新宿 鼠通り

新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…

 

 

 

 

 

 

「新薬は…2週間に一度…皮下注射によって…投与する必要があります…

 

注射の費用は…1回…50,000円です…」

 

 

 

 

 

 

病の克服…という…

 

 

難しい判断を…迫られた…

 

 

直感は…

 

 

 

 

 

否…

 

 

 

 

2018年に承認された…新薬…

 

 

腹部または太腿に…自分で…針を突き刺し…投与する…

 

 

治療期間は…最低でも6ヶ月以上…

 

 

効果は…投与しなければ…わからない…

 

 

そもそも…生物学的製剤とか…抗体医薬品とか…

 

 

いったい…なんなの?

 

 

新薬だから…たくさんデータが欲しいから…

 

 

実験台になるだけなんじゃないの?

 

 

いま…

 

 

藁をもすがるほど…苦しく…辛いわけではない…

 

 

お金が…

 

 

潤沢に…あるわけじゃない…

 

 

まだ…

 

 

新薬なんかに…賭ける必要は…ないはず…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒト型抗ヒトインターロイキン(IL)-4/13受容体モノクローナル交代制剤は…

 

IL-4受容体αサブユニットに結合し…IL-4及びIL-13を抑えることで…改善する…」

 

 

と…いただいた資料には…書いてある…

 

 

まったく…意味不明の文章…

 

 

学習する気にもならない…

 

 

影響を及ぼすような…食べ物の…摂取を控え…

 

 

規則正しい…生活を心がけ…

 

 

快適な…睡眠を摂り…

 

 

ちょっと…運動して…

 

 

それに…

 

 

たくさん…泣いて…

 

 

たくさん…たくさん…笑って…

 

 

自らの…免疫能力を…信じること…

 

 

それが…

 

 

一番の…特効薬…なんじゃないかと…

 

 

ずっと…

 

 

信じています…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ご提出いただいた…デザイン案ですが…

 

 残念ながら…採用とは…なりませんでした…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんどん消えてゆく…雑誌の仕事…

 

 

起死回生へと…

 

 

つかんで…臨んだ…デザインコンペで…

 

 

僕が…必要とされることは…なかった…

 

 

またひとつ…

 

 

世の中から…不必要の…烙印を押され…

 

 

じわり…

 

 

収入への道は…狭くなり…

 

 

日々の闇は…いっそう深くなってゆく…

 

 

ぼんやり…

 

 

家路につき…上を向いて歩く…

 

 

涙がこぼれないように…上を向くと…

 

 

お月様と…目が合った…

 

 

じっと…見つめて…泣き言を言う…

 

 

 

 

 

ごめんね…ごめんね…負けちゃったよ…

 

 

もう…闘うことに…疲れちゃった…

 

 

やめていいですか…逃げていいですか…

 

 

消えて…いいですか…

 

 

ほんと…疲れちゃった…

 

 

 

 

 

 

 

空に浮かんだ…清らかな…輝きは…

 

 

僕に…微笑んでくれた…ように…思えた…

 

 

いえ…

 

 

そう…思いたかった…

 

 

無理にでも…

 

 

そう…思わなければいけない…

 

 

 

 

 

そんな…気がしたの…

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

「ただいまっ!」

 

 

カラ元気で…居間のドアを開ける…

 

 

「おかえりなさい…」「おかえりっ!」「おかえり…」「おかえりなさい…」

 

 

ソファに寝転んだり…猫を撫でていたり…

 

 

テキストを広げていたり…お茶を飲んでいたり…

 

 

それぞれが…それぞれの…くつろぎで…テレビを見ている…

 

 

 

「…ただいまっ!なに?なに?…なに…みんなで…観てるの?」
 
 
 
コンペの落選など…
 
 
もう…どうでもいいことだと…思った…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月22日に…JR東日本とJR東海は…

 

 

臨時夜行快速「ムーンライトながら(東京〜大垣)」の…

 

 

運行終了を…発表した…

 

 

「走るスラム街」とも呼ばれた…この夜行快速列車は…

 

 

「青春18きっぷ」の旅の…スーパーヒーローだった…

 

 

窮屈…寒い…暑い…うるさい…眩しい…長い…眠れない…と…

 

 

苦行のような…夜行列車だから…

 

 

できれば…乗車したくないけれど…

 

 

覚悟を決めて…乗車すれば…

 

 

西日本の旅は…飛躍的に…広がる…

 

 

広島へいってみよう…出雲へいってみよう…

 

 

高知へいってみよう…下関へいってみよう…

 

 

どこへでもいけた…

 

 

そして…

 

 

きつく…辛く…長い…月光の夜は…

 

 

忘れられない思い出となって…僕に刻印される…

 

 

だから…好き…

 

 

不快だけれど…好き…

 

 

乗りたくないけれど…好き…

 

 

さようなら…ながら…

 

 

たくさんの思い出を…

 

 

ありがとう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JRによると…

 

 

お客さまの行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたことと…

 

 

使用している車両の老朽化のため…という理由だが…

 

 

僕の旅は…変化していないのに!

 

 

と…思いつつ…

 

 

僕も…かなり老朽化していることは間違いない…

 

 

もし…

 

 

いま旅をするならば…

 

 

「ムーンライトながら」よりも…夜行バス…

 

 

いえ…

 

 

新幹線グリーン車を…

 

 

選択してしまうかもしれない…

 

 

 

 

 

◉関連記事

 

ながら

 

大垣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年を占うような…重要なミーティングに備え…

 

 

半年ぶりに…髪の毛を切った…

 

 

 

 

 

 

初対面の…偉い方も参加されるミーティングなので…

 

 

第一印象は…なるべく…爽やかな髪型で…

 

 

明るく…元気で…真面目な人間であることを…強調したい…

 

 

時間になって…オンラインで繋がると…

 

 

挨拶も雑談もなく…いきなり…資料を見ながらの打ち合わせが始まった…

 

 

脳みそフル回転で…身振り手振りを交えて…

 

 

話しに話し…

 

 

瞬発力で…アイデアを…次々と言語化してゆく…

 

 

たっぷり70分…無我夢中…

 

 

なんとかかんとか…兆しを感じた頃に…

 

 

ようやく…終了の流れ…

 

 

参加者が…ブツリ…ブツリ…画面から消えてゆく…

 

 

僕も…退出ボタンを連打…

 

 

画面が…ブチっと…シャットダウン…

 

 

 

 

はっ!!

 

 

 

その瞬間…気がついた…

 
 
初対面の方に…
 
 
挨拶しなかった…声もかけなかった…
 
 
それに…先に退出しちゃった…
 
 
もしかしたら…相手は…
 
 
僕に挨拶をしようと…待っていてくれたのかもしれない…
 
 
ああ…
 
 
リアルだったら…こんなミス絶対しないのに…
 
 
まだまだ…リモートは難しいな…
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝…

 

 

いつものように…熊野神社を参拝して…写真を撮って…

 

 

綺麗になった新宿中央公園のベンチで…

 

 

インスタに写真を投稿していたら…

 

 

チャリンコに乗ったおっさんが…

 

 

ずんずん…僕に向かってきた…

 

 

 

「…あんた!!あんた…仕事あんのか?」

 

 

「…!えっ…僕ですか?……ま…まぁ…なんとか…」

 

 

「そうか!」

 

 

「…あ…あの…僕…無職に見えるんですか?」

 

 

「……ん……」

 

 

「ここで…仕事斡旋の声をかけられたのは…4度目です…」

 

 

「…いや…あんた…健康そうに…見えたから…一応…なっ…」

 

 

 

 

切ったばかりの…爽やかな髪型のはずの…僕が…

 

 

その筋の方たちからは…

 

 

相変わらず…無職の男に…見えることが…

 

 

悲しいやら…恥ずかしいやら…まったく残念だ…

 

 

でも…どこかで…ホッとする…

 

 

失敗ばかりで…本当に無職になったとしても…

 

 

こうして…ここにいれば…

 

 

誰かが…声かけて…救ってくれるのだから…

 

 

ありがたい…

 

 

とにかく…健康でいれば…

 

 

なんとかなるのかな…

 

 

 

 

 

 

◉関連記事

手配師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お上から…

 

 

家で仕事しろ!移動をするな!と言われているようなので…

 

 

スタッフに…

 

 

緊急事態宣言が明けるまで…休業するように…伝えた…

 

 

彼女は…

 

 

障害者短時間トライアル雇用で…うちに入社したから…

 

 

休業をすることで…

 

 

雇用期間はどうなるのか…

 

 

休業中の賃金はどうすればいいのか…

 

 

雇用調整助成金は申請できるのか…

 

 

ハローワークに…連絡を入れてみた…

 

 

電話を…2箇所まわされ…ひたすらの保留音…8分後…

 

 

ようやく…お話ができた職員の方は…

 

 

「…まず…雇用期間は休業した分…そのまま後ろにズレます…

新型コロナ特例のトライアル雇用実施計画変更届と…

新型コロナ特例の勤務予定表の再提出を行ってください…

現状のものではダメですよ…新型コロナ特例のものです…

記載方法は…◯の上に×を記入し…雇用期間を超える勤務予定日は…△で…

また…雇用調整助成金は対象外ですので…緊急雇用安定助成金の申請の場合…

新型コロナウィルス感染症の1号2号3号の様式で……

また協定書の作成が必要で…¥#▽〆*$←くぁwせdrftgy*/=○▼※△☆▲※◎★●・………」

 

 

「…ちょっとまって!全く意味不明です…やることも多すぎ!

もっとしっかりご説明聞かないと…わかりません!

いまから…そちらにお伺いしますので…

もう一度ご説明お願いできますか?できれば…あなたがいい…」

 

 

「…ハローワークは…予約制はとっていませんから…なんとも…」

 

 

「じゃあ…明日の9時ならどう??」

 

 

「……私は10時からです…」

 

 

「…10時10分にいきます!!5階ですよね!

 …ひるまデザイン事務所のひるま…と申します…お名前…よろしいですか?」

 

 

 

国家の緊急事態なのだから…

 

 

スタッフを…休業させるのは…当然だろうし…

 

 

国の仕組みを利用して…スタッフを雇用をしているのだから…

 

 

休業における手続きなど…ほとんどない…と思っていた…

 

 

電話を切って…泣きそうになった…

 

 

かなり煩雑な…手続き…解読できるのだろうか…

 

 

ああ…

 

 

休業なんて…させなければよかった…

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日…ハローワーク歌舞伎町庁舎5階へ行った…

 

 

電話で話した職員の方は…

 

 

想像通り…聡明な美女で…

 

 

かなり丁寧に…いろいろ教えてくれた…

 

 

やっぱり直接話すと…理解が早い…

 

 

ただ…いくつかの書類は…4階の管轄らしく…

 

 

4階に向かう…

 

 

「…あの…短時間トライアルで…雇用しているのですが…

緊急事態宣言を受けて…休業させているのですが…」

 

 

また一から説明しなおす…

 

担当していただいた職員の方は…

 

トライアル雇用のことをよくわかっていないらしく…

 

何か聞くたび…「少々お待ちください…」と席を離れ…

 

上司らしきひとに報告し…返答の指示を仰いでいる…

 

だんだん…イライラしてくる…

 

わかってるひとと…直接話をさせてよ!

 

 

 

 

「…こんにちは!」

 

 

 

 

ふっと…声をかけられた…

 

昨年…雇用のときにお世話になった職員の方だった…

 

 

「ああ!いま…彼女…休業させているんですよ…それでここに来たんだけど…

 僕は…何をすればいいの?」

 

 

「ご説明しましょうか?」

 

 

「ありがたい!!」

 

 

それからは…スムースに…話は進んだ…

 

 

「…しっかし…めちゃくちゃ大変ですね…休業なんてさせなきゃよかった…」

 

 

「…ですよね…こちらも…厚労省のホームページから解読するしかないので…

 泣きそうなくらい大変なんです…」

 

 

「へぇ…じゃあ…僕がめげるのは…正しいですねww…」

 

 

 

 

お役所に…

 

 

少しだけ…慣れてきたのかもしれない…

 

 

はやく事務所に戻って…

 

 

書類を…作成してみようと…思えた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…時が…戻ったわね…」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年…
 
 
 
醜く…罵りあって…
 
 
 
生涯…
 
 
 
二度と逢うことはない…と…
 
 
 
絶縁したはずの…ひとが…
 
 
 
焼肉をつつきながら…
 
 
 
僕に言った…
 
 
 
 
「…う…う…ん…そうだね…ごめんね…ありがとう…」
 
 
 
「…風……風の時代が…はじまるのよ…」
 
 
 
「…」
 
 
 
 
安い安い焼肉屋さんで…
 
 
 
ケチケチ食べて…
 
 
 
ドンキを冷やかし…
 
 
 
歌舞伎町を…ふらふらする…
 
 
 
風の時代のはじまりに…
 
 
 
なにも変わらない…いつもの時間が…
 
 
 
また…戻ってきた…
 
 
 
 
 
 
1
 
 
 
 
くっついたり…はなれたり…
 
 
 
 
はなれたり…くっついたり…
 
 
 
 
はなれたり…はなれたり…
 
 
 

ひとって…
 
 
 
 
強いね…弱いね…
 
 
 
 
淋しいね…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




いつものように…



制作データをまとめて…送信ボタンを押した…



年の瀬に…



またひとつ…



手がけていた雑誌が…休刊になった…



年明けから…



とうとう…無職になる…



3年前に…



「BIGtomorrow」が…廃刊になってから…



遅かれ早かれ…



雑誌の仕事が…消えてゆくことは…



わかっていたというのに…



雑誌に…しがみついたのだから…



自業自得…



いいの…いいの…



雑誌が…好きだから…



雑誌に…関わるひとが…大好きだから…



雑誌を…創れることが…ただ好きだから…



消えゆく定めだとしても…



後悔は…ないわ…



もう…十分創ったから…



雑誌は…いいよね…



お父さん…





3










とはいうものの…



今年の10月より…ひとを…雇用している…



「…来年の仕事が…なくまりました…ごめん…ひどい会社に…入っちゃったね…」



新人に伝える…



「……」



「…来年1年くらいなら…なんとか…維持できると思う…」



「……」



「…立て直してみるから…一緒にがんばってくれないか?」



「…は……い…」



僕を…信じてくれる…このひとにためにも…



なにも見えなくなった…明日に…向かわなきゃ…




「…ねぇ…歓迎会もやっていないし…来週…こっそり…2人忘年会やろう!」



「はいっ!」












































































































4月○日



手洗いばかりしているせいで…



指先の…油分が…枯渇して…



本の頁をめくることに…難儀するようになった…



そんな話を…家族にしたら…



娘が…ハンドクリームを…くれた…



年頃JKの…誕生日プレゼントの定番は…



ハンドクリームだそうで…



「たくさんあるから…パパにあげる!」と…



うれしい…うれしい…誤算だったけれど…



毎回…手のひらいっぱいに広がる…



甘ったるい…イチゴの香りに包まれ…



ふたたび…マスクをしたくなる…










4月○日



テレビに…



馴染みのある外観が…映し出されていた…



92人の…院内感染…



大規模な…クラスターが発生したそうだ…



ここは…



僕が…最後に…



生きている…父と…逢った場所…



僕の父が…



死んだ…病院です…



たぶん…



この病院で働く…多くの医療従事者と…



同じ…地下鉄を…使っているから…



僕が…毎日通勤で…



感染者と接触した可能性は…



ない…とは言いきれない…



COVID19が…また…近づいてきた…









4月○日



毎朝の…



西新宿の…通勤ラッシュは…



とても…8割減とは…思えません…



この後に及んで…なお…出勤している僕に…



声をあげる資格は…ないかもしれないけれど…



そもそも…都庁の職員って…



テレワーク…やってんの?



相変わらず…



3ヶ月…3ヶ月…3ヶ月…



謄本…納税証明…印鑑証明…



原本…原本…原本!



3ヶ月以内の原本!



実印…直筆…本人確認!とか…



アナログなことに…しがみついているんじゃないの?



僕のいる…東口は…ゴーストタウンだけれど…



西口だけは…ATフィールドで守られているのかよ?



号令出してる…あんたたちは…



東口の住人の苦しみを…想像したことあるのかい?



せめて…アベノマスクくらいして…



いま…出勤している私たちは…



…特権階級ですと…ひらきなおれや!





1






4月○日



「だいたい…あなたの…指示には…もう…うんざり…」



「ハァ????…ひるまさん!!!!…赤字よく見てんのかよっ!!!!!」





終わりの見えない不安に…



僕の…沸点が…



かなり低くなって…



たとえ…大切なクライアントであろうと…



触るもの…四方八方に…



総攻撃を…加えてしまう…



なぜ…前のめりで…



玉砕したいのか…わからない…



はやく…楽になりたいだけかもしれない…



いえ…そうじゃなくて…



ほんとうの…実力を…ただ知りたいのです…



僕は…



いまの時代に…



価値のある…



仕事ができる…



人間なのでしょうか?



僕は…



新型コロナ陰性だとしても…



お仕事…



させて…



いただけるのでしょうか?



このまま…



生きていて…



いいのでしょうか…?



コロナ禍よ…



僕の…審判を…して下さい…











































































































緊急事態宣言が…発令されたのに…



新宿は…そこまで…ひとが減ったわけではありません…



朝の…地下鉄は…



肩が触れない程度の…混雑具合で…



ガラガラには…程遠い…



高層ビル群は…



平時の土曜日や…お盆の頃よりも…



オフィスに向かうひとが…多い…



東京都庁で…働くひとが…多いはずだから…



こんなもの…なのかもしれないけれど…



熊野神社の参拝者も…日を追うごとに…増え…



境内のベンチに腰を下ろし…ぼんやりしているひとを…



目にすることが…多くなった…



ただの散歩か…絶望の果ての神頼みか…



一方で…



東口…歌舞伎町は…



確かに…ひとは少なくなった…



事務所から見下ろす…新宿は…



平時の午前5時頃の…風景によく似ている…



歩いているひとは…少ないけれど…



ひとが…途絶えることはない…



奇声を発する若者たちも…消えたわけではない…



歌舞伎町を…歩くと…



4月8日から12日まで…臨時休業っていうお店が多い…



休業したくないけれど…仕方なく…様子を見る…というところか…



次に多いのが…再開日は未定…というお店…



日々の状況や…周りを伺いつつ…ベストな再開日を…狙っているのかな…



そして…政府に倣い…5月6日まで休業っていうお店も…



思考停止か…諦めか…いえ…体力のある優等生のお店…なのだろう…



気になるのは…



朝っぱらから…缶チューハイ片手に…



徘徊しているひとを…見かけることが…



多くなったこと…



ひとが消えた…歌舞伎町の主役が…変わりつつあるのかもしれない…



いま…なにが起ころうと…この新宿で…



平常運転を…続けているのは…



建設関係…



事務所の周りも…建設ラッシュ…



目の前の一棟貸しの商業ビルは…大規模なリニューアル工事中…



また…



紀伊国屋書店本店の両隣の…



建設中の巨大ビル2棟は…



週末だろうと…深夜だろうと…お構いなく…



ドンドン…ガンガン…ギンギン…ゴンゴン…



トカトンカン…



四六時中…轟音を…響き渡らせている…



平時であれば…うるさい雑音に過ぎないのに…



いま…



この…明日を創り出している…音に…包まれると…



緊急事態宣言すら…どこか…遠くに…感じてしまう…



生きるための…力強い…轟音に…



聴き惚れてしまう…









1







父は…死ぬまで…自宅で仕事をした…



僕は…幼少の頃から…それが…とても嫌だった…



はじめは…僕も…2年ほど自宅で仕事をしたけれど…



やっぱり…自宅で仕事を続けることは…難しかった…



だから…新宿に出た…



それから15年…



なにがあろうと…365日…新宿に向かう…



新宿にいるから…仕事ができる…



騙されようが…脅されようが…盗まれようが…



もはや…新宿は…仕事の一部…



出勤を…することくらい…問題ないと…思っていたけれど…



いまの…新宿は…



ひとが…多すぎ…出勤しすぎ…動きすぎ…



これは…



あまり…よくないことのように…思えます…



いよいよ…



出勤を…自粛するべきかもしれない…



それは…



僕の仕事の…死…を意味するのだろうな…

























































































































3月25日に…



東京都が…週末の外出自粛を要請した頃から…



びくびく…



そわそわ…



どきどき…



ばくばく…



出勤することに…恐怖を感じるようになった…



いいの?いいの?



僕は……



僕の会社は……



デザインという仕事は……



不要ですか? 必要ですか?



不急ですか? 火急ですか?



ねぇ…それは…誰が決めるの?



僕が…命をかけて…判断すればいいのですか?



「…仕事がなくなろうが…お金がなくなろうが…



感染しようが…家族が傷つこうが…文句は言いません…



すべては…自己責任です…



もちろん…補償も…望みません…



補助金・助成金も…いりません…



もし…感染したら…謝罪します…



適切な治療が受けられなくても…我慢します…



それでも…それでも…



確実に…納税は…いたします…」



こんなふうに…宣言すれば…



僕は…出勤していいのでしょうか…



おどおどする…毎朝…



無理やり…顔を上げて…



なるべく…大きな声で…



熊野神社の…神職さんに…



「おはようございます!」と…ご挨拶することで…



なんとか…かんとか…



平常心を…創り出しています…








1










このところ…



帰宅してからの…



お酒の量が…増えてきちゃった…



焼酎を…舐めながら…テレビをつければ…



「はい!こちら!新宿です!…日本一の歓楽街も…いつもとは違って…」



神妙な顔してるものの…はしゃいでいることを…隠しきれない…リポーターが映っている…



あ…わかった…



僕は…新宿で…働いているから…怯えてしまうんだ…



いま…



歌舞伎町のキャバ嬢…風俗嬢…それにスカウトたちに陽性反応が…急増しているから…



わかりやすい…悪…を糾弾したくて…



うずうず…しているひとを…感じてしまう…



誰にも言えない胸の内に…ほんとうは…大規模なクラスターを望み…



わくわく…しているひとを…想像してしまう…



外出自粛要請を…無視し…



3階で…ガールズバーが営業している…ビルの…



4階に…出勤するような人間は…



非常識で…不謹慎で…社会から排除していい人間だ…



そんな空気が…生まれていそうで…



毎日…



新宿に…出勤することが…怖いのです…



ウィルスよりも…ひとが…怖いのです…