感謝のブログ

感謝のブログ

日々の生活は感謝すべき人やモノにあふれてます。
でもヒトの話は個人情報保護ホニャララとかあるので、
モノ・コトへの感謝話をメインにして参ります。

Amebaでブログを始めよう!

「かえるのうたが きこえてくるよ・・・」

 

およそ日本に住む人のほとんど100%(外国人の方々は除く)が知っていて、かつ歌えるであろう、
「かえるの合唱(かえるのうた)」。

実は結構「謎」が多いんですね。

 

そもそも、「元はドイツの歌である」ということ自体も知られていないのですが、
他にも様々な疑問が結構、ネットで取り上げられているのです。

 

1.そもそも、「かえるの合唱」なの?「かえるのうた」なの?
 

2.歌詞の最後、「XXXX クワックワックワッ」の部分。「ゲロゲロ」とか「ケロケロ」とかあるけど、結局何が正解なの?
 

3.本場ドイツの人が「知らない」って言ってるらしいけど、本当に「ドイツ民謡」なの?
 

4.オリジナルのドイツ語版も、カエルをテーマにした歌だったの?
 

5.なんで「本場でマイナーな歌」が、日本でこれだけ有名になったの?
 

6.「元のドイツ語歌詞」が結構ネットに出回ってるけど、あれは本当に正解なの?

など。

 

日本の童謡はもともと、外国曲が非常に多いんですよね。

(まあ五線譜自体が西洋のものですしね。当たり前と言えば当たり前ですが。)

それにしても「ドイツの人がカエルの合唱を知らない」というのは、私も驚きでした。なるほどな、と。

そこで調べてみたところ、それぞれの謎に対する解答を得る事ができたので一応まとめておきます。

 

1.そもそも、「かえるの合唱」なの?「かえるのうた」なの?

→ 「かえるの合唱」が正解です。

 

2.歌詞の最後、「XXXX クワックワックワッ」の部分。

「ゲロゲロ」とか「ケロケロ」とかあるけど、結局何が正解なの?

→ 正式な日本語歌詞は「ケケケケ」です。

 

3.本場ドイツの人が「知らない」って言ってるらしいけど、本当に「ドイツ民謡」なの?

→ 歌詞まで含めた「歌」としては確かにドイツの歌ですが、ただし、メロディについては作曲者が明らかではありません。
(民謡なんて、そんなモノばかりですが。)

 

4.オリジナルのドイツ語版も、カエルをテーマにした歌だったの?

→ YESです。
日本語の歌詞は、「元の歌詞を翻訳した上で、歌いやすくするために少し変えた」ものです。

 

5.なんで「本場ではマイナーな歌」が、日本でこれだけ有名なの?

→ 戦前、この歌を聞いた日本の教育者が
「音楽教育上、極めて優れた歌になる」と判断し、
歌いやすい日本語歌詞にした上で、積極的に音楽教育に取り入れたからです。


6.「元のドイツ語歌詞」が結構ネットに出回ってるけど、あれが正解なの?

→ ほぼ合ってますが、一部、間違いが含まれている事が多いので引用は注意
なお「ケケケケ」の部分は、aに点々(ウムラウト)が付いた ””が正解ですが、
ウムラウトが文字化けするために「kae」と表記しているサイトが多いようです。
(※下、ソース画像1参照)

 

・・・いかがでしょう。

意外だったでしょうか、順当だったでしょうか?

それぞれ、多少の補足をしておきます。

 

1.そもそも、「かえるの合唱」なの?「かえるの歌」なの?

→ 正式な邦題は「かえるの合唱」です。
JASRACにも、それで登録されていますので、特に議論の余地もないかと思います。
ではなぜ「かえるのうた」と多くの人が認識しているかと言えば、

 ・歌詞が、「かえるのうたが~」で始まる

 ・特に小さな子供にとっては「合唱」より「うた」の方が言いやすい

といった理由から、「かえるのうた」が「通称」として広まったためです。

 

2.歌詞の最後、「XXXX クワックワックワッ」の部分。「ゲロゲロ」とか「ケロケロ」とかあるけど、結局何が正解なの?

→ 元々のドイツ語の歌詞が「ケケケケ」に近い音であり、日本語の歌詞もそれに準じて「ケケケケ」と訳詞(※)されました。

従って「唯一の正解」をどうしても求めるのであれば、「ケケケケ」が正解である、という事になります。

(※: 一般的な歌の本では「作詞:岡本敏明」と書いてる事が多いのですが、JASRACの登録は「作詞」ではなく「訳詞」です。

原文の意味に忠実な日本語の歌詞にしたよ、という意思の現れと思われます。)
 

ただし。

この曲の日本語歌詞を作った岡本敏明氏は、
「とにかく子供が楽しく歌を歌う事こそが一番重要である」

という考えだったために、「ケケケケ」が「ケロケロ」になっても「ゲロゲロ」になっても気にしなかったらしいです。
(※下、ソース画像2参照。)

(以下で紹介する朝日先生の論文には、岡本氏がむしろ、このような歌詞の変化について
「生真面目に楽譜を見ながら歌うのではなく、生活の中で自然と、楽しく歌い継いだ結果」だ、
として喜んでいたのではないか、と書かれています。)

 

3.本場ドイツの人が「知らない」って言ってるらしいけど、本当に「ドイツ民謡」なの?

→ この歌を岡本敏明氏に教えたのは、スイス人のWerner Zimmermann氏(カナ表記は人によって違うので割愛)
だそうですが、その際にはラインラント地方の歌として伝えられたようです。

(一番初期の楽譜には、現在のような「ドイツ民謡」ではなく、
「ラインラントの歌」と明記されていた事から、それが分かります。)
そしてラインラントとはドイツ西部のライン川沿いの地域ですから、
「ドイツの歌」というのは正解と言えましょう。


もし「ドイツの人」にこの歌を知っているか聞くのなら、ベルリンやミュンヘンの人ではなく、
フランクフルトやボンあたりの人に聞けば知っている確率が高くなるのではないでしょうか。

 

(ただ厳密に言うと、「かえるの合唱」のドイツ語歌詞を作った人は後述のとおり判明していますが、
メロディの作曲者は不明です。従って、
「かえるの合唱」という歌(「♪ドレミファミレド・・・」の旋律に、蛙をテーマにした歌詞をつけた歌)は、「ドイツの歌である」
と言える一方、
「♪ドレミファミレド・・・」の旋律そのものが本当にドイツで生まれたのか、と言うと、
そこは証明できていない、ということになります。

 

4.本当にカエルをテーマにした歌だったの?

→ オリジナルのドイツ語歌詞は6.に書きますが、間違いなく「カエルがテーマの歌」です。

作詞者は、ドイツ国家を作詞したアウグスト・ハインリヒ・ホフマンであると判明しているそうです。
(下、ソース画像3参照)
 

「ドイツ人に尋ねてみたら
”聞いた覚えはあるけど、カエルの歌じゃなかった気がする”
という感想を述べた」

という記述もネット上にはありますが、個人的な覚え違いか、その人が偶然、
「別歌詞バージョンの歌」を聞いていた可能性が高いと思われます。

(曲自体は前述のとおり出所が不明の古いメロディのようですので、
「他の歌詞を当てた歌」があってもおかしくないと思います。

日本でも「きらきら星」等、歌詞が複数バージョン存在する曲は多いので。)


 

5.なんで「本場でマイナーな歌」が、日本でこれだけ有名になったの?

→ 戦前、日本の音楽教育を担い、特に合唱の教育を日本に広めようとしていた音楽教育者の岡本敏明氏が、
Werner Zimmermann氏からこの歌を聞かされて
「歌、とりわけ合唱の大事な基礎を自然に学べる非常に優れた歌である」
と考え、音楽の教科書に掲載したのが日本に広まった理由です。

 

「子供向けの簡単な歌である事は分かるけど、”合唱の勉強”になるか?」

と疑問に思う所ですが・・・

実はこの歌、当初は
輪唱する事を前提とした、小学校4年生向けの教材
として教科書に掲載されたのだそうです。
 

今では

「乳幼児が一番最初に覚える、日本で一番簡単な歌」
みたいな位置づけの「かえるの合唱」ですが、最初の位置づけは合唱(輪唱)用教材だったのですね。

 

実際、この日本語の歌詞は、元のドイツ語の歌詞からあえて少し中身を減らす事で
「1つの音符に1つの仮名だけが当たる」

状態になるように工夫されているのですが、それは

「とにかく歌いやすい」

だけでなく、

輪唱した時に、和音が綺麗に聞こえる」

事をねらったものだそうです。

1つの音符に複数の仮名が入っていると、子供たちが歌った時にはガチャガチャした感じになりますからね。

「かえるの合唱」は、輪唱してこそ真の価値が出る。という事でしょうか。

 

 

6.「元のドイツ語歌詞」が結構ネットに出回ってるけど、あれが正解なの?

→ 今、ネットを検索するとほとんどのサイトでは以下のドイツ語歌詞が掲載されています。

---
Ganze Sommer nächtelang,
hören wir den Frosch gesang;
quak quak quak quak,
kae kae kae kae kae kae kae kaek
quak quak quak.
---

 

しかし、赤字部分は注意が必要に思われます。

 

まずnächtelang に関しては、

nächteは英語のnight、lang は英語のlongで、別の単語です。
従って、間にスペースが必要です。

 

Frosch gesang は、スペース無しの 「Froschgesang」が正解のようです。
元の楽譜が1語につなげて書いてあるのもさることながら、

Google翻訳でドイツ語から英語への翻訳をかける際、
スペース無しの1語とすると、英語は「Frog song」(かえるの歌)

となる一方、スペースを入れると「Frog singing」(かえるが歌うところ)となります。

 

それから、「ケケケケ」の部分。

上述したとおり、実際は全編通じてaに点々(ウムラウト)が付いた、「kä」です。
(※ソース画像1参照。)


文字化け対応として「kä」を 「kae」と表記するのはともかく、
最後だけ「kaek」となっているのは誤りでしょう。

(一部サイトでは、
前半部分(nächte、等)についてはウムラウトを使用しているのに
後半だけ「kae kae」にしたりしています。
これは誤解のモトなので表記を統一頂きたいところです。)

 

なお「kä」の発音は、あまり唇などにちからを入れない「ケー」となります。

そうなると、「ケケケケ・・・」の部分はスタッカート風に「ケッケッケッケッ・・・」と歌うのではなく、
テヌート風に「ケーケーケーケー・・・」と歌うのがオリジナル方式、と言えそうです。

 

以上が、「かえるの合唱」にまつわる各種の謎と、それへの解答まとめになります。

 

 

ちなみに一部では、
「ケケケケ」が「かえるの合唱」、「ケロケロ」が「かえるのうた」である
みたいな情報まで流布されていましたが、
これは完全な間違いと断言できます。

上述の歴史的経緯等を御覧いただければ分かると思いますが、
タイトルと歌詞には何の連動性も無かったのです。
ただ単純に、

「みんなが楽譜でなく、記憶を頼りに歌い継いだゆえに微妙なズレが発生していった」

だけなんですね。
従って、日本中の人に聞いて回れば
 

◆タイトルは正式なバージョン(「かえるの合唱」)で覚えていたが、
 歌詞は変化したバージョン(ケロケロ、ゲロゲロ、ゲコゲコ、ゲゲゲゲ、等々)

◆タイトルは変化したバージョン(「かえるのうた」)で覚えていたが、
 歌詞は正式なバージョン(ケケケケ)

◆タイトルも歌詞も正式なバージョン

◆タイトルも歌詞も変化したバージョン

の、全てのパターンの人々がいるはずです。
 

この辺のほとんどの事実については、

2015年に玉川大学の朝日 公哉(あさひ こうや)先生が
論文で述べられているのでそちらを参照されるのが良いでしょう。

『岡本敏明の輪唱教育論』(朝日 公哉、2015年)

 

 

以下、ソース画像となります。

いずれも、「新・輪唱のたのしみ」(岡本敏明・小山章三 編、音楽之友社)より。

 

※ソース画像1:ドイツ語歌詞

全編、「kä」であることが分かります。

(この部分だけなら、「著作権の切れたドイツ語歌詞」に
「読みがな」がふってあるだけの状態なので
きっと著作権の問題は発生しないはず・・・)

 

※ソース画像2:歌詞の改変に関する、岡本氏の考え(のヒント)

岡本敏明氏ご本人のコメントです。

「みんなが楽しく歌える事が第一で、歌詞は(乱暴に言えば)何でも良い」

みたいな事が書かれています。

 

※ソース画像3:ドイツ語歌詞の作詞者

原詩は、アウグスト・ハインリヒ・ホフマンであることが分かった、と書かれています。

文末に「 (小山) 」とある通り、この文章は「新・輪唱のたのしみ」の編集者である小山章三氏によるものです。

小山章三氏は国立音大の名誉教授であり、何より岡本敏明氏の一番弟子と言われた人物ですから、情報の精度は全く心配ないでしょう。

(※なお小山氏は、昨年(2017)の年末近くに亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。)

 

 

※追記

ドイツ語歌詞について、一番問題の大きかった
「ケケケケ」の部分だけは画像を「ソース1」として
掲載していましたが
全編、こちらに転記しておくことにしました。
(出典はソース1画像と同じ、「新・輪唱のたのしみ」です。)


***かえるの合唱(かえるのうた)
ドイツ語歌詞 完全版***
Froschgesang

 

Ganze Sommernächte lang,
ガンツェ  ゾンメル  ネヒテ   ランク
hören wir den Froschgesang;
ヘーレン ヴィルデン フロシュゲザング
quak quak quak quak,
クヴァック クヴァック クヴァック クヴァック

kä_kä_kä_kä_käkä kä_kä
ケ  ケ  ケ  ケ  ケ  ケ  ケ  ケ
quak quak quak.
クヴァック クヴァック クヴァック

************************

 

注1
「Sommernächte」(Summer night)は、楽譜によれば1語です。

注2
「ケケケケ」部分のアンダースコア有り/無しと
スペース有り/無しは、楽譜のとおりに書きましたが
意味は不明です。
ご存じの方、教えて下さい。

 

元はと言えば、この商品に感謝を述べ、
できれば他人様にお奨めしたいがために
このブログを開設したようなものです。

ゆえに、2番目のお題として取り上げさせて頂きます。
 

「アンパンマン にほんご えいご ことばを育む おしゃべりいっぱい!NEWことばずかんDX」。

(セガトイズ:定価 9,800円(税別) )(→セガトイズの商品HP
 

「まず商品名が長すぎて子供向きではないんじゃ・・・」というツッコミは置いといて。

モノ自体は非常に素晴らしい「知育おもちゃ」です。
旧モデルは2010年の日本おもちゃ大賞を受賞。
上の写真にある新モデルも2012年に同賞を受賞しています。
(我が家にあるのはこの新モデル。)

 

これからどんどん言葉を覚える時期(1歳半くらいから)のお子様に、結構な効果が見込めると思います。

特に、「何か身振り手振りや1語くらいで色々な意思疎通ができるようになってきたけど、今一つ言葉が出てこないなあ・・・」みたいな時には絶大な威力を発揮するのではないかと。(ウチはそうでした。)

 

ことばを覚えるための「知育おもちゃ」は沢山ありますし、
もうこの御時勢ですから「しゃべるオモチャ」も枚挙に暇がありません。
このオモチャも、基本は
「付属のペンで絵にタッチすると、その名前や事象等の言葉が音声で流れる仕組み」
ですから、まあ「ありがちなもの」なのですが、
それでも、なぜ私がこれを褒めるかと言えば、
以下の4点が全て揃っている物が、他にはなかなか無いからです。

1. 本を読む、辞書をひく等の日常行動につながる仕組である事。

2. 言葉と、「他の関連するもの」を同時に学びやすい構造になっている事。

3. 単純一方通行でなく、双方向的な学び方ができる事。

4. 英語版も内蔵されている事。

 

以下にてそれぞれ説明しますと・・・

1. 本を読む、辞書をひく等の日常行動につながる仕組である事。

上の写真だと少し分かりづらいかもしれませんが、このおもちゃはタブレット等の形ではなく、「実際に本を開いて遊ぶ形」になっています。
 

本を開く。
見たいページを探す。
頭から1つずつページをめくっていっても良いけど、「見出し」を使っても良い。
 

こういった動作は、今後生きていく上でもきっと必要となる、一般的動作です。

これはタブレット型端末の辞書アプリなぞでは「実感」できないものですね。

「単語数」だけならタブレットアプリは無限に増やせるでしょうが、
「ただ言葉を知る」のではなく、「人間として育つ」事を考えた場合、
私は「タブレット画面を指でヒョイヒョイ」よりも、
こういう構造のモノの方が良いと信じております。
 

タブレットとの比較で言うなら、サイズも大事ですね。

見開きで広げて大きいからこそ、絵がたっぷり入っていても
「乳幼児の作業精度」で十分に「正しい絵柄が選べる」のですから。
タブレットじゃ小さすぎて無理。
逆に、絵を大きくしようとすればそれだけ情報が少なくなりますし。
子供の遊びにとっては、「大きい」というだけでも価値なんだなと思います。

 

2. 言葉と、「他の関連するもの」を同時に学びやすい構造になっている事。

これには2つのポイントがあります。
 

2-A: 動物や乗り物、楽器についてはそれらの「音」も名前と一緒に再生される。

まぁこれは、「音声を再生できる玩具」としては当然とも言えますが・・・
「いぬ」→「ワンワン」、「救急車」→「ピーポーピーポー」 という「音」を
一緒に学ぶのは重要ですね。
 

2-B: 「類似するものや関連の強いもの」が「ひとまとめ」になっている。

商品名が「図鑑」である理由はこの辺でしょうか。
以下の写真をご覧いただければ分かりますが、特定の
「ジャンル」ごとに見開きページが構成されています。
 

◆例1:「のりもの関連」のページ


◆例2:「まち」関連のページ

 

辞書のような「言葉の羅列」ではなく、
「特定の場面の再現」となっているんですね。


ウチの子などはとにかく電車や自動車が大好きでしたが、
上の「のりもの」のページをご覧頂ければ分かるように、

乗り物が羅列されているのではなく町の絵になっています。

車は道路を走り、しかもいろいろな種類がある。
さらに信号や横断歩道があり、人は歩道を歩く。
電車は駅に止まるし、バスはバス停へ・・・

というような「現実世界」が、見開き1ページで生き生きと再現されています。


もちろん、関連語をジャンルでまとめるのは
多くの知育玩具がやっている事でしょうが、
後述する「ゲーム」との組み合わせの良さや、
アニメキャラクターをベースに考慮された事による
「生き生き感」と「子供のとっつきやすさ」の高さが秀逸である、
と個人的に感じています。

 

3. 単純一方通行でなく、双方向的な学び方ができる事。

単語を読み上げるタイプの玩具ならば、安価なものは沢山あります。

しかしこのオモチャは、各種のクイズ的なゲームが仕込まれています。
一番単純なのはクイズで、「絵をタッチすると言葉が発せられる」とのは逆に
「xxxはどれかな?」と言われて、正しい絵を探して指し示す、というクイズです。

しかし、それだけではまだまだ凡庸です。

私がこのオモチャを褒めるのは、ゲームが何種類もあるからです。

・上述の通り、名前を指定されて、正しい絵柄を選ぶクイズ
・乗り物の音や動物の鳴き声等が再生され、その音から正しい絵柄を選ぶクイズ
・各種の楽器を好きに鳴らしてみる遊び
・コンビニで好きに商品を選んだあと、レジで会計してみる「お買いもの遊び」

等々、さまざまな「遊び」があるんですね。

(例:音楽のページ。
楽器の音も鳴るし、ピアノを弾いてみる事もできるし、歌も流れます。)

これは学習効果も高いでしょうが、「飽きづらい」という効果もあります。

 

4. 英語も内蔵されている事。

オマケみたいなモノですが…

「英語モード」にすると、全ての物の名前は英語で読み上げられるようになります。
(きちんとネイティブの子供が発音しています。)
その上で、アンパンマンが「xxxの事だよ」と、日本語で意味を教えてくれます。

※ただし・・・
実は、英語教育理論の中には、
「英語をいちいち日本語に訳して教えてはいけない」
という理論もあるので、それからすると「ダメ」なんですけどね。

(「日本語を思い浮かべてから、英語に訳す」
というクセがついてしまうので良くない、
言いたい事や思い浮かべたモノが直接英語にならなければダメだ、
とする教育理論です。
確かにそれはそれで一理あると私は思います。)

 

以上のような理由から、この知育玩具を私は親として高く評価をしており、そして実際、我が子の発育(ことば)に大きく貢献してくれた気がするので、非常に感謝しております。

ありがとう。

 

みなさま、お試しあれ。

 

 

 

 

via 感謝のブログ
Your own website,
Ameba Ownd

 

色々なモノ・コトに感謝したいブログ、
1本目は何より我が国、ニッポンに捧げようと思います。

この地球上の中でも今の時代、さらに日本という国に生まれ育てた事は
幸運中の幸運としか言いようがない・・・
と私は思いますので、 大いに感謝したいと思います。

世界でも類を見ない程に伝統的なのに、
世界でも特に先進的。

◆伝統
・他国には無い、1000年をゆうに超える王皇室の存在

 

・『日本はやっぱりスゴイ!全世界、老舗会社ランキングで首位独占』
<→別サイトリンク

◆先進
・「世界初」のミッションを同時にいくつもなしとげた「はやぶさ」

  はやぶさ

・「2位じゃダメなんですか」by民主党 蓮舫議員

レンホー

(技術力において世界でも1位、2位を争える国でなければ出てこない発言ですから。)

「没個性的」と散々に言われるけど、
世界が驚く創造性の塊。

◆没個性
・日本の子供達は「没個性的」?

学生服

 


◆創造性

・日本の漫画・アニメは世界中で大人気

漫画の世界展開

(反日で有名な(?)中国・韓国ですら、日本の漫画・アニメに夢中ですね)

・創造性のカタマリ、駄菓子屋

駄菓子

(こんなにもバラエティと創造性に富んだ商品の並ぶ「子供が自分で買い物を楽しめる店」なんて、他国にはありません。「キャンディーショップ」がせいぜい。)

「格差社会」と大騒ぎされるけど、
実際には「一億総中流」で格差が少ない。

◆格差?
・報道等ではやたら目立つ、「格差社会懸念」

反格差デモ


◆「一億総中流」の事実

・本当の経済格差、「スラム街」

スラム街

(日本には存在しませんね。)


・本当の教育格差、「おバカ過ぎる犯罪者」

「底辺」の犯罪者

<→史上最低の変装をした強盗:他サイト
(日本では犯罪者すらも「ある程度以上、常識的」なんですよね。)

特に英語教育にチカラを入れている割には、
先進国どころか一部新興国と比べても「英会話力」が低いけど…。


◆熱心な英語教育
・受験でも最重要科目
受験勉強_S

◆でも英語力は低い… ・

『日本人の英語力は48カ国中40位? - TOEIC平均スコアは512点で中韓平均以下』
<→マイナビニュース

そんな「”原住民語”オンリー」な状況でも
多くの先達がノーベル賞を受賞するほど、
教育レベルは高い。


・ノーベル賞受賞者の数々

ノーベル賞

 


食事のバラエティーは特に豊富だし、
・当たり前のように和・伊・仏・米・中・韓くらいは揃う日常

フードコートS

(もちろん場所にもよりますけど)

世界の中でも「金持ちの国」だし、
・全国民の「1人当たり平均資産高」は世界トップ3に入る

国別資産高

(アメリカは資産家の数の多さとそれらの人々の資産額の大きさは
異常なほど飛びぬけているけど、それこそ「格差」が酷すぎて
「1人あたり平均」にしちゃうと中国にすら劣ってしまいます。)

そして世界でも特に治安が良く、
・そこら中に平気でおかれる自動販売機

自販機

(自販機=「現金と商品の入った箱」ですよ。)

・無人販売所も「当たり前」。
無人販売

甚大災害に直面してすら、
人が人を気遣い、「マナー」が存在する…

・整然と列をなして救援物資を受け取る人々

震災でも整列

 

・甚大災害の状況下、「他人が通りやすいように道を空けておく」人々

震災マナー駅

(海外メディアにも取り上げられましたね)

私は世界中を旅したワケではありませんが、 しかし、
この地球上のどこを見ても ここまで素晴らしい要素が揃った国は
まず無いのでは?という事で、
「現代ニッポンに生まれ育った事」
まずはこの幸運に感謝をしたいと思います。
ありがとう。