この前の講演時にも話したが、
最近はマスコミも少しずつ真実を公開し始めたようだ。

週刊新潮の1月号から連載された、
食べてはいけない「超加工食品」実名リスト。

商品名と共に、
企業名が実名で掲載されている。

かなり日本はヤバイ段階になったことを、
もう隠せなくなったのかもしれない。



当社も32年前はマスコミの端くれだったが、
当時はマスコミ公開などタブーで信じられないことだった。

なぜなら雑誌社の大半は、
企業の広告収入で成り立っているからだ。

特に大企業のマイナス点を公開などしたら、
その大企業及び全ての子会社、

そして圧力によって関連会社からの広告収入は閉ざされる。

今回は日本でも名だたる大企業が数十社も挙げられた。

真のジャーナリズムとしては当たり前なのかもしれないが、
数少ない勇気ある出版社と言えないだろうか。

 

記事の内容は、
10万人以上を追跡調査したパリ13大学の論文が元になっている。

※調査対象者は、18歳以上の104,980人で、
(平均年齢42.8歳)

追跡期間は2009年から2017年までの8年間。

対象者は食事記録を継続して付け、
ガンなどの病を患った場合は、
必ず報告が上がる仕組みの下で実施されたという。

それによると、
スーパーで売られているパンやインスタント食品の摂取で、
ガンなどの罹患率が大幅にアップしていたのだ。

※例)
「超加工食品」摂取量10%増加で、
ガンの罹患率が
12%も上昇!

しかもこの数字は、
かなり低く見積もっているとの事。

 

では、
「超加工食品」とは何か?


①すぐに食べたり飲んだり温めたりできる


②非常に口当たりがよい


③洗練され魅力的な包装がされている


④「健康的」であることを謳っている


国際的企業で「ブランド」戦略が組まれている


特に、
④と⑤は要注意だろう。



超加工食品で特徴的な添加物は次の通り。

香料・化学調味料・人工甘味料・着色料、
色素・発色剤(亜硝酸ナトリウム)・増量剤・光沢剤・乳化剤、
隔離剤・保湿剤・たんぱく加水分解物、
転化糖・異性化糖…等々。


これらの添加物などの数を算出し、
週刊新潮がランキング化した。

まず、
パンで圧倒的な首位に立つのが山崎製パン。

 

 

 

ランチパックや総菜パンを筆頭に、
ピザパンやジャムパン等、
ほぼ全滅に近い。

※山崎製パンの社長が某一流ホテルで食事中、
気を利かしたシェフが「山崎製の食パンです」と差し出したところ、
「俺を殺す気か!」…と怒鳴ったという有名な噂が?


以降、
有名どころのブランドパンメーカーが続く。

『医師が教える食事術』の牧田院長も、
「特にハムやソーセージは食べてはいけない」と言う。

サンドウィッチやソーセージパンなどだ。

リスト掲載された会社に健康被害について新潮側が問い合わせると、
「ご質問への対応は差し控えさせていただきます」…と。

これがパンの実態だ。

やはりパンは、
どちらかと言えばスーパーで並ぶブランドパンよりも、
町のパン屋さんで買った方が無難そうだ。



次は冷凍食品。

ワーストランキング第1位は、
トップバリュのパスタ「大盛り和風たらこ」。

 



亜硝酸ナトリウム他、
着色料として紅麹、カラメル色素、カロテノイドが含有されている。

※「カラメル色素」のⅢとⅣは発癌性物質の疑いがあるが、
なぜか日本では表示義務はない。
つまり使っても消費者は分からない。


更には、
石油由来のタール系合成着色料の赤色102号と、
赤色3号まで使われている。

食品添加物は現在、
1500種類とも2000種類とも言われている。

農薬使用量と共に、

世界ではトップだ。

この種類の中には、
ヨーロッパやアメリカのFDAで、
「食品添加物としてふさわしくない」と、
リストから削除されたものも決して少なくない。

つまり、
世界で危険と言われたベンゾフェノンやエチルアクリレート等の「合成香料」が、
日本では許可されている現実。

しかしなぜか、

表示は「香料」だけで良い事になっている。

加工でんぷんも同じ事。

EUでは使用禁止された、
ヒドロキシプロピルでんぷんと、
ヒドロキシプロピル化リン酸架橋でんぷんは、
日本では許可されているのだ。

冷凍食品では、
やはり有名なブランド食品メーカーが続く。

野菜などの単品冷凍食品を除き、
ピザやパスタ、グラタン、ドリア、総菜、
唐揚げ、餃子、フライ、チャーハンなどの加工食品はほぼ全滅だ。

むしろ冷凍食品よりどちらかといえば、
出来合いの総菜コーナーの方が多少は安心なのかもしれない。


次は、
超加工レトルト食品。


パスタソース、ハンバーグ、カレー、牛丼、
親子丼、シチュー、スープ等である。

 



ここも一流食品メーカー名が挙げられている。

このレトルト食品で、

もっとも危険性を疑われているのは、
複数の添加物の同時使用。

全てとは言えないが、
1+1は2以上の効力を出すのが化学物質の特徴で、
しかも、
《別な物質に変化》している危険性を無視できないのだ。

食品添加物の量は、
いったいどこまで認められているのだろう。

また、
どのような実験で《安全だ》という基準が設けられているのだろう。

そこで私独自で、

食品添加物の安全性評価方法について調べてみた。

まずは実験に使われるのが、
マウスやラット、
つまりネズミである。

一種類の食品添加物をラットに与え、
発がん性や腎臓細胞の腫瘍、
内分泌攪乱性(ホルモンの異常)等の項目に従って調査し、
問題なければ安全な食品添加物として使用して良いことになっている。

実はここに大きな疑問が残る。

まず、
ネズミとは人間の生態系もホルモンも違うと言うこと。

そして、
私たちの食品の中には、
実際に30種類から60種類、
多いものは100種類以上の《化合された》食品添加物であると言うこと。

そこで、
食品添加物に詳しい栄養学の先生に聞いてみた。

『ラットを使っての添加物の安全基準が決められているというのは本当ですか?』

「稀に犬などの小動物を使うことはありますが、本当です。」

『人間には臨床試験を行ったことがないのですか?』

「今まで聞いたことはありません。」

『ラットなどに試験を行うとき、
二種類以上の添加物を与えて複合的な影響を調べることはあるのですか?』


「それも聞いたことがありません。
ほとんど1種類だけを投与して判断していると思います。」


『食品添加物はほとんどが化学的に生成された物質ですよね?
化学物質というのは複数組み合わせると、
化合して別な化合物になることと理解していますが、
その点の危険性はないのですか?』


「大いにあると思います。」

『ではなぜ、
二種類以上の添加物を混ぜた実験を行わないのですか?』


「混合して危険性があると思われる一部は行なうとは思いますが、
全てとなるとそれは不可能だからです。
なぜなら、
化学的に合成された食品添加物は現在で約1500種類です。
それらの化合物を全て調べるとすると、
1500の1500乗です。
配分量や加熱量や時間、
またその実験期間まで入れると膨大な時間と、

国家予算以上の費用がかかります。
ですから行おうと思っても実質的不可能なのです。」


『では、
私たちは食卓で何十種類の食品添加物を同時に摂取していますが、
これについては危険性がないのですか?』


「当然ですが、無いとは言い切れません。」

『じゃせめて、
これらの含有している添加物を、
全て消費者に表示しているのですか?』


「含まれている上位から数種類を表示する義務はありますが、
入っている添加物を全て表示する義務はありません。
しかも加工食品にしたら、
産地も遺伝子組み換え食品も表記義務はありません。
第一、
ほとんどの食品パッケージには、
全ての添加物を書き込むスペースすらありませんし。」


※「キャリーオーバー」と言うらしい。


う~む…

それだけ使用している種類も、
そして量もハンパないという事だ。

 

しかも、

国家予算をかけて添加物の毒性を調べるより、

食べない方が賢いと言える。

消費量で言えば、
今や消費量が多く国民食となったレトルトカレーがトップだが、
入れられた添加物は最低でも10種類は下らないとされている。

 

※当社の旨鹿カレーは完全無添加です。

(現在品切れ/近々リニューアル新発売の予定)


レトルト商品ワースト1の食品は、
日清フーズの売れ行き№1のパスタである、
マ・マー クリーミーカルボナーラ。

入れられた添加物の種類は12種類。

その中に発色剤、
いわゆる亜硝酸ナトリウムが用いられており、
焦がしたり煮過ぎたりすると、
発がん性のニトロソアミンが生成される。

そして、
レトルトカレーにも多く含まれている乳化剤だ。

 

※油とルーが分離してないカレーは危険かも。

加工食品診断士協会の阿部司理事が言う。

「乳化剤は、
水と油などの性質が違うものを混ぜ合わせる働きをします。
カレーや乳製品系のレトルトに多く使われ、
原価率を下げるために乳化剤は欠かせません。」


一言乳化剤と言っても、
既存添加物だけでも数十種類が存在する。

しかも、
具体的な表示が義務付けられていないため、
消費者は何が入っているか分からないのが問題なのだ。

安全性チェックが不十分なものも少なくない。

「全ての添加物の毒性試験を行えば、
かなりの数で発がん性が指摘されると思います。」


こう話すのは、
厚生労働省の食品添加物公定書検討会構成員で、
元鈴鹿医療科学大学薬学部客員教授のN氏である。

というのは、
安全性チェックは開発元企業が行うことになっており、
内部工作で低濃度のデータをサンプル添付する場合も多いというのだ。

車の偽装燃費報告に然り、
どこもかしこも企業は嘘だらけ…につい思えてしまう。

加工食品には、
「健康志向」「低糖質」を謳っているものも多いが、
それらの表示には更なる注意を促している。


それは主に、

スクラロースやアセスルファムKが使われているからだ。

これらはカロリーゼロの人工甘味料として重宝されているが、
特に長期的な発がん性であると、
パリ大学13校の調査では強く警鐘を鳴らしている。


最後に超加工お菓子。

これに関してはいいものがないくらい、
どれもこれも添加物たっぷり。

 



遺伝子組み換えの最たるものである『異性化糖』を入れたら、
まるで子ども達を標的に、
将来の医療費拡大を目的に時限爆弾を仕込んでいるようにも見える。

※「ぶどう糖化糖液糖」とか「果糖」とかの表記。

遺伝子組み換え食品は脂肪に蓄積し、
さまざまな悪さをジワジワ長期で行うと言われている。

放射能と同じだ。

放射能と遺伝子組み換え食品の共通点を知っているだろうか。


①世界中に普及

②体内に蓄積(遺伝)

③後戻りできない



…である。

※参考:映画『世界が食べられなくなる日』予告編

かといって、

可愛いわが子が欲しがるおやつを、

ウチだけ上げないわけにもいかないだろう。

そうそうそこで思い出したが、
私は唯一、
「超加工お菓子」に掲載されていない、
新潟の「岩塚製菓」をなるべく探してまとめ買いしている。

煎餅が主だが、
とてもおいしい。

特に通販では、

岩塚製菓の子会社の、
「新潟味のれん本舗」を利用している。

この子会社では作りたてを送付してくれて、
そのあまりの美味しさで、
何回かお中元やお歳暮で利用したことがあるほど。

※「新潟味のれん本舗

◎お試しセットは、
なんと送料無料で税込み700円!w


騙されたと思って買ってみても後悔しないだろう。

とても親切な会社で、
よくよく聞いてみたら地元の、
宝徳大社の信者さんだった(笑)。

やはり神様は、

弱い子どもや女性を大事にする…w

多少の添加物は含まれているが、
それでも極力少なくしているメーカーだと思う。


さて週刊新潮では、
最後にこうまとめている。

最も大切なのは、

「知ること」です…

ここでも私と同じことを言っている。w


さて、

今回は添加物が中心だったが、

これに農薬や化学物質を入れたらどうなるだろう。

 

※消費国世界一は何処???

日本人の二人に一人がなるガン。

それを当たり前のように受け入れている日本人。

いや受け入れているのではなく、
諦めているのかもしれない。

けれども私たちは、
既にその対策を知っている。

常に《希望》を身にまとって。

知らないこと(無知)は罪なのだ。

そして、
伝えないこと(無口)はもっと罪。

あなたの周りの一人でも多くの方に、
真実だけを伝えて欲しい。

未来は今の私たちの行動によって決まる。

自分の健康は自分で守る!

そして、
自分の命は自分で守る!

 

さらに、

大切な家族を守れるのは、

《今》のあなたしかいない。






 

ここ最近、
取扱商品の取材を含め、
おまけで(?)私も雑誌に掲載されることが多くなった。


私が書いた原稿はひとつもない。

雑誌社の記者さんが、
当社の資料とか私の書いた「発展のためのアドバイス集」等を調べて、
独自の取材で書いたものばかりだ。

 

※会員向けレポート

だから何が書かれているか、
発売当日までこちらも分からない。

「批判なども多いかもなぁ…」と思いきや、
意外と好意的に書いているので少しホッとした。

しかも、
こちらがうまく伝えられなかった内容を、
上手にまとめて書いてあったのには感心した。

反対に読みながら、
「なるほど~!」と勉強になった事も(笑)。

今回は連続掲載のanemoneをまとめましたので、

興味のある方は是非!

 

 

 

 

(前編)

最高に。幸せに。

人生を歩むヒントを

お教えします。


釈迦が説いた教え

両極を知ること

 

※教えるどころか僕が知りたい…w

 

 

 

 

 

 

 

 

(後編)

最高に。幸せに。

人生を歩むヒントを

お教えします。


運まで高める

生体ミネラル水との出合い

 

※ほほ~!運まで高めるのか…

 

 

 

 

 

 

 

内なる名医を目覚めさせる

メディカルファスティング

 

生命維持の要・

脳幹を活性化して美しく健康に!

 

海風診療所看護師長・GM

原田恭子さん

 

※沼田光夫院長を支える、

性格がとっても可愛くて魅力的な敏腕看護師長の登場です!

 

 

 

 

 

 

 

「光と水とミネラル」が織りなす

宇宙の調和

 

令和時代の浄化と

進化を促す生体ミネラル水

 

締め切り間際に、

電話取材でバーっとしゃべったので内容が難しいかも?

 

で、新年号発表と同時に印刷掛けたんだとか…w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5/18に滝沢泰平さんと私とのコラボ講演を行った。

※天下泰平ブログより
27年前の地球環境サミットで世界が唸った「希望の命水」鉱物ミネラルの無限の可能性

講演の案内をされた、
上記の天下泰平ブログの内容がまたすごい。

同時にこの内容を、
全国リアルタイム生中継。

その直後の再放送を含めると、
数日で既に4,000人以上の方が視聴していることになる。



終了後の再放送は一気に殺到したらしく、
スマホやタブレットの方からの再生できない等のトラブルも発生。

 

いまだかつてない大渋滞だw。

そういった方たちへの対応も含め、
あまりもの人気ぶりなので、
急遽5/26(日)まで再放送を延長することになった。

※天下泰平恐るべし!w

まだ視聴されていない方は、
下記から、
どなたもご覧になることができる。

https://j-smc.co.jp/blog/archives/435


滝沢さんは、
とにかく不思議な魅力を持った方だ。

一言一言を聞いているだけで、
心にスーと滲(にじ)んでいくのが分かる。

独特の優しい周波数だ。

これを心に響くというのだろうが、
まるで心地よい音楽を聴いているようだ。

滝沢さんと全く同じ話を誰かがしたとしても、
その伝わり方はきっと全然違うんだろうな…と思った。

1時間ほどの話が終わった後に質疑応答の時間となった。

 

会場に参加された方はその余韻に浸っていたせいか、
どなたも質問されなかったので、
いつもながら、
しょうがないので私が手を挙げたw。

そのひとつに、
滝沢さんが経営する「やつは」の社名の由来について伺った。

当然、
本拠地の八ヶ岳の葉っぱとかに由来するのかな?
…と思ったらそれ以外にも!

答えを聞いてびっくり!

後で滝沢ファンの方に聞いてみたら、
意外と知らない方がいたみたいで喜ばれた(笑)。

これからの未来や永続する地球、
無限などを意味する「8」に由来する以外に、
調和や本来の姿に還る意味があるそうだ。

しかもそれ以外に、
旧約聖書のヤッハウェ…、
天地創造の神ヤーベの意味合いもあったようだ。

そして、
ベツレヘムの星(八芒星)とも一致する。

※Xmasツリーに飾られてる、
イエス誕生を予告した星。


やはり2か月前にお会いした時の第一印象で感じたように、
イエスに関係する魂の方であった。

しかも「やつは」は、
「八十八」の意味も持つとの事!!


それを聞いて鳥肌が立った。

私は八十八と聞いて、
「米の意味もありますね?」と一応返したが、
実は言いたいことはそれではなかった。

結論を言えば日本語の「八十八」は、
阿弥陀とイエスを指す数字だからである。

「八」はその形から「人」を意味する。

そして「十」と「八」という数字を重ねたら「木」になる。

 

「木」は「十字架に人」…
つまりイエスを表す。

※「木」は「人」と「十」に分解できる。

つまり「八十八」とは、
「人が生まれ、そして十字架に人が繋がれた姿」を現す。

イエスの人生そのものを表す数字なのである。

また「木」は、
宮大工の間では「十八願」と呼ぶ。

この「十八願」とは、
阿弥陀如来の十八番目の願い…、
つまり、
世自在王佛如来(ヤハウェ)と約束した「十方浄土」を指す。

阿弥陀が如来となる前の名は「法蔵菩薩」と言い、
またの名を「アモン」と呼んだ。

十八とは神道でも特別な意味を持ち、
歌舞伎で言う得意な芸である「十八番(おはこ)」は、
ここから来ているものと思う。

普通の人ではできっこない困難な芸をやり遂げた時、
「いよっ、十八番!」と掛け声が上がるのがそれだ。

「八」は高天原直流の神呪で、
坎・艮・震・巽・離・坤・兌・乾「かん・ごん・しん・そん・り・こん・だ・けん」と発し、
八方位の穢れを祓う祝詞でもあるが、
それに天と地の二つを合わせると「十方」となる。

つまり「十方浄土」とは、
全宇宙の浄土…絶対的な慈悲(愛)による救いを表す。

阿弥陀は、
人がどの道を選んでも、
常に神の慈悲によって救いの道が現れる仕組みを作った。

人生において失敗とか絶望などなく、
一見そう思えても感じたとしても、
未来の希望を諦めずにいたならば、
必ずそこには神の慈悲(愛)が降り注ぎ、
安らぎや次の希望の扉が開く…。

これを、

私は『阿弥陀久慈』と名付けた。

阿弥陀の永久の慈悲システムだ。

誰も知っている「アミダクジ」と違って、
どの道を選んでもそこにはスカもハズレもない。

あるのは慈悲(愛)のみであり、
喜びと希望と幸せしかない。

これが阿弥陀(アモン)の説いた、
「十八番目の請願」である。

仏教ではこれを「選択本願」、
または「本願」とも言う。

本願寺の寺名はここから来ている。

私の勝手なビジョンであるが、
イエスは阿弥陀の分霊。

仏陀の説いた、
「南無阿弥陀仏」がイエスを指すもう一つの意味を持つ。

 

「南無阿弥陀仏」はサンスクリット語で、
ナモ・アモン・ダボと発音するのだ。

仏陀は61歳の時に衆生に説いた。

私の説く慈悲の法は、
成就の時(400年後)に、
インドの西方(イスラエル)から、

阿弥陀(アモン)となって復活する
…と。

滝沢さんはイスラエルを第二の故郷のように思われていて、
それで5年連続で訪れているそうだ。

そしてガリラヤ湖の周りの山に光を見て、
夜眠れずに夢遊病者のように山に導かれて行くと、
突然九尾の狐に出会ったという。

神道と狐は由来が深い。

※参考:「ヨシュアの物語12
 

 

イエスが稲荷信仰であったことを、
滝沢さんがほのめかした。

十字架に掲げられた「INRI」は稲荷だと。

本も出ているらしいが、
私もずっと昔からそう思っていた。

真夜中に火の鳥が乱舞する宝徳稲荷大社に行くと、
イエスと同じ愛を感じるからである。

 

※11/2の深夜のみ奥宮で火の鳥が現れる

稲荷とは「意成り」、
そして神への「願い」や「祈り」から由来している。

 

神道の本質は、
イエスの説いた愛と同一だからである。


…以上の話は、

以下2006年7月12日に受けたほんの一部の通信に基づいている。

妄想の類と思って頂いても一向に構わない。

参考まで。


今から約2400年前
61歳の仏陀は
耆闍崛山に登り法を説いた

そのお顔は麗しく
真実を話す喜びで光を放っていた

人類がまだ地球に降り立つ前の
天上界での話である

世自在王佛如来
またの名をヤハヴェと云った

その弟子に法蔵菩薩
またの名をアモンと云った

世自在王佛は云う

「法蔵(アモン)よ
如来と成りて仏の業を為せ」

法蔵は永らく考え、こう応えた

「48の誓願が成就するまでは
如来に成りませぬ」

その中で最も実現困難な本願は
18願にあった

十方の浄土…

全人類がどの道を選択しようとも
必ずや
安らぎが得られる仕組みを作り上げたのである

但し、人類が希望さえ捨てなければ

人に対する慈悲と愛の法則である

そして法蔵菩薩は阿弥陀如来となった

「ナモ アモン ダボ(南無阿弥陀仏)…」

仏陀は
インドより西方に
阿弥陀(アモン)が光臨されることを預言し
慈悲と愛の壮大な計画を示した(西方浄土)

そして400年後
インマヌエル・イエスが生まれた

阿弥陀、アモン、アーメン…

18願、十と八(木)、十字架と人(木)

全ては宇宙の意思による
慈悲と愛の成就である





さて、
滝沢さんの講演が終わり、
私のミネラル講義まで少し休憩時間があったので、
一旦上の7階オフィスに戻り、
話にあったユダヤの「失われた十支族」と「縄文民族」、
そして「シュメール民族」との関係を少し話した。

イエスの生まれるずっと前の数万年前から、
縄文民族が世界の歴史や文明と深く関わっていた事を伝えたかった。

ひょっとしたら、
イエスの稲荷信仰は縄文人がその思想を伝えたのかもしれない。。

※参考:「ヨシュアの物語13


滝沢さんは「美しき緑の星」という、

高度に進んだ惑星から地球を見たDVD(洋画)を推奨していたので、
早速講演の当日の夜、
食いつくように一気に見てしまった。

 

※どうも話題作と共に、

一部の人からはタブーの問題作らしい。。

 

 

 

今までいろんなところでシンクロしていた滝沢さんだが、
「ここでもシンクロしていたのか…」と呆気にとられた。

それは、
2006年のインスピレーション以来、
私に一つの課題が与えられていたからである。



全てを受け入れ
全てを手放す



まさしくこのメッセージを、
再度突き付けられた気がしたからである。

※接続解除?

長くなったのでその詳細はまた機会があればお話ししたいが、
是非ご覧になって頂きたいお薦めのDVDである。

来年2020年以降、
この映像で紹介されてる感覚は、
誰もが知る必要に迫られるだろう。


※「天下泰平」ブログより
日本語字幕版「美しき緑の星」DVD発売開始













 

平成もあと数日ですね。


実は、

大型連休を明けた5/7から、
命水の大型キャンペーンが始まります。

 

その名も

『入会月無料キャンペーン』!

 

ん???

 

簡単に説明すると。。

 

通常、

登録時には2ヶ月分を先にお届けのため、

当然ながら2本分の金額が初回にかかりますが、

キャンペーン期間中は、

なんと!!!

 

入会月の1本分を、

タダにします!

 

 

つまり言い換えたら…

 

◎最初の飲み始めの1か月分が無料!

 

◎2か月分が1本分のお値段で!

 

◎2ヵ月分が半額で始められる!

 

◎1本分の負担で会員になれる!

 

◎でも届くのは2か月分!…

 

これだけでもスゴイことだと思うのですが、

もっとスゴイことがあります!

 

 

それは… 紹介者にはビッグプレゼント!

 

 

それは… 紹介が多ければ多いほど

 

 

それは… 裏技も公開!?

 ※クドイ!w

 

 

 

 

 

↓ キャンペーンの詳細は下記スタッフブログにて!

 

 

 

 

五十嵐・中村コンビのやり取り映像は笑える!!!

 「入会月無料キャンペーン

 

見上がシステムの紹介や今回のキャンペーンの裏技を初公開してます!

 「相互扶助の仕組み

 

※JESのHPからでもいろんな映像が見れますよ~!

https://www.j-smc.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、

ブログで命水を紹介する方が増えてきた。

 

JES相互扶助会員さんである櫻井美香さんもその一人。

下関にお住まいの方で、
若いママさんを中心に命水をお勧め頂いている。

この前わざわざ会社に来られ、
いろんな話に花が咲いた…


と言っても緊張されていたのか、
ほとんど櫻井さんの方からお話しされないので、
私の方から一方的に語り掛けるだけw。

ところがサポセンの五十嵐から…


「社長!美佳さんのブログ、
すっごくいいですよ!
初めての人にも分かりやすく伝えてますので、
是非読んでください!!」


・・・確かに読んでみて、
素晴らしい文章と構成力だ。

 

お会いした時おとなしい方だと思っていたら、

意外と大胆な文章で思い切りもよく、

矢継ぎ早にズバズバっとポイントを指摘するので、

読んでいても飽きないし心地よい。


だから読まれた方、

特に同じ若いママさんからの問い合わせも多い。

どうも櫻井さん、
現在お二人の小さなお子様を抱えていながら、
私のブログ、
最初から最後まで全部読破された人だという。。

だからここまで書けるのか??(笑)


※ひょっとして僕の霊を降ろした?w

是非皆さんも読んで見てください。

伝え方のヒントの一つが分かるかも?

↓↓↓
 

 

 

 

 

『乳酸ジンジャー』発売以来、
毎月じわじわとリピーターを増やしている。

そして飲まれている方からは、
通常の生姜商品とは全く違った反応が次々と寄せられている。




ほとんどの方は、
体を温めると思っていた多くのジンジャー商品が、
実は反対に体温を奪う…なんて知らなかったと思う。

以下ブログ参照

え、ショウガが身体を冷やす!? 新商品登場『乳酸ジンジャー』☆

 


抽出が簡単で保存管理もしやすく、
しかも安価な方法で製品化すると、
せっかくの「ショウガオール」という発熱成分が生じず、

「ジンゲロール」という体温を奪う成分のみになってしまうのだ。


「ジンゲロール」は体の芯の熱を表面に移行させる働きはあるが、
「ショウガオール」と違って体の芯から温める働きはない。


よって一時的に温まった気はするものの、
身体の芯の熱は表面から徐々に奪われてしまう。


これでは代謝作用を期待できないため、
エイジングケアとは逆の作用が現れてしまうのだ。

つまり老け込む。。

ダイエットも期待できない。。


このようにジンゲロールのみでは、
健康面でも「???」が永遠に続く。。





そこでショウガ本来の力を発揮する商品を開発すべく、

「ジンゲロール」のみではなく、

「ショウガオール」を中心に据えて、
1年半かけて試行錯誤して完成した商品が『乳酸ジンジャー』なのだ。



ミネラルと抜群に相性のいい、
食物性乳酸菌5000億個と水溶性食物繊維が、
すっきりした毎日をサポートしてくれる。

 

前回は、「長生きみそ汁」に乳酸ジンジャーを少量入れることもお薦めした。

※味は好みですが相乗効果で健康には間違いなく良い!



勿論、
36種類以上の生体ミネラルも配合。

ミネラルの運び屋"フルボ酸エキス"をプラスしたことで、
体内のミネラルバランスをベストに整えてくれる。

このように『乳酸ジンジャー』の成分は、
数多くの相乗作用が期待できるのだ。



しかもこだわったのが、
“国産”と“無添加”。


生産者の顔が見える“国産”の原料と、
人工甘味料、香料、着色料、保存料を一切含まない“無添加”にこだわり、
自然な美味しさを追求した。

もうこれ以上のショウガ商品はないだろうと思えるほどの、
究極の商品だと自負している。

 

 

 

◎下記ネット限定の定期購入で買うと、

かなりお得だ。

↓↓↓

乳酸ジンジャー定期便

※試しに1か月(1回)で中止も可能!

 

 

 

そして本日より期間限定キャンペーン

新規入会者特典として、初回のみ

豆乳200mlをプレゼント!!

 

 

 

乳製品との相性がとても良く、

ショウガオールの辛味をまろやかにしてくれて飲みやすい。

 

ぜひ『乳酸ジンジャー豆乳ラテ』お試しください。

 

※このキャンペーンは予告なく終了する場合があります。

 

 

 

 

 

さらに、以前JES本社で開催した

『乳酸ジンジャー』開発メーカー代表のセミナー映像を、

定期便でお申し込みいただいた方には、限定公開する。

 

ぜひご覧いただき、

この乳酸ジンジャーのパワーこだわりを知っていただきたい。

 

 

※すでに定期便をお申し込みの方は、

ご登録メールアドレスにこの限定映像に関する案内が今後配信されますので、確認してください。

 

 

 

 

 

 

ちなみに楽天市場では単品通常価格販売ですが、

それでも売れてます!(新商品なのでレビューはまだ少ない・・・)

↓↓↓

https://item.rakuten.co.jp/smc/g23/

 

 

 

 

 

そこで、レシピの要望が多かったので、

急遽編集部で制作にかかった。

 

◎編集部未公開データからこっそり拝借w。

また怒られるかも。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単に豆乳と混ぜてもすごくおいしいですよ!

 

でも、

みそ汁は賛否両論ありw。

 

いろいろ試してくださいね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、JES社内で一大ブームなのが味噌汁。

実は、
単なる味噌汁ではない。

 

なんとそれを、
私を含め全社員の7割が自宅で作り、
毎朝飲んでいる。

出張時には、

わざわざ手作りの『味噌玉』を持参して飲むくらい。

いつもの味噌汁をちょっと変えるだけで、
下記のようなすごい健康効果が期待できるのだ。


1.自律神経のバランスが改善!

2.腸内環境が整う!

3.血液がサラサラになる!

4.生活習慣病が改善!

5.メンタルトラブルを防ぐ!

6.慢性疲労が改善する!

7.老化のスピードを抑える!


ちなみにこの効果を私が言っているのではない。

順天堂医学部教授の小林弘幸先生だ。

 

 

 

 

 

上記の著書はすでに80万部を突破し、
ガン、糖尿病、動脈硬化を予防することまで書かれている。

TVでも何回か紹介され、
ご覧になって実践されてる方は多いだろう。

本当に一日たった一杯の味噌汁で、
これらの効果が全て期待できるなら試さない手はない。

今から3週間ほど前、
経理のHさんが自宅で作ったこの『味噌玉』を会社に持参し、
何人かに紙コップでお湯でといだものを支給してくれた。


具も何も入ってないw。

しかし飲んでみると、
すごく美味しい!

まるで味噌ラーメン専門店のスープのようだ。

※もちろん無添加


これなら毎日続けられる。。そう思った。

さてそのレシピは?

《基本材料》

赤みそ…80g
白みそ…80g
玉ねぎ…150g(約1個)
リンゴ酢…大さじ1

《味噌玉の基本レシピ》

①玉ねぎをすりおろす

※事前に冷蔵庫に冷やしておき、
根は残したままゆっくりすりおろすのがコツ!


②赤白のみそとリンゴ酢を加え、
泡だて器で混ぜ合わせる。

③製氷器に入れて冷凍庫へ

※この『味噌玉』は凍らないのでフォークで1個1個取り出せる。

④お好みでダシで具材を別に作っておく

⑤味噌玉を1個お椀に入れ、
熱いダシと具材を入れかき混ぜて出来上がり!


あまりにも簡単すぎる。


◎ただし、

重要なコツとして2つある。

1.味噌を入れて煮沸しないこと!

せっかくの乳酸菌や酵素が死んでしまうからだ。

2.食事と一緒に飲まないこと!

最初にみそ汁を全部飲み干してから、
普段の食事をして欲しい。

腸までダイレクトに届けさせたいからだ。


そしてここから一番大事なところ!!!


★この乳酸菌と酵素を、

更に活性化させおいしくさせるには、
どの時点で何を入れる???


…もう皆さんご存知ですよね?w

※→ミネラル米麹味噌(赤みそ)、だし&栄養スープ、好みで「乳酸ジンジャー」?


実は私はこのみそ汁一杯だけで、
便秘気味だったのが毎朝どっさり出て、
3週間でなんと…
4㎏ダイエットに成功した(笑)。


夢の70キロ台にw。

本当に、
何の苦も無くである!!!

是非皆さんも試して頂きたい。




※追加

もっと詳しいアレンジレシピは、
下記を参考にしたら良いでしょう。

やまでらくみこのレシピ
https://kumiko-jp.com/archives/172811.html

「長生きみそ汁」の“味噌玉”の作り方
http://crea.bunshun.jp/articles/-/21472

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにきてまた奇跡の体験談が多く寄せられている。

とても嬉しいが、

残念ながらそれらは法律により、
全てを明らかにすることはできない。

 

もし全て明らかにしたら、

数kmは行列ができるだろう(笑)。

 

もしくは…(笑笑)

それでも先週頂いた『喜びの声』から、
「これくらいはいいかも?…」というものだけを列挙したい。



大阪府 S様(女性)78才

命水を愛飲して約1年半、
お陰様で明るくやる気に動かされ過ごしています。

あれもこれも嬉しい商品の数々、
生活の中に豊かさを感じるこの頃です。

すばらしさを実感するまでに少し時間がかかりましたが、
感謝の気持ちをお伝えします。


山口県 M様(男性)41才

毎日希望の命水を飲んでいます。

薬局勤務のためこの時期は、
インフルエンザや胃腸炎の患者さんへの対応で大忙しですが、
命水を飲み始めて一度も体調を崩したことはありません。

目の前で咳やくしゃみをされてもへっちゃらです。

命水に守られていると感じずにはいれません。

本当にありがとうございます。


東京都 M様(女性)62才

実家の父が米寿を迎えました。
腰が曲がって圧迫する為もあってか、
胃の調子が悪く胃酸逆流でつらがっていたので、
扱いやすいよう500mlの命水を定期的に送ってあげて飲むように勧めました。

すぐに楽になってきて、
それから好転反応と思われる戻りもありましたが、
それも過ぎると「特に辛くない、なんともない」という状態に落ち着いてきました。

とても嬉しく安心しました。


福岡県Y様(男性)64才

本音を言いますと、
自己流で命水だけで、
普段ずっと飲み続けてた処方を止めたら相当の副作用がありました。

ぶりかえしにずっと苦しみましたが、
今年あたりから毎日徐々に良くなっております。

おかげさまで誠にありがとうございます。


東京都K様(女性)61才

いつも常備していたはずなのに今回に限って飲もうとしたら在庫が…ない!

どこを探しても見当たらない!!

依存症気味(笑)の私はないと落ちつかない日曜日だったが、
はたと気付きネット注文!

今日無事に届きホッと一安心。

これを飲み始めたのは2016年3月からで、
その暮れの12月に日帰り温泉で、
試しに血管年齢を計ったら、
実年齢よりも5歳上だったのが、
2018年9月に今度は別の場所で計ったら…

なんと実年齢よりも12歳下ぁぁ~!!

もうびっくり!

計ってくれたお店の方も驚いていました。

ひとえにこの命水しか思い当たらずです。

ホントにこれはすごい!

この命水に巡り合えたことを感謝致します!



あと、
この前モニター募集した「お風呂命水」。

早速、
当選された方から続々とモニターのコメントが。

(現在83件)

お風呂に入れるだけでもこれだけ手応えがあるのだから、
どれでけ生体ミネラルが素晴らしいものか予想できるかと。

※併せて下記「コメント欄」を読みください。
https://secret.ameba.jp/jesmotoi/amemberentry-12436756576.html#cbox



あと、サポセン長の五十嵐から、
最近になって、
「ある方のブログを見た」…との新規問い合わせが多いとのこと。


さっそくそのブログを読ませて頂いた。

JES会員さんの「秘密のひみこ」さん(29歳)が書かれているブログで、
13年前からの線維筋痛症と筋痛性脳脊髄炎の発症期から、

治癒までの事を交えながら情報配信されている。

5歳の息子さんも自閉スペクトラム症らしく、
自身を含め何が起きても前向きで決して諦めない、
ママさんの奮闘ぶりについ涙した。

どの記事も読んでいて素晴らしく、
一つ読み終わると勇気と希望が湧いてくるのが不思議だ。

私も頑張らなくっちゃ!

…と。

ブログ記事では、
希望の命水を誉めちぎっているが、
決してJESのサクラではないw。


むしろ、
こういった方だからこそ「希望の命水」は協力してくれてるに違いない。

 

※川田薫博士曰く、

『人の意識を読み取る水』???…

 

是非是非皆さんものぞいてみてください。

初めてリブログします!
 


 

★他の記事の内容も素晴らしいですよ!

 

「記事一覧」を覗いてみてください。

https://ameblo.jp/himiko-chan222/entrylist.html