの軽いノイズが入って、微妙。さすがに無理があったみたいです。

 

 ここから、色々な用途も考えながら、マイクを調べまくりました。

 マイクの種類は、ものすごく沢山あるのです。この場合、コンデンサーマイクがいいのだと思います。オーディオテクニカのAT9911ソニーのECM-DS70Pみたいな、とんでもなく小さいものから、なんて、オーディオテクニカのAT4040RODEのNT-2Aのような、本格的なものまで。いやーどれもカッコええなあ。しかし、どれだけあるの……?!

 ……キリがないので、一度ここで切ります。

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>