蒸ノ湯温泉 ふけの湯 ☆ 宿泊記1

 

2018 北東北秘湯めぐり おんせん 其の八

 

其の一 序章はこちらから → 

其の二 豪華!マイ海鮮丼 → 

其の三 八幡平アスピーテラインを走る☆

其の四 藤七温泉・彩雲荘 ☆ 八幡平で絶景混浴露天風呂

其の五 藤七温泉 彩雲荘 ☆ お山のランチバイキング

其の六 八幡平・大深温泉 ☆ オンドル小屋体験

其の七 八幡平・大深温泉 ☆ 癒される木造湯小屋

 

 


八幡平最古の秘湯 蒸ノ湯温泉 ふけの湯

公式サイト→ http://www.fukenoyu.jp/index.html

 

住所: 秋田県鹿角市八幡平熊沢国有林内

TEL: 0186-31-2131

 

日帰り入浴 可

営業時間 8:30~16:00まで

料金 大人600円 小人300円

 

※冬季休業(今期営業期間11月上旬まで)

 

 

 

 

↓ まずは1回ポチッとな(。・ω・)ノ゙
 にほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

主様たちとの出会いと

オンドル体験が楽しかった大深温泉おんせんをあとにして

アスピーテラインに戻ると、すぐ目の前にふけの湯の入口看板。

ただしここからまだ500mほど入る。車

 

アスピーテラインを岩手県側から上って来ると

最初にギリギリ岩手県にあるのが藤七温泉おんせん

県境を超えて15分ほどの秋田県側に、

ここ大深温泉おんせんふけの湯おんせんがある。

さらに下ると後生掛温泉おんせん

 

八幡平で湯めぐりをするにあたり

宿泊をどこにするかで悩んだのだはて??

順番からすれば、藤七、ふけの湯で立ち寄り湯して

後生掛に宿泊するのが一番無駄がないsei

 

が!!!怒るフン

 

いろいろ調べていて気付いてしまったのだ。

後生掛は温泉撮影禁止撮影禁止だが、ふけの湯はOK!!!

そこ、一番大事なところ(^_-)-☆

 

 

当初予定していた、

後生掛での入浴を大深に変更したことで

(ガス欠対策のためねww)

時間的にも余裕ができて、4時ジャストにふけの湯到着!!

 

チェックインは15時から。

もう何台も車が停まっていた。駐車場

が、どう考えてもこの日の宿泊客より多い車の台数。

日帰り客のものもあったのかもね。seiうしし

 

青空に映える赤い屋根。キラキラ

廃校の校舎みたいな横長の建物が可愛い♪(笑)

 

ちなみに↑の画像は翌朝撮ったものでねカメラ

到着時は夕方でなんだかどんよりだったから(笑)。

一応載せてみようか?苦笑い

 

 

ほら、どんより。(爆)

 

 

建物の前が広い駐車スペース。

どこでもご自由にどうぞ状態で

そこから後ろを振り返ると、何やら噴煙?!

いえいえ、水蒸気!湯気です(笑)。

 

 

これこそが蒸ノ湯温泉たる所以!

名物野天風呂!!

まずはチェックインしてからゆっくり浸かりに行きましょうねぇ♪

 

 

秘湯感満載の入口。

 

 

日本秘湯を守る会の会員宿。

でも、某予約サイトの格安限定プランで申し込んだので

スタンプ押印はありませぬ・・(;´д`)トホホ。

 

この右手の大きな切株みたいなのは何かしら?

喫煙所?

あとで確認しようと思ってて忘れたわ(爆)。

 

 

左手奥がフロント、こちらでチェックインの手続きを。

 

玄関にスリッパは並べられておらず

宿泊者にはパイル地の使い捨てスリッパが渡される。

 

自分で目印を書く(笑)。

名前でも良いし、絵でも良い。

自分で分かれば何でもいいのだ(^_-)-☆

 

 

旦那が部屋番号を書いた。

二足もらって二足とも同じように書いたから

いつも二人でどっちがどっちかわからなくなった・・ちっ!怒る

 

 

フロントのさらに奥にふけの湯神社。

ここにも金精様が祀られている。

子宝の湯だね♪

 

隣は売店、お酒や飲み物、菓子などが買える。

寝る前に何か買おうと言っていたのに

気づいたら閉まっていた。

山の売店は閉まるのが早いのである(爆)。

 

 

右手奥へと続く長い廊下。

建物は古いがピカピカに磨き上げられた廊下が美しい。

ここも昭和の時代の学校のようで、何気に郷愁が湧くのである。

 

 

おじゃる☆たちの部屋は一階。

フロントから左手に進んだ一番奥。

鍵をもらって自分たちで行く。

フロント側から撮れば良いものを、なにか間違えたねww。

 

 

ドアを開けると小ぢんまりとした8畳間。

 

あれぇ~?はて??

写真では広縁ついてなかったっけ?

 

あ、そうか。

お日にち限定の格安プランだから広縁はなしなのか(爆)。

窓の障子を開けると、外を通る人と目があうよ。

先ほどの湯気が噴出していた野天風呂から帰って来る方々(爆)。

 

ちなみにどれだけ格安かというと

通常2人利用で@14,000円(税別)のところ、@12,000円。

そのうえサイト発行の割引クーポン1500円がゲットできたのでさらにお得ww。

お得、お得の大安売り!!

 

 

モザイクは荷物が散らかっていたからね。

隠すところがなかったのww。

狭いけど、清潔で問題のないお部屋だわよ。

 

 

座卓の上にはモロコシの落雁みたいな?

これ、素朴で美味しい(#^^#)。

おじゃる☆好き♪

 

お茶はティーバッグww。

全然かまわんよ~。

 

 

つげ義春だ!

これ、アイシングクッキー小町のアスカ先生が喜ぶやつ(爆)。

 

1960年代の後半蒸ノ湯を訪れたつげ先生。

当時はまだ粗末なオンドル小屋での湯治旅(笑)、

その様子を漫画に描いておられたのねww。

この話しは読んだことなかったので嬉しい♪

 

 

衣装箱に、半纏・作務衣・バスタオル・タオル・歯ブラシ。

 

 

オレンジのバスタオルと名入りタオルをセットにしてみたww。

また一つコレクションが増えた!ヽ(^。^)ノ

 

 

こちらが作務衣。

浴衣より動きやすくて良いよね(#^^#)。

 

 

103号室の鍵。

 

 

 

ドアを開けた踏み込みの横にトイレ。

今回は3泊4日なので、抑える所は抑えなきゃ!!

って、格安プランで申し込みはしたけれど

唯一譲れなかったのがこれ、トイレww。

 

夜中に一人でトイレに行けない五十ウン歳なんで。

すみませんね(爆)。

 

 

でも洗面所は付いていないので、フロント前の共用を使用。

新館だと洗面・トイレ付のお部屋もあったみたい。

秋田杉とか青森ヒバを使った贅沢な和洋室よ(^_-)-☆。

一人2万円くらいしてたから、家とは無縁だわww。

 

 

洗面所は左手ロッカーがチラリと見える奥にあるの。

部屋に金庫が無いので、貴重品はロッカーを利用。

100円は・・、確かノーリターンだったかしら?

忘れたわね(爆)。

 

 

長い廊下の先、突き当りが内風呂浴室。

手前には食堂、朝夕食はここでいただくの。

 

 

浴室前まで行ってみたけど、おっとその前に!!

楽しみにしていた野天風呂、

まずはそっちから行っとかなくちゃ~~!ヽ(^。^)ノ

早くしないと熊がでるぞ~~(爆)。

 

次回、温泉編へ続く~♪

 

 

 

今日も応援、ありがとうーー!!ヽ(^。^)

1日1回、愛のポチをお願いしまぁ~~~す♪

下

にほんブログ村

 

読者登録してね