ひっさびさの川崎月例に参加。

多分、去年の10月以来かな?

 

気温33.6度を計測ということで10kmの部も5kmに変更。

飛ばしすぎても垂れる、そうじゃなくても垂れる事は分かっていたが、2.5kmまでは抑えめで 。

残りは余力を残しながら走ればなんとかなるんじゃないかと、5kmの部いざスタート。

 

予定通り折り返しまでたどり着くも、やっぱりダメね。

折り返し後は暑さ特有のボワ〜ン現象に、とにかく手を足を振って20:22でゴール。

 

 

 

もう勘弁してください状態(笑)。

 

 

 

スピードが出ない・・・インターバルを。インターバルをやろう・・・・。

 

 

 

==============

 

今シーズンは11月のつくばと翌年は長野か板橋にしようと決めています。

自転車も沖縄ツールドには出たく、それまでに数本出たいところ。

 

 

バラ完で組み上げたC64が火を吹く時は近いか。

ついでに嫁用にも作りあげたオルトレはそもそも使用されるのか・・・。

 

ZIWFT用で使用しているチャリもあり、クロスバイクと折り畳み自転車もあり。

異常に増えた自転車の数・・・・・・。

 

 

 

 

 

私は一体どこに向こうとしているのだろう。

(練習は継続できているます)

 

4月も中盤を過ぎようとしている中。

ランニング150km・自転車1000kmペースで進んでおります。

 

ランニングはインターバルを狙っている中。通常ランの最終だけ頑張ってペースを上げる。

キロ4を切れないけど、10kmは4:10を切れる様なので、やはりインターバルをやってこうかなと。

 

自転車はほぼスマートローラーを使った練習だが、脚パン手前な状態が続いておりFTPが上がってない。

ただ、今は良いやという事で、ヒルクライム練とか、スタミナ練とか土台作りの練習をしている。

 

が、2足の草鞋というかクロストレーニングはかなりハードなのか、日で1000k~カロリー消費。

TSSという言い方だと100~150の日々を送っている。

 

TSS・・・。

 

 

自転車世界ではやたらと英語が飛び交い、聞いただけでもいろんな言葉がある。

 

CTL…練習効果を数値化したもの目指すは100で体力的なというか自身のフィットネス状況を数字で知る事が出来る。

TSS…練習強度といえばいいか、強い人は日にTSS100を稼ぐらしく300TSSとかだと翌日疲労が残るとか色々ある。

ATL…間近7日程度の練習影響、元気さ疲労とか。ATLを積み重ねるとCTLが向上するがATLを急激に上げすぎるとオーバートレーニングになる。

TSB…CTLからATLを引いた数値で、調子・好調差を図る。

NP…同じ平均出力でも、一定ペースかインターバルとかのような喜怒哀楽あるペースなのかで事情が異なる。NPは平均したらこれくらいだよだったよというのを表してくれる。

 

と、まあこんな感じな訳だが。

 

ランニング業界でメジャーなガーミン。

 

 

ガーミンコネクトを使って日々の運動管理が出来る。

そしてこのガーミン、自転車市場でも大活躍。

 

スマートトレーナーは自動不可が付き、パワーメーター機能があるのでローラー練もパワートレーニングができる。

外でもパワーメーターを購入すれば、同様の練習ができる。

尚、ガーミンはVector3というパワメ付きペダルも販売しており使用者も多い。

 

 

ランニングオンリーの方はこのガーミンを用いて管理するのだろうが、チャリンコ市場は

他にこんなものもある。

 

 

 

 

STRAVA。

ガーミンと似たようなものだが、自転車向けといった所か。

プラグイン機能もあり、これを使うと更に細かい分析が分かる。

CTLとかATTという呼び方はせず、日本語的に本日の負荷はとかそういう表現の仕方なのだが。

全世界のライダーの多くがSTRABAを利用しているようで、同じ区間を何秒で走ったかなど細かい内容を把握できる。

なんとも素晴らしい。

 

 

 

ゴールデンチーター。

先ほどのCTL~~~TSS的なものを更に更に細かく分析できる。

キッチリと機能を認識していないが、あまりに細かくおっさん困り中。

 

 

 

 

と、まあそんな感じであるわけだが。

 

 

 

自転車に興味を持ちだしやり続けてちょうど1年が終わろうとしている中。

ランニングと比べて明らかに感じるのは、ランニングはセンスで自転車はロジカルだな~と感じるか。

 

何しろ自転車はパワートレーニング主流でほぼ全てを数値で判断できる。この量がランニングよりべらぼうに多い。

ランニングだとキロ何分か、ピッチは、ペースはLT位だが。自転車となると。

平均出力はスプリント(5S/15S/30Sとか)は1mは20(FTP)は60分はとか、判断材料となる項目がとにかく大きい。

 

ただ基本的な土台として面白いのは。

 

スタミナ・持久力・心肺がランとしたら、スタミナ・持久力・パワー(心肺含め)という感覚で。

ランナーは心肺を高めれば、練習と共にパワーが付くが。自転車はパワトレ先行の中心肺もついていくとでもいうか。

 

その点がちょっと面白い。

 

 

ちなみにライダーでも福岡国際系がいて、そういう人は富士ヒルや乗鞍では入賞レベル(選抜・チャンピオン)らしい。

そういう人のデータもSTRAVAで検索すれば見れたりするし、ZWIFTでもリアルで強い人たちがしょっちゅうレースにでたりしてるので。体調さえよければレースに出て強い人に揉んでもらう事が気軽にできる。

 

 

 

 

ま、何が言いたいか特にないのだが。クロストレーニング的にやってる中。

ランは週1・自転車も1、調子よければどっかで1という高強度が出来れば強くなれるかなぁなんて。

 

自転車はランに比べて故障が少ないのか、私は1年ほぼ無傷であった。

ランだと6か月先あたりから一気に故障・・みたいな感じなので自転車でもって補填できればいいが。

着地筋は鍛えられないので、やはりランは面倒がらず緩くても基本的なベースにしていった方が良いなと思うこの頃。

 

 

どちらにしてもインターバルはやっていこう。

週2〜3のラン。

週5のローラ練orたま〜にライドという状況。

 

先週やった5km走は19:40秒。10kmは42分とボチボチやっとります。

インターバル練習をやる為に今週あたりから狙ってやろうかなぁ。

 

 

それはそうと、本日試し装着したホイールを使って軽く多摩川ライドを敢行。

 

 

 

今まで所持しているディープリムに比べてワイドな様でブレーキ幅を調整。

路面設置部分が増えたのでコーナリングがしやすいなと思った。

 

何気に休むダンシングを勉強中〜。

 

 

 

今期はつくばと、ヒルクライムレースに出たいかなぁ。

(フレームセットを買ってしまいました・・・)

板橋シティ走って来ました。

 

完走の自信もなく走れる所までいこうという考えの元。

15kmの計測ポイント前で断念し、以後走りながら会場に向かいました。

痛み的なものはありませんが結果15kmでリタイア(累計は30km)となりました。

 

 

 

走った距離は裏切らない。

 

 

2月時での走行距離は僅か20km前後だったか。

 

付け焼き刃で20kmを走りましたが、当然の如く、体力がない事を痛感しました。

痛みなしのDNFというのも不思議な感覚でありましたが、今回ばかりは仲間の応援をしたく

早めにゴール地点に陣取って、全員に声をかけれて良かったです。

 

 

改めた来シーズンの目標は・・・・。

 

 

目標というものが見いだせていない感じです。

やはりハムストが快調にならない限り難しいのかなと。

 

 

老いではなくマネジメント不足です。

ただランニングは難しくてもロードバイクだと対応できてしまうのです。

この微妙なバランスが整理できていません。

 

 

自分はどっちをやりたいの?

 

 

 

苦しさという意味ではランニングの方が上だと感じます。

着地より全身に負荷がかかるマラソンはそれと比べて故障率も高い。

その分、達成感という意味ではランニングの方がハードルが高い気もします。

 

ロードバイクは情報に詳しい方には分かると思いますが、実装・ローラー共に5w/kgを超えました。

どちらが可能性を探るに近道かというと、ロードバイクとなってしまいます。

 

 

練習量という意味ではロードバイクの方が図抜けて多かった今期。

3:7位の割合でシーズンを終えましたが、2019年はどうするか。

 

 

もう少し考えながらも、楽しみながらは忘れる事なく。

 

 

 

また暖かい時期を迎えスピード期に突入します。

一番好きな時期。今年はどう向き合うか。

 

 

 

中途半端に終わってしまったなぁというシーズンでしたが、それでも楽しく有意義に。

 

 

人生は長い。遠回りばかりのランライフですが、これも自分のやってきた事。

現実も受け止めながら、後悔のないよう取り組んでいきたいなと思うこの頃でした。

 

 

 

しかし完走した仲間は格好良かった。

 

日曜に行われる板橋シティマラソン。

仲間内より5名ほどの参加があるという事で、じゃあ出なきゃダメかなと思い。

先週は20kmの練習を久々敢行。

 

キロ6でビビりながら5km。

その後5:30という流れで以後5km単位に30秒BU。

最後はサブスリー前での内容となりましたが。終わってみて着地筋的な所に疲労感。

翌日はハムストぴきーん状態。

 

おお。

 

練習は嘘を付かないってそのまんまですね。

 

 

まあ。どういう走りをするべきか。

もともとは目標3時間10分でしたが、そうですねぇ。そのペースだと25k位までが精一杯。

その後は苦しい苦しい17kmが待っていそうです。

 

じゃあキロ5で。

どちらにしても落ちそうですね。

 

キロ6で。

心肺的には自転車練習をしているので、ここだけ楽なのですが。

キロ6ってのは最終手段だよなと。

 

とすると、走りたいとするペースレンジってのは朧げボヤケ気味でも見えてはきます。

 

 

 

心配の為は、やはりハムストでしょうか。

ぴきーん状態は必須ですから、テーピングと珍しくタイツ装着を予定しています。

またニューヨークスリム装着も検討しております。

 

衝撃を減らしていく戦法ですね。

一方、それとなく買ったズームフライは底が厚いので、ターサージールと比べると衝撃吸収を感じます。

前回の20kmではズームフライでした。

 

 

さあ。どう出るか。

 

 

ピーキングというものはせず。今日も家でゲーム練予定です。

明日あたりから、それも減らしますが、もう少し考えてみようと思います。

 

 

良い意味でなるようになるか。

 

こういう時期は楽しんでいかないと♪

久し振りのブログ投稿となってしまったか。

 

 

ここ最近は不調続きで、年末より現在迄、微妙に体調を崩しております。

 

抜歯後の不調・インフルA型・咳き込みと。

 

現在も多少の咳き込みが続いており、運動をするとすぐに心肺が上がる状態。

ランニングはお休みしております。

 

 

2月初旬の神奈川マラソンは走ったんですけどねぇ。

嫁の伴走と称してキロ5で走ったわけですが、とにかく体が続かなくて、じんわり重めの疲労感。

これでは3月の板橋シティも・・・・。

 

 

今の所、参戦意思という物は強くありません。

 

 

 

ただ、筋力を維持しようとプロテインを摂取したり、筋トレしたりとあくまで維持には努めております。

気軽に運動できる自転車も最低限ですが、対応してます。

 

 

咳き込みさえ抜ければ完調になるのですが、もう一息といったところ。

 

45歳、まだまだ老け込む世代じゃない。

白髪は異常に増えてきたけど、だから何だで御座います!!!

 

また来シーズンに備えて。。(板橋シティはどうしたw)

本日は手軽さに負けて家庭内ローラー(ZWIFT)練を敢行。

Cクラスのレースに参加したものの、良い所が全くなくクラス最下位グループでフィニッシュ。

こりゃ慢性疲労化してきたか。

 

というより良い加減、ラン1本にした方が良さそうです。

 

良い加減気づきてきましたが、ランの方がダメージが大きいですが。

自転車は特に体幹から腿にかけての疲労が強い。

 

特にランを30kやったとしてレースで本気というのは現実的に無理。

どっちも良い所取りは難しい。

 

 

今週は30kに付随する練習という事で、練習会とよこはま月例に参加予定。

これがメイン。自転車は出力をあげてペダル回しをするのはやめよう。

 

 

そういう意味ではトライアスロン選手は凄いんだなと感じるこの頃。

実は私。12月の中旬より疲労を引きずっております。

 

相変わらずチャリ&ランの自称クロストレーニング敢行中な中。

ボリュームとしてはラン先行に備えた動きを行っております。

 

しかしながら、ランでは感じづらい疲労が自転車となるとモリモリ感じてしまう状況が続いておりまして

悩める親父46歳を継続中でございます。

 

なんというか、自転車の場合、圧倒的に出力値がポイントなんです。

これが疲労中となると良い時・悪い時の差が顕著となり、且つ疲労の実感を強く持ちます。

ランはなんというか、物凄く速い動きじゃなければ惰性の中で走り切れてしまう様な気もします。

 

 

いや、負荷の違いかなぁ。

 

 

自転車は手軽なので高負荷となってしまう事が多いです。ランで例えると4:30前の練習を常にやってきた

感じです。

 

今の状態で4:30前後のランをやれといわれたら疲労感を感じるのかもしれませんね。

 

 

 

ま、どちらにしてもマネジメント不足です。

 

 

 

勇気をもって3日休養しようか迷い中です。

しかしダイエッターの未として休業は死活問題となります。

 

なんせ太る太る。

 

 

ビールは1杯までか。

ついでの1杯、おっともう1ちょうという訳にはいきません。

 

3日耐え凌ぐ。出来るのかって感じです。

30km走をやりたい訳ですが、どっちも出来るのかっていう按配ですから我ながらウケてしまいます。

 

 

マネジメントとは勇気も必要なのか。

悩めるおっさん46歳、今年も大吉おみくじでした。

 

 

ああ。BCAA以外にビタミンBを摂取してみようと思いまする。

やっぱり公言してかないと、取り組み意識が弱くなる。

 

って事でロング走を頑張って5回取り組みたい。

根拠は特になし!・・・・。

 

 

できればキロ6台で40km。

 

2回目 30km・・・5:30

3回目 30km・・・5:00

4回目 30km・・・4:45

5回目 30km・・・4:30

 

 

みたいにでけんかな?

 

ああ、毎週やってけばなんとかなりそう。

でも、もう少し具体化させないと、とてもとても。

 

 

でも頑張ってみよう。かな?

腿疲労が強いから、まずぬいてからやらないと難しいそうな気配なんだよなぁ。

いやはや2018年が終わりを告げようととしております。

良い感じで来年へ!

 

とか思いつつ、本日お昼まで原因不明?の腹痛で悶絶。

多分カビを吸い込んでしまったか、腹を痛めたようです(多分)

 

さて復調しつつ、ビールでも飲みながら締めようかなという事で本年度の振り返りを。

 

【累計】

ラン=1705km(月間AVG:142km)

バイク=7738km(月間AVG:644km)

 

となりました。

 

ランは意外と走っていた様ですが、ジョグが多く週3を割ってしまいました。

バイクは5月からですので実際には968kmが平均となります。

 

 

振り返ってみると。

 

 

もともと古河はなももに参戦した際、完全にハムストを痛めてしまいまして、今シーズンは難しいなという自覚がありました。

 

練習を抑え散らしながら対応するプランでしたが、補填練習になればとバイクを

取り入れてから立場が逆転。

 

バイクは体重全体を体で支えるわけではないので、多少の故障はありましたが

バイクだけに関しては順調にペダルを踏む事ができました。

 

ランはつい先日にハーフマラソンに参加しましたが、13km過ぎよりどうにも

脚がついていけず1:31でフィニッシュ。

体ができてない事を強く自覚しましたが、予想通りでもあり想定の内というか。

 

最初はサブスリーペース、体が持たなくなてってから4:30死守のレースとなりましたが。

今後はロング走を入れて、板橋シティに間に合わせていきたいと思っております。

 

 

 

 

来年の目標は。

 

 

 

大阪マラソンをアスリート枠で先着応募したいので、3月の板橋シティは3:10切りを目標としております。現時点でロング走を積んでいけばなんとかいけるかなとは感じております。

 

 

バイクは乗鞍や沖縄ツールドに出てみたいです。

もう少し年を取ったらトライアスロンに目が行くと思いますが、ランでやり残した事があるので、頑張らないと。

 

 

でも楽しみながらを主体にさせてもう少し大人な練習内容でやってきたいかしら(笑)。

プライベートではマネジメント対応がそれなりできたシーズンだったので、その蓄積を持ってもう少し質の高い動きをしたいですね。

 

 

書き初めは何を書こうかな。

前回は”飛躍”でしたが、プライベートはまずまず。

やはり趣味の方でも合わせて目標到達!

 

 

あまり良い言葉が浮かんできませんが、ぼちぼちやっていこうと思います。