かえるの合唱(かえるのうた)の元はドイツ語?謎と解答のまとめ | 感謝のブログ

感謝のブログ

日々の生活は感謝すべき人やモノにあふれてます。
でもヒトの話は個人情報保護ホニャララとかあるので、
モノ・コトへの感謝話をメインにして参ります。


テーマ:

「かえるのうたが きこえてくるよ・・・」

 

およそ日本に住む人のほとんど100%(外国人の方々は除く)が知っていて、かつ歌えるであろう、「かえるの合唱(かえるのうた)」。

実は結構「謎」が多いんですね。

そもそも、「元はドイツの歌である」ということ自体も知られていないのですが、他にも様々な疑問が結構、ネットで取り上げられているのです。

 

1.そもそも、「かえるの合唱」なの?「かえるのうた」なの?
 

2.歌詞の最後、「XXXX クワックワックワッ」の部分。「ゲロゲロ」とか「ケロケロ」とかあるけど、結局何が正解なの?
 

3.本場ドイツの人が「知らない」って言ってるらしいけど、本当に「ドイツ民謡」なの?
 

4.オリジナルのドイツ語版も、カエルをテーマにした歌だったの?
 

5.なんで「本場でマイナーな歌」が、日本でこれだけ有名になったの?
 

6.「元のドイツ語歌詞」が結構ネットに出回ってるけど、あれは本当に正解なの?

など。

 

日本の童謡はもともと、外国曲が非常に多いんですよね。

(まあ五線譜自体が西洋のものですしね。当たり前と言えば当たり前ですが。)

それにしても「ドイツの人がカエルの合唱を知らない」というのは、私も驚きでした。なるほどな、と。

そこで調べてみたところ、それぞれの謎に対する解答を得る事ができたので一応まとめておきます。

 

1.そもそも、「かえるの合唱」なの?「かえるのうた」なの?

→ 「かえるの合唱」が正解です。

 

2.歌詞の最後、「XXXX クワックワックワッ」の部分。

「ゲロゲロ」とか「ケロケロ」とかあるけど、結局何が正解なの?

→ 正式な日本語歌詞は「ケケケケ」です。

 

3.本場ドイツの人が「知らない」って言ってるらしいけど、本当に「ドイツ民謡」なの?

→ 歌詞まで含めた「歌」としては確かにドイツの歌ですが、ただし、メロディについては作曲者が明らかではありません。(民謡なんて、そんなモノばかりですが。)

 

4.オリジナルのドイツ語版も、カエルをテーマにした歌だったの?

→ 日本語の歌詞は、「元の歌詞を翻訳した上で、歌いやすくするために少し変えた」ものですから、YESです。

 

5.なんで「本場でマイナーな歌」が、日本でこれだけ有名なの?

→ 「音楽教育上、極めて優れた歌になる」と当時の教育者が判断し、歌いやすい日本語歌詞にした上で、積極的に音楽教育に取り入れたからです。


6.「元のドイツ語歌詞」が結構ネットに出回ってるけど、あれが正解なの?

→ ほぼ合ってますが、一部、間違いが含まれている事が多いので引用は注意
なお「ケケケケ」の部分は、aに点々(ウムラウト)が付いた ””が正解ですが、ウムラウトが文字化けするために「kae」と表記しているサイトが多いようです。(※下、ソース画像1参照)

 

・・・いかがでしょう。

意外だったでしょうか、順当だったでしょうか?

それぞれ、多少の補足をしておきます。

 

1.そもそも、「かえるの合唱」なの?「かえるの歌」なの?

→ 特に議論の余地もないかと思います。

そもそも歌詞が「かえるのうたが」で始まる上、特に小さな子供にとっては「合唱」より「うた」のほうが言いやすかったため、「かえるのうた」が「通称」として広まっただけの事で、正式な邦題は「かえるの合唱」です。JASRACにも、それで登録されています。

 

2.歌詞の最後、「XXXX クワックワックワッ」の部分。「ゲロゲロ」とか「ケロケロ」とかあるけど、結局何が正解なの?

→ 元々のドイツ語の歌詞が「ケケケケ」に近い音であり、日本語の歌詞もそれに準じて「ケケケケ」と訳詞(※)されました。

従って「唯一の正解」をどうしても求めるのであれば、「ケケケケ」が正解である、という事になります。

(※: 一般的な歌の本では「作詞:岡本敏明」と書いてる事が多いのですが、JASRACの登録は「作詞」ではなく「訳詞」です。

原文の意味に忠実な日本語の歌詞にしたよ、という意思の現れと思われます。)

ただし。

この曲の日本語歌詞を作った岡本敏明氏は、「とにかく子供が楽しく歌を歌う事こそが一番重要である」という考えだったために、「ケケケケ」が「ケロケロ」になっても「ゲロゲロ」になっても気にしなかったらしいです。(※下、ソース画像2参照。)

(むしろ岡本氏は、このような歌詞の変化は「生真面目に楽譜を見ながら歌った」結果ではなく、「生活の中で自然と、楽しく歌い継いだ」結果であるとして喜んでいたのではないか、との話も以下で紹介する朝日先生の論文には書かれています。)

 

3.本場ドイツの人が「知らない」って言ってるらしいけど、本当に「ドイツ民謡」なの?

→ この歌を岡本敏明氏に教えたのはスイス人のWerner Zimmermann氏(カナ表記は人によって違うので割愛)だそうですが、その際にはラインラント地方の歌として伝えられたようです。

(一番初期の楽譜には、現在のような「ドイツ民謡」ではなく、「ラインラントの歌」と明記されていた事から、それが分かります。)

そしてラインラントとはドイツ西部のライン川沿いの地域ですから、「ドイツの歌」というのは正解と言えましょう。

もし「ドイツの人」にこの歌を知っているか聞くのなら、ベルリンやミュンヘンの人ではなく、フランクフルトやボンあたりの人に聞けば知っている確率が高くなるのではないでしょうか。

(ただ厳密に言うと、「かえるの合唱」のドイツ語歌詞を作った人は後述のとおり判明していますが、メロディの作曲者は不明です。
従って「かえるの合唱」という歌(すなわち、「♪ドレミファミレド・・・」のメロディとカエルをテーマにした歌詞を組み合わせた歌)自体は「ドイツの歌である」と言える一方、「♪ドレミファミレド・・・」のメロディー自体からして本当にドイツで生まれたメロディーか、と言うと、そこは証明できていない、ということになります。

 

4.本当にカエルをテーマにした歌だったの?

→ オリジナルのドイツ語歌詞は6.に書きますが、間違いなく「カエルがテーマの歌」です。

作詞者は、ドイツ国家を作詞したアウグスト・ハインリヒ・ホフマンであると判明しているそうです。(下、ソース画像3参照)

「ドイツ人に尋ねてみたら
”聞いた覚えはあるけど、カエルの歌じゃなかった気がする”
という感想を述べた」

という記述もネット上にはありますが、個人的な覚え違いか、その人が偶然、「別歌詞バージョンの歌」を聞いていた可能性が高いと思われます。

(曲自体は前述のとおり出所が不明の古いメロディのようですので、「他の歌詞を当てた歌」があってもおかしくないな、と。

日本でも、「きらきら星」とか結構、複数の歌詞バージョンがある曲は多いですから。)


 

5.なんで「本場でマイナーな歌」が、日本でこれだけ有名になったの?

→ 戦前、日本の音楽教育を担い、特に合唱の教育を日本に広めようとしていた音楽教育者の岡本敏明氏が、Werner Zimmermann氏からこの歌を聞かされて
「歌、とりわけ合唱の大事な基礎を自然に学べる非常に優れた歌である」
と考え、音楽の教科書に掲載したのが日本に広まった理由です。

 

「子供向けの簡単な歌である事は分かるけど、”合唱の勉強”になるか?」

と疑問に思う所ですが・・・

実はこの歌、当初は輪唱する事を前提とした、小学校4年生向けの教材としてに教科書に掲載されたのだそうです。

今では

「乳幼児が一番最初に覚える、日本で一番簡単な歌」
みたいな位置づけの「かえるの合唱」ですが、最初の位置づけは合唱(輪唱)用教材だったのですね。

 

実際、この日本語の歌詞は、元のドイツ語の歌詞からあえて少し中身を減らす事で
「1つの音符に1つの仮名だけが当たる」

状態になるように工夫されているのですが、それは

「とにかく歌いやすい」

輪唱した時に、和音が綺麗に聞こえる」

事をねらったものだそうです。

1つの音符に複数の仮名が入っていると、子供たちが歌った時にはガチャガチャした感じになりますからね。

「かえるの合唱」は、輪唱してこそ真の価値が出る。という事でしょうか。

 

 

6.「元のドイツ語歌詞」が結構ネットに出回ってるけど、あれが正解なの?

→ 今、ネットを検索するとほとんどのサイトでは以下のドイツ語歌詞が掲載されています。

---
Ganze Sommer nächtelang,
hören wir den Frosch gesang;
quak quak quak quak,
kae kae kae kae kae kae kae kaek
quak quak quak.
---

 

しかし、赤字部分は注意が必要に思われます。

 

まずnächtelang に関しては、

nächteは英語のnight、lang は英語のlongで、別の単語です。
従って、間にスペースが必要です。

 

Frosch gesang は、スペース無しの 「Froschgesang」が正解です。

スペース無しの1語とすると英語で「Frog song」(かえるの歌)

となる一方、スペースを入れると「Frog singing」(かえるが歌うところ)となります。

 

それから、「ケケケケ」の部分。

上述したとおり、実際は全編通じてaに点々(ウムラウト)が付いた、「kä」です。(※ソース画像1参照。)

文字化け対応として「kä」を 「kae」と表記するのはともかく、最後だけ「kaek」となっているのは誤りでしょう。

(一部サイトでは、前半部分(nächte、等)についてはウムラウトを使用しているのに後半だけ「kae kae」にしたりしています。これは誤解のモトなので表記を統一頂きたいところです。)

 

なお「kä」の発音は、あまり唇などにちからを入れない「ケー」となります。

そうなると、「ケケケケ・・・」の部分はスタッカート風に「ケッケッケッケッ・・・」と歌うのではなく、テヌート風に「ケーケーケーケー・・・」と歌うのがオリジナル方式、と言えそうです。

 

以上が、「かえるの合唱」にまつわる各種の謎と、それへの解答まとめになります。

 

なお一部では、
「ケケケケ」が「かえるの合唱」、「ケロケロ」が「かえるのうた」である
みたいな情報まで流布されていましたが、
これは完全な間違いである事が分かります。

タイトルと歌詞には何の連動性も無かったのです。
ただ単純に、「みんなが楽譜でなく、記憶を頼りに歌い継いだゆえに微妙なズレが発生していった」だけなんですね。
従って、日本中の人に聞いて回れば
 

◆タイトルは正式な方(合唱)を覚えていたが、
 歌詞は変化したバージョン(ケロケロ、ゲロゲロ、ゲコゲコ、ゲゲゲゲ、等々)
◆タイトルは変化したバージョン(うた)を覚えていたが、
 歌詞は正式なバージョン(ケケケケ)
◆タイトルも歌詞も正式なバージョン
◆タイトルも歌詞も変化したバージョン

の、全てのパターンの人々がいるはずです。
 

この辺のほとんどの事実については、

2015年に玉川大学の朝日 公哉(あさひ こうや)先生が
論文で述べられているのでそちらを参照されるのが良いでしょう。

『岡本敏明の輪唱教育論』(朝日 公哉、2015年)

 

 

以下、ソース画像となります。

いずれも、「新・輪唱のたのしみ」(岡本敏明・小山章三 編、音楽之友社)より。

 

※ソース画像1:ドイツ語歌詞

全編、「kä」であることが分かります。

(この部分だけなら、「著作権の切れたドイツ語歌詞」に
「読みがな」がふってあるだけの状態なので
きっと著作権の問題は発生しないはず・・・)

 

※ソース画像2:歌詞の改変に関する、岡本氏の考え(のヒント)

岡本敏明氏ご本人のコメントです。

「みんなが楽しく歌える事が第一で、歌詞は(乱暴に言えば)何でも良い」

みたいな事が書かれています。

 

※ソース画像3:ドイツ語歌詞の作詞者

原詩は、アウグスト・ハインリヒ・ホフマンであることが分かった、と書かれています。

文末に「 (小山) 」とある通り、この文章は「新・輪唱のたのしみ」の編集者である小山章三氏によるものです。

小山章三氏は国立音大の名誉教授であり、何より岡本敏明氏の一番弟子と言われた人物ですから、情報の精度は全く心配ないでしょう。

(※なお小山氏は、昨年(2017)の年末近くに亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。)

 

 

※追記

ドイツ語歌詞について、一番問題の大きかった
「ケケケケ」の部分だけは画像を「ソース1」として
掲載していましたが
全編、こちらに転記しておくことにしました。
(出典はソース1画像と同じ、「新・輪唱のたのしみ」です。)


***かえるの合唱(かえるのうた)
ドイツ語歌詞 完全版***
Froschgesang

 

Ganze Sommernächte lang,
ガンツェ  ゾンメル  ネヒテ   ランク
hören wir den Froschgesang;
ヘーレン ヴィルデン フロシュゲザング
quak quak quak quak,
クヴァック クヴァック クヴァック クヴァック

kä_kä_kä_kä_käkä kä_kä
ケ  ケ  ケ  ケ  ケ  ケ  ケ  ケ
quak quak quak.
クヴァック クヴァック クヴァック

************************

 

注1
「Sommernächte」(Summer night)は、楽譜によれば1語です。

注2
「ケケケケ」部分のアンダースコア有り無しと
スペース有り無しは、楽譜に準拠しましたが意味は不明です。
ご存じの方、教えて下さい。

 

かわづ まご七さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス