ずっとずっと

息子のことで悩んでいて。

 

どうして

私の気持ちを分かってくれないんだろう?

 

どうして

私の愛を受け取ってくれないのだろう?

 

どうして

私を愛してくれないのだろう?

 

どうして?

どうして?

どうして?

 

ずっとずっと想っていて

 

 

 

3年前に

 

「そうじゃない!?」

 

ということに気づいて

 

ああーーー!!!

ってなんてたんですけど。

 

 

でも

でも今日!

 

逆だったんだ!!

 

って急に思いました。

 

 

「息子が私の愛を受け取ってくれない」

じゃない!

 

私が!

私が息子の愛を受け取ろうとしなかったんだ!

 

って

スコーーーーンと入ってきて

 

 

 

うわぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜。。。

ってなりました。

 

 

 

あふれる涙。。

 

 

 

そうだったのかぁ。。

 

 

受け取ってなかったのは

受け取ろうとしなかったのは

 

私のほうだったんだ。。

 

 

ああ。。。

 

なんてこと。。

 

 

ずっとずっと逆だと想ってたよ。。

 

 

 

しばし驚きと感動で涙して

 

ごめん、って想った。

 

 

 

 

ごめんね、息子。

 

ずっと悪者にしてきてたよ、あなたのこと。

 

 

本当に純粋に愛してくれてたのは

子どものほうだった。

 

私も愛してたけど

人の目や

親の目や

世間の目や

常識や

そういうものも交えての愛は

不純で濁ってたと想う。

 

 

 

 

もう、衝撃だ。。

 

愛の純粋さでは

息子の足下にも及ばなかった。

 

 

 

脱力。。

 

 

 

 

 

AD

今朝、

大好きな朝のウトウトタイムで

ふと想ってたことは。

 

 

私がわたしを抱きしめないから誰かに抱きしめてもらいたがる。

 

私がわたしを大切にしないから他人に大切にしてもらいたがる。

 

私がわたしを認めないから他人に認めてもらいたがる。

 

私がわたしを愛さないから他人に愛してもらいたがる。

 

私がわたしの期待に応えないから他人に期待に応えてもらいたがる。

 

。。

 

 

 

うわーーーーー!

 

 

そうだったのかーーー!

 

 

 

 

 

なんでこんな事を想ったかというと。

 

実は、

思い通りにならないことがありましてね。

 

それ、力ずくでどうにかなる話じゃないんですよ。

 

 

で、もんもんとしてました。

 

どうしてそれが叶わないのか、

そもそも

どうしてそれを望むのか?

 

そんなことをずっとモンモンしてたんだけど

今朝

 

 

は!!!!

 

って気づきました。

 

 

「わたし」の「私」への望みなんだ!って!

 

 

で、

今朝は

イメージの中で自分をハグハグしてたら

 

気がついたら寝てました、笑。

 

 

目が覚めたら気持ちが落ち着いてて。

 

 

やっぱりそーなんかー。

って想ったけど

 

 

ここでまた私は想った。

 

 

 

 

 

じゃあ、他人がいる意味ってなに?

 

 

なんで他人がいるんだろうね?

 

 

 

 

 

探求は続く(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD


 

「私」が「わたし」を喜ばせたくてやってきたけど

 

本当は逆で

 

「わたし」が「私」を喜ばせたくてそれをさせてる。

 

 

 

コレに気づいたきっかけはね。

 

お昼ご飯を買いにコンビニへ行ったときのことなんだけど。

 

そのコンビニは自家製パンを売っていて

それがどれもおいしい。

 

その日も

「今日はどれにしよう?」とルンルンしながら

お店に入ってパンを観たとき。

 

いつもはスルーするパンがちょっと気になった。

 

「タコスパン」

 

タコスパンて、あんまりおいしくなさそう。。

 

と想って1回スルーしたけど、なんか気になる。

 

 

「なんか気になる」は「わたし」からのサインなんだけど

 

一瞬「おいしくなさそう」と想った私は

再度スルーしようとして

 

でも、やっぱり気になるので

あきらめて買う事にしたのね。

 

 

 

買って帰ってきて

袋から出して

 

じーっと眺めて

 

「やっぱりあんまりおいしくなさそうだな」

と思いつつも食べてみたら。

 

 

意外においしい♪

 

 

そのとき、想ったんだよね。

 

 

「ああ、「わたし」は「私」にコレを食べさせたくて、

なんとなく食わず嫌いな感じを出してる私に

 

『これ、意外とおいしいんだよ、食べてみなよ』

 

それを伝えたくて、私にサインを送ったんだ」

 

 

「わたし」はそれがどんな味か知っている。

 

だから「私」にそれを食べてもらいたいって想ったんだ。

 

 

私はわたしから、めっちゃ愛されてるやん。

 

なんてこと!(驚!)

 

 

そのあとしばらくは

 

感動というか、驚きというか

 

嬉しくて泣いたよね。

 

 

 

ずっとずっと

 

「わたし」はおそらく「私」が生まれた時から

ずっと私のことを愛してくれてた。

 

 

 

そして

「私」も「わたし」が大切だから

「わたし」からのサインに応えるんだ。

 

 

 

ふたつの想いが重なって

それが達成されるとき、喜びとなる。

 

 

「私」は「わたし」のために生き

「わたし」も「私」のために生きる。

 

 

 

私達はお互いを愛していたんだ。

 

そのことにようやく気づいた。

 

 

 

これからも

「私」は判断を間違いだろう。

 

つい、損得感情で判断し

つい、人に気に入られようとし

つい、お金の事が頭をよぎり

つい、時間のことを考える。

 

 

それでも

気づいたときには

 

自分に戻ろう。

今ここに戻ろう。

 

 

私達はふたつで一つ。

 

これからも二人三脚で生きて行くのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

今から3年前。

 

会社を辞めたことを機に生き方を変えた。

 

 

それまでの

「損得感情」

「努力と頑張り」

「他人の期待に応える」

 

から

「いい気分で過ごす」

「今ここに生きる」

「自分を生きる」へ。

 

 

そのための手段というか

やり方として

 

「わたし(魂)(心)」の声に従って動く。

ということを

できる範囲でやるようになった。

 

ふと、アイスが食べたい

と思えば

コンビニへ買いに行き

 

ふと、海が観たい

と想えば

車を走らせ

 

ふと、会いたいと想えば

逢いに出かけ

 

ふと、欲しいと想えば

買う。

 

 

お金や時間のこともあるから

全部は無理だし、勇気もいるから

 

ビビリな私には

その全てがチャレンジだった。

 

 

 

そうやって

迷いながら

ビビりながら

怖くて泣きそうになりながら

 

魂の声、心の声に従って行動すると

すごく心が喜ぶし、満足することが体感で分かってしまったので

 

やらないわけには行かなくなったよね。

 

 

 

 

で、

 

「私」としては

いままでないがしろにしてきた「わたし」を喜ばせる為に

そう言う行動を取って来たんだけど。

 

今日

「逆だ!」

と気づいた。

 

私はわたしを喜ばせる為にやってきた、と想っていたけど

 

本当は

 

「わたし」が「私」を喜ばせたくて

そうさせるんだ。

 

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

これは

おととい?かな

 

急にわーって気づいたこと。

 

 

私達の中には

 

例えば

「お金があったら」

「素敵なパートナがいたら」

「いい学校に入ったら」

「天職を見つけたら」

 

「幸せになれるのに」

 

ってどこかで想ってるひと、けっこういるんじゃないかと思います。

 

 

でもさ。

「幸せになるのに、いちいちそんなプロセスいらなくね?」

 

って想っちゃったんですよね。

 

 

いい会社に入った後に

素敵なお家に住んだ後に

夢が叶った後に

 

って

 

そんなん、いちいち間に挟まなくてもよくないですか?

 

 

幸せは「なる」モノじゃなくて「感じる」モノだから

 

 

いちいち

車とかお金とかパートナーとか仕事とか

 

そんなん、間に挟まなくても

今すぐ幸せ感じちゃえばいいじゃん。

 

 

なんで

わざわざ遠回りする?

 

なんで

おあずけする?

 

さっさと幸せになればいいのに。

 

 

って

想って

 

 

ゔぁあああああああああ!!!

 

 

ってなってました。

 

 

 

私ってなんて

 

 

なんて

 

 

なんて

 

 

おばかなのーーーーー!!!!???

 

 

そーだよ、

いちいち要らないじゃん。

 

 

 

そう思って過ごした昨日と今日。

 

 

 

 

もう、めっちゃ幸せ!

 

 

街灯もキラキラして見えるし

建物の明かりもものすごくキレイで

 

「ここは日本か?

どこかのリゾート地みたいだ。」

 

って想ったし

 

この世が美しすぎて、天国かと想った。

 

 

頭の中がノータリンなので

仕事が手につかず、

(すぐポーッってなるから)

 

デメリットっちゃデメリットかもしれないけど

 

幸せだからいいの♪

 

 

 

どうして

「ナニカが手に入らないと幸せになれない」

 

なんて想ってたんだろう?

 

 

どうして

幸せじゃないって想ってたんだろう?

 

 

ずっと

ずっと

 

ずーっと私は幸せの中にいたのに!

 

 

 

まじか!!

 

 

 

 

。。。脱力。

 

 

 

そして

なぜか可笑しくなってきて笑ってしまった。

 

 

 

 

はー、幸せ。