国井律子オフィシャルブログ「別冊リツコング」Powered by Ameba

国井律子オフィシャルブログ「別冊リツコング」Powered by Ameba

オートバイ、自転車、クルマ、サーフィン、飛行機……etc。乗り物大好きな旅のエッセイストです。2009年から1年半かけて世界一周。現在は5歳のボストンテリア(♀)、4歳児(♂)、3つ下のダンナさまとキャンピングカーでウロウロ旅してます。

NEWS
*02/20 女性のためのモーターメディアRady Go Moto!(イード)連載4本目 NEW
*二輪雑誌MOTONAVI 出演(F10 BOOK) NEW
*進化する私の旅スタイル 単行本(産業編集センター)
*趣味サイトfunmee!! 連載エッセイ(エイ出版)
*自転車専門誌「BNAVIエッセイ(Voice publication) 
*プロデュースしているブランドCYCLOUND
*私のライフ・ドキュメントDVD
LIFE (ウイザード)
*「
とうとうバイクで北米横断しちゃいました (産経新聞出版)
*二輪DVD
国井律子のバイク三昧 (Wick Visual Bueau)


・・・レギュラー出演中・・・
女性のためのモーターメディアLady Go Moto!(イード)
趣味サイトfunmee!! 連載エッセイ(エイ出版)
オートバイ専門誌MOTONAVI(Voice publication)
自転車専門誌「BNAVI エッセイ(Voice publication)
ハーレー専門誌「HOTBIKE 」連載エッセイ(バイクブロス)
・「気ままに寄り道バイク旅」(NHK BS2)
MOTOファッションCYCLOUNDプロデュース
ボストンテリアの洋服屋Bu-huプロデュース

NEW !
テーマ:
カンボジア在住の方々が、口をそろえて「すぐにでもロンサレム島に行った方がいい」と言う。
ものすごい勢いで中国人がリゾート開発しているから。


というわけで今日、シアヌークビルからスピードボートに乗って45分。


子ども好きな船員たち(笑)。


ロンサレム島に到着後、さらにボートでホテルへ。島には道がないのかな? 秘境感むき出しな感じです(笑)。


とはいえ、施設はいい感じで整備されていて(じゃなかったら私無理です、エアコンなしの掘っ立て小屋とか 笑)旅慣れしているヨーロッパ人が多いかな。タトゥがバリバリ入ってるおじいちゃんみたいな。


ガッツ(次男10ヶ月)初海。


全員で目の前の海にごちゃーっと入って、


その後、レストランから見えるインフィニティプールにハシゴして、


さらには部屋の前の空いているプールへ。
浮き輪なしで小猿(長男5歳)は果敢にチャレンジ! 番長Jr.(実兄の息子4歳)も頑張っていた!


そりゃぁこうなりますわね(笑)。

島ののんびりした感じ、いいなー。
何年か後にカジノぎらぎらとかになっていたら、イヤだなぁと思ったロンサレム島でした。

テーマ:

プノンペンからワンボックスカーで約6時間弱、海に着きました。

ここはどこ!?
シアヌークビルは中国語の大洪水。おそらく来年にはこの姿はなくなってしまうだろう……という島に明日は渡ります。

こっちでルーターがわりにしている現地のスマホ、通信量を使い切ってしまい💦
ホテルやレストランじゃないと、ネットができない。しばし投稿が滞ると思いますが、元気にやってますニコニコ


テーマ:
朝イチ、マイペースな旅行代理店から連絡が来て、これは電話とメールのやり取りではラチがあかない。本当はマッサージ屋に行きたかったけど、イオンモールへ急行した。


びっくりびっくりびっくりびっくり

この国に来て初めて事故ってるとこ見た。

積み荷の竹竿(はんぱなくはみ出てる 笑)が止まっているリヤカーの何かの袋に刺さっているだけですが(笑)。

東南アジアにありがちだけど、皆さんギリギリすれすれの危なっかしい運転をするけど、「あうんの呼吸」というか注意力、集中力、瞬発力、そして生命力とすさまじく(笑)、事故はほとんど見かけない。日本の方がよっぽど多い気がするなぁ。


で、日系の旅行代理店。
なんともノンビリしていてショボーン
だいぶせかして、ようやく少し動くといった具合。
先日からお願いしていること、「うふふ、まだ向こうからの回答がないんですー♫」。
バスとフェリーの手配だけお願いして、彼女がのんびりのんびり作業している目の前で、宿はスマホからジブンで取った。せっかちですみませんショボーンショボーンショボーン

この旅行会社、日本で何度も利用したことあるけど、別物の感触だったなぁ……。


想像の3倍くらい時間がかかり、お昼は「いつもの」リンガーハット。安心する味(笑)。

さて、タクシー配車アプリでトゥクトゥク呼んで帰ろう。そう思っていたら急にネットが繋がらなくなった。イオンモールの入り口もそのような感じの人たちであふれ始めて、急がないと帰れなくなりそう。イヤな予感がした。

ここから宿までの料金はなんとなく知っている。流しのトゥクトゥク捕まえて、最初めちゃくちゃふっかけられたけど、鼻で笑ってやって(笑)、ほぼ正規の値段で基地に戻ったのでした。

部屋に帰らず隣のマッサージ屋に急行、きっと日本のマッサージ師だったら「ずいぶん疲れてますねー」なんて言われるんだろうな。全身ゴリゴリされて、あとはなんだ今日。兄とジュニアが暗くなったころ日本から到着して、彼らとの再会、それと私のワンオペの終了を祝して(笑)、乾杯するくらいか。

カンボジアの日々もあと4日となりました。早っ! 

そんなわけで明日からちょっとみんなで旅行に出かけます照れ

テーマ:
5歳と10ヶ月の私の息子たち。かわいい盛り❤️

ひょうきんで、いつも笑わせてくれる長男🐵
ただただ愛おしい次男👶

しかしワンオペの週明け、私は彼らと離れて1人になりたいグラサングラサングラサングラサングラサングラサングラサン



悪い顔してお一人様フレンチへ。トゥクトゥク飛ばして行ってきた。


一応、無駄な抵抗は忘れずに(笑)。


週明けは毎週休肝日なんだけど、そんなん知らんニヒヒ
土日とワンオペ、くそ暑いカンボジアでがんばった。(兄弟もがんばってたけどね 笑)


かつてカンボジアはフランスにより急速に都市開発が進められたそうだ。


街のあちこちに、本格的でしかもリーズナブルなフレンチがある。お昼のコースで18$也。

↑このポトフの秀逸なこと。すべてを忘れて味わった。


こんなんで「私」が取り戻せるなんて安いものだ(笑)。

今週なかば、かわいい息子どもを連れてプノンペンを離れて小旅行しようと思っている。現在旅行会社とやりとり中。その旅から帰ったらまたフレンチで「私」を取り戻すのかなグラサングラサングラサン

テーマ:
いまの時代に逆行するような動物園、エッセイのネタにどう? と、Kくんから教えてもらい、ワンオペな週末の日曜日、息子ども引き連れて行ってきた。


ここは動物を見に来るというより、ショーを楽しむ場所。


鳥、虎、ワニ、オラウータン。


それら4種類の動物のショー。


驚くほどよくしつけられていたポーンポーン

詳しくは書籍などに書こうと思いますが、先日夜遊びしに行ったプノンペンのマチナカにある遊園地。ネオンぎらぎら、ウーハーずんどこ、安全性も極めて怪しい、けれど「これぞ夜遊び」と拍手したくなるような刺激的な施設と、今日遊びに行った遊園地は非常に共通しているなぁと。つまり一度行ったら忘れられないエンターテイメントなところ(笑)。


うん、楽しかったねと、動物園を後にしたのでした。

しかし暑かった。
簡単な日陰はあるにせよ、気温36度。みんなで水がぶ飲み。こちらも忘れない思い出。

バスとトゥクトゥク乗り継いで目指せプノンペン。いつもの食卓(目の前の居酒屋)に直行。ビア呑むぞー!
(動物園には残念ながらソフトドリンクしか売っていなかった 笑笑)


お茶とミルクとビアで乾杯。
しみる〜〜グラサングラサングラサングラサン

テーマ:
さぁ、ふたたび3人だけの週末がやって来た。
どうする、なにする、イオンモール行く!!!

先週は1号店だったから、今日は2号店へ。

トゥクトゥク飛ばして約40分。けっこう遠いが料金は300円くらい。


着いた。


マチナカの1号店よりそれはそれは規模がでかい。しかもなんだかゴージャスだ。


ボーリング場があったり、


フードコートの上がまるまるキッズパーク。


まるで遊園地!


1号店よりめいっぱい身体が動かせる空間になっていて、小猿(長男5歳)はキャー♫と駆け出し30分以上行方不明に(実話)。

金沢の、小松空港の真ん前にもこういう屋内型アスレチック施設があるけど(向こうは天気が悪いから)、カンボジアは暑すぎてやっぱり子どもの遊び場はこういう室内になる。小猿が通っているプノンペンの幼稚園も園庭に日除けの屋根があるしね。




手にスタンプを押してもらえば再入場可。


抜け出してランチはしゃぶしゃぶ。食べ放題といえ20$オーバー。そうとうな富裕層狙いのイオン2号店でした。大盛況だったけど。


ここに着いたのが朝11時。


ガッツのミルクタイム2回経て、


ちょろっと買い物して、帰還するころには夕方17時すぎ。


帰りはとうぜんこうなりますわね グラサングラサングラサン

テーマ:
今日はちょっと郊外に行きたいからと、昨日Kくんにクルマのチャーターをお願いした。
そしたらすげー、イケメンが来てびっくりした。

しかし私は英語が苦手。彼のなまりの強い英語は何言ってるか本当によくわからなくてガーンガーンガーン

お互い押し黙りながら目的地を目指す。
ま、そんな時間も悪くない(笑)。
イケメンと2人きりの車内照れ


言葉がわからないながらもサービスしようと頑張ってくれてるイケメン。いろいろ写真撮ってくれた。


最大限にニヤケてるおばさんですが照れ照れ照れ照れ照れ


道路事情を考えてもっと時間がかかるかと思いきや、11時ごろには見どころすべて回り終えてしまって。

でも、こんな田舎にいても仕方ないからプノンペン戻りますかショボーン


道中、イケメンがここ寄るか? と提案してくれた。彼いわく、40年前、ここではたくさんの人々が死に……。

もしかしたらキリング・フィールドかな……。
クメールルージュ政権時代、多くの罪無き人々が虐殺された舞台……。

まぁ早く帰ってもアレだし寄っておこうか。


イケメンもなかに入ったのは初めてだそうで、ふたりでその凄惨な様子を目の当たりにシュンとしてしまった……。


いまはイケメン置いて、私だけランチ。
こういう場合って誘った方がいいか悩む。一生懸命運転して、炎天下あちこち付き合ってくれてハラへってるよな?
きっとデブでハゲでオッサンのドライバーだったらまったく悩まなかったと思うけど😝

テーマ:
昨日いつもの食卓(基地の目の前の居酒屋)で日本酒を呑んでいたら、やはり毎日その店を食卓代わりにしているKくん(番長の中高男子校時代の後輩、現在はカンボジアで事業を手広く展開)に、「明日結納式あるけど、取材しにくればー?」。
 
なんという軽い。いやいや、いつもネタを提供してくれて感謝です照れ
 
 
その会場は、プノンペンの都市計画道路エリアのちょっと外側にあり、数十年前まで田んぼしかなかった場所だそう。東京でいうと世田谷みたいな狭い路地、グニャンと曲がった道路、なんか勝手に親近感を覚えた世田谷区民ですチュー
 
 
結婚式じゃないの。結納式なの(今度書籍などで詳しく書きます)。
 
 
お香が充満している会場。お嫁さんのご実家だそう。
 
 
なぜか私も参加させていただき(笑)。
 
 
途中まさかの停電などもありびっくり
ふつうの観光では見られない、味わえない、貴重な光景でした。結婚というのは改めて家と家との、大切なつながり。お幸せに❤︎ ありがとうございました。
 
 
基地に帰宅後、ランチはどこへ!? と思いましたが、昨日から胃袋がホームシックにかかりつつある私は、
 
 
食料庫のツナ缶など使ってパスタ。
ソースは必ずジブンで作る派です。
ん、コンソメがない! 白ワインも(料理酒の方ですよ 笑)。
 
パスタの茹で塩を少し心配になるくらい多めに入れて、ソースには鷹の爪を3本。はじめからニンニクと一緒に入れて(辛みではなく甘みのコクが出ますよね)。なんとかなりました。昨日のサッポロ一番塩ラーメンに引き続き、私って天才(笑)。うん、自画自賛。きっとこの料理、日本でエグさん(3つ下の口うるさい夫)に出したら、「何かが足りない」なんてチクリと言われるんでしょうね。
 
その後、余った野菜類を茹でたり、ゆで卵を作ったり。ガッツ(次男・明日から生後10ヶ月)の分も確保。明朝はこれでじゅうぶん。たまの自炊も楽しいものだ。
 
15時半から小猿の幼稚園でトランポリンの授業があるというので、そろそろお迎えがてら見学しに行ってこよう。

テーマ:
本当は今日、お一人様フレンチでも悪い顔して食べようと思った。この地で暮らすKくんにもオススメの店をたずねていた。

ところが毎朝のルーティン、階下のジム(本日は体幹トレーニングの日)でがんばりすぎて消耗。部屋に帰ってバナナとかクラッカーとかつまんでいたら、今日はフレンチじゃないな、と思う。ふと、食料庫のサッポロ一番塩ラーメンの袋麺が目に留まる。

これだ!!

冷凍庫に豚バラが入っている。
あと、冷蔵庫の野菜室に賞味期限ギリギリの、なんとかという白菜みたいな中国菜。

ついつい魔が差して自炊してもーた。


ていうか、私って天才チュー
美味しすぎる♫

いやいや、サッポロ一番がすごすぎるのか!?

「律子が天才ということにしよう。多分、胃袋がホームシックにかかってる」(実兄である番長からのメッセンジャー)

そうか、胃袋がホームシックか。いいこと言うな、さすが食欲番長照れ


食料庫、いろいろ覗いてみた。番長が残していったパスタとかうどんとかにムラムラした(ほんと、人類は麺類 笑)。お昼くらい、少し自炊してみようかな。そんな気になった。でもお一人様フレンチもしたい。それは来週、週末のワンオペをがんばってからにしようか。


というわけで今日はのんびりやってます。
(胃が妙に満足してデスクワークはがんばった)


マッサージ1時間やってもらった。
盲人技師による店。なかなか気に入って2回目の来店。


風が涼しくなってからお出かけ。


ワットプノンという街の北側にある寺院まで。
装飾がすごい。なんか癒された。


そこからけっこう距離あるけど、歩いて兄弟がいる幼稚園へお迎えへ。

「トゥクトゥク!」

たくさんの客引きに声をかけられる。
私はいま歩きたいんじゃい。全無視。

一台の原チャリに、夫婦と、ちょうどうちの兄弟くらいの家族が乗っていた。急に2小猿に会いたくなった(笑)。

幼稚園までもうちょっとだ。

テーマ:
そりゃそうか、エステに2時間いたのだからびっくりびっくり


明日も!?
なんて思ったが、限られたおひとりさま時間(兄弟を幼稚園に預けている8時過ぎ〜17時ごろ)。ワンオペな週末に疲弊した月曜日だけのお楽しみにしておこう(笑)。

いやー、でもオイルマッサージ気持ちよかった。途中から意識ないチュー


ちなみに本日の私はもはやルーティンとなっている午前中のワークアウト(今日は下半身の筋トレ)&デスクワーク。13時出発、トゥクトゥク飛ばして出かけたおひとりさまランチは、


インドカレー!
んんん、昨日のフォー同様、特段感動するうまさではなかった。しかもこれで10ドル越えってガーン
日本のコスパって改めてすごいな。そりゃぁ外国人観光客たちもびっくりだ。

その後、アートなストリートへ。それは王宮のそばにあります。そそくさと数軒しか店を回れず……。滞在中、ぜひとも博物館とかも行きたいなぁ。おひとりさま時間、あと倍は欲しい(笑)。


なんて願いは叶わず幼稚園からご帰宅。牛乳とクラッカーの要請。


さて、いつもの食卓(目の前の居酒屋)向かいますかね。プノンペンの日々も子どもがいると淡々と過ぎていきます……(笑)。

Ameba芸能人・有名人ブログ