たまには跳ばずに観るFOOTBALL

たまには跳ばずに観るFOOTBALL

浦和、TDK SC(ブラウブリッツ秋田)、横河武蔵野FCなど国内サッカー観戦記のほか、読んだ本の感想や参加した市民マラソンの記録、格闘技やスキーや日々の出来事などを、チラシの裏にウダウダと書いてみる。

※コメントは現在承認制にしています。

たまには跳ばずに観るFOOTBALL

Thank you ! TDK SC!

TDK SC YMFC

TDK SC 0-1 横河武蔵野FC(09後期)

TDK SC 0-2 横河武蔵野FC(09前期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(08後期)

TDK SC 1-3 横河武蔵野FC(08前期)

TDK SC 1-4 横河武蔵野FC(07後期)

TDK SC 1-1 横河武蔵野FC(07前期)


<PICK UP!>

TDKサッカー部の思ひ出はコチラ

新・3大「TDKサッカー部・TDK SCのスゴい試合」はコチラ

秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン完走記はコチラ 前編後編
三浦半島みちくさウルトラマラソン60キロ完走記はコチラ
しまなみ100キロ惨敗記はコチラ
東京マラソン2011はコチラ
秋田においでよ!はコチラ

<Best Time>
皇居1周 19分33秒62(出版健保ロードレース)
5キロ  19分23秒(テレ玉ふれあいマラソン)
10キロ  41分04秒(葛西臨海公園ナイトマラソン)
ハーフ  1時間31分04秒(さいたまシティマラソン)
30キロ  2時間19分15秒(青梅マラソン ※ネット)
フル   3時間25分02秒(湘南国際マラソン ※ネット)
100キロ 11時間22分24秒(サロマ湖100キロ ※グロス)


<2018年の参加大会>

180107 松戸市七草マラソン 10k 43分42秒

180121 ふじみ野市新春ロードレース 10k 45分41秒

180128 新宿シティハーフ 10k 44分08秒

180210 小松菜マラソン 5k 33分33秒 ※ファンラン

180217 ピーエスエス皇居健康ランニング 10k 43分41秒

180225 東京マラソン2018 フル

180408 ミヤラン2018 フル

180520 千曲川ハーフマラソン ハーフ

180610 いわて銀河100キロチャレンジマラソン 100キロ

NEW !
テーマ:

土日ですが相変わらず浦和の試合もなく暇なので、埼玉をブラッとドライブ。
飯能の「ムーミン公園」こと「あけぼの子どもの森公園」へ来てみました。


通称「ムーミン屋敷」と呼ばれている「きのこの家」。
ラ・ペドレラふうな曲線美が見事です。


狭いんだけど、中に入るとメチャクチャ歩ける!
作り込みが凄まじい。
設計した人、というか作った人大変だったろうな…


スナフキンが釣りをしている場をイメージしている(と思う)橋と小屋。
看板ひとつないけど、なんとなく分かります。


こちらも曲線が特徴的な「森の家」。
中に入ると、資料館と図書館のよう。
ちゃんと我が社の書籍も置いてありました。


キャラが固まる前の妖精たちはこんな感じで、若干悪魔感が漂います。





ちなみにこちらは浜田雅功画伯のムーミン。
松本曰く「何谷に住んどんねん!」。


園内に売店や土産物屋はゼロ。
ただしこの6月に北欧風カフェがオープンし、飯能とは思えない(失礼)オサレ度を誇っています。


今後ムーミン谷をイメージしたテーマパークが市内にできるようですが…
現在のところは「ホッケーの街 飯能」とのこと。
今日は日本リーグの試合が開催されておりました。


久しぶりにサイボクハムへ買い物に。
この豚ちゃんは生まれてからまだ数ヶ月しか経ってなかったりする。
かわええ。


本格的に梅雨ですねぇ…
明日はどうすっべか。

テーマ:
ヒア・カムズ・ザ・サン (講談社文庫)/講談社
¥626
Amazon.co.jp
図書館本。
昨日1往復で読了。

モノに触れると「感情が読み取れる」雑誌編集者・古川が主人公。
同僚・カオルの父がアメリカから帰ってくることになるが、複雑な家庭事情があり…というお話。

「たった七行のあらすじから同じ登場人物で二つの物語が出来上がった」らしく、
なぜか「パラレル」と題し、同じ登場人物の話が2篇掲載されている。
演劇化された話のノベライズ(?)らしいが、正直この狙いはよく分からなかった。
最初の話だけで掘り下げた方が、より深みが出た気がするが。

また、登場人物たちはみな社会人なのに、なぜか中高生対象のような筆致で、青臭すぎたか。
この作者なら、もう少し読者を引き込める力があったはず。

それにしても、作家さんってよく出版社を舞台にする印象。
普通の社会人経験がないと、身近な仕事場がそこしかないからなのか。
荻原浩(広告会社)や横山秀夫(新聞社)あたりだと、作品のリアリティに直結しているものなぁ。

テーマ:
夜明けまで眠らない/双葉社
¥1,728
Amazon.co.jp
図書館本。

元傭兵のタクシー運転手が謎の男から預けられた携帯電話。
この電話を巡り、日本893や戦地の兵士との戦いに身を置くこととなるが・・・というお話。

著者お得意のワールドだが、個人的には可もなく不可もなく。
ヒロインとなる国際政治学者が別嬪さんで勇気があって元キャバ嬢ですぐ寝るというあたり、典型的。

893が全くの格下扱いで、ゲリラの機械的な殺しにビビりまくるのは新鮮。
普通なら三つ巴にするところ、ハッキリと色を出したのは正解かと思う。

テーマ:
何やら大きな国際大会が開かれているようですが、生観戦に敵うものなどありません。
というわけで、嫁友氏に会いに来たらなぜかたまたま偶然サッカーの試合があったので行ってみた。


相手は最近好調な藤枝舞。

今日も声出し部隊には加わらず、一歩引いてのんびりと跳ばずに観ることに。
関東ですらないアウェイでもこれだけ集まるのだから、もうジジイの出番でもないでしょう。
湖南での一人声出しや都内開催でも数人なんて時代はとうの昔。


3連勝中の藤枝はボールを支配し秋田ゴールに迫るも、最後の最後で何とか阻む秋田。
群馬には見事やられたCKからのパターンも、今回はGK清水の好セーブで難を逃れた。

すると前半30分、田中が倒されてPKを獲得!


田中がきっちりと決めて、苦しみながらも先制点をゲット。


シュート数4対10が示すように、全体としてはホームチームのゲームでしょう。
ただ、ジャッジに必要以上にナーバスになる(特に13番)場面もあり、歯噛みするような内容。


秋田は相変わらず得点力不足ではあるが、苦しいながらも徐々に形を作ってきてはいる。
まだまだ何かを諦めるような試合数ではない。


結局そのままクリーンシート。
正直、前半は謎のお見合いなど危険な守備もあったので、完封は厳しいかなと思ったのだけど。
最終盤の時間の使い方はそれなりに巧かったか。


ま、何度も何度も何度も書いてますが、ホームでこそきっちり勝ちましょう。
俺が見に行くアウェイはドローでもいいからさ。


嫁友氏と飲んだので静岡市内に一泊。
特に意味はないが、登呂遺跡を見物に行ってみた。


復元住居の内部にも入ることができる。


昨年の清水戦以来のさわやかで昼飯。
今日はスムーズに入れました。


いろいろとメニューを試したいとは思っているのだが、結局はベタにこれを頼んでしまう件。


ちょいと海岸線をドライブし、三保松原へ。
駐車場待ちが予想以上でした。
羽衣伝説の松は「二代目」なようです。


やっぱ海は心躍りますなぁ。
向こうに見える巨大な影は伊豆半島。


ちと霞んでますが、富士山も。
雪が全然ない。6月半ばですでにこんな感じなんだっけ?

これだったら、空気の澄んだ冬に我が家から見るほうがキレイやな・・・

テーマ:
フットボールネーション 12 (ビッグコミックス)/小学館
¥596
Amazon.co.jp
ジジイが唯一買っているコミックス。
半年に一度なので前巻を忘れてしまいますが。
日本特有の“誤った常識”を覆し快進撃を続けるチームの物語。

ハンパないアマチュアチームといえば・・・
県4部で全クラを制覇したガンジュとか、県リーグ10試合93得点のいわきみたいなイメージか。

“欧州基準のチーム”である都3部の東京クルセイドが、ようやく天皇杯決勝へ進出。
ラスボス・横浜Uとの決戦が始まりました。

都3部がここまで来るのはさすがに漫画的ではあるが、アマがプロを凌駕なんて十分あり得ること。
今ほどJ志向クラブがない頃のHondaなんかは、真っ向勝負を普通にできていた。

で、主人公・沖のライバルである迅との対決がメインコンテンツと思いきや、迅は精彩を欠くプレイ。
途中盛り返してきたので、ここからは一進一退の攻防となるでしょう。

都3部とはいえ、選手権国立経験者が在籍してたりするのは妙にリアル。
実際、県リーグクラスにだって全国経験者やらトレセン組やらゴロゴロいますからな。

テーマ:
ずうのめ人形/KADOKAWA/角川書店
¥1,782
Amazon.co.jp

図書館本。

オカルト誌でバイト中の藤間は、不審死を遂げたライターが遺した都市伝説にまつわる原稿を読む。
そして、読んだものにしか見えない喪服姿の人形が徐々に近づいてくる。
接触までのリミットは4日間・・・というお話。
「呪いの伝播」が大きなテーマで、作中に「リング」「貞子」が出てくるあたり、完全に狙っている

気の毒な藤間の恐怖の4日間と、いじめられっ子・里穂視点の小説がほぼ交互に展開する。
前作『ぼぎわんが、来る』で活躍したライター野崎と霊能力者・真琴が今作でも登場。

最終章ではホラーというよりもミステリ的な伏線回収が行われてます。
ただ、呪いの巻き添えを食った人間があまりにも多すぎて、ちと雑な収め方だったかと。

話としてはぼぎわんの方が怖いと思うが、日本人形はアカン
子どものころに触れたお菊の話やら人形が人を襲うマンガやらの影響だろなぁ…
ジェラトーニのぬいぐるみとかなら怖くないもの。

テーマ:
私の命はあなたの命より軽い (講談社文庫)/講談社
¥670
Amazon.co.jp
図書館で借りた4冊のうちラスト。
通勤1往復半で読破。

夫の海外赴任が決まり、里帰り出産のために大阪の実家へ帰った遼子。
だが、仲が良かったはずの家族には微妙な空気が漂っていて…というお話。

妹・美和にまつわる出来事がキーになっているのだけど、正直自業自得としか。
美和に限らず、登場人物がどいつもこいつもクソすぎて感情移入できないのが難点。

著者の筆力は確かなので、重たい話でも読みやすい。
湊かなえあたりの「イヤミス」狙ってますという、あざといストーリにはしないのはさすが。

だが、それでもラストは蛇足だと思うし、そもそも美和が夫を嫌っていたという伏線の回収は…

テーマ:
1303号室 (河出文庫)/河出書房新社
¥637
Amazon.co.jp
図書館本。
通勤1往復で読破してしまいました。
面白すぎて夢中で読んだわけではなく、内容が軽すぎて。

『呪怨』の著者作品。
某マンション1303号室に住んだ住人は、みなベランダから落下して死んでしまう。
あの部屋には何があるのか・・・というよくあるホラー小説。

基本同じ話の繰り返しで、ちとくどい。
伽耶子の劣化版みたいな元凶が出てきますが、あまり怖くない。

完全にキーになる存在の描かれ方だった登場人物が、結局大して関わってこないとか何やの?
映画作品を文章にそのまま起こしたような印象。
もちろん逆なんだろうが。

こういうの読むと、やっぱ人間が怖いホラーの方がと思ってしまいますな。

テーマ:
2018061009460000.jpg

慎三獅子奮迅の働きでようやくイーブンに戻したと思ったら、僅か3分で再び2点のビハインド
マルのボールロストはともかく、マウの軽すぎる対応がすべてを台無しにした格好。

2-0のまま前半を終えられたら勝ち抜けられたと思うのだけども。

もっとも、たったの2点差済んだアウェイゲームはラッキーで、本来なら5失点ゲーム。
今日まで可能性を残していただけでも御の字でした。

先週全く動けなかった選手たちを水曜にも使っての決戦。
そりゃ後半は甲府にいいようにゲームを支配されますわ。

天皇杯のジャイキリ的な内容ではなく、普通にトータルスコアでも完敗。
今のチーム力はJ2レベルということがハッキリしたので、中断期間の織部ブートキャンプに期待。

テーマ:
総力捜査 (新潮文庫)/新潮社
¥810
Amazon.co.jp
図書館本。

『強奪箱根駅伝』以来の著者作品。
ただ、あれはイマイチだった記憶。

足立区某署が舞台の警察小説。
よく知らないけどシリーズものらしい。
警務課長代理の柴崎が主人公ですが、どう考えても狂言回しの役割。
実際は刑事部の上河内が中心になろうかと勢い。

シリーズものはやはり最初から読まないとダメだな。

よく言えば安定。悪く言えば平板。
横山秀夫のそれに比べると、読み応えとしてはどうしても少し落ちてしまう印象。
また、この方の特徴なのか、言葉足らずで主語が分かりづらかったりする箇所が散見。

もっとも、終盤の副署長の活躍などは嫌いじゃない。
全体的にも決して面白くないわけではないが・・・

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。