いげっちのちょっと一服 お茶のみばなし

いげっちのちょっと一服 お茶のみばなし

いげっちは狭山茶を作っているお茶農家です。狭山茶が大好き。気の向くままにお茶のみ話をしたいと思います。どうぞよろしくお願いしま~す。

「いげっち」は狭山茶を育てている農家です。

小学校までは家業がお茶屋にもかかわらず、

スポーツドリンクやジュースが大好きでした。

でも、20歳くらいからお茶の勉強をはじめて、

薬のような効能があるすごい植物であること

を再発見しました。

ブログでは、狭山茶についてのこと、「食」を

テーマの中心にして、日記を書いていきます。

今では狭山茶が大好きになりました。

ちょっと紹介なんですが、我が家のホーム

ページもできました。

よかったらのぞいてみてください。

狭山茶の井ヶ田農園
http://www.igeta-nouen.com/


皆様に愛し喜んでいただける狭山茶作りを

目指してがんばっています!


ミクシィ Mixi もはじめました!

よかったら、いげっち で検索してくださいね。


皆さん、こんばんは。

いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。
また、訪問していただき、「いいね!」していただいてありがとうございます。
 
今日は地元の小学校の体験学習があり、狭山茶の手もみ茶の講師として参加してきました。
その小学校は1学年1クラスで32名という児童数です。ほかの学区の小学校へも行く機会があるのですが、少子化の流れをくんでいて1クラスか、2クラスぐらいです。いげっちの小学校時代では1クラス42名で4クラスあったんですよ。
 
この頃は小学校の社会科学習(昔でいう総合学習)の一環で地元特産の狭山茶を題材にして茶摘み体験や茶工場の見学、ホットプレートを使って手作りのお茶の体験、そして、現役のお茶屋さんによる手もみ茶の体験学習、お茶の入れ方教室の授業が行われています。その一連の学習プログラムの一環として、今日は将来のお客様になるかもしれない子どもたちに手もみ茶を体験していただいたわけです。
 
とはいってもお茶の乾燥具合によって揉み方が変わる手もみ茶を小学生もとても真剣に聴いてくれて、とてもうれしかったです。お茶は何時間ぐらいかかるのですか?など、子どもの興味によってさまざまに変化する質問に的確にこたえられなければならないので、気を抜いていると、ほわんとした回答をしてしまい、結構恥ずかしいです。
 
お茶の入れ方教室では、➀お茶を入れるときに急須というお茶道具を使う②お湯の温度を摂氏60度ぐらいにする③お茶の量をきちんと量る。お茶の量をきちんと量る④抽出時間を同じにする と常に一定の濃度のお茶が入れられると教えるわけですが、急須でお茶を入れている間は子どもたちの歓声があちこちで聞かれとても楽しそうだったのが印象的でした。
子どもたちはいつもは勉強で座学なわけですから、実際にみんなと同じことをして結果や感想を言いあうということが少ないのかもしれません。それは、お茶はコミュニケーションの手段の一つ、道具なんじゃないのかなという気がしてきました。
 
もちろん、気になっていることもあります。急須を使ってお茶を入れたことのない子が結構いるということです。お茶の産地なので大概の子は急須を見たことがあるということですが、実際に使ってみるということはないようです。これって、急須が絶滅してしまうのと同じくらいインパクトがあります。ペットボトルのお茶が何万ケースと出荷されていて、お茶の飲まれ方が変わってきたというのはわかっているのですが、ペットボトルやティーパックを普段使っている家庭がほとんどだということです。これだけ急須という道具が早い段階で各家庭から駆逐されていることを考えると、お茶屋さんももっとやることがあるんじゃないかな?と考えるきっかけになりました。
 
若者たちにはタピオカドリンクやほうじ茶や抹茶を使ったスイーツなど、飲み物としてのお茶以外の消費の仕方が流行しています。急須を使ったお茶の消費以外にもコミュニケーションの手段の一つに、再びお茶が使われるようにお茶屋さんは活動しなければならないと感じました。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、また。
 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。


いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。

もう秋分の日がすぎ、夕方、蝉の声が聞こえなくなり、秋の虫たちが鳴きはじめ、すっかり秋めいてきました。

今日は親戚の方がおはぎを作ってくださったので、お茶の時間にみんなでごちそうになりました。




おはぎって、秋の七草の萩お花にあんころ餅の餡が似ているから特に秋のお彼岸にはおはぎというそうです。ちなみにおなじものでぼた餅というのは春のお彼岸のときにボタンの花をイメージしているので牡丹餅というそうです。

ほかにも作る時期によって土用餅というなど呼び方が変わります。

いげっちは粒あんのものになじみがあるのですが、こしあんや、ずんだ(枝豆の餡)など地方によって特色があるそうです。

おはぎを食べると、甘いのですが、あんこで水が飲みたくなるような甘さではなく、優しい甘さです。お茶(もちろん、狭山茶ですよ。)と一緒に食べると、お茶の風味が和三盆の高級お菓子のような香りがします。

お茶の時間がいつもより優雅な時間になりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、また。

 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんにちは。

いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。
 
最近、すっかり秋のような雰囲気ですね。今日は入間市役所前の茶畑の管理をしました。市役所の茶畑は入間市茶業協会の会員さんが持ち回りで管理をしています。いげっちも協会員として茶畑の管理のお手伝いをしました。
 


実際に何をしたかというと、つる草がお茶の樹上を這っていたので、それを取り除く作業です。もう、実をつけている草もあって静かに取り除きました。来年の05月には八十八夜新茶まつりが入間市役所玄関前で行われる予定です。毎年、楽しみにしていただいている人もいるので管理にも力が入ります。
 


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、また。

 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。

いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。
 
皆さん、ご無沙汰しております。何気なく振り返ってみると08月05日ぐらいからブログを更新していませんでしたが、その間にブログに遊びに来てくれて、「いいね」をしていただきありがとうございます!
 
その間、いげっちはどうしていたのか?というと、アパートからリフォームした新居に引っ越しをしたので、その準備があり更新をさぼっていました。(^^;)
 
今日は中秋の名月ですね。先程、外に出て月を見てみたのですが、あいにくの曇り空でした。月は見られなかったのですが、ちょっと幻想的だったので、パシャリと写真を撮ってみました。22時頃は南の空に月が見えますよ。




 
また、定期的に更新頑張ってみたいと思います。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、また。
 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。

いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。
 
今回はキャリー・ティー・ボトルという新商品の取り扱いを始めました。
どうしても暑い夏は温かいお茶の消費が落ち込むのですが、いげっちの井ケ田農園では冷たいお茶、水出しのお茶の提案をさせていただいています。
今回のキャリー・ティー・ボトルですが、茶漉し(ストレーナー)がついていてお湯を入れてお茶やコーヒーをいれてもよいし、お水を入れて冷茶を楽しむことができます。急須代わりに、タンブラーや水筒としても使えて一つで3役こなしてくれます。ペットボトルと違って使い捨てではなく、耐熱ガラスなので繰り返し使えて経済的です。
以前、台湾に旅行に行ったときに日本円で1,500円ほどだして、ペットボトルのようなプラスチック製のティーボトルを買ったのですが、それよりも質感が良くおしゃれです。ただ、ガラス製なので少し重く感じられます。また、ガラスなので割れやすいのではないかという心配があると思いますが、専用のケース(ダイビングの時に着用するウェットスーツのような生地でできています。)がつくのでキズにも強いです。熱いものを入れても持てないということもないです。
ストレーナーは金属製で汚れが付きにくいので気になることもないです。キャップ、本体、ストレーナー、シリコンパッキンはすべて取り外すことができ、丸洗いできるところも◎です。
使い方は、そこにあるキャップを開けてストレーナーにお茶やコーヒーを入れてキャップを閉め、反対側の小さいキャップを開けて水やお湯をいれます。飲むときは小さいキャップを開けて使います。
しばらく使ってみていますが、暑い時の水分補給に水出しのお茶を入れています。
350ミリリットルほどなので、スポーツをして大量に水分補給をするために使うというよりは、車や日常での水分補給に使うのが良いと思います。デメリットはちょっと重いかな。
今度はほうじ茶を入れて、水出しほうじ茶を楽しんでみたいです。ほかにはコーヒーを入れて水出しコーヒーにしたり、氷も入るので冷たくするのもよいと思います。
暑くなってきましたが、猛暑をなんとか乗り切っていきましょう!
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、また。
 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。

いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。
今日は久しぶりにお天道様が顔をのぞかせてくれましたね。
皆さんはいつもどう過ごされていましたか?
 
いげっちは雨でテレビを見たり、事務仕事をこなしたりと落ち着きすぎだぁというほど普通の生活をしていました。
そんな雨の日にテレビを見ていると「青汁」のCMが目にとまりました。
 
「青汁って健康効果がすごいなぁ。」「お茶があんな健康効果をうたうと薬事法に触れるのになんで、OKなのかな。」「でも、青汁のあの抽出液の色は、石臼で挽いてパウダーにした煎茶とどこか似ているんだよなぁ。青汁ってお寿司屋さんの粉茶みたいな色しているけど。」と一人でぶつぶつと考えていました。そして、「ほかにも似てるのがあったな。スムージーっていう飲み物だった。自家製ジュース、たしか、ミキサーがあればすぐに作れてしまうんだったよな。」「んーっ。そうだスムージーをつくってみよう。」
 
ということで、スムージーを作ってみました。どうせなら、石臼で挽いた煎茶も入れてみよう。ということになりました。
 
材料はありきたりですが、
 
   バナナ            1本
   キウイ            1個
   グレープフルーツ     1個
   煎茶パウダー       5グラム
   小松菜           1束
   水             100ml
 


です。グレープフルーツは皮をむいて房から果肉を出しておきます。ミキサーにかけたときの皮があると触感が悪くなります。キウイも皮をむいて適当な大きさにカットしておいてください。
すべてをミキサーに入れてスイッチオン。20秒ぐらいミキサーにかけてください。


できたスムージーのお味はお茶を入れてみたので苦味や渋みが多少残るかと思ったのですが、バナナとキウイのフレッシュな味が出て、グレープフルーツの酸味が少し感じられおいしいものになったのが、ちょっと意外でした。
 
おこのみのフルーツや野菜を入れて手軽に作れるのがいいですね。
これから暑くなりますね。暑い夏はフルーツや旬の野菜をたっぷり使ったスムージーがおすすめですよ。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、また。
 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんにちは。


いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。

毎日、はっきりしない天気が続いています。
梅雨の晴れ間を見計らって、埼玉県入間市周辺は二番茶の摘み取り作業がみられます。

07月にはいり、二番茶が採れるようになりました。06月までは「新茶」として販売しておりましたが、これからは通常の煎茶として販売をしていきます。

お客様からは

新茶ではないのか?

というお問い合わせをよくいただくのですが、旬ではなくなり「新茶」として販売しなくなっただけで、2019年のお茶を引き続き販売しておりますので、ご安心ください。

ということで、お茶をブレンドしなおし、詰め替えをしていました。


これから順次、パッケージを切り替えてまいりますので、ご了承ください。

これからもいげっちの井ケ田農園をよろしくお願いします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、また。

 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。

いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。
 
07月に入り、相変わらずの梅雨空ですね。九州地方は大雨ということで本当に大変だと思います。こまめに天気予報を確認して、危険を感じたら早めに避難してくださいね。近所の人と声を掛け合うのもよいと思います。
 
さて、新元号「令和」となって最初のお茶つくりも、無事に終了し、皆がケガをすることなくお茶つくりが終えられたので、お世話になった方へ新しくお茶を作ってみました。
 
新しいお茶は3つの品種をブレンドして、新茶の香りを楽しめ、狭山茶らしい深いコクのある味わいに仕上げました。とはいっても、去年のお茶と今年のお茶は味が違うので今年のお茶の味わいを楽しんでいただくというのが、井ケ田農園のスタイルです。その点からすると、ワインのようですね。
 
まずは、品種一つ一つを味見して、どれを使おうか吟味することから始めました。
それでもテーマとしては、新茶の香りを楽しめて、狭山茶らしい深いコクのある味わいにしようと決めていました。
品種の選定がすごいスムーズ(笑)に進みました。
今年の「やぶきた」は抽出液の色がきれいなグリーンですが、味はほかの品種に比べて淡泊でした。でも、抽出液の色がきれいなグリーンということで今回の商品の中核になってもらいました。
続いて、「むさしかおり」です。抽出液の色は淡いグリーンで、香りが良いのが特徴です。味もあまり主張しないです。新茶の香りがとても良い印象だったので、商品にブレンドします。
最後に、味にコクがある品種をどうするか?ですが、心当たりが2つありました。「ふくみどり」と「おくみどり」です。「ふくみどり」は味わいが深いのが特徴です。「おくみどり」もくき茶などでは抜群の味が出るのでおススメなのですが、今回は収穫時期が早かった「ふくみどり」にしました。「やぶきた」「むさしかおり」とブレンドしたときに形や色が大きいと外観が統一されず、寄せ集めてきたお茶のようになってしまいます。
 
最後にこの3品種をブレンドします。配合を変えてみて、その都度味見をします。少し苦みを感じたり、香りがしなかったり・・・。数回味見をして、配合にもめどが立ちました。
今度は、合組(お茶をブレンドすること)と火入れです。
 
火入れ専用の機械にお茶を入れお茶を切り返しながら混ぜ合わせ、お茶独特の甘い良い香りをつけていきます。30分ほどの作業です。火入れが完了したら粗熱をとります。
 
火入れが完了したので、今度は最終の味見です。味見を繰り返しながら、味や香りは変化していないかを確認していきます。
やっぱり、「おいしい」と思っていただける狭山茶を作っていきたいという思いがあります。狭山茶をのむと、その場が和んだり、笑顔になる。お茶には「癒し」の力があると思うのです。
 
そのお茶を100gづつパック詰めにして、お世話になった方に発送をしています。



 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
では、また。
 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。


いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。

今日は、お茶の楽しみ方ってどんなものがあるだろうと嫁さんと一緒に考えてみました。

氷出しの煎茶が思いのほか料理っぽかったので…

料理でなにかないかなぁと考えてみましたが、魚🐟と相性が良いから魚料理はけっこう思いつきました。
あとはこの前NHK総合の番組で「うまいッ!」という番組があるのですが、バジルの代わりに玉露を使ったジェノベーゼソースが紹介されていました。

お茶はは分類でいくとハーブになるらしいのですが、料理で使うことはほぼないですね。

魚や肉の臭みをとってくれるのでマグロの角煮に使われます。
魚料理とお茶は相性が良いです。

うーん、模索に行き詰まったので、ほうじ茶にはちみつを入れて飲んでみました。


結果はホットミルクを入れるとさらによかったのかな。ほうじ茶にはちみつ漬けのレモンなども一緒に食べるといいですね。

後、嫁さんがいろいろ考えてくれて勉強してくれていることがわかり、うれしかったです。
嫁さんに感謝です。お茶を飲んでいるときに、素直に感謝の気持ちを伝えられたのでよかったです。

お茶を飲んでいるとそのような場所になり、ホッとしました。
いやぁ、お茶のみの時間って本当にいいですね。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、また。

 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!

皆さん、こんばんは。


いつもブログ読んでいただき、ありがとうございます。

梅雨の中休み、暑い日が続いています。
我が家では冷茶をはじめました。



作り方は簡単です。
ダシパックに茶葉を10グラムいれて、ミネラルウォーターをいれ、冷蔵庫で一晩ねかします。
朝には冷茶をたのしむことができますよ。

写真は冷蔵庫で一晩ねかして、飲みきれなかったので、夕方に冷蔵庫から出して、楽しんでいるときのものです。

ペットボトルのお茶より味があり、おいしいですよ。

よかったら、試してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では、また。

 
 

友だち追加
LINE@友だち追加お願いいたします!