森 博嗣
Θ(シータ)は遊んでくれたよ

勝手に採点 ☆☆


連続する転落死体の一部や持ち物に口紅で印されたθの

マーク。


自殺か他殺か。一体何のためにθのマークがつけられたのか。


お馴染み西之園萌絵が事件に隠された秘密に挑む!


県警本部長の親族で、独特の鋭い推理をするからといって

どうして事件に駆り出され、いとも簡単に捜査の内部情報

知りえるのだろう。


この手の非現実的な設定にはいささかうんざりさせられる。


蓋を開けてみれば、いわゆる痴情のもつれが原因の下世話

な事件で、その他自殺者の詳細は分からずじまい。


テクニカルな謎解きをする人物が多く、どうも西之園とダブって

しまう。登場人物のセリフもどれも理屈っぽくて×。


おまけに教授やその娘、犯人の素顔が全くといっていいほど

描かれずじまいなので、とても中途半端な感じ。


特に理解に苦しむのが題名。どういう意味なの?

AD
森 博嗣
有限と微小のパン―THE PERFECT OUTSIDER

勝手に採点 ☆☆


著名なソフトウェア会社が長崎に開設したアミューズメントパーク。

そこで繰り広げられる摩訶不思議な殺人事件。


婚約者である社長の招きで訪れた大学生西之園萌絵とその友人

たちが巻き込まれ、彼女の教官である犀川助教授が助けに向かう。


事件の背後には天才プログラマ真賀田四季の影・・・。


森ミステリー初体験作。


その文量、独特の世界観、薀蓄、回りくどい表現の数々は、

人気の「京極堂シリーズ」に相通じるものが。


しかし・・・、これにはどうも馴染めない。


舞台設定やストーリー展開、登場人物が現実離れしすぎていることや

数学的・哲学的思考によって導き出される異色の推理が理解不能に。


結局、塙社長の真意や役割が釈然としないまま置いてけぼりをくった

格好で事件は終末を迎える。


いくらなんでも警察やマスコミがみんなサクラだったとは。


殺人が頻発する中、食事やドライブ、観光を楽しむ女子大生たちも

どうか。普通の神経じゃない・・・。かなりの違和感。


発想そのものは従来の作家にない革新的なアイデアを持ちつつ、人物

描写巧みさや現実性からは遠く乖離した理科系作家といったところか。


エッセイ的作品は楽しめた反面、ミステリーは・・・、残念!

AD
森 博嗣
工学部・水柿助教授の逡巡

勝手に採点 ☆☆☆☆


某国立大学の研究者・教官だった水柿君がひょんなこと
から作家に転じるまでの軌跡(奇跡?)を描く自叙伝。


作家になるまでの過程はもちろん、ミステリー小説に
まつわる興味深い話が満載。


登場人物やミステリーの解明にはお約束事が多く、思った
ほど勝手気ままには書けないし、創作の幅も狭いことを実感。


そうした制約を踏み越えて良い作品を残すことはそうそう
簡単なことではないらしい。


それと業界の裏話もなかなか楽しい。


サイン会や取材旅行、担当編集者の話などは大変だなぁ~と
思ったり、なるほどと感心させられたり、爆笑させられたり。


さらに面白かったのが稼いだお金の使い道。
やっぱり金持ちってそういう方向に進むんだな。


そういった一見プライバシー的に言いにくいことも、おおっぴ
らに描かれているところに好感が持てる。


でもやっぱり羨ましい。節税対策もあって車4台持ってるなんて。

AD


著者: 森 博嗣
タイトル: 工学部・水柿助教授の日常

勝手に採点 ☆☆☆☆

N大学工学部水柿助教授とその奥さん、研究室仲間が主な
登場人物。筆者の自叙伝、私小説の雰囲気が強い。

日常に転がる何気ないちょっとしたミステリーを紹介し、
それにまつわる蘊蓄、解説を少々脱線気味に展開する。

前から読みたかった期待度の高い作品。
結論から言うとこれで森博嗣ファンの仲間入り。

著者曰く、ライトな1ミリグラムのテイストと評するほど
の肩の凝らない軽妙さが特徴。

数々のエピソードが紹介されるが、特に興味を引くのが試験に
まつわるお話。

さすが現役の先生だけあって、作問や試験官としての経験は
「え、本当?」「なるほどな~」とつぶやきたくなるリアルさ。

そういう意味では本格ミステリーの醍醐味を堪能するというより
は、肩の力を抜いて「森博嗣」の嗜好(思考)を楽しむ内容。

一見おふざけ半分に書いているようだが、ミステリーに関する
手法や知識はやはり他を圧倒するものを感じる。

本書の言葉を借りればまさに「巨編ではなく虚編」。
ぜひ本格作品を手に取ってみたい。

人気blogランキングへ