はしもと歯科医院のブログ

はしもと歯科医院のブログ

広島市中区西川口町12-3

初めまして!

はしもと歯科医院、副院長の橋本佳樹です!

 

この度、ブログの執筆という大命を仰せつかりまして…何を書こうか1週間悩みました(´・ω・`)

 

やっぱり歯医者さんとしては皆さんにむし歯の事をお伝えしたほうが良いのかな?

いやいや、歯周病も大事だしな〜と悩んでいたらあっという間に月日がたってしまい…

いつの間にか今年も花粉症の季節〜なんて朝のニュースで流れ出しましたね(*´ω`*)

 

そんなこんなで初めてブログに書くのは歯科と花粉症についてです!笑

正確には、歯科とスギ花粉症免疫療法です(;´∀`)

 

実は私も花粉症でして…流行の季節はズレているのですが毎年5月、GW頃は大変な思いをしております。

ですがここ数年症状はかなり緩和されており…というのも、2018年より販売開始された免疫療法をしているからなのだと思います。(もちろん個人差はあると思いますよ!)

 

この免疫療法で使う薬がタイトルにもある『シダキュア』なのです!( ・ิω・ิ)

花粉症にお悩みの方は一度は聞いたことがある名前かもしれませんね。

 

このシダキュア、スギ花粉の成分が含まれた錠剤を舌の裏に入れて、粘膜を通って早く血中に吸収される!というものなのですが…『数年間毎日』花粉が飛んでない季節も服用し続けて身体を慣らしていく必要があります。

 

さて、ここまでお読みになった方は「なんで歯医者が花粉症の薬の事、話しよるん(´・ω・`)?」とお思いになるでしょう。

 

このシダキュアですが、直接、血液に触れて体内に入ると強いアレルギー反応を起こすと考えられています。

歯科で言えば、お口の中に傷があったり、抜歯や歯周病の手術なとの後にシダキュアを服用するとアレルギー反応が出る可能性がある、ということですね。

 

特に奥歯の方…親知らずなどを抜歯した場合などは、そこでアレルギー反応が出て粘膜が膨れ、気道を塞いでしまう危険性があります。

大人と比べると子供の方が大きく膨れる危険性もあるので特に注意は必要です。

 

シダキュアの案内には口の中に傷や炎症があるとき、抜歯など口の中の手術や治療を行ったときには服用前に医師に相談してください、とあります。

 

シダキュアを使用中で抜歯などの血が出る処置を予定されてる方は一度、医師の先生に相談しておいて下さいね(´・ω・`)

 

そして、シダキュアなのですが歯科医師の中では知らない先生方も多いと思います。

2018年と近年使われ始めた薬ですので周知はまだまだ…しかも通年で服用するものなので花粉症の時期でなくても服用していて歯科医師側も「花粉症の薬、飲んでないですか?」と聞いて無い事も…

そのため、皆さんには薬局と歯科医院で必ずお薬手帳の提出をお願いします!٩(๑òωó๑)۶

 

いちいちお薬手帳…出すのは正直面倒…

その気持ち、凄く分かります!自分でもシダキュア処方される度、お薬手帳にシダキュアだけ増えていくの見て出さんでもいいかな〜なんて思ってしまう事あります(;´∀`)

 

ですが、何かあってからでは遅いです!

注意一瞬怪我一生の気持ちで必ず提出をお願いしますね( ・ิω・ิ)

 

それと、シダキュアは服用していても外科処置でなければリスクは無いですし、休薬も可能です。

服用しているから治療は辞めておこうとか、治療があるからシダキュア辞めておこうなどの判断はご自分ではしないようにしてくださいね!

必ず医師、歯科医師にご相談してください!

 

さて、最後になりますが…

シダキュアは危ないお薬ではありませんよ!

どんなお薬も大小、副作用やリスクはあります。

大切なのは正しく服用してリスクを最小限に抑えることです(´・ω・`)

 

それでは、初めてのブログで長くなってしまいました…

次はもっと簡単なものにしたいですね(*´ω`*)

では次のブログでお会いいたしましょう

(´・ω・`)ノシ

こんにちは。

広島市中区西川口町 はしもと歯科医院、院長の橋本隆です。

 

さて、今回は最近の子どもたちに起こっている健康に関わる大きな問題

についてお話します。

 

健康関わる問題、それは「顎の成長」です。

 

 

小学生になると乳歯から永久歯に生え変わりが始まります。

前歯が生え変わっていくときに、きれいに並ばなくてガタガタになってしまったり、

明らかに永久歯が生えるスペースが足りなかったりする子どもたちが増えています。

 

↑ガタガタな歯並び

 

↑スペース不足

 

このような歯並びになってしまうのは、顎の骨が正常に成長していないことが原因です。

このままでは永久歯がきれいに並ばないだけでなく、健康にも悪影響が出てきます。

顎の骨の成長が不十分で歯並びの悪い不正咬合の子どもたちの特徴として次のような特徴があります。

 

 

 

 

これらの症状は顎の骨が小さいために

鼻での呼吸が十分にできないことから起きている場合が多いようです。

 

 

以前は歯をきれいに並べることが矯正治療の大きな目的でしたが、

現在は、歯列不正や不正咬合の元々の原因である顎の成長を促し、

正常な機能を獲得することも目的とした治療へと変化しています。

 

 

 

では、どのようにして顎の骨の成長を促していくかを解説します。

このような装置を用い、上顎の骨を広げることにより拡大させていきます。

 

     ↓

 

 

 

 

下の歯は内側に倒れた歯を起こすことで歯列を大きくします。

 

     ↓

 

成長の状態によっていくつかの治療方法があります。

成長期の子どもの歯並びが気になる、鼻が詰まっている、口が開いていることが多いなど、

子どもさんの状態で気になることがあればお気軽にご相談ください。

こんにちは、西川口町はしもと歯科の山本です
今年もあと1ヶ月半になりましたね。朝晩寒いので体調には気を付けて下さいね音譜音譜

さて、こんな経験はありませんか?
肩こり、頭痛、手足のしびれ、胃もたれ、動悸といった不快症状などありませんか?
こんな時に考えられる原因に噛み合わせの悪さがあるのです。
いろいろな病気とあごの噛み合わせが、密着に関係しているという事です!!

こんな人は要注意ガーン
ひらめき電球一本でも抜けたままの歯がある
ひらめき電球上下の噛み合わせが悪い(出っ歯、受け口など)
ひらめき電球歯並びが悪い(八重歯など)
ひらめき電球治療していない虫歯がある
ひらめき電球義歯や充填物をいれている
ひらめき電球親知らずが不正な方向に生えてきた
ひらめき電球グラグラする歯がある
ひらめき電球水を口に含むと歯のつけ根がしみて痛い



歯はチームワーク合格
1本抜けただけでも、歯並びはガタガタになってさまいます。抜けた歯の隣近所の歯が、なくなってしまった部分を補おうとするからです。
歯は全部そろって、はじめて正常に機能できる仕組みになっているです。
きちんと噛めるようになると、体全体に良い事があります。
虫歯、歯周病、歯並びに不安のある方は早目に歯科医院で御相談下さい爆笑


こんにちは。中区西川口町はしもと歯科の川手です。
朝晩はぐっと寒くなりすっかり秋ですねイチョウ
秋といえば、さつまいも、カボチャ、柿、栗など
美味しい食べ物がたくさんある、食欲の秋ですね👻
今しか食べられない季節の美味しいものを楽しみましょう!


では、今日は治療の途中でつける仮歯について
お話しします。
仮歯とは最終的な被せ物を入れるまでの間
使用する、仮の被せ物です。

治療途中の歯を守り、見た目や噛む機能を回復
させるなど、さまざまな働きをしています。

一見地味ですが、良質な歯科治療にとって
欠くことのできないたいへん重要な存在です。



治療の途中で使われるため、治療のたびに
取り外され、その日の治療が終わったら
また設置されます。

そのためガッチリとつけるわけにはいかず
接着力が弱めのセメントで着けてあります。

ときには取れたり、割れたりすることもあります。
取れたりして患者さんにはご迷惑をおかけする
こともありますが、仮歯はとても大切な治療の
ひとつです。
仮歯が割れたり、取れたり等、不具合が
ありましたらいつでもご相談して下さいね!





こんにちは、西川口町はしもと歯科の丹澤です!


肌寒く感じる日が多くなりましたねショボーン
季節の変わり目なので風邪には気を付けたいものです。


さて、皆さんは普段何気無しにしているクセはありますか?
爪や下唇を噛む・頬杖をつく・口呼吸をする・ポカンと口が開いたままになっている
これらのクセは歯並びに悪影響を及ぼすとされています。

<口呼吸>  本来人間は鼻で呼吸をします。口で呼吸している人は基本的に口が開いているためまわりの筋肉の締まりが悪くなって、前歯に外側からの圧力がかかりません。前歯には、内側からの圧力ばかりが一方的にかかるため、前歯が前に押し出されたり、上下の前歯の間にすき間があいてしまいます。

<頬杖> 片方のあごを押し続けることになるので奥歯の噛み合わせが左右にずれてしまうことがあります。

<噛む癖>  下の唇を噛んだり吸ったりすると出っ歯に、上の唇を噛んだり吸ったりすると受け口になることがあります。



歯は、くちびるや頬などの外側からの圧力と、舌による内側からの「力のバランスのとれたところ」に位置すると考えられています。
どちらかの圧力が強いと歯が押されて動いてしまい、顎の正しい成長が阻害されたり、歯並びの乱れへとつながっていきます。


これらのクセはやめるよう意識して改善することができますキラキラ
まずは自分自身にどんなクセがあるか、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうかニコニコ






こんにちは 中区西川口町 はしもと歯科医院の糀谷です。

 

朝晩涼しくなり、過ごしやすい季節になりましたね。

秋は、おいしい食べ物がいっぱいです。

おいしく食べた後は、歯磨きを忘れずに!!!

 

でも「毎日ブラッシングしているのに、虫歯や歯周病になる!?」と感じている方は多いのでは?

そんな方たちへ、今日は歯磨きではなく「歯間清掃」についてのお話をしたいと思います。

 

「歯と歯の間」「歯と歯肉の境目」にひそむ汚れ、細菌のかたまり(プラーク)は、お口の中の二大疾患「虫歯」と「歯周病(歯肉炎・歯周炎)」の大きな原因です。

 

毎日ブラッシングしていてもプラーク(汚れ)を取り残すことがあります。

 

汚れの除去率は、ブラッシング(歯磨き)のみでは58%

ブラッシングにデンタルフロスを併用すると86%

ブラッシングに歯間ブラシを併用すると95%にUP!!します。

 

 

歯ブラシだけでは、除去できない歯間部の汚れを、デンタルフロスや歯間ブラシを併用することで、除去率を飛躍的に高めることができます。

 

しかしデンタルフロスや歯間ブラシをお使いの方は、まだまだ少数派です。

 

ご自分の歯と歯の間の広さにあった、適切なサイズの歯間ブラシやデンタルフロスを使い、磨き残しのない「歯間清掃」をしましょう。

 

歯間ブラシのサイズやデンタルフロスの正しい使い方については、お気軽に歯科衛生士にお尋ねください。


こんにちは、西川口町はしもと歯科の岡崎です

夏が終わり秋になりだいぶ涼しくなりましたが昼間との温度差で

風邪をひいてしまいそうな毎日を送っておりますカエル

夏に比べるとマスクをしても暑い!と思う事が少なくなりましたが患者さんからマスクをしている影響か口臭が気になる。という声をよく聴きますので口臭についてまとめてみますサーチ

口臭にも色々な原因がありますが、不快な口臭のほとんどは

剥がれおちた粘膜のカスや唾液、食物のカスなどに含まれるタンパク質が、口の中にいる細菌により分解・発酵される過程で出るガスによる物です。ガスには主に次のような種類があります。

  • メチルメルカプタンたまねぎが腐ったようなニオイ
  • 硫化水素 卵が腐ったようなニオイ
  • ジメチルサルファイド キャベツが腐ったようなニオイ

簡単にまとめると生ゴミの腐ったような臭いになります注意

そして、口臭の原因として案外知られているようでいないのが

舌苔(ぜったい)というものですモグラ

舌苔はその名の通り『舌の上についた苔』の事で、舌に付着した白っぽい汚れで、口臭を引き起こす細菌やタンパク質を多量に含んでいます。

Qでは、口臭を抑えるために何をすればよいのか

それは口腔内を出来る限り清潔に保つ事です天使

毎日の歯磨きはもちろんのこと、ここに歯間の清掃と、

舌の上の汚れを落とす事を追加してみてください。

歯ブラシだけで汚れを落とすだけでは古い汚れが多く溜まりやすい歯と歯の間のケアは難しいので糸ようじなどを使用する事をオススメしますヒマワリ

舌のケアは専用のブラシなどを用いて柔らかくケアをしてあげる事、あまり強く磨いてしまうと粘膜なので傷になってしまいます禁止


口臭の原因は多くあり、口腔ケアだけでは全て取り除けない所もありますが、日々の生活の中でご自身でできる予防法の1つなので是非皆さま実践してみてくださいもみじもみじ




こんにちは西川口町はしもと歯科の綿巻です。

まだまだ暑い日が続きますねあせる

熱中症予防にスポーツドリンクなど清涼飲料水や、さっぱりした酸味のある食品を摂られる方も多いと思います。


そこで今回は酸蝕症についてですパー


酸蝕症とは酸性の強い食品や、胃酸の影響で歯が溶ける症状です。
軽度の症状も含めると、4人に1人が酸蝕歯であるとも言われてます叫び


通常、口腔内は唾液によって溶けた部分を修復しバランスが保たれていますが口腔内が長時間、酸性の状態になると修復が追いつかず、虫歯と違い広い範囲で溶けていきます。
歯の表面が白く濁ったり、歯が欠けたり、滲みたり、噛むと痛みが出たりします。




予防として、酸性の強い食品を
   ひらめき電球ダラダラ食べたり飲んだりしない。
   ひらめき電球寝る前には摂らない。(睡眠中は唾液の分泌               量が少ない為)
   ひらめき電球摂った直後は歯が柔らかくなっている為、すぐ歯磨きをしない。(30分位は待ってからと言われてます)
 

普通に食べたり、飲んだりされるのには問題ないので、正しく予防して、歯を守って行きましょう音譜   











はしもと歯科



こんにちは😃

中区西川口町 はしもと歯科の宮上です。

やっと梅雨が明けたと思ったら

ホントに毎日暑いですね。🍧

コロナもまだまだ終息しそうにありませんし、お盆も帰省や旅行を断念して

おうちで過ごす方も少なくないと思います。

そこで長いおうち時間の間にできる

唾液腺マッサージについてお話しします。


耳下腺への刺激

耳の横を手指で後ろから前に向かってゆっくり回します。



舌下腺への刺激

両手の親指をそろえ、顎の真下からグッと押します。




顎下腺への刺激

下顎の骨の内側の軟らかい部分に親指を当て、骨に沿って5カ所くらいを順番に12秒押します。



唾液の中に含まれるIgA(アイジーエー)という免疫物質(抗体)は、身体に悪さをする細菌やウイルスなどの病原体と戦い、病気や感染症から守ってくれます。

唾液腺を外からマッサージすることで、唾液の流れを良くしていきましょう。🍉






こんにちは、西川口町はしもと歯科の田中です



やっと梅雨が明けましたね。

梅雨も長引き、コロナでお出かけできる機会も減ってしまい、夏らしいことも十分できないまま8月になってしまいました😂😂




今回は口内炎についてです。


口内炎がひどくなると痛みが強くなり食事を摂るのが難しいときもありますよね。

口内炎には種類があります。

 

{6C6556D6-C5FF-438C-9B96-CB750272C5B6}




🐉 疲労やストレスによる口内炎


疲労や栄養バランスが崩れ、免疫力を低下することによりできます。

しっかり休養を取り疲れをためないようにする、栄養バランスを整えることで自然に治っていきます。


皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCなどが不足すると、口内炎になりやすいと言われています。


ビタミンB群を多く含んだレバーや納豆、ほうれん草、卵、落花生、赤ピーマンなどを積極的にとるように心がけてください。



🙄注意🙄

✴︎2週間以上治らない

✴︎広い範囲で出来ている

✴︎発熱など他の症状もある

✴︎痛みが強くて食事ができない


などが当てはまる場合は、無理せず歯科医院や耳鼻咽喉科への受診をしてください。





🐉 被せ物・入れ歯が合わない、外傷で出来る口内炎

頬の内側を間違えて噛んでしまった、合わない被せ物・入れ歯や矯正装置が頬の粘膜に当たってできた傷や、熱・薬などによる刺激が原因になります。


そのため、合っていない被せ物や入れ歯を歯医者で調整したり、新しく作りなおすことで口内炎が落ち着いてきます。




🐉 さまざまなウイルスが原因の口内炎


カンジタ菌やヘルペスウイルスなどがあります。粘膜に小さな水ぶくれができ、破れると潰瘍ができます。他の口内炎より痛みが強く、発熱や倦怠感がある場合があります。

原因のウイルスによって効く薬や治療内容が違います。




🤒 口内炎の治療の仕方


くすり

薬を使って口内炎を改善するには、口内炎の原因に合った薬を使用します。

殺菌・消毒効果のあるうがい薬や、抗炎症作用の薬を塗布することで改善します。

(ウイルスが原因となる口内炎は、その細菌やウイルスに効く薬が必要です。)



レーザー治療

レーザーを当てることによって、消炎鎮痛・組織の活性化をさせる効果があるそうです。痛みが軽減され、治癒を早める効果があるといわれています。



また、口の中が乾燥すると細菌が繁殖しやすくなり、口の中の免疫力が下がります。

唾液の量が増えるように、しっかり水分補給をして、食事の時はよく咬むよう心がけてください。



ひどくなるようならご相談くださいね。