性被害 身体と心の不調改善 感情処理法 インナーチェンジングセラピー 福岡 大阪

記事にしてほしいこと、こころの仕組みで知りたいことなど、


ご遠慮なくメッセージくださーい♪





忙しいだろうから・・・。なんて、お気になさらずに (*^-^*)





書いてほしいことをリクエストして頂けると、


私は、それにおこたえすればよいので、とても助かるのです。





みなさん、こんなこと興味あるかなぁ?と、ひとりで空想して書いてるので、


リクエストだと、興味の対象について書けるので、とても安心です。





よろしくお願いします!


  • 26Aug
    • 自分自身を大切にすること。こころ からだ

      43歳になるまで残り数ヶ月。自分の身体を労わることの必要性を知るまでにこの世に生まれてから43年近くかかった。ずいぶんと酷使したなぁ。可愛そうに。最近やっと自分のからだに労いの想いがわくようになった。激痛に耐えて痛み止めでなんとかごまかしてまで働いたり役目をこなさなくてもいいのだ。痛むときは休もう。それでいい。こころも同じく、傷ついたら傷を認め、傷を癒そう。傷ついてないとごまかさなくてもいい。生きていたら傷つく経験に遭遇するのだ。心が傷んだら休息をとろう。それでいい。身体の寿命と健康寿命と同じぐらいを目指すなら、からだとこころを労ることは必須では。一人ひとり合うやり方があるだろうから、自分のからだとこころを労わるとは、自分にとってはどういうことか、各々いま一度ご思案されたし。

      27
      テーマ:
  • 27Jul
    • 満員電車とご挨拶と疲れとイライラ

      今朝は東京から帰福のために羽田空港へ。ホテルのシャトルバスで最寄り駅まで送迎してもらった。降車の際、「ありがとうございました」お礼を言ったのは私だけ。みんな、ご挨拶しないし、お礼を言わない・・・。そして、空港へ向かう満員電車へ乗車した。今日の電車は30代の時に経験した人生で一番の満員電車の過酷さを塗り替える厳しさもちろん私だけでなく全員、苦しさに耐えている。人に迷惑かけないように身を小さくしている人、倒れないように必死で身を支える人、押されてムカつきながら耐えている人、痴漢行為のようにならないよう細心の注意を払っている人、もう、とにかく皆たいへんこの環境下で感謝や愛情を感じることはなかなかに難しいのかもしれない。そうか、体験してみて理解した。私は日頃、満員電車のストレスを感じない環境にいる。批判は簡単。理解は少し視野を広げないとみえてこない。いろんなものが見えますように。

      17
      2
      テーマ:
  • 21Jul
    • 善いものに触れよう

      私の周りには本物のお医者さんとか本物のカウンセラーとか本物の学校の先生とかほんものの専門家の人がたくさんいる。何をもって本物だと私が言っているのかというと、患者さんやクライアントさん、生徒さん等、自分が治療や支援、指導する人に対してその相手の利を必ず最優先して、ものを考え対応しているという意味になる。しかし、自分がいち患者として治療を受けるとき、自分が生徒として何かを学ぶとき、私の利を最優先してくれてないなーと感じてしまうこと、私の利を考えてくれているのかなーと気になることが、残念だけど、よくある。私の周りには本物が多くて、そういう人ばかりと接しているから、本物でないものがすぐにわかってしまう。人も物事も善いものに触れることは欠かせない。善いものを聴き、善いものを見よう。

      16
      テーマ:
  • 06Jun
    • いろんな人のいろんな人生。すべて素晴らしい

      人は他人の人生がよくみえるもので、私は昔20代のころ赤ちゃんを出産したばかりの友人から「あんたはいいよねー、自分のもの何でも買えて好き勝手できて」とのコメントをもらい、「いやいや、でも、私は結婚もしてないし、子どももいないしねー」とこたえたことを思い出した。そういう私は学生時代にまじめに勉強して学業を修めた人たちにすごく憧れた。私は中学生の頃から全く学習意欲がわかなくなってしまったので勉強することをしてこなかったから。カウンセリングで出会う多くの優秀な学業を修めた方の中に、自分の学んできたことは「何の意味もなさない」「今に何の役にも立っていない」とおっしゃる方は少なくない。やりたいことにも二の足を踏んでなかなかやれないという人たちは、やりたいことを次々にやる人たちを羨ましく思っているが、何でもすぐにやる人たちは、大抵、痛い目にたくさんあっている。(それを乗り越えるパワーも持っていらっしゃるが)容姿に悩む人たちは、容姿が今とちがっていたら人生が違っていただろうと思っているが、美しい人たちは、その美しさゆえにイジメにあったり、狙われたり、なかなかに苦労されている。お金がある家だったら、あの人は実家がお金持ちだから、あの人はお金があるからと羨む人は多いが、お金は余るほどある方たちが結構不幸なことも少なくない。たぶん、どの人生もこの人生が一番なんじゃないかな。その人生を味わい、あなたの人生から学び、育ててもらったらいいんじゃないかなぁ。どうせ、自分の人生しか体験できないから、自分の人生をよしとすることに取り組むとよいのでは?どうだろう。

      25
      2
      テーマ:
  • 20Mar
    • 本気=本当の気持ち。一生懸命じゃなくて、ただ本当の気持ちでするの。

      本気とは、一生懸命とか必死でやるとか力を入れて頑張ることではなく、「本当の気持ち」なんだとつい先日教えてもらいました。辞書には、この両方が記載されていました。「本当の気持ち」のほうと「必死」のほうと。なので、言葉の意味というより、そして心理(心の理論)でもなく、真理(まことの理)として解釈し、心底納得しましたのでシェア「本気って本当の気持ちなんですよね。本当の気持ちですれば、うまーくいくんですよねー」(私が尊敬するリンパマッサージのせんせ坂本さん 談)っと、会話の中でこんな話をきき、私はふっと、自分の日常で考えてみると「私は仕事ではほぼ困ることがなく、ありがたく長いこと幸せにお仕事をさせてもらっているが、確かに!仕事は本当の気持ちでしている」ことに気がつきました。その他は?親や妹、近しい親戚との関係は・・・「うん、うん、だいたい本当の気持ちだな。大変よくして頂いているし、私もとても大事に思っていて全く問題なく良好」その他友達ともいい感じね。さて、何がうまくいかない?あー、趣味やお稽古ごと。全然上手にならない!あーーーーーーーっ本当の気持ちじゃなーいっ!「うまくならなきゃ」「早くできるようになりたい」「カッコわるい」「こんなんじゃダメ」好きだけど、こんなんばっか!なるほどねぇー。他は?恋愛、男、パートナーっ‼︎‼︎‼︎本当の気持ちじゃなーいっ「この人はどうされたいのかな?(合わせようとする)」「あなたが好きになったんだよね? 怒」「別にいいよ。それならそれで」だからうまくいかないんだー!なーんだーっ以前、同僚でもあり、尊敬する仲間から「千恵ちゃんはお仕事する時のように恋愛したらいいんだよー。そのままでいたらいいのにー」と言われ、「えー、ムリー」と言って、さっぱりよくわかんなかったけど、わかりました。今回よくわかりました。本当の気持ちを言うのね。本当の気持ちのまま動くのね。(恋愛もね。習い事もね)OKそれはできるよ。「ベリーダンス、キレイに踊りたいなぁ」(本当の気持ち)はい、練習量とかベリーに関わる時間がふえました。「John and Pennyと普通に普通にいっぱい話したい」(本当の気持ち)なんだか英語に触れてます。前よりたくさん。「大好きで大好きだから、ただ仲良くしたい」(本当の気持ち)これは秘密。笑。なんだか、生き方が一つよーくわかったような気分です。このことをお話すると「本当の気持ちがわからない」という方もいらっしゃいました。それはそれで大丈夫。本当の気持ちがわかることに、まずは取り組むことです。これは、ちょっとインナーチェンジングセラピーを使ったほうがやりやすいかもね。いたるところに仲間がいるから、ご紹介しますからね。ご相談くださいまし。お写真ね、全然関係ないけど、(ちょっと関係あるかな?)その長年(25年以上)仲良くしてもらってる(うまくいってる)お友達のぶかちゃんのお風呂屋さん跡地そのままに運営されているカンボジア料理店シェムリアップ さん 店内。(吉塚商店街内)美味しくて身体に激イイです!

      26
      3
      テーマ:
  • 15Feb
    • こころの目が変われば世界は変わる

      私の目の前で起きている日々の出来事は私の心の目を通して、私の今日の出来事、人間関係などになっていて、その出来事や人間関係を「あー楽しかった」とか「よかった」「わるかった」などなどと評価したり感じたりします。あなたも同じで、あなたの目の前で起きている日々の出来事はあなたの心の目を通して、あなたの今日の出来事や人間関係などになっていて、その出来事や人間関係を「ありがたい」「いまいちだ」「意味がない」などなどと評価したり感じたりされていますね。最近、私は、同じ人物に対して感じる感覚やふとわいてくる思いが私の心の目が変わったことで、ガラリと、コロリンっと変わりました。同じ人物に対してですよ。その人は、ずーっと同じ態度で、いつも変わらないのに。変わったのは・・・・・私の心。心の中に溜まっていた気持ちが処理されたこと。今の私(42歳の)への価値判断的な思い込み。愛情に対する思い込み。最も大切な人への近づき方。信頼する、安心する感覚。などなど。この変化は私にとって人生が変わっちゃう程の変化だろうなと思っています。それは、今まで見てきた世界とは全く違う世界だから。「人は変われる」↑倉成先生(私の先生)から、もう何百回もききました。私自身の経験からも間違いない!と思ってるし、たくさんのクライアントさんの変化からもこれをハッキリとみてきました。しかし、ここまで変わるとは⁉︎また改めて、しみじみと、すごいなぁぁー ー ー 。と思います。この部分は私には本当に難しかったから。もう何回試験受けても合格できない難関みたいな、ほんっと、わかんなかったから。この部分は切り捨てて、でも、どこか足りないような・・・・?だったので、なんだか念願の志望校に、何回もチャレンジした試験に、合格した💮感じもしてきました。笑。また生き方が一つわかった気がするよ。イェイ、イェイありがたや。ありがたや。

      26
      テーマ:
  • 07Feb
    • 相手の気持ち?相手のこと、私の気持ち、私のこと。

      「たぶん、ダメな奴って思ってるな」「彼は絶対、イヤになったと思う」「こっちが悪いって言いたいんだ」パートナーにも、子どもにも、家族、親戚にも、職場の人にも、友達にも、私たちは、相手の思ってることについて、想像力をフルに働かせ、「私のことイヤだと思っただろうな。たぶん、だんだん好きじゃなくなってきてるんだ......」「私に辞めてほしいと上司は思ってます。だって私にだけ、あんな言い方するんですから、いなくなってほしいと思ってると思います」「こういうことを言ってくるってことは、私が悪いと思ってるってことだよな。じゃあ、自分はどうなんだって、オマエは反省したのかって」と相手の思っていること、相手のことをたくさんたくさん考えています。自分の思いや自分のことにはあまり注目されていないようです。しかし、心のリクツから見てみると、相手のことをいくら考えても分析しても、私自身の気持ちがスッキリしたり、私自身が成長することは残念ながらないのです。私たちが一番理解し大切にすべき人物は、私は私ですし、あなたはあなたなのです。注目すべきは、私の思いや私のことなんですねぇ。にもかかわらず、相手に注目しますよねぇ。なぜかしら?目に見えるから?自分は鏡を見ない限り見えてないから?なぜだか理由はわかりませんが、私のことを大切にしたければ、成長させたければ、私の内面に注目し、まずは、自分自身の思いや気持ち、自分がどう動いているのかを知ることですね。はぁ、反省しました。これは私の反省文ということで。わかる、わかると共感頂いたみなさま、ありがとう。まぁ、適度に頑張ろうね

      18
      2
      テーマ:
  • 24Jan
    • 産業保健師、人事労務担当者向けセミナー

      2018年が始まって24日が過ぎています。一年を終える、一年が始まる、年の節目は気持ちが切り替わるので私個人としてはとても好きです。昨年から、産業保健師の方々、人事労務担当者の皆さま向けの使えるカウンセリング講座を東京・大阪で行っています。NPOイージェイネットと弊社株式会社メンタルサポート研究所との企画でプライマリーアシスト株式会社さんに開催して頂いているセミナーです。産業保健師さんたちは、企業の中で社員さんたちの身体と心を健康にしていくという大変難しいことを実現していくための任務をおっていらっしゃいます。そもそも会社というところで、働く人の健康を促進するなんて、本人もやる気になってもらわないと叶いませんし、組織も決まりだからと表面だけを取り繕うだけでなく、あきらめずに時間をかけて取り組まないと成されない、なんとも困難なお仕事です。人事労務のご担当の皆さまも同じく、カウンセラーの私とは違って日常の業務を行いながら、社員さんたちのご相談を受け、企業側と個人との間のような立場で話を聴くことは、私たちよりずっと難しいだろうと思います。それを日々なさっておられる方々がいらっしゃること、その存在だけでありがたいなぁと思うのです。みなさんの存在に助けられた方がいらっしゃるだろうなぁと思います。少しでも皆さまの相談業務、ご自身のストレスケア、子どもさんやご家族のケアへ使えるお話しができればなぁと願います。まずは、皆さまの健康と幸せを一番に。今日も本当にありがとうございました

      8
      テーマ:
  • 17Nov
    • 愛情の世界

      「愛情の世界」というものがあることを知った。誰かと競争したり、物や賞賛などを多く求める数字が中心の世界ではなく、愛情が中心の世界。とっても若い頃、あまりにお仕事に夢中になり、数字の世界に住んでいたなぁと20代〜を振り返る。そのまた昔、学生の頃、ちっともお勉強しなかった私がいたから、その後、仕事を通じて努力することを学ばせてもらったのだと思う。努力すると結果が出て、褒められるものだから嬉しくて、たくさん働くことが大好きになった。たくさんたくさん働いて、周りの知人友人、親戚縁者が結婚したり、子どもを産み家族をつくる中、そこには興味が持てず私は無理だと避けてみたり、ただ、ひねくれないようには意識し、婚活努力してみたり、しかし、やっぱり私には合わないとあきらめ、ひとりで生きるプランを立て、よし、ひとりで生きることは素晴らしい!と意気揚々としていたら、ものすごく美しい愛情の世界をみせてもらった。パートナーを愛し慈しむ姿。お互いに相手を労い、相手の短所をカバーし、長所を称え、認め合う。相手の不得意な部分がでてきたら、優しく愛情を持って伝える。自分にとって絶対の味方の相方からの声だから、反発したり落ち込むことなく受け入れられる。あー、なんてWonderful!これぞ、理想の夫婦やっぱり、いいね!無理なんてないもんね。「無理なんてないよ、あなたはなりたいあなたになれる」このお手伝いが私の天命ですからね。やりましょう。私も。※ながらく更新しなくてごめんなさい。待ってくださっていたあなた、声をかけてくださったあなた、こころからお礼申し上げます。本当にありがとうございます。ちょっとペースが乱れてしまって、いつも以上に更新しませんでした。またボチボチやりますね。おかげさまで元気です

      22
      2
      テーマ:
  • 20Sep
    • わかってほしいことはわかってほしい。わかってくれなくてもわかってほしい。

      私たちは自分の思いや気持ちを相手にわかってほしい。特に大切な人や関係が近い人にはわかってほしい。妻は夫に、夫も妻に、子どもは親に、親だって子どもに、部下は上司に、上司だって部下に、彼女は彼に、彼も彼女に、大切な人にはわかってほしい。しかし、残念なことに、強く強くわかってほしいのに、わかってもらえないことはよーくある。わかってもらえない時、私たちは、仕方がないと自分を納得させたり、何でわかってくれないんだ!普通わかるだろ!と相手に腹をたてる。納得させて落ち着かせるのは賢い選択であるし、腹が立つのも当然な反応。これで、自分自身が腹の底から納得し、怒りを感じてスッキリすれば、何の問題もないのだが、なんだかモヤモヤしたものが、いつまで経っても消えないことや苛立ちが消えていかない時は困ったもの。更になんだか元気が減っているのであれば、何とかしないと、ちょっとあなたが気の毒だ。あなたは、ただ、あなたの大切な人に、思いや気持ちをわかってほしいだけ。これは、とても自然な当たり前の望み。もし、相手がわかってくれなくても、あなたには、あなたがどれだけ、その思いや気持ちがあるのかはわかるはず。それは、あなたの思いや気持ちだから。大切なあなたの思いや気持ちを誰がわからなくても、あなたは理解し、丁寧にあつかってもらえたら.....。どうだろう。わかってもらいたい、この想いをあなたの中で、ゆーっくり反芻し、ゆーっくり息を吐き、身体の力を抜き、あなたの頭と心で大事にしてみよう。わかってほしいもんね。それでいいんだよ。

      31
      テーマ:
  • 02Sep
    • 自分に向き合わない(正直でない)ことは命を大事にしないことだなぁ

      自分の正直な気持ちを受け入れることは、人によってはずいぶん難しいらしい。もちろん、自分自身のそういう部分もわかるのだけれど。しかし、人生は長いようで短い。この間まで20代だった私が41歳なのだから、本当に生きていたら時が過ぎるのは早い。そして、いつ死ぬのかわからない。私はたぶん85歳ぐらいは生きてるだろうと、何の根拠もなく思うのだけれど、そんなの、全くわからない。明日、いや今日、事故にあったり、事件に巻き込まれて死んでも何も不思議はない。(たぶん死なないけどね)そう考えると、自分の気持ちや思いを誤魔化したり、気がつかないでいるなんて、そんな無駄な時間を過ごすことが何より恐ろしい。私たちは、自分に都合のわるいことは、上手にわからないようにする機能が備わっている。その都合のわるいことは、実は、結構、どうでもいいようなことが多く、せっかく生まれてきて、今こうして生きていること、そして、もうこの人生は二度とないことを思えば、うん、やっぱり、どうでもいいような都合のわるさであることがほとんどのようだ。正直にいこう。短いよー。生きる時間は。

      25
      テーマ:
  • 16Aug
    • 自分らしく生きたい

      「自分らしく生きたい」と言われる方は最近多いように思います。なので、自分らしく生きるための最も大切なポイントを自分らしく生きるには、自分の「キライ」がわかっていて、キライなことやものや人をキライだ!とわかってること、自分の「イヤ」だと感じる気持ちを理解し、それを許せること、「怒る」ことができること!これが、とっーても重要です!さっぱり、どう関係があるのかわかんない?方もいらっしゃるかもしれません。でもね、本当に本当にここが必須課題です。そして、たぶん、自分らしく・・・を目指すみなさんは、これらが苦手なのでは?と思います。そして、ちょっと、注意すべきことは、キライとは思いながらも、「それはあんまりよくない」「好きな人ばかりだったらいいのにぃ」「だってあの人があんなこと言うから」などなど、キライなんだけど、キラっちゃいけない系の思いが微妙にわくのは、自分のキライが本当にはわからないのだなと、私たちインナーチェンジングセラピーのカウンセラーは考えます。自分らしく生きるって、自分の好きなことや自分に合うことなんかを理性と感性で理解し感じているのでしょう。あなたのキライやイヤがわからなかったり、キライやイヤと思ってもそう感じることを心から許せてなかったら、あなたの好きや合うこともわからないのです。だって、好きと嫌い、快と不快の両方ともあなたの感覚だもん。キライやイヤがはっきりしないのは、好きも快もぼやけちゃう。そして、「怒ること」もとーっても不可欠なんだけど、怒ることって、人を怒ることだと、暴力なんかと結びつけられちゃって、それこそ嫌われてる。私たちにとって必要な「怒る」ことは、自分のキライやイヤがよくわかり、それを否定せずに、よく理解することです。「もうっー!」「んっ!」「理不尽だ」「納得いかない」「おかしいっ!」要はこんなことです。「キライ」や「イヤ」や「怒る」ことはイメージがネガティヴでしょう。でもね、私たち人には動物には、これらは必ず感じる感情です。そう感じないことのほうがちょっと心配なことなのよ。身体によくないし、これらを無くすことは不自然なこと。だから、これらは悪いことでもなんでもない。誰が悪いって教えたのかなー。悪いどころか、とーっても大事なことなんだ。あなたがあなたらしく生きるため、どうぞ、あなたの「キライ」「イヤ」を大切に大切に最後に、大事なことをもう一つ。嫌ったからって、ずっと嫌いにはなれないよ。嫌いは感情だから、ストレートに迷いなく理解し感じたら、なくなっちゃうからね。イヤも怒りも同じ。なくなっちゃうの。安心して、嫌おう!イヤがろう!怒ろう!

      15
      テーマ:
  • 05Aug
    • 自分のことは自分で助けられるのだよ

      自分を理解するのは、自分でいい。自分を許すのは、自分でいい。自分を助けるのも、自分を癒すのも、自分でいい。実は、自分がいい。一番の味方は自分なのだ。これは、すごく当たり前のことだけど、私たちは当たり前のことを知らない。私の一番の味方は私。あなたの一番の味方はあなた。

      15
      テーマ:
  • 24Jul
    • 仕事はやりやすいことを選ぶべし

      好きなことを仕事に!と、少し前からよく見聞きするけれど、好きなことでゴハン食べるようになるのって、簡単なことではなく、なかなか難しいことの一つだと私は思っておりまする。例えば、私はマンガを読むことが大好きだけど、私がマンガを読んでもお金はもらえなくて、一日中、何日も、マンガ読んだり、本読んだりして、私は楽しく幸せに過ごせると思うけど、それはお金を使うことしかなく、お金は生まれないわけで。他にも、私はヴァイオリンとベリーダンスが大好きで、インスタとかネットの動画とか、ヴァイオリンとベリーダンスばっかりみて、練習したりそこそこするけれど、これでお金をもらえるわけがない。(今のところは)教えてくれる人に私がお金を払うし、みたりきいたりしてくれるなら、ありがたい限りで、お金をもらうなんて、くれるならもらうけど、笑、とても、もらえるものではない。確かに、興味を持って学んだ心理カウンセリングで私はゴハンを食べてるけど、それは、私が仕事にできる土台を倉成先生(私の先生)が作ってくれたからで、そういう土台(お金をもらえるぐらいの技術や姿勢や商品)がないと、好きで学んでも、かなり秀でた才能とかないと、たぶん難しいと思います。私は何が言いたいかと言うと、好きなことはやるべきことをやるパワーをくれるもので、やるべきことは生きるための方法で、生きるための方法は、自分がなるべくやりやすいことを選ぶとよいのでは?と思うのです。やるべきこととは、だいたい仕事ですが、主婦の人は家事がお仕事だから、家事をする主婦(夫)の方、子育て中の方もお仕事ととらえ、私たちは死ぬまでは生きなきゃいけないので(ここで生きることや死ぬことについては割愛)そのためには、ゴハン食べたり生活する必要があり、そのために少々お金が必要で、仕事しないといけないから、どうせするなら、やりやすいことがよいと思うのです。やりにくいことを長時間するのは、あまりに過酷だから。(短時間しか働かなきゃいいとか少数派の仕事の仕方についてもここでは割愛)しかし、やりやすいかどうかは、そこそこやってみないとわからず、キライなことだと思っていたことが無理してやってみたら、かなり上手だったということはたくさんの人が経験したことがあることで、私も人前で話す仕事だけはしないと決めていたのに、やらざるを得ない状況で、やってみたら楽しくて今に至るのです。もっと過去からみてみると、20歳からお仕事して、それより前の16歳で初めてアルバイトで働いた時から愛想はちっちゃい頃からよかったので、接客業からスタートし(やりやすいこと)、ここからの流れで今があります。(ここの詳しい話しはまたの機会に)ちなみに、小さい頃からお家のお手伝いをほとんどしていないし、家事は経験が浅く、お料理は全くの素人で、主婦の才能は今のところ全人口の中で下位に入る自信があるので、この仕事は選びません。ただ、今のところです。笑。(夢はお菓子でも何でもバンバン作れる女性ですから)と、もろもろ仕事について自分と、身近な人のお仕事について考えてみると、まずは、やりやすいことから初めて、そこでの経験をもとに次を考える。今日、ちょうど、こんなお話しをお昼間にいたしました。なるべく気持ちよく生きたいよねー(╹◡╹)先日、沖縄でお休みしてきました!キレイなお写真をいくつか。

      14
      2
      テーマ:
  • 21Jun
    • 歳をとることはよくないこと? シミ、シワ、加齢

      だんだん歳を重ねると、若い頃とは違ってお肌や身体に変化がでてきます。久しぶりのお友達に会ったりすると、「もう、ダメよ、シワやシミがすごくて」「毛穴が開くよねー」「鏡見るのがイヤになる」とこんな会話で始まることもしばしば。もちろん、私も本当にそう思います。ここ数年、写真もキライだし、ガラスや鏡にうつった自分に、ハッと、恐怖を感じてきました。(若いって、一回でそれなりの写真が撮れるということ! ← 私の持論です)そんなことを繰り返していると、お肌の加齢に加え、表情まで曇ってきます。口角が下がり、眉間にシワなど寄せて、、、。7年ぐらいこんなことを何度も何度もガッガリしたり、不安になったり、ふてくされたりして感じてきました。しかし、つい、最近、ハッと、天からの救いのような感覚が心の奥底からジワジワとわきあがってきました。私のシミ、シワ、毛穴の開き、弛んだ諸々へ「このシミはフィジーに行った時に、明らかに増えたもんねー。フィジーでの体験は私の人生に必要不可欠で、あれをなくしては今の私は今とは違う。このシミはフィジーと共にだな」「そう思うと、若い時にはなれない、時を重ねた私がこの私、若い時はあの時のよさ、今の私は今しか出せない今のよさなんだ」また、「歳取るから、足腰を鍛えておかないとマズイな。よし、歩いて移動しよう」この少し前から「歳取るから本当に何か定期的に運動しないとヤバイなぁ」と思って、いろいろ探し、大好きで大好きになったベリーダンスと出会えました。そして、ちょいと動けば、少しずつ体は今でも成長してくれますそんなこんなで、やっぱり、年齢を重ねるって素晴らしいこと、若い時より丁寧に自分と付き合い、経験値があがり、知っていることが増え、大らかに優しくなれる。こんな気持ちになってしまうと、あー、つまらないことに、かなり惑わされてきたなーなんて思っています。しかし、こんな気持ちになれるって、私には予想外、想定外です。頭では、人間は中身だと思っていても、歳を取ることは当たり前のことで、受け入れてそれを楽しむこととわかっていても、気持ちがついて来なかった。だって、世の中は、まるで若いほうが老いより価値があるように言っているでしょう?外見重視の言葉や映像って街にネットの世界にあふれているでしょう。でもね、本当に大切なことって、若さや外見なのかなー。もちろん、若いよさ、外見の美しさは価値あることです。私は若い子、キレイな人、大好きです。ただ、そこに囚われて自分を苦しめたり、振り回されたり、無視や敵対して、影響を受けすぎては、私たちの貴重な生きてる時間がもったいないかなーと。私は、ずいぶんともったいなかったなとも思うし、同時に、そのもったいない時間を十分に味わったので、それを卒業できたのかなと、今、思っています。やっぱり、生きてるって素晴らしい!

      15
      テーマ:
  • 26May
    • 人生に喜びと辛さは両方あって当然。それが人生。

      5/10からサンフランシスコへ行きまして、5/14から研修を4日間受けて帰ってきました。研修をしてくださったのは、John McNeel先生私たちグループの神的存在な大先生m(_ _)m以前お会いした時は、ご挨拶ぐらいだったのですが、今回4日間とホームパーティーとどっぷりご一緒させて頂きまして、深い深い学びと、大きな大きな愛と、キラキラ輝く夢と希望、たくさんの最も大切なものを頂いてきました。これを日々のお仕事や日常を通じて、関わるみなさまへお渡ししたいと思います。身体の中に染み込んだ学びの一つに、「人生には喜びと辛さは両方あるのだ」ということ、言葉にすれば簡単だけど、私は、嬉しいことや楽しいことのほうを重視していたし、こっちが多いほうが断然よいと思ってきました。もちろん、わるいとかそういうことではないけれど、辛さはないほうがいいとか、イヤだーと、避けたいと、辛いことは、より辛く感じたり、辛さをそのまま受け止めることをせず、微妙にそこからの学びが得られないのだな、乗り越えることもちょいと下手になるのだなということがわかりました。辛さも人生の一部だと心底受け止められると、辛い経験が自分の人生をどれだけ彩ってくれているのか、辛い経験が多くのことを教えてくれていることがよくわかり、最近一番の辛かった出来事が私の中で、ずいぶんとまろやかになり、思い出した時に穏やかに思い出せるようになりました。もちろん、このように、辛さがまろやかになるには、感情が消化されていくことが必須でしょう。ただ、人生に喜びと辛さは両方あって当然、これぞ、人生と、生きることが少し上手になった気分でおります。うひひ。人生はなかなか素晴らしい。

      16
      テーマ:
  • 25Apr
    • かけがえのない唯一無二の一人ひとりの人生

      昨日から東京に来ていて、東京トレーニングのメンバーさんとお勉強を始めたきっかけ(受講動機)、学ばれてどうだったか(役に立っているのか?)、今後のこと(目標や具体的な動き)などをおうかがいして、そのお話しをもとに、今後について(具体的に何をしていこう)を私から提案させてもらったり、一緒に考えたりしました。福岡では、よくやっているんだけど、やっぱり、九州の方も関東の方も上信越の方もどの方々もステキ。お一人おひとりの大切なかけがえのない人生が輝いていいる。この輝きは、人から良いとかわるいとか、評価されたり品定めされるものでは決してなく、世の常識に評価されるようなものでもなく、唯一無二のひとつの人生。そんなお話しをおうかがいしながら、私にお昼ごはんを食べさせてくれるところを探して歩いてると、私にベストなお店に出逢え、大満足のお昼ごはん。「具沢山お味噌汁と玄米ごはん」もうっ、めっちゃくちゃ有り難くて、なんか、涙がでた。みんなに優しくしてもらった気分。ありがとうー帰りまーす

      15
      テーマ:
  • 25Mar
    • 自分をほめよう、認めようというけれど、それがとっても難しい

      自分をほめること、認めることが大事というけど、(私も書いてるし言ってるけど)そもそも、そんなことできたら、多くの人は苦しんでなんかいないわけです。自分をほめれたり、認められたらいいのだけど、それができないとしたら、なぜなのだろうと考えてみます。ここでポイントが一つ、「できない」を「しない」という視点で考えてみます。なぜ、「しない」の視点にするかと言うと、私たちは、意識はしていなくても、無意識に自分の思っているとおりに行動しているからです。自分の中にある、意識してはいないけど、根底にある考えをもとに動いているので、「自分をほめれない」のは、「ほめない」だし、「認められない」のは、「認めない」なんですね。では、なぜ、ほめないのか、認めないのか?です。きっと「ほめてはいけない理由がある」のだろうも考えます。自分を認めるということについて、あなたは、「そんなこと自分ですることではない、評価は人がするものだ」と習ったかもしれないし、「ほめたら調子に乗るから」とか、「誰だって一生懸命頑張ってるんだから、そんなことぐらいで」ということかもしれません。要は、ほめない、認めない理由があるのです。そして、こういった理由は、最近になってこう価値付けしたものではなく、子どものときから、思ってきたことではないでしょうか。もしかしたら、あなたの身近な大人たちも、こんなふうに思っていて、あなたはそれを見聞きしてきたのかもしれません。まずは、少し、こういった、あなたの考えについて振り返ってみられてはいかがでしょうか。あなたのことを一番理解できるのはあなたです。その理解は必ずあなたを助けてくれますからね。

      21
      2
      テーマ:
  • 26Feb
    • 続 人に左右されずに落ち着いて自分らしく生きるために必要なこと

      人に左右されずに落ち着いて自分らしく生きるために必要なことの続きで、その方法を。前回、自分で自分を肯定する力、認める力、「基本的自尊感情」なるものの存在に触れました。この力は、自分で決めること、その決めたことの責任を取ることによって養われていくのです。自分を肯定することが苦手な方には、これは、ちょっとドキっとするかもしれません。緊張感ありますね。しかし、実は、そんなに難しくないので大丈夫です。その第一歩は、毎日、私たちが生活して仕事して生きている中で、何か決めたこと、やったことを、一つ、「あ、私は自分で●●をした」「私は◾︎◾︎と決めた」と意識してみてください。自分が選んだ、自分が行動したのだと。例えば、「私がこの人と付き合うと決めた」「私がこの人と今も一緒にいることを選んでいる」「私がもう付き合わないと決めた」「私が自分で仕事を探してこの会社に連絡をした」「私は今の職場にいることを選んでいる」もっと小さなことを言うと、「ランチをここにすると私が決めた」「●さんと会うことを私は選んだ」「今日の晩御飯はこれにすることを決めた」「今日は早く寝ると決めた」こんなふうに。自分がしたこと、選んだことを意識することで、私たちは自分の中に、すこーし自分の力を感じます。この、すこーしの積み重ねが、ドッシリとした基本的自尊感情に繋がっていくのです。自分で決めたことを意識することが難しい場合は(決めたことが間違ってた、正しいかわからないなどの思いがわく。その他)間違いや正か負かへのこだわりをまずは緩めることが必要なので、また、それは後日。ぜひ、あなたの選んだこと、決めたこと、やったことへ意識を向けてみてください。あなたには力があります。人に左右されず落ち着いていられる力があなたの中にあります。もし、今、それを認識できなくても、もともとはあるのです。あなたが自分で決めたこと、あなたが自分でやったことに目を向けて、それを誰よりもあなたと一緒にいるあなたが認めて、肯定していきましょう。私も練習中。少しずつ、やっていきましょう

      18
      5
      テーマ:
  • 17Feb
    • 人に左右されず落ち着いて自分らしく生きるために必要なこと

      私たち人は、人からの評価をもらうために行動しているところがたくさんある。ほめられるため、よく思われるため、怒られないため、嫌われないため。書いていてなんだか、ちょっと悲しくなる。人からの評価を意識して、そのために行動していると、自分の自尊感情は人からの評価がないと高まらなくなる。そうなると、自分ではどうでしようもなくなってしまう。人がほめてくれないと、認めてくれないと、不安定でイライラしたり、落ち込んでいく、居ても立っても居られないか、そういうことを避けて、人を避けて生きるか。実は、人からの評価で高められるのは「社会的自尊感情」で、自分自身が自分を認め、自分で判断し、その判断に責任を持つ力の源ともいえる「基本的自尊感情」なるものは、人からの評価とは無縁なのだ。「人からの評価とは無縁」なんと希望に満ちた神々しい響き。(私にはそんな感じ)この期待値満点の「基本的自尊感情」を自分で高める方法がある。次回、その方法を。一日分の野菜カレーのお写真。関係ないけどキレイだったので。(ちょっと食べちゃった後でごめんなさい)

      12
      4
      テーマ:

プロフィール

心理カウンセラー メンタルコーチ Komatsu Chie

誕生日:
1975年10月28日
自己紹介:
ブログにきてくださってありがとうございます。 心理カウンセラー メンタルコーチをしています 小松千...

続きを見る >

フォロー