百田尚樹著『日本国記』を読みました。

 

この本は日本通史というより、編集担当の有本香氏が書かれているように、「日本人の物語」です。

 

 

 

 

 

子どもが小学生の頃(平成の始め)、他県から引っ越してきた方から

 

・小学校の式典で日の丸を掲げると、PTA集会で校長に物申す保護者が複数いる

 (必ず、しかも長時間)

・その県では、あるある

 

という話を聞いたことがありました。

 

そのときは、みんなでビックリしたものですが

 

驚いたのは、その過激さであって

日の丸、君が代 と軍国主義を結びつける考え方に対してでは、ありませんでした。

 

 

日の丸、君が代は、戦争につながる悪いもの

近隣のアジア諸国に、日本は悪い行いをしてきた

 

こういう刷り込みがあった!と気づいたのは、

ごく最近のことです。

 

その他、日本が欧米と比べて、どれだけダメかという論調は、昔のテレビ・新聞ではとても多かったですね

(今は、どちらも見ないので知りませんが)

 

 

百田さんの『日本国記』を読むと、

日本人って素晴らしい!と嬉しくなり癒されます。

 

これまでの歴史では無視されていた人にもスポットを当てていて、

そういう一人一人の、将来を見通す目や知恵や努力、愛国の思いが、国を支えてきた・・・

今もこれからも、そうなんだろう・・・と誇らしく思えます。

 

著者の思想が色濃く反映されていますが

これまで知らぬ間に『洗脳』されていたこと
(知らされなかったことも洗脳)を考えると

 

著者の考えを把握しながら歴史を読めるので

かえって公平です。

 

 

日本と日本人の素晴らしさを再確認できる、おすすめの本です。

 

 

 

 

 

 

【募集中】

 

BIWACCHI FILM present 

 ー Passport to Paradise ー

(1:07)

 


 

■わたしたちは、さまざまな勘違い・思い込みにとらわれて、自分自身を低く見積もり、心の自由を自ら手放しています。

□自分に関する思い込みに気づく
 
思考改善トレーニング『愛される”心”のつくりかた』基礎
 
▼いつでも、どこでもすぐ学べる動画講座 詳細はこちらから
▼対面/オンラインで開催 詳細はこちらから

 

          ※わたしの別サイトに飛びます

 


 

数学とプログラムの楽しい世界

 

ホームページ

 

 

 
 

以前紹介した岡山・倉敷の市民グループの活動は、締切延長中です

意見広告「本当に必要ですか?子どもへのワクチン」掲載、署名

 

 

今回は、一企業の社長さんの活動の紹介です。

意見広告「厚労省ホームページから未成年接種を考える」掲載

 

 

ーサイトよりー

昨年、私の住んでいる近所の病院で、健康な20代の女性看護師がワクチンを接種して4日後に亡くなりました。本当はワクチン接種をしたくなかったのに、半ば強制的に打たされて尊い若者の命が奪われました。この出来事が、私が今回の取り組みを始めた理由です。

 

(掲載実績:西日本新聞、大分合同新聞、琉球新報、東京新聞、中日新聞、北海道新聞、千葉日報)

まだまだ計画されています。

 

 

3月にも、12歳未満へのワクチン接種が始まりそうです。

リスクもよく把握してから選択できるように、わたしも活動を応援(寄附)しています。

 

 

 

これまでは、ワクチンで事故が起こったときは
新聞等でも報道されて、積極的な推奨は一旦ストップしています。
(日本脳炎ワクチン、子宮頸がんワクチン)

 

今回は、接種会場トイレで亡くなる方がいても問題にはならず
上の看護師さんの場合も、大きく報道されることはありませんでした。
(福岡県八女市の病院にお勤めで、同じ県内ということで衝撃を受けました)

 

 

リスクを知る機会も平等に!

新聞への意見広告掲載の応援をしませんか?

詳細はコチラから



 

子どもがいる家庭では、赤ちゃんの頃から学齢期

予防接種のスケジュールをチェックして、

かかりつけのお医者さんに予約して、

連れて行きますね(ひと仕事!)

 

回数も多く、身近なイベント(?)なので

子どもたちへの新型コロナワクチン接種についても

もしかしたら、抵抗なく受け取る家庭が多いかもしれませんが

(患者の発生がずっとない病気のワクチンでも接種してますしね)

 

これまでのは、不活化ワクチン、生ワクチン

今回は、mRNAワクチン

種類が違います。

 

 

わたしの別サイト よしたけドットコム

 

ワクチン検査パッケージ(ワクチンパスポート)は、『2回接種しても感染する・させる』ことが明らかになったので、一旦中止になりました。

 

選択の前に、ベネフィットとリスクをよく吟味しましょう。

 

 

花束 花束 花束

 

お知らせ&SNS

 

 

 

話題の糸島ホップオンバスに乗りました

(糸島ホップオンバス:コンシェルジュ付、乗り降り自由なバス)

公式サイトはコチラ

 

 

 

 

わたしが乗ったのはRedLine

雷山・白糸エリアと海辺の二丈エリアを走ります

 

雷山は行ったことがなかったので、楽しみにしていました。

 

この日は、朝から小雨模様で残念…と思っていましたが

かえって風情があってよかったです。

 

福岡に、これほど広大な敷地のお寺があったのかと驚き、

荘厳な雰囲気には圧倒されました。

 

またぜひ訪れたい雷山千如寺でした

 

樹齢400年の大楓

 

圧巻の五百羅漢

 

ランチは、直売所「福ふくの里」敷地内の産直レストラン「旬菜旬魚ふくふく」で

煮魚定食をおいしくいただきましたラブ

 

 

 

この日は、1号車に乗車後、予定に合わせて次々にホップオン(乗換)

コンシェルジュさんたちの個性もそれぞれで、ホップオンを楽しめました。
 

 

大きいサイズのバスは座席もゆったり

 

今回は、4人グループでワイワイ楽しみましたが

次回は、1人静かに回ってみようかな~と考えています。

 

 

糸島ホップオンバスは、ただいま実証実験中なので

モニター価格1000円で利用できます(お得すぎ!)

 

 

 

 

 

こちらのお話会ではBlueLineを利用する予定です

快適な糸島旅を満喫しませんか?

下矢印

【募集中】

 

BIWACCHI FILM present 

 ー Passport to Paradise ー

(1:07)

 


 

■わたしたちは、さまざまな勘違い・思い込みにとらわれて、自分自身を低く見積もり、心の自由を自ら手放しています。

□自分に関する思い込みに気づく
 
思考改善トレーニング『愛される”心”のつくりかた』基礎
 
▼いつでも、どこでもすぐ学べる動画講座 詳細はこちらから
▼対面/オンラインで開催 詳細はこちらから

「愛される”心”のつくりかた」基礎講座

【リクエスト開催】受付中

 

□社会全体に関する思い込みに気づく

 新型コロナ騒動の現状

※わたしの別サイトに飛びます

 


 

数学とプログラムの楽しい世界

 

ホームページ