新宿 鼠通り

新宿 鼠通り

逃れよ…強壮な風の吹くところへ…

 

 

 

 

息子が…

 

 

なぜか…家庭用血圧計を…くれた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お!ありがとう!早速…測ってみるね!」

 

 

カフを手首に巻き…スイッチオン…

 

 

ウィーン…という音ともに…

 

 

デイスプレイの…数字が上がってゆく…

 

 

20…40…46…51……

 

 

…90…94…100…105…108…111…

 

 

…150…156…162…168…170…

 

 

ウィーン…ウィーン…

 

 

カフは…

 

 

空気の圧迫を…強めてゆくばかり…

 

 

…190…194…200…204…

 

 

ん?

 

 

止まれよ…

 

 

ウィーン…

 

 

…205…206…207…

 

 

止まれ…止まれ…止まれ!

 

 

息子とふたり…祈るような…気持ちで…

 

 

ディスプレイを凝視…

 

 

おい!

 

 

いいかげん…止まってくれよ…

 

 

 

 

 

プシューッ……

 

 

 

 

ようやく…圧迫から…解放されると…

 

 

ディスプレイには…見たこともない数字が…

 

 

点滅していた…

 

 

 

 

 

214/115mmHg

 

 

 

 

 

「え……なにこれ?壊れてるんじゃね?」

 

 

「お…おやじ…こ…これは…やばいよ…」

 

 

「…あはは…確かに…上が200越え…下も100越え…嫌な数字だな…あはははは…」

 

 

 

測り直しても…数値の変化は…あまりなかった…

 

 

健康診断は…10年以上受けていない…

 

 

コロナ禍で…お酒の量は…確実に増えた…

 

 

どこかの具合が悪いわけではないが…

 

 

僕の身体は…いま…

 

 

いったい…どうなっているのか…

 

 

息子の顔を…ぼんやり見つめながら…

 

 

この数字から…逃れたくて…逃れたくて…仕方かがなかった…

 

 

ああ…

 

 

血圧なんて…測らなければよかった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の…血圧の数値が…

 

 

放っておいては…いけないレベルだと知って…

 

 

数日後…

 

 

仕事関係の方に…不幸があった…と…連絡をもらった…

 

 

僕と同じ年齢の方が…

 

 

ヒートショックで…心不全を起こして…亡くなったそうだ…

 

 

本当に…突然のことだったらしい…

 

 

ドキリとした…

 

 

いえ…

 

 

慌てた…怯えた…震えた…

 

 

本当に…怖くなった…

 

 

熱い風呂が大好きな…僕が…

 

 

寒い脱衣所で…倒れている姿を…想像することは簡単だった…

 

 

ダメ…

 

 

まだ…ダメだよ…

 

 

子供たちが…卒業するまでは…

 

 

まだ…死んじゃ…ダメ…

 

 

…ようやく…

 

 

10年ぶりに…健康診断を受けなければいけない…と

 

 

覚悟できた…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…デザインの仕事のような…手に職…であれば…

障害者の方も…自立して生きていくことが…

できるんじゃないかと思って…雇用をしています…」

 

 

「………」

 

 

「ミスすれば…叱るし…創ったものが…商品にならなければ…

創り直してもらうし…創ることができなければ…勉強しろ!努力しろ!と伝えます…」

 

 

「………」

 

 

「出勤できないとか…社会的常識がないとか…どうでもいい…

…創ることができるか…努力ができるか…ただそれだけを…問います…」

 

 

「………」

 

 

 

 

 

 

「はじめての障害者雇用」というセミナーに参加した…

 

 

障害者雇用に取り組んで…かれこれ…4年…

 

 

さまざまな経験をしてきたから…

 

 

僕の経験談は…それなりに…有益かもしれないと思い…

 

 

グループディスカッションの時に…

 

 

思い切って…話してみた…

 

 

でも…

 

 

グループの方たちは…

 

 

不思議そうな顔を…僕に向けただけで…

 

 

反応は…まったく…なかった…

 

 

 

 

………そうか…

 

 

 

 

なるほど…

 

 

ようやく…

 

 

障害者雇用の…現実を理解できた…

 

 

セミナーに参加した…30名ほどの方たちは…

 

 

法律に定められている…障害者雇用率が達成できていない企業の方たち…

 

 

障害者雇用率が達成できていないと…

 

 

厚生省が「障害者雇用率達成指導」を勧告し…

 

 

さらには「企業名公表」するので…

 

 

仕方なく…

 

 

障害者雇用を…調べてみるか…と…

 

 

重い腰をあげ…このセミナーに参加したようだ…

 

 

だから…

 

 

障害者を雇用する義務など…まったくない…

 

 

ウチのような…ちっぽけな会社が…

 

 

なぜ…積極的に…障害者を雇用するのか…

 

 

意味が…わからないようだ…

 

 

うーん…義務とかではなくて…

 

 

働く場を…生み出すことだって…経営者の仕事でしょ…

 

 

人財の開発は…仕事との出会いが…大事でしょ…

 

 

なにより…差別はいかんでしょ…

 

 

デザイナーやイラストレーターは…

 

 

創ったものが…商品だから…

 

 

いい商品を…創ることができれば…

 

 

目を見て話すことができない…とか…

 

 

じっとしていられない…とか…

 

 

あまり…問題ではない…

 

 

ものを創って生きていきたいという…情熱と姿勢は…

 

 

障害者と健常者を…差別することはない…

 

 

創ったものだけが…自分の評価…

 

 

社会からの…評価を得ることができれば…

 

 

自立して…生きていくことができる…

 

 

先生…と呼ばれる人生だって歩むことができる…

 

 

だから…

 

 

僕は…チャレンジしているのです…

 

 

 

 

 

 

 

 

グループディスカッションは…

 

 

どんな障害だと雇用しやすいか…ということが…

 

 

話題になっていた…

 

 

 

「身体が…楽でいいですよ…精神は…うーん…」

 

 

背広の襟にSDGsのバッジを輝かせている…誰かが…話している…

 

 

あたらず…さわらず…

 

 

戦力として期待もしないけれど…

 

 

社員ともうまくできて…

 

 

問題が起こることがないような…

 

 

障害者を雇用するには…どうすればいいのか…

 

 

参加者の方たちは…

 

 

そんな悩みの答えを…求めているようだった…

 

 

僕は…

 

 

ずっと…とんちんかんな…夢を…

 

 

振りかざしていたのかもしれない…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…こ…この書類にサインをしろ…というのですか…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

送られてきた…書類には…

 

 

僕には…一切の権利がないことが…明記されていた…

 

 

 

 

「…いえ…強制ではありません…」

 

 

 

「でも…サインを拒否したら…僕への発注は…止まるんだろ…」

 

 

 

「…いえ…発注は部署が違いますから…」

 

 

 

「…同じフロアでしょ…あんたたちの…やってることは…踏み絵のようだね…」

 

 

 

「……」

 

 

 

「仕事が欲しければ…忠誠を誓え!ひれ伏せ!サインしろっ!と…」

 

 

 

「……」

 

 

 

「そこまでして……働く尊厳まで…奪われて…僕は…ものを創りたくないです…」

 

 

 

「…わかりました…書類の提出は…けっこうです…」

 

 

 

 

 

 

 

またひとつ…

 

 

クライアントに…反発して…

 

 

仕事を失った…

 

 

フリーランスは…つまらないプライドが…命取りだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

はやく…はやく…殺してくれよ…

 

 

 

 

 

 

四方八方噛みつくことしかできない…

 

 

価値のない人間は…

 

 

世の中から…審判を下され…

 

 

はやく…はやく…

 

 

抹消されてしまいたい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新宿西口の立ち食いそば屋さんで…

 

 

アルバイトを募集していた…

 

 

連絡する勇気があって…

 

 

面接に合格することができて…

 

 

午前6時から…お昼くらいまでのシフトだったら…

 

 

すぐにでも…働くことができそう…

 

 

壁紙職人は…見習いにすら…なれなかったけれど…

 

 

立ち食いそばなら…なんとかなるかな…

 

 

それもまた…傲慢な判断なのかな…

 

 

なんでもいいから…お金を稼がないと…

 

 

そういえば…

 

 

立ち食いそば屋さんで働く!と啖呵を切って…

 

 

ウチを辞めていったひとがいたな…

 

 

ふふふ…

 

 

あのとき…全く理解できなかったけれど…

 

 

いま…僕は…同じことをしようとしているのだね…

 

 

いえ…

 

 

でも…誰かから必要とされる限り…

 

 

僕は…創り続けなければいけない…と思っています…

 

 

僕は…なんか…いつも…自分を試していないと…

 

 

安心できないほどの…小心者なんです…

 

 

たとえ…契約書にサインをしなくても…

 

 

もし…現場のひとたちが…

 

 

今までの…僕との仕事で…

 

 

僕が創ったものに…なんらかの価値を感じてくれていて…

 

 

…ひるまに仕事を発注できないことは困る…と…

 

 

思ってくれたなら…

 
 
なにかが…変わるかもしれない…と…
 
 
デザインの持つ力を…
 
 
相変わらず…青臭く…信じているのです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あんた…足場…上がったことあるんか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

頭にタオルを巻いた…しなやかな体つきの職人さんは…

 

厳しい目つきで…僕に声をかけてくれた…

 

 

 

「…いえ…は…はじめてです…」

 

 

「…ふっ…大丈夫かぁ…あんたいくつだ?」

 

 

「…57です…」

 

 

「……俺は62…この道40年…足の裏に…目があるんだ…」

 

 

「…は…い…」

 

 

「…ここまできたら…まず足の裏が気づき…自然と手が柱を掴んでくれる…」

 

 

「…はい……」

 

 

「…だから…どんな作業をしていても…落ちねぇんだ…」

 

 

「…僕の足の裏に…目はありません…」

 

 

「…だろうな…大丈夫かぁ?」

 

 

「はい!気をつけますので…上がらせてください!」

 

 

 

 

 

 

新しい仕事を…模索中で…

 

 

ずっと憧れだった…職人を目指してみようと思った…

 

 

親方に頼み込んで…

 

 

1週間現場で働かせてもらった…

 
 
でも…
 
 
なにもできず…
 
 
ただ…邪魔なだけの…自分を…
 
 
惨めに…確認しただけだった…
 

 

そりゃそうだよ…

 

 

マウスより重いものを…持ったこともないくせに…

 

 

こんな現場で…いったい僕に…何ができるというのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「60過ぎたら……思うように動けなくなってよ…

 

 

 

家に帰ってから…どっか飲みに行こう…なんてできなくなっちまったよ…」

 

 

 

休憩時間に…頭にタオルを巻いた職人さんが…話しかけてくれた…

 

 

 

「…へぇ…疲れが取れないってことですか…」

 

 

 

「肉体労働は…60までしかできねぇ…ってことだよ…」

 

 

 

そうか…

 

 

僕が…いまから…壁紙職人を目指すことは…

 

 

技術の習得以前に…肉体の老化のため…

 

 

はじめから…不可能だったんだ…

 

 

ふぅ…

 

 

なんの未来もみえない…ただ疲れただけの…

 

 

1週間が…ようやく終わった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…あと…2年…お願いできないかな?」

 

 

 

 

 

 

大学4年の息子が…

 

 

真面目な顔をして…僕に言った…

 

 

 

 

 

「…大学院に…進学したいんだ…」

 

 

「…も…もちろんだとも!…学費のことは心配しなくていいぞ…」

 

 

 

 

 

僕の…息子が…

 

 

理系の修士を目指すとは…

 

 

かなり…驚きだった…

 

 

なんだか…

 

 

確実な人生を…歩んでいるなぁ…

 

 

いいな…いいな…

 

 

眩しいな…羨ましいな…

 

 

ピカピカの未来に…

 

 

嫉妬すら覚える…

 

 

 

「…しっかり勉強して…しっかり就職してくれよ!」
 
 
「うん!頑張るよ!」
 
 
「そして…いつか…オヤジを寝台列車に乗せてくれよ…」
 
 
「いいね!一緒に大名旅行をしよう!」
 
 
 
 
息子と2人…
 
 
いままで…20回以上…
 
 
日本全国…あちこち旅してきたけれど…
 
 
いつか…
 
 
息子が自らの力で稼いだお金で…旅をさせてもらいたい…
 
 
それは…
 
 
父親としての…ひとつのゴール…
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

仕事がなくなった…この数年…

 

 

息子と娘がいたから…なんとか…生きていることができた…

 

 

子供たちに…心配をかけてはいけない…

 

 

無職になって…オロオロする姿を…見せてはいけない…

 

 

悲しませてはいけない…不幸にしてはいけない…

 

 

ただ…その想いだけが…僕を動かし続けた…

 

 

疲れ果て…自信喪失の…憔悴の夜も…

 

 

打ちひしがれて…明日が見えない…絶望の夜も…

 

 

子供たちに「おかえり…」と声をかけてもらっただけで…

 

 

涙を止め…顔をあげることができた…

 

 

でも…

 

 

それは…いいことなのだろうか…

 

 

酒だ…女だ…酒だ…酒だ…男だ…

 

 

旅だ…音楽だ…文学だ…

 

 

仕事だ…仕事だ…仕事だ!

 

 

家族なんて…二の次…三の次で…

 

 

誰にも縛られず…どこにもひれ伏さず…

 

 

感じるまま…思うまま…なにかを掴みたくて…

 

 

新宿で…ずっと踏ん張っているのに…

 

 

子供たちに…命を捧げる人生にしちゃって…いいのかよ?

 

 

この1年半…

 

 

結局…何者にもなれない…負け犬人生であることが…

 

 

残酷に…炙り出されてしまったから…

 

 

僕は…生きなければならない意味を…

 

 

子供たちの成長を見守る…ということに…

 

 

すり替えてしまったのかもしれない…

 

 

 

 

 

それは…ダメでしょ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月曜日…

 

 

豊島区役所へ…

 

 

駅から遠くて…やたら広くて立派で…居心地が悪い…

 

 

 

 

火曜日…

 

 

ハローワーク歌舞伎町庁舎へ…

 

 

ラブホ街にあるし…顔見知りの職員の方もいて…嫌いじゃない…

 

 

 

 

水曜日…

 

 

労働基準監督署へ…

 

 

労働保険の保険料支払い手続き…相変わらず全く理解できない…

 

 

 

 

木曜日…

 

 

東京法務局…新宿出張所へ…

 

 

 

登記ネット  なる仕組みがあって…待ち時間ゼロで取得できて便利…

 
 
 
 
金曜日…
 
 
新宿都税事務所へ…
 
 
昭和のまま…無駄に広い…念のため実印を持っていってよかった…
 
 
 
ふう…
 
 
 
ふう…
 
 
 
ふう…
 
 
 

今週は…

 

 

毎日…お役所巡りをした…

 

 

極度の小心者で…お役所嫌いで…

 

 

待つことも苦手なので…

 

 

毎日…窓口が開く…午前8時半に行った…

 

 

手続きという行為全般…理解不足のため…

 

 

僕の…基本的な…姿勢は…

 

 

オタオタ…オドオド…ビクビク…

 

 

だから…窓口で…職員から…

 

 

申請書類の不備を指摘されようものなら…

 

 

パニックを起こし…結界が一瞬で崩れ…

 

 

「はぁ???こんな言い回しでわかるわけがない!

 なんでこんなわかりにくいデザインなのですか?」と…

 

 

声を荒げてしまう…

 

 

そんな…迷惑な…市民を演じたくはないから…

 

 

毎朝…毎朝…

 

 

脆く…弱く…社会的不適合な…自分を…

 

 

ほめて…おだて…なだめすかして…

 

 

手続きに臨んだ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あなたたちは…ああしろ!こおしろ!と…わかりにくく伝えるばかりで…僕は…真面目に実直にやろうと思っているのに…理解がまったくできない!どうすりゃいんですか?」

 

 

「…労働者は…立場が弱いじゃないですか…だから…いろいろな仕組みがあるんです…」

 

 

「だから!経営者として…そのルールは守りますよ!でもやり方がわからない!

 労働者の味方するばかりで…経営者には…なにも教えてくれないんですか?」

 

 

「……」

 

 

こんなやりとりを繰り返すたび…

 

 

僕は…骨の髄まで…経営者失格なんだな…と…

 

 

悲しくなってしまう…

 

 

早く…辞めてしまいたいな…

 

 

経営者…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

185系の「踊り子」号に…
 
 
最後に…乗車しておきたくて…
 
 
ふらりと…伊東まで来てしまった…
 
 
とりあえず…
 
 
観光案内所で…地図をもらう…
 
 
本当は…
 
 
天気がいいので…海でも眺めていれば…十分なのだけれど…
 
 
一方で…
 
 
もう…二度と来ることはないかもしれない…と…
 
 
あくせく…名所を見てみたいとも…考えてしまう…
 
 
なんだか…僕は…貧乏だな…
 
 
ただ…185系に…乗車したかっただけなのに…
 
 
結局…
 
 
3時間ほど…街を歩き…海を眺めて…
 
 
駅に戻った…
 
 
「すみません…東京までの指定席1枚ください…」
 
 
「はい…16時02分発の…踊り子ですね…」
 
 
「あの…この列車は…イッパー…………ひゃ…ひゃくはちじゅうご系ですか?」
 
 
思わず…「イッパーゴー」と言いそうになってしまった…
 
 
鉄ヲタは…185系を…「イッパーゴー」と言うひとが多い…
 
 
口にすると…破裂音が…心地いいし…最後に「ゴー」と延ばせるのもいい…
 
 
でも…
 
 
185系の引退は…ニュースにもなり…
 
 
いま…かなり注目されているから…
 
 
口にするのは…
 
 
ちょっと…恥ずかしかった…
 
 
 
 
 
 
 
…と思ったのだけれど…
 
 
こんな商品を見かけたので…
 
 
185系を…「イッパーゴー」と言うのは…普通のことらしい…
 
 
ともあれ…
 
 
僕にとっての…
 
 
185系のラストラン…
 
 
お酒と…おつまみを…しっかり準備して…
 
 
入線を待った…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小田原から…東京までは…
 
 
 
ガラガラの車内で…お酒を飲みながら…
 
 
 
窓を開け…ずっと…流れる景色を見ていた…
 
 
 
大船…横l浜…川崎…品川…と…
 
 
 
特急電車で…窓を開けての…首都圏への爆走など…
 
 
 
もう二度と…経験することはできないだろう…
 
 
 
だから…
 
 
 
東京駅まで…1時間…
 
 
 
爆音に…包まれ…
 
 
 
顔いっぱい…外気を浴び…
 
 
 
僕が…いちばん…シアワセを感じる…
 
 
 
鉄道の旅を…
 
 
 
決して…忘れないよう…全身に刻んだ…
 
 
 
さようなら…
 
 
 
イッパーゴー…
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものように…

 

 

カツサンドを購入しようと…

 

 

東京駅の…

 

 

駅弁屋「祭」をのぞいた…

 

 

 

 

 

「…ん〜ん…どうしようかな…」

 

 

「せっかくの記念なんだから…買っちゃえば?」

 

 

「うん…やっぱり…買うべきだよね…」

 

 

こんな…若者の会話を耳にしたので…

 

 

なにげなく…若者の手元を見て…目が釘付け…

 

 

その手には…

 

 

「踊り子185系記念弁当」が…輝いていた…

 

 

 

 

おおっ…こ…こんな…お弁当があるんだ…

 

 

これは…僕も欲しい…

 

 

踊り子号185系…最後の乗車で…

 

 

相模湾を…眺めながら…

 

 

記念のお弁当を…いただけるなんて…

 

 

うっとりするような時間に…なるはずだ…

 

 

ああ…

 

 

仕事を放り出して…

 

 

東京駅に…来てよかった…

 

 

 

 

若者の後を追うように…
 
 
お弁当を手に…レジへ向かった…

 

 

 

 

 

 

 

 

10時30分に「踊り子9号」東京駅を出発…

 

 

床下より…グォーンと…モーターが吠える…

 

 

これだよ…これ…

 

 

この音…この匂い…この乗りごごち…

 

 
我慢できず…お弁当の包みを開ける…
 
 
中身よりも…まず…外箱に…目がいった…
 
 
185系の…緑の3本ラインが入っている!
 
 
極め付けは…箸袋…
 
 
「ありがとう。踊り子号185系。」とプリントされた…
 
 
特別仕様だ…
 
 
これは…かなり貴重だ…
 
 
もう二度と…手に入れることはできないだろう…
 
 
できれば…使いたくない…
 
 
持ち帰って…鉄ヲタの…息子に…
 
 
お弁当の掛け紙とともに…プレゼントしたい…
 
 
でも…
 
 
お弁当は…どうやって…食べればいいのだろう…
 
 
太巻きや鯖寿しは…手で食べてもいいけれど…
 
 
しらすご飯とか…まぐろの角煮ごはんとか…
 
 
ひじきとか…ポテトサラダとかは…
 
 
やっぱり…お箸を使いたい…
 
 
でも…
 
 
このお箸は使いたくない…
 
 
カバンの中を探しても…
 
 
代わりになるようなものは見つからない…
 
 
どうする…どうする…どうしよう…
 
 
発泡酒を飲みながら…
 
 
かなり本気で悩んだ…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
幸い…空いている車内…
 
 
もちろん…僕の横にも誰も座っていない…
 
 
結局…
 
 
手で食べた…
 
 
インドの旅を…思いだしながら…
 
 
手で食べた…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もちろん…美味しかった…

 

 

けれど…

 

 

でも…

 

 

やっぱり…

 

 

日本にいるときは…

 

 

お箸で…

 

 

お食事をしたいものです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

185系…

 

 

という電車がある…

 

 

JRがまだ…国鉄だった1981年に…運行を始め…

 

 

この3月で…登場から40年を迎えた…

 

 

国鉄型特急電車…

 

 

伊豆方面の「踊り子」号を中心に…

 

 

首都圏の通勤などの「ライナー」号としても…

 

 

大活躍した…電車…

 

 

新宿駅でも…

 

 

「踊り子」号として…「おはようライナー新宿」として…

 

 

毎日…運行ダイヤに組まれているので…
 
 
それなりに…見慣れた電車…

 

 

この185系が…

 

 

3月12日をもって…定期運行を終了することになった…

 

 

「185系が…引退しちゃう…」という話は…

 

 

ずいぶん前から…話題になっていたけれど…

 

 

僕は…

 

 

デザインが…特急らしくないので…あんまり好きではなかった…

 

 
でも…
 
 
「踊り子」として…「ホームライナー」として…
 
 
「ムーンライトながら」として…
 
 
いままで…
 
 
たくさんの思い出を作ってくれた…
 
 
185系に…
 
 
もう二度と…乗車できないのは…
 
 
やっぱり…寂しい…
 
 
国鉄時代の…最後の生き残り特急電車で…
 
 
令和のいま…
 
 
昭和の旅を…
 
 
してみたいと…思った…
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

世の中は…

 

 

相変わらず…

 

 

緊急事態宣言発令中…

 

 

不要不急の外出は…

 

 

控えるべきなのだけれど…

 

 

いま…乗車しないと…

 

 

爆音モーターも…大きなドアの開閉も…

 

 

和式便所も…開閉可能な窓も…

 

 

もう…二度と…経験することができないの…

 

 

最後の…昭和の特急に…乗車することは…

 

 

僕にとっては…

 

 

たぶん…

 

 

有要なことなのです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「新薬は…2週間に一度…皮下注射によって…投与する必要があります…

 

注射の費用は…1回…50,000円です…」

 

 

 

 

 

 

病の克服…という…

 

 

難しい判断を…迫られた…

 

 

直感は…

 

 

 

 

 

否…

 

 

 

 

2018年に承認された…新薬…

 

 

腹部または太腿に…自分で…針を突き刺し…投与する…

 

 

治療期間は…最低でも6ヶ月以上…

 

 

効果は…投与しなければ…わからない…

 

 

そもそも…生物学的製剤とか…抗体医薬品とか…

 

 

いったい…なんなの?

 

 

新薬だから…たくさんデータが欲しいから…

 

 

実験台になるだけなんじゃないの?

 

 

いま…

 

 

藁をもすがるほど…苦しく…辛いわけではない…

 

 

お金が…

 

 

潤沢に…あるわけじゃない…

 

 

まだ…

 

 

新薬なんかに…賭ける必要は…ないはず…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ヒト型抗ヒトインターロイキン(IL)-4/13受容体モノクローナル交代制剤は…

 

IL-4受容体αサブユニットに結合し…IL-4及びIL-13を抑えることで…改善する…」

 

 

と…いただいた資料には…書いてある…

 

 

まったく…意味不明の文章…

 

 

学習する気にもならない…

 

 

影響を及ぼすような…食べ物の…摂取を控え…

 

 

規則正しい…生活を心がけ…

 

 

快適な…睡眠を摂り…

 

 

ちょっと…運動して…

 

 

それに…

 

 

たくさん…泣いて…

 

 

たくさん…たくさん…笑って…

 

 

自らの…免疫能力を…信じること…

 

 

それが…

 

 

一番の…特効薬…なんじゃないかと…

 

 

ずっと…

 

 

信じています…