たまには跳ばずに観るFOOTBALL

たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。

たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!

TDK SC YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ

<Best Time>
皇居1周 19分33秒62(出版健保ロードレース)
5キロ  19分23秒(テレ玉ふれあいマラソン)
10キロ  41分04秒(葛西臨海公園ナイトマラソン)
ハーフ  1時間31分04秒(さいたまシティマラソン)
30キロ  2時間19分15秒(青梅マラソン ※ネット)
フル   3時間25分02秒(湘南国際マラソン ※ネット)
100キロ 11時間22分24秒(サロマ湖100キロ ※グロス)


<2019シーズンの参加大会>

190127 新宿シティハーフ ハーフ

190217 青梅マラソン 30キロ

190303 東京マラソン2019 フル

190310 和光市民ロードレースフェスティバル 5キロ

190407 あつぎトレイルチャレンジスプリント 10キロ

190421 長野マラソン フル

190429 山田記念ロードレース ハーフ

190512 奥武蔵グリーンラインマラソン フル

190713-14? 24時間リレーマラソン富士北麓 ※リレー 

190922? 秋田内陸縦貫100キロ 100キロ 


テーマ:
ホームで嫌というほどの実力差を見せつけられた相手とのアウェイゲーム。

開始早々珍しくキレイなカウンターからの決定機を得るも、シュートは枠外。
相変わらずのサンドバッグ状態だったが、正直想定の範囲内だった。 

ただ、前回の対戦ではアホほど外してくれたのが、今回はそう上手くはいかず。
ミスからあっさりと先制を許すという厳しい展開に。

終盤は相手が安全策に出たためか浦和の攻める場面が増えたものの、うーーーーむ…。
チームの力差は明らかで、アジア制覇なんて現段階では恥ずかしくて口に出しづらい。

もっとも、まだチャンスがなくなったわけではない。
とにかくなりふり構わず結果を求めて、決勝トーナメント進出を目指して欲しい。

それにしても、ウチの酷さが霞んでしまうほどの実況&解説やったなぁ…。
さすが日テレさんやで。

テーマ:

前日のレース受付は長野五輪のアイスホッケー会場だったビッグハット。
トークイベントで登場していたのは、アニメ声でおなじみ千葉真子さん。

大会受付を終え、時間があったので善光寺参りへ行くことに。
自分も昔ちょこっと寄ったくらいだし、嫁氏は初らしいので、良い機会でした。


まずは昼飯に参道の蕎麦屋で腹ごしらえ。
前日の昼は徳島駅前でかなり美味いうどんを食べたけど、やっぱり自分はそば派です。


参道沿いの店を眺めているだけでも楽しくて、時間がすぐ経ってしまう。


善光寺の山門。カッコいいなぁ(小並感)。
雲ひとつなかったので、ヌケの青が映えます。


この山門、上に登れたりして。
ネットが邪魔ですが、仁王門や参道を臨むことができます。

山門内の柱への落書が実に面白い
弘化元年とか何とか藩から来たとか普通に書いてる。
内部は撮影不可なのが惜しい。


こちらは国宝の本堂。
なんか思ったよりは参拝客少なかった。
てっきり、浅草寺みたいにもっとごった返してるかと。


ランナー歓迎、というか以外にちゃっかり乗っかって商売に励んでます。


もちろん、1707年竣工の本堂もきちんと参拝。
一寸先も見えぬ真っ暗闇を歩く「お戒壇巡り」も経験しました。
あれだけ暗いと、頭がぶつからないかが心配で腰が引けてしまうのぅ。


こちらはレース後に再訪した際に寄った店。
コースでは4~5キロ地点にあったので、すぐに場所がわかった。


2日連続で昼飯(と言っても15時半頃)は信州そばに。
そばの美味い土地というのはホントにええですねぇ。

テーマ:

牛戦に背を向け、長野マラソンへ行ってきました。
初参戦です。
ちなみに牛戦は昨年もマラソンで欠席だったなぁ。


スタート地点。
気温上昇が報道されていたが、8時半時点では寒くて仕方なかった。

<記録> 3時間38分23秒(グロス)
<LAP>
※スタートロス 2分06秒
5km     00:28:49     0:26:43   
10km     00:53:54     0:25:05   
15km     01:18:54     0:25:00   
20km     01:43:55     0:25:01   
ハーフ   01:49:20
25km     02:09:02     0:25:07
30km     02:34:22     0:25:20   
35km     03:00:27     0:26:05   
40km     03:26:56     0:26:29
Finish    03:38:23     0:11:27

東京よりは遅かったが、後半の落ち込みは少しマシかな?
ただ、前半5キロを抑えて走って、最後まで持つかと思ったら持たなかったのは今後の課題。


スタートを見送ってくれたQちゃん。
あとでコース上でハイタッチもしてくれました。


約5キロ、善光寺を右手に見ながら曲がると、石畳を駆け抜ける。



元東京マラソン覇者、那須川瑞穂さんを19キロほどで捕える。


こちらは柏応援番組でおなじみ(今は知らんけど)、西谷綾子さん。
同じく19キロすぎに抜いた。
2人ともゲストランに徹していた模様。


ふだんは走れないこんな道もコースに。
横浜マラソンの西湘バイパスはコース的に辛かったが、ここはそうでもなかった。


コースは所々に長野らしい風景が広がり癒されます。


コース上でバンド演奏。
いろんな音楽系・演奏系応援があって面白かった。


ラスト1キロ。
ゴールは長野パルのホームスタがある南長野運動公園。

そのせいか、長野ユニの選手が非常に目立った
絶対数では劣るはずなのに、ガーユニよりもはるかに多かったような。


フィニッシュはオリンピックスタジアム内を200m疾走!
これには少しテンション上がりました。


スタンドに観客が少ないのは、ワンウェイなので仕方あるまい。
応援者にはなかなか優しくないコースだとは思う。


ゴール地点から駐車場まではシャトルバスで45分~60分ほど。
スタート時間が早めだったのには、こういう事情もあるんなぁ。

テーマ:
イエニスタと美女はやってこず。
完売ありがとうございまーす。

長野の宿のWifi電波が微妙で、しょっちゅうクルクル。
翌日の4時起きを鑑み、やむを得ずまずはハイライト観戦。
昨日は泥のように眠ったので、計画年休の今日ようやくフルで観ました。 

ハイライトがハイライトっぽくなかったので、使う場面なかったんやろなぁと思いながら見ていた。
覚悟が決まっていたせいか、思った程の衝撃波ではありませんでした。

ただ、浦和サポだからまだ観られるけど、第三者として観ていたら途中でやめるだろうなぁ。
相手ミスからのラッキーPKとムトゥ(しかもCK崩れ)の惜しいミドルだけではどないもならん。

ホームなのに塩加減が強すぎて脳卒中になりそうだけど、良化の可能性ってどれだけあるんだろうか。
個人的に設定した我慢期間のGWが、もうそこまで近づいてきている…

こんな相手にロクに決定機も作れない牛も相当マズイと思いますが。

あ、全北戦はどんなゴミクズ内容でも勝ちさえすれば何の問題もないっす。

テーマ:
絶対に点を取れないチーム絶対に守れないチーム 、ファイッッ!!

というわけで、拙攻拙守対決は、拙守が最後の最後で本領を発揮。
とはいえ、拙攻側も相変わらずの迫力不足で、流れでは取れずセットプレーという…
長居のようなサンドバッグ展開にならなかっただけ御の字も、それは相手がアレだったからか。

観ていてクソほども面白くない塩試合であったが、アウェイで貴重な勝ち点ゲット。
この期に及んで赤吉2に付き合わされた現地のサポさん、お疲れ様でした。

ナバウトとマルティノス投入はそれなりに効果的でした。
連携無視でも、多少強引に攻め込む姿勢が今のウチには必要かもしれぬ。
実際、ナバウトの無理矢理な攻めが決勝点につながったわけで。

思い出すのもムカつく鞠戦より遥かにマシだったが、ホームでこんなつまらん試合はもうたくさん
いい加減、そろそろギアを上げていただきたい。

テーマ:

新年度に入って以降、そこそこ頑張って働いてきたので、自分へのご褒美を。
銀座の日本料理店でランチをいただいてきました。


写真は「彩り箱」。先付的な意味合い?
加賀野菜や旬の魚をふんだんに使っている。
これに造里、揚物、煮物、食事、デザートがついてくるというボリューム。
ホスピタリティも申し分なし。さすがに大元が温泉旅館だけのことはある。大満足。


食事後、ちょっと脚を伸ばして浅草、というか田原町へ。
なぜか嫁氏が突然ここで御朱印をもらっていた。


田原町といえば、合羽橋商店街の最寄駅。
嫁氏は初めて来たようなので、しばし散策をする。


食器や調理具なども見ていて楽しいのだが、分かりやすいのは食品サンプル。
恐るべきリアルさで、やっぱ日本の技術は頭おかしいと思った。

今日の数時間ではまったく時間が足りず、商店街の半分も見ずに多くの店が閉店に。
再チャレンジが必要のようです。

テーマ:

前半残り15分からは少しウチの時間もあった、かもしれないけれど。

誰が見たって全北の方が強いと分かるような内容での敗戦。
ホームでこれではアウェイは惨敗を覚悟せねばなるまい。

リーグはまだリカバリー可能だが、6試合しかないACLでホーム勝点ゼロはキツいわなぁ。

すでに昨年生で見た敗戦数に並んでしまった。
正直心が折れそうです。

テーマ:
今週は浦和の試合はお休みでした。
だから観に行ってなどいません。


日程が空いたので、厚木の里山を走るトレラン大会へ。
2017年11月の御前山トレイル27キロ以来のトレイル参戦でした。


レースは「あつぎ飯山桜まつり」の一環。
「あゆころちゃん」がスターターを務めました。
可愛い顔してますが、特別賞の賞品を渡すフリをしてスカすなどのテクニックも。


さて、レース。
里山なので高低差なんてせいぜい200mちょっとだと思うが、なかなかのシンドさ。
特に5.5キロから6キロ、一気に100m以上は登る「男坂」はキツかった。


これは序盤なので「女坂」の方かな?
男坂はカメラを取り出す余裕すらなかった。


低山なので絶景とはいかぬが、ところどころにはこのような風景も。


自分の課題はやはり下り。
登りでは一緒に走ってた選手たちに、下りになると突き放される。
でも、こんな狭い道をよくあんな転がり落ちるように走れるよなぁ。


登りも下りも嫌いですが、稜線を走るのはとても気持ちよくて好き。


<記録>1時間25分46秒
<順位>46位/160人くらい


飯山観音こと長谷寺。
ここに行くまでの階段が結構キツかった。
フルや青梅(30キロ)よりも脚が疲れてる気がする。


参加賞に厚木のせんべい。完走証は会場の飯山観音にちなみ木札でした。
こういうので良いんだよ。
Tシャツもタオルもお腹いっぱい。

次戦は再来週の長野(フル)。

テーマ:
世界史を大きく動かした植物/PHP研究所
¥価格不明
Amazon.co.jp
たまにはフィクション以外も読みます。

タイトルどおり、世界の歴史や文化に大きく影響を与えた植物(特に作物)の話。
日本史だったので知らない情報満載で、「へぇー」(古)的なうんちくがメチャクチャあります。

こうして読むと、著者の言うとおり植物が人間をコントロールしてるのでは、と思うくらい。
そもそも戦争や「勝ち組」「負け組」が生まれた原因だって植物が大きい。

ジャガイモの芽のソラニンに気づくまでに、人類にどれくらいの犠牲があったんだろう?

非常に興味深く読めた一冊。

Ameba人気のブログ