エイチ・エー・エル

 

 

皆さんこんにちわ。H.A.Lフィールドモニタの澤田和昭です。

私の担当はブラックバスなのですが、今回は太刀魚を釣りのレポートになります。

 

実は私は10数年前の一時期、ブラックバスより沖釣りメインで釣りをしていた時期もありましたが、

その当時、太刀魚は餌(サバの切り身)を使った釣りを楽しんでおりました。

 

一方、今回の太刀魚釣りは、ブラックバスの釣り仲間に誘われ、ジギングとテンヤ(餌禁止)での釣りとのこと。

当然、私は太刀魚をジギングで釣るのは初めてですが、H.A.Lといえば、ご存じニコデザインオフィスの豆さやジグ!

それを信じてジギング1択(いや、少しだけテンヤを落としてみたりもしましたが(苦笑))で臨みました。

 

 

 

 

釣行日は12月20日。

先週までの釣果情報は、非常に厳しいもので、初心者の私としては、凸もあり得るのでは?なんて考えてもおりました。

 

釣り方も何もわからない中、場所は走水の水深70m前後で、船長のアナウンスで150gのジグをチョイス。

 

誘ってくれた友達は、ジグでなく今流行りのテンヤの釣りを展開し、太刀魚ジギング初挑戦の私はアクションの基準が分からず四苦八苦。

そんな私のジギングの経験値は外房ヒラマサジギングしかないので、大き目のワンピッチジャークを繰り返していると、

「そんなにシャクっちゃだめだよ!」と船長よりダメ出しを受けまして(笑)

 


 

 

さらに船長にアドバイスをいただいたところ「早歩きくらいのただ巻きがいい」とのことだったので、本当に竿を動かさず、リールだけ巻いていると、グーッ!と待望のヒット。

 

 

 

 

 

その後数時間、何も起こらない時間が続きましたが、日が上がって寒さをあまり感じなくなってきたころ。

10mくらい早巻きし5mフォール、を繰り返すと、フォール後の巻きはじめにバイトが集中。

だんだん感覚が分かってくると、フォール中に太刀魚がジグを追いかけているような前アタリも感じることができるようになりました。

 

 


 

 

 

明らかにフォール中にバイトが集中していることから、豆さやジグの非対称ボディーによるイレギュラーアクションが効いているような気がしましたよ。

それこそ、前アタリでスパっ!とラインが切られる感覚も明確にあったり()、豆さやジグが太刀魚を魅了しすぎている気がしないでもありませんでした()

 

この日の当たりカラーは、明らかにピンク系でしたが、残念ながら手持ちのピンク系ジグを全て、太刀魚の歯で切られてしまいまして。

そのため釣果が伸び悩んだ感がありましたが、結果として9匹の太刀魚を豆さやジグでキャッチすることができました。

 

私のような初心者にも太刀魚を釣らせてくれた豆さやジグに感謝です!

 


 

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

皆さん

こんにちは!
こんばんは!
 
神奈川在中 フィールドスタッフの山﨑です。
 
 
冬の恒例行事、磯でのシーバスゲームを夜な夜な楽しんでいます。
 
自分のホーム三浦半島は水温も17度台と徐々に産卵を意識したシーバス達が南下を始めるタイミングでは?ないかと思い安全第一で磯へ夜な夜な通いこんでいます。
 
自分のホームはシャローエリアが続く岩礁対エリア。
少しでもルアーを潜らせてしまうと根掛かりが多発してしまうエリア。
 
 
ここで活躍するルアーが
 
 
 
ラビット109F
 
 
 
 
去年発売しました
バボラ130シャロー
 
 
根掛かりを恐れる事なくキャストできますし飛行姿勢も良いので安定した飛距離がでますので是非皆様も使って頂けたらと思います。
 
 
そして「磯」!
 
とイメージしたら120ミリや140ミリの大型のルアーをイメージしがちですが
 
ペニーサック99やラビット90
といったシャローを引ける小型プラグを忍ばせておくと渋い状況の時に高反応する時が多々ありますので是非、ペニーサック99&ラビット90もタックルボックスに忍ばせて磯マル釣行を楽しんで下さい♪
 
まだまだ始まったばかりの東京湾磯マルシーズン!
皆様も安全第一で楽しんで下さい♪

 

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

 

皆さん、こんにちは! H.A.Lフィールドモニタの澤田和昭です。

今回は、私がバスボートを駐艇しているタイフーンボートヤードの忘年会トーナメントに参戦してきましたので、そのレポートをさせていただきます。

 

 

 

 

この忘年会トーナメントは、毎年12月の第1週(今年は12/6)に開催され、優勝はなんと!翌年の年間駐艇料金が無料となる、というトーナメント。

したがって、駐艇会員はかなりの気合を入れて参加するトーナメントですが、ここタイフーン駐艇場は有名なプロフェッショナルの選手も多数在籍の駐艇場でして、優勝するには非常に難度の高いトーナメントです。

 

結果から先に申し上げますと、参加艇数32艇、釣ってきた船(1ボート単位、3匹の総重量で競われます)は、そのうちたったの10艇という中、私は480g/1匹と、釣ってきた中で最下位を叩いてしまいました。トホホ。

 

 

※寒い中、友人と、娘にも参加してもらって手数を稼いだのですが…

 

しかし、前日の練習では、H.A.Lルアーで、けっこう良い感触を得ていたんですよ。

試合当日は、高気圧の快晴に恵まれましたが、その前日は低気圧によって、一日中気温7度以下で雨が降るという極寒の中でした。

活躍したのは、この時期のバスが大好きな(?)月虫55MDです。

 

 

 

消波ブロックを斜めに切るように投げて、ゆっくり狙いの深さまで巻いて、一瞬のストップを入れる感じのストップ&ゴーにて、写真のような1500gというビックバスをキャッチしました。

 

 

 

 

上の写真は、ルアーが見えるように配置換えをした写真になってますが、実は月虫55MDを丸のみされていて、口の中から月虫を外すのに苦労してました。

月虫の動きを、本当のベイトフィッシュと思い込んでバイトしてきたことが、よくわかります。

 

そして、この試合前日は、他にもキロフィッシュをゲットする等、好感触を掴んで終了しました。

しかし、この前日終了時点で感じた1つの不安要因は、久しぶりの低気圧だった、ということです。

翌日の予報:晴れ、つまり高気圧を考えると、明らかに低気圧からの変化に魚の活性は下がるわけで、試合当日は、よりスローな展開を余儀なくされる、と考えまして、私はH.A.Lルアーを殆どキャストせず、メインをJig&Worm系の釣りに頼ってしまいました。

結果、上述の通りブービー賞を叩いたしまったのです。

 

そして、大会の結果、上位入賞者は殆どが、ジャークベイトによるリアクションバイトで釣ってきていたのです。

これには、私自身、本当に自分の不甲斐なさを感じました。というのも、ジャークベイトというカテゴリーのルアーは、実は私が昔から得意とするルアーの一つで、活性が落ちると予想しておきながら、また、ボートデッキの上にはジャークベイトとしても使えるペニーサックを準備しておきながら、そのアプローチを試合中に放棄してしまっていたのです。

 

というわけで。

私にとっては悔いが残る今年最後の試合となってしまいましたが、寒い冬だからこそ!ハードルアーでナイスバスがキャッチできるのは間違いないので、これからも引き続きH.A.Lルアーを駆使して、ナイスバスをキャッチしに出かけようと思います。

皆さんも、寒い冬に負けず、いい魚をH.A.Lルアーで取りに行きましょう!それではまた。

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

皆様こんにちは!

愛知のH.A.Lファミリーの大宮です!

 

今季も待ち望んだライトゲームのタノシイ季節が到来しました

私の釣行する伊勢湾奥でも徐々に水温が低下してきましたので・・・

愛しのメバルGAMEもイイ感じになってまいりました!

 

今季は良型のアジも回遊してくることもあり・・・

近年流行の兆しがあるアジプラッギングにも一口サイズのレイブン37シリーズはオススメです!

写真のアジは爆風&ライト周りのライズ狙いで37Fをスローに浮上させるとバイトしてきました

本当はメバルを狙っていましたが・・・結果オーライです(爆)

リップの抵抗で横風にも強く水面付近で留めておきやすいのでライズはあるけどバイトしない時は試していただけるとイイ事あるかもです

 

そして今季の伊勢湾奥のメバルプラッギングはといいますと・・・

シブい時こそレイブン37シリーズが助けてくれる状況デス

 

水温低下期と産卵前ということで横の動きに反応する傾向があるのですが

「いるはずなんだけどナ~?」「アタらないな~?」って時に投入すると効果抜群です

 

37deepと37の個人的な使い分けとしましては(あくまで現状ですが)

時合いを一通り釣りきった後や潮止まり寸前などはレイブン37deep SL-Sのスラックジャーク&ステイ

ダラダラとメリハリが無い潮(今季の釣行するタイミングで多いです)はレイブン37FのSTOP&GOやデッドスローな巻きで

 

なんとなくですが両モデルの使い分けで良型にも反応してもらえているのでレイブンシリーズに助けられている状態です(笑)

 

今月中旬には期待のNEWメバルプラグ”ゆびサック”も登場でメバルプラッギングゲームが”もっと”楽しくなること間違い無し!

 

メバル・アジプラッギングはお手軽でGAME性も高いですから・・・

みなさんもH.A.Lのライトゲームプラグで冬の”アツい”釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

皆さんこんにちは!H.A.Lフィールドモニターの澤田和昭です。
霞ヶ浦のボートフィッシングでは、今や幻の魚(笑)になっているブラックバスの釣果報告をさせて戴きます。



2020年11月21-22日に霞ヶ浦で開催されましたワールドバスソサエティー(以後WBS)主催のプロチームトーナメントに参戦してきました。
このトーナメントは、抽選で決められたボーターとコアングラーの2人組1艇で、1日最大5匹までのブラックバスを検量し、2日間の総重量で競うものになります。
今回、私はハシタクこと橋本卓哉プロのコアングラーとして参戦。

(写真提供:WBS)


そして結果は2日間で3匹の総重量を3425gとして、6位でした。


(参照 https://www.wbs1.jp/pro-team/wbs最終戦%E3%80%80結果%E3%80%80および年間ランキング/)

試合内容については、ボーターのプランが主体ですので、申し訳ないのですが、ここでその内容には触れないでおきますが、
ここで注目したいのは、このリザルトから分かる通り、最近の霞ヶ浦は過去に例がない程、ブラックバスを釣るのが難しい、ということです。

このような状況下、試合に向けた練習中に、H.A.Lルアーが貴重なバスをもたらしてくれました!



そのルアーは女肌。(No Rouguでなくリップ付)


秋口のバスはベイトがキーになりますが、今年の霞ヶ浦は、毎年のメインベイトであるワカサギが極端に少なく、その分、シラウオが多いです(なお、ワカサギとシラウオは生まれ時期が同となるため、どちらかが多くなればどちらかが減るという因果関係があるようです)。
そして私は、シラウオを捕食する個体より、より効率的に栄養を取れるボラ等の中型魚を捕食するバスの方が、今年は釣りやすい魚を反応させられるような印象を持ってます。

それに対応する女肌、見た目ボリューミーで水押しが強いルアーが有効打になったのでは、と考えてます。
事実、月虫のようなシャッドを通すと、反応があってもフックアップできないことが多発。
つまり、小さいベイトを食べるようなバスはバイトが浅く、大きいベイトを食べるバスを狙った方が、本気喰いしてくるのでフックアップしやすい、という考え方です。

因みに、この女肌、現在は残念ながら生産していないのですが、なんと!来年の再販が決定したそうです!

これから本格的な冬を迎えますが、どこかに必ず答えがあるのがルアーフィッシング。厳しい時ほど、釣れた時の嬉しさは格別です。
ベイトコンディションを意識すれば、H.A.Lルアーがバスを連れてきますので、その時々を楽しんでいきましょう!
それではまた。

 



 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ