くららです。



本日も
「このブログに遊びに来てくれた人は幸せになる!」
と設定させていただきます♪




「虹」の画像検索結果


さて。
一つ前の記事の続き 、ですが。




「人に言いたい事は、実は自分に言いたい事」ではない
こともあるなって思ってて(笑



で、もうひとつのパターンが

「価値観が偏っていますよ」のシグナル

かなと。



ひとつまえの記事 と同じ状態で言えば

「おかあさん、自分が欲しいもの分かってないんじゃないの?」

と思ったと言う事は


私の価値感の中に

「自分の欲しい物が分かっていたほうがいい」
「自分の欲しい物くらいちゃんと分かっているべきである」

という「偏り」があるっていることなんですよね。



ということで

誰かに何か言いたいことがあるときは


①実は自分自身に言いたいことである
②価値観に偏りがある


の2パターンがある、と言う風に思ってます。



なので
誰かに何かを言いたくなったときは

①を試してみて

うーん違うな

と思ったときは

②を試してみれば良いかな?と。



価値観に偏りが在るかどうかは

上の例でいれば

「自分の欲しい物が分かっていなくてもいい」
とつぶやいてみて

気持ちがざわつけば、価値観に偏りがあることになります。


ざわついたときは
何度か、
「自分の欲しい物が分かっていなくてもいい」
をつぶやいてみる事をおすすめします。
(どうしてもイヤなときは、無理にやらない方が良いです)



ということで

人に言いたいことがあるときは

すぐ言うのではなく

ちょっと自分をふりかってみたら?と提案したいと思いま~す☆





さてさて。今日のラッキー☆


今日は、とある方のセミナー?(講演会?)に行って来たのですが

帰り、駐車料金が1時間無料になる機械に駐車券を通すの忘れたんですよね。


「あ、忘れた」
と思ったのですが


「ま、いいや、しょうがない」
とそのまま出ようとしたら

精算機のところにいた係の人がその場で処理してくれて
1時間無料の適用を受けられました。


わーーい♪


セミナーの感想は、後日☆







よんでくれてありがとう。(^^)









AD

小さな我慢をやめよう

テーマ:
くららです。




短髪の松潤が格好良すぎて
スマホのロック画面を変えたら
観るたびににやけます。


ついでに、
いろんな人とのラインの背景も松潤に変えたので
誰とラインしても松潤を観れます(笑



めっちゃ幸せです!



さて。


内なる自分の声を聞くようになると
小さな我慢をやめることを強いられます。


なにしろね。


内なる私はとっても注文が多いのですよ!

「暑い」だの
「寒い」だの
「まぶしい」だの
「疲れた」だの
「なんか食べたい」だの
「のどかわいた」だの


もう
所構わず
時間も構わずですわ。


いままでなら
「こんな小さなこと、我慢しなくちゃ」
「このくらい我慢できなくてどうするの」
って思ってしてた我慢を

「したい」
「したくない」
「やりたい」
「やりたくない」
と言うのです。


それはそれは、もーうるさいくらいです。


でも、

「自分を大切にするということは
小さな我慢をしないこと」だと思っている私は

「わかりました」といって
動くしかないんですね。

もはや
内なるわたしのシモベとなっております。


でもね。

そうすると
「私」が喜ぶんです。
めっちゃ満足するんです。


そうすると「わたし」も嬉しいんです。
「わたし」も満足するんです。


このニ人三脚的な
一心同体ってこういうことをいうのか的な

そんな感じで毎日を過ごしていると

まーー満足度の高い事!


毎日が楽しいし
毎日が幸せだし

いい気分、全開です!



小さな我慢をやめるだけで


こんなにも毎日が満ち足りるのか!


と驚きます。



ということで

「小さな我慢を辞めてみませんか?」
を提案したいと想います~~☆


読んでくれてありがとう~~♪


読者登録してね

ラインスタンプ発売中♪
(インコのてぃちゃんで検索☆)



なんかうま









AD

最近耳に留まる言葉

テーマ:
明日はやすみだぜぃ♪
お休みの前の日がめっちゃうれしいくららです。


最近、耳に留まるのが
「逆」という言葉。


いま、もしうまくいっていないなら
いままでうまくいっていたやり方を極めてもうまく行かないなら

それ、もしかしたら「逆」のことしたらいいかもしれません。



日本には、とってもいいことわざがありますね。


「押してもダメなら引いてみな」




押しても押しても押してもうまくいかないなら
「逆」のことをしてみる。


これね、
場合によってはとっても勇気がいります。

「いままではそれでやって来た」という
自信とか自負とか経験とかを捨てる事であったり
だれかの教えをやぶることであったりします。



わたし、「努力」を捨てた人ですが

努力を「捨てたらいい」と気づいていても
実際に捨てるまで数年かかりました。

だって!
捨てたらそれまでの努力が
「水の泡!」ですよ!!??

今まで努力が全て無駄だったなんて
想いたくないじゃないですか!






「がんばる」を捨てるのも大変でした。

ずっとそのやり方で「存在価値」を得ていた(と思っていた)から。



「努力」と「がんばる」
一緒じゃないか!って突っ込まれそう。。


私の中では
「努力」はたいして好きでもない事で自分の付加価値をあげるためにやること。
(資格をとるとかね)

「がんばる」は無理をしてもやること。
(他人の期待に応えるためとかね)


どっちも「自分の存在価値をあげるため」にやってるので
おんなじっちゃー同じですが(^^;)



でね。
なんで捨てようとおもったかというと
捨てられたかというと


努力の割に、たいして幸せになれなかったからなのよね。

がんばればがんばるほど、しんどくて
「なんかおかしい。。」って思うようになったからなのよね。


このあたりで出会ったのが仁さんで

「頑張るな」の教えには
大変な衝撃を受けました。

がんばってもがんばらなくても存在価値は変わらない

これが腹の底から理解できると安心ですよ~。



それと、
努力もがんばるも勇気を出して辞めて思うのは
「逆だったな~~」ということ。


今日も、仕事終わらずに帰って来ちゃって

本当は、もっと急いでこなさないといけないんだろうけど
わざと「ゆっくり」仕事してます、逆の発想で。

「時間がない」と慌てていると
ますます時間がなくなる気がして。

なので
「落ち着け、慌てる事はない。ゆっくりやっても大丈夫」と
言い聞かせながらゆっくりやってます。



ということで

「いまのやり方、考え方、でうまくいっていないなら
逆のことしてみませんか?」


を提案したいと想います~☆




読んでくれてありがとう♪


読者登録してね


ラインスタンプ発売中♪
(インコのてぃちゃんで検索☆)



なんかうま



AD

変わりたいのに変われないときは

テーマ:

くららです。


「変わりたい」「変わらなければ」
と思うと逆に変われないし、変わらない気がしています。

こんなに努力しているのに
頑張っているのに変われないって思っているなら

逆に
「もう、変わらなくて良いや」って思ったほうがなぜか変われたりします。

それは
「開き直り」とか「あきらめ」
というより
「チカラを抜く」「チカラが抜ける」ということになるから、だと思うんですね。


人は
「チカラが抜けてリラックスしている時」が一番能力を発揮できるそうです。


「変わろう変わろう」と頑張っているときは
ぜんぜん変わらないのに

「もう変わらなくていいや」ってあきらめてしまうと
逆に変わってしまうという不思議な現象が起きはじめるのは

チカラを抜くということは
自然体でいるということで
その方がうまく行ってしまうと言う事なのかもしれません。



つまり。

「わたしそのままである」ほうが
どんどんわたしが変わると言う事ですね。

ここで言う「わたしそのまま」というのは
わたしという人に執着するという意味ではありません。



そうですね、例えるなら。。

変わろうとガチガチになっているときは
「氷」の状態で

変わらなくていいやとチカラが抜けているときは
「水」の状態で

どっちが変化しやすいかと言えば
「氷」より「水」の状態ですよね。

「わたしのまま」の意味合いを勘違いしていると
つまり
「わたしは変わってはいけない」とチカラを入れていると
変わりません(笑)

「どっちでもいいや」とチカラが抜けていると変わりやすい、
ということなので

「わたしそのまま」を「わたしのままでいなければ」
と捉えてしまうと、それ逆にしんどいと想います。。



今のわたしは
「変わらなくてもいいや」「どっちでもいいや」
って思っているから変わったんだと想います。


違うな。。

「変わってもいい、変わらなくてもいい」って
どちらの自分にもOKを出しているから変わったんだな。

今のわたしは
どんな自分にもOKを出して
どんどん自分をゆるませているんですよ。

このゆるみがリラックスや脱力になって
結果として変わったんでしょうね。



「だれも自分を責めていない」
「自分を責めているのは自分だけ」
「自分で責めてもまだ足りないときは、他人を使って責めさせる」
(他人は別に責めておらず、受け取る自分が責められていると思っているだけ。なぜなら責められたいから)

ということに気づいたときは
衝撃的でしたが

おかげで
自分を責めを辞める事ができつつあります。
(まだ、クセは抜けきりませんが)


自分を緩ませるとこんなにラクチンに生きられる事にも衝撃を受けますね。


ということで

「どんな自分でもいいんだよ」
をアファメーションしませんか?を提案したいと想います~☆



読んでくれてありがとうございます。





読者登録してね




ラインスタンプ発売中♪
(インコのてぃちゃんで検索☆)




なんかうま





自分の感情を肯定する

テーマ:
猫かふぇに行きたいくららです。


「猫」の画像検索結果



今日は、徹底的に自分の感情を肯定しようと決めてやってみました。



「緊張するな~」

いままでなら、
「なんでこんなことくらいで緊張するの?
しっかりしなさいよ、私」

とか思ってたんですが

「うんうん、するよね~。そりゃそーだよ、して当たり前だもん。
いいよ、緊張して」

って思ったし



「だるいー」
には

「だるいよね、うんうん、そうだよね、だるいよね。だるくてもOK!」

って言うし



「疲れたなー」には

「疲れたよね、そうだよね、疲れて当然だし、疲れててもいいよ」
って言う

を繰り返してみましたら


あら♪
気分すっきり♪
なんかほっとするし、開放感もある♪


「自分の湧く感情にいちいち反応して
いちいち肯定する」


をやっていると気持ちが落ち着きました。



これやって改めて思ったのは


「私は、わたしに分かってもらいたいのだ」


ということ。


私がわたしをわかってあげないから
せめて他人にわかってもらいたいと思うんだなって。


落ち着くと、周りもよく見えるようになるし
慌てないし、焦らないし
いいこと多いね♪


ということで

「自分のどんな感情も、いったんすべて肯定してみませんか?」
を提案したいと想います~☆



読んでくれてありがとうございます。

読者登録してね




ラインスタンプ発売中♪
(インコのてぃちゃんで検索☆)



なんかうま