1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-05 20:28:56

【メモ】バルブクリアランス調整【Zoomer-X】

テーマ:ZOOMER-X
距離 25000km
IN0.05
EX0.08

備考:
カバーボルト折れにより、折れたボルトを首元から切断、センター穴開け加工後・M6タップ加工・40mmM6ボルト埋込によりカバーボルトの新造に成功。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-03 18:17:43

電動アシスト自転車ゲット!

テーマ:自転車

前回の投稿からスッゲー間が空きましたねw

 

まぁ、そんなにネタが有る訳じゃないので

コレからの更新頻度もこんな感じかと・・・w

 

で、ひょんな事から、電動アシスト自転車をゲットしました。

 

そのまま乗るには、少々不具合がありましたので

メンテついでに、カスタムしちゃいましたw

 

3速で巡航しようとすると、脚がついて行かないんです。

まぁ、鍛えろよ!って事なんですけど

生来の不精者なので、その辺は自転車側を合わせるって事で・・・w


作業し始めてから、ブログに上げる事決めたので

作業始めの写真撮り忘れましたw

つか、作業途中も色々撮り忘れてますw

 

ってな訳で、ドリブンスプロケットの交換です。

ノーマルが22Tだったので、無加工で取り付けられる(であろう)

16Tに交換します。

 

 

写真左のCリングをサクッと外して、スプロケットを取り外し

 

 

右のスプロケットをサクッと取り付けます。

 

 

で、車体に取り付け終了。

 

お次は・・・

アシストギアの交換です。

 

 

右側のスプロケットを交換します。

 

 

ノーマルギアが9T

交換するギアは11Tです。

 

ノーマルギアの厚みが約2.1mm

 

 

取り付けるギアの厚みは約2.0mm

 

 

厚みが違うのでシムで調整します。

 

 

・・・すいません、取り付けた後の写真撮り忘れましたw

 

アシストギアの送り量を変えても結局は

高速域でのアシストが切れてしまうので

 

前輪のホイールマグネット(スピードセンサー)も加工交換します。

 

 

右側が、加工後のホイールマグネットです。

 

左側のホイールマグネットは前期型のNWG137ですが

注文し届いたのはNWG144でした。

前期型の物は、スポークに引っかけてあるだけなので

振動や衝撃で外れる可能性があるようなので

裏側からプレートでしっかりとねじ止めされる

NWG144に変わったようです。

 

 

で、これも取り付け中&後の写真取り忘れてますw

 

 

でまぁ、取り付けてる最中に、ベアリングのガタ&ゴリゴリが気になったので

グリスアップ&玉辺り調整して組み上げです。

 

という感じで、ちゃちゃっと全体を組み上げて調整して終了。

 

 

ちなみに、冒頭で言ってた不具合は前後ブレーキやら

各部ベアリング類だったのですが、調整&グリスアップで

問題なかったので割愛しました。

 

あ、そうそうアシストギアとドリブンスプロケットを交換したので

チェーンを一コマカットしました。

 

とまぁ、カスタム&チューニングは、こんな感じで終了なのですが

なんというか、バイク乗りのサガなのか

やっぱりスピード表示は有った方が良いよね~

って事で、ホームセンターで、一番安い(980円)サイコン購入w

 

サイコンに付属してるマグネットを使っても良かったんですが

自転車に標準でホイールマグネットがついてるならソレを使ってやろうと

こんな感じ↓で、マグネットセンサーを取り付け

 

 

(うわーわかりにくい・・・w)

1周で3回マグネットがセンサーを通過するので

周長を1/3に設定

(26吋なので2080mm÷3≓631~634mm位で設定)

スマフォのGPS機能で速度チェックしながら設定値を微調整しました。

 

サイコンはこの位置↓に取り付け

 

 

これで、近所の買い物にバイクださなくてすむぞ-!w

 

あ、そうそう

肝心のカスタム後の乗り味ですが

アシスト前提のギア比ですw

 

高速域は快適ですが

平坦路での発進は3速発進は辛いですw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-08-31 11:55:45

SSDベンチ(0fill)

テーマ:ブログ
なんかSSDのベンチマークを0fillでやると良い結果がでるらしい。

ということで、やってみた。




まぁ、たしかにちょっとよくなったねw

まぁでも、いくら数字だけよくなっても実際に使う環境で良くないと意味ないよねw
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-08-30 21:58:39

PC瀕死~新生

テーマ:ブログ
先週、日曜日の朝に突如(という訳でもないが・・・)電源を入れても
Boot出来なくなり、そろそろHDDが逝く気がしてただが
やはり、PCが使えなくなると色々と困るもので・・・

いい機会なので、起動ドライブをSSDにしてみようと思ったのですが
X58系のチョイ古マシンなので、SATAが3Gb/sまでしか対応してない
おそらく2.2TBの壁も存在しそうなので
容量の大きなHDDも搭載できない・・・

そんなこんなで、6Gb/sのインターフェースも、この際だから搭載してしまおうと思います。
どうせならBoot出来てUSB3.0も一緒になってて安いのが良い

候補としては
AREA Two-Tone Double Arm Suplex (SD-PE4U3SA3-2E2IL)
・玄人志向 SATA3+USB3.0-PCIE2
の2種に絞られてしまった。

理由としては
・x4のPCI-Eで接続できること。
・ボードにBIOSが搭載されていてブートが可能なこと
・USB3.0がオマケでも付いてる事

正直、AREAのほうが安かったのだがSSDも同時に買いたかったので
200GB以上のSSDでソコソコ転送速度の速いやつ・・・
と色々調べていたら
siliconpowerのSP240GBSS3V70S25と玄人志向 SATA3+USB3.0-PCIE2を同時に買っていたw

実は、SSDを買う前にハイブリッドHDDなる物を買っていたのだが
当方の環境下では著しく不安定で
OS(WIN7)をクリーンインストールしたにも係わらずブルースクリーンが頻発するという
よく判らない症状が出てしまったため
それならばと、インターフェースを込みで導入してしまおうと考えたわけである。

結論から言うと、現時点で至極安定動作しております。

ここの来るまでに紆余曲折あったのだが全部は書ききれないので
一部だけ紹介すると・・・

パーツをPCに汲み上げるのに邪魔くさがって
全部一編に組み上げてしまったためなのか
Bootドライブとシステムドライブが分かれてしまうという
なんとも不可解な現象が起きてしまった。

まぁ、OSのクリーンインストール時に起動ドライブだけ接続し
インストールするとこの現象はなくなった。 #当たり前ですね。

この現象が確認できたのが、データのバックアップを取っていたHDDと
新しく購入したSSDを同時に接続し、クリーンインストール後に
データをHDDからSSDに戻し、電源断後にHDDを外し起動するとBootしないという・・・

長年PC時触ってきましたが、こんな事もあるんだなぁと勉強になりました。

ってな訳で、ベンチなんぞを取ってみた。

その前にシステム構成的な画像を貼り付けておきます。


CPU


メインボード


メモリ


SPD


グラボ


インターフェースボード+SSD


インターフェースボード+SSHDD(ST1000DX001)


メインボードSATA+HDD(WD20EARS)


メインボード+死にかけてたHDD(ST31000528AS)



あれ?死にかけHDDがなぜか速度出てる・・・なんでだ?w
SSHDDは微妙な結果ですねw
ちなみに、SSHDDは起動ドライブにすると挙動がおかしかったですが
データドライブで使用する限りでは、なんら問題も起きてません。

フルフォーマット後に全領域でチェックディスクをかけてみましたが
何のエラーも検出されませんでした。

まぁ、これはこれで良しとしますw

総評:起動ドライブにSSDはPC起動が気持ち良いですw
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-04-06 19:14:01

やっちまったなぁ・・・違う意味で;;

テーマ:ラジコン関連
先日購入した、VFS-FRですが・・・

ちょっとしたアンプテストをしたら、火を噴きました。

ぬぅ・・・残念

予備用のアンプを中古で探そう・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-04-03 17:45:03

無制限?ブラシ用アンプ

テーマ:ラジコン関連
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

やっちまった・・・w



KO社製 VFS-FR 買っちまった・・・
まぁいいや、予備に置いとこうw
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-31 17:02:52

やっちまったなぁ・・・

テーマ:ラジコン関連
ヘリオスくん用のバッテリーが届いたので
さて、取付けようとしたら端子が違う。

何とか取り付けられないかと、ウダウダしてる間に
逆接してしまいました;;

電池ボックスに取り替え、スイッチを入れてみても動かない・・・

こりゃやっちまったなーと、項垂れながらも
一縷の望みを込めて、殻割りしてみた所
電源スイッチ部の基板が焼けている。

その他の本体基板には一見して損傷が無い様に見えるので
こりゃラッキー!ってなもんで、焼けた基板のランド部に手持ちの
電子基板信号用のジャンパー線を半田付けしてみた所
無事本体の電源が入る様になりました。

直った!と思うのもつかの間、
本体裏の2.4GHzモジュールのLEDランプが点灯していない・・・
もしや・・・と思い、モジュールを取り外して軽く振ってみると
カラカラと音がする。

あぁ、逆接で表面実装の何かが弾けたんだなぁと
呆然としてみても仕方が無いので
とりあえず、分解ww

案の定、電源用のチップコンデンサーが破裂してました。



こんなモノ、新品を手持ちで持ってる訳がないので
何か使えるモノは無いかとジャンクパーツのが入ってる段ボール箱をガサゴソ・・・

壊れたLANHUBが「僕を使って!」と問いかけてくる(ウソ)
とりあえず何か付ける部品があるんじゃ無いかとLANHUBを分解(本当)

・・
・・・
・・・・
ありました!
表面実装用では無いけど・・・
付いていたチップコンデンサよりも少し耐圧低いけど・・・
容量はぴったりなので早速LANHUBから取り外し
2.4GHzモジュールに移植!



無理矢理感満載だけど、とりあえず付いてるw

と言う訳で、元通りに組上げて恐る恐る本体に取付け電源ON!

お!LEDランプ点いてる!

気をよくして受信機の電源もON!

お!お!ちゃんとサーボもモーターも動くぞ!
直ったー!!!!

と言う事で、今回の修理劇は終了ですw
ついでに、電池ボックス内に汎用送信機バッテリー用のコネクターも増設しときました。

皆さんも逆接には注意して下さいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-03-30 16:31:51

何となく始めました。

テーマ:ラジコン関連
何となく、友達のを見てて始めてしまいました。

という訳で、うちの子紹介。





タミヤのM-05シャーシです。
なんか、始めてスグなのに、色々オプションパーツが付いてるのは、ご愛敬w

電気モノ関連は、トイガンの資産が使えるので良いですね。

こやつを、操るプロポ(リモコン)が必要なのですが
こいつも、昔GPをやっていたおかげで手元の資産を使いました。



KO(近藤科学)のEX-10 Helios(ヘリオス)です。
GPやってた時は、FM40MHzでやってたので
これを最近流行の2.4GHzに換装しました。

と言う訳で、受信機も変わります。



雨上がりに走らせた後なので、少々汚れていますがご勘弁。
KR-408Sという受信機です。
2.4GHzにする為には必要なのです。

で、スピードコントローラ(所謂アンプ)は



タミヤのTBLE-02Sです。
コレを選んだ、理由はブラシモーターもブラシレスも使えるから
ただそれだけw

始めたばっかりのヘタッピなので最初はこんなもんで・・・
(じゃ、なんでいっぱいオプションパーツ付いてるんだ!」ってのは無しの方向でw)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-13 16:27:23

何かずいぶん間が空きましたねぇ・・・

テーマ:ブログ
とリアとりあえず近況報告。

バイク(ストトリ)売りました。
高速乗れるバイクありません。

これから何しようか悩んでます。

溶接の勉強してます。

とりあえず。TIG下向きと手棒下向きの資格だけ取りました。

今のところそんなとこ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-11 19:16:14

【人柱】MIDLAND BT-NEXT購入【インターコム】

テーマ:インターコム
B+COM SB213.EVOをペアで、先日まで使っていたのですが
だんだんと、ケーブル部分の接触が悪くなり
とうとう、内部で断線した様なので
修理を検討していたのですが…

ケーブルを修理する前に、ペア中の一台が電源ボタンを長押ししても
電源が入らなくなってしまいました。

スピーカーやマイクを本体に接続するためのケーブルというのは
経年劣化や、使用状態で断線するというのは考えられるのですが
ソレの補修部品が、ユーザー側で手に入らない
というのは、いただけないです。

っと言う訳で、他社メーカー購入の検討しました所
海外メーカーですが、MIDLANDというメーカーの
BT-NEXTを購入致しました。
トランシーバーを作っているメーカーでは老舗だそうで
今回、購入に至ったのは、他社メーカーとのペアリングが出来ると言うのが
一番の理由かもしれません。

以下、カタログスペック等...



購入したのは、当然ペアモデルです。

意外と、箱は小さめでした。


中身は、この様に入ってました。


内容物は、こんな感じ


早速、ヘルメットへの取り付け敢行。

アームマイクもワイヤーマイクも
本体からケーブルで配線されるので
かなり自由度が高く取り付ける事が可能です。

シルテムヘルメットやジェットヘルなどに
B+COMのアームマイクを取付けた事がある方は
ご存じかと思いますが、本体中央部または下部から
アームマイクが生えている為、シールドやチンガードの下部を
巻き込む様にヘルメット内部の口元へとマイク部分を差し込まなければならず
特にSB213.EVOの場合は、マイクを取り外し出来る様にしたのが仇になり
走行風や振動で、マイクが本体より外れると言う事がありました。

上記の様な事があったため、僕はワイヤードマイクを
頬パットの内部へ差し込みシールドを閉めた時での会話を
ヘルメット内部の反響音を利用して、マイクに声を拾わせていました。

今回、購入したBT-NEXTは先に書いたとおり
アームマイクでも、通信機本体からはハーネスで接続する形をとっており
自由な位置にアームマイクを設置する事が可能です。

これから記載するのは
私の使用するヘルメット(SHOEI MALTITECK)への
設置方法の一例です。


マイクの設置は頬パットを外して顎紐(ネックストラップ)の根元部分に
付属のベルクロを貼り付けて設置しました。


スピーカーは、耳が収まる部分に丁度良い窪みがありますので
ソコに同じく付属のベルクロを貼り付けて設置します。


左右同じようにスピーカーを設置したら
ケーブルが、かなり余ると思いますので
頬パットと衝撃緩和用の発泡スチロールの間に纏めます。


頬パットを取付けたら、アームマイクがこの様な形で収まります。


後は、本体の位置決めをし
ヘルメットへ確実に取付ければ完了です。

以下は、オマケですが
嫁のヘルメットに取付けた際の画像です。
頬パットとシェルの間に、良い感じの空間がありましたので
ソコへアームマイクを設置しました。
スピーカーは、以前と同じ位置に取付けました。

んで↓の様な感じになりました。

では、取り付けが完了しましたので
近所へ買い物ついでに、使用感のテスト&インプレを…

電源ボタンを長押しすると
電源が入った際に、短い音楽が流れ電源が入った事を知らしてくれます。
その後、現在のモードが英語でアナウンスされます。

ペアリングされている機器を呼び出すために、
登録されたボタンを押すと、ほぼ瞬時に繋がり通話が可能になります。

既に、ココで感動w
以前使っていたB+COMですと、電源ボタンの感度が悪いのか
電源ボタンを長押ししても電源のON/OFFがまともに出来ない事が多々あり
電源が入った後も、ペアリングされている機器を呼び出すのに
登録したボタンを押してから、結構な時間を待たされます。

正確に計った事はありませんが、呼び出しボタンを押した後
バイクのエンジンを掛け・バイクに跨がり・タンデムライダーがタンデムステップに
足を乗せる瞬間くらいまでの時間が掛かります。

話はBT-NEXTに戻ります。
走行中の会話は、特に不都合は感じません。
ノイズキャンセラーの性能が良いのか、風切り音は皆無でした。
スピードを上げていくと、走行風による外音感知なのか
音量が自動的に上がりますので、外音で聞き取りづらいと言う事もありませんでした。

また、B+COMとの比較なのですが
B+COMにもノイズキャンセラーは搭載されているのですが
会話をしている双方が無言の状態が暫く続くと
スピーカーから風切り音が聞こえてきます。
これが曲者で、自分のヘルメットが出している風切り音なら
内部反響で気にならないのかもしれませんが
ペアリングしている相手の風切り音が聞こえてくるので
五月蠅い以外の何者でもありません。

会話を再開すると、徐々にノイズキャンセラーが働き
風切り音が聞こえなくなっていくのですが
会話を辞めると、また風切り音が徐々に聞こえてくるんです。
このB+COMのノイズキャンセラーが、どういう仕組みになっているのか判りませんが
乗っているバイクの排気音などもキャンセリングする様で
長時間同じバイクを乗り続けた後に、違うバイクに乗り換えると
乗り換えた直後から暫くエンジンノイズや排気音を、もろにマイクが拾い
少しの間、ノイズキャンセラーが効きませんw
この状況には慣れるまで暫く笑わせて頂きました。

総評ですが
今回購入した、BT-NEXTは全てにおいてB+COMを上回っていると思います。
あえて、デメリットを上げるとすれば
通常時の音量が若干小さく感じる事でしょうか・・・

それも、ノイズキャンセラーがしっかり働いていて
相手の声がB+COMよりもシャープに聞こえますので、問題は無いと思います。
あとは、海外製品なので保証などでしょうか?
その辺りは、「株式会社 LINKS」様がしっかりとしていらっしゃる様です。

そうそう、購入に至った理由の「他社製品とのペアリング」ですが
B+COM SB213.EVOとのペアリングは成功致しました。
が・・・しかし・・・
B+COM側から、BT-NEXTは携帯電話と認識されるみたいで
B+COM側からの呼び出しは出来ませんでした。
BT-NEXT側からB+COMを呼び出し、B+COMで着信を受けるかたちで通話は可能でした。

さぁ、BT-NEXTはどれくらい耐久力があるのか見物ですw



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。