今年のいつからだろう?

 

夏かその前くらいか

 

 

「負けようよ」

 

 

という言葉をよく見るようになって。

 

 

競争することが当たり前の中で育っている私達は

「勝ち負け」や

「勝つこと」に喜びなんかを感じると想うんだけど。

 

 

だからこそ「負ける」って嫌じゃない?

 

 

 

 

 

 

「負けたくない」

 

 

ずっとどこかでそう想って生きて来た気がする。

 

 

負けずキライだから

まけないためにすごく頑張る「がんばりやさん」だったし。

(当時のライバルは妹だったかもしれん)

 

 

頑張ることを意識的にやめるようになって

 

「負ける」

って概念だけの話だなって想うようになったんだけど

 

 

それでも

 

誰かが褒められてたり

認められてたりすると

 

なんかザワザワして。

 

 

思わず「私だって」と

挑みに行きたくなるんだけど。

 

 

 

 

 

それでね。

私、男の人になんか負けたくなくてね。

 

「女のくせに」

とかいう男、大っきらいでさ。

 

女に対する差別用語を発する男とか

見下したような発言する男とか

さも分かった風なことを言う男が大っきらいで。

(たいていそんなヤツに限って全然女を分かってない)

 

どこかで

男の人に負けたくないって想ってたんだな

 

って

あることをきっかけに思い出して。

 

それからは

「負ける」ということを意識するようにしたたんだけど。

 

 

「そもそも

私は誰に勝とうとしているのか?」

 

って今日ふと想ってね。

 

男の人に対してだって

想ってたんだけど

 

「もしかしたら

私自身に対して負けたくない、って想っているのでは?」

って思った。

 

 

私はわたしと戦っていたかも。

 

 

だから今日は

「もう、わたしに負けよう」

と想った。

 

私に降参する

というか

そんな感じ?

 

 

自分に対して諦める

とか

そんな感じもあるかな?

 

コントロールをやめる事でもあるし

思考であーだこーだやらないってことでもある。

 

 

わたしに観念する

って感じかな。

 

 

わたしに負けることを決めた私は

 

わたしの言う事をきくしかない状況に陥りました。

 

 

参りました。

もー好きにしてくれ。

 

 

 

 

 

 

私の中のわたしが喜んでいるのを感じて

なんか嬉しい私なのでした。

 

 

 

 

 

最後に今ふと想ったこと。

 

私はわたしの中の女性性を見下してたんかもしれん。

 

なんかそんなことを想った。

 

 

 

”天河神社行って来たよ☆②”

テーマ:


 

続きです。

 

 

朝からのご神事に参加するため

奈良へは前日入り、笑。

 

当日は、8時前には出発しました。

 

朝のラッシュを体験しつつ

およそ2時間で天河神社に到着。

 

 

遠かったーーー!

 

 

でもめっちゃいい天気で!

 

 

 

 

ようやくこれた天河神社。感無量。

ご挨拶して写真をとったら光が写り込みました♪

薄くて分かりずらいですが、ほそい光も数本あります。

龍様かなぁ。

 

 

 

美しい〜〜。

 

 

 

これはなんだろう?

儀式用?

 

 

 

 

 

 

 

「一千年の灯り」

 

めちゃくちゃ奇麗な青!

ずっと観ててもあきない美しさ♪♪

 

ヴェネチアンガラスだそう。

 

私が1回行きたい国のひとつがベネチア♪

ガラスが有名ですよね〜〜。

 

 

 

少し肌寒さもありましたが

つい見とれてしまうご神事にあっという間にお昼になってました。

 

 

1日中はさすがに無理だったので

ここでおいとましましたが

来て良かった♪

 

 

まる1日のご神事だったようです。

 

 

 

 

 

今使用中のご朱印帳があと1ページとなっていたので

2冊目欲しいなーと想ってました。

 

いろいろ可愛いのもあるし

ネットで買おうかどうしようかと迷っていたんですが

とあるブログを読んで

 

「やっぱり神社で購入しよう」と決め、2冊目は天河神社のものにしました。

 

 

ご朱印袋も合わせて購入(^^)

 

1冊目のご朱印帳は、広島の厳島神社のもので

2冊目は天河神社。

 

たまたまですが、両方とも五大弁財天の神社のものです。

 

こうなると

3冊目も弁財天様を祀っておられる神社のもにしたくなってくる、笑。

 

 

 

 

 

去年からずっと気になってて

ずっと行きたいと想っていた神社に行けて

本当に満足!

 

この日は

特別なご神事が行われる日だったこともあって

人が多めでしたので

今度は静かな日に行きたいです。

 

 

 

また行くね。

また来るね。

 

 

呼んでくれてありがとう!天河神社の神様たち☆

 

 

 

天河神社行って来たよ☆①

テーマ:

たしか去年だと想うんだけど

 

やたら弁財天様の名前や情報が目につくようになったので

「なにかのご縁かもしれない」と

ネットで調べたり

行けそうな場所にあるものは訪ねたりしていました。

 

 

 

そのあと、

秋くらい?かな

 

今度は瀬織津姫様の名前を知り

調べるようになりました。

 

 

 

そのころに知った神社が

奈良にある天河神社。

 

日本五大弁財天神社のひとつのこと。

 

 

おととし?かな

奈良にご縁ができた事もあって

 

「これは来いってことね」

「呼んでもらってる」

と思いつつも

 

奈良には行っても天河神社にはなかなか足が向かず。

 

 

 

 

でも、今から数ヶ月前。

 

その天河神社で「千年祭」という

1000年に1度のご神事があると聴いて

 

「これは行かねば!」

「これに行かずにいついくんだ!?」

 

と思いつつもぐずぐずしていたんです。

 

 

 

そしたら

そのご神事と似たような日取りで

子どもから「ライブに行かないか?」と誘われたり

(断った)

 

「せめて朝駅まで送って」とお願いされたり

(断った)

 

したのを断ったため

 

「奈良へ行くからと断っておいて

まさか行かないなんてあり得ないよね」

というレベルまで追い込まれた私は

 

ようやく

会社に休暇申請をし、切符を買いに行ったのでした。

(つづく)

 

 

 

 

手放しと統合

テーマ:

手放す

ことと

統合する事って

 

 

真逆のようで

実は同じ事で。

 

 

 

 

 

受け入れにくいこと

たとえば

イヤなこと、嫌いな人、苦手なもの。

 

 

私の場合で言えば

 

キライになれればいいのに

キライにもなれず

かといって好きにもなれず、

(でも気になるというか)

 

という

なんと表現していいか分からない人がいるのですが

 

その人のことを

 

エイ!

 

と自分の中へ取り込んでみました。

(統合)

 

 

 

吐くかもしれん。

気持ち悪くなるかもしれん。

気分悪くなるかもしれん。

 

 

そんなことを思い

そうなるかもしれないと覚悟を決めて

 

 

えい!

 

と飲み込んでみたら。

 

 

 

あれ?

 

 

意外に平気。

 

 

てか、逆にスッキリ。

 

 

 

あれ?

 

 

どういうこと?

 

 

なんで?

 

 

???

 

 

 

と頭の中は?でイッッパイなのですが

 

気分は逆にいい。

 

 

 

 

 

それまで

無理矢理

考えないようにしたり

離れようとしたり

 

手放そう

手放そう

 

とがんばっていたのですが

 

 

それより

自分の中に取り込んでしまったほうが

 

なんか気が楽。

 

 

結果として

手放したときのような精神状態

(気分軽い〜〜)

になってます。

 

 

 

「押してもダメなら引いてみな」

 

 

日本語には

こんな素敵な格言がありますが

 

 

手放そう

と想っても

手放せないなら

 

 

思いきって

自分の中に取り込んでみたらいいかもしれません。

 

 

ま、私の場合ですが(^^)