母校の大学で講演しました

テーマ:

日本滞在中にやったことといえば、

母校の大学から声をかけていただき、大学生向けに講演する機会をいただきました!

久しぶりの母校と、大学生に会って、自分が大学生だった頃のことを思い出すなぁ。

 

今回は大学生の方たちに、何か少しでも役に立つようなことを話そうと準備していました。

90分×2回の講演。

講演が終わった後、10人以上が質疑応答をしてくれて、その後直接感想を言いに来てくれる学生さんもいて嬉しかった!

 

私が話したのは大したことではなく、

私の大学生時代の話、自分と向き合って進路を決めた経験談。なぜミャンマーの社会問題と日々向き合っているのか。困っている人を助けるとは何か。そんな話。

 

“何もかもはできなくとも、何かはきっとできる。"

どこかで知ったこの言葉が、少しずつでも何かして行こう。そう思わせてくれています。

 

学生の頃、発展途上国に行き、学校に行けない子どもや親のいない孤児やストリートチルドレン、彼らの希望と絶望の声を聞きました。

今は学校に行けないけど「学校の先生になりたい」という子、「自分は貧しいから今を生きることに精一杯で夢なんて考えられないよ。」という子。

一方で、私自身は少しでも誰かを笑顔にできること、それがすごく幸せであることも知りました。ストリートチルドレンの子どもに簡単な英語教室を開いた時の子ども達の楽しそうな笑顔、被災地で話しを聞くだけでおばあさんが「ありがとう」と泣いてくれたこと。

自分のやりたいこと、自分の人生でやる意味のあることを見つけた気がしました。”

 

私の話に耳を傾け、

「考えが広がりました。」

「僕も頑張ります!」と言ってくれる人たちがいたことにこちらが感激しちゃいました。

 

初心を思い出させてくれてありがとう!

AD

私たちが家族で日本一時帰国中、仲のいい友人がウツになっていたことを知りました。

お互いに仕事のことなどを話して、頑張ろうね!っていつも言っていたのだけど…

 

「ちょっと仕事がきつい」って話も聞くようになって、無理しすぎないでほしいと思っていたら、、

さいごには会社に行けなくなってしまったみたい。

私がメッセージしても、返事がくることもなくなってしまって。

 

まじめな人ほど、がんばりすぎてしまう。

以前書いた、学校から逃げろっていう話もあるんだけど、

学校に行きたくなかったら。

がんばりすぎて、息切れてしまう前に休憩しよう。

人生は短距離走じゃない。ロングランだから、自分のペースで苦しくならないくらいに気持ちよく走っていこう。だから、私も逃げることにしました。

休憩しながら走ることにしました。

 

1ヶ月に1日も休まない勢いで、仕事をやってきた。

朝起きてすぐ娘をベビーシッターに預けて、夜は寝かすだけ。ってそういう日もあったけど。

試験的に働き方を変えます。1ヶ月に1週間は、自分のスキルアップのために仕事を休むことにしました。

本を読む時間を作ったり、娘とたくさん遊んで、フリーランスの仕事を受けてみたり、そういうことをやっていきます。

 

最近、私も仕事を楽しめなくなって追い詰められていて

そんななかで、仲のいい友人が仕事を無理してしまったことを知って、

改めて仕事と生き方を模索しています。

 

ミャンマーに住むのを辞めて、止むを得ず日本で就職しようと考えたけど

「ミャンマーにいて。どんなことがあっても一緒にいて。守るから。」という旦那の言葉に、ひとまず大好きなミャンマーにとどまることにします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

AD

ここ最近、ブログさえ書くことができないくらい

やることも多くて、頭の中は様々な考えが回りまわっていて、落ち着かない日々でした。

昨日、ミャンマーに帰ってきました。

今回日本に約1ヶ月という長期間帰国していて「どこに住んでいても、自分らしくいることが大事」だなと思いました。

ミャンマーにいるから自分らしくのびのびといられるな~と思っていたけど、

日本にいても自分が自分の自分らしさをちゃんとわかっていて、何があってもおおらかに受け止める心構えがあれば

せわしない日本にいてものびのび過ごすことはできないことではないということがわかりました。

一時帰国中は忙しすぎて、流されそうになることも多々。。なるべくまわりに流されすぎないように、心は自分らしく芯を持っていたい。

もちろん、習慣や文化の違いで快不快に思うことは国によって様々だから

それを無視することはしないようにするべき。「郷に入っては郷に従う」は礼儀でもありますね。

ミャンマーで学んだ、のびのびとおおらかでいることは自分たちがご機嫌でいられるあり方だから、人に迷惑をかけないということだけを気をつけて、どこに行っても自分らしくいたいなぁと改めて思ったのでした。

 

日本では、娘のたくさん遊んだり、1年ぶりに親戚に会ったり、大学で講演をしたり、会議で忙しかったり、色々あったので少しずつ振り返っていきたいと思います。

とりあえず、無事ミャンマーに帰ることができたのでまたマイペースにブログやっていきます。

よろしくお願いします!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ
にほんブログ村

AD