世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

VMTM(Virtual Matrix Time Machine)の制作を目的に、世界中のメディアから集めた情報から選んで紹介しています。


NEW !
テーマ:

 

ArtDailyは2018年12月14日に、1960年代後半にルイジアナ州の風景画を始めたルイジアナのニューイベリア出身のアメリカ人アーティストで、すぐに屋外の家庭やルイジアナ州南西部に続いた 20世紀初頭のジャンルのシーンが多く描かれているジョージ・ロドリゲ(George Rodrigue/1944 - 2013)は、69歳の若さで2013年12月14日にテキサス州ヒューストン(Houston, Texas)で死去したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/62522 

 

彼の絵には、アカシアとして知られているフランス・ルイジアナ(common to an area of French Louisiana known as Acadiana)地域に共通するコケの樫の木(moss-clad oak trees)が含まれることが多い。

 

1990年代半ば、ロドリゲのブルー・ドッグ(Rodrigue's Blue Dog)の絵画は、ケイジャンの伝説(Cajun legend)のルー・ガロウ(loup-garou)に基づいて、世界的な名声を博した。

 

今回公開された作品は、「Wendy and Me(ウェンディと私)」

 

NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、旅行サイト世界大手の米国のエクスペディア(Expedia)が2018年12月10日発表した有給休暇(paid holidays)に関する2018年の国際比較調査によると、シンガポールの有給休暇の消化率は93%となり、2017年から横ばいだった。日本は50%で、3年連続で世界最低水準となっている。

 

https://time-az.com/main/detail/66902 

 

今年で18回目を迎えた同調査は、世界19カ国・地域の18歳以上、1万1,144人を対象に9月に実施した。

 

シンガポールの有給休暇の消化率は、韓国やメキシコと並び世界7位。有給の平均付与日数は年15日、有給取得日数は年14日で、いずれも17年と変わらなかった。

 

日本は付与日数がシンガポールを上回る20日となっているものの、取得日数は10日にとどまる。

 

シンガポールでは有給休暇の消化率は高いものの、有給休暇取得に罪悪感を感じたり、長期休暇の取得を避けたりする傾向があることも分かった。

 

シンガポールで「有給取得に罪悪感を感じる」と答えた人の割合は42%で、日本(58%)、韓国(55%)に次いで高い水準となっている。

 

「長い休暇を取得する」との回答も30%にとどまり、日本(20%)に次いで低かった。

 

「上司が有給取得に協力的」と答えた人は55%で、日本(43%)を上回ったものの、ブラジル(84%)やインド、メキシコ(いずれも78%)などと比べると低い水準となっている。

 
 
NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、ミャンマーの新聞「ミャンマー・タイムズ(Myanmar Times/電子版)」は2018年12月11日に、ミャンマー上下両院の合同会計委員会は、最大都市ヤンゴンの開発に対するAFD(Agence Française de Développement/フランス開発庁)からの融資€7,000万(約90億円)について、受け入れを凍結することを提案したと伝えたと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/66901 

 

合同会計委員会は凍結を提案する理由として、「事業内容に不明点があり、開発事業者と2度の協議を行ったが、いずれも納得できる回答がなかった」と説明した。具体的には、事業化調査を実施する団体をAFDが指名する点や、融資の返済条件などが問題になったという。

 

ミャンマー連邦議会(Congress of Myanmar)では2018年11月下旬、ヤンゴン管区の選出議員が、AFDの融資を見直す必要があるとの異議を提出した。これを受け合同会計委員会が調査を行い、報告書を提出することが決まっていた。同委員会の提案は、2018年12月13日の国会本会議で審議される。

 

AFDの融資は、2019~23年に予定するヤンゴン川右岸での都市開発事業などに充てられる予定であった。

 

そういえば、フィリピンも2018年01月24日にEUの610万ユーロ支援を拒否している。

 

ヨーロッパからの支援や融資は、金額が低い割りに口出しが多い。

 

2018-01-24---フィリピン政府、EUの610万ユーロ支援を拒否。

 
 
NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、タイのIMC(Inter Media Consultants/インター・メディア・コンサルタンツ)は2018年12月11日に、2018年11月29日~2018年12月10日の12日間開催した自動車展示・販売会「第35回タイ国際モーターエキスポ(The 35th Thailand International Motor Expo 2018)」の自動車の受注台数が、前年比11%増の4万4,189台だったと発表した。

 

4年ぶりに4万台を超えとなった。

 

https://time-az.com/main/detail/66900 

 

メーカー別の予約台数は、ホンダが6%増の6,842台と、2年連続で1位となった。

マツダは30%増の6,509台で、同イベント初の2位に躍り出た。

3位以下は、トヨタ自動車が8%増の5,907台、いすゞ自動車が1%減の4,437台、三菱自動車が60%増の3,619台で続いた。

 

主な車種別では、SUV(Sport Utility Vehicle/スポーツタイプ多目的車)が全体の34%、セダンが25%、ピックアップトラックが17%、ハッチバックが14%を占めた。

セダンではホンダの「シビック」、SUVでは三菱自の「パジェロ・スポーツ」、ピックアップではフォード・モーターの「レンジャー」が人気だった。

 

高級車の販売台数は4,213台。メルセデス・ベンツ、BMW、ボルボがトップ3だった。

 

自動車1台当たりの平均販売価格は1%増の128万6,898バーツ(約443万円)となった。

 

二輪車は前年比19%増の9,169台。ホンダが1,531台、ヤマハ発動機が1,111台、イタリアのランブレッタが1,012台、川崎重工業が775台、イタリアのベスパが605台だった。

 

モーターエキスポ全体の売上高は8%増の560億バーツ。来場者数は13%増の153万4,961人だった。

 
NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会(日本台灣交流協會/Japan Taiwan Exchange Association)は2018年12月11日に、台北の「アンバサダーホテル(国賓大飯店)」で天皇誕生日祝賀レセプションを開催したと報告した。

 

https://time-az.com/main/detail/66899

 

頼清徳行政院長(首相)が来賓としてスピーチしたほか、蔡英文総統も祝電を寄せた。

 

頼行政院長は、2016年の熊本地震や2017年の花蓮地震、2018年の西日本豪雨など自然災害が発生するたび、日台の両首脳が互いに関心を寄せてきたことを「まさかの時の友は真の友」と表現した。

 

日台の友好関係が盤石であることを強調した上、今後も「外交、貿易、スポーツ、文化、社会などの分野でいっそう連携を深めていきたい」と述べた。

 

また、「日台関係が決してその他の要素に影響されてはならない」とも訴えた。

 

蔡総統は祝電で「日台双方が引き続き関係を深化させ、両国民の福祉を向上させ、地域の平和と安定を維持することを望む」と述べた。

 

ただし、台湾初の慰安婦像では、一時騒然となった。

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会(日本台灣交流協會/Japan Taiwan Exchange Association)は2018年12月11日に、台北の「アンバサダーホテル(国賓大飯店)」で天皇誕生日祝賀レセプションを開催したと報告した。

 

 

 

頼清徳行政院長(首相)が来賓としてスピーチしたほか、蔡英文総統も祝電を寄せた。

 

頼行政院長は、2016年の熊本地震や2017年の花蓮地震、2018年の西日本豪雨など自然災害が発生するたび、日台の両首脳が互いに関心を寄せてきたことを「まさかの時の友は真の友」と表現した。

 

日台の友好関係が盤石であることを強調した上、今後も「外交、貿易、スポーツ、文化、社会などの分野でいっそう連携を深めていきたい」と述べた。

 

また、「日台関係が決してその他の要素に影響されてはならない」とも訴えた。

 

蔡総統は祝電で「日台双方が引き続き関係を深化させ、両国民の福祉を向上させ、地域の平和と安定を維持することを望む」と述べた。

 

ただし、台湾初の慰安婦像では、一時騒然となった。

​​​​​​​

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、日本の対台湾窓口機関である日本台湾交流協会(日本台灣交流協會/Japan Taiwan Exchange Association)は2018年12月11日に、台北の「アンバサダーホテル(国賓大飯店)」で天皇誕生日祝賀レセプションを開催したと報告した。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/66899">https://time-az.com/main/detail/66899</a>

 

頼清徳行政院長(首相)が来賓としてスピーチしたほか、蔡英文総統も祝電を寄せた。

 

頼行政院長は、2016年の熊本地震や2017年の花蓮地震、2018年の西日本豪雨など自然災害が発生するたび、日台の両首脳が互いに関心を寄せてきたことを「まさかの時の友は真の友」と表現した。

 

日台の友好関係が盤石であることを強調した上、今後も「外交、貿易、スポーツ、文化、社会などの分野でいっそう連携を深めていきたい」と述べた。

 

また、「日台関係が決してその他の要素に影響されてはならない」とも訴えた。

 

蔡総統は祝電で「日台双方が引き続き関係を深化させ、両国民の福祉を向上させ、地域の平和と安定を維持することを望む」と述べた。

 

ただし、台湾初の慰安婦像では、一時騒然となった。

​​​​​​​

 

 

NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、HKEX(Hong Kong Exchanges/香港取引所)の最高経営責任者(CEO)李小加(Charles Lee/チャールズ・リー)は2018年12月10日に、世界初の各種のデジタルデータを売買する「デジタル取引所(Digital Exchange)」を創設する構想を初表明したと報告した。

 

香港の経済新聞「香港経済日報(香港經濟日報網)」などが2018年12月11日に、ブロックチェーン(Blockchain/分散型台帳技術)の試験導入や、日常業務の自動化と並んで、HKEXが2019年に始動させる新3カ年経営計画の3大改革指針に盛り込むと伝えた。

 

https://time-az.com/main/detail/66898 

 

CEOの李小加は、「中国は今や、高度にデジタル化された経済体となり、大量のデータが存在する。AI(Artificial Intelligence/人工知能)でこれら膨大なデータを分析すれば、より正確に実体経済の発展状況を反映する、全く新しい指標になり得る」と述べ、投資対象となることに期待を示した。ただ、「データは機密情報や個人情報に関わるため、取引に当たっては詳細な研究が必要だ。どのような代替品で取引を行えるかを検討しなければならない」とも付け加えた。

 

このように、データに明確な評価が取引されるようになると最近のGoogleからの情報漏洩にも明確な価値が表面化し、金銭的な賠償問題も起こることだろう。

 

また、身勝手な理解による個人情報の取得も犯罪として取り締まることになるだろう。

NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月12日に、中国商務省(中华人民共和国商务部/中華人民共和国商務部/MofCom/China's Ministry of Commerce)は2018年12月11日に、米中貿易戦争問題で中国側の交渉代表を務める劉鶴副首相(刘鹤副首相/Liu He)が、2018年12月11日の午前中に米国のスティーブ・ムニューシン財務長官(US Treasury Secretary Steven T. Mnuchin)、USTR(US Trade Representative/通商代表部)のロバート・ライトハイザー(Robert Lighthizer)代表と電話会談したと発表した。双方は「両国首脳会談での共通認識の実現に向け、今後の交渉タイムテーブルと行程表(ロードマップ)について意見交換した。」という。そのほかの詳細は発表されていない。

 

https://time-az.com/main/detail/66897 

 

米中の貿易戦争は2018年12月01日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)で行われた両国首脳会談での合意により、米国による中国製品への追加関税の税率引き上げを一時猶予することなどが決まっている。

 

ただ米側は交渉期限を90日間に区切ると明言しており、中国の通信機器最大手Huawei(Huawei Technologies Co. Ltd./ファーウェイ/華為技術)の創業者の娘である孟晩舟(Wanzhou Meng)副会長兼最高財務責任者(CFO)が米国の要請を受けてカナダ当局に身柄を拘束された問題が新たな摩擦の火種となる中、今後の協議には不透明感が漂っていた。

 

 
 
NEW !
テーマ:

 

毎日新聞2018年12月11日に、性的な好奇心を満たすために児童ポルノを所持したとして、全国の警察が2017年01月~2018年06月末に児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検した男570人のうち、教師や保育士など「教育関係者」が27人(4.7%)、医師や療法士など「医療関係者」が15人(2.6%)含まれていたことが、警察庁のまとめで明らかになったと報告した。

 

教師は18人で保育士や幼稚園職員、塾経営者、学童保育や児童福祉施設の指導員が数人いた。

医師は6人で看護師や療法士、技師が数人ずつ。

 

https://time-az.com/main/detail/66896 

 

警察庁幹部は「児童ポルノの所持は罰金刑となることが多く、免許取り消しに至らないケースもある」と指摘する。

 

そういえば児童買春したそのまんま東を国会に送り込んだ橋下徹弁護士は、免許取り消しに至らなかった。

 

書類送検された570人を職業別にみると、職業が判明した中では会社員240人(42.1%)が最多。他には無職62人(10.8%)▽アルバイト・パート37人(6.5%)▽派遣社員22人(3.8%)――などだった。

 

平均年齢は37.0歳で、全体の6割が22歳までに児童ポルノに興味を持っていた。きっかけはネットやDVD、アニメやゲームで児童ポルノを目にしたことが多かった。

 

警視庁が昨年5月、児童ポルノ専門のDVD販売業者を摘発した事件では、約7000人の購入リストが見つかり、今年6月末までに476人が摘発された。この中には教育や医療関係者のほか、警察官や検事、裁判所職員も含まれていた。

 

今回の調査で目立つのが、以前は性犯罪といえば出会い系でっあたが、2008年にSNSに抜かれている。

 

さらに、被害児童数、検挙件数、検挙人数からは、検挙件数が検挙人数がかなり多いということは、複数回検挙された人が多く。被害児童数が少ないということは同じ児童が被害に複数回合ってるということだろう。

 
NEW !
テーマ:

 

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年12月11日に、ミャンマー政府系英字紙「グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(The Global New Light Of Myanmar)」は2018年12月10日に、MR(Myanma Railways/ミャンマー国鉄)は2018年12月29日から、第2の都市マンダレー(Mandalay)と北部カチン州のミッチーナ(Myitkyina)間で急行列車の運行を始めると伝えたと報告した。

 

急行の初列車は2018年12月29日午後1時にマンダレー駅(Mandalay station)を出発する。

 

https://time-az.com/main/detail/66895 

 

普通車10両と上級車1両で、ヤンゴン―マンダレー間の急行と同レベルの快適さと安全性を備えるという。

 

停車駅は5駅。運賃は普通が1万チャット(約724円)、上級は2万チャット。

 

新列車はマンダレー管区のアマラプラの街ミンゲーのMR工場(the Car- riage and Wagon Workshop in Myitnge, a town in Amarapura Township, Mandalay Region)で生産された。

 

車両は2018年12月28日に、MRに引き渡された。

 

新しい客車は、前の車両よりも快適であるという。

 

これまで使用されていた列車番号33/34を急行列車で置き換え、移動時間を短縮する。

 

マンダレー駅(Mandalay Railway Station)の緯度、経度

21°58'37.6"N 96°05'10.1"E

または、

21.977122, 96.086125

 

ミッチーナ駅(Myitkyina Railway Station)の緯度、経度

25°22'53.6"N 97°23'54.3"E

または、

25.381561, 97.398428

NEW !
テーマ:

 

日本経済新聞 電子版は2018年12月12日に、仮想通貨Bitcoinが大量に消失したとされる事件を巡り、業務上横領などの罪に問われた交換会社「MtGox(マウントゴックス)(民事再生手続き中)」のCEOだったマイク・カルプレス(Mark Karpeles)被告(33)の論告求刑公判が2018年12月12日に、東京地裁(中山大行裁判長)で開かれ、検察側は懲役10年を求刑したと報告した。

 

<a href="https://time-az.com/main/detail/66894">https://time-az.com/main/detail/66894</a>

 

起訴内容について、カルプレス被告は2017年07月11日の初公判で「顧客のお金を不正に使ったことはない」と否認。2018年10月の公判で行われた被告人質問でも着服したとされる資金について「会社からの貸付金として会計処理した。後で精算するつもりだった」などと述べ、改めて否定している。

 

検察側は論告で「金銭貸借の書類はなく、返済の意思はなかった」と指摘した。

「多額の資金を使い込み、顧客の信頼を裏切った責任は重大だ」として厳しい判決を求めた。

 

起訴状によると、マイク・カルプレス被告は2013年09~12月、顧客の資金を管理していた口座から自身の口座などに計約3億4千万円を送金して着服し、事業買収や家賃、家具購入などに充てたとされる。

 

この時点で、検察側が立証できれば、犯罪は確実である。

 

取引システムのデータ改ざんによって現金残高を水増ししたとして、私電磁的記録不正作出・同供用罪にも問われた。東京地検は予備的な訴因として会社法違反(特別背任)罪などを追加している。

 

事件を受け、金融庁は資金決済法を改正。

2017年04月の改正法施行で仮想通貨を円やドルなどの法定通貨に準じる支払い手段として認め、交換会社は金融庁から登録を受けないと運営できなくなった。

 

金融庁は、「MtGox」の登録を受け付けるのか?

 

すでに、膨大な数の申請が行われている。

 

金融庁は、話題性ばかりを追いかけ、本質が抜けていた。

それで叩かれるとフリーズして、固まってしまう。

 

しかし、金融の世界は、動き続けている。

 

2018-06-22---世界最大であった仮想通貨取引所「MtGox」が帰ってくる!?

2018-05-04---仮想通貨取引は、Coincheck事件乗り越えたか!?

2018-03-15---あまりにも多くの仮想通貨が、一時期に売り出された!?

2018-03-10---破綻の「MtGox」、仮想通貨430億円分を売却し、債務原資に。

2018-02-20---「仮想通貨は悪」の既視感!

2018-02-09---イタリアで、また仮想通貨180億円流出!

2018-02-03---日経新聞は、なぜこのように煽り立てるのか?

2018-01-26---Coincheck、580億円分の仮想通貨流出。

2017-07-12---MtGox社長効果か?再度大暴落!

2017-07-11---Bitcoin取引所MtGox社長が無罪主張。

2017-05-02---日本にも仮想通貨時代がやってきた!

2016-03-04---日本政府は、Bitcoinを「貨幣」に認定。

2015-08-01---MtGoxのCEOデータ改ざんで逮捕。

2014-12-15---2014年の最悪の投資は「Bitcoin」だった!

2014-04-29---暗号化された通貨は、未来のお金か?

2014-03-20---MtGoxに、20万Bitcoinが残っていた。

2014-03-16---MtGoxの訴訟で、みずほ銀行提訴。

2014-03-09---MtGox交換のCEOと、ハッカー攻撃の証拠を公表。

2014-02-28---「Bitcoin」の交換所MtGoxは、破産を申請。

2014-02-25---トップの「Bitcoin」交換所の一つ「MtGox」がオフライン。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス