浜松の工務店 エコ住宅・注文住宅の「桑原建設」

地元浜松で約50年の実績 浜松市の新築一戸建て注文住宅なら
マルベリーハウス(桑原建設)にお任せください

マルベリーハウスの桑原建設は地元浜松で約50年。地域に根ざしながら、地域の方そして、家づくりにも真剣に向き合ってきました。この姿勢はきっとこれからも変わらないものだと思います。



代表の桑原は、10年間に渡り設計事務所に勤務し設計の知識や技術を習得し、桑原建設へ入社しました。

お客様のご要望を現場に伝える「設計図面」の重要性や、大工や職人の経験と技が、いつまでも丈夫な家をつくる木造住宅の素晴らしさを学び、今も先代から引き続き当社の家づくりに携わる職人にも支えられながら、地元には地元にあった家を、天竜材を使ってつくり続けています。

マルベリーハウスというモデルハウスは、これから家づくりをご検討中の方はもちろん、すでに桑原建設で建てていただいたみなさまにも気軽に、末永く桑原建設との関りをしていただくく場所として成長していきたいと思っています。


  • 30Nov
    • 中古住宅の市場はどうすれば活性化する?の画像

      中古住宅の市場はどうすれば活性化する?

      「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設も参加する「静岡ストックハウス流通促進協議会」の目的の1つは、中古住宅市場の活性化です。良質の中古住宅が市場で適正に評価され、家を探している方たちが安心して比較・選択・購入できる環境を目指します。■中古車より進んでいない“見える化”中古車を探した経験をお持ちの方ならわかると思います。中古車市場では、商品に関する様々な情報がオープンになっています。例えば、型式、年式、走行距離、補修履歴など。消費者は情報をもとに購入する価値があるかどうか、安心して乗れる車かどうかを判断できます。ところが、中古住宅市場で手に入るのは、住宅の築年数や住宅メーカー名、施工会社名くらいです。■情報が少なければ買い手は不安にこれでは、家の品質やメンテナンスの具合がわからず、買い手が不安になっても仕方ありません。結果として、中古住宅を購入するという選択肢は新築注文住宅や建売住宅、新築マンション購入などと比べて消極的な選択肢となっています。こうして中古住宅市場が停滞することで、問題となっている空き家の増加にもなかなか有効策がない状況です。■住宅性能表示制度の積極活用をそこで、中古住宅の情報公開が必要になります。例えば、静岡ストックハウス流通促進協議会では“住まいの証明書”である住宅性能表示制度の積極的な活用を呼びかけています。住宅の耐久性やメンテナンス性など性能の良し悪しを比較できる情報を提供することで、住宅の品質・性能を重視する買い手にアピールできるようになります。■インスペクションを推奨しますまた、協議会は住宅の専門家によるインスペクション(住宅診断)を推奨しています。インスペクションは中古住宅がどのように管理されてきたか、つまり維持管理の履歴を明確にしてくれます。■これからは長期優良住宅の中古物件が市場に2009年にスタートした長期優良住宅制度では、住宅履歴情報の保存が義務付けられています。これから中古住宅市場で増えると予想される長期優良住宅は、履歴の確かさも魅力の1つでしょう。■住まいを円滑に循環させたいこれらの制度を活用するとともに、静岡ストックハウス流通促進協議会では保険・保証などを含む詳細な情報を公開し、中古住宅を安心して売ったり買ったりできる市場を生み出すことを目指しています。そして、住まいや資金を円滑に循環させることで、“眠れるストック”である空き家を市場に登場させ、有効に利用できるようにしたいと考えています。☆静岡ストックハウス流通促進協議会http://stockhouse-s.com/中古住宅を売りたい、買いたい、リフォームしたい…といったニーズにワンストップでこたえるために発足。「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設の桑原人彦も副委員長として参加しています。同協議会は国土交通省の2017年度「住宅ストック維持・向上促進事業」の対象事業です。《プロフィール》代表取締役 一級建築士桑原 人彦江戸時代から続く大工の家系に生まれ、設計事務所での勤務経験を経て、父親から桑原建設を継承。創業以来50年以上に渡って約700棟の家づくりに携わった経験を生かし、打ち合わせから設計、施工監理までワンストップで対応。(一社)静岡木の家ネットワークの代表理事も務める。

  • 28Nov
    • 希望エリアに土地が見つからないなら、中古住宅+性能リフォームという選択肢もの画像

      希望エリアに土地が見つからないなら、中古住宅+性能リフォームという選択肢も

      希望の学区がある。通勤や買い物に便利なエリアに住みたい。でも、なかなか土地が見つからない…。そのようなときには、家付きの土地を購入することも検討してはどうでしょうか。■既存住宅+性能リフォーム=新築長期優良住宅並みの家「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設のようにリフォームによって中古住宅の性能を引き上げられる工務店に依頼すれば、新築の長期優良住宅と肩を並べる快適な住まいになります。■性能リフォームの根拠をご説明します温熱環境性や耐震性を上げるために、なぜこの工事が効果的なのか?マルベリーハウスは“職人の勘”だけではなく、しっかりとした根拠をもってご説明します。これは、マルベリーハウスが日ごろから長期優良住宅の基準を超える性能の家を建てているからこそ。リフォーム専門の業者とは違い、新築の長期優良住宅の経験が豊富な工務店の強みと言えるでしょう。■物件を見つけたらご相談ください希望のエリアに住宅付きの土地を見つけたら、ぜひマルベリーハウスへご相談ください。生活スタイルに合った間取りに変更できる?冬に暖かく、夏は涼しい家になる?地震に強くできる?新築からリフォームまでを手がけている“プロの見立て”を購入の判断材料として活かしてください。《プロフィール》代表取締役 一級建築士桑原 人彦江戸時代から続く大工の家系に生まれ、設計事務所での勤務経験を経て、父親から桑原建設を継承。創業以来50年以上に渡って約700棟の家づくりに携わった経験を生かし、打ち合わせから設計、施工監理までワンストップで対応。(一社)静岡木の家ネットワークの代表理事も務める。

  • 26Nov
    • 一体型ではない“組み合わせ型トイレ”のメリットとは?の画像

      一体型ではない“組み合わせ型トイレ”のメリットとは?

      一体型トイレはスッキリとしたフォルムが魅力。一方で、便器とタンク、便座が別々の組み合わせ型にもメリットがあります。■アフターメンテナンスで気づいたこと組み合わせ型のメリットを強く意識するようになったのは、「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設で家を建てられたお客さまのアフターメンテナンスがきっかけでした。そのお客さまはお付き合いの幅が広く、お家にたくさんの人が集まります。そのため、来客が使うトイレにはできるだけ良いものを選びたいと、新築時に一体型トイレの中でも特にハイグレードなモデルを設置されました。■一体型トイレの温水洗浄便座が故障お客さまからご連絡をいただいたのは、新築から10年ほど経ったころでした。温水洗浄機能(ウォシュレット、シャワートイレ)が故障したとのことでした。温水洗浄便座は電気製品なので、使っているうちに故障することはあります。しかし、問題が明らかになったのは修理・交換をしようとしたときでした。■トイレを丸ごと交換することにメーカーに問い合わせたところ、製品の製造が終了し、補修部品の供給期限も切れているとのこと。つまり、交換部品がないため、トイレを丸ごと交換しなければならないというのです。■お客さまに申し訳なさすぎて…陶器でできた便器が10年で傷むなどということはありません。それなのに、温水洗浄便座が故障しただけで高価なトイレが全交換になるなんて。お客さまには本当に申し訳ないことになってしまいました。また、「ごみが出ないように」と、できるだけリユース・リサイクルできる建築材料を選んでいるマルベリーハウスとしても、10年ほどでトイレを廃棄物にしてしまうことには抵抗があります。■組み合わせ型の長所を再認識しましたこの問題にぶつかってからというもの、タンク、便器、温水洗浄便座が分かれている組み合わせ型トイレもメリットが大きいな…と考えるようになりました。故障したときに該当部分を交換するだけで対応できるため修理費を抑えられ、お客さまにやさしいからです。これからトイレを選ばれるお客さまには、このようなメリット・デメリットもお伝えするようにしています。《プロフィール》代表取締役 一級建築士桑原 人彦江戸時代から続く大工の家系に生まれ、設計事務所での勤務経験を経て、父親から桑原建設を継承。創業以来50年以上に渡って約700棟の家づくりに携わった経験を生かし、打ち合わせから設計、施工監理までワンストップで対応。(一社)静岡木の家ネットワークの代表理事も務める。

  • 22Nov
    • 住宅の資産価値を高めるためにできることの画像

      住宅の資産価値を高めるためにできること

      住宅の資産価値を高めるために何ができるでしょうか。「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設も参加する「静岡ストックハウス流通促進協議会」の目的の1つは、中古住宅の価値を見直し、高めることです。今回は、住宅の価値を高めるために大切なポイントをご紹介します。■確かな技術で家を建てる新築からわずか20年、30年で建て替えるような“使い捨て住宅”では、家が完成した瞬間から見る見るうちに価値が下がり始めます。そのような「スクラップ・アンド・ビルド」を続けてもよいのでしょうか?マルベリーハウスは、確かな技術で長く住み続けられる家を建てることが住宅価値の向上につながると考えます。だから、マルベリーハウスではすべての家で長期優良住宅の基準を超える性能を実現し、長期優良住宅認定の手続きも行っています。■「性能リフォーム」で価値を高める既存住宅の価値を高めるには、どうすればよいでしょうか。例えば、少しのエネルギーで暖かさ・涼しさをキープできる温熱環境性や、耐震性を高めれば、中古住宅の価値は上がります。ところが、住宅の性能を上げるリフォームは簡単ではありません。新築以上に施工者の技術が求められる工事です。新築の高性能住宅で十分な実績があり、様々な知恵の“引き出し”を持つ工務店に依頼するのがよいでしょう。■インスペクションは費用の概算にも役立ちますリフォーム費を概算する助けとして、静岡ストックハウス流通促進協議会は住宅の専門家によるインスペクション(住宅診断)を推奨しています。インスペクションによって修理すべき箇所と使える箇所が明らかになるからです。《プロフィール》代表取締役 一級建築士桑原 人彦江戸時代から続く大工の家系に生まれ、設計事務所での勤務経験を経て、父親から桑原建設を継承。創業以来50年以上に渡って約700棟の家づくりに携わった経験を生かし、打ち合わせから設計、施工監理までワンストップで対応。(一社)静岡木の家ネットワークの代表理事も務める。

  • 25Oct
    • 第三者の視点も取り入れて、末永くアフターフォローの画像

      第三者の視点も取り入れて、末永くアフターフォロー

      第三者の視点も取り入れて、末永くアフターフォロー。こんにちは。「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設の代表取締役・桑原人彦です。Mulberry Houseではお家の引き渡し後、1年、3年、5年、10年目にそれぞれ定期点検を実施。安心して長く住み続けていただけるようにしています。■もちろん、いつでもご相談を定期点検のときに限らず、何かあればいつでもMulberry Houseにご相談ください。家守りのプロとして、お施主様の快適な暮らしを末永くお手伝いさせていただくことを願っています。■1年目に目視点検&ヒアリング引き渡しから1年が経過したお家にはMulberry Houseの社員が訪問させていただき、チェックシートに従って目視点検を行います。同時に、暮らし始めてから気になった点などをヒアリング。1年目に修理などが必要になるケースはほとんどありませんが、お客様のご要望があれば迅速に対応しています。■3年目からは外部の目で3年目以降の点検は、Mulberry Houseと提携した検査機関が第三者の目で厳しくチェックします。第三者を入れるメリットは、つくった人にはわからないポイントにまで目が届くこと。家を建てた工務店とは違い、検査機関は「表面的には変わらなくても、何か問題が起きているのではないか?」という視点で見るため、見落とされがちな小さな変化や不具合の予兆も発見してくれます。■長期優良住宅“以上”なのに点検が必要なの?Mulberry Houseは材料と工法を吟味し、確実な施工を行うことで、長期優良住宅の基準を超える性能を実現しています。とはいえ、まったくメンテナンスフリーというわけではありません。住み続けることによってどうしても発生してしまう劣化や不具合を早めに発見することが、家の長持ちにつながります。早めのメンテナンスが必要なものの例としては、屋根や外壁、ベランダの雨漏りが挙げられます。年月の経過により、シーリングが劣化したり、外壁のサイディングに割れが生じたりすることがあります。

  • 09Oct
    • 庭がコンパクトでも果物が収穫できる樹を育てたい!の画像

      庭がコンパクトでも果物が収穫できる樹を育てたい!

      庭がコンパクトでも果物が収穫できる樹を育てたい。敷地がそれほど広くないし、駐車スペースを確保しなくてはいけない…樹が成長して枝をグングン広げてきたら、庭が狭くなってしまう…そんなお家でも果樹を植えられる方法を試してみようと計画しています。「エスパリエ仕立て」という技法です。■マルベリーハウスで試してみますMulberry House(マルベリーハウス)桑原建設のモデルハウス「マルベリーハウス」では最近、庭の柵を延長しました。「エスパリエ仕立て」を実践するためです。■エスパリエ(Espalier)仕立てとは樹の枝を柵や格子などにひもで結んで真横に誘引し、樹全体を平面的に仕上げる方法です。枝が柵や格子に沿って育つ姿は、人間が腕を広げているようにも見えます。狭い庭園でも樹の生育を楽しめる方法で、果物が実る樹によく用いられます。鉢植えで育てていた若い樹木をエスパリエで仕立て直すことも行われています。■人の手の届く高さに果樹が通常の育ち方をすると、人間の手が届かないくらい高く生育し、実が獲りにくくなります。その点、エスパリエ仕立てで栽培した果樹は高さが抑えられるため、果実を収穫しやすいという特徴があります。■家で収穫の喜びを街なかのコンパクトな一戸建てに緑がほしいときや、子どもや背の高くない方に収穫を体験してもらいたいときなどに、エスパリエ仕立ては適しています。庭に果樹があれば、果物が実って熟す様子を見守ることができるので、収穫の喜びがより大きなものになりそうですね。■どんな樹に向いている?マルベリーハウスでは、まずヒメリンゴと洋ナシを試し、続いてブラックベリーなどを加えていこうと思っています。エスパリエ仕立てはほかにも、ブドウ、リンゴ、スモモ、サクランボなどの生育に用いられています。■庭は無理なく楽しむもの庭は癒やし。普段の生活にプラスするちょっとした贅沢です。Mulberry House(マルベリーハウス)桑原建設では、無理をせずに少し手をかけるだけで生活を豊かにできる庭をご提案できます。

  • 28Sep
    • 家の中と外をつなぐ上質なプライベート空間の画像

      家の中と外をつなぐ上質なプライベート空間

      家の中と外をつなぐ上質なプライベート空間。Mulberry House(マルベリーハウス)桑原建設のモデルハウス「マルベリーハウス」には、リビングから同じ高さでつながるウッドデッキがあります。■リビングとウッドデッキが1つになるリビングとウッドデッキの間にある掃き出し窓は、開けた窓が壁の戸袋に収納される引き込み窓になっています。窓をフルオープンにすると、大きな開口部を通してリビングとウッドデッキが完全につながり、1つの面のようになります。この「アウトドアリビング」とも呼べる空間が、延べ床面積約31坪のマルベリーハウスを広く感じさせる理由の1つです。■アウトドアリビングとして空とつながった、もう1つのリビング。生活スタイルに合わせて様々な使い方がありそうですね。1日の始まりに、ウッドデッキのテーブルセットで朝食を楽しんだり、ハンモックで昼寝をしたり、夕日を眺めてちょっとしたリゾート気分を味わったり。日光を適度に遮るくらいの草花を楽しみながら育て、来年の夏の日差しに備えるのもいいですね■子どもに目が届く“庭”として涼しくなり、子どもが思い切り外で遊べる季節になりました。小学生なら「いってらっしゃい。気をつけてね」と送り出せばいいのですが、もっと小さい子どもは親の目の届くところで遊ばせたいですね。そんなとき、マルベリーハウスのようにリビングとつながるウッドデッキなら、親の注意が行き渡る範囲で外遊びができます。空、草花などを見て季節の変化を感じながら、そしてお父さんお母さんが見守ってくれている安心感もありながら、子どもが豊かに成長していけるといいですね。

  • 19Sep
    • 新築のときから将来の使いやすさを考えるの画像

      新築のときから将来の使いやすさを考える

      静岡県に住む100歳以上の方は1991人(2018年9月15日現在)で、過去最多になったそうです。県内の総人口に占める65歳以上の割合を示す高齢化率(4月1日現在)も28.7%と過去最高になっています。4分の1が高齢者の時代。これから家を建てるなら、年齢を問わずに誰でも暮らしやすい家にしたいですね。■新築のときから将来の使いやすさを考えてMulberry House(マルベリーハウス)桑原建設では、新築時点で高齢の方がいないご家族でも、歳を重ねたときの使いやすさをイメージするようにオススメしています。例えば、生活に介添人が必要となった場合を想定し、廊下やトイレ・お風呂などでの作業動線を意識して設計するといったことです。実際、退職を機会とした建て替えなど、50歳代以降に家づくりを進められるお客さまは、そのようなご希望を持っていらっしゃいます。こういった視点は、世代を越えて住み継がれる家を建てるために必要です。また、障害の有無や性別、年齢にかかわらず、どんな人でも公平に使うことができる「ユニバーサルデザイン(UD)」にもつながる見方ではないでしょうか。■でも、遠い将来はイメージしにくい…そうは言っても、30年後、50年後の未来まで想像するのは難しいものです。やはり、住む方の加齢に従って、工務店が暮らしに変化などをヒアリングし、5年後、10年後という近い将来を一緒にイメージすることが大切だと思います。■「温風乾燥」をきっかけに気づいたこと最近、トイレの改造を希望されたお客さまとのお打ち合わせの中で、ヒアリングの大切さを再認識させられたことがありました。その工事では、温水洗浄便座も交換したのですが、便座を選ぶときに「温風乾燥」の必要性が話題になりました。若い方や体が自由に動く方は温風乾燥を使わないことが多いのではないでしょうか。「どうして必要なの?」と思われる方もいらっしゃるようです。なぜなら、おしりを洗浄した後、水分をトイレットペーパーで拭き取れば十分だからです。ところが、年をとって拭きづらさを感じるようになったり、体の一部が不自由になったりすると、「温風乾燥が助かる」と話す方が多くなります。つまり、私たちのお客さまの中にも、「温風乾燥は不要」というスタンスから「やっぱり欲しい」という考え方に変わる方たちがいるかもしれないのです。温水洗浄便座という1つの設備をきっかけにした小さな出来事でしたが、お客さまの変化を継続的に捉える必要性を感じました。■真っ先に連絡をもらえる工務店を目指して高齢化や生活の変化によってお客さまに何らかの不都合が生じたとき、真っ先に連絡をいただける工務店こそが、本当に頼りになる工務店だと思います。Mulberry House(マルベリーハウス)桑原建設はそのような工務店であり続けられるように、お客さまに寄り添っていきたいと願っています。【イエタテ新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 06Sep
    • 新築だけど、ずっとそこに建っていたような家の画像

      新築だけど、ずっとそこに建っていたような家

      新築だけど、前からそこに建っていたような家。はじめから周りになじんでいる家。新築なのに、落ち着いた印象の家。Mulberry House(マルベリーハウス)桑原建設が建てる家には、そんな雰囲気があります。モデルハウスMulberry Houseも、そうです。2015年にオープンしたころから、「築何年ですか?」とお客様に聞かれることがありました。■風景と調和する理由は?モデルハウスMulberry Houseが周囲とよく調和する理由の1つは、色かもしれません。三方原台地の土を思わせるアースカラーでまとめた建物。地域への溶け込みやすさを考えて、ちょっと小豆っぽい色の外壁にしました。アースカラーを選んだのは、庭との親和性を大切にしただけでなく、Mulberry Houseと周囲が引き立て合い、活かし合えるように願ったからでもあります。■100%自然素材の外壁自然素材を取り入れ、心が落ち着くやさしい風合いのMulberry House。外壁も例外ではありません。使用しているのは、100%自然素材の「白洲(しらす)そとん壁」。ナチュラルな質感のこの仕上げ材は、鹿児島県などに広がるシラス台地のシラスを活用したものです。シラスはマグマが岩石となる前に粉末となった物質です。このシラスを使って「白洲そとん壁」をつくるときには、天然の鉱物顔料で着色するため、紫外線に強く、色あせや劣化がほとんどありません。また、シラスには化学物質を吸着する力や調湿効果などがあります。だから、室内に使用すれば、エアコンや空気清浄機などに頼らずに室内の空気をキレイにできます。■Mulberry Houseが目指す家新築だけど、「いつからここにあった?」と思われる家。完成したばかりだけど、使い込んだ味のある家具が似合う。新築だけど、暮らしと家がひとつに溶け合っている。Mulberry House(マルベリーハウス)桑原建設が目指すのは、そんな家です。【イエタテ 新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 30Aug
    • コンパクトで豊かな暮らしを提案する35坪モデルハウスの画像

      コンパクトで豊かな暮らしを提案する35坪モデルハウス

      モデルハウスMulberry House(マルベリーハウス)は延べ床面積35坪。コンパクトで豊かな暮らしを提案するための空間です。この実用的な広さに、天竜スギ・ヒノキの床や珪藻土の壁など、心がやすらぐ自然素材をふんだんに取り入れています。■天井低めの寝室から受ける印象は?モデルハウスMulberry Houseの2階寝室は天井の高さが床から2200mm。他のモデルハウスや住宅と比べると、少し低めになっています。この低めの天井、来場されるお客さまから好反応をいただいています。「すごく落ち着く空間ですね」と、しばらく寝室にとどまって雰囲気を味わうご家族もいらっしゃいました。高級ホテルのように天井が高く、開放感が大きい寝室も素敵だと思いますが、毎日の疲れを癒やすためには、安心できる場所に“籠(こ)もる”感じも大切にしたいところです。間接照明によって陰影を感じられるようにしているのも、心を落ち着けて眠りにいざなうためです。■吹き抜けの明るさ室内を広く感じるのは、リビング・ダイニングと2階をつなぐ吹き抜けのおかげもあるでしょう。朝から夕方まで、やわらかい光が家全体の明るさを保ち、自然のリズムに合った暮らしを促します。■少ないエネルギーで暮らす吹き抜けがあるとエアコンの効きがよくないのでは?冬、寒いのでは?と思われるかもしれません。気密性・断熱性をしっかりと確保しているMulberry Houseの場合、まったくそのようなことはありません。年間を通して少ない冷暖房エネルギーで快適な室温をキープできます。それどころか、吹き抜けによって1階と2階、家全体を一定の温度に保てるため、身体にやさしいというメリットもあります。【イエタテ 新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 16Aug
    • 長期優良住宅【以上】の家の画像

      長期優良住宅【以上】の家

      「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設は、すべての家で長期優良住宅の基準を超える性能を実現しています。また、長期優良住宅「仕様」にとどまらず、所定の手続きを経て、長期優良住宅認定を受けています。■長く住める家づくりを支援する制度長期優良住宅は、「長く住まえる家づくり」を支援する国の制度です。2世代、3世代で家を住み継いだり、長く住んだ家を譲渡して人生の新たなステージに進んだりすることが予想される時代。長期優良住宅の基準は、何よりも優先してクリアすべきです。これは、住宅の資産価値を将来にわたって高めることにもつながります。■認定を受けるためには長期優良住宅として認定されるためには、省エネルギー性能だけではなく、劣化対策や耐震性、維持管理・更新の容易性、バリアフリー性能などの基準をクリアする必要があります。■基準をはるかに超えた家Mulberry House(マルベリーハウス)では、長期優良住宅の基準を超えた家しか建てていません。例えば、省エネ性能なら、長期優良住宅基準を超えた2020年の省エネ義務化基準よりもさらに上を行く住宅をご提供しています。■税制上のメリット長期優良住宅の認定を受けると、所得税の住宅ローン控除でメリットがあります。固定資産税の減額措置もあります。■短期的なメリットもあります長期優良住宅の認定は、家を建てるときなど短期的なメリットもあります。例を挙げると、国土交通省の地域型住宅グリーン化事業(2018年度)では、長期優良住宅の補助額は1戸当たり110万円です。(補助件数には限りがあります)■安心感と安定資産をご提供します家を建て、子どもが大きくなったら取り壊して建て替える…。そんな使い捨ての時代は、もう終わってほしいとMulberry House(マルベリーハウス)は願っています。これからも長期優良住宅を超える家を建てることで、長く住まえる安心感と、安定した資産をご提供します。【基本性能】https://kuwabara-kensetsu.com/spec/【イエタテ 新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 09Aug
    • 樹脂サッシは劣化しにくいの画像

      樹脂サッシは劣化しにくい

      樹脂サッシは劣化が早いのでは?と心配される声を聞くことがあります。今回は、安心して樹脂サッシ(樹脂窓)を使っていただけるよう樹脂サッシの特徴をお伝えします。■強く、劣化不安がない塩ビ樹脂サッシに使われている「樹脂」は、PVC(ポリ塩化ビニル、塩ビ)です。これは、地中に埋められる水道管と同じ素材です。PVCもプラスチックの一種ですが、強度があり、腐食しにくい特長を持っています。洗濯バサミやポリバケツのように、時間とともに劣化してしまうのは、PP(ポリプロピレン)でできている製品です。PVCはPPとは耐久性が違います。■紫外線対策も施されています紫外線による色落ちや劣化についても、表面にアクリルコートを施すなどの対策を各メーカーが取っています。■優れた断熱・遮熱・気密性能夏の猛烈な暑さは、主に窓から室内に入ってきます。そこで、窓の遮熱性・断熱性を高めることで、室内の温度上昇を抑えられます。熱を伝えにくい樹脂でできている樹脂サッシは、屋外からの熱の侵入を防ぐために最適のサッシです。■夏涼しく、冬暖かく、省エネ窓の断熱性能を高めると夏だけでなく、冬も快適です。少ない冷房・暖房エネルギーで室温を心地よく保てます。■高性能ガラスと組み合わせれば樹脂サッシは、高性能なLow-E複層ガラスと組み合わせることで、高い断熱性を発揮します。複層ガラスは2枚のガラスで空気をはさみこんだ構造で、1枚だけのガラスと比べて約4倍の断熱効果があります。■掃除などでもメリット樹脂サッシは防音性が高く、屋外の騒音によるストレスや生活音のトラブルなどを低減します。また、ガラスと窓枠の段差が小さく、ラクに掃除ができるメリットもあります。■ドイツ・アメリカは普及60%超 日本は17%日本の普及率は17%寒さの厳しいドイツで生まれた樹脂サッシは、快適な住環境を実現させる製品として北欧や北米に普及しました。日本では北海道・東北地方から普及が始まりましたが、全国の普及率は17%にとどまっています。《世界の樹脂サッシ普及率》日本(2017年)17%ドイツ(2016年)64%アメリカ(2013年)65%中国(2000年)30%【YKK AP 樹脂窓の歴史】よりhttp://www.ykkap.co.jp/info/pvc-windows/history/【イエタテ 新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 31Jul
    • ママの心をほぐすヨガの画像

      ママの心をほぐすヨガ

      ママの心をほぐすヨガ。子育て中のお母さんたちが子連れで気軽に参加できるヨガを開催しています。子育てで緊張している気持ちや、出産後の身体のメンテナンスに効果がありますよ。■先生も子育て中です講師を務めてくださるのは、大手スポーツクラブでも教室を持っているYOGA真我Healing(ヨガ シンガヒーリング)の渡邊加奈子先生です。ご自身も子育て中の渡邊先生。ヨガの豊富な知識と子育ての経験を活かして、その日の参加者の様子やお悩みなどに合わせて柔軟にプログラムを組んでくださいます。1時間の中で、締めるときは締める、緩めるときは緩めると、リズムをつけて進めてくださるので、とてもリフレッシュできます。■心をほぐすいつも子どもと一緒にいれば、誰だって煮詰まることがあるはず。そんなお母さんたちに知ってもらいたい企画です。子どものことは気にかけずに、ヨガで心と身体の緊張状態をやわらげてみませんか?■産後のメンテナンス出産後にお母さんたちを悩ませる女性特有の問題。渡邊先生は、産後の身体がどうすればもとのようになるのかについて、熱心に研究されています。産後の悩みを共有して、大切な身体のメンテナンスを始める機会にしてほしいと思います。■ハーブティーでおしゃべりタイムもヨガが終わったら、ハーブティーとスイーツを楽しみながらおしゃべりタイム。子育てのこと、元気のコツなど、いろいろな情報を共有できるところが、ほかのヨガ教室にはない魅力かもしれません。【イエタテ 新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 27Jul
    • マルベリーハウスとは?の画像

      マルベリーハウスとは?

      マルベリーハウスとは?Mulberry House(マルベリーハウス)って、モデルハウスの名前?会社の呼び名?最近、お尋ねを受けることも多くなってきた「マルベリーハウスとは?問題」にお答えします。Mulberry House(マルベリーハウス)は株式会社桑原建設の通称であり、モデルハウスの名称でもあり、そして桑原建設が育ててきた【ブランド】です。■“桑”だからマルベリー桑原は江戸時代から続く大工の家系。桑原建設としての創業は1964年です。伝統は誇りですが、「桑原建設」はちょっとカタイ。持続可能な暮らしや、ライフスタイルから始まる家づくりを提案する会社らしい名前を…と名付けたのが、Mulberry House(マルベリーハウス)です。Mulberryはクワの総称で、クワの実を差すこともあります。■モデルハウスMulberry House浜松市中区富塚町2808-1 にある事務所・モデルハウスもMulberry House(マルベリーハウス)です。汗がしたたり落ちる屋外から中へ入ったときの静けさと肌に感じる心地よさ。庭のある暮らしのちょっとした豊かさなどを感じていただけるモデルハウスです。■Mulberry Houseブランドの家桑原建設が建てさせていただいたお客さまの家はすべてMulberry House(マルベリーハウス)です。もちろん、見た目にはそれぞれの個性があり、使っている自然素材や色はさまざま。それでも、根底に流れるものは同じです。いくつかの施工事例をご覧になれば、同じようにマルベリーハウスらしい雰囲気を感じられると思います。【Mulberry House施工事例】https://kuwabara-kensetsu.com/works/【イエタテ 新築施工例】http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 18Jul
    • 是非体感してください!!の画像

      是非体感してください!!

      マルベリーハウスはロフトのエアコン1台で冷房しています。1、2階の温度差も約2度程で、冷気が直接身体に当たらずに心地の良い空間となってます。是非、体感をしにモデルハウスに お越し下さい。☆桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」日時:予約していただければいつでも対応致します住所:浜松市中区富塚町2808-1イエタテ 新築施工例  http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 17Jul
    • 樽木栄一郎 & 島裕介 duo 7/31(火) Mulberry Houseの画像

      樽木栄一郎 & 島裕介 duo 7/31(火) Mulberry House

      「樽木栄一郎 & 島裕介 duo」 7/31(火) Mulberry House(マルベリーハウス)で開催ギター弾き語りの樽木栄一郎さんと、トランペットの島裕介さんが、Mulberry Houseで演奏します。平日の夜をやわらかな音色と過ごす大人のためのライブ。ハーブティーとおやつ付きです。■樽木栄一郎 & 島裕介 duo日時:2018年7月31日(火) 19時開場/20時開演会場:Mulberry House(マルベリーハウス)(浜松市中区富塚町2808-1)料金:予約2800円/当日3300円 ※ハーブティーとおやつ付き演奏:樽木栄一郎(唄とギター)/島裕介(Tp,Flh,Fl)《予約・お問い合わせ》090-4166-5970(ミシマ)メール予約:nozomi_no_mail@yahoo.co.jp《 樽木栄一郎 / Eiichirou Taruki 》独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室、本屋など、場所を選ばず様々なシチュエーションでライブを行っている。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。★樽木栄一郎 official sitehttp://www.taruki.info/live☆樽木栄一郎 / 『Rococo』ダイジェスト版https://youtu.be/CMVevW5CR9w《 島裕介 / Yusuke Shima 》トランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲”歌うように吹く”独特のスタイルと柔らかで熱い音色が業界で評判となり、これまでに400タイトルを超えるアルバムに参加。CM録音は100本を超える。★Yusuke Shima Official Pagehttp://yusukeshima-blog.tumblr.com/☆島裕介 Yusuke Shima / Philly’s Dance from “Silent Jazz Case 3”https://youtu.be/9e8bYCVjHLk?list=PLmeN86WUDSY94JBb3VUeeMBrQauLcwSej

  • 30Jun
    • メンテナンスのコストは長期的な視点での画像

      メンテナンスのコストは長期的な視点で

      家にかかるお金は、長期的な視点で考える必要があります。こんにちは。「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設の桑原佐紀です。将来かかるお金の話など、「主婦として気になるポイントをお客様にお伝えするようにしている」と、以前にご紹介しました。■甘く見てはいけない、外壁メンテナンスの費用家を建ててしばらく経ってからかかるお金と言えば、外壁のメンテナンス費用があります。家の中の壁が少し汚れてしまったくらいなら、家の寿命に影響を与える傷みがない限り、我慢するだけで済む話です。でも、外壁は違います。メンテナンスをせずに放っておくと、重症になってしまうことがあります。■サイディングをオススメしたくない理由サイディングという外壁材を使っている場合、新築から12年~13年ほどでメンテナンスが必要になります。お子さんが小さなときに建てた家なら、ちょうど中学への進学や高校受験などの時期と重なります。学習塾の授業料などでお金がかかるときです。そんな時期に、外壁のメンテナンスにかかる費用はいくらくらいか。費用は足場代などを含めて、多くのケースで百数十万円になります。できれば、お財布に余裕ができるまで先延ばししたい出費ですね。そこで、サイディングではなく、ガルバリウム鋼板という素材を外壁に使うと、メンテナンスの間隔をもっと長く取ることができます。結果として、長い目で見たときのメンテナンスコストを抑えられます。■心理的な負担も大きい外壁のメンテナンスは、気持ちの面での負担も大きいものです。どういうことかというと、メンテナンスの工事中は、工事を行う人たちが家に出入りします。雨の季節などで工事が順調に進まないときは、工事の期間が3週間ほどになることもあります。工事を担当するのは、挨拶や片付けなどをキチンとされる職人さん達ばかりなのですが、それでも家族以外の人たちが常に出入りする状況は、ストレスになります。このような点も考えて、なるべくメンテナンスの負担が軽い外壁材選びをオススメしています。☆桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」日時:予約していただければいつでも対応致します住所:浜松市中区富塚町2808-1イエタテ 新築施工例  http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 29Jun
    • 子育て・家事で培った感覚を大切に、お家の説明をしていますの画像

      子育て・家事で培った感覚を大切に、お家の説明をしています

      生活するときの心地よさや、将来かかるお金の話など、自分が気になるポイントをお客様にもお伝えするようにしています。こんにちは。「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設の桑原佐紀です。■子育て、家事の感覚を持ってお伝えします住宅の気密性・断熱性の数値や、耐震等級2と3の違いなど、性能や技術については弊社社長が詳しくお話しします。私は数字の話よりも、「なぜこのつくり方を選ぶのか」「なぜその素材にこだわるのか」というポイントについて、主婦の感覚を大切にしながらお話しするように心がけています。■光熱費は? エアコンの冷え方は?例えば、Mulberry Houseの家は、冷暖房費を抑えられるという話。住宅の断熱・気密の性能を表す数値がこうだから…という切り口ではなく、Mulberry Houseの家では、どういうエアコンの使い方をするのか? どれくらいの光熱費がかかるのか? 体で感じる冷え方はどうなのか? ということを経験をもとにお話ししています。■大切なのは、コスパですねモデルハウスを見ていただくとわかりますが、Mulberry Houseの家では、2階のロフトなど、高い位置にエアコンが1台あればOK。エアコン1台で家全体の空調をまかなうことができます。当然、各部屋に取り付けたエアコンを可動し続けなければならない家と比べて、冷暖房費を大きく抑えることができます。■体感してほしい涼しさエアコンの風が苦手な方は、特に女性に多いと思います。Mulberry Houseの家では、エアコン1台で家全体を冷やすため、冷風が体に直接かかる心配がありません。それどころか、家に入った瞬間、まるで土蔵に入ったときのような涼しさを感じられます。カラットした、ひんやりとした心地よさを体感してみたくなったら、ぜひ暑い季節にモデルハウスMulberry Houseへ遊びにきてください。☆桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」日時:予約していただければいつでも対応致します住所:浜松市中区富塚町2808-1イエタテ 新築施工例  http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 27Jun
    • 「窓」のあるパンフレット、できました。の画像

      「窓」のあるパンフレット、できました。

      「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設の新しいパンフレットができました。■窓新パンフレットの表紙には「窓」が。ふと窓に目をやると緑が見えたり、窓を額縁のようにして庭の眺めを楽しめたり…。窓をインテリアの一部として考えるMulberry Houseらしい表紙になりました。■Mulberry Houseの考え方家をつくるだけでなく、暮らしを提案したい。新パンフレットでは、Mulberry Houseが考える家づくりの一端を述べさせていただいています。■豊かな感性は庭づくりからMulberry Houseがご提案する庭のある暮らしについて、ハーブや野菜、雨水タンク、アースオーブンなどにも触れながらご紹介しています。■モデルハウスの中に詰まっているものは?浜松市中区富塚町のモデルハウスMulberry Houseの間取りを掲載。動線や収納力、オーダーメイドの家具・建具、ウッドデッキなど…。新パンフレットのページをめくれば、モデルハウスに詰まっている家づくりのヒントが、見えてきます。■基本性能をあらためて紹介パッシブデザインを取り入れたMulberry Houseの設計手法を紹介するページでは、耐震や断熱、換気などの基本性能をどのようにして高めているかについてまとめました。■施工事例も豊富にMulberry Houseの施工事例も豊富な写真を使って紹介しています。☆桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」日時:予約していただければいつでも対応致します住所:浜松市中区富塚町2808-1イエタテ 新築施工例http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html

  • 11Jun
    • S様邸順調に進んでます。!!の画像

      S様邸順調に進んでます。!!

      S様邸、2世帯の家は外部も内部も順調に進んでいます。外壁は木部の部分も貼り、塗り壁下地の下塗りも終わっています。現在は養生期間になってます。今月中には塗り終わり来月初めには足場が取れる予定です。内部も2階の床は貼り終わりその他は主に下地造りを進めてます。ちなみに2階床はアカシア無垢フロアのセレクトグレードです。先日は1回目の気密測定も行いました。数値もいつもと同様の数値でミスなく工事を進んでいる事が分かります。毎回同じ施工をしているので同じような数値が出る事は分かるのですが職人さんを信用していない訳ではないですが、人間というのはミスをするものです。今気がつけば直せるものも後で気が付いたら直せないものもあります。気密工事は後でミスに気がついても直せない事が多いです。そうならないために当社では工事中と竣工の2回の気密測定を行います。現在S様邸はこのような状況ですが、工事中の状態を見たい方は弊社HPよりご連絡ください。いつでもご案内させて頂きます。完成見学会は9月下旬に行う予定です。☆桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」日時:予約していただければいつでも対応致します住所:浜松市中区富塚町2808-1 イエタテ 新築施工例  http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+- ● Mulberry House●株式会社桑原建設 住所:静岡県浜松市中区富塚町2808-1電話:053-525-6511 公式ブログはこちらhttp://ameblo.jp/kuwabara1964/ ホームページはこちらhttp://www.kuwabara-kensetsu.com/ インスタグラムはこちらhttps://www.instagram.com/mulberry_house_garden/ イエタテ 新築施工例  http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html -+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--+-