新宿 鼠通り

新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…

NEW !
テーマ:





時計を見ると…

 

 

午前4時50分だった…

 

 

 

 

 

 

 

5月も…10日を過ぎた頃から…

 

 

不安と…憂鬱に押しつぶされて…

 

 

深く眠ることが…できなくり…

 

 

毎日…

 

 

夜明けとともに…覚醒してしまうようになりました…

 

 

その瞬間から…

 

 

脳みそは…さまざまな可能性について…

 

 

忙しく動き出す…

 

 

しかも…悪いことばかり…想定してしまう…

 

 

(…雨が降ったら…どうしよう…)

 

(…中止連絡は…誰に…どんな順番で…どのような手段で連絡すればいいの?)

 

(…そのとき…こんなことを言われたら…どう…答えよう…)

 

(クレームが入ったら…どうしよう…)

 

 

 

無理…無理…無理…

 

 

できない…できない…わからない!!!!

 

 

 

 

動悸が激しくなり…過呼吸を起こし…

 

 

全身の震えが止まらなくなる…

 

 

それでも…

 

 

なんとかかんとか…洗顔を済まして…

 

 

午前5時30分…

 

 

そっと…自宅を出る…

 

 

眩しい朝日に向かって歩いても…

 

 

顔をあげることができない…

 

 

地下鉄の駅のホームで…

 

 

電車を待っているとき…

 

 

全身の震えは…

 

 

脳みそにまで…到達し…

 

 

顔は…醜く歪んだまま…

 

 

胃液は…不規則に…逆流を繰り返す…

 

 

手すりにつかまり…

 

 

ぎゅっと目を閉じて…

 

 

深呼吸を…繰り返す…

 

 

助けて…

 

 

助けて…

 

 

誰か…誰か…

 

 

僕を…助けてください…

 

 

ホームドアから…頭だけ…線路側に出したら…

 

 

入線してくる…鉄の塊は…

 

 

僕を…穏やかな世界に…連れてってくれるのでしょうか…

 

 

助けて…

 

 

助けて…

 

 

今日を…乗り切ることが…とても…できそうにありません…

 

 

昨日も…今日も…明日も…明後日も…

 

 

全身が…震えて…震えて…震えて…

 

 

毎朝…死んでしまいたい衝動を…

 

 

抑えることが…できないんです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 



精神が…異常をきたしていることは…間違いなくて…

 

 

肉体にも…影響が出てきました…

 

 

熊野神社で…どれだけ頭を垂れても…

 

 

震えが…治ることも…なくなりました…

 

 

ごめんね…ごめんね…

 

 

お父さんは…こんなに…弱く…脆い人間でした…

 

 

震えが…震えが止まりません…

 

 

ああ…どうすれば…いいのですか…

 

 

神様…神様…神様!!!!!

 

 

新宿中央公園で…

 

 

泣きたくて…叫びだしたくて…

 

 

わけもわからず…

 

 

走り出していました…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 
 
 
 
あてもなく…彷徨う日々に…
 
 
 
 
疲れ果て…
 
 
 
 
誰かに…何かに…
 
 
 
 
息の根を…止めてもらいたくて…
 
 
 
 
なけなしの…身銭を切って…
 
 
 
 
海を…渡ってみました…
 
 
 
 
ただ…それだけ…
 
 
 
 
ただ…ここにいたくないだけ…
 
 
 
 
人脈じゃない…カネじゃない…
 
 
 
 
計算じゃない…戦略じゃない…
 
 
 
 
実績じゃない…キャリアじゃない…
 
 
 
 
伝わらない言語じゃない…言葉じゃない…
 
 
 
 
ない…ない…ない…
 
 
 
 
命のほかに…
 
 
 
なにももっていない…丸裸の僕が…
 
 
 
 
ただ…楽に…なりたくて…
 
 
 
 

この身を…差し出してみたの…

 
 

 

 

 

 
 
 
1

 
 
 
 
 
 
 
いまの僕の…
 
 
 
精一杯の…おめかしで…
 
 
 
プレゼンに臨んだ…
 
 
 
通訳なんて…いらない…
 
 
 
相手の反応なんて…どうでもいい…
 
 
 
ただ…がむしゃらに…話しました…
 
 
 
どう…思われようと…かまわない…
 
 
 
守りたいものなんて…なにもない…
 
 
 
死にたいんだ…潰れたいんだ…
 
 
 
倒れてしまいたいんだ…
 
 
 
殺せ!殺せ!殺してくれよ…
 
 
 
気分が…ほんのり…高揚したところで…
 
 
 
第二ラウンドは…
 
 
 
高級中華の円卓…
 
 
 
たったひとつの…僕の武器は…
 
 
 

目玉…

 
 
 

壊れかけてる…僕の…2つの目玉だけに…

 
 
 
祈りを…込めました…
 
 
 
どうか…どうか…
 
 
 
僕を…
 
 
 
伝えてくれて…伝えてくれ…
 
 
 
映してくれ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宴もたけなわ…
 
 
 
 

僕の隣に座る…社長が言った…

 
 
 
 
「…先に…お金が必要ならば…着手金払います…」
 
 
 
 
「!!!!!!」
 
 
 
 

ん…本気…?

 
 
 
 
3秒考えて…
 
 
 
 
社長の目玉を…じっと見つめ…答えた…
 
 
 
 
 
 
「No… Thank You……いえ…いりません…」
 
 
 
 
 
 
社長は…ニコリと笑い…
 
 
 
 
「干杯(gān bēi)」と言って…
 
 
 
 
グラスを…強く…ぶつけてきた…
 
 
 
 
へへ…
 
 
 
僕の…目玉は…
 
 
 
伝わったのかもしれない…
 
 
 
遣隋使に…思いを馳せることなんて…
 
 
 
したことなかったけれど
 
 
 
小野妹子の気分が…
 
 
 
ちょっと…わかったような気がした…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

テーマ:



「…お世話に…なりました…」





「……あ…あ……げ…元気で…ね…」





「……」





「…幸せに…なるんだよ……さようなら…」





彼女は…小さく手を振って…





ドアの向こうに…消えていった…















こうして…




およそ10ヶ月に及んだ…




僕の…




障害者雇用は…




大失敗の…烙印を押され…




幕を閉じた…












1
















いままで…およそ…15名のひとを…



雇用してきた…



その誰もが…



僕の懇願…虚しく…



自らの意思で…



僕から…去っていった…



その誰とも…



二度と…逢うことも…ないだろう…



「ざまあみやがれ…当然だ!」



「おまえに…ひとを雇う資格などない!」



「おまえは…ひとりだ…一人ぼっちで働け!」



「おまえは…キチガイ…破棄者だ!」




あちこちからの…礫が…



ピシリ…ピシリ…



僕を…叩く…



痛いよ…痛くないよ…わからない…



涙を流し…よだれを垂らし…小便漏らし…



エヘラ…ヘラ…



ウへへへ…



パパ…



僕は…



僕は…



経営者に…なることが…



できませんでした…





























































































テーマ:







川崎のライブハウスでの…



はじめての…アコギ弾き語りは…



思ったより…うまくいった…










歌詞が…飛ぶこともなく…全曲歌いきることができた…



はじめての…ハーモニカも…間違えず吹くことができた…



複雑なコードも…ギターソロも…なんとかかんとか…弾けた…



客席からの拍手も…大きな音量だった…



なにより…楽しかった…



思いを込め…精一杯歌うことが…快感だった…



だから…ちょっとだけ…



手応えを感じて…ステージを降りることができた…







1








「…どう…だった?」



着替えを済ませ…客席を回って…



口うるさい…旧友のゲルゲに…聞いてみた…






「…ゆうすけ…ひとつだけ…言っていい?」





へへ…なに褒められるのかな…



赤のJ45と…赤のモッズスーツも…



意外と似合ってたと…思うんだよね…






「あのさ…」





「…うん…うん…なに??」







「…曲が終わって…頭下げるたびに…頭頂部のハゲが…ライトに照らされ…まぶしかったぜ…」








「……へ?…ハゲ……ハゲてんの!…僕……」






















1






アイパーだ…パーマだ…ドレッドだ…ブリーチだ…



子どものころから…



くるくる髪型を変えることが…大好きで…



かれこれ10年以上…金髪で過ごしてきた…



髪の毛はもちろん…頭皮を…頭蓋骨を…



薬品で…真白に脱色して…ずっと生きてきた…



ハゲるに…決まってんじゃん!



バーカ!自業自得だよ…



きゃあ…ハゲは…はずかしいわ…



ズラも…嘘ついてるみたいで…なんだか…イヤ…



へへ…



いっそ…スキンヘッドかな〜〜〜



ついでに…眉毛も…剃っちゃおう…































































テーマ:






「いまこそ…中国に進出しませんか…デザインの需要はあります…」



そう…誘われた…













足掻き…足掻き…



どこかに…なにかに…誰かに…



叫び…縋り…命乞いをしても…



安定なんて…いつまでたっても…



どこにもなくて…



明日を…ただ…怯える日々…



どうせ潰れてしまうなら…



やってみよう…



お金をかき集めて…



中国を…見てみよう…



無能なデザイナーが…



なにを感じるのか…飛び込んでみよう…



僕の…始末は…



その後だって…いいぢゃない…





1








ほんとは…



なにも考えていません…



ただ…ここから…



逃げたいだけ…



逃げたいだけ…



久しぶりに…



大好きなアジアに…



触れてみたいだけ…





















































テーマ:








「ゆうすけ!!」










日曜日…午前8時前…



地下鉄の駅へ続く…スポーツ公園の遊歩道で…



声をかけられた…



振り向くと…



おしゃれなサッカーウェアに身を包んだ…



同級生が…笑っていた…



早朝から…仲間と…フットサルらしい…







いや!…




僕を…見ないで…








日曜日は…



誰にも…逢いたくない…



誰とも…喋りたくない…



誰の…メールも読みたくない…



返事も…書けない…



髭も剃らない…髪型も整えない…



お洋服だって…下着だって…なんでもいい…



鏡も見ずに…口も開かず…



うつむいたいまま…



事務所に行くだけ…



いつまでたっても…休日を創れない…無能な…



社会的敗者として…



そっと…密かに…



ひとり…事務所にいって…



必死になって…ただ…創るだけ…



そんな姿…



誰にも…見られたくないの…








1












健全は…




眩しすぎて…




近づくことが…できない…




いつも…




うじうじ…おどおど…




びくびく…そわそわ…




こそこそ…めそめそ…




がたがた…ぶるぶる…




不健全で…いるほうが…




おちつくの…
































テーマ:





suicaを…なくした…








ネクラの小心者は…



所有者が…わかるはずのないsuicaなんて…



拾ったひとが…使うに決まってる…と…



はじめから…探すことを…諦めている…



たとえ…



勇気を振り絞って…駅の事務室に…問い合わせることができたとしても…



駅員さんから…



「…いえ…届いてませんね…」なんて言われてしまったら…



悲しみは…2倍になってしまうし…



がっくりと…肩を落とし…うちひしがれて…事務室をあとにする姿を…



駅員さんに…見送られることが…



耐えられないほど…恥ずかしい…



駅員さんは…心の中で…



無記名のsuicaが出てくるわけねーだろ…なんて思ったかもしれないし…



suicaをなくすなんて…どれほど間抜けな人間なんだ…なんて思ったかもしれない…



まったく…そのとおりなんだけれど…



こんなふうに…世の中から…残酷に…



バカで無能な…どうしようもない…ダメ人間であることを…



証明されてしまうことが…とても怖いから…



しばらく…



ぐずぐず…どこへ行くにも…切符を買っていた…



でも…



程よく酔った…午後10時…



突然…なんだか…勇気がみなぎって…



ようやく…都庁前駅事務室の扉をたたき…



遺失物の問い合わせをすることができた…








1





「あ…あの……suica…落としたんですが…」



「…いつですか…」



「…無記名だし…どうせ…ないですよね…」



「…最後にどこで使用したか…わかりますか…」



「…は…はい…先週…五反田から新宿まで山手線に乗るとき使用しました!」



「…ほかに…覚えてませんか…」



「えっ…えっ!!!あったんですか?うそでしょ!!!」



「…ほかに…残高とか…使用した区間とか…覚えてませんか…」



「うーん…いろいろ行くから…えっと…えっと……」



なんだか…動揺して…記憶が…うまく出てこない…



ワカンナイ…ワカンナイ…



「!!!あ…新宿から…東京駅!!!往復した!!!」



「はい…そのsuicaでしたら…現在…練馬駅に保管されています…」



「えっえっ…ほんと?…ほんとにあったの?」



「suicaが出てくるのは…運…ですよ…いいひとに…拾われたようですね…」




えへへ…勇気を出して…問い合わせてよかったよ…



慢心の笑みを…駅員さんに…見せることができて…よかったよ…



…今年は…いい年…かもしれない…









◉関連記事































テーマ:




suicaをなくした…




ついでに…テレフォンカードもない…




ああ…




もう…いや…




2019年が…始まったばかりだというのに…




suicaをなくした…




いえ…落とした…スられた…盗まれたんだ!!




ちがう…ちがうよ…そうじゃない!




酔っ払って…どこかに…なくした…




泥酔して…彷徨って…散らかして…




涙を流して…おしっこ漏らして…




眠って…眠って…眠って…




suicaをなくした…だけ…




いつものこと…





もう…イヤ…





死んでしまいたい…




でも…




定期は…あってよかったね…




お財布も…携帯もあってよかったね…




へへ…




suicaなんて…いらねーよ…




チャージしたお金も…いらねーよ…




拾ったひと…ラッキーですね…おめでとう…




ああ…よかった!




ようやく…




ピンクのロゴの…




pasmoが…買えるわ!








1






なんだか…そわそわした…睦月…



今年は…



善いんだか…悪いんだか…



行動は…悪くないし…



動きもあるし…兆しも感じる…



でも…



suicaをなくした…






















































テーマ:



1999年に…




インドから帰ってきて…




デザインの仕事を始めたときから…




20年…20枚…




父が…死んだときさえ…




変わらず…創ってきた年賀状…




21枚目は…




創らなかった…




いままでではない…明日へ…




ここではない…どこかへ…




いってみようと…思えたとき…




髪型を…変えたり…




bassを…捨てたり…




事務所を…引っ越したり…




ヒトを…雇用したり…




煙草を…吸ってみたり…




ヒトとの関係を…壊したり…




年賀状を…止めてみたり…






なにかを…




掴んでみたいから…




なにかを…




手放し…




あれこれ…




違うことを…やってみることで…




これからはじまる…変化への…




耐性を…




鍛えているのです…





1












…なんてね…










なんとなく…




昨年末は…年賀状を創らなかった…




年賀状を出さない僕を…経験してみたかった…




年明けのいま…




多くの方から…年賀状をいただきっぱなしで…




申し訳ない気持ちに…押しつぶされそうだから…




「耐性を…鍛える…」だとか…




屁理屈をこねています…




すみません…






























テーマ:









知らない…できない…わからない…




未体験のこと…だらけ…




あちこち…ぶつかり…傷だらけ…




うまくいくこと…ひとつもなくて…




無駄に…損するだけで…




ひとも…お金も…なくなるばかり…




それでも…それでも…




がむしゃら…がむしゃら…




いってみよう…




やってみよう…




登ってみよう…




奮闘しよう…




いまの景色は…




そんなに…




悪くは…ありません…







1










あけまして…おめでとうございます…




本年も…どうぞよろしくお願いいたします…





2019年 1月








































Ameba人気のブログ