プノンペンを一望できるsky bar。
今日はここで夕飯。
この街での生活も残り1週間。
やり残しがないよう、片っ端から味わっている。

帰りのタクシーで信号待ち。
この旅初めてホームレスを見た。
この国を初めて訪れた10年前はたくさんいたけど、年々減っていた。ああ、急激に豊かになったんだなぁ、日本も頑張らないと! と、思った矢先の出来事。
生まれて半年も満たない赤ちゃんとうちの長男くらいの男の子を連れた女性だった。道の真ん中で信号待ちのクルマみんなに無心していた。

なんだかショックだった。

私の子どもたちへの説明も難しいものだった。

ショックといえばいまの日本の状態。
小中高の休校要請とかトイレットペーパー買い占めとか、街はガラガラとか。そのただなかに私たちは1週間後突っ込んでいく。

さて、私に何ができるでしょうか。
ひとまずやれることはいろいろ。この際だから家に腰を据えて、未来につながる作業を淡々とこなしていきましょう。

PCの画像データ整理。
書ける原稿のピックアップ。
企画書作り。
春から小学校の長男の子供部屋作り。
細部の収納見直しetc etc。

嫌いじゃないでしょ?そーゆー作業w
昨日のこと。

至近居酒屋のトゥさんから、川海老食べに来ないかとお誘い。
彼女の実家があるタケオという地域には川やら沼やらでたくさん取れるそうだ。


川海老って、私のなかでは小さくて数をいっぱいガッとオリーブオイルで素揚げして塩レモンで食べるような、そんなイメージ。ほら、四万十川の川海老みたいなのね。


ウソでしょびっくり

伊勢海老みたいな川海老来ちゃいましたーw!

トゥさんいわく10月くらいに取れるのが一番大きくて、もっともおいしいらしいけど、


手、長っ! ゴツっ!
そして茹でたてじゃなかったけど、全然おいしー。トゥさんのおすすめ時期の川海老もぜひいただいてみたい。


バターを溶かした湯で塩茹でしたそうな。ニンニクの効いたスイチリソースに付けていただく。濃厚というか、これが川海老かー。とにかくビックリ。味噌おいしい。焼酎によく合う♡ トゥさんご馳走様。


そのころ野郎どもはというと、


基地で夕飯を食べ終え、歯磨きも済み、パジャマになって思い思いの時間を過ごしておりました(YouTubeとかゲームとか)。
川海老は辛いから大人だけ! YouTubeいくらでも見ていいから来るか? という問いにひょいひょい付いてきた野郎どもw


あ、大好きなダビちゃん(トゥさんの姪っ子)。
デカ目日本代表(次男)、口説いておりました。肩幅狭っw




あーあチュー

先週末の金曜日、次男が青っ鼻を垂らしていて、翌日土曜少し身体が熱いなぁと思いプールは見学だけ。日曜日max37.8℃の発熱、久しぶりに嘔吐(1回)したんです。
その後、口のなかが「痛ぁぁい。痛ぁぁい」としきりに言っていて、この旅で大好きになったトマトをあげたら悶えていた。その後二度と食べようとはしなくなった。トマトスープすらいらないと。ただ刺激のないパンなどは人一倍バクバク食べていますw
 
当初、マンゴーアレルギーか? なんて思ったものの、ネットで調べたらどうも違うっぽい。べーっと舌を出させると、舌の脇に白っぽくちょっと大きめな口内炎がひとつふたつ。
そうこうしているうちに何人かの読者様から「ヘルパンギーナ」では? とのご指摘。なるほど、熱はそんなに上がらなかったけどコレが一番近いでしょう。ありがとうございます!
 
※ヘルパンギーナ→乳幼児のあいだで主に夏に流行する感染症です(カンボジアは一年中夏ですからw)。熱が出たり、口の中に口内炎のような小さなプツプツ(赤い発疹、水ほうなど)ができたりする点が特徴です。口の中が痛くて食欲が落ちてしまうこともあります(メディカルノート参照)

 

ヘルパンギーナに特効薬はとくになく、園での登園規定もとくに。熱が下がって、食事が取れるようになったらOKということで、現在はすでに幼稚園に通わせております。今週いっぱいムリはさせずに、様子見でね。
 
それはそうと、体調が優れなくなってから、次男は毎日夜泣きするように。睡眠をすべての基本と思っている私には、これが非常にこたえまして……。
 
次男に付き合っていたら睡眠不足な日々。風が吹くと桶屋が儲かるじゃないけど、夜泣きされるとマッサージ屋にスグ行きたくなる!
 

image

 

行っちゃったよw トゥクトゥク飛ばしてね。

 

読者様におすすめされた、プノンペンの北の方にあるSPA。基地から約4キロ。ちょっと遠いのだけど、この辺はいま大規模開発をしていて、何年か経ったらこのあたりが街の中心になるのかな? といった立地。

 
 
とても雰囲気がいい店内。しかも意外やリーズナブル。2000~5000円くらいで施術が受けられそう。
しかし私の英語がダメダメで、受付のお姉さんと話がかみ合わず……。
最初ネット予約したボディ1h+フェイシャル1hのトータル2hのコースは、ちょっと難しいと言われ(ボディは主にうつぶせで施術するためフェイシャルは同時にできない……というところまでわかったんだけどそこからは……。私的には別々で受けてもいいと思ったんだけど、どうも違ったらしい)。
まぁいいや、じゃぁオススメの顔&ボディいっぺんにできるコースを! とお願いしたら、「準備に5分ちょうだい」と言われ……、

 

 

 

 

 
なんだかジェットバスがぼこぼこしている部屋に通されたのでした。何が始まるんだ!? ちょっとわくわくw

専用のパンツを履いてジャグジーに入れと若いエステティシャン。
しばらくしたら彼女が私の身体を洗いに来てくれた。ぬるま湯の張った桶のなかで洗われているジャガイモのような気分w
ジャグジーから上がって新しいパンツに履き替えて(2回目)、ベッドに横たわれと言われる。
やさしい粒子のスクラブで4hands(2人のお姉さんの手で贅沢に)、なんとまぁ気持ちよくマッサージ。
シャワー浴びてこい、パンツは履き替えろ(3回目)
ベッドに横たわり黄色い泥? 土? みたいなのを全身に塗られ、いすの置かれたスチームルーム(シャワールーム)でしばらく座ってろと言われる。
当然ながら暑い。熱い。まだですかー。蒸しジャガイモにされている気分。
10分くらい経ったころようやく扉が開き、出てこいと言われて、なんと立ったまま全身に塗られた泥? 土? をさらに塗り込まれる。
シャワーを浴びる。ベッドに横たわる。べとべとのクリームを全身に塗りたくられしばらくタオルでラップされる。
シャワー行ってこい、身体をよく洗ってこいと言われる。
化粧水、クリームを塗って終了。
 
気持ちよく、すべすべになったけど、全然寝られなかったwww

 

 

 

 

 
いやぁ、おもしろい体験でした。次に何が行われるかまったく見当付かないSPAというのも初めての経験。ここのお店を教えてくださった読者さま、ありがとうございました。
 
以下、ストーリーにUpした動画ね。
 


 


 


 
 
じつは次男、昨日も夜中の2時半から4時までずっとグズグズして。
明日もついついSPAの予定を入れてしまった私です。今度はお迎えに遅刻しないようにしないとね!
先日のこと。
プロのピアニストとオペラ歌手によるリサイタルにお邪魔してきました。
 
私はスポーツ観戦とかちんぷんかんぷんだけど、子どものころからずっとピアノを習い、大学の授業でも取っていたこともあり、コンサートとかはけっこう好きです。

 

 

 
番長(よく食べるグルメな実兄)の腹ばかり目立ちますがw リサイタルの模様。

 

 

 

 
いい気分の白人のオジサンから、「キミは本当にママが好きだね」と笑われていた次男です。外国ではあまりおんぶはしないのかな。私はレストランとかでうろちょろされるのがめんどうくさいので(言い方悪い)、すぐおぶっちゃうグラサン 両手が空くし。酒呑めるしw
 
 
その会は、こじんまりとしたすてきな一軒家カフェで行われました。

 

 

 

 
そのときの食事がとてもおいしく、それもそのはず。王族が営む「ラ・レジデンス」というフレンチレストラン、そこの日本人シェフの奥さまが経営しているカフェなのだとか。
悪い顔してラ・レジデンスに行ったブログはこちら
 
 
火曜日の今日は英会話(火曜と金曜に通っています。長男の水泳教室もそうだけど、この間隔けっこう調子いいんですよね)。
レッスンがある日のランチはうまいもん食べよーって勝手に決めていてw そんなわけで教室から直でトゥクトゥク飛ばしてカフェへ。
 
imageimageimageimageimage
image
 
昨日は休肝日。今日は錆び付いた脳みその引き出し、ギコギコ開けまくって疲労困憊。すばらしいタイミング(それを狙っているんだけど)。ビアがしみるぜ~。
 
imageimage
 
甘いもんに辛口白ワイン、最高~。
 
image
 
ビア、白ワイン、サラダとパスタのランチセット、それからシフォンケーキで13$くらいだったかな。いい時間、過ごさせてもらいましたチュー
 
 
次のランチは金曜日! いよいよカンボジア料理を攻めようかと。これまで4回この国に来たけど、まだトライしておらず。というのも私はフレンチとかイタリアンとか洋食が好きなので、何食べる? と聞かれたらスグにパスタ! などと言ってしまう。せっかくカンボジアにいるのだからこの国のウマイ料理も味わってみたいと思いますグラサン  
 
やっぱフレンチ! とかなったらどうしょw そのときはそのときだ。あと、クラフトビール工場のビアガーデンも行きたいし、けっこうあるぞ、やりたいこと。旅の折り返しを迎え、ちょっとだけ焦ってきました。野郎ども(平日はインターの幼稚園に通う6歳、5歳、1歳の男たち)、熱なんか出すんじゃねーぞ。
かれこれ20年もの間、フリーランスの旅エッセイストをやっております。

基本は、仕事部屋(実家の空き部屋をお借りしています)。
どうしても間に合わなそうな〆切や雨で、やむなく自宅作業することは月3回ほど。
今回のような旅先でも、もちろん仕事はします。


最近はスマホでもメールの返信や原稿チェックもできるのだけど、やっぱり文章をダーっと書きたいときにはラップトップ。
 

今回のような長い滞在の場合、仕事部屋で使っているワイヤレスのキーボードとマウスも持参。
そうなると机に奥行きが必要となり、本来横長に使うデスクをあえて縦で使ったり。
 
image

引き出しを広げっぱなしで、デスクを拡張しますw

動画は以下。




そうそう、私はいつも旅にスピーカーも持っていくのだけど、


番長(グルメな実兄)の場合コレ。

 


ぬか床!!

 

ルールがゆるゆるなカンボジアならでは、なせる技だと思う🤣

(一部野菜や果物などに持ち込み禁止のものもあるそうですが)

前、フィジーに行ったとき仲間が缶詰とか取り上げられてびっくりしたことも。

さらに厳しいオーストラリアではぬか床の乳酸菌なんてある意味、生物兵器? 見つかった日には強制送還? 金輪際の入国拒否!? 

大変なことになると思いますw

くわしくはわかりませんがw


しかし番長のぬか床のおかげで、

 


プノンペンで美味しいぬか漬け、毎日のようにいただけるのでした。


こちら深夜のトランクス食堂。

気温的に漬かりすぎてしまうそうで、朝に食べるならその時間に合わせて23時くらいにゴソゴソぬか床をいじるマメな番長なのでした🤣

 

バイクやクルマを愛する女性のためのメディア「Lady Go Moto」、連載中の【旅エッセイスト国井律子の乗り物ダイアリー】が更新されました照れ 各画像にはキャプションも書いています。ぜひチェック!

 

 

この文章の最後の仕上げはプノンペンで行いました。ちょっと前まで場所によってWI-FI環境が不安定だったり、海外に仕事を持っていくのをためらうこともありましたが、最近はなんの心配もいらないね。ほんと「どこでもオフィス」です。

 

 

そんなプノンペン生活、2回目の週末を迎えております。

 

昨日のこと、1週間台所係をやってくれた番長(食べること大好きな実兄です)に、ありがとうの気持ちを込める。週末の夜くらい炊事から離れてのんびりしてください。高級な掛川酵母豚の鍋をつつきながら基地から至近の居酒屋で日本酒グビグビ。


 
幼稚園お迎え後二手に分かれ、銭湯に行った野郎どもを待ちながら、次男とお先に乾杯してました。
 
imageimageimageimage
 
番長、分厚いなw

 

て、トゥさんとこの居酒屋には体重計が置いてあり、この国に来て絶対痩せた! と確信しながら乗ったら逆に目方が増えていた私なんですけどね。マジか……。

 

 

そして土曜日の今日は、昨日書いたとおり、新型コロナを危惧して外国人が集まるシェムリアップに行くのはやめる。プノンペンでのんびり過ごそう。

 

image

 

日本とカンボジア交流イベント「絆フェスティバル」が行われていると聞いたので(番長の知人が関わっている)、そちらにお邪魔。地元の人ばかりが訪れるフェスなので、こういうイベントならよかろうかと。

 

image

 

想像以上に、ずいぶんにぎわっていた。

それにしてもカンボジアは本当に若い人だらけ。生き生きとしたパワーがそこここにあふれている。高齢者世代はポル・ポト派の影響がかなりあり、街ではうちの母くらい(81歳)の人たちを見かけることは皆無といってもいいほど。ああ、だから「バリアフリー」という観念がこの街には欠けている……のかもね。段差が多すぎてベビーカーつらい……! そうそう皆さん、基本は街では歩かず原チャリとかクルマ移動ですから。

 

imageimage

 

長男、絶対大好きなヤツw

 

image

 

image

 

そんな露骨な……w

 

その後はタクシーでイオンモール2号店へ。昨年もやることなさすぎて行った場所。1号店よりゴージャスで、規模もでかい。

 
 

 

 

 
でも、なんかちょっと違うんだよなぁ……。
先日の1号店再訪と同様に違和感を覚えたのでした。
 
長男がこういうキッズスペースを卒業時期なのか、私の目が肥えてしまったのか(私が卒業なのか)、2回目の来訪だから感動が薄れたのか(旅先でもいつもそうなんだよな。繰り返しを好まない……)。
なにより客たちのマナーが気になって、飲食禁止とか書いてあるのに甘ったるいジュースをこぼしながら飲ませていたり(踏んでしまい足がべたべたになり、イイイイイイイイってなったガーン)、そういった飲み物が滑り台の横などにいくつも放置してあったり(従業員に2回注意した。こういうクレームの英語はすらすら出てくるw)、どうなんでしょうかと思って帰宅したのでした。フードコートも高いだけで全然美味しくなかったしなぁ。
 
けれど、子どもたちは身体が動かせて大満足で、週末のヒマな時間も潰せて大いに助かったけれどね照れ 
ニュースはコロナ一辺倒で、日本は大変のようですね……。
カンボジアから心配しています。とくに81の高齢ばあさん(実母です)大丈夫かなと。それから毎日満員電車に揺られて出勤しているお義理姉さんや、エグさん(3つ下の勤勉で生意気な夫です)も……。1日でも早い収束を願っております。
 
詳しいことはよくわからないけど、コロナは冬季に猛威をふるうインフルエンザのような冬のウイルスなのでしょうか。現在真夏で、乾季といえ適度に湿気のあるカンボジアではその影響はほとんどないに等しい気がします。
 
けれど、カンボジアで初のコロナ患者が出たのはアンコールワットがあるシェムリアップ。本当はこの週末行こうと思っていたけど、今回は見送りました。なにもこの時期、密閉された飛行機に乗って世界中から観光客が集まる彼の地に行く必要はないかな、と。
コロナと同様恐ろしいのは、野郎どもの幼稚園がお休みでとくに予定のないヒマな週末だけどw ま、なんとかしましょう。とにかく身体を動かして疲れさせましょうグラサン
 
 
そんなわけで今日は金曜日。3回目のマンツーマンの英会話教室へ。野郎どもを幼稚園に送り届けて、家事とか仕事とか2アクションくらいこなすことができる10時半から。毎回その時間。トゥクトゥク飛ばして通学している44歳。
 
 
私よりも20個ほど若くてかわいいフィリピン人の先生から、「日本ですばらしい功績を残したヒトは?」とたずねられ、パッと頭に浮かんだのが野口英世だったw たぶんコロナが猛威をふるっているいま、ふっと出てきたのだと思うけど。
 
野口氏……、よくわからないけど、深刻な流行病(Serious illness)のワクチンを作ったヒトだよ(正しくはアフリカなどで流行する黄熱病ですね。私もアフリカ行くとき成田空港で打ちました)。と、テキトウな説明をして、しかしながら「ワクチン」って言葉が全然通じないの。
 
それもそのはず、vaccine(ヴァクスィーン)ですってwww
 
いやいや、毎日が勉強です。のび気味だった脳みそのしわがカンボジアで多少寄ったかな。簡単な会話だったらいちいち相手の言葉を日本語に直さなくてもスッと入るようになってきた……、気がします。日本語でいうならばただいま猛勉強中の次男(1歳8ヶ月)と同等レベルだと思うけどショボーン 片言はなはだしい。早く長男(6歳)くらいに達したい。
 
 
教室から歩いてランチ。ボンケンコンエリアの南端へ。
昨日と同じ戦法。ビールを美味しくいただくために、炎天下を歩くのです。
 
image
 
しかしながら歩きづらいのがプノンペンの歩道。
皆さん歩道を駐車場と勘違いされています……。

 

 

 

 

 

 

約1kmで到着!

 

ビザがとてもおいしい、日本人がオーナーのイタリアン。

 

 
番長(実兄です)とこの店で待ち合わせて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ペンネアラビアータを、ソースはそのままに、麺をスパゲティーニに変更してもらった。心の底からう・ま・いラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 
一食分くらいカロリーがありそうな巨大パンナコッタw ひとり一個いったった。甘さ控えめでペロリと。いやぁ、満足した!
 
 
そういえば帰り道、

 

 

 

 

 
長男がまだ赤ん坊だったころ、ここの北朝鮮レストラン来たなぁと懐かしく思う。いまはもう撤退しているけど。なつかしのブログはこちら。
 
 
さてさて明日からお休み。
今日は幼稚園後、番長と二手に分かれ、番長率いる6歳と5歳の野郎どもは銭湯へ。1歳の次男と私は家シャワー。その後は基地至近の居酒屋で夕飯を食べよう。皆さんも一週間お疲れ様でした!
image
 
王宮の隣にある、国立博物館に朝から行っていました。日本語の音声ガイドを借りて。
 
カンボジアはとても勤勉な国で、こういう施設も服屋も、朝8時くらいから開いているので助かります。でも働く皆さんシフトとか大変だろうな……。
 
なんて心配はさておき、国立博物館には大変貴重なお宝が、けっこう無造作というか雑に置いてあったw
 
image
 
目の前にすると、かなりの迫力。こんな近くから見ていいんですか。贅沢だね。
 
image
 
ボトックスとかヒアルロン酸とか打ち過ぎて、顔がおかしくなったセレブみたいな石像があったりww
 
この施設の周りは骨董品などアートを扱っている店が多く、
 
image
 
通りは大規模工事中でしたが……。
 
image
 
骨董品のほかに、よくある土産物のシルクとか胡椒とか扱う店が何店舗か。個人的には、この通りで買うものはとくにないかな。昨日の240stの方が実りあると思います。
 
imageimage
 
image
image
 
どこに行っても、バイクバイクバイク。
雨が降らないし(いまは乾期)、市内は公共交通機関がまったく発達していないし、ラッシュアワーは混むし、原チャリが一番のアシなんでしょう。
 
さて、ランチに向けてゆるりと移動。
ビールをおいしく「呑むため」に炎天下を一生懸命歩きますグラサン
 
image
 
日傘は持ってきて「正解」。
乾いた風が日陰を通り抜ける。気持ちいい。
 
image
image
 
まぁ、こんな炎天下を歩いているのは、私のようなおっちょこちょいな旅行者か、身なりの貧しい人たちくらいで……。
 
image
 
というわけで到着。
 
image
 
席に座る前に頼んじゃう。
 
image
 
一気呑みして、お次はハイボール。
 
ぐびぐび煽っていたら、番長(実兄)も到着。あの人は席に着く前に「ラーメン大盛り」頼んでたw
 
imageimage
 
私はこってり系のラーメンが苦手なので(あっさり汁そば系が好み)、鶏ガラスープの梅おろしつけ麺を。
 
番長とはここで別れ、私はエステへ。
そう、エステでぐっすり「寝るため」にビールを呑んだのですね。
快楽方向の急行列車に乗るための段取りですね~グラサン
 
image
 
昨年お邪魔して、気に入ったので今年も。
顔とボディ、1時間半のコースで50$くらい。作戦は大成功で途中から意識不明。滞在中、もう一回くらい訪れたい。
 
imageimageimage
 
ヒザの周りは触らせないw
詳しくはこちらに。

 

 
インプット、アウトプットのバランスが取れた充実の一日でしたチュー


東京で言うとさしずめ代官山、旧山手通り界隈って感じなのでしょうか。

 

 

おしゃれな服屋や雑貨屋、カフェやビストロやエステや本屋などが緑の多い通りに適度な間隔を持って立ち並んでいる。

 
昨年ここを訪れて、いっぱつで気に入り今年も!
そうそう、ついでに昨年この通りで買った服。壊れてしまったので買い物がてら修理に出そう。さらについでにエステの予約も入れちゃおうチュー
 
 
この店の奥に飾られていた籐で編んだかわいいバッグ。あとで買おうと通りをブラブラしていたら、先に白人女性に買われてしまったよガーン
欲しいと思ったときが吉日だね。また覗いてみよう。
 
 
ベルギーチョコ専門店。
 
 
本屋。
 
 
外国人が好みそうな高級レジデンスの下はハイセンスなカフェ。
 

ストリートの入り口にあった雑貨屋は、改装中かなんかでクローズ。残念すぎる。気の利いたバラマキ土産、ここで買おうと思っていたのにショボーン 昨年女友だちに喜ばれたのよ。
 
 
その雑貨屋の前にあるこの服屋に修理依頼。今日の17時に仕上がるとか。エステの予定が明日の14時だからそのときピックしよう。
 
 
ついでにカットソー×3、パンツ購入。
フランス人がデザイナー兼オーナーだというこの店、鎖骨や腕まわりはスッキリ、気になる腹回りふんわりな、まさに私が〝痩せ見え〟するデザインが多くてw 昨年からいろいろ買わせてもらってます。プノンペンを訪れたら、ぜひ行ってみて~。1アイテム30$くらいと手ごろ!
 
 
野郎どものTee。1枚3$也。
 
image
 
バラマキ。米袋を使ったポーチ。カンボジア土産あるある。

 

ランチは、この界隈のビストロか!? と思ったけど、番長(実兄)が送ってきたトゥさんとこのオムライスがやけに美味しそうだったので、トゥクトゥクをGrabでピッ。

 

image

 

お、ちょっと待て、ドライバー、かっこよくないか?
いや、来てみたら普通のオッサンだった。だまされたぜ。ブツブツ……。

 

image

 

なんて私も同じコト言われてるか。

プロフの写真と全然違うじゃねーか。サギ! ブツブツ……。

んなことより、2日ぶりのビア、最高w
なに、ランチビアは1.5$!? 安くないですかラブ

 

 

ケチャップ味のなにか、食べたかったのよ。気持ちが満足した。いろいろ。ごちそうさま!