販売中止の薬を…?

テーマ:

「あと、床ずれはないんですね?」

「前なりかけたことがあって、

病院からこれを出してもらって

塗っています。」

 

新しい利用者さんへのアセスメント

での会話です。

つけているという軟膏を

見せてもらうと、

「テラジアパスタ…」

 

床ずれの薬では

自分にはあまり聞きなれない

名前の軟膏でした。

 

その利用者さんが通っている診療所は、

院内処方ということで薬局からではなく、

自分の診療所から薬を出しています。

町の診療所なので、専門外の病気も

だいたい診ていただけますが、

おじいちゃん先生なので、

(大丈夫かなあ…)と

正直思ってしまいました。

 

案の定、事務所に帰って

ネットでその薬をググると

なんと2018年3月時点で

販売中止という記事にヒットしました。

 

(あれえ、こんなの販売していいの?)

すぐに頭によぎりました。

在庫がダブついてて、処分するのも勿体ないと

いうことで、患者が知らないのといいことに

販売中止の薬を処方したんじゃないか?

 

(まずい!これはまずいでええ!!)

すぐにおじいちゃん先生の診療所に

行こうと思いましたが、ネットの情報だけで

判断しちゃいけないと思って

よくお世話になっている薬局に行って

薬剤師さんに相談しました。

 

「はい、はい、はい、

それはですね…」。

やっぱり餅は餅屋、

すぐに答えてくれました。

 

「その薬は、だいたい60年ほど前に

発売が開始されたんですが、

耐性菌ができたりして販売中止

になったみたいです。

ただ、1年間の猶予期間があって

2019年3月までは販売しても

問題ないんです」と。

 

そして、2019年4月以降に処方

されても、保険が通らない、と。

 

なるほど~。

じゃあ、いいのか。

 

薬も日進月歩、古い薬は

役目を終えて表舞台から

消すわけですね。

 

ただ、それにしても、

そんな販売中止になっているような薬、

出すかなあ…。

「在庫一掃セール」の疑惑は、

いまだ晴れず、と。

先日書いた「補聴器はいいよ」、その続報です。

 

聞こえがとてもよく、購入されて良かったと思ったのですが、

次の日職員から報告を受けました。

「ご本人が『もうつけん』とご立腹です」とのこと。

なんでこんなに高い物を買ったのだ!、と言われたそうです。

 

今は補聴器を見ると、ご本人の怒りがこみ上げてくるので、

職員のいる事務所に持って帰っています。

少し理解力が低下されている方なので、

補聴器を作った経緯や効果を話しても、

いったん「もう、ええ」と思われてしまうと、

再びつけることは難しいものです。

 

少し冷却期間を置いてと思ったら、

職員が「実は」と。

 

「前よりよく聞こえるみたいで、

筆談までしなくてもいいんです」と。

 

ちょうど1年前にも補聴器を購入された、

別な方の話なんですが、

その方も今は使ってないんですが

やっぱり以前より聞こえが良いのです。

 

これはたまたまの偶然か、

はたまた(聞こえが良くなった)と思ったのは

錯覚なのか。もし、そうでないなら、

ノーベル医学賞ものの、すごい発見です!?

 

このような仮定を立てました。

加齢の変化のひとつとしての難聴は、

補聴器のような器具を使って聴覚に

刺激が加わることによって、

再び活性化する(聞こえるようになる)と。

 

高齢者のリハビリとして

定着してきたパワーリハビリも、

筋肉を増やすのではなく、

加齢で使わなくなった筋肉を

使うことによって再活性化を図る、

というものです。

 

加齢による難聴だって

聴覚神経が壊れてしまったのではなく、

年老いて休んでいる状態だから

刺激を与えることで回復する

のではないか、と。

 

そう考えると、

補聴器は障害を受けた耳を

補完する物ではなく、

治療する器具になるのではないか、と。

 

同じようなことを経験した人はいませんか?

 

 

 

 

 

これが本当なら世紀の大発見ですぞ!

誰か、この仮定を証明してくれる人は

いないだろうか(いたって真剣)

補聴器はいいよ

テーマ:

思い込みが晴れたというか、

やっぱり偏見があったというか、

「補聴器ってすごいな」と

思ったのでした。

 

今まで私は、

お年寄りたちが耳が遠くなっていくことを

さほど気にも留めてなかったようです。

 

私の思い込みというのは、

「補聴器しても聞こえはよくならない」

ということでした。

聞こえがよくならないばかりか、

高価なので買うのがもったいない、とか、

耳元ではっきり大きな声で話せば聞こえる、

ダメなら筆談という方法もある

ということで、あまり積極的に

誰かに補聴器を勧めてみたことが

今までありませんでした。

掃除や電池交換など、日々の管理も

けっこう大変ですよね。

お年寄りが自分で管理すると

「なくしてしまった」という例も

たくさん知っています。

だから敬遠していたような気がします。

 

「おばあちゃんにどうしても作ってあげたい」

というご家族がおられたので、

ほぼ初めてぐらいの感じで

補聴器の作成に携わりました。

 

ご家族は遠方にいるので、こちらで

耳鼻科の受信や補聴器取扱店に

行く段取りをとったり、

耳鼻科の医師や補聴器店の店員さん

たちといろいろ話をさせていただきました。

 

そして実際に出来上がったものを

おばあさんに取り付けてもらったところ、

補聴器なしでは耳元でしゃべっても

聞こえるか聞こえないか、ぐらいだったのに

正面から話しかけても

(静かなところで、という限定で)

会話ができました。

びっくりするぐらい聞こえていました。

 

念のためにお伝えしておきますが、

身体障碍者手帳の申請も行って

医師からは「6級ぐらいですね」と

言われたぐらいの聞こえの方です。

6級って聴覚障害の中では

いちばん軽い等級です。

 

「これで6級か…」というぐらい

聞こえが悪い方でしたが、

でも、補聴器を作って正解でした。

 

また、この方は耳鼻科に行って

耳垢を取ってもらっただけでも

取らない時よりは聞こえが

良くなりました。ですから、

補聴器を作らないまでも

聞こえが悪くなったら

耳鼻科受診はお勧めしたほうが

良いな、と思いました、本当に。

 

ということで、補聴器って

義歯やメガネなんかと違って

やっぱり普及してないと思うので

もっと見直したほうが良いな、

と思った出来事でありました。