女性起業家・経営者のトータル外見プロデュース@個人スタイリスト林モニカ

無難な外見の起業家・経営者・フリーランスの外見にメスをいれる!
林モニカのヴィジュアルコンサルティング「モニコン」


女性起業家・経営者の皆さんへ3か月間外見サポートコース
3か月で自分の可能性に気がつき、印象・影響力・信頼感がアップする!トータルヴィジュアルサポート


「外見を味方につける」とは?
時々、辛口メルマガoutstanding


「内面と外見を一致させる」必須ツール。
メイクについて基礎的な知識をまとめました。
モニカ教授の7Daysメイクレッスン


各種お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム


  • 22Jan
    • 散文:「今野さんの一日」

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!・・・・・・・・・・・・・・・・私は「外見」をテーマにしたエッセイや、女性についてのコラム、恋愛小説を書いて・みたいという野望があります。まずは文章を書きなれるところから始めよう、と「ほぼ日」で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについての散文を書いていいます。面白かったら「いいね」「フォロー」よろしくお願いします!・・・・・・・・・・・・・・・・「はあ。」ふっとため息をついた。「お母さん、ため息ついたら幸せ逃げるって言ってたのに~吸って!吸って!」朝ごはんをほおばりながら、娘が言う。「本当だね~!」と、自分でも嫌になるぐらいお決まりの笑顔だ。冷蔵庫を開けて牛乳を出し温める。ああ電子レンジを使うより、お鍋で温めるほうが体にいいと誰かがSNSに書いてたなと思いながら。「ママ~トイレットペーパー取って!」息子がトイレから叫んだ。いつ呼ばれるか分からないママ業で、すっかり電子レンジでなんでも済ませるようになった。「は~い、ごめんごめん!」すぐにトイレットペーパーを渡しに行く。キッチンで作ったお弁当の唐揚げの匂いから、トイレのその匂いの変化にうっとなる。「お尻ふいて~」まだ4歳の息子に、断るよりも従う方が楽でそうしてやる。ふと、思う。私は人のお尻を拭いて人生が終わるのかな。両親もいずれ、介護が必要になるだろう。マンションのローンは旦那が60歳までつづくはずだ。ローンを返しながら安定しない私の収入では、そんないい施設にいれるわけにもいかないだろう。先日法事でお坊さんが言っていた。好きなことをして生きるという若い人が増えましたが、人の役に立って徳を積みなさいと。徳というのはポイントカードのように、いつか使える日がくるのだろうか。「はあ・・・」またため息をつき、ため息をついたことに罪悪感をもつ。自分が良かれと思って言った言葉に少しづつ追い込まれているようだ。「お母さん!早く行かないと!給食着は?」娘の言葉でまた我に返る。昨日アイロンをかけたはずの給食着が見当たらない。急いで探し息子を幼稚園に送っていかなくては。*午前中の3時間のみ事務を手伝っている職場につくと、さっそく昨年入社した女の子が近づいてきた。「あの、これって、上手くできなかったんですけど、、、」プリントアウトされた資料が微妙に違っている。「今野さんが来る前にやっておこうと思ったんですけど、なんか違ってました?」悪気があるんだか、ないんだかよくわからないが、彼女はよくミスをする。そしてやり直しをすることはない。自分の出勤時間を子供の登園に合わせてもらっているのではっきりと言えない。ため息を飲み込んで、「うん、うん!ごめんね、ありがとう。やっておくね!」直し方を教えるべきかな、と思うけど時間がなくて自分がやった方が早いと思ってしまう。誰が仕事を教えてるんだと思うけど、午前中しかいないので自分がどこまで口を出してもいいかよく分からない。みんなは18時・19時まで仕事をしているんだし、ミスをしたからどうなんだ。昨日のうちに机に積み上げられた書類を眺めながら、ふとこれもある種の「尻拭い」なのかもしれないな・・と思った。*仕事帰り、電車に乗っていると向かい側に座る女性が気になった。いつもは最寄り駅が終点なのをいいことに温かい午後の光にあたって寝てしまうんだけど、彼女のたたずまいが目を惹いたのだ。スマホを触る手には、繊細な指輪が何個もついてある。よく見るボブスタイルなんだけど、ちょっとアシンメトリーだ。コートはマニッシュなグレーのPコート。年齢不詳、そして職業不詳。自分の手入れされてない髪と、手。何年も冬の間中着ているダウンがなんてつまらない恰好なんだろう、と思えた。テスト期間中だろうか、彼女の横にがやがやとうるさい男子高生の団体がきたが、一人だけ座れていない。彼女はさりげなく立ち上がり、私の横に座った。男子高生はお礼を言うのも恥ずかしく、気づかないふりをするでもなくチラッと彼女を見る。彼女はちょっと微笑んでまたスマホに戻った。横に座ってしまったから観察を続けるわけにいかなくなったが、ますますその存在が気になってきた。彼女は何が違うんだろう、スマホの画面がふっと目に入った。「外見はあなたの一番外側の内面。周りの人へのインフォメーションであり・・」誰かのブログを読んでいるようだ。アクセサリーや服の写真がちらちら見える。どうせ子供がいないんだろうな、とイライラした感情が一瞬心に湧き上がる。どんどんスクロールされていく画面は、もう見えないけど。隣の彼女に電話がかかってきた。『着信 (保育園)』隣の彼女に子供がいることに驚きちょっと恥ずかしくなる。自分の垢抜けなさを、子供がいるせいにできない。だけど驚いた理由はほかにもある。いないようにも見えないが、いるようにも見えない。なんていうか「母」でもなく「妻」でもなく、彼女は彼女自身、そんな雰囲気なのだ。彼女は電話に出るため、立ち上がりドアのそばへ移動してしまった。私の駅からひとつ手前の席で彼女はおりた。保育園から呼び出しかな・・と思って目で追うが彼女は急ぐでもなく、きりっと視線を上に向け颯爽と歩いて行った。駅に電車がついた。なんとなくパンプスじゃないと、と思って仕事の時だけ履いているヒールがすり減ったパンプス。仕事のときだけなんだから、とこの2年ほど買い替えていない。どうせすり減るんだから、と修理に出すほどでもないと安いものを通販でリピートするだけだ。そんな足元を見ながら改札を通りながら思う。何か、買ったら変わるのだろうか。何を買ったらいいのだろうか。変えたいのは人生なのか、それとも外見なのだろうか。このモヤモヤする気持ちはきっと、子供が帰ってくるまでだろう。きっとそうだ。妙な安心感を覚えて、駅前にとめた自転車に鍵をさした。*この話はフィクションです。*本業はスタイリスト、「何を買えばいいかわかる!時々辛口」メルマガご登録はこちらから→時々、辛口メルマガoutstanding

      26
      テーマ:
  • 20Jan
    • 「ハンサムウーマンの会」開催しました!

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップ&自己実現の達成に貢献するヴィジュアルコンサルタント/スタイリスト、林モニカです!先週クライアントさんとゲストをお招きして新年会を開催しました!日にちの都合や会場の都合で今回はお声がけできなかった方もおられるのですが、16名の方にお集まりいただきました。場所は、わたしが一番好きなビル大阪中之島のダイビル2階ベージュを基調にした感じや装飾がとても好き。お店はBOOCHiC(ブーチック)さんブーチックの意味はBOUTIQUE>>>>ある主張や独自性をもって服飾品などを取り扱う専門店BOO>>>>愛おしい、かわいいCHIC>>>>上品で粋なさま 垢抜けているわたしの仕事にも関連したものを感じて、こちらにしました。何故、会を企画したか?を、きちんと言葉にしてるつもりでしていなかったかな!と思いまして。改めて少し書きまーす!長文でーす!動機1:素敵な人を素敵な人に紹介したい!これは一番ですね。よくクライアントさんから「モニカさんのクライアントさんは素敵な人ばかりですよね!」と言っていただくことが多くて、わたしだけで独り占め(?)しているのではなく、クライアントさん同士の交流の場を設けよう!と始めたのが昨年の『クライアントランチ会』でした。ですが、クライアントさん以外のわたしの知っている素敵な方をお引き合わせしたいな、と思って今回はクライアントさん以外の方もお声がけしました。動機2:乱談のセレンディピティを読んで!多分この本だと思うのですが・・・セレンディピティについて、こんなエピソードが紹介されていたのです。「すごい台風がきて大学の職員室に足止めになってしまった。とりとめもなく教授同士で話すのがとても有意義であった。」専門知識や専門分野を持ったひとが、数人雑談をすることで得られるものは大きいというような内容です。本当にそうだなと思ったんですよね!普段仕事をしていると自分の得意分野について話すことや、サービス提供することが主になってしまっていて、どんどん取り入れる情報が偏ってしまう。閃きってもっと風通しのいい状態のときに生まれますよね。そして人生が豊かになるのって『偶然まざったり出会ったりするふとしたもの』がきっかけなんじゃないかな。そう考えたのです。主旨その1:WIN-WINの意識のある働く女性が有益な情報交換や、英気を養う場として!がっつり『異業種交流会』だと名刺交換をして、お互いの仕事の話をして・・言葉がちょっと荒いですがまるで営業しながら腹の探り合いみたいになってるな、と感じることがあり。もちろん出会いが欲しいのはわたしもですが、すぐに何かに結びつく出会いではなくまずは「人と人」として出会うのがいいと思ったんです。それにはやはり、WIN-WINで、相手から何かを得ることばかりを考えるのではなく自分も与える。そんな意識を持つ女性が集まることがポイントなのではないだろうか?と、前回のクライアントランチ会が素敵な雰囲気だったので感じました。主旨その2:その後のつながりへ発展!一度リアルで会うと、その後SNSで繋がって投稿を見ても楽しいと思うのです。その日に席が遠かったり人見知りだったりで上手くコミュニケーションとれなくても、SNSを見て、何度か会ううちに知り合いになっていく・・そんなゆっくりと築く関係もいいのではないかしら?と思いました。と、言うことをとても説明しきれず、主旨がはっきりしているようなしていないような段階でご参加いただきました皆様、本当に有難うございます!!わたしは人数もまともに数えられない人間(幹事に最も向いていない)ので、ある種チャレンジでございました。当日の様子を写真と、ご参加いただいた皆様のご感想を交えながら、す振り返ってみたいと思います。まずは乾杯!前菜のスープのあと、すでに盛り上がっていました。今回はカメラを持参して美しい姿をおさめましたよ。クライアントさんの何気ない表情や手の仕草などを発見し、それをスタイリングに活かすことは多いです。洋服屋さんでは試着して鏡には「自分」しかいないわけですけど、普段はこうして表情や身振り手振り・会話する姿と一緒にアクセサリーや洋服って目に映るんですよね。レストランなら照明やグラス・インテリアと一緒にひとつの「画」として目に映ります。面白かったのが、美脚講師佐武ひろ子先生の表情と、ウエディング・選挙問わず司会業のプロ池山明子さんの表情の違い(笑)職業や性格がとっても出てるなって思いました。わたしも確かに参加しているのだけど、いつもこんなことを考えているからちょっと心あらずに見えるかもしれません。(笑)「内面と仕事と外見の一致点や違う点」を探したり見つけたりすることが大好きなんです。ご参加していただいたあかぎひろみさんがFacebookにこんなコメントをしてらっしゃいました。参加すると決めてから、「わたしは場違いなんじゃ…」など、アレコレと考えてしまいましたが【モニカさんが誘ってくださった】その事実だけを支えに参加しました🤓みなさんと同じ時間を過ごす中で自分が思っている程際立つことなく普通だなぁ、と思いました。昨日の刺激を取り入れて、素直に自分を磨いて行きたいと思いますそう、ほんと自分のことは他者を通してしか浮かび上がっていかないですね。一番左側があかぎひろみさん。この日はわたしがチョイスしたスカートとトップスでお越しになりました。普段は「ほっこり系」が多いから、こんな場所に出るときは洋服に困る!そうです。奥のグレーのセットアップを着てるのが、青山雅子さん。以前同行ショッピングで一緒にチョイスしたものを着てきてくれました!「職業は色々あるけどやっぱりイベンターかな」と、おっしゃってました。800名規模までご経験があるそうです!真ん中の立ち姿が美しい女性は、美容コンサルタントのじゅじゅさん。わたしは不思議星人と読んでいます。ブログに感想を書いてくださいました。「人見知りでいつもなら緊張するじゅじゅですが不思議と緊張はしませんでしたよ。なかなか全員の皆さまとはお話しできる時間はなかったのですがユニークな人や聞き上手な人など、いろんな方がおられて楽しかったです。気になってしまうポイントや簡単に出来ちゃうこと人それぞれ本当に違いますね」わたしは『人は人!自分は自分!』って境界線がきっぱりしてる、男性性を上手く生かした男前女性の集まりって緊張しないような気がします。だから話していてもべたっとならないのではないでしょうか。男性性のみという人が少ないように「女性性のみ!」という方は少ないと思いますが、女性性優位の会だと少し傾向が違ったのではないかと思います。(それがいい、悪いではなくてどちらが自分にとって心地よいかとか、興味があるかというところですね)なので【ハンサムウーマンの会】にしました。最年少28歳のアンジーさんのご感想!【ハンサムウーマンの会?】今まで全く繋がっていなかった方々とのお話で刺激もありとても素敵な時間でした(^^)アドバイスもサラッといただけたり。言葉にする一言一言も深くて学ぶこともたくさん。色んな方とお会いして、お話しすることが大好きな私なので、こんな素敵な方々とのランチをご一緒できる機会をつくってくださったモニカさんに心から感謝です✨綺麗な方もほんとに多くてアンジーはさらに頑張ろう。と決意もできました。笑一番奥で笑っているのが、ダイエットコーチのアンジーようこさん。同行ショッピングでチョイスしたワンピースは、ばっちり似合う色だと思いました!手前は奈良の開脚コーチ・美構造インストラクター中村奈津子さん。本人は不本意かもしれませんが「ミス・外見活かせてないで賞」をこの日授けてしまいました。笑みんな「実物のほうがいい!」と言ってましたでしょ!真ん中はネットショップの専門家:林景子さん。コトミジュエリーがラベンダーピンクのニットにお似合いでした。ラベンダーは林さんの十八色ですね。偶然向かい合うお2人のラベンダーが、奥のクリアーなグラスに映えてグラデーションで美しかった。そして先ほどご紹介した池山明子さんのご感想。どんな会だったか!?一言で表現すると・・使われていない脳が活性化する程、格好いい女性が集う会でしたよ私は、本当に長ーくブライダル業界にいるので良い意味で「深く」でも、お付き合いの幅が限られているんですですのでね、昨日のこと、とても楽しみにしていましたモニカさんが表現された「ハンサム ウーマン」まさに、その言葉がぴったりな方々ばかり!そして、ジャンルが違う場で活躍されている皆様のお話はめちゃくちゃ興味深くメモを取りたいこと山盛りでした自分にハンサムという言葉を当てはめた事はなくでも、なんだか新鮮で背筋が伸びる!よし、2019年はハンサムな人になろうと思ったのです真ん中が池山明子さん。池山さんが一番「女性性豊かで賞」でしたね。しっとりと一緒に和食を食べたくなるような・・(誰目線)でも実は実は秘めたるものをいつもお会いするたびに感じていまして、わたしは池山さんの女性性に学ぶところが多いのですが、そこにハンサム度も加わったら鬼に金棒だな、と勝手に思っています!手前は土谷尚子さん。インテリアコーディネーターでありとっても真面目な性格とユーモアの配合が面白いのです。ブレスレットやブローチは土谷さんの手作りで配色センスが光ります。一番奥のターコイズブルーのレースのスカートが印象的な水野晶子さんは、東京から日帰りでお越しくださいました!ベスト3に入る『男前で賞』敢えて池山さんの正面のお席にしてみました。笑真逆のふたりの化学反応って楽しいです。奥のベージュのジャケットの似合う知的美人は弁護士さんの松原彩子さん。クライアントのKikkaさんからご紹介いただき、わたしが契約書作成していただいたご縁です。中央パープルでスタイリングさせて頂いたのは、クライアントの門野内絵里子さん。引っ越しオーガナイザーです!手前の黄色のニットの一級建築士・動線収納プランナー・拝藤チサトさんと、池山明子さんがお誕生日でしたので「ハッピバースデー」の歌まで歌っちゃいましたね!歌の音頭を取ってくれたのは、声楽をやってる神社ナビゲーター・カウンセラーの望月佑里子さん!ブルーのカーディガンが望月佑里子さん。真ん中はわたし。奥のグリーンのワンピースが初めましてのWEBデザイナーさん田中千晶さんです!望月佑里子さんのHPを作成されたご縁でお誘いくださいました!『ハンサムウーマンの会では素敵な人のお友達は素敵!』をテーマに新しいつながりを持っていきたいと願う起業家・経営者・フリーランスの方のご参加をお待ちしています!参加はご紹介制となりますが、どうぞふるってご参加くださいね!【番外編】どうしても皆さんに紹介したくて、名古屋からお越しいただいた佐武ひろ子先生!有難うございます!誰も、隣に並びたがらず!爆まさかのソロショットを披露する羽目に(笑)この写真についた会話が面白かったから紹介させてください。先生ステキすぎ!これ、絶対公開処刑になるやつやん、、、スタイル、装い、素足はもちろんですが、ポージングもすばらしいです!!!いやーーーーーほんとうにありがとう美しくて。ダイエットしよ。真剣にダイエット始める!と誓いました!目が釘付けでした!?コート姿から近づけないほどの美しさ✨間違いなく「外見を活かしてるで賞」は佐武ひろ子先生でしたね。そして露出が嫌らしくないのは内面がとても爽やかで男前だから・・本当の「美」に順位はないし正解もない。そう感じた会でした。ご参加のプロフェッショナルな皆様のお名前にblogまたはFacebookのリンクを貼っています。(敬称略)「時間がなくても大丈夫!勝手に片付く家になる。寝る前5分だけの整理術」拝藤チサト「実践的スピリチュアルで愛され起業」水野晶子「30代からの運動なし・サプリなし・食べるだけダイエット」安治ようこ「引っ越しオーガナイザー・ライフスタイルオーガナイザー」門野内絵里子「産土神社リーディング・神社参拝ナビゲーター」望月佑里子「インテリアコンサルティング・各種ワークショップ」土谷尚子「ペルシャ絨毯&アンティーク家具店・夫婦で経営してます」あかぎひろみ「売れる!伝わる!ネットショップの作り方」林景子「司会業・司会者育成・コーチングセッション」池山明子「究極の美脚講師」佐武ひろ子「800名まで経験あり!社交的なイベンター」青山雅子「美構造・開脚インストラクター」中村奈津子「メンタルダイエットカウンセラー・じゅじゅのビューティストブログ」粟津依子さん(Facebookされていません)WEBデザイナー田中千晶さん(Facebook公開設定はされいません。今後個人向けの仕事も受けていく方向とお聞きしてますので、お困りの件がある方はおつなぎします)2児の男子ママ弁護士・松原彩子長文レポートとなった「ハンサムウーマンの会」お読みいただきありがとうございます。違いを楽しむ・自分を極める、そんな男前な大人の女性の集まりでした。

      23
      1
      テーマ:
  • 17Jan
    • 散文:「俺を抱っこして病院へ!」

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!・・・・・・・・・・・・・・・・私は「外見」をテーマにしたエッセイや、女性についてのコラム、恋愛小説を書いて・みたいという野望があります。まずは文章を書きなれるところから始めよう、と「ほぼ日」で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについての散文を書いていいます。面白かったら「いいね」「フォロー」よろしくお願いします!・・・・・・・・・・・・・・・・「俺を抱っこして病院へ!」と言ってモモンガのように彼が飛びついてきたのは、彼がまだ3歳の時だった。胃腸炎のような症状で熱もありお腹が痛い。そういって起きてきたのが朝の4時。様子を見ていたが一時間がたったとき、そうやって飛びついてきたのだ。普段病院が嫌いでちょっとした風邪では行かない!といって嫌がるのに・・・自分で自分の状況を判断できるってすごいな。これは彼の個性だなと感じた。その時はこどもの急な病気について尋ねることができる#8000に電話をして数時間して病院があいてから行くようにと指示を受けた。そんな小さな日常の一言、一言で私は彼をすごく信用している。我が家で一番小さいくせにいちいち、言うことが真っ当なのだ。事実を婉曲せず、そのまんま言葉にすることができる。「彼の言葉はいつも理にかなっている」そんな表現が似合う。こういう精神性は生まれながらにして備えているものなんだなと知った。彼が生まれてから、わたしが初めて知ったことは他にもある。出産後数時間して、初めて目が合った時に「会った事がある」と感じた。これは気持ちが急に流れ込んでくる感覚で、”言葉が浮かぶ”のとはけた違いの速さで「そうなんだ」と納得してしまうの感じ。脳が言葉で処理するより早く納得してしまったのは初めてかもしれない。「そうか、会ったことあるんだね。」と。それまでテレビで前世がとか、スピリチュアルがとか、いう人は苦手だった。根拠のないことをよく訳知り顔で言えるな、と思っていた。でも彼が生まれてから、そっかそうなのか。そんなこともあるんだなと腑に落ちた。そして働き方も、生き方も、人とのかかわり方も変わった。見えないし、聴こえないし、知識がなくてもそこにある、と知っているものがある。見えない空気を吸って構造を全く理解していない車や飛行機に命を預けている。科学も工業もスピリチュアルも一緒なんじゃないかな、そんな風に思った。それをどんな風になんのために自分が取り入れるかは自分が決めたらいい。どんな偉い人にも、どんなにお金を持っている人にも、どんなに影響力を持つ人にも流される必要はない。自分がハンドルを握っていると知っていれば、流されるのが怖くてむやみに攻撃したりさけたりする必要もない、流れたければ流れればいい。彼が生まれて「自分を大切にする」ということは、人を大切にできるようになることなんだと教わった。それまでのわたしは、自分にダメ出しをしまくり人にも厳しく、勝手に期待しては落胆する日々だった。今、彼は7歳。わたしがこどもで一番好きなのは3歳~7歳までだ。小学校へ入学して2~3年がたつと「自分らしさ」に罪悪感や居心地の悪さを覚え、社会に見せる自分の仮面を探し始める。人に合わせることを学び、ときに疲弊し、ときに自分じゃないものになろうとする。すでに長女はその片鱗をみせている。でもそれを見守って「いつもあなたはこんな人だよ」と接し方を変えないのが親としてできる支え方なのかもしれないと思う。いや、親としてというより私が持っている特性なのかもしれない。「俺を抱っこして病院へ!」と指示をだしたことは我が家で笑い話になっている。そして今回のインフルエンザでも彼は言っていた。さすがにもう20キロの彼を抱っこすることはできないが休日診療の病院へ連れていった。すっかり回復して今日も彼なりの日常を過ごしている。わたしはこんな面白い人を、そばで見ていられることがとても幸せだなあ、と思う。きっと同級生とかだったら「一体どんな人なんだ?」と観察していたと思うから。現世で彼の母親というポジションでとても幸せだ。*本業はスタイリスト、「何を買えばいいかわかる!時々辛口」メルマガご登録はこちらから→時々、辛口メルマガoutstanding

      29
      テーマ:
  • 14Jan
    • 【ご感想】じっくりと知ろうとして下さる姿勢が印象的でした。

      女性起業家・経営者・フリーランスの皆さんの個人スタイリスト林モニカです!売上が上がる外見戦略とメイクもファッションも外見の全ての悩みをなくすトータルサポートを提供しています。ヴィジュアルコンサルティングモニコンを受けてくださった方のご感想です!林モニカと会ってみて、いかがでしたか?印象を教えてくださいある意味、ブログの印象どおりの方でした。言われている内容は納得いくものですが雰囲気が柔らかいので嫌みがないと思います。Facebookで見ていると芯があり、少し怖そうなのかなという印象がありましたが、実際にお会いして、優しいトーンでお話しされ印象が違いました。しっかりとお話しを受けとめ、じっくりと知ろうとしてくださる姿勢が印象的でした。今日、一番印象に残ったのは何ですか?人間味がないと思っていなかったので、なるほどと感じました。・じっくりとお話しを聞いてくださり、その中でも思われる自分の意思表示をしっかりともっておられ、ブログで発信されてる感じは同じなのですが、実際お会いすると優しい方という雰囲気で驚きました。・人の見方や捉え方が面白く観察力が高いところが印象的でした今後に向けての意気込みをどうぞ!苦手な分野にとりくみ何かが変わればと期待します。教えて頂いたことを実践し、自分で納得するものも大事にし、周りからの声や反応も大事にしていこうと思います。ありがとうございました!モニコンはメルマガより受付中です!メルマガは毎週月曜配信、今日のメルマガは『イタイ外見とは?』です!→時々、辛口メルマガoutstanding*各種お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

      33
      テーマ:
  • 10Jan
    • モニコンご感想:自分の中で服を選ぶための軸ができて迷わなくなりました。

      モニカのヴィジュアルコンサルティング、モニカのコーチングを略して「モニコン」は内面と仕事と外見の一致点を探し、方向性をさだめて外見ゴールを決めていく60分のコンサルティングです。2017年一期募集から期間をあけて今まで3回募集をし、のべ120名の方に受けて戴きました。(2018年10月時点)感想をたくさん戴いていまして掲載が間に合っていなくて順不同になっておりますが・・汗今回は匿名のT様よりいただいた感想を紹介します。●モニコンで林モニカに言われて印象に残った言葉はありますか?モヤモヤしてますね、と言われたこと。(笑)やりたいことができていないという内面のモヤモヤが、着たいものが着れてない、という形で服装にも連動していて、面白いなあと笑ってしまいました。あと、もっと明るい色を着ては?黄色が似合うのでは?こんな雑誌やブランドが参考になりますよ、とドンピシャでご提案戴けたのが印象的でした。●モニコン後、すぐに行動に移せたことはありますか?すぐに黄色や明るいパープルなどカラフルな服を買いました。雑誌も即、おススメを買いました。また着たい服を買うようになったら「そのスカート可愛いね」など頻繁に褒められるようになりました。●モニコンを受けて良かったことは何ですか?オシャレが楽しくなったこと。街のお洋服屋さんでも、目につく色がそれまでと全く違うものになりました。無難なだけの服は買わない、本当に着たい服を買う。自分の中に選ぶための軸ができて、迷わなくなりました。ご感想有難うございます!すぐに行動に移していただけて良かったです。恐らくTさんは「楽しくすごしたい」そんな気持ちが心にあったんだとおもいます。お顔立ちに合うかどうか?も大事ですが、色彩心理で黄色は”楽しむ” ”子供のように無邪気に”そんな意味を持っています。(幼稚園のバスが黄色であることと無関係ではないと思います)理性の逆の色ではないかな~と私は思います。(理性を示すのは青、ですね)楽しく過ごす前に、やらなきゃいけないことをやらないと、あそこまでやったら、あれだけ出来たら・・・と、色々と目標やTo Doリストをつけていたんじゃないかなあと。そんな内面がモヤモヤと感じたのかもしれません。そう言ったことは、仕事の現状やこれからのビジョンをお話ししていただき、私がまとめたレポートを見るて出てくる感じです。私が憶測で決めつけることはありません。この部分はコーチングに近いと思います。そしてそこから目標を達成するビジョンに近づくためにどんな服装がいいか?を構築するアドバイスがコンサルに近いかと思います。ですからモニコンに来られる方の内面・仕事がまず一致してるかどうか?そして本当に自分の望みを自分が叶えたいと思っているか、自分と向き合うタイプかどうかで、私ができるアドバイスは変わってきます。なのでアドバイスに個人差はどうしても発生しますが、興味をもっていただけたらこちらをご覧ください→ヴィジュアルコンサルティングモニコン<Contact>Facebook 顔写真ある女性のお友達申請希望!(メッセージ不要)Instagramコーディネートをアップしています。フォロー歓迎!時々、辛口メルマガoutstanding 毎週月曜21時発行です7Daysメイクレッスン:7日間、メイクの基礎知識についてのメールが届きます♪*各種お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

      31
      テーマ:
  • 07Jan
    • 【クライアント様スタイリング事例】人生をクリエイティブに生きる女性たち

      起業家・経営者・フリーランス業の売り上げアップ&自己実現に貢献するヴィジュアルコンサルタント/スタイリスト林モニカです。更新頻度が定まらなくて落ち着かない毎日です。最近、自分の新たな一面を発見したのですがすごくおおざっぱでルールが嫌いだと思っていたけれど実はとってもきっちりしてるのが好き。と、いうことに気がついてい驚いています。年のせいですかね。早速ですが私の周りで1月は出産ラッシュです!クライアント様の素敵なマタニティフォトが届いたのでご紹介します。アトラパス株式会社代表岩山ひろみさんですお嬢様のワンピースも先日お選びしたものを着用くださいました。ひろみさんのスタイリストをさせていただいて、もう3年目になりますが、仕事だけでなく人生の節目やライフステージの変化により添えるスタイリストになりたい、と思っていたので、ひろみさんのおかげで夢が叶い感無量です。スネーク柄のワンピースはお忙しい中、ご試着に行ってくださったのですが妊娠9か月まで休むことなく仕事し続けるパワフルなひろみさんのイメージにピッタリ!ご本人もブログで「41歳での出産は葛藤があった」と書いてらっしゃいますが、その葛藤含め、大人だからこその落ち着き・充実した一人の女性としての領域があるからこその凛とした美しさを写真から感じました。ブライダルのドレス選びでも思いましたが、写真スタジオでマタニティフォトというと可愛い衣装とヘアメイクが多いです。その人それぞれのイメージに合わせた選択肢を増やしてして欲しい!と切に願います。偶然にも同じ時期に妊娠9か月のクライアントがいらっしゃいます。セルフで撮影されたそうです!さすがフォトグラファー!スマートナチュラルなライフスタイルをブログに更新中のブロガーKikka(上田涼子)さんです。ニットもスカートもマタニティ向けではないものです。わたしが以前セレクトしたものをご自身でチョイスして下さいました。ナチュラルなライフスタイルというと、オーガニックコットンや体にフィットしないワンピースの『森ガール的ファッション』を想像しますよね。ですがKikkaさんは『スマートさ無機質で洗練されたデザイン性』を好む方。そんな独特のバランスを表現するファッションは難しいと思いますが、すっかりコツを掴まれたようですね!お2人は私から見ると、対照的なマタニティライフを送ってらっしゃいます。仕事の方向性や量を妊娠を機に方向転換・取捨選択をされたKikkaさん。仕事の量を全く減らさずむしろ産後のことを考えて増やして体制を整えたひろみさん。周りで見ている分には、ただただ軽やかでしなやか、そしてパワフルなお2人ですが、きっと裏側では様々な葛藤があったことと思います。そこに共通してるのは人生の決定権をしっかりとご自身が持っているということ。流されるのでも、逆らうのでもなく『人生を創造していってる』そんな印象を受けます。そしてそんな人としての軸がしっかりしているほど、服を合わせた時が面白い。服や小物とその人の個性が融合して、新しいものができる。『着られるのではなく、着こなす』とはそういうことだと思います。『あなたも自分に合った最適な外見』を知ってみませんか?ヴィジュアルコンサルティングモニコンを久しぶりに募集します!モニコン内容についてはこちらから→起業家・経営者・フリーランスのためのヴィジュアルコンサルティング

  • 06Jan
    • 起業家・経営者・フリーランスのためのヴィジュアルコンサルティング:モニコン

      ヴィジュアルコンサルティングモニコン”仕事と自分に合った最適な外見を探している”起業家・経営者・フリーランス業の方へ初めまして!起業家・経営者・フリーランス業の売り上げアップ&自己実現の達成に貢献するヴィジュアルコンサルタント/スタイリスト、林モニカです!私が提供するヴィジュアルコンサルティングとは、起業家・経営者・フリーランスの売上をあげ、認知や事業を拡大させることを念頭に【外見と内面と仕事の一致点】を見いだし、【あなたらしさと仕事内容が伝わる最適な外見】を見つけるための60分のコンサルティングです。なぜ『ヴィジュアル』なのか?外見力こそ、多くの起業家・経営者・フリーランスの方にとって一番足りてないんじゃないかと私は思うからです。『大事なのは中身だ!』と言われて育った方も多いのではないでしょうか?良かれ悪かれ、その言葉で分かる通り、日本は欧米に比べ「外見」をないがしろにしてきたように思います。ですがInstagramを代表とするSNSの発展で外見に気を使う人も増えましたね!「見た目が9割」なんて本もベストセラーになりました。なにかが流行すると右へならえで画一的になりやすいのは、日本の国民病ではないかと私は感じます。多くの起業家や経営者がよく似た服装をしています。自分らしさが伝わる外見作りに必要なのは、創造性です。数あるパーソナルスタイリストの中から私が選ばれる理由は、あなたの内面や本質を見てそれを外見に反映させるからです。上っ面ではない、あなたらしさが伝わる外見に集まるお客様・仲間・パートナーこそ、人生で長く続いていき、支えて合えるかけがえのないものだと私は思います。そして何より、『自分自身がずっとつきあっていく自分』の外見に投資したい方のお手伝いを私はしたいと思います。洗練されたお洒落も自分らしさも、特別な人だけのものではありません!自分自身を知り、それをファッションやヘアメイクで表現する方法がわかれば、誰でも実現可能です!今こそ、あなたも自分らしく洗練された外見を目指しませんか?モニコンのステップ1~客観的な自分の印象を知る〜友達でもなく夫婦でもない、初めて会う第三者だからこそ、客観的な意見として聞きやすい。私は率直に話すので【辛口】とよく言われます。決して傷つけるための辛口ではなく、事実を淡々と表現することにより時に辛口になってしまうようです。ですがメイクアップアーティストでもファッション関係者でも辛口な方が多いです。外見において完璧な人なんていないんです。大切なのは、【どう素材を活かすか?】この目線ですから。社交辞令的なほめ言葉ではなく、【建設的なアドバイス】を求める方はどうぞいらして下さい!モニコンを受けて良かったことは何ですか?と、お聞きしたら<客観的>というキーワードがたくさんでてきました。【ご感想を一部抜粋します】・自分のイメージを客観視できた。・ムダな勘違いが減った。・自分の性格や仕事でのポジションが明確になった。・身近な友人には聞けなかった外見の印象を聞けたこと。それにそって私の資質にあった外見を整える具体的なアドバイスをいただけてありたがったです。・外見の前にSNSから受ける私のイメージを第三者的に教えてもらえたこと。・写真の撮り方やプロフィール写真について客観的な視点が聞けた。・客観的に自分が与えてる印象を知ることができた。今や、会う前にSNSリサーチが当たり前になっているのではないでしょうか?だからこそコンサル前に文章、発信全体も見て客観的にフィードバックします。(LINE @やメルマガなど登録がいるものは除きます)「客観的に、わたしはどう見えてる?」まずここを知っておかないと、外見戦略を練ることができません。ですからモニコンのスタートはフィードバックから!SNSを使用されていない方は『第一印象のフィードバック』をさせていただきます。モニコンステップ2~着るべき服やメイク、外見全体のイメージを掴み方向性を絞る〜私はメイクレッスン歴12年、ファッションのサービスを開始し6年目になります。ここ2年間、ほぼ毎日オンラインでクライアントの洋服のスタイリングをしています。メイクもファッションもトータルでアドバイス・サポートする珍しいスタイリストです。だからこそ具体的な洋服とメイクやヘアスタイルのバランスや外見全般についてのアドバイスが可能です。似合う物を教えてほしい!という方は多いですが、似合う物は意外とたくさんあります!似合うものの中から内面と仕事を表現するためのアイテムを【絞ること】が大切なのです!それはマーケティングをする際、ターゲットを絞ることから始めるのによく似ています。まずターゲットに届くメッセージに変え、すべてに統一感をもたせる。これこそ外見戦略の第一歩です。ですからモニコンでは、似合うだけでなくあなたの仕事と内面を確実にターゲットに印象付けるための外見を見つけ出します。【ファッションアドバイスに関してのご感想】・服選びの視点。今まで絶対手にとらなかった服を買っている自分に驚きます。1回のコンサルでこんなにも選ぶものが変わるとは思いませんでした。・買い足しアイテムが具体的に分かった・黒を着てもよい、パンプスをはかなくてもいい、など自分の制限が外れた。・洋服だけでなく、化粧や髪型のアドバイス・選んでしまう傾向、なぜ着るものがないか分かった。・これからの自分に似合う服がわかった。・これまで外見に無頓着すぎたことが分かった。*ご了承を得たご感想より抜粋しています。モニコンステップ3~受けて変わったことは? ~『60分話すだけ』で何が変わるのか?それまではメイクレッスンやショッピング同行で、すぐに外見を変える仕事をしていたので、提供している私も実は最初は半信半疑でした。ですが、みなさん自分に何かしらの制限を設けているから上手く服が選べていなかったり、変えるべき部分が分からなかったりします。特に女性は鏡に向かうたび、思い込みというフィルターをかけ、一番厳しい批評家として自分を見ていることが多いです。社名にした『ユアミロワール』は、『あなたの鏡』という意味です。きちんと真っ直ぐに内面も含めたあなた自身を映した外見を私が伝えることで、思い込みや制限に気付いていただき、のびのびと外見を楽しめるようになること!が、何より外見をよりあなたらしいものに表現する際に大切なことだと思います。何かを買うたびに、あなたの「思考」がフィルターの役割りをしているからです。モニコンで一度全逓や思い込みをなくし、思考を柔らかくして帰って下さい!【受けた後の変化】・(サービスの)値段をかなり上げたけど、値上げ前と変わらず満員になった。・Facebookのいいね!がふえた。・ テーマカラーのアドバイスで、ファッションだけでなくHPなどの改装やイラストの仕上げのテイストにも統一感が出た。・毎日きちんとメイクをするようになり、人から「写真より柔らかい雰囲気ですね」と言われるようになりました。今のプロフィール写真の表情が硬いので新しく撮り直す勇気が持てた。・誰かに何かを言われるとかではなく自分自身に自信が持てた。ムダな力が抜けた。・ 外見に意識を向けることで、より自分を大事に扱ってあげることができている。外見が目立つことを許すことで内面のふわふわしてた部分が外見と合致して、内面の中心も太くなった気がする。・自分の顔をもっと大事にしようという気持ちになれた。・自分の内面と深く繋がることができた。「外見は一番外側の内面」という言葉の意味や感覚を思い出した。【クライアント様の実例】【このコンサルティングはこのような方におすすめです】・もっと目立ちたい・社会的評価を高めたい・中身とお客様から言われる印象にギャップがあると感じることが多い。・自分の外見が与える印象を客観的に知り服選びに活かしたい。・役職と自分自身の両方に合うファッションがわからない。・人前に出るときの服に悩む。・自分にとっての最適な服装を知りたい。・初対面の人に覚えてもらえる、印象を残せるような外見になりたい。【これまでモニコンを受けて下さった方のご職業】セミナー講師、経営コンサルタント、インテリアデザイナー、整理収納アドバイザー、各種ボディワーカー、トレーナー、カウンセラー、教育関係者、医療関係者、弁護士、中小企業診断士、デザイナー、コーチング、美容サロンオーナー、モデル、フォトグラファー、etc…【よくいただくご質問】・事前準備はいりますか?ヒアリングシートには出来るだけお早目にご返信ください。・会社員は受けられますか?恐れ入りますが、現在はお断りしています。士業・不動産業など独立されていて制服がない方はOKです。・男性も受けられますか?ご紹介の方に限ります。【費用・お申し込み方法】●料金60分/対面¥12,000(お飲み物代込み)60分/オンライン¥10,000●コンサル方法対面(大阪駅近郊)オンライン(SkypeまたはFacebookメッセンジャーによるビデオ通話)*Zoomはアドレスをご自身で取得していただける方はOKです。●お申し込みメルマガより毎月【限定数】受付します。メルマガにご登録いただき、月初めのメルマガ内のフォームよりお申し込み下さい。→メルマガご登録はこちらです。*その月のスケジュールによりお受けできる人数は変わります。*注意事項精神的疾患がある方、精神科またはセラピー/カウンセリングを受けられている方はお断りしています。依存的な方・どんなサービスか見てみようなど、受講の目的がサービスの主旨に当てはまらないとこちらが判断した方は、ご提供を中止させていただきます。*キャンセル期限はご予約の10日前までです。期限をすぎますと返金致しかねますので、ご了承ください。体調不良等やむを得ない事情の際は日にちの変更を承ります。尚、お振込手数料はご負担いただいております。【私の思う外見とは】ファッションは広大な海で「TPO」という縛りをなくすとなんでもあり。だからこそ私が嫌いな言葉に「好きなものを着てばいいじゃん」ってのがあります。好きなものを着てれば自己満足は得られるかもしれない。でも仕事で一流を目指す人は分かるはずです。相手あっての自分だということを。私にとって外見は、『自己完結』や『自己満足』ではなく【他者へのインフォメーション、コミュニケーションツール】です。あなたの数えきれないほどの選択で外見はなりたっています。客観的には【外見=自身の在り方=あなたそのもの】だと受け取られます。「とりあえず」の選択は「とりあえず」の外見になり、在り方となります。もし知識がない・時間がないなら専門家に頼って下さい!いつもどんな外見も「わたしそのもの」だと胸をはって言えるようになりましょう!【林モニカ プロフィール】1980年ペルーリマ市に生まれる。父の仕事の都合によりペルー、アルゼンチン、パナマ、マイアミと主に中南米にて幼少期を過ごす。中学生の時に日本に帰国。高校、大学と奈良から大阪に通う。大学時代に販売業を経験し、アパレル業は結婚後の両立が難しいと判断。結婚後はフリーランスのメイクアップ、フェイシャルエステを提供するも度重なる転勤により、働き方に悩む。2人目出産を機にSNSを使って仕事を展開。『オートクチュール美人を作るメイクレッスン』はブログからのお申し込みで2年で200名を超える。2014年メイクだけでなくトータルで!との想いからショッピング同行とメイク+ファッションの『シンデレラコース』をスタート。その分析力とプロデュース力を買われ2016年、既に活躍する起業家・経営者・フリーランス業に特化した『トータルヴィジュアルサポートコース(現:ユアスタイリストコース)を始め、自身の持ち味を最大限に活かした【起業家のヴィジュアルコンサルタントス兼パーソナルスタイリスト】としての活動が始まった。

      232
      5
      テーマ:
  • 01Jan
    • 2019年 抱負

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!明けましておめでとうございます!2019年/平成31年の元旦を迎えましたね!昨年は3月・8月・12月以外は毎月2回、東京へ出張していました。そしてプライベートでは神戸北野ホテル・天橋立・横浜インターコンチネンタルホテル・ハワイハイアットプレイスと希望の場所へ旅することができました。2018は公私ともに『旅をして旅について考えた』そんな1年でした。子供を連れての出張は経費以外の出費もかさみ、『今後は改善の余地あり』な案件となりましたがやはり小さいときしか連れ回すことも叶わないですし、私の仕事についての理解をますます深めてもらえたから収穫は大でした。今の私の経験をいつか会社に関わってくれる人が増えた時に活かせるといいなと思います。子供がいてもどんな家庭の状況でも臨機応変に仕事ができる、そんな会社にしていくための布石になったかなと思っています。『旅』した一方で、たくさんのプロジェクトが立ち消えになる年でもありました。一番大きな出来事は【オリジナル化粧品の販売計画】こちらは当面は叶わぬ夢となりました。楽しみにして下さってた皆様には大変申し訳ありません。そのために私自身が手放した立場や権利も大きかったのですが、もう前に進むほかないし目先の損得勘定だけで生きるのは私のやり方ではない、とはっきりしました。仕事をしていて、いわゆる成功した人に出会います。成功といいましても大富豪ではなくて、従業員数50人以下の小規模の会社を10年、20年以上されているような方です。そんな方を尊敬しています。色々な方がいらっしゃって皆さんおっしゃるのは「林さんは独創的で大器晩成型だ」と。若いころはその両方の意味が分かりませんでした。自分にとって当たり前の思考には、たくさんの人に出会って経験を積まないと気が付けないですね。25歳から昨年まで『みんなにあって自分にないもの』ばかりに気がついていたような気がします。この、みんな、というのも本当に全員ではなくて『自分が手に入れたいものを持っている人みんな』なんですけどね。ですが2019年を迎えてみて、なるほどたしかに自分は独創的で大器晩成なんだなあ…と実感しています。長期視点で物事を捕えるので自然と大器晩成になってしまうのでしょうね。仕事でパートナーを得られるとするならば、短期目線で計画を練って目標を達成するために必要な行動を起こすことが好きな人がいいなと思います。元旦ムードに便乗して、だらだらと書いてしまいましたが2019年必ずやること!を書いてしめたいとおもいます。<必ずやること>1.ホームページをアップします!2.動画をアップします!3.会員制オンラインセレクトショップをオープンします!言っちゃった(笑)3つのことは専門家に依頼済みであとは私が頑張るのみ!<やりたいと思ってること>1.起業家・経営者さんとの新しい出会いを作る!2.仕事のパートナーに出会う!3.外見をテーマにした小説をアップする!4.海外へ仕入れ(洋服や小物の)に出かける!書いてるだけでわくわく・ニヤニヤしてくるこの4つ。ここ3年ほど交流会の類に出かけなかったのですが、知り合いたい人が明確になってきましたし、楽しみと思えるようになりました。なので気になる会には出かけていこうと思いますし、主催もしていけたらなと思います。まずは新年会を企画したから、とても楽しみ!仕事のパートナーは、ずっと思っていました。どこかで無理って思っていたし、リスキーだと感じてたんですよね。でも昔からの私に夢でもあるので、信頼できるバディができたらいいな、と恐れずにここに宣言しようと思います。『一匹狼』はもう終了!小説については、説明ではなく雰囲気で外見が及ぼす影響と効力ついてもっともっと伝えたいので機が熟すのを待たずして、ちょろちょろっとこちらのブログでアップ出来たらと思います。2019年のテーマは『楽』どんなことも楽しく!自分も周りも心身ともに楽(ラク)に!あとは最近クラシックやジャズも聴くようになり『音楽』に触れるという気持ちも込めて。実は2020年のテーマも決まっているんだけど、まずは2019年を楽しみたいと思います!

      35
      テーマ:
  • 30Dec
    • 旅で繋がる意識とパートナーシップで大切だと思うこと

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!前回の旅行記からだいぶ間が空いてしまいましたが、書きたい出来事があったので時系列に書くのは諦めて旅行記もアップしたいと思います!今回は旅行記というか、パートナーシップについて。パートナーシップの相談を受けることというか、話していたらパートナーシップの問題がでてくることがあります。その時に思うのは、続く夫婦は「その先が同じ、その先を見ている」んじゃないかと。「その先って何なの?」と、その話の前に、ハワイの話を。今回のハワイは覚えてないぐらい小さいときもいれれば、私にとって4回目のハワイでした。ただ前回から12年空いてるので変化も色々な場面で感じました。でもそれは新しいた建物ができたりハワイが変わったもによるのか、自分が変わったものによるものなのか。勿論その両方なんでしょうけど。自分自身の変化でとても大きかったのは、何より子供がいること。前回は子供がいなかったので物理的に身動きが自由でした。旅行中に『子供がいて嬉しい』と感じられるまで10年かかったかな、と思います!(笑)前回の旅行記のようにせっかくのディナー予定が寝てしまう!なんてこともありますし、買い物にも行けませんしね。(笑)アラモアナショッピングセンターに行かなかったとは!と振り返って思いました。なので、しばらく海外に出なかったというのもあります。『やりたいことができない!』と不満を感じたくなかったから。それを思うと昔の私は今よりがつがつしてたのかもしれないな、と思います(笑)今回はホテルは海沿いではないのですが、水着のまま歩いてビーチまでいける距離で時間を気にせず、18時まで海に入っていることができました。波が思いのほか高くて、普通に波にすくわれて転ぶという。波が飽きないおもちゃとなりました!こんな海の中で遊ぶ大人は私たちぐらいだったかも・・・!(欧米の人は澄まして読書していたわ。笑)夕日がでるまでビーチにいたい!といったのには訳がありました。前回、主人とマウイ島へ行ったときに夕焼けを見にバーから何人か、おじいさんが出てきて『サンキュー』って太陽に向かってグラスをあげていたんですよね。日本で何人新橋で飲んでるサラリーマンが夕日に向かって「ありがとう」と言えるのかしら?と感動とともに、日本って寂しい国なのかなとモヤっとしたんです。勿論バケーションにきているんだから、日常的にそんなことはできなくていい。という意見もあるでしょう。普段夕日も見ずに働いてるから、こうしてマウイにこれてゆっくりしてるんだ!と。でもなぜかその時、『こんな毎日が送りたい』と強く思ったんです。いつかはそんな生活がしたいね、と主人も言っていました。夫婦二人の共通の『この先の未来』が見れたことが一番の収穫だったなと、今思い返すと思います。モヒートと地ビールで乾杯!同じ光景を見ても同じように感じるとは限らなくて。同じように感じているようでずれていたりもする。おおまかには、全く違う意見・生活でもいいと思うんだけど「この先」が同じっていうのは大切なんじゃないかと思う。お金がめっちゃあっても、大きな豪邸に住み高級車にのっても時間に追われていたら寂しい。「夕日を見て感謝できること・立ち上がって店の外に出てくることを厭わない心」これが豊かさの概念に、その時なったと思います。どちらかといえば、合理主義で常に損得勘定を考える主人ですが、花火があがった路肩に車をとめてみるようになったり。今の時間を味わう。偶然がくれるものを受け取る。そんな意識が芽生えたように感じます。なぜか急に登ることになったダイヤモンドヘッドの頂上から。わたしじゃ旅が好きなのはこういう意識の共有や書き換えが楽にできるから。心と身体が一致する感覚がより味わえるから。きっと●泊●日って限られているからこそ、センサーが敏感になるんだと思う。そして新しい土地であればあるほど自由を感じる。「その先」を共有することが大事なのはパートナーだけでなく仕事を一緒にするチームも同じですね。プロジェクトで見える「その先」が同じでないと何も進まない。今年いくつか上手くいかなかったプロジェクトの原因も書いてみて、発見できました。2020年には会社として共有できるビジョンを掲げたいな。って来年ではなく再来年の目標を書いてしまった。それでは!====================ヴィジュアルコンサルティング「モニコン」募集は1月以降に下記WEBレターにて!3か月のマンツーマンスタイリング「ユアスタイリスト」募集開始は2月以降です!時々辛口ちょっとスパイシーな週間WEBレター月曜21時配信中です!→メルマガ「outstanding」ご登録フォーム

      9
      テーマ:
  • 28Dec
    • 働く女性は「衣食住」の構築に投資すべし!

      起業家・経営者・フリーランス業の売上アップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!今日はとってもいい一日を過ごしました!寒い時期は本当に動けなくてダメ人間なんですけど。だって、朝いちばんでこんなブログを見つけたらもう、ウキウキでしょう!ありがとうー!以下、クライアントの一級建築士&整理収納アドバイザー拝藤チサトさんのブログより抜粋します。====================今年のニュースって何ですか??私はね、、5つある中にこの2つを入れる・シンガポールに家族旅行に行った・林モニカさんにスタイリングしてもらったシンガポール旅行ってプライスレス!一生で一回かもしれん!ほんならお金かかっても行こう!ってなるやん?家族四人なら、まあまあかかる!じゃあファッションの悩みを解決するならいくらが適正と思う??・林モニカさんにスタイリングしてもらった林モニカさんは、こちらこれは、私にとって面白かった。未知との遭遇やった。だって他人に服決めてもらったり髪型決めてもらったり(決められるともいう)そんなんしたことないやん?芸能人ちゃうんやから。だから最近はなんとなく自分らしい服なんとなく似合うと思う髪型に落ち着いていた。。けどなんか私垢抜けてないよな、、って思っててん。ほんでオシャレ系のブログとかインスタとか見ててん。でも『このニットはコスパ良し』と書いてても自分にとって似合うかどうかは、ブログ読んでも分からんねん!だから5月にモニカさんの体験コンサルに行った。3回のコンサルで20万円超え、、(延長してるからもっと支払っている。。)めっちゃびびったけど、お願いした。だってお願いせな、いつまでも同じことに悩むから。もう何買ったらいいか?今年の流行は何か?どの店に行くべきか?オシャレに見えるのは何か?そんなことに悩む時間そして考えても答えが出ないことにかける時間と精神力から解放されたかった。だから27万円バーンと支払った!!そうしたら面白い未来が待っていた。2.5万円する袖のないブラウスとかたっか!と思ったけど(エポカとかお姉さんブランドやと思ってた。←年齢は自分も十分お姉さんですが)着たら凄い着映えするし!自分では選べない。ランチ会に行くだけでもコーデを作ってくれるラジオに出るときや写真を撮る日もアドバイスをくれる『何着て行こう?セミナー?』がないから、、すごく『集中』できる。モニカさんに頼む前の私もクソダサいわけじゃなかったと思うねん2018年3月2017年9月2017年3月あ、これはダサいな前髪も短かった。面長やから前髪は短く。って雑誌に書いてるやん??でもヘアスタイルとファッションはこの一年で随分と洗練されたこんなガツンとしたネックレス、自分で選ぶ?派手すぎじゃない?とか思って自粛するやん??でもモニちゃんが買え!って言うんですよ。。そんな風に成果を感じられるようになって/ああ、頼んでよかったなー\って。やっとお金の価値がわかるねん。スタート時には高いも安いも、ないねん!!メイクも髪型も変わって『拝藤チサトらしく』なった。自分ではわからない自分らしさ。を引き出してもらった。==================そうそう、3回コンサルで27万円!ではなく♡私を3か月雇うのに27万って感じです!拝藤さんの提供している「一軒まるごとコンサル」もそうじゃないかな?と思うんだけど、時給でもなければ、カリキュラムでもない。あなたを理想の状態に導く値段!なんですよ。理想の状態って何?といえば、『あなた自身が生きやすい・生活しやすい状態にする!』あなたのパフォーマンスがあがる環境設定と持続可能な設定に全部を捧げますよっ!ってこと。イマドキ、医者でも「治す」とは言わない時代。「任せてよ!」って言える仕事をしてる人は何割かしら?だから結果に対する値段としては高くないと思っています!ただ結果「理想の自分を得るために」決断するのに時間はかかるかも。たかが、片付け…たかが、服選び…それなら迷えばいいし、悩めばいい。でも私が知る限り、子供がいて働く女性起業家や経営者は、『衣食住の専門家+メンター』を必ずつけています!だってエグゼクティブ男性には『奥様』が大概いるわけでしょ?もしくは独身男性は家事をしない前提なわけですよ。同じだけのパフォーマンスは女性には出せません。(同じを目指す必要もないけどね)そもそも独身だろうが、既婚だろうが、女性にはオンオフが必要なもの。『衣食住』が自分好みでないと、美しくいられません。自分はどんな生活を送りたいか?どんな部屋で何を食べて何を着る?その生活の繰り返しが人生なわけだから。どんな人生を送りたいか?=どんな衣食住を手に入れたいかなんですよ。だから『自分にあった衣食住』を手に入れるために、働く女性がそこに投資をするようになるのは自然だと思います。拝藤さんの強みは、「小さいお子さんのいる働くママの時短をかなえる家事導線」論理的でありつつ人情味もある人柄でさくさくっと手助けしてくれますよ!拝藤さんのブログはこちらから。→悩みから解放されたければプロに聞け!ちなみに文中に「モニちゃん」って書いてあるでしょ!?そこが妙にツボにはまりました(笑)拝藤さんいわく外見は「クールなモニカさん」内面は「可愛くて暑苦しくて不器用なモニちゃん」らしいです!わたしも、内面と外見の一致目指して、2019年は外見もちょっと変化します!2019年は「モニちゃん」で参りますので、どうぞモニちゃん、とお声がけください!笑====================ヴィジュアルコンサルティング「モニコン」募集は1月以降に下記WEBレターにて!3か月のマンツーマンスタイリング「ユアスタイリスト」募集開始は2月以降です!時々辛口ちょっとスパイシーな週間WEBレター月曜21時配信中です!→メルマガ「outstanding」ご登録フォーム

  • 27Dec
    • 【広島出張一日目】未来からのメッセージはみんな受け取っている

      女性起業家・経営者・フリーランスの売上アップに貢献する個人スタイリスト林モニカです。今日は先日受けてすっごく変化を感じた講座と広島ショッピング同行について書きたいと思います!広島に一泊して1日目は潜在意識について学び、2日目はクライアントさんと、たっぷり6時間同行ショッピングしました!普段学びについてはあまり書かないのですが、(学びは咀嚼して自分のものにしてからサービスのブラッシュアップに活用しています)これは価値観が変わったな!と思うのでシェアしまし。まず知ったきっかけはFacebookでした。友達申請がきて丁寧なメッセージつきでした。メッセージで営業をしてくる人には興味をもたないのですが、その人のメッセージはストレートな気がしました。『言葉以上でも、以下でもない』って感じ。営業ではなく自己紹介ですね。(笑)そんな言葉の使い方ひとつで信頼って生まれますね。そして写真が上手・文章が上手、絵が上手。やっぱりなんでも「上手い人」に目がいきます。奈良の柳生にお住まいなのもポイントが高かった。柳生ってすごいんですよ。昔の日本の風景みたいでなんか守られた土地ってイメージを受けたんです。そこに住んでいるのか!納得!みたいな(笑)お庭の写真や家族の写真などフィルターが一定なのもよかった。赤裸々にみせているようで美しく見れるように気を使ってくれてるのがいい。自分のためにも周りのためにも。そうやってみんな「自分を取り巻く世界」を構成しているのが最近のSNSの使い方の特徴だなと思います。色濃く自分の世界を創った方が生きやすくなる。そして世界と世界が混じり合って生まれる交流が思ってもないものを引き連れてきてくれる、私にとってSNSはそんな感じ。この人の投稿を見て「思ってもないもの」を感じよう!そう思って受講を決めたのでした。「魔法の教室」の奥田環紀さん、黄色のベレー帽のかたです!、50人ものひとに一斉に伝えるには難しい内容で、それを3時間ぶっ通しで話す、話す、話す、、、すごいです。何がすごいかって、・イメージさせるための小物が丁寧!→画用紙に絵を描いて貼る・擬人化する。描写を丁寧にする。参加者の右脳がめちゃめちゃ鍛えられたに違いありません。・出すエネルギー半端なし!ずっと喋ってます。すごいのどが強い!そして全員にかける気力がすごい。そう見せないのもすごい。・とっても初級者向け!これ自分できないなあと思いました。潜在意識って聞いたことない、ヒプノセラピーを知らない人でも入りやすく分かりやすい。後半の自己実現講座ではセルフヒプノを体験するのですが、その時の声は本職なんだな!と感じて安心できました。講座内容は、奥田環紀さんのFacebook投稿を見てもらうとイメージできると思いますので、受けて私が変化したことについて書きます。、(奥田環紀さんの投稿一部)わたしが7歳までに言われた言葉があって『一人っ子だからワガママに育っている』と、日本に一時帰国した際に祖父に繰り返し言われたんです。繰り返し、というのも私の思い込みなのかもしれません。小さなことでも大きく潜在意識には残るそうなので。そのあと私は、一人っ子に見られたくないトラウマができました。「ひとりっ子なのね」と言われるたびに、”だからワガママな子なのね”と言われてるんだと自動脳内変換して、「一人っ子と思えない!」と言われるために協調性を持ち周りに合わせ自己主張しすぎていないか、気をつけながら過ごしました。(だから大人数が苦手なのかも)そして実際は一人っ子なので本当の自分はダメな人なんだと思って生きてきました。祖父はその一時帰国中に突然亡くなってしまったから、私の心により深く残ったのです。その頃祖父はうつっぽい症状が出ていて、何も覚えていないのですが、苦しみは伝わってきたんだと思います。何とかしてあげたい、と思ったけどきっとどうにもならなかった、そんな想いもあったと思う。でもいまは、「一人っ子だからワガママに育っているから気をつけなさい」というのは祖父の心配であり、愛情だったと感じます。講座中にセルフヒプノセラピーで見た自分の(潜在意識)のイメージは、小さなお姫様でした。笑素晴らしく上等な服を着ておしゃまな女の子。「これじゃダメだ!」と、思った『姫』でした。海外ではワガママ=姫ではないんだけど、日本では自己中な女の子に悪口で「姫」とあだ名をつけることがあったので、姫は悪者という図式が出たんだと思う。昔、職場でも「しゃなりしゃなりしている」と言われてチャキチャキ動けばいいんだなと感じた。きっとそういう言動を私自身が引き寄せて、自己否定の道具にしていたんですよね。そう言えば昔ジバンシイで、何も考えなくていいならこんな服が着たいと思ったんだった。恐るべし!潜在意識!ちょっとゴスロリみたいだけど。笑私の潜在意識の中の少女は金髪の女の子なんですよね。7歳までって鏡をそんなに見ないので、周りと自分は同じだと思ってると思うんですよ。だから私は自分のことを外国人だと思って育ってたんじゃないかな。(海外にいたので)こういう話って、『特殊な世界』に思われる気がして、しないようにしていましたが外見は心理状態と密接につながっていて切っても切り離せないものです。環境、生い立ち、性質、思い込みによって、たくさん制限を設けてハードルを避けるようにして、みんな服を選んでいる。今わたしはクライアントの未来の服を選びまくっているので、自分も極めたいと思った。「自分」を極めきりたいって。それって自分を好きになり、受け入れないとできない。自分にまだ何か引っかかりがある、と思っていたのでこの際きっちり自分を知ってみようと思ったのです。もう一枚、かぶってる皮を脱ぐときがきた!って感じ。「潜在意識について勉強したことがある」「講座を受けた事がある。昔から言われていること」という人は多いけれど、何人の人が活かせているんだろう?知識として頭にあるだけでは何も変わらない。私は未来の自分からメッセージを受け取っているんだと思います。そして未来を語っている人や未来からメッセージを受け取ってる人の場合はその人の未来がみえる。例えば奥田環紀さんは、会議室が全然似合わなくて木の教室で昔の学校のような、薪ストーブの焚かれた教室で、まるで大草原の小さな家時代のような。そんな場所で大人も子供も入り混じった学校を開いてる。そんな姿が見えました。そのための一歩として今全国を精力的に回っているんだと感じました。講座を受けた後のFacebook投稿で「家を全面建て替えます!」とかいてらっしゃったので私の見たものは少し先の姿なんだと思いました。小花柄のワンピースに紅いカーディガンを着てた。これは特別なことじゃなくて。未来を見ている職業って多くて、家を建てる人・家具を選ぶ人・服を選ぶ人・美容師・メイクアップアーティスト・シェフ・・みんなこれを<購入後>や、<メイクした後>など少し先を見てそれに向かって仕事をしている。デザイナーやクリエイティブ系のお仕事はみんなそうですね。日々の料理だったおせちづくりだって、すべて未来をみてやっている。ただその選択基準がみんな思考・顕在意識に偏っていて、潜在意識の「こうしたい」という気持ちを聞くために足を止める時間をもっていない。惰性でいつもと同じようにしたり、周りに合わせたり、こうすべきと決めた義務に縛られたりしている。お正月の過ごし方一つをとっても。「クリエイティブ」っていうと、特殊な人・選ばれた人のイメージがあり、大半は凡人なんだよと思わされて教育されるので、その力が自分にあると思う人は少ないと思いますが、日々生きることそれこそ最大のクリエイティブだと思う。とはいえ、今と未来に差があるときに埋めるツールとして私は外見を使っています。これぞ、という服をみつけるとその服を着る機会が訪れる。そして服を買った時点から、その服が似合う自分へと変化していく。そこに確信が持てた講座でした。奥田環紀さんは本の出版も予定されています。益々のご活躍を期待しています!ありがとうございました。広島出張<学び編>終了です!広島出張<ショッピング同行編>へつづく。*奥田環紀さんの講座内容は各地でシェア会されています。私自身は予定はしていませんが、ご希望の方がいらっしゃれば4名以上集まれば開催します。開催地は奈良市内または、大阪駅近郊です。*問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

      17
      テーマ:
  • 26Dec
    • 上手にお買い物をするコツ!

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!いよいよ歳末セールも始まってきましたね!夜な夜なオンラインショップをチェックしています。笑ところで皆さんはせっかくSALEに行ったのに、何も買えずに帰ってきた…家にあるのと同じようなカーディガンやニットを買ってしまった…そんな経験はありませんか?そんなあなたに日々十数人分の買い物をしている私からコツを伝授します!それは…”インスタグラムにクローゼットに今ある洋服を全部アップすること!"面倒くさいかもしれませんね!これは私がスタイリストとして契約させていただくクライアントさんに必ずお願いしていること、なんです。何十人もクライアントさんを見てきて、メリットがたくさんあると感じました!例えば、・アイテムを一枚一枚カメラに撮るときに、「これ要る?要らない?」と取捨選択の機会をもてる。・インスタグラムはアイテムを俯瞰することができるので、同じ色のものが多い!似たアイテムが多い!などワードローブの偏り気がつきやすい。・新しいアイテムを買うか迷うとき、お店で簡単にワードローブを見返すことができるこちらはもともと単発でショッピング同行サービスをしていたときに「よく履く靴や合わせたい洋服を写真に撮ってきてください」とお願いしていたことからヒントを得ました。その時はとても【全てのアイテムを!】とお願いできなかったのですが、2時間のショッピング同行ではなかなか靴を買いに行く時間がとれなかったので、今ある靴に合うスカートやパンツを選ぶためにお願いしました。ほぼ初対面のお客様のライフスタイルや好みに合うものを選ぶにあたり、靴を見るとよく分かったからです。現在はカバンやアクセサリー、マフラーなど全てをインスタグラムにあげてもらっています。(非公開設定で)今まで購入したものには、歴史がつまっていますから情報の宝庫なのです。【外見はインフォメーション】ですからね!その人自身を深く知らないと、その人らしさを表現できるものは選べません。あなたもあなた自身を深く知るチャンスなのです。例えアップしながら、(ユニクロばかりだな〜)(間に合わせで買ったものばかりだな〜)とやや落ち込んでしまっても。それが【変えたい現実】それを明らかにすることで、【じゃあどうなりたいのか】がハッキリします。私はクローゼットから未来のいく先を変えられると信じていますから。そして人に言うなら自分から!ということで、私も全アイテムアップすることにしました!時期的にどんな冬物コートを買うか迷われてる方も多いかと参考になればと、私の冬物アウターからアップしています。早速気がついたのは、私はアウターを【ロング丈・ミディアム丈・ショート丈】に分けて考えていることです。最低限この3パターンがあると、どんなボトムをはいたときも困りません。ですから今ロングをお持ちの方は、ショートを。ミディアムがない方はミディアムを探してみてはどうでしょうか?それぞれに合わせるアイテムを書いてみますね。ロング(膝から足首まである)丈…スカート丈や形を選ばず合わせられます。155cm以上の方はパンツにも合わせられますが、155cm未満の方はパンツの場合、特にワイドパンツはミディアム丈にした方がスマートに着こなせます。ミディアム(お尻が隠れるくらいから太もも半ばまで)丈…スカートは合わせにくいものが多くパンツ向き。カフェで打ち合わせや映画館などコートがかさばると邪魔な場面で便利です。ショート(ウエストから腰まで)丈…スカートは丈を選ばずマッチし、パンツもよく合います。しかし難点は寒いことでしょう。私のように車移動が多い人はショート丈は便利だと思います。また厚手のニットを着る方にもおすすめです。インスタグラムに載せたものを一部ご紹介します。<冬のアウターロング丈>ロングのウールのコートは3枚でした。一枚秋に着る薄手のものがあります。<ミディアム丈><ショート丈>インスタグラムにはそれぞれのメーカー・購入時期・購入の決め手について、たっぷり書いています。フォローしていただくとご覧いただけますので、年末年始にワードローブブックを読むような感覚で見ていただけたら嬉しいです!→→→@cltwithm………… ………………… ………●ヴィジュアルコンサルティング「モニコン」募集は1月以降に下記WEBレターにて!●3か月のマンツーマンスタイリング「ユアスタイリスト」募集開始は2月以降です!●時々辛口ちょっとスパイシーな週間WEBレター月曜21時配信中です!→メルマガ「outstanding」ご登録フォーム………… ………………… ………

    • 好奇心旺盛な人の服装とは

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!・・・・・・・・・・・・・・・・私は「外見」をテーマにしたエッセイや、女性についてのコラム、恋愛小説を書いて・みたいという野望があります。まずは文章を書きなれるところから始めよう、と「ほぼ日」で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについての徒然を書いていいます。面白かったら「いいね」「フォロー」よろしくお願いします!・・・・・・・・・・・・・・・・内面を外見に出すって仕事をしてます。「ヴィジュアルコンサルタント」&「個人スタイリスト」として。そんな私の大きな特徴は『好奇心が少ないこと』だと思う。実はこれをちょっと恥ずかしく思っていた。頭のいい人や成功してる人は、「好奇心が大事です」とよく言ってるから。そして恥ずかしく思うってことは、自分も頭が良く成功しようと思っている…ということで恥ずかしがってる自分がまた、恥ずかしく思います。小学校の時など先生のほめ言葉で、「○○君は好奇心旺盛で!」なんて言葉もよく聞いたからその影響もあると思う。(やばい~私、好奇心少ないわ~)みたいな。好奇心が少ないってどういうこと?と具体的にあげるならば。部屋でみんなが、「美味しいよ!」と盛り上がってるお菓子。でも自分が食べたくないものだと食べない。別段、味に興味がわかない。例えば話題になっているドラマや映画や話題のお店。・半分、青い・ボヘミアンラプソディー興味がわかない。偶然が重なったら見ようかなとか、仕事で必要になったら見ようかなって感じ。クライアントさんが「リーガルVの米倉涼子の服装が好き」と言ってたので、それは録画してみました。そんな私は、服装に流行を取り入れません。流行には3種類くらいあるんだけど、そのうちの一つ。『分かりやすい流行は取り入れない』かな。例えばスポーツミックスやロゴもの、ビビッドカラーのスカート。旬のものや流行のものって、好奇心旺盛な人のほうが似合います。内面と外見はリンクするほどしっくり似合うものなんですよ。『好奇心旺盛だけど、服にお金をかけたくないから流行にとらわれないものを着る主義』の人もいます。その場合は外見ですごく制限をかけているように見えます。本人は無理してなくても無理してるようにみえる。だから少し流行をいれるほうが合う。「言葉と、合う」んですよね。内面って目に見えないけど言葉に出るから。好奇心旺盛な人の話題とそうでない人の話題は違うからこそ、どんな外見の人がその言葉を発すると一番しっくりくるか?をドラマの演出家やスタイリストのように見ています。もちろん内面はひとつではないから、色々な印象をだすために小物でバリエーションをつけるといいと思います。ヴィジュアルコンサルティング「モニコン」募集は1月以降に下記WEBレターにて!3か月のマンツーマンスタイリング「ユアスタイリスト」募集開始は2月以降です!時々辛口ちょっとスパイシーな週間WEBレター月曜21時配信中です!→メルマガ「outstanding」ご登録フォーム

      26
      1
      テーマ:
  • 22Dec
    • 【徒然】女子の悪口・陰口問題

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!・・・・・・・・・・・・・・・・私は「外見」をテーマにしたエッセイや女性についてのコラムや恋愛小説を書いてみたいという野望があります!まずは『文章を書きなれるところから始めよう』とほぼ日で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについて徒然と書いています。面白かったら「いいねやフォロー」よろしくお願いします!・・・・・・・・・・・・・・・・本日は娘との会話で思ったことをシェアしたいと思います。(娘には娘のプライバシーがあるので、少し内容を変えてる部分もあります)ひとの悩みの一位は『人間関係』離職する人の理由の一位が『人間関係の悩み』というアンケート結果を目にした事があります。驚きました!「私だけじゃなかったんだ!」と。笑学生の時に人間関係の悩みがない日がなくて、悩んでると気がつかず。自分の性質のせいなんだ、と結論付けました。自分はずっとこうなんだ、と。自分は好き嫌いが激しいんだ。できるだけ好きになれる人といるようにしたほうがいい。そしてありとあらゆる『上に立つ人』に疑問と怒りを覚えたので尊敬できない上司の下で働く可能性がある仕事は辞めよう。だから就職活動でも自分の能力が追い付かないことは棚に上げて(笑)大企業や大規模の会社は検討しませんでした。それが理由でコンプレックスもできましたが、それで今があるから良かったんだと思えるようになったことに感謝しています。前置きが長くなりましたが。人間関係の悩みが始まるのは男子より女子のほうが先なんじゃないかと思います。「●●ちゃんがあなたの事をこんな風に言ってたよ」これ、大人でも『あるある』な余計なお節介!娘には「『それは事実じゃないかもしれないという目線』を忘れずに聞くように」と言いました。人は上にでたくて、注目されたくてつい盛ってしまうことがあります。本当に自分の耳で聞いたとしても、それが真実かどうかはわからない。判断するのは耳ではなく脳だから。まして人から聞いた話など真実だと断定できない。人の話を聞くときに大切なのは、その中身にではなく根っこです。何故、その話を今私にしたのか?相手がなぜその言葉を発するか、その根っこ。例えその悪口が本当だとしても、言い返しても何も変わらない。例えそれが嘘だとしても彼女を責めても何も変わらない。根っこをみれば嫉妬なのかもしれない、コンプレックスかもしれない、もちろん、昔に自分が何かしてしまったことがベースにあるのかもしれない。自分に非がある可能性もあります。でも冷たいかもしれませんが、直接言わず影でいうことはだいたい相手に問題があることが多いものです。「車の駐車場所が間違っていますよ」だと面と向かって言う。「あんな派手な車、趣味が悪いよね」だと影でいう。だから私は、誰かの悪口を聞いてもそれを本人には伝えません。悪口を言われてる側ではなく言ってる側に解決すべき問題や課題があるのだから。『親切だと思って本人に伝えるの!』というのは言われてる相手を小さく見積もるのと同じ。その人を信じているなら自分は態度を変えなければそれでいいのです。『本物のダイヤモンドは、たとえ「あれは偽物よ」と陰口をたたかれても偽物に変わるわけじゃない。事実と違う陰口を言われたとしても、自分は何も変わらない』陰口や中傷で気持ちは傷つきます。でも自分の本質は何も変わらないのです。わたしは自分に対しても人にたいしても心からそう思っています。これは『ブレない部分があることに気付く』にも繋がっています。ブレない部分があると気付けば、それ以外はガンガン変えても大丈夫なんですよね。髪型だって服だって、仕事のやり方も住む場所も。人の内面の確固たる部分(アイデンティティ)を外見へ表現することが私のテーマですが、外見が変わることに恐れを持つ人、外見を人に任せて本当にいいのか、自分が自分でなくなるような気がする人こそ、私に依頼してほしいなと思います。そういう人こそ、確固たる自分の扱いに困って柔軟さ・変化・チャレンジ精神が委縮してしまう。ダイヤモンドだけど、時として古風なたてづめのリングがリフォームで今どきなピアスに生まれ変わる。なんかちょっと話が仕事の話になってしまったけど「悪口・陰口問題」は大人になってもずっと付きまとうもの。娘には途中から「何言ってるんか分からへん!」と言われてしまいましたが、私はスッキリしました。笑今は素晴らしい人に囲まれて幸せ。大人、バンザイですね。早くあなたもこの世界においで、と心で思いつつサバイブするのも力になるのよね、と娘にしばし喋りつづけて超嫌な顔されましたとさ。====================ヴィジュアルコンサルティング「モニコン」募集は1月以降に下記WEBレターにて!3か月のマンツーマンスタイリング「ユアスタイリスト」募集開始は2月以降です!時々辛口ちょっとスパイシーな週間WEBレター月曜21時配信中です!→メルマガ「outstanding」ご登録フォーム

      40
      テーマ:
  • 20Dec
    • 【徒然】高木美保さん万歳!

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!・・・・・・・・・・・・・・・・私は「外見」をテーマにしたエッセイや、女性についてのコラム、恋愛小説を書いて・みたいという野望があります。まずは文章を書きなれるところから始めよう、と「ほぼ日」で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについての徒然を書いていいます。面白かったら「いいね」「フォロー」よろしくお願いします!・・・・・・・・・・・・・・・・最近気になるニュースがとっても多いです。年内の対面の仕事をおえ、7時半~8時半までコーヒーを飲みながらTVを見るのが新しい習慣です。中でも心を動かされたのは、Rolaさんを擁護した高木美保さん!羽鳥アナが否定的な意見を述べる中、感情的にならずに、きちんと意見を言ってらっしゃいました。「これは辺野古移設問題・環境問題のみならず、自分の意見を言うことは素晴らしいことだというメッセージでもあると私は思います。わたしは大賛成です」素晴らしい!大好き!事の発端はRolaさんが沖縄の米軍基地辺野古移転による海の埋め立ての反対署名を呼び掛けたこと。”芸能人が政治的発言をするなんて・・””テイラースウィフトの真似だね”なんて否定的な見方を多く見ましたが、結果としては署名9万筆だったのが、Rolaさんの投稿後13万を突破したそうです。私はこれぞ「影響力の使い方だ!」と熱くなりました。Rolaさんが大切に育ててきたInstagramを自分が応援したいことに使用する。それってすごくクレバーなこと。Instagramはどこの企業のCM用に作ったんじゃなく、彼女個人のものなのだからその使い道を決める権利は彼女自身にあるのです。羽鳥アナは「プラスチック反対を言うのであれば、プラスチック製品を使用したCMはこないでしょうけどね」と言ってましたが、それもナンセンスだと私は思う。ほかにも企業と契約しているから、その企業に反することを公言できないとおっしゃる方がいらっしゃいましたが、そもそもモデルやタレントを起用するのはその『外側』なんじゃないの?と思うんです。【あくまでイメージです】と、思いませんか?でもまあ、もしプラスチック製品のCMが来なくても、違った方面の可能性が広がるでしょうけどね。”絞れば絞るほど、拡がる。”これは今年とても感じたことでした。絞るというのは、フォーカスするというイメージ。「ヲタクの時代がくる!」と言われて久しいですが、マニアックになればなるほど、拡がっていく。そこを目指せ!という意味ではなくて、ある時代の大人は「まんべんなくできること。偏りがないこと」を推奨してきたと思うのですが、今は「のめりこむこと」を時代は推奨してるなと思うんです。子供を育てる親としてもその発想の転換は気をつけておかないと、すぐに子供に「いいかげんにしてもう違うことをやりなさい」と言ってしまう。熱中させてあげる時間を意識してとらないと、と思います。でもね、YouTubeに熱中してるのは、ちょっと心配・・・それでは!

      23
      テーマ:
  • 19Dec
    • 私のインスタグラムがお洒落になってきたわけ

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!〈お知らせ〉*ここのところホームページ作成に向けてメニュー記事を見直しています。記事が表示されなくなっていますが、今しばらくお待ちください。私のご提供しているサービス・60分のヴィジュアルコンサルティング<モニコン>・3か月のトータル外見プロデュース<ユアスタイリスト>・ヴィジュアル戦略部門コンサルタント契約半年・年間<ユアミロワール>・海外在住者向けオンラインコース<インターナショナル>ここのところ口コミが多いのでブログで募集をしているのはモニコンのみです。2019年はこのサービスをより多くの人に知っていただきたいとホームページ作成と、インスタグラムについても専門家にお願いしました。WEBデザイナー/SNSマーケティングのnaoさん!(向かって 右側がnaoさん)インスタグラムはなんとなく使っていたのですが、わたしが自己流でやるとどんどん「知っている人向け」になってしまうのが悩みの種で。多くの人に知ってもらうための目線が抜けてしまいがち。そこを補っていただきたいくて、お願いしたのですがすっかりお洒落な感じになってきました。今は『定型』を覚えている最中で色々な写真加工アプリに慣れたり、写真をせっせと撮りためたり。なれない作業は時には疲れてやる気を失ってしまいますが、楽しいですね。最初はお願いすることで「私らしさ」が無くなってしまうんじゃないかと、不安に思っていました。いわゆる型にはまるって感じ?型にはまったものが広く知れ渡ってもそれは浅いんじゃないかなって。でも、やっぱりお洒落で見やすい方が開くのが楽しいし、自分らしさは徐々に出していけばいいかなと思ったんですよね。そして何より『妥協したくないな』って気持ちが最近芽生えてきまして。そこまで必要ない、お客様はみてない、とか「必要・不必要」「十分・不十分」で物事を判断していた自分に気がついたんです。私はお洒落で洗練されたものが好きだし、見ている世界はきっとそう。でもそれを表現するには自分自身も、能力も足りないと思っていたんですね。でもノウハウや型を教えてもらうことで、それが可能になるかもしれない!そう思ってチャレンジしています。これって、私のサービスを頼む前のクライアントさんの不安とも重なるのかもしれないと、それもまた勉強になりました。よかったらフォローお願いします!→→Instagram*ストーリーにはプライベートやリアルタイムな情報を投稿しています!naoさんのInstagramはこちら!→nao_tips

      17
      テーマ:
  • 14Dec
    • 【徒然】仕事での外見戦略は短期戦・恋愛は長期目線で。

      起業家・経営者・フリーランス業の方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです!・・・・・・・・・・・・・・・・ 私は「外見」をテーマにしたエッセイや、女性についてのコラム、恋愛小説を書いてみたいという野望があるのですが・・まずは文章を書きなれるところから始めよう、と「ほぼ日」で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについての徒然を書いていこうと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・今年2018年の漢字が『災』でしたね。賛否両論あるようですが、普段TVを見ないのですがたまたま見ていたら安藤優子さんがでてて、災に決まってちょっと慌ててたのが面白かったです。余談ですが安藤優子さんって夜から昼に移ってから、肩の荷を下ろした感が半端ないですよね。「もうこれからは気楽にやろうと思う」って感じが出てる気がする。そしてもうひとつ余談ですが、起業家さんの外見戦略でアナウンサーを参考にすることが多いです。・信頼感を感じさせる・知的である・好感度が高い・フリーランスである(ことも多い)共通点が多いんですよね、得たいイメージの。でも若手の「局アナ」は参考にしません。年中ワンピースだし媚びてるような印象で『知的でない、自分の意見を言わずに笑っている』そんな印象がマイナスだと思うから。でも!男性アナウンサーを見ていて、好感を持ってる自分に気づきました!日テレの男性局アナ3人かな。その辺にいる男性より数段小綺麗!!なるほど、女子アナがモテる原理はこれか。と思いました。うん、仕事目線でなく婚活目線なら入り口は局アナ的で会ってほしいかもしれない。色々面倒な持論を展開する男より、小綺麗にしてうまく相槌うってくれる若い男の子のほうがとりあえず、飲みに行くなら楽だよね。同世代以上なら尚更小綺麗で、さっぱりとしていてほしい!初回からキャラ濃いと疲れる!!二回目、三回目と会ううちに「持論」自分の意見がでてくると、意外なギャップとしてポイント高し。女子でいうなら団体で会うとか、初回のデートは定番ANAYのワンピースにカーディガン。二回目のデートでは、きりっとしたパンツスーツ。三回目のデートでほっこりカーディガンやニットで現れるといいよねって感じかなあ。なんせ大人の恋愛は、『相手を疲れさせない工夫が欲しい』自分がおっさん目線になってきたなと感じる年の瀬です。ちなみに恋愛における外見戦略はやや長期目線でゆっくり自分を見せていく。仕事における外見戦略は短期戦。まず分かりやすい自分を見てもらう。この違いをしっかり理解してないと残念よ。『外見はインフォメーション、外見はコミュニケーション!』賢く使いましょ!ヴィジュアルコンサルティング「モニコン」募集は1月以降に下記WEBレターにて!3か月のマンツーマンスタイリング「ユアスタイリスト」募集開始は2月以降です!時々辛口ちょっとスパイシーな週間WEBレター月曜21時配信中です!→メルマガ「outstanding」ご登録フォーム

      27
      テーマ:
  • 07Dec
    • 自分が本当にやりたいこと、は意外と水面下にある。

      おはようございます!女性起業家・経営者・フリーランスの売上アップに貢献する個人スタイリスト林モニカです。寒くなってきましたね!週末はぐっと寒くなるみたい。私は学びと仕事とリフレッシュに久しぶりに子どもを預けて、単身出張の予定です。今年は月に1〜2回東京へ出張していたのですが、今回は初めて西へ!!妙に体調が悪くなり不安になり、どうしよう…と思ってたのですが、コーチング実践会でクライアント役があたり、相談してみたところ。『せっかく行くんだから、色々詰め込まなきゃ!』と思いすぎて億劫になり、不安に思ってる、と気付きました。今の私の願望は、【家事で思考を停止させ、手をとめることなく集中して読書したり来年への動きを考えたい】だったんですよね。せっかく出かけるけど、望みは『ホテルに引きこもること』だったみたいです。笑コーチング実践会で『自分は本当はどうしたいのか』を意外と私をふくめみんな分かってないかもしれないなって思いました。来週月曜のメルマガは何を書こうかな…昨日のコーディネート。アゴが上がってます。ファーベストネタを書くかな。メルマガご登録はこちらから。………… ………………… ………時々、辛口メルマガoutstanding………… ………………… ………

      29
      テーマ:
  • 01Dec
    • 【メルマガ月曜21時配信中!】「なぜ」が良く分かって、読んでためになります。

      起業家・経営者・フリーランス業の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです毎週月曜21時に辛口ニュースレターoutstandingを配信しています!先週のメルマガに素敵な感想を戴きました!モニカ様もういつも、メルマガ最高すぎなのでつい返信ボタン。どんな雑誌やキュレーションサイトも「広告」でつまらないけど、このメルマガは本当にいつも的を得ていて、「なぜ」が良く分かって、読んでためになります。因みに、届いたら即読む派です。今回のメイクの話もすごく良かったです!!淡い色のリップだと、あか抜けない?なんかぼやっとする・・?子どもっぽい・・?可愛らしいのは嫌かな。。と思って、つい濃い色リップを使っていたのですが、今回のメルマガを読んで、「え!淡いリップに濃いアイシャドウをアイホールに・・・?!」眉毛も太目に・・・なるほど!!でさっそく、今朝参考に。(パーティーではないのですが誕生日なので。笑)結果、おお~って感じでした!笑ちょっとカッコよく(?)淡いリップのメイクができて感動です。雑誌のメイクプロセスは、この商品のこの色をここに塗って~こうして~とか書いてあっても、でそうするとどうなんの?・・と思って、やってみたりはないのですが、モニカさんは端的に持っているアイテムで出来ることをポイントを押さえてあり、即やってみたくなるし、しかもガラッと印象変わるし、楽しい。流石です。最近はあまり人とも合わず、無頓着化してますが次回も楽しみにしています。Y.T様!くわしく有難うございます!早速試してくださったとは嬉しい限りです!(そしてお誕生日おめでとうございます!)内容は雑誌的にメイク・ファッション・カッコイイ外見になるマインドなど3つくらいのトピックを詰め込んでいます。なんだかマンネリしてしまう、無難な外見になってしまうあなたに、月曜の夜の刺激となればさいわいです。ご登録はこちらから→時々、辛口ニュースレターoutstanding<MENU>●あなたの「内面」と「仕事内容」と「外見」一致度診断!モニコン(*募集は2019年春予定)● 外見まるっとサポート!トータルヴィジュアルサポートコース*モニコンを受けられた事のある方は、2月開始のコース、お申し込み可能です!→こちらをご送信ください!● 海外在住者向けオンラインコース*お問い合わせください● 継続サポートコース*3ヶ月コース終了後、ご案内させていただきます。<Contact>Facebook 顔写真ある女性のお友達申請希望!(メッセージ不要)Instagramコーディネートをアップしています。フォロー歓迎!時々、辛口メルマガoutstanding 月曜21時発行です7Daysメイクレッスン:7日間、メイクの基礎知識についてのメールが届きます♪*各種お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

      37
      テーマ:
  • 16Nov
    • 【徒然に】学校の制服と服育

      女性起業家・経営者・フリーランスの方の売り上げアップに貢献する個人スタイリスト林モニカです。・・・・・・・・・・・・・・・・ 私は「外見」をテーマにしたエッセイや、女性についてのコラム、恋愛小説を書いてみたいという野望があるのですが・・まずは文章を書きなれるところから始めよう、と「ほぼ日」で時事問題について思うことや、育児やパートナーシップについての徒然を書いていこうと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・今朝、マイペースな息子を送って学校まで行くとき、ちょうど中学生の登校時刻でした。制服をきちっと着てる子が多いなあ~と、思いました。学ランの中にパーカーを着てる子もいない。セーラー服の丈を短くしてる子もいない。いわゆる「服装の乱れ」のない、いい学校です。が、ダサい。だ、ダサい!中学校の時に学校指定のブラウスの色が、青みがかった白で形状記憶の肌触りが冷たく硬く嫌で、襟が丸襟なのが死ぬほど嫌いだった!だから自分の私服の白いシャツで、しかもしわしわのままを着ていっては先生に注意され、それを母に注意され、朝取っ組み合いの喧嘩になったことを思い出した。でも今でも自分は正しかった、と思ってる。指定のシャツの色は、パーソナルカラースプリングの私には顔色が悪く見えるし、腕が長く、手が大きい私には袖が全然足りなくて全然似合ってなかった。似合ってない服を着ると、みじめな気持ちになる。もう一回。【惨めな気持ちになる】そして同じ服を着ていても、かわいい子を見ると、もっと惨めな気持ちになる。制服があることの良さは勿論たくさんあるのは承知しているけれど、「カスタマイズすること」は許してあげたらいいのに、と思う。靴下や靴、髪型、そしていつから上着を着ていいか?まで決めることで、自分に合ったものを選ぶ感性が、育たない。そして自分をよさを引き立てるために自分に合ったものを探そう、という気持ちも育たない。日本は幼稚園までの洋服が華美すぎて、思春期の大事な時の服に制限がありすぎる。そこが謎。アルマーニの制服を採用した銀座の小学校が「服育」と言って、ある時論争がおこっていたけれど、それはあながち見当外れでもないと思う。あの小学校に行く子供たちは、きっと将来アルマーニの服を着る確率が高いのだろうから。そして、何より袖が短いとか、生地の素材が薄いとか、サイズが合ってなくてもなんとか3年間着せるために選んだものだとか、そういうのを着てるとみじめになる子供はいるはず。私のように。「衣食住」において、食事と同じぐらい、着心地がよく、気温に合ったもの、そして自分にフィットしたものを着るとあらゆる生産性が上がる。って、学校に言ってみようか?◆モニカ教授の辛口ニュースレターすぐ使える知識を月曜21時に配信しています!→時々、辛口メルマガoutstanding<Contact>Instagramコーディネートをアップしています。フォロー歓迎!Facebook 顔写真ある女性のお友達申請希望!(メッセージ不要● 外見まるっとサポート!トータルヴィジュアルサポートコース*モニコンを一度受けられた方は、お申し込み可能です。12月まで満枠ですので、ご希望の方は空き次第ご連絡させていただきます。→まずはこちらをご送信ください!*各種お問い合わせはこちらから→お問い合わせフォーム

      66
      テーマ:

プロフィール

林 モニカ

性別:
女性
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
女性起業家・経営者のヴィジュアル戦略部門コンサルタントをしています。 外見と仕事内容と外見が一致し...

続きを見る >

フォロー

 


 


『モニカ教授の7Daysメイクレッスン』


今更聞けないメイクの基本の「キ」


盛らない大人メイクを楽しみたい方向け


7日間毎朝、メイクレッスンメールが届きます!


ご登録はこちら


 


image




月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス