もう3年にもなると、

日々発表される人数にも驚かなくなり

聴き慣れた感もあります。

 

しかし、いざ身近な人がコロナ陽性になると、

感じる側面がだいぶ違うものです。

 


 

 その時は突然やってくる

 

母が発熱して、コロちゃん陽性になりました。

 

ちょっと大切な用事を控えていた直前だったので

「なんでこうなるの〜!!」と

思ってしまいましたよ。

きっと、昔々の私だったら

やるせない気持ちで怒り出していた事でしょう。

でもね、仕方がないのです。

 

誰も悪くないのですから。

 

 

突然やってきたアクシデントに

どう対応するか。それが第一であり、

我が家ではお客様をお招きするイベントを

翌日に控えていたので、

事実を迅速にお伝えしてお詫びの連絡を入れることが

最優先事項となりました。

 

本当にこういうことは突然やってきますね。

 


 

 スマホで簡単!の幻想

 

コロちゃんに関して、まだまだ色々な報告を

管轄の保健所などにしなければいけません。

3年前とは違い、それを簡単に連絡できる

スマホアプリも開発されました。

 

でもね、実際それを目の当たりにした時、

本当に簡単なのだろうか?

と疑問に思ってしまいました。

 

近年はシルバー世代もだいぶ

スマホ率が高くなったとはいえ、

スマホから登録。PCからの登録。は

後期高齢者にとってはハードルがかなり高いです。

 

 

陽性になった母、濃厚接触者となった父。

まさに後期高齢者夫婦。

私はLINEのビデオ通話を利用して

色々と、必要な手順のサポートをするのですが、

なかなか前に進まない。

 

 

両親の手元には療養に関する

「登録の仕方は簡単です!」をアピールした

案内用紙があるのに、なぜこんなに

前に進まないのだろう?と私も少々イライラし始めた頃

ハタと気がついたことがありました。

それは・・・

 


 

 

 やり方ではなく、捉え方がわからないのだ!

 

案内通りにすれば通りにすれば

登録は出来るのです。

つまりやり方(方法)は分かるのです。

 

でもね、

キャリアメールなのか

フリーメールなのか、

ID、パスワード、パスコード

SMSで送られてくるコードナンバー、

認識番号、承認番号、

これらが何と紐ついているのか。

 

そういうWEB上の言葉や

捉え方がわからないのです。

だから質問したくても

どう質問していいかわからないのです。

 

きっとシルバー世代以上って

こういう方が多いのではないでしょうか?

 

実際、保険会社への手続きなども、

WEB登録で済んだ陽性認定書を

スクショした画像で手続きすることを

奨励しているそうですが、

保険関連の友人の話だと、

70代以上の方のほとんどが

結局書類手続きをすることになるそうです。

 


 

 「捉え方を理解してもらう。」が課題

 

私自身もときどき思います。

やり方(方法)よりも

捉え方をどう説明したらいいのだろう?

 

これは今回のような場合だけではなく

全てのことに言えるかもしれませんね。

説明書通りにやっているのに

何度もエラーが出る時は、捉え方が違うのでは?

そう考え直すと、すんなり出来たりするのです。

ただ捉え方って、焦れば焦るほど

その見方ができなくなる。

 

お恥ずかしいことに私と両親のビデオ通話を

横から見ていた夫が、

「ちょっとこうしたら?」

と手を貸してくれたところ、あっという間に

問題が解決してしまいました。

 

私もイライラして相当アタマが

カチカチになってましたね💦

 


 

 こういうことがあると気づく

 

ともあれ身近な人、特に家族の中で

こういうことがあると、

普段はそんなに気にかけていなくても

お互いの大切さに気づかされます。

 

今、何が大切で、何がそうではないのか、

些細なことでも大事につながることがある。

今、何をやる時なのか、

「大切」を基準にした選択をしたい!

思うのです。

 


 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

 

お陰様で満席となりました。

手作り味噌教室は11月も開催いたします。

いち早く次回情報をご希望の方はアトリエ陶喜の

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

・2022年10月1日(土)🈵

​・①午前の部/11時〜🈵

・②午後の部/13時30分〜🈵

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(満席

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

陶芸教室ですが、

陶芸以外の色々なことを

誰かと一緒に楽しめる。

 

そんな場所になったらイイなぁ。

そんな思いで始めた一つ一つのイベント。

今回も開催する日が楽しみなのです。

 

それは

陶芸教室で教室で作る

手作り味噌の講座です。


 

 


 

私の陶芸教室では特別講座として
手作り味噌教室を開催しています。

今回で3回目の開催となるこの講座、

お陰様で今回も満席となりました。

 

ありがたいですね〜。

 

(写真は前回の講座の様子)

 


 

 なぜ陶芸以外のイベントをするの?


最初の発想は陶芸教室の親睦会です。

コロナ前、アトリエの親睦会といえば
忘年会や夏のBBQなどの宴会でした。
正直言って、それが普通だと思っていました。
でもね、withコロナの生活が始まり
その間に私自身の価値観も変化していきました。

オンラインで色々なことを学び、
大人になってからの学びの楽しさを知ったのです。

「日常を豊かにするコトを、私も大切な人たちと
一緒に学びシェアする。そういう親睦の仕方も
あっていいのではないだろうか?」

そう思ったのがキッカケでした。

 

 


更に、

どうせなら私自身がやってみたいことで
陶芸にも関連できるものがいい!


そういった動機なのです。
 

初めて開催したのは春でした。⬇️

 


 

 味噌を通して輪が広がる


今回3回目となる手作り味噌教室。
1回目の講座に参加してくださった方は

もうすでに自作のお味噌が食卓にあがっている様子。

その美味しさを実感してくれた方が

再びご参加くださったり。

嬉しですよね〜。

 

そして、何を隠そう

私自信がお味噌が無くなると寂しくて

すっかり手作り味噌にハマっている一人です。

 

 


 
 

 陶芸教室ですが・・・

 

陶芸教室ですが、

陶芸以外の色々なことを

誰かと一緒に楽しめる。

そんな場所になったらイイなぁ。

 
文頭にも書きましたが
これが私のアトリエ陶喜・陶芸教室の
コンセプトの一つです。
更に楽しいだけでなくて、
楽しくて心身ともに健康になったら
とてもいい!第一私がそうなりたい。
 
私自信が陶芸を通して
たくさんの気づきを得ることができたので、
実質陶芸でモノ作りができることも大切ですけど、
陶芸を通して日常を整える場所。
そんなアトリエになったらいいと思っています。
 
image

 

今回の10月の回は

満席になってしまいましたが、

また次回の開催も名畑先生と相談中です。

 

これからの味噌は寒仕込みのシーズン。

熟成に少し時間がかかってきます。

10月、11月に仕込んだ味噌はお正月以降、

お味噌汁でいただけますよ!

 


 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

 

お陰様で満席となりました。

手作り味噌教室は11月も開催いたします。

いち早く次回情報をご希望の方はアトリエ陶喜の

お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

・2022年10月1日(土)🈵

​・①午前の部/11時〜🈵

・②午後の部/13時30分〜🈵

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(満席

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

10月15日(土)〜10月23日(日)

私の企画で2つの作品展を開催します。

 

展覧会の企画は3年前に原案が練られてました。

しかし、コロナ禍でずっと延期を重ねてきました。

この展覧会の企画制作のストーリーを

先週からプロローグとして書いています。

前回はメインになる作品展への思いを綴りました。

 

 

メインの展覧会はこちら▼

◉布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

 

 

今回は、同時開催する

もう一つの作品展の企画ストーリーを

綴っていきます。

 


 

 小さな秋の宝物たち

 

同時開催するグループ展

DMの下部の小窓にあります。

5人の作家が手がけた可愛い作品たちです。

 

 

◉秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

・佐藤梨代(アクセサリー)

・和田彩子(ビーズブローチ)

・宮好子 (オリエンタル雑貨)

・山村典子(日本画・つまみ細工)

・辻本喜代美(陶人形と陶のブローチ)

 


 

 ヒントは、アノ童謡

 

本来の「秘密の花園」という作品は

両親を亡くした一人の少女が、

引き取られた親戚の家の近所で見つけた

閉ざされた秘密の庭。

そこで出会った動物と会話できる少年と

孤独を感じて生きる少年。

この二人に出会い、自己を見つけていく話。

 

そして秋といえばアノ童謡。

「小さい秋、見つけた」

 

この2つがリンクして

ちょっと欲張りだけれどメインのお二人の作品の中に

5人の作家の小さな素敵なオシャレアイテムを

楚々と展示してお客様には宝探しの様に

アートな空間を味わってもらえたら

楽しいいだろうな。

 

そう思ったのがきっかけでした。

要するに、

私が一番その様子を見たくて

味わいたかったのです。

 


 

そんな観点で、私が見たい!紹介したい!

そして何より

秘密の花園の宝物として

ふさわしいイメージの作品を

作ってくださる方ばかりを

今回、私のアトリエのとなり

庭続きにあるピアノサロン陶水花で

ご紹介いたします。

 

ぜひたくさんの皆さんに

素敵な作品たちを見にきていただきたいです。

 


 

改めまして、作品展の詳細は下記と、私のサイトにて。

 

◉布地の花に魅せられた二人の【The Secret Garden 】展

◉秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

 

この展覧会へのエピソードは第3話続きます。

次回は、こういった展覧会のスタイル自体について

お話しいたしますね。

 
(こちらは春の展覧会の様子。この空間で秋はどんな展示になるでしょう?)
image
 
◆10月15日(土)〜10月23日(日)
◆12時〜18時/木曜定休
◆ピアノサロン陶水花(東京都立川市錦町5−1ー13)
◆企画(アトリエ陶喜・辻本喜代美)
 
展覧会の詳細はこちら

 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

 

・2022年10月1日(土)

​・①午前の部/11時〜🈵

・②午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席4

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

あ、そういえば

先週が命日だったのよね。

 

今まで忘れたことはなかったのに。

私の愛犬の9回目(実質8年目)の命日。

 


 

 本当の意味で手放せた

 

お彼岸入りになりましたね。

今朝は急に秋風で涼しい朝でした。

 

1日のことを振り返るながら

ブログを書いていて、

ふと思い出したのです。

 

愛犬の命日。

今まで忘れることはなかったのに。

やはり私にとって本当の意味で

過去となったのでしょう。

完全に手放せたということでしょうね。

 

それは今年、8年越しにしてやっと

散骨で御弔いが出来たからだと思います。

 

(添付したブログは

ワンコの海洋葬による散骨供養の記事です。

必要な方の参考になれば嬉しいです。)

 

 


 

 ペットロスを緩和する

 

ここからは、私の体感的なものです。

 

私は愛犬が亡くなってから8年間

遺骨をそばに置いておきました。

手放す気になれなかったからです。

 

スピリチュアル的にどうかといえば

ある著名なスピリチュアルな方は、

「愛されたペットならそばに置いても大丈夫」と言い、

別の著名なスピリチュアルな方は

「弔って埋葬してあげた方がペットにもご家族にも良い」

と言われていました。

 

結局、それらは全て

残された者のメンタルのケアに

どう影響があるかで考え、

選択することが一番重要なのだろうと、

今の私は思っています。

 

どちらの意見も私にとっては適切で、

お陰で急激なペットロスになる事がなく、

8年かかりましたが自然にお弔いへの心も

持つ事ができました。

つまりいい感じで時の流れとともに

ペットロスを緩和していったのでしょう。

 

もちろん、看取った当初は

悲しむだけ悲しみましたけどね。

 


 

 決めると、そうなる

 

今年は急に引っ越しがあり、

それをきっかけに愛犬の遺骨をどうするか

自問自答する機会を得ました。

その時に、心に決めたんですよね、私。

「今年の命日までにお弔いをしよう」と。

 

決めるとそうなりますね。

きっと成仏してるだろうな〜。って

なんとなく思うのですよ。

 

その根拠は?

特にないですけど愛犬を海洋散骨に送り出してすぐ、

親しくさせていただいているご近所さんのところに

同じ犬種のワンコが来たから。

 

 

そんな風に感じたのです。

 

秋の日のお彼岸入りに思った事でした。

 


 

 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

 展覧会のお知らせ ▶︎ 10月15日(土)〜10月23(日)     

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

佐藤梨代(アクセサリー)・和田彩子(ビーズブローチ)

宮好子 (オリエンタル雑貨)・山村典子(日本画・つまみ細工)

辻本喜代美(陶人形)

 

ローラアシュレイとリバティプリント。

ロンドンで生まれた伝統ある生地の花に魅せられた二人。

一方はパッチワークキルト、もう一方はMen'sシャツ

二人のコラボレーションからなる秋の秘密の花園の世界をイメージして

企画した展覧会です。また同じ会場に、5名のアーティストが

小さな秋の宝物を称して手のひらに乗るサイズの作品を

秋の花園の中に散りばめました。

ぜひ深まる秋の宝探しを花園で楽しんで下さい。

(会場・サロン陶水花:東京都立川市/12時〜18時/木曜定休)

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

・2022年10月1日(土)

​・午前の部/11時〜🈵

・午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席3

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

時間は有限だから、

何か新しいことを始めるならば、

何かをやめないと時間は生み出せません。
何をやめるか。
それも重要な選択です。

 

これはマーケティングコンサルタントの

藤村正宏先生のブログの一節です。

 

リンクされたブログの様に

この秋の時期に時間の有限さを意識することは

とても有効だと思います。

それは何故でしょうか。

 


 

 秋分の時期はどんな時期なのか?

 

秋分の日を前にして

最近よく見聞きする言葉があります。

それは

「もう次の自分の展開に不要なものを

この時期にリストアップして

秋分の前に手放しておきましょう。」

という言葉。

 

そしてもう一つ、

「10月というのは翌年の縮図を感じる月だから

10月に自分の身に起きたこと、

10月に行動したこと、

10月に感じた感覚、

10月に実現したこと、

それらをしっかり覚えておくと良い。」

 

という話です。

 

image

 

言われてみれば農業も10月は秋の収穫。

何が採れたか収穫量の統計を確認をして

翌年の作付け計画をする。

 

つまり今年の収穫は

前年の今頃の計画の結果なのです。

 


 

 自分の新しい計画を邪魔するもの

 

次の展開はこんなことをしてみたい。

 

誰もがそんなことを意識する時。

しかしそれを邪魔する

もう一つの意識があります。

それが「どうせ・・・無理。」という

自分の望みとは相反する気持ち。

これがあると、思考が停止して

前に進めなくなります。

 

でも、時間は一緒に止まってくれません。

確実に過ぎていき、なおかつ人間にとって

時間は100%有限なのです。

 


 

時間は有限だから、

何か新しいことを始めるならば、

何かをやめないと時間は生み出せません。
何をやめるか。
それも重要な選択です。

 

何をやめるか・・・

それなら「どうせ・・無理」をやめませんか。

 


 

 「どうせ・・・」のブロックを外す。

 

ここからはちょっとお知らせも兼ねて。

私の大好きな藤村正宏先生が9月24日(土)

オンラインでこんなセミナーをします。

(アーカイヴ視聴付き)

 

 

 

「どうせブロック」を外す。

それは有限な時間を大切に過ごす自分でいること。

そして自分の可能性を信じて生きること。

 

ビジネスに対してのお話ですが

人生の捉え方としても当てはまりますよね。

アーカイヴ視聴付きで楽しめます。

 

ピン!ときたら、

参加してみてね!


 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

 展覧会のお知らせ ▶︎ 10月15日(土)〜10月23(日)     

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

佐藤梨代(アクセサリー)・和田彩子(ビーズブローチ)

宮好子 (オリエンタル雑貨)・山村典子(日本画・つまみ細工)

辻本喜代美(陶人形)

 

ローラアシュレイとリバティプリント。

ロンドンで生まれた伝統ある生地の花に魅せられた二人。

一方はパッチワークキルト、もう一方はMen'sシャツ

二人のコラボレーションからなる秋の秘密の花園の世界をイメージして

企画した展覧会です。また同じ会場に、5名のアーティストが

小さな秋の宝物を称して手のひらに乗るサイズの作品を

秋の花園の中に散りばめました。

ぜひ深まる秋の宝探しを花園で楽しんで下さい。

(会場・サロン陶水花:東京都立川市/12時〜18時/木曜定休)

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

・2022年10月1日(土)

​・午前の部/11時〜🈵

・午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席3

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

その手で見て作った作品たちは

とても見事な仕上がりで

秋の味覚をのせるにふさわしい

お皿が出来上がりました。

 


 

 手で見て作った作品たち

 

 

昨年に引き続きこの夏、学習会と称して

私のアトリエで陶芸体験の講座をご受講された

東京盲ろう者友の会の4名の利用者さん。

彼らの作品が焼き上がり窯から出てきました。

 

視覚障害や聴覚障害をお持ちの彼らですが、

それを全く感じない明るさとユーモアと

熱意を持って作られた作品は

今回もステキなカタチとして窯出しされたのです。

 

 

 
以下、作品の画像ですが
いかがでしょう。
ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 


 

 躊躇せず積極的に取り組む

 

友の会のスタッフさんと打ち合わせをして、

カリキュラムは前回に続き皿にしました。

そして、視覚聴覚にハンディをお持ちの皆さんが

楽しんでくださる様に手指の感覚で模様を感じ取れる

押し型スタイルの模様を採用したカリキュラム。

 

しかし葉っぱなどモチーフの配置は

全てご自身でトライしていただきました。

 

まるで手に目がついている様に、

悩みながらも躊躇せずどんどん制作にトライする姿が

とても感動的だったことを思い出します。

 

image

 

彼らは確実に

「出来ない」よりも「出来る」にフォーカスして

その陶芸体験の時間を存分に楽しんでくれました。

 


 

 「どうせなら・・・」

 

ハンディがある状況になった時、

どうしても私たちは「どうせ・・・」と、

物事をマイナスの側面で考えてしまいがちです。

 

もしかしたら彼らも最初は

そうだったかもしれません。

しかし、土にふれ作陶する姿は

「どうせ作るなら!」と

貪欲に、丁寧に、自分が気にいる作品を作ろう!

と、「どうせ・・」を積極的に解釈して

作陶する思いがひしひし伝わってきました。

 

完成した作品を梱包しながら

お一人ずつのお顔と姿が浮かんできます。

お手元に届いた作品、喜んでくださるといいな。

 


 

 「どうせ・・・」のブロックを外す。

 

ここからはちょっとお知らせも兼ねて。

私の大好きな藤村正宏先生が9月24日(土)

オンラインでこんなセミナーをします。

(アーカイヴ視聴付き)

 

 

 

「どうせブロック」を外す。

それは「出来ない」よりも「出来る」にフォーカスすること。

 

ビジネスに対してのお話ですが

人生の捉え方としても当てはまりますよね。

アーカイヴ視聴付きで楽しめます。

 

ピン!ときたら、

参加してみてね!

 


 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

 展覧会のお知らせ ▶︎ 10月15日(土)〜10月23(日)     

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

佐藤梨代(アクセサリー)・和田彩子(ビーズブローチ)

宮好子 (オリエンタル雑貨)・山村典子(日本画・つまみ細工)

辻本喜代美(陶人形)

 

ローラアシュレイとリバティプリント。

ロンドンで生まれた伝統ある生地の花に魅せられた二人。

一方はパッチワークキルト、もう一方はMen'sシャツ

二人のコラボレーションからなる秋の秘密の花園の世界をイメージして

企画した展覧会です。また同じ会場に、5名のアーティストが

小さな秋の宝物を称して手のひらに乗るサイズの作品を

秋の花園の中に散りばめました。

ぜひ深まる秋の宝探しを花園で楽しんで下さい。

(会場・サロン陶水花:東京都立川市/12時〜18時/木曜定休)

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

・2022年10月1日(土)

​・午前の部/11時〜🈵

・午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席3

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

ほぼテレビを見ない私ですが、

日曜日の朝、

お気に入りのTV番組があります。

 

「ボクらの時代」

 

様々なジャンルで活躍する方々が3人集い

トークをする30分番組。

この番組からハッと気付くものが多いのは、

やはり各ジャンルのトップランナーが

飾らずに喋るスタイルにあるのでしょうか。

 

image


 

9月18日は

・浅野忠信さん

・村上淳さん

・オダギリジョーさん

 

オダギリジョーさんが初監督する映画に

浅野さん、村上さんが出演されるとのこと。

ただそれ以前からお互いにリスペクトして

親交が深かった様子です。

 

この中で「友だち」という点について

お話しされていたことが

すごく響きました。

 

 

 友達は少ない

 

「友だちは・・・少ないよね。」

 

お互いを目の前にしながら3人とも

「友だちは少ない。」という。

何とも不思議な空気感。

しかしそこに流れる空気は心地よい感じが

画面越しに伝わります。

 

「僕らはお互いに友だち付き合いというか、

友だちと思ってはいないよね・・・」

 

そんな言葉が飛び出すのです。

 

見ている方は、オイオイオイオイ!

そう感じます。そこに村上淳さん

秀逸な言葉を放ちました。

 


 

 とても好きな人

 

村上淳さんの一言は・・
 
「友だちではなく、とても好きな人が今、共にいる。」
上矢印
これにグッと来ましたよ!
 
それそれそれそれ!!
 
 
何でしょうね。
だいぶ前から「友だち」という言葉に
ちょっとした違和感を正直感じていた私です。
たぶんSNSの発達によって
「友だち」という言葉の印象が
かなり変わってきたのかもしれません。
 
村上淳さんの言っていた
 
「友だちではなく、とても好きな人が今、共にいる。」
 
この言葉に浅野忠信さんもオダギリジョーさんも
「それだ〜!」という感じで反応していました。
 

 

 普段はそんなに会ってはいないけれど

 

ここからは私の主観です。

 

普段はそんなに会ってはいないけれど、

大切だし、尊敬してるし

共感できるし、学び合えるし、

成長しあえて、発見があり、

そして実際に会えば嬉しくなる。

 

それが

「とても好きな人」なんじゃないかしら。

それはある意味「友だち」よりも特別であり

けれども「友だち」よりも

「緩やかな関係」で成り立っている。

そんなイメージがするのです。

 

おそらく

「精神的に双方が自立した関係」と言えるでしょう。

そういう関係が成り立っている姿は

周りから観ていても心地良いですよね。

 


 

ともあれ日本を代表する名俳優人が

3人揃って「友だち」という言葉について

そういう見解をしていたという事実。

とても興味深く、共感できる

朝のひとときでした。

 

アナタは「友だち」という言葉に

何を思いますか?

 


 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

 展覧会のお知らせ ▶︎ 10月15日(土)〜10月23(日)     

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

佐藤梨代(アクセサリー)・和田彩子(ビーズブローチ)

宮好子 (オリエンタル雑貨)・山村典子(日本画・つまみ細工)

辻本喜代美(陶人形)

 

ローラアシュレイとリバティプリント。

ロンドンで生まれた伝統ある生地の花に魅せられた二人。

一方はパッチワークキルト、もう一方はMen'sシャツ

二人のコラボレーションからなる秋の秘密の花園の世界をイメージして

企画した展覧会です。また同じ会場に、5名のアーティストが

小さな秋の宝物を称して手のひらに乗るサイズの作品を

秋の花園の中に散りばめました。

ぜひ深まる秋の宝探しを花園で楽しんで下さい。

(会場・サロン陶水花:東京都立川市/12時〜18時/木曜定休)

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

・2022年10月1日(土)

​・午前の部/11時〜🈵

・午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席3

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

自宅をパワースポットにする!

 

という提案をときどき見かけます。

私はそれに大賛成派です。

だから自宅をどうしたら快適空間になるか?

ということには常にアンテナを立ててます。

もはやそれが趣味かも・・・

 


 

自宅の快適さを考えた時、

私の場合、そのヒントになるのは温泉旅館です。

だって温泉旅館って、リラックスを追求したくて

行くのが目的ですもの。

そういうことを感じるお宿や、お部屋に当たると

とても嬉しい。

 

更にそこには

自宅をくつろぎの空間にするための

ヒントがたくさん詰まっていると思うのです。

 

私はお宿のルームウェアがめっちゃ気に入って

お土産にしてきたこともありますよ。

 

 

image

 


 

今回はその再来です!

 

我が家のリビングを快適にしたい・・・

そのためにあと1アイテム欲しい・・・

 

そう思っていた最中、

再び温泉旅館からヒントをもらい

買っちゃいました。これ!

 

image

 

座椅子です。

 


 

 そうだ!座椅子を買おう!

 

引っ越しをして4ヶ月。
暮らしの中で、
座椅子が欲しいな。と思っていました。
でもね、どんな座椅子がいいのかな。
それを決めかねていたのです。
 
あまり大きいと邪魔ですし、
ソファのような感覚を求めると、
部屋の掃除がしづらいです。
そして座椅子自体に埃がたまる。
 
掃除がしづらい部屋は
かえってストレスがたまります。
そんな思いを頭の隅に置き先月伺った
「温宿かじか」さん。通されたお部屋。
 
image
 
和室だけど
ちょっとだけカーペットを敷いたスペースもある。
そしてね、画像に写って無いですけど
座椅子があったのです。
 
木製で座布団とかはしてないけれど
背もたれの心地よいカーブで
浴衣でずっと座っていても疲れない。
しかも、我が家のリビングは
カーペットを敷いた和室。
 
ああ!これだ!!
 
温泉宿の部屋からスマホで
さんざん検索してしまいました。
木製座椅子。
 
そして本日到着。

 

image

 

 好きなものがある部屋はいい

 

私は基本お家好きな人です。

好きなものだけを部屋に置こう!

強く意識するようになってからは

特にその傾向が強くなりました。

 

その分、出かける時は

「これだ!」とピンとくるものに

出会った時だけ出かけるようになったので

出掛けたときは楽しいです。

 

 

結局のところ

自宅を整えると、外出した時も

良い時間が過ごせる率が高まりますよね。

 

 

好きなものだけを部屋に置く。

と書きましたが、それも求めるときに

本当に好きかどうか

かなり自分の気持ちに問いかけます。

 

 

快適を手に入れるって

実は持たない心地良さを知った中で

手に入れられるものなのでしょう。

 


 

ということで、

この秋からは和室のリビングにて

温泉宿気分に少しでも近づいて寛ぐことが

楽しみでたまらない私です。

 


 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

 展覧会のお知らせ ▶︎ 10月15日(土)〜10月23(日)     

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

佐藤梨代(アクセサリー)・和田彩子(ビーズブローチ)

宮好子 (オリエンタル雑貨)・山村典子(日本画・つまみ細工)

辻本喜代美(陶人形)

 

ローラアシュレイとリバティプリント。

ロンドンで生まれた伝統ある生地の花に魅せられた二人。

一方はパッチワークキルト、もう一方はMen'sシャツ

二人のコラボレーションからなる秋の秘密の花園の世界をイメージして

企画した展覧会です。また同じ会場に、5名のアーティストが

小さな秋の宝物を称して手のひらに乗るサイズの作品を

秋の花園の中に散りばめました。

ぜひ深まる秋の宝探しを花園で楽しんで下さい。

(会場・サロン陶水花:東京都立川市/12時〜18時/木曜定休)

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

・2022年10月1日(土)

​・午前の部/11時〜🈵

・午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席3

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

展覧会の企画は3年前に原案が練られてました。

しかし、コロナ禍でずっと延期を重ねてきました。

 

その間、様々な事情の変化で

やむなく方向転換を余儀なくされましたが

新たな御縁と、それによる熟成を経て

企画案をブラッシュアップ出来ました。

きっと訪れてくださる方がたに

喜んでいただけると信じています。

 


 

10月15日(土)〜10月23日(日)

私の企画で2つの作品展を開催します。

 

メインの展覧会はこちら▼

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

 

同時開催するグループ展はこちら▼

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

・佐藤梨代(アクセサリー)

・和田彩子(ビーズブローチ)

・宮好子 (オリエンタル雑貨)

・山村典子(日本画・つまみ細工)

・辻本喜代美(陶人形)

 

 

同じ会場で同時開催です。

ウエイトは

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ

のお二人がメインブランドとして会場の主軸となる

展覧会です。

 


 

 イメージは秘密の花園

 

この展覧会は

ローラアシュレイとイタリアのテキスタイルを使った

パッチワークキルトの世界と、

リバティ生地のメンズコレクションをメイン作品にして、

そのボタニカルな布地で秋の秘密の花園を感じながら

花園に点在するアクセサリーやファッション小物を

宝物と見立てて空間を作ったら、

きっとオシャレで楽しいだろうな。

 

そんな妄想が私の頭の中に浮かび上がり、

カタチになりました。

 

 


 

 企画案の見直しを経て・・・

 

企画当初は春に開催の予定だったのです。

しかし、コロナ禍で3年の延期の中、

人の事情はいろいろ変わります。

メンバーの再編成が必要となった時に、

企画者である私の中で

どうしても消せない違和感が生まれました。

 

「このまま春に開催で推し進めたら

秘密の花園とは違う花園になってしまう。

それは作品を作る側、見にきてくれるお客様にも

良くないし、楽しめない。」

 

そう思い、メイン作家を務める本島育子さんに

開催時期を春から秋に変更してもらいました。

おそらく彼女は相当戸惑ったと思います。

出品作品への不安も口にしていた時もありました。

でも、私の無理なお願いを受け入れてくれました。

 

それが2年前です。
 

 

 その時間が必要でした

 

実は本島さんと一緒の空間で

秘密の花園を構成するにふさわしい誰か・・・

ずっとアンテナは立てていましたが

宛はありませんでした。

 

なかなかアイデアが見つからなくて

焦る時も多々ありました。

しかし、この時間が必要だったんですね。

昨年、出会ったのです!

 

リバティシャツ、しかもMen'sものだけを扱う

山崎善弘さんに!

山崎さんはリバティに惚れてシャツを扱っている方でした。

 

 

ローラアシュレイの薔薇に惚れて

パッチワークを作る本島さん。

リバティプリントに惚れて

シャツをプロデュースする山崎さん。

秘密の花園をうちのサロンで展開できるのは

この二人しかいないわ!

 

もう一気にイメージが湧きました。

出会いの縁が出来る時間は

神様の時間調整だったのだと感じた瞬間です。

 

こうして主軸となるメインが決まると、

新たな次の展開とご縁ががやってきます。

それが同時開催する

グループ展の成り立ちです。

 

それは追ってお話を続けていきますね。

 

この作品展が開催に至るまでのエピソードに続きは

少しずつ追ってお話ししていきます!

お楽しみに!

 


 

 

◉布地の花に魅せられた二人の【The Secret Garden 】展

◉秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

 
◆10月15日(土)〜10月23日(日)
◆12時〜18時/木曜定休
◆ピアノサロン陶水花(東京都立川市錦町5−1ー13)
◆企画(アトリエ陶喜・辻本喜代美)
 
展覧会の詳細はこちら

 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

 

・2022年10月1日(土)

​・①午前の部/11時〜🈵

・②午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席3

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!

 

 
 

名刺ってお持ちですか?

 

SNSで人と繋がれる時代。

紙媒体の名詞は必要だろうか?

と思っちゃいますよね。

でも名刺を作ると、何か気持ちの中で

一つシャンとするものを感じます。

それは何でしょうね。

 

image


 

「もう、名刺って要らないんじゃないかな?」

実は私もそう思っていたんですよ。

 

ただ、そう思いながらも気なっていたのです。

 

 

 名刺を再び・・・

 

きっかけは、友人が誘ってくれた異業種交流会。

「きよちゃん、名刺もってきてね!」その言葉でした。

 

名刺か・・・

確かにそういう場では必要です。

名刺を持ってないわけではないのです。

6〜7年前に、デザイナーさんと相談しながら

作ってもらったものがあるのです。

 

image

 

でもね、

この名刺は、もう今の私を反映していないのです。

ずいぶん長い間、お世話になった名刺ですけど

ちょっとだけ違和感を感じるようになりました。

 

じゃあ、作り直そうか!!

そう決めたのです。

 


 

 簡単に作れるようになった名刺

 

日数が無い中で名刺を作ることになりました。

まあ今はプリントアウトという手もありますけれど、

それではあまりにもお粗末にな気持ちになります。

 

今はネット専門の印刷会社が

様々なサービスで

名刺やDM作りのハードルを下げましたね。

自分の中でコンセプトがはっきりしていれば

自分らしい名刺を気軽に作ることができます。

なので今回は自力でデザインして入稿しました。

 

image

 


 

 今と、これからの自分を1枚のカードに託す

 

SNSのプロフィールや、ブログ、HPのプロフィールは

思いついたらすぐに書き換えができます。

でもね紙媒体のものって、すぐに書き換えができないです。

表面的にはずっと同じ仕事に関わっていたとしても、

その内側では思いと方向性は常に進化しています。

 

「名刺って、私が誰であるかを知らせるものなので、

つい今やっていることを記載しますけど

それだけではなくて、これからやりたいこと、

これから伸ばしていきたいことも

掲載していいんじゃないかしら?」

 

ふとそんなことを思いました。

だから私は名前の上に書く肩書について

 

陶芸家・サロン陶水花アート部門プロデューサー

と記載しました。

 


 

 場を受け継ぐ者の役割

 

自宅を改装して20年前に両親が開いたピアノサロン。

 

今までは音楽の場としてのみ利用してきましたが

今年からはそれ以外にも楽しく、美しく

皆で楽しめる機会をもっと増やしたい。

それが場を受け継ぐことになった私の

役目だと強く感じています。

 

 

自分のアトリエと、このサロンを

大切にしながら楽しく仲間とシェアして活かしていく。

それがサロン陶水花アート部門プロデューサ。

 

その役割を果たしていきたいな。

と思うのです。

 


 

 書かれたものを見るのは自分

 

名詞は誰かにお渡しする者ですけど、

その前に「自分は何たるや」という明記を

最初に見るのは自分です。

 

人に渡すたびに、それを見る。

だから、今の自分〜その先の自分の姿を想像して

肩書に載せる。

 

そのほうがお渡しする時に心地よい自分で

お渡しできます。

紙にしっかり印刷され、すぐに消えない。

誰かに渡す者ですが、自分を知るきっかけを

常に与えてくれるアイテムだと思うのです。

 

 

 
最後まで読んでくれてありがとう💕🥰

 

陶芸家で陶芸セラピーカウンセラーの

辻本喜代美でした。

 

 

 

【きよちゃんからのお知らせ】

 

 展覧会のお知らせ ▶︎ 10月15日(土)〜10月23(日)     

布地の花に魅せられた二人の

【The Secret Garden 】展

出品作家

本島育子(パッチワークキルト)

山崎善弘(リバティシャツ)

秘密の花園と【小さな秋の宝物】展

出品作家

佐藤梨代(アクセサリー)・和田彩子(ビーズブローチ)

宮好子 (オリエンタル雑貨)・山村典子(日本画・つまみ細工)

辻本喜代美(陶人形)

 

ローラアシュレイとリバティプリント。

ロンドンで生まれた伝統ある生地の花に魅せられた二人。

一方はパッチワークキルト、もう一方はMen'sシャツ

二人のコラボレーションからなる秋の秘密の花園の世界をイメージして

企画した展覧会です。また同じ会場に、5名のアーティストが

小さな秋の宝物を称して手のひらに乗るサイズの作品を

秋の花園の中に散りばめました。

ぜひ深まる秋の宝探しを花園で楽しんで下さい。

(会場・サロン陶水花:東京都立川市/12時〜18時/木曜定休)

展覧会詳細

 

 

【第3回手作り味噌教室で健康味噌を作ろう!】

・2022年10月1日(土)

​・午前の部/11時〜🈵

・午後の部/13時30分〜

各回約90分・1クラス3〜4名。

現在、午前の部のお席が空いております

・定員7名(残席4

・参加費 4,500/1人1200g分(お飲み物付き)

 

詳細とお問い合わせはこちらから

▶︎手作り味噌教室の詳細

 

 

【SNSもやってるよ!】

 

TikTok陶芸作品制作風景を投稿してます!フォローしてね!

 

 

 

きよちゃんの作品はInstagramで見れますよ!フォローしてくれたらメチャ嬉しい!

 

 

【作品とアトリへのコト知りたいアナタへ】

 

◆「きよちゃんの陶芸教室のことを教えて・・・」

◆「きよちゃんの作品はどこで買えるの?」

  はい!ここに情報が集結してます!

◆「陶芸セラピーって、どんなことするの?」

アナタのお話を聞きながら土に触れ、やわらかな気持ちになりながら心を整理するレッスンです。

モヤモヤした気持ちも、きっと癒されるよ。

 

 

 

◆「質問や、お問い合わせはどこからするの?」

  お問い合わせフォームはこちらです。お気軽にね!