Gマスのブログ

Gマスのブログ

ブログの説明を入力します。


Gマス(ガーデニング・マスター)

 少年時代のように自然と共生し癒される空間「癒しの森」づくりの様子と

 夢を追いつづける仲間達の生きざま!

今日という日は戻らない、限られた人生の1日が確実に消化されて

行きます。

 

貴重な1日をコロナで無駄にしない為にも、生きてる実感を自然空間の森で感じ、楽しみ、癒される企画を実施します。

 

自然の森だから心配無いとは思っていませんが、みんな右習いのように軒並みイベント中止💦

 

中止すれば、準備や運営などの労力は要らないし、コロナ感染のリスクも無い、その道を選択するのがベターだと思うが^ ^

 

あえて、自分の思いと感染のリスクを覚悟で自然を楽しみたい人の為に、出来る限りの対策を講じて開催する決断をしました。

 

不運にも最悪の事態が起きても優しく見守って下さい、お願いします。m(_ _)m。

 

雨が降り、暖かくなると草木は伸びます。

植物も生物ですから生き延びるために必死です。

 

人は自分の生活圏内に生える必要のない植物を「雑草」と言います。

 

昭和天皇の言葉雑草と言う草はない、それぞれに名があり、生きる場所を選んで営んでいる、人の好き嫌いで決めてはいけない。」

そうなんです、ですから空地や放置した庭や畑に、一斉に生い茂ります。

 

依頼者 稚内在住

作業前

 

作業後

 

依頼者 横浜在住

作業前

 

作業後

 

依頼者 札幌在中

 

 

作業前

 

作業後

 

 

近年は、地主が高齢となり施設や病院暮らしや亡くなって、持ち主が管理出来なくなってます。

 

自分達はそんな方々の身内から、道内外、海外などから作業の依頼が多くなっています。

 

そのような方々のお役にたてる仕事が出来ること、ありがたく思います。

 

先日、早朝6時から旭川市倫理法人会主催の経営者モーニングセミナーで講演をさせて頂きました。

当初、3月の予定でしたがコロナの影響で本日となりました。

日頃、仕事で携わっている植物の生き方から人にも共感と感動した話しをさせていただきました。

 

終了後に参加された経営者の方から「ありがとうカード」をいただき恐縮です💦

 

7月に入って早くも5日💦

昨日は全国では相変わらずコロナ感染収まらない...

 まだまだ安心出来ません、緑の森ガーデン・癒しの森の「アマビエミンタラ」へ、参拝者が訪れています。

 

マスコミもグラフ旭川さん、高橋道新販売のタウンペーパーおらが街さんが大きく紹介してくれました。

まだ、しばらはアマビエ様の疫病祓いが必要です! 

 

 

土日でも早朝でも、いつでも参拝出来ま
すので是非おいで下さい!

 

緑の森ガーデン癒しの森のアマビエさま、漫画になりました。

本日の道新夕刊の4コマまんがに登場!

マスコミ各社が取り上げていただいたおかげでアマビエミンタラに参拝で訪れる方が多くなっています。

先日、STVどさんこワイドが取材に来た時に参拝に来ていた女性二人にインタビューしたところ前日参拝して身体楽になり友達3人連れて来たと話してました。

いろいろご利益の話しが出てきてます。

また、ある方は高齢のペットが癌で手術をすることも出来ず、でもなんとかしてやりたいとアマビエ様と一緒に写真撮って気持のよりどころなりました、と喜んでくれました。

コロナだけでなく、これからも病気で悩んだり心配したり、そういう皆さんのお役の場になればと願ってます。

いつでも、何時でも参拝出来る場所になってますのでお気軽に会いに来て下さい

 

全に消え去ってはいません、第3波が又、いつまた違う強力な疫病が来るかも知れません。

そんな時守ってくれるのがアマビエ様です。

疫病だけでなく、病気魔を祓うこともしてくれるようです。

...

現にアマビエ制作当日から旭川から今だに感染者はでていません、また前回も事例紹介しましたが、参拝してから体調が良くなった女性2人からお礼の報告あります。

また、高齢女性から今はどこも悪いところないがこの先が心配。
病気に特化した心のよりどころとなり、お参りする所が出来てよかった、など徐々にお役に立てる場にアマビエミンタラ(アマビエの庭)になって来てます。

是非、手を合わせ、写真撮って保存してして下さい、ご利益ありますょ^ ^


最近のマスコミの記事

1枚目、あさひかわ新聞(株)

2枚目なよろ新聞

病祓いスポット「アマビエミンタラ」誕生

 

 

今は新型コロナウイルスで世界中を震憾させているが、今後、いつ何時、どんな病魔が攻撃してくるかわかりません。

 

人間のエゴで地球環境を破壊してきた人間に対してのお仕置きでは?と言う説もあります。

...

自然を大切にしなければ健康にも影響する警告ともとれます。

自然をテーマに活動している、「NPO法人癒やしの森づくり」として何が出来るのか?と考えた結果、疫病から守ってくれる半人半魚の妖怪アマビエ様を呼ぶ事にしました。

 

そこで、アマビエ様が降臨する空間、アマビエミンタラ(アマビエの庭)をスタッフ皆んなで作りました。

 

誰でも、いつでも礼拝出来るようにしてありますので、写真を保存してお守りにしてください

製作過程画像

 

今年の冬は降雪量が少なく冬場の仕事が極端に少なく、仕事確保するために、本業である庭管理の仕事を通常の年度より1ケ月早く、「雪中剪定」の告知をしました。

 

4月10日まで予約限定のキャンペーンでしたが、おかげさまで多くのお客様から仕事の依頼が来て、作業自体は5月連休前まで続きまた。

 

画像は伐採現場

作業前(1)

 

作業後(1)

 

 

作業前(2)

作業後(2)

作業中

かたずけ

ただいま、庭木の冬囲い真っ盛り、旭川で一番目に付く会社の庭木の冬囲いをさせていただきました。

 

冬囲いは雪から枝木の折れを保護するのが目的ですが、庭の冬囲いで有名な金沢の文化指定庭園、兼六園のように冬囲いは冬の風物詩でもあり、芸術なのです。

 

旭川では予算の関係で民間企業でここまでこだわる会社は少ないと思いまで。

 

緑の森ガーデンのスタッフは若いながらもここまで出来る技術とセンスを備えてます。