H-Kom宇宙某所
  • 08Aug
    • ※コメント連絡用記事6

      ※ほむランボーさん、AC!さんから怒濤のコメント頂いてます。 色々多忙で返信も更新も滞っちゃってますが、なんとか再起動に励みます(^_^;!! 以前の記事で紹介した「彼方のアストラ」アニメ、放映中! TVアニメ「彼方のアストラ」公式サイト コメント内で紹介された動画↓ 【MMD】-決戦機動増殖機獣-【ゴジラ】 - YouTube Akira Ifukube – KING KONG VS. GODZILLA _ 伊福部昭 「キングコング対ゴジラ」 (1962) OST - YouTube-------------------- この記事は、Amazonコメントでやり取りをしていた方々との連絡のためにアップしましたが、それ以外の方のコメントも歓迎します(当方専門外の話題等はご勘弁を^^;)。 一応「承認」しているので、コメントが表示されるまでには時間がかかる場合があります。 頂いたコメントは、特に但し書きがなければ、記事に転記させて頂きたいと思います。 Ameba会員以外であっても、コメント投稿は可能です。 ただ、投稿者自身はコメントの再編集・削除ができません。 このため「〇番のコメントを削除したい」と申し出て頂ければ、こちらで対応します。 ブログ主 H-KomH-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)

  • 19Jul
  • 28Jun
    • ゴジラ+ルパン+アストラ+ジョジョ+スターウォーズ他2019.6.9~10

       今回の投稿者は、前回久々登場の(記事更新も遅いから不在記事なし(T_T;)「ほむランボー」さんと私のみ。 お互い、リアルワールドが色々と忙しいようです。ほむさんは仕事で、私は自治会業務で。 雑事で時間が分断されると、ここでやってるような長文のやり取りは難しいですね(^_^;。 そんな愚痴の他、話題は…・ 空母いぶき…私は観ませんが、観る人や評価する人に対して否やは申しません。・ ボヘミアン・ラプソディ…なんと、まだ国内数ヶ所で上映中!また映画館で観たい…かも。・ GODZILLA: King of the Monsters…私は1回目観賞、ほむさんは未見。ネタバレを避けながらオススメするのは、どんな作品でも難しい。でも、とにかくマイケル・ドハティ監督のゴジラ愛が各怪獣の登場シーンから細かな動き、暴れ方、音楽に至るまで溢れ返っているのをイヤというほど感じることができます。久々に東宝怪獣フルコースを堪能できます。必見です!! …で、次回作は○ング○ングと対戦!さぁて、どう戦い抜くかな…?・ LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘…ほむさん観賞、絶賛。渋くクールな作りで、不二子の非情な面とか色々たまらんそうです。うーむ、気になる…。・ 彼方のアストラ…アニメ放映まで、あと6日!ほむさんによれば、制作会社「ラルケ」は鬱っぽい作品が得意だそうです。アストラの物語にもダークで深刻な面はあるので、上手く作ってくれるでしょう。楽しみです!→ で、当然の如くウルトラマンレオの弟「アストラ」を経て「レオ」の話にスライドします(^^;。 …でも私はほとんど、ほむさんは全然、レオ観てなかったりする。理由は本文をどうぞ。・ 悪魔バスター スターバタフライ…ディズニーチャンネルで放映中のアメリカン・ハチャメチャ魔女っ娘ギャグアニメ。ところが第35話で、突然ダーク展開に!「まど☆マギ」か?と思うようなヘヴィな演出、描写…明らかに日本のアニメの要素を取り入れてますね。・ エースをねらえ!2…原作の第二部をアニメ化したOVA…なんですが、私は思いっきり昔のTV版「新~」と勘違いしちゃいました^^;;。画像検索すると、宗方コーチの死のショックで憔悴した岡ひろみが「濃い」画で描かれてたりします…。・ ジョジョの奇妙な冒険・黄金の風…第5部アニメ、いよいよ佳境に入っています! アバッキオの…例のシーンが…例によって「神回」となりました。海外からも熱いコメントが殺到!そして、この前の回では、とうとう ネタバレのため時間を消し飛ばし てしまった…。 さすがにもう作画も安定。原作既読であっても、手に汗握り息を詰めて終局を待つ…!!・ 本気のスターウォーズごっこ…アメリカのマニアが作ったバカ動画(賞賛の意味で)。 スーパーマーケットでマニアが買った玩具のライトセイバーが本気の発光!「悪くないね」とばかりに振り回し、チャンバラを始めるマニアたち…(光刃が触れるとズボンが焦げる!)。 バカたちの数もバトルもエスカレートし、マーケット全体を巻き込む大混乱へ…!→ で、当然の如くスターウォーズ本編の話へと。 エピソード8「最後のジェダイ」は、ほぼ全世界で絶不評、大炎上してしまいました。私は…随所に首を傾げながらも、まあまあ楽しんで観賞。そして怒り狂うファンたちを「うるさいなぁ」と思いながら見ていた…はずだったのですが、思い返してみると…微妙?いや、ダメだったかも…。 といった、堰を切ったようなオタ話の嵐でありました。 …しかし…「空母いぶき」の話、ちょっとゴリゴリやり過ぎたかなぁ… ほむランボーさん、AC!さん、もし気分を損ねてしまっていたら、ごめんなさいm(_ _;m。----------466H-Kom 2019年6月9日 16:19:48 >463ほむランボー@64 Re:忘れた頃に、ワープアウト① 遅くなりました!さっと反応したかったんですが、自治会やら何やらで時間を消し飛ばされてると、ブログモードに復帰するのが骨で(^^;。>気が付けば、もう6月ですか。>最後に投稿したのが、4月30日?という低堕落ぶり。>何だか切り口が見つからずに、ダラダラとしてしまいました。 お久しぶりです。お帰りなさいませ~。 忙しいんだろうな、と思ってました。完全に忙殺されてなくても、色々紛れちゃうと頭がこっちに向かわないことはありますよね。なにも部活とかじゃないんで、楽にいきましょう。>「いぶき」も「ゴジ」もまだ観てないし、「ボヘミアン」もまだだし。 「いぶき」は何しろそういうわけで、私は絶対観ません。 「ボヘ」は「映画館で観てよかった!」と思いました。「1回で充分ですよ」ですけどね^^;。 いま検索してみたら、なんと未だに秋田・東京・千葉・茨城・沖縄で上映中なんですね。 GODZILLA: King of the Monsters 「ゴジ」観ましたよ!凄かったですよ!ゴジラシリーズ全般に対するリスペクトというか愛が溢れ返っている。 画も音も大迫力。奴らも実に活きがいいし、人間ドラマの絡め方も程良い。 いずれ記事にしたいと思ってますが、いつになることやら^^;。 うるっさい日本のゴジマニア達も、ハリウッドゴジの良い所を謙虚に研究して、「勝てる」日本のゴジを作るための戦略を練るべきですね。 LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘>「不二子ちゃん」だけ観てきました。ポロリがありました。>劇場でBD買いました。 おおっそうですかポロリありますか~、観ようかな(←ガジガジbyカミさん)。 私の記憶にあるポロリは「マモー」の時だけですな。 BD買うレベルですか。観ようかなマジに。 続きます。----------467H-Kom 2019年6月9日 16:46:45 >463ほむランボー@65 Re:忘れた頃に、ワープアウト② 彼方のアストラ>アストラと聞くと、ウルトラマンレオの弟かと思ってしまう。 それ、書こうとは思ってました。でも本題を書いてたら抜け落ちてしまった。 レオは、実はほとんど観てないんです。タロウで冷めちゃってウルトラから離れた後だったし、時々観ると暗くて凄惨な話ばっかりだったし。 今になって、ちょっと関心が湧いてきてたりもするんですけどね。 そういえば等身大ULTRAMANにもレオ&アストラが以下略。>制作がラルケ。>「魔法少女育成計画」や、「ダンガンロンパ」のイメージが強くて、鬱アニメのイメージが強い。「あそびあそばせ」も変だったし。 アストラも鬱とまではいかない…いや、ほぼ鬱かな?な部分があるから、深刻な話が得意な会社なら適任と言えるかもしれませんね。 うん、「あの辺」は思い切りダークに描いてもらわないと。>作画レベルは高い。>もりやまゆうじさんの名が、時々見られる。 懐かしいお名前が。昭和の巨匠たちは、ご本人もその影響力も健在なんですね。 Wiki見たら、動画デビューは「ダンガードA」ですか…うわぁ。 悪魔バスタースターバタフライ>最初は、子供向けのハチャメチャなギャグアニメだったんだけど、時々ダークな重い話ある。 前に伺った時に「面白そう」と思ったんですが観てませんすいません^^;。 ただOP&EDの動画観て完全にハチャメチャという認識だったので、意外ですね。>強大な敵が復活したので、バタフライは地球人たちとのおバカな生活にピリオドを打って、自分の国へと帰ってしまう。EDも何時もの歌ではなく、バタフライが去って魔法の解けた元の家がずっと映ってるだけでした。音楽も無く虫の鳴き声や、犬の吠える声や、サイレンだけが聞こえているという寂しいものでした。 びっくりだ。そこまでやるか。まるで日本の鬱アニメか?という話ですね。 「まど☆マギ」あたりに影響を受けたかな?やばい、観てみたくなってきた。 続きます。----------468H-Kom 2019年6月9日 17:52:41 >463ほむランボー@66 Re:忘れた頃に、ワープアウト③>今、力を入れて観てるのが「エースをねらえ!2」。 あらまぁ!えらく過去に跳びましたなムーディーブルース。 ウチは完全にノーチェックでした。スポーツ少女漫画には、どうも目が向かなくて。 OPは好きでしたが。サービスエース~、この一球に賭けた~♪ レシーブエース~、私~の~青春~♪ スマッシュエース~、誰にも~、負・け・は・し~な~い~…誰か止めてよ。>このままファイナルステージも!そう甘くは、なかった。 原作のラストまでは到底届かなかった、という件ですね?まあ…長いですからね。>画質は、酷いけど作品の出来は良い。 当時アニメージュに載った画を見て第一作との落差に愕然としたのも、観なかった理由の一つではありました。 第一作と映画は杉野さんだったけど、「2」は…作監コロコロ変わってるし… でもWikiによると、内容は第一作よりも原作に近かったそうですね。 …と!ここまで書いて、決定的な誤謬に気付く私でありました。>沢田正人さん、矢木正之さん、筱雅律さんなど。 誰もWikiのクレジットにない…ひょっとして、作品が違う? …えー…私が書いてたのはTV版「新・エースをねらえ!」であって、OVA「エースをねらえ!2」ではなかった。なんてこった~! そっちは、全然わかりません。面白いので、このまま残しときます^^;。 ジョジョの奇妙な冒険・黄金の風 ムーディーブルースが出たとこで、ジョジョですが。 やっとANIMAXで再放送が録れたので、28話…観ました。 泣きました(T_T;…まさに神回。かつての同僚から「おまえはよくやったよ」と言われて、彼の魂も救われたことでしょう。 海外の反応でも、号泣者多数。 しかし何とまあ、このまま休み無しでラストまで突っ走るんですね。 まさか一期に収まるとは思ってなかった。シリーズ構成の小林靖子さん、ホントに大天才。 続きます。----------469H-Kom 2019年6月9日 18:18:55 >463ほむランボー@67 Re:忘れた頃に、ワープアウト④」>YouTube:「本気のスターウォーズごっこ」面白いけど、周りに凄い迷惑かけてそうだな。 観ました!これはスゲぇ。た…たぶん、ホントに迷惑行為をやってる訳ではなく、配慮とか調整とかした上で撮ってるんじゃないかな…? ホントにゲリラでやってるとしたら、こいつら全員ジェダイじゃない、シスだ。いや、それ言ったらシスに失礼だ^^;。 にしても、向こうのマニアは凄い特撮をシレッとやっちゃうんだなぁ。顎落ちた。>ドナルドが、一番怖い。 暗闇で、あの剣幕のピエロに追っかけられたら本気で逃げるわ~。>本物は、クリスマス前に公開されるけど、どんな結末になるのやら。 EP7、そしてさらにEP8は全世界で大炎上しちゃいましたけど、ウチはどっちも楽しんで観た。 …つもりだった。でも思い返してみると…特にEP8、あまり印象に残ってないんだなぁ。 で、頭に浮かんでくるのは「爆撃機」のトンデモっぷりや、中盤の展開のグダグダっぷりばかり。 スノークはあっさり…だし、フィンと整備員の彼女は何しに行ったのか分かんないし、ポーは何のために「ステイ、ステイ」かけられてたのか分かんないし。 ルークがレイを指導してあげないのも、にも関わらずレイが力を発動させちゃうのも、今にして思うと「??」。「フォースは誰でも使える」と言われても…腑に落ちない。 宇宙に投げ出されたレイアが「火事場のフォース」で泳いじゃうところは、私は好きですが。 キーキー騒いでる原理主義者たちを「うっざいなぁ」と思ってましたが…連中の気持ちも分かるような気がしてきました。 なんか「スターウォーズを観た」という気分が残ってないんだもん。 「本気のスターウォーズごっこ」の後に出てきた動画「スターウォーズ スペシャルムービー 最後の戦いの」を観たら「おお、スターウォーズだ!」と感じました。 これ…なのね。EP8に感じていた「何か違う」感、「足りなかった」何か…は。 とりあえず、大炎上後のプレッシャーに挑むEP9、期待を込めて待つとしますか。 見事うるっさいファンどもを黙らせて、スターウォーズ正伝を完結させることができるか?----------470ほむランボー 2019年6月10日 00:24:29 >466H-Kom@68 Re:Re:忘れた頃に、ワープアウト①>忙しいんだろうな、と思ってました。完全に忙殺されてなくても、色々紛れちゃうと頭がこっちに向かわないことはありますよね。なにも部活とかじゃないんで、楽にいきましょう。 今までと違う仕事をすることになり、自分のペースに合わせるのに苦労しています。>「いぶき」は何しろそういうわけで、私は絶対観ません。 二郎さんは漫画を読んで、何言ってんだ!というような事を書いておられたような… 原作は、謎の戦闘国家ではなく、もろ○華人民共和国だとか。 さすがにそのままとはいかなかったようです。 ゴジラ:キングオブモンスターズ>観ましたよ!凄かったですよ!ゴジラシリーズ全般に対するリスペクトというか愛が溢れ返っている。画も音も大迫力。奴らも実に活きがいいし、人間ドラマの絡め方も程良い。 さすがです。早く観に行かなきゃ。>うるっさい日本のゴジマニア達も、ハリウッドゴジの良い所を謙虚に研究して、「勝てる」日本のゴジを作るための戦略を練るべきですね。 一作目は、平成ガメラと勘違いしてるんじゃないのかという感じでしたけど。 「キングコング髑髏島の巨神」の最後と繋がってたのは、驚きでした。 そして「キンゴジ」も制作されるとか。蛙ゴジラ登場か? ルパン三世・峰不二子の嘘>BD買うレベルですか。観ようかなマジに。 どうもTVサイズで制作されているのか、かなりぼやけた映像なのが残念でした。 小池ルパンは、渋い作りなんです。 不二子が非情になるラストシーンにやられてしまいました。 そしてルパンと次元の前に現れた敵が、大口径のライフルで派手な挨拶をするシーンが追い打ちを掛けます。 少し前まで、コミカルだったのに突然凄惨な現場に変わり、この後のストーリーに期待が膨らみます。>レオは、実はほとんど観てないんです。タロウで冷めちゃってウルトラから離れた後だったし、時々観ると暗くて凄惨な話ばっかりだったし。>今になって、ちょっと関心が湧いてきてたりもするんですけどね。 私は、レオのデザインに幻滅して観てません。 1話で、ウルトラセブンが出て来たと話題になっていましたが、ふ~ん。でした。 基地が怪獣に襲われ、MACは全滅するんでしたっけ。----------471ほむランボー 2019年6月10日 00:29:37 >467H-Kom@69 Re:Re:忘れた頃に、ワープアウト② ラルケ。>アストラも鬱とまではいかない…いや、ほぼ鬱かな?な部分があるから、深刻な話が得意な会社なら適任と言えるかもしれませんね。>うん、「あの辺」は思い切りダークに描いてもらわないと。 やはりそんな部分があるんですか。楽しみにしておきます。 もりやまゆうじさん>Wiki見たら、動画デビューは「ダンガードA」ですか…うわぁ。 すると、東映系ですか。 梅津キャラの作品(弁魔士セシル)でも名前がありましたけど、イメージ湧かない。 そういえば、「FUTURE WAR 198X年」のクレジットに、動画で梅津泰臣さんと名倉靖博さんの名を発見。 あの二人にも動画の時代があったんだ。と、驚きでした。 「悪魔バスタースターバタフライ」>前に伺った時に「面白そう」と思ったんですが観てませんすいません^^;。>ただOP&EDの動画観て完全にハチャメチャという認識だったので、意外ですね。 基本的には、常識はずれのトンデモお子ちゃまアニメです。>びっくりだ。そこまでやるか。まるで日本の鬱アニメか?という話ですね。>「まど☆マギ」あたりに影響を受けたかな?やばい、観てみたくなってきた。 日本のアニメっぽい作りが結構、取り入れられてる気がします。 残念ながら出ず兄がややこしくって、観せてくれません。----------472ほむランボー 2019年6月10日 00:36:02 >468H-Kom@70 Re:Re:忘れた頃に、ワープアウト③ エースをねらえ!2>…えー…私が書いてたのはTV版「新・エースをねらえ!」であって、OVA「エースをねらえ!2」ではなかった。なんてこった~!>そっちは、全然わかりません。面白いので、このまま残しときます^^;。 キャラがかなりこゆい感じになっています。 ひろみが海外遠征でメキメキ実力を伸ばします。この辺りは、燃えるんです。 が、宗方が他界し、帰国後は鬱展開。当時は、観るのが辛かったが、今は普通に観れます。 関係ないけど、千葉ロッテに岡大海(ひろみ)という選手がいます。>ムーディーブルースが出たとこで、ジョジョですが。>やっとANIMAXで再放送が録れたので、28話…観ました。>泣きました(T_T;…まさに神回。かつての同僚から「おまえはよくやったよ」と言われて、彼の魂も救われたことでしょう。海外の反応でも、号泣者多数。 無駄死にしたと思わされたけど、その使命を全うしていた処が更に高ぶりました。 イマイチだと思ってたENIGMAのED曲も、ベストマッチ。>しかし何とまあ、このまま休み無しでラストまで突っ走るんですね。>まさか一期に収まるとは思ってなかった。 4期か5期分の話数になりそう。>シリーズ構成の小林靖子さん、ホントに大天才。 しかも「巨人」も掛け持ちしてますもんね。----------473ほむランボー 2019年6月10日 00:38:37 >469H-Kom@71 Re:Re:忘れた頃に、ワープアウト④」 スターウォーズ>EP7、そしてさらにEP8は全世界で大炎上しちゃいましたけど、ウチはどっちも楽しんで観た。 私は、EP7は、大好きです。 J.J.エイブラムスのヲタ丸出しな作りが好きです。 「スタートレック」も良かったし。 EP8は、中国での評価が酷かったんでしたっけ?>…つもりだった。でも思い返してみると…特にEP8、あまり印象に残ってないんだなぁ。>で、頭に浮かんでくるのは「爆撃機」のトンデモっぷりや、中盤の展開のグダグダっぷりばかり。 戦闘シーンが、ショボかった気がします。 部品が取れそうなポンコツスピーダーは、ないだろう。 ファーストオーダーに追われ逃げ続けるシーンは、CGアニメ「クローンウォーズ」のグリーバス将軍が共和国軍に追われるエピソードを思い出し、最後の特攻シーンは、CGアニメ「反乱者たち」にも似たようなシーンがありました。 それらを観た人なら、疑惑を持ってしまうでしょう。 あそこまでボコボコにされた反乱軍が、どう戦うのかという疑問もあります。>なんか「スターウォーズを観た」という気分が残ってないんだもん。 (爆)確かに。>「本気のスターウォーズごっこ」の後に出てきた動画「スターウォーズ スペシャルムービー 最後の戦いの」を観たら「おお、スターウォーズだ!」と感じました。>これ…なのね。EP8に感じていた「何か違う」感、「足りなかった」何か…は。 確かに凄いですね。 「スター・ウォーズ:オールド・リパブリック」のムービー? ドロイドや、クローン兵がいるからクローンウォーズ辺りの話なのかな。>とりあえず、大炎上後のプレッシャーに挑むEP9、期待を込めて待つとしますか。>見事うるっさいファンどもを黙らせて、スターウォーズ正伝を完結させることができるか? J.J.が再度、メガホンを取るようなので期待してます。 J.J.とピータージャクソンは、ヲタ好きする作りが良い。 たたみ掛けて、すいません。

  • 25Jun
    • ヤマトコンサート+空母いぶき(?)他2019.5.19~6.9

       急いでいるので前置きしない。(※1) 投稿者は「AC!」さん、「ほむランボー」さん、私。話題は…・ 「宇宙戦艦ヤマト2202」 コンサート2019 ソノ・トキ・キミ・ト -Close to you tonight- 2019.10.14(MON) 開催決定! …うーん、気障なタイトルだ(^_^;。誰が決めたんだ? とにかく、宮川彬良さんのヤマトコンサートとなれば外れナシ!何が何でも行きたい!! しかし…今回も1回のみ。前回の「2199」コンサートは超満員だったし(友達が席を押さえてくれたので行けたけど)。いかに巨大なオーチャードホールであっても、安心はできない。 なので確実を期して、私はファンクラブ「ヤマトクルー」への入会を(今頃)決意しました。 ところが、なんと今回の会員先行販売は抽選ではなく「先着順」なんですと! それじゃ、すでに殺気立っているプレミアム(有料)会員に、あっという間に占領されてしまうんじゃないか!? かと言って、このために1万(シルバー)とか3万(ゴールド)とか貢ぐのは絶対ヤだし。 どーしよ?どーしよ?オ、パッキャマラッド、パッキャマラッド…「ガルパン」観ました?・ 映画「空母いぶき」(?) (※2) 限定的に評価されているAC!さんとほむランボーさんには申し訳ないのですが… 私は、この映画を観ません。少なくとも映画館では。 理由は二つ。 1.総理大臣役を演じている佐藤浩市の炎上発言。  「体制側を演じることに抵抗があったので、ストレスに弱く腹を下しがちな設定に変更」  かつて難病に苦しんだ現・安倍総理を揶揄・侮辱する意図があったことは明らかです。  映画評サイトには「気にするようなシーンではない」という意見が多いですが、こんな役者の思いつきによる改変、そして放言がまかり通るという現状が許せない。 2.「敵国」の設定改変。  原作では中国(現・共産党政権。以下「中共」)が尖閣諸島を侵略する「敵国」ですが、これが「東亜連邦」という架空の国家に変更されているという前情報を得ました。そして、あろうことか中共は国連軍の一員として、映画の最後に「日本を救う」そうです。  この一点だけで、原作の意図は完全に「台無し」にされています。チベット・ウイグルの人々の人権を蹂躙し、さらに日本へも侵略の野心を隠さない覇権国家。その危険性を訴えた原作を180度覆し、中共を救世主として礼賛するなどとは…冗談ではない!  以上二点から、私はこの映画に「日本(現政権)否定・中共正当化」の意図混入を感じます。  そのような映画や役者に、私はビタ一文たりとも渡したくはない。映画を観に行くということは、その映画に約1800円と「一票」を投じることですから。  ヤなこった!だいぶ先になるでしょうが、CS放送を待って検証することにしますよ。・ 彼方のアストラ…TVアニメ放映開始まで、あと8日! アニメスタジオに詳しいほむランボーさんが、制作の「ラルケ」について解説。 なお私も原作漫画を見た時、ウルトラマンレオの弟は思い出しました^^;。・ 悪魔バスター スターバタフライ…異次元の魔法の国から来たプリンセスが地球に大騒動を巻き起こす、ハチャメチャギャグアニメ…だったはずが、急激にヘヴィなシリアス展開になったという、ほむランボーさんのビックリ情報。私も観たいけど、ディズニーチャンネルは観る気が… →ふとチャンネルスキップを解除してみたら、ちょうどやってました! 第39話のラスト数分を観ました。まさに、そのシリアス展開の解決編?かと思われました。 なるほど、これはハチャメチャだ。日本の魔法少女のようなステッキから、灼熱ビーム!・ エースをねらえ!2…原作の第二部、つまり宗方コーチの死と、その後を描いた原作第二部をアニメ化したOVA…について、ほむランボーさんが若干語ってくれてます。・ 本気のスターウォーズごっこ…ほむランボーさん紹介のトンデモ動画。こんな映像を、個人のマニアが作れるなんて…アメリカ恐るべし。※1…タイムボカンシリーズのどれかにあった「急いでいるので解説しない。」が元ネタ。※2…(?)を付けてるのは、肯定的記事だと思われる混乱を避けるためです。----------458H-Kom 2019年5月19日 02:16:01 >455AC!@56 Re:コンサートの件ですが。。。>H-Komさん、スミマセン! いやいやとんでもない。迅速かつ丁寧な情報ありがとうございますm(_ _)m!>10月のヤマトコンサートの5月31日16:00~のヤマトクルー先行ですが、公式の告知を良く見ると、「先着販売」と書かれてます。 16:00の時報を待って、全国で一斉に発信ボタンが強打される!のパターンですね。輻輳起きるぞ?>今迄のイベントではプレミアム会員を対象に、応募・抽選という形式でした。>今回は10月まで十分な時間的余裕があるのに、なぜこのような争奪戦の混乱を生むような方式を選択したのか理解に苦しみます。 1.スタッフの人手不足で抽選ができない。 2.以前の抽選が不評だった。 3.争奪戦の混乱による話題作りを狙った。 答えは4.の「特に何も考えてない」だッ!(嘘)>半月を切っても詳細がまだ一切不明なので、いい加減発表して欲しいのですが…>何より無料会員が参加できるのかも分かりません。先着の争奪戦なら、多分無料会員は対象外だと思いますが、分かりません。 答えは5.の「続編制作もコンサート開催も突然の決定で現場がバタバタ」だッ!(本当っぽい) 詳細が判明してからプレミアム入会を決めたいから、せめて3日の猶予は欲しいなぁ?>ちょっとヤマクルさんの今回の販売方法は納得出来ないですね。6月14日12:00~からの公式ホームページ先行も視野に入れないとかもです。 ホントですね。ヤマクル入会が無駄にならないと良いんですけどね。>しかし、どちらも平日の昼間ですよ!何考えてんだか( ̄∩ ̄#>チケット争奪戦の為に仕事休めってか? 真っ当に仕事してるヤマトファンへの嫌がらせとしか思えませんね… 反波動格子でも準備しときますか(- -)?----------459AC! 2019年5月22日 08:03:18 >458H-Kom@57 Re:Re:コンサートの件ですが。。。 公式が続報出さないので、ツイッターでは憶測が飛び交ってます。 争奪戦の為に休み取った宣言する人や、ヤマクルプレミアム会員の優先方法の想像などが多いのですが、オーチャードホール(のある文化村だったかな?)の会員登録をしたり勧めたりする人もいます(ホール側の販売枠がある筈だという理由から)。 私はそこまでする気にはなりませんが、血まなこになってる感じの人もちらほら。 プレミアム会員を納得のいく形で優遇しないなら我慢ならないと喚く人も。 まあ年会費1~3万も払ってるので分からなくもないですが、ちょっと過剰反応な感じもします。>1.スタッフの人手不足で抽選ができない。 以前は1か月以内で抽選からチケット送付までやってましたから、無いと思いますね。>2.以前の抽選が不評だった。 席の希望が通らないと文句言ってる人はいましたが、そりゃ仕方ないでしょ。 ただ、その文句が多い為、先着にした可能性も。でも早い人が良い席とは限らない。>3.争奪戦の混乱による話題作りを狙った。 ツイッターの混乱ぶりを見ると、案外これが当たりだったりして(^o^;>答えは5.の「続編制作もコンサート開催も突然の決定で現場がバタバタ」だッ!(本当っぽい) うーん、でも10月の話で、半年近くありますから。>詳細が判明してからプレミアム入会を決めたいから、せめて3日の猶予は欲しいなぁ? 前回は、分からないけど多分無料一般会員は対象外じゃないかと書きましたが、これについては現在は、対象になるだろう、と考えてます。 以前のイベントで、プレミアム会員当選者キャンセル分等の再販があり、一般会員も対象とした「先着販売」で行われていたからです。但しあくまで予測ですよ!>反波動格子でも準備しときますか(- -)? 全艦マルチ隊形からの波動砲一斉射でお願いします、嘘ですよ!(;^_^A まあスマホがあれば休む必要は無いですが、それでもその時間帯に30分位は姿を消す必要がありますね(^_^; 早く続報出して欲しいですね。3日前と言わず1週間前にはm(__)m----------460AC! 2019年5月24日 23:30:40@58 コンサート続報出ました! 題して、 「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 ソノ・トキ・キミ・ト ―Close to you tonight― ヤマトクルーのショップページにて、チケット販売方法の詳細も出てます。 やはりプレミアム会員に優先権があり、会員種別により受付開始日も異なりますが、一般会員も対象ですね。価格も私は、ほぼ予想通りでした。 応募・抽選でなく先着販売という事以外は、おおかたで以前私が書いた事と同じ感じですね。 なお会員1人でチケットは2枚までです。 ただ、各席種が具体的にどの位置かや、どの程度の席数が確保されているかは不明です。 ツイッターでは、ヤマクル会員の方は地方でも上京すると皆さんが呟かれてるので、厳しい争奪戦なのは変わらないでしょうね。 特に一般会員は確保されてる席数によっては狭き門になるかも。 ただプレミアム会員にまでなるかは、判断が難しい所ですね。年会費が安くないので。 明日は前売りを買っていた「空母いぶき」を午後から観に行きます。 試写等を観た人の評判があまり良く無いとか、他にも色々と話題になってるようですが、自分で確かめて来ます。夕方からの上映なので帰宅は深夜になりそうです。----------461H-Kom 2019年5月25日 01:53:38 >460AC!@59 Re:コンサート続報出ました! 速報ありがとうございます!いま公式HP見てきました。>ソノ・トキ・キミ・ト ―Close to you tonight― なんで「大いなる和」とか「縁の力」とかじゃないんだろ? ちょっと彬良さんの2202に対する距離感?とか、邪推してしまうなぁ。>応募・抽選でなく先着販売という事以外は、おおかたで以前私が書いた事と同じ感じですね。 予測さすがです。先着販売は度肝抜かれましたね^^;。 答えは6.の「抽選よりも『先着勝負!』の方が、むしろ禍根は残るまい」…なのか? ヤマトクルーの各級会員が、どのくらいの人数なのかは存じませんが…オーチャードの収容人員と秤にかけて「先着でイケる」と踏んだ、ってことですね。>なお会員1人でチケットは2枚までです。 そこが肝心!なこと聞けて有り難いです。カミさんも入会するか?でも席が離れてもなぁ…と頭抱えてましたからね。とりあえずは「なんだか知らんが、とにかくよし!」(by葉隠散 様) あとは瞬発力と運に賭けるのみ!…ただ…>各席種が具体的にどの位置かや、どの程度の席数が確保されているかは不明です。 なん…ですよね… 都市帝国を前に「なぁ…ホントにこれ、戦いになるのか?」とボヤく、名も無き弩級クルーの心境ですよ。 (と書いてて、やっぱりそういうシーンが観たかった!と思いました。AC!さんには申し訳ないけど、そこは2202の決定的な瑕疵の一つと言わざるを得ません)>特に一般会員は確保されてる席数によっては狭き門になるかも。 ホントにこれ、一般会員にまで回ってくるのか^^;;;? でも、だからってプレミアム入会は…しまへん。このやり方を見てると、むしろ、なる気は失せますよ。>明日は前売りを買っていた「空母いぶき」を午後から観に行きます。>試写等を観た人の評判があまり良く無いとか、他にも色々と話題になってるようですが、自分で確かめて来ます。 ウチも観るのを楽しみにしていましたが、安倍総理を公然と揶揄・侮辱し、さらに同じ難病に苦しむ人々までも貶めた佐藤浩市にビタ一文くれてやる気にならず、金輪際観ないことに決定しました。 でも前売りを買われていたなら仕方ありませんよね。私も出来は気になるので、斥候(偵察)をお願いしますm(_ _)m!----------462AC! 2019年6月1日 15:17:21 >461H-Kom@60 Re:Re:コンサート続報出ました!>予測さすがです。先着販売は度肝抜かれましたね^^;。 以前の応募形式だから、予測と言うほどでは(^_^; ところで各席種の配置図が、ヤマクルさんの販売ページに出てますよ! 先着勝負なら禍根無し、は当たってそう。昨日からプレミアムゴールドの販売が開始されてますが、何故か皆さん応募完了とツイートしてます。いやそれ購入手続き完了でしょう?>ヤマトクルーの各級会員が、どのくらいの人数なのかは存じませんが… 総席数2千席以上ですから、1/3がヤマクル割り当てと仮定してもプレミアム会員なら、ほぼ問題なしと考えたかな?と想像してます。 販売期間も1週間あり、かなりの席数抑えてる気が。 但し(ここ重要)、一般会員に関しては「残席有る場合のみ」と書かれてます。やはり狭き門?>やっぱりそういうシーンが観たかった!と思いました。AC!さんには申し訳ないけど、 それはあっても良かったと思います、確か南部は言ってましたけど(^o^;>プレミアム入会は…しまへん 良いと思います、年会費1万円は自分にとってそれに見合うメリット無いと高すぎますから。 空母いぶき>楽しみにしていましたが、安倍総理を公然と揶揄・侮辱し、さらに同じ難病に苦しむ人々までも貶めた佐藤浩市にビタ一文くれてやる気にならず 何故にあんな炎上不可避な発言をしたんでしょうね(^_^;) 劇中では、お腹に手を当ててるのとトイレで手を洗ってるシーンが各1つづつあるだけなので、あんな事言わなきゃ炎上もしなかったでしょうに(TωT) ちな、私の感想ですが、全体としては「普通」です。 戦闘の描写(CGや演出等)は良く出来てて緊迫感もあり、この点は良かったです。 しかし戦術の一部と、政治・国際情勢に関しては、あまりにも現実と乖離しており、ツッコミ所満載です。 詳しく書くとネタバレになるので避けますが、ラストの決着には唖然としてしまいました。 これは国際政治情勢の全く異なる並行世界の話、とでも考えないと納得出来ません。 あと戦術の一部も非現実的でムチャを感じました。 結局良いのは戦闘描写だけかなぁ。 でもこれはなかなか良かったので、全体として普通で(^▽^;----------463ほむランボー 2019年6月5日 22:10:27@61 忘れた頃に、ワープアウト 気が付けば、もう6月ですか。 最後に投稿したのが、4月30日?という低堕落ぶり。 何だか切り口が見つからずに、ダラダラとしてしまいました。 「いぶき」も「ゴジ」もまだ観てないし、「ボヘミアン」もまだだし。 「不二子ちゃん」だけ観てきました。ポロリがありました。 劇場でBD買いました。 「彼方のアストラ」 アストラと聞くと、ウルトラマンレオの弟かと思ってしまう。 制作がラルケ。 「魔法少女育成計画」や、「ダンガンロンパ」のイメージが強くて、鬱アニメのイメージが強い。「あそびあそばせ」も変だったし。 作画レベルは高い。 もりやまゆうじさんの名が、時々見られる。 「悪魔バスタースターバタフライ」の35話が衝撃でした。 最初は、子供向けのハチャメチャなギャグアニメだったんだけど、時々ダークな重い話ある。 今回は、かなりシリアスな展開でした。 敵に女王や、近衛兵が次々と倒され、その魂を吸い取られた。 魂を吸い取られた目は、黒一色で塗られている。恐過ぎ。 強大な敵が復活したので、バタフライは地球人たちとのおバカな生活にピリオドを打って、自分の国へと帰ってしまう。 EDも何時もの歌ではなく、バタフライが去って魔法の解けた元の家がずっと映ってるだけでした。 音楽も無く虫の鳴き声や、犬の吠える声や、サイレンだけが聞こえているという寂しいものでした。 50話以降では、王家のとんでもない秘密も明かされ、更にえらい事になるようです。 本日、57話を観ましたが、世界がひっくり返った世紀末状態でした。 全部観たいけど、出ず兄が何かややこしくて、再放送モードに突入中。 今、力を入れて観てるのが「エースをねらえ!2」。 TVシリーズ2作の後に、まさかの放送。 このままファイナルステージも!そう甘くは、なかった。 画質は、酷いけど作品の出来は良い。 元ビーボォーの人の名が見られます。 沢田正人さん、矢木正之さん、筱雅律さんなど。 YouTube:「本気のスターウォーズごっこ」面白いけど、周りに凄い迷惑かけてそうだな。 ドナルドが、一番怖い。 本物は、クリスマス前に公開されるけど、どんな結末になるのやら。----------464H-Kom 2019年6月9日 03:35:06 >462AC!@62 Re:Re:Re:コンサート続報出ました!① 遅くなりました(^_^;!>ところで各席種の配置図が、ヤマクルさんの販売ページに出てますよ! 見ました。なるほど~…SS席やS席の配置が…眩しいですな…(^^;。 どのみち上級席は縁のないものと思ってます。いや、一般会員枠で買えればめっけもんかと。>先着勝負なら禍根無し、は当たってそう。 「抽選よりも戦士の勝負なら、負けても諦めはつこうというもの」 とか、誰かが言ったのかな?まあ、一つの考え方ではありますね。>昨日からプレミアムゴールドの販売が開始されてますが、何故か皆さん応募完了とツイートしてます。いやそれ購入手続き完了でしょう? 抽選に応募するもの!という固定観念が抜けないんですかね。>総席数2千席以上ですから、1/3がヤマクル割り当てと仮定してもプレミアム会員なら、ほぼ問題なしと考えたかな?と想像してます。販売期間も1週間あり、かなりの席数抑えてる気が。 2千席以上…つくづく凄いホールですね。それでもヤマトファンの数を思うと心許ない気もしますが。 まあ、頑張って枠を押さえて会員に配慮してると思っていいのかな?炎上は怖いですからねぇ^^;。>但し(ここ重要)、一般会員に関しては「残席有る場合のみ」と書かれてます。やはり狭き門? だろうな~。まあ、有ると期待しないよう自分に言い聞かせてます^^;。 AC!さんの会員ランクは存じませんが、健闘を祈ります! 名も無き弩級クルーのぼやき>それはあっても良かったと思います、確か南部は言ってましたけど(^o^; 南部じゃダメなんですよ~。名も無き艦の、名も無きクルーでなければ。 2202を観ていて、どうでもいいと思っていた「モブ描写」の重要性を痛感しました。 まったくクルーが描かれない大艦隊は、「生ける物」に見えないんです。 「無人化しつつあるから」ってのとは、別の問題ですよ。>>プレミアム入会は…しまへん>良いと思います、年会費1万円は自分にとってそれに見合うメリット無いと高すぎますから。 コンサートのために駆け込みでゴールド!とかってのも何だかね^^;。 2202完結後だからかも知れないけど、残ってるグッズにも魅力を感じませんね…続編開始が近づけば、また話も変わってくるかもですが。 続きます。----------465H-Kom 2019年6月9日 04:05:55 >462AC!@63 Re:Re:Re:コンサート続報出ました!② 空母いぶき>>安倍総理を公然と揶揄・侮辱し、さらに同じ難病に苦しむ人々までも貶めた佐藤浩市にビタ一文くれてやる気にならず>何故にあんな炎上不可避な発言をしたんでしょうね(^_^;) 炎上…させたかったんだと思ってます。とにかく安倍総理をディスりたい一心で。 今までの言動からしても、佐藤浩市は完全なるバカ左翼ですね。「やはり(?)僕たちの世代には(??)体制側(!!)を演ずることへの抵抗感が」なんて言葉で今の日本人の共感を得られるなどと思い込んでる愚かさには、もはや付ける薬も無い。 「表現者は左巻きが当たり前」だった戦後は、もう終わったんだ。時代の遺物たる文化人??どもは、さっさと干されて消えていってもらいたい。>劇中では、お腹に手を当ててるのとトイレで手を洗ってるシーンが各1つづつあるだけなので、あんな事言わなきゃ炎上もしなかったでしょうに(TωT) いやぁ、どうでしょう。観てる人は見てますよ。そして言われなくても機敏に反応します。「あれはどう見ても安倍総理をコケにしてる」ってね。 で、なにしろディスる表現手段として政治理念でなく、すでに治った病気を、そして下ネタを持ってくる下劣さが、反吐が出るほどイヤだと思いますね!>ちな、私の感想ですが、全体としては「普通」です。>戦闘の描写(CGや演出等)は良く出来てて緊迫感もあり、この点は良かったです。 今の(戦闘)映画として、最低でもそこだけはクリアしていないと作る意味が無いですよね。>しかし戦術の一部と、政治・国際情勢に関しては、あまりにも現実と乖離しており、ツッコミ所満載です。 ネットで改変部分を列挙してる記事があったので読みました。そして呆れ返りました。 これでは「空母いぶき」のタイトルを冠するべき映画ではない。よく原作のかわぐちさんが怒らないものですね。>あと戦術の一部も非現実的でムチャを感じました。 せめて戦闘部分だけでもリアルに作ろうという気概は無いのかな。いや、戦闘ってものを理解してなければ、何がリアルかも分かりゃしないか。>結局良いのは戦闘描写だけかなぁ。>でもこれはなかなか良かったので、全体として普通で(^▽^; 了解です。いずれにしても私は観ませんが、偵察ありがとうございました<(- -)!

  • 24Jun
    • ヤマト・ラジオ&コンサート他2019.5.3~19

       最初のコメントで「平成最後に…」なんて書いてるのを見ると、愕然とします(^_^;。 たかが2か月前、されど…「平成は遠くなりにけり」。 4月に自治会副会長を引き受けて「しまって」からというもの、業務に悩殺される日々が続き。 ブログを改題して新機軸を打ち出す…どころか、すっかり停滞ぎみになってしまいました。 おかげで改元・改題してからの記事、これでたったの8本目… こりゃシャクだった。なんとかせねば。 だいたい、私は時間の使い方というか、ペース配分がマズいんです。 長時間パソコンに張り付いてガーッと長文書きまくっては、燃え尽きてグッタリ… このパターンを改善していかないと、あとあと色々困るよなぁ、と思う今日この頃です(_ _;。 今回(も)投稿者は「ほむランボー」さん、「AC!」さん、私。話題は…・ 改元・改題の挨拶。そして平成最後の大・凡ミス。・ GWにCSでガンダムORIGINとUCを立て続けに放映するという美味しい企画があった。 でも故あって同時録画ができないウチは「UC」を録り逃がしてしまった…という次第^^;。・ TIGER & BUNNYから始まった、桂正和さんの話。本来ヒーロー漫画が描きたいのに、絵柄の可愛さを編集部に買われ、美少女モノばかり描かされていた…という悲喜劇。 そして「魔法先生ネギま!」の赤松健さんも、同様のメに遭っていたそうで。・ ウイングマンに登場した「ドリムノート」って「デスノート」の元ネタ…だよね?・ ヤマト音楽に浸りきる4時間「ラジオスイート・さらば宇宙戦艦ヤマト」…無事録音成功! でも去年録り逃がした前番組の再放送は、またまたラスト部分を録音失敗…OUCH!・ 父・宮川泰さんの後を継ぎ、2199~2202とヤマト音楽を創ってきた宮川彬良さん。 最近の発言を聞く限り、当面はヤマトから「離艦」される心配はなさそう。・ そして彬良さん指揮による「ヤマトコンサート」開催決定! 10月14日、オーチャードホールにて。期待されたパイプオルガンは、ここには無し。残念… 何っ?ファンクラブ「ヤマトクルー」会員先行チケット販売?なんてことだ、入会しなければ! え!2199時の「抽選」ではなく「先着順」だと…ど、どやんす!?というパニックの顛末。 おお、コンサートのゴタゴタが長いから、今回は話題のバラけが少ない。 でも、ヤマトコンサート知ったことじゃない人には、読むの苦痛かもな(^_^;。 別ブログ「H-Kom日々旗日」は絶賛休眠中…ゴメンなさいゴメンなさいゴメンなさいm(_ _;m。----------446ほむランボー 2019年5月3日 01:33:01 >444H-Kom@44 Re:改元・改題>平成最後に、打ちかけた返信をキャンセルするつもりで、ほむランボーさんのコメントを誤って消してしまうというレジェンダリー・ポカをやらかしてしまいました。すいません~m(_ _;m! なるほど、そういう事でしたか。 コメはワードで作成して保存していますので、安心してポカして下さい。 機動戦士ガンダムORIGIN→UC、ANIMAX一挙放送>ORIGINは、無事録画終了しました。>5日のUC一挙も録らなきゃ。ああっ容量が…! それは、素晴らしい。 ORIGINの後に、UCも放送とは何て親切なんだろう。 ORIGINを観てから、UC観た方が分かりやすいです。 奴(福井氏)は、ファーストの根幹を揺るがすような凄い事を思いついたんです。>ほむランボーさん、AC!さん、たなかさん。>色々バタバタで恐縮ですが、どうか令和の御代もよろしくお願いします。 どもども、こちらこそ宜しくです。----------447AC! 2019年5月3日 10:39:29 >404H-Kom@45 Re:Re:タイバニ&その他 祝、令和(3日目) 桂正和さん>「美少女」の部分が注目されて、編集部もそっちばっかり押すようになってしまって… なんかそうらしいですね。だから苦手に感じてたのかなと思います。別にそればっかりでなければ美少女も苦手とは思わないでしょう、あんなに可愛く描けるのだから。>ZETMANの頃からはヒーロー物を全開で描けるようになって、本領復帰という感じですね。 確かにあれを見ると、ノリノリで描いてる感じがしますね。 ヒーロー物やりたかったんでしょうね。 同じようなパターンとしては、赤松健さんの「魔法先生ネギま!」もかな。 2017年のアニメ「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」を懐かしくて観たのですが、随分と毛色が違い、グロ描写も多くて驚きました。 まとめサイトで、本来はこういうバトル物がやりたかったけど、編集から美少女てんこ盛りのキャッキャッウフフを中心に描かされてたとか。原作未読で知らなかった。>ウイングマンの「ドリムノート」って「デスノート」の元ネタですよね。 それは知りませんでした。 TIGER & BUNNY - ブルーローズの決め台詞>「私の氷はちょっぴりCOLD、アナタの悪事を完全HOLD!」>こいつはキャッチィだ! ですよね~。私の心も完全HOLDされました(^_^; (腐)女子に大人気>キャーキャー言われ始めると、オジサン引いちゃうからなぁ。 ダイジョブ、私みたいに全然ひるまないオジサンもいますから! え、ダイジョバない?σ(^_^;)----------448H-Kom 2019年5月7日 00:02:57 >446ほむランボー@46 Re:Re:改元・改題 すみません~、カミさんの業務に付き合ってGW多忙だったので遅くなりましたm(_ _;m。 コメント誤削除レジェンダリー・ポカ>なるほど、そういう事でしたか。>コメはワードで作成して保存していますので、安心してポカして下さい。 よかた。わーい、ガンガン誤削除するぞ~!<それは誤削除ではない。ウソウソ^^;。>>ORIGINは、無事録画終了しました。>>5日のUC一挙も録らなきゃ。>それは、素晴らしい。>ORIGINの後に、UCも放送とは何て親切なんだろう。 そ、それがですね~。 UCが進撃の巨人とカブってしまうことが分かりまして。 本来、犬HKなんぞ観たくもないんですが、再放送もANIMAXもヘチマも無いときた。 おまけに今期は特に文句の付けようのない出来だし、物語も超重要局面だし。 UCは以前、散発的にBD-REに録った奴を掻き集めて観ることにします…とほほ。>ORIGINを観てから、UC観た方が分かりやすいです。 了解、そのようにします。>奴(福井氏)は、ファーストの根幹を揺るがすような凄い事を思いついたんです。 そういえばガンガン叩かれてたなぁ。叩かれないと気が済まない人なのかな? 私は「福井流」は嫌いではないので、どんな荒事をかましたか楽しみです。 …福井流アニメがガンガン増殖しちゃったら、ちと困りますけどね^^;。>どもども、こちらこそ宜しくです。 改元して改題して、いきなり休眠しちゃいましたが、改めてよろしくです~(^_^;!----------449H-Kom 2019年5月7日 02:38:42 >447AC!@47 Re:Re:Re:タイバニ&その他 すみません~、ほむさん同様お返事遅くなりましたm(_ _;m!! 桂正和さん>>「美少女」の部分が注目されて、編集部もそっちばっかり>なんかそうらしいですね…別にそればっかりでなければ美少女も苦手とは思わないでしょう、あんなに可愛く描けるのだから。 美少女「も」描けるのはヒーロー漫画家としても強みだし、描くのも好きなんでしょうが、「そればっかり」要求されちゃ、かないませんよね。 ZETMAN>確かにあれを見ると、ノリノリで描いてる感じがしますね。>ヒーロー物やりたかったんでしょうね。 振っといて何ですが、私はZETMANほとんど読んでないんです。ちとダーク目な感じで、なんとなく敬遠してしまいまして…面白かったですか? 赤松健さん>「UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~」>随分と毛色が違い、グロ描写も多くて驚きました。>本来はこういうバトル物がやりたかったけど、編集から美少女てんこ盛りのキャッキャッウフフを中心に描かされてたとか。 あらら~。私も赤松健さんは、それこそ「キャッキャウフフ」ばっかりの人だと思い、「専門外」と完全スルーしてたんですが、桂先生同様にお悩みだったんですね。 チェックの必要があるかもだなぁ…グロはグロで基本苦手だけど。>>ウイングマンの「ドリムノート」って「デスノート」の元ネタですよね。>それは知りませんでした。 ドリムノート…書いた(描いた)ことが(制限や罠はあれど)現実になる。 デスノート…名前を書いた人が(面倒くさいルールは山ほどあれど)…○ぬ。 どこかで誰かが指摘していたのを、読んだ気がします。 タイバニ>>「私の氷はちょっぴりCOLD、アナタの悪事を完全HOLD!」>>こいつはキャッチィだ!>ですよね~。私の心も完全HOLDされました(^_^; ワイルドタイガーは「ワイルドに咆えるぜ!!」 …で、止まっちゃった。他のヒーローは、特に決め台詞ないんですね。>>キャーキャー言われ始めると、オジサン引いちゃうからなぁ。>ダイジョブ、私みたいに全然ひるまないオジサンもいますから!>え、ダイジョバない?σ(^_^;) AC!さんの女子キャーキャー耐性は、如何にして培われたものなのでしょう(^^;?----------450H-Kom 2019年5月7日 02:45:45@48 令和の成功と平成のミス^^; 「ラジオスイート・さらば宇宙戦艦ヤマト」は、無事「どがらじ」で録音できました! まとめて聴く時間と気力がないので、今やっとゲスト登場の手前まで聴いたところです。 ただ、実は… 前回分の再放送は深夜~早朝だったので留守録にしたら、何故か録れてなくて… またまたラスト約30分、逃してしまったぁ(T_T;! リアルタイムでは聴いたんですけどね。大騒ぎしといてコレだから、マジで凹んだなぁ。 なので告知に付いてた案内に従って、再々放送リクエストしときました(^_^;。----------451AC! 2019年5月10日 08:20:39 >450H-Kom@49 Re:令和の成功と平成のミス^^; 取り急ぎ、ちょこっとだけ(^_^;>「ラジオスイート・さらば宇宙戦艦ヤマト」は、無事「どがらじ」で録音できました! よかったですね。リアタイしましたが、私も無事録音できました。色々と貴重なお話も聞けたし、大変楽しかったです。 彬良さんも「果てしなき戦い」のチェンバロ演奏に娘さんが参加されたと語られ、少なくとも現時点で次回作に消極的な印象は受けませんでしたね。 前回と同様にツィッターのまとめが出来てますよ。 https://togetter.com/li/1344744>前回分の再放送は深夜~早朝だったので留守録にしたら、何故か録れてなくて… それは残念でした、聴いてたのが不幸中の幸いですね。 今回の「さらば」の方は本日深夜に再放送されますが、また別に、合わせて再放送されると良いですね。 そう言えば、とっくに発表されてますが、コンサートは10月14日でオーチャードホールですね。 パイプオルガンが無いのは残念ですが、なかなか凄いところですね。客席も多いですが、それでも争奪戦になりそうです。----------452H-Kom 2019年5月15日 02:44:22 >451AC!@50 Re:Re:令和の成功と平成のミス^^; すいません~。最新記事に書いたようなわけで、ご無沙汰してしまいました。>>「ラジオスイート・さらば宇宙戦艦ヤマト」は、無事「どがらじ」で録音できました!>よかったですね。リアタイしましたが、私も無事録音できました。色々と貴重なお話も聞けたし、大変楽しかったです。 まだ生活がバタバタで、彬良さんと羽原さんのトークを聴き始めた段階ですが、面白いですね!ちゃんと聴くのが楽しみです。>彬良さんも「果てしなき戦い」のチェンバロ演奏に娘さんが参加されたと語られ、少なくとも現時点で次回作に消極的な印象は受けませんでしたね。 良かったです。まあ何しろ私は彬良さんの「離艦」はないと信じてます。>前回と同様にツィッターのまとめが出来てますよ。 聴きながら読み始めてます。情報ありがとうございます。 前回分再放送、録音失敗>それは残念でした、聴いてたのが不幸中の幸いですね。>また別に、合わせて再放送されると良いですね。 とりあえずクローバーラジオからは「当面予定はない」と返事が来ちゃいましたが、いつか叶うと信じてます。返す返すも、気まぐれでリアタイしてて良かった。>コンサートは10月14日でオーチャードホールですね。>客席も多いですが、それでも争奪戦になりそうです。 そのためにヤマトクルー入っちゃいました。でも…「子供電話相談室」状態で、あっという間に会員分完売!とかなるのかな? あ、ご存知かどうか分かりませんが…ヤマクルのチケットって会員本人1枚のみでしょうか?>パイプオルガンが無いのは残念ですが、なかなか凄いところですね。 凄いところなのは確かだけど、パイプオルガン無しはホントに残念です。検討はしたんでしょうけどね…シンセで再現、ってことになるんだろうな。----------453AC! 2019年5月16日 07:26:22 >452H-Kom@51 Re:Re:Re:令和の成功と平成のミス^^;(1) スミマセン、他のコメントのレスが遅れてますが、ご質問があったので先にレスします。>良かったです。まあ何しろ私は彬良さんの「離艦」はないと信じてます。 私も、少なくとも次回作での離艦はないと思います。 彬良さんは2202第七章の最終上映の舞台挨拶回にも、お忍びで来場されてたそうです(ツイッターで呟かれてました)。 あと交響組曲にも意欲がおありとか(^O^) それと次回作では、結城信輝氏に既にオファーが出されているのですが、現時点で結城氏は参加されるか分からないと呟かれてました(TωT) もし不参加なら非常に残念ですね。>>前回と同様にツィッターのまとめが出来てますよ。>聴きながら読み始めてます。情報ありがとうございます。 聴きながらだと臨場感ありますが、ツイート数が膨大ですよね(^o^;>とりあえずクローバーラジオからは「当面予定はない」と返事が来ちゃいましたが、 やったばかりですからね、もし来年GWに第3回があれば、その前あたりが可能性有ですね。 しかしちゃんと返信くれるのはコミュニティFMだからですかね、有り難いですね。----------454AC! 2019年5月16日 07:54:01 >452H-Kom@52 Re:Re:Re:令和の成功と平成のミス^^;(2) こちらが本題のご質問への回答です。 コンサート>そのためにヤマトクルー入っちゃいました。でも…「子供電話相談室」状態で、あっという間に会員分完売!とかなるのかな? おお、ついに入りましたか!いらっしゃいませ~ヽ(゚◇゚ )ノ チケットのヤマトクルー先行は、5/31(金)からですからね。 ただ、無料登録か、プレミアム会員なのかはわかりませんが(^_^; ちなみにヤマトクルーでの先行チケット販売は、無料会員だと多分参加出来ません。プレミアム会員向けのサービスになるかと思います。 ただ今回も絶対そうだとは言い切れないので、もし無料会員ならプレミアム入会は確認してからでも良いかと、シルバーでも年会費1万円ですから。 そして過去の先行上映等の例を見ると、チケット販売は先着順ではなく応募という形になり抽選が行われます。当選した場合にのみ支払いが発生するという仕組みです。 私の場合、新ピカでのイベントで過去2回応募して、いずれも当選しました。>あ、ご存知かどうか分かりませんが…ヤマクルのチケットって会員本人1枚のみでしょうか? 本人1枚のみではありません。当然枚数に制限はありますが、過去の例だと2枚ならOKです。 ちなみに何枚まで可能かは覚えてませんm(__)m ただ2枚応募しても1枚のみ当選の可能性も有るらしいですが、2枚なら稀な事らしいです。 年会費を取ってるプレミアム会員だからだと思います。 また、舞台挨拶だと大まかな席の希望(前・中・後ろ)も出せましたが、こちらはゴールド会員優先となりますので、応募が殺到する場合、ゴールド以外はまず前方等の良い席は無理ですね。 あと会員1人で複数枚応募して当選した場合、席が隣席にならない場合があると注意書きがあった気がしますが、こちらはどの程度おこる事なのか分かりません(私はいつも1枚応募)。>パイプオルガン無しはホントに残念です。 ですねー、出来ればパイプオルガンがある所が良かったです。 でも都内でも確か5カ所位しか無いので、多分席数が多い所はスケジュールが合わなかったのかな。----------455AC! 2019年5月18日 18:41:49@53 コンサートの件ですが。。。 H-Komさん、スミマセン! 10月のヤマトコンサートの5月31日16:00~のヤマトクルー先行ですが、公式の告知を良く見ると、「先着販売」と書かれてます。 つまり先日私が書いたような、応募・抽選ではないと思われます。 こうなると全ての前提が崩れて、先日の私の書いた事は全て合致しない可能性があります。 今迄のイベントではプレミアム会員を対象に、応募・抽選という形式でした。しかも応募からイベント当日まで1ヶ月もないタイミングでもです。 今回は10月まで十分な時間的余裕があるのに、なぜこのような争奪戦の混乱を生むような方式を選択したのか理解に苦しみます。 半月を切っても詳細がまだ一切不明なので、いい加減発表して欲しいのですが、先日私の書いた、会員1名で複数枚可能とか、席の大まかな希望とかは、先着販売の争奪戦なら多分無理でしょう。 何より無料会員が参加できるのかも分かりません。先着の争奪戦なら、多分無料会員は対象外だと思いますが、分かりません。 ちょっとヤマクルさんの今回の販売方法は納得出来ないですね。6月14日12:00~からの公式ホームページ先行も視野に入れないとかもです。 しかし、どちらも平日の昼間ですよ!何考えてんだか( ̄∩ ̄# チケット争奪戦の為に仕事休めってか?----------456H-Kom 2019年5月19日 01:18:28 >453AC!@54 Re:Re:Re:Re:令和の成功と平成のミス^^;(1)>スミマセン、他のコメントのレスが遅れてますが、ご質問があったので先にレスします。 丁寧なお答え、ありがとうございます。他のレスはゆっくりで大丈夫です~。 宮川彬良さん>私も、少なくとも次回作での離艦はないと思います。 結局「他の人には任せられない」ってなるんじゃないかなぁ… まさか、その次からは知子さんに託す!なんて無いでしょうね? …作曲は(今のところ)されてないか^^;。>彬良さんは2202第七章の最終上映の舞台挨拶回にも、お忍びで来場されてたそうです(ツイッターで呟かれてました)。>あと交響組曲にも意欲がおありとか(^O^) ヤマト愛が溢れてますね。素晴らしいことです。 交響組曲…2199~2202になるのかな?いずれにしても実現を祈ります!>それと次回作では、結城信輝氏に既にオファーが出されているのですが、現時点で結城氏は参加されるか分からないと呟かれてました(TωT)>もし不参加なら非常に残念ですね。 ううむ…せめて画と音楽の面では、2199からの連続性を保ってもらいたいなぁ。 ラジオスイート・ツィッターまとめ>聴きながらだと臨場感ありますが、ツイート数が膨大ですよね(^o^; 「読みながら聴き」やってたら作業が重くなって、ちと保留状態。他も忙しいし^^;。>>クローバーラジオからは「当面予定はない」と返事>やったばかりですからね、もし来年GWに第3回があれば、その前あたりが可能性有ですね。 ラジオCD化して出せば売れるぞ~!…無理かなぁ^^;。>しかしちゃんと返信くれるのはコミュニティFMだからですかね、有り難いですね。 まさか、即座に返事が来るとは思いませんでした。お礼しとけば良かったな。----------457H-Kom 2019年5月19日 01:47:25 >454AC!@55 Re:Re:Re:Re:令和の成功と平成のミス^^;(2) ヤマトクルー>おお、ついに入りましたか!いらっしゃいませ~ヽ(゚◇゚ )ノ いらっしゃいませました~(^o^)♪散々迷った末、コンサートに背中押された。 でも今のところ、お買い物はパンフレット収納ボックスのみ。>無料登録か、プレミアム会員なのかはわかりませんが(^_^; 今のところ無料登録です。 プレミアム入会は、お勧めのとおり先行チケット販売の詳細を確認してからにしようと思います。年会費1万円には…さすがに二の足を踏んでしまう^^;。>>パイプオルガン無しはホントに残念です。>ですねー、出来ればパイプオルガンがある所が良かったです。>でも都内でも確か5カ所位しか無いので、多分席数が多い所はスケジュールが合わなかったのかな。 コンサートがあると聞いて、すかさず「すみだトリフォニーホール」が浮かんだんですけどね。…何で行ったのか検索したら、2001年の谷山浩子コンサートでした。大昔じゃないかい。 その時は使われなかったけど「あー、パイプオルガンあるんだ~」と。

  • 17Jun
    • にゃんこ姉妹選挙に投票!

      「令和にゃんこ」に投票!これはもう、絶対に、こっちです!誰が何と言おうと。子供の頃から、宇宙に行くことが夢でした。いつかは「最低でも」月旅行ぐらいはできるものと信じていました。なのに、普通の人の宇宙旅行は実現に程遠く、この選挙でも「宇宙」が圧倒的少数なのが信じられません。私の究極の夢は宇宙服ひとつで宇宙空間に浮かび、「星空に呑まれる」感覚に浸ることです。そのためなら、全財産を投じても惜しくはありません。宇宙へ行きたいよ~~~!!!みんなの回答を見るキャンペーン詳細

  • 14Jun
    • ※コメント連絡用記事5

      ※コメント数が100に達したので、「コメント連絡用記事6」に移行します。 相変わらず自治会業務等でバタバタしていて、なかなか更新ができません(^_^;。 コメントのやり取りは、急激に活発になっております。 AC!さんとはヤマトコンサート、「空母いぶき」についての話。 ほむランボーさんとは「彼方のアストラ」、「悪魔バスター・スターバタフライ」、「エースをねらえ!2」、「スターウォーズ」などの話。 この記事は、Amazonコメントでやり取りをしていた方々との連絡のためにアップしましたが、それ以外の方のコメントも歓迎します(当方専門外の話題等はご勘弁を^^;)。 一応「承認」しているので、コメントが表示されるまでには時間がかかる場合があります。 頂いたコメントは、特に但し書きがなければ、記事に転記させて頂きたいと思います。 Ameba会員以外であっても、コメント投稿は可能です。 ただ、投稿者自身はコメントの再編集・削除ができません。 このため「〇番のコメントを削除したい」と申し出て頂ければ、こちらで対応します。 ブログ主 H-KomH-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)

  • 09Jun
    • 今アニメ+ヤマト2019.4.27~5.1

       ブログ改題後、初の「雑談掲示板」記事。 やめちゃったの?と思われている向きもありましょうが、しつこく続けます(^_^;。 自治会業務などで停滞していたので、今ごろ4月末~5月頭のコメント。情報が古くなっちゃってる部分もありますが、頑張ってリアルタイムに追いつきますので御辛抱下さい。 投稿者は「ほむランボー」さん、「AC!」さん、私。話題は…・ 幼女戦記…映画はかなりのヒット、ロングランもしていたようです。BDも発売!・ ULTRAMAN…「ハヤタ隊員の息子・早田進次郎が強化服を装着して等身大ウルトラマンになる」漫画版がCGアニメ化、Netflixで配信中。個人作成のPV動画アリ…結構いい感じです!・ ジョジョの奇妙な冒険…第5部アニメ、すでに終盤。作画、脚本ともに想像以上のクオリティ!すでに「神回」も生まれています。第4部で「お休み」しちゃった人にも、復帰をお勧めしまス。・ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN…GWにANIMAXで一挙放映!された時の話。 その直後に「UC」も放映されラッキー!と思ったら「進撃の巨人」とカブっちゃって、しょぼん。・ ちょっと言及…PSYCHO PASS、Fate Heaven's FeelⅡ、B:the biginning、・ 令和改元&ブログ改題のご挨拶…ああっ話が古い(_ _;!・ ヤマト2202…Amazonレビューでの、ダック艦長に対する私の返事。長いです! 業務連絡。 たなかさん、いつでも気軽に神出鬼没で書き込んで下さいね~。 そしてAmazonでやり取りしていた方々…ダック艦長、miniminononnさん、二郎さん、その他の方々も。2202は完結しましたが、もしも「あの辺としゃべりたい」と思われることがあったら、ここに雑談の場があります。なにも「長文を書かなきゃいけない」「すぐ返事しなきゃいけない」などといった決まりはないです。数行の与太話のヒット&アウェイ、全然OKですよ。 書き込みは、最新記事のちょっと前にある「コメント連絡用記事」にお願いします。 アメーバ会員じゃなくても書き込めます。細部は↑記事中の説明をお読み下さい。 …などと、ふと呟いてみたり。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら) …こちらも停滞中m(_ _;m。----------437ほむランボー 2019年4月27日 00:36:01@36 お久しぶり~ね。ルミ子~! ようやく石化の呪いが解けて、動けるようになりました。嘘! 幼女の4DXは、観に行けぬまま本日終了。 が!幼女、BD予約開始。 アマは、嘘の情報が記載されてるので、注意。通常版も限定と記載されています。 通常版は、映像特典のみ。 【限定版特典】・書き下ろし小説・未公開絵コンテ集・スペシャルブックレット(設定資料のほか、劇場公開時の入場者プレゼント《スタッフ本》、エンディングイラストを掲載) げげ、スタッフ本もかよ。 まあ、公開場所によっては、絶対に手に入らない不公平さがありましたしね。・縮刷編集版劇場パンフレット パンフ、持ってるし。パンフの文字も読めないのに、あれ以上、小さくして頂けるとは… そういえば、「PSYCHO PASS」のBOXは、特典が遂にデジタルになりましたよ。 これは、業界も注目かも。 個人でしか使用出来ないロックとか掛かってるのかな? (映像特典)・劇場予告&各種PV・マナー映像 「異世界かるてっと」と同じ制作会社だったと思います。 う~ん…正直、設定資料ぐらいかなという気もするけど、ケチだと思われるのもなんだし限定盤にしました。諭吉よ、さようなら。 更に、泣きっ面に「Fate Heaven's FeelⅡ」 これもサントラ目当てに、限定盤を買わないといけない。 「鬼滅の刃」を制作しながら「Fate」も作るのか?Ufo凄いな。 梶浦さんも、そうだけど。 小池ルパンは、劇場販売があれば、そっちで買うのでとりあえずスルー。 TVアニメの消化も進まず、メディアへの移行も進まない日々を送っております。 前期から引き続いて継続中のアニメがあるのと、面白いのか面白くないのか良く分からない作品が多いので、中々箸が進みません。 ピコーン、ピコーン。ジョワ!!----------438H-Kom 2019年4月27日 02:57:18 >437ほむランボー@37 あれから何年、経ったのかしら♪経ってねーよ! おおおおおおオカエリナサイませっ! Amazonの方で、店主様に何て話しかけようか?と 「わけの・わからない・ことで~、悩んで・いるうちに~♪」 GWを迎えてしまいました。すいません(^_^;。>ようやく石化の呪いが解けて、動けるようになりました。嘘! 石化されていたんですか、それは大変! MADIを唱えられる僧侶も、誰もいなかったんですね。>幼女の4DXは、観に行けぬまま本日終了。 4DXやってたのか~。関東は最もしつこいと思われた立川が終了したので諦めちゃいましたが、しつこく探してみるべきだったか…After Carnival!!>が!幼女、BD予約開始。>アマは、嘘の情報が記載されてるので、注意。通常版も限定と記載されています。 ええっ!?…あ、すでに予約したつもりになっていて、通常版を注文したかとビビった。 いま予約開始か…そりゃそうだよなぁ。何をどう勘違いしたんだ、俺(^^;? 確かに記載おかしいですね。仕様一覧に「限定版」が二行並んでるのに気付かないのかな。 「コミック」の枠にプラモやらムックやら並ぶようにもなったし、まともにサイト管理できてないんじゃない? なるほど…予約&特典情報、ありがとうございます。 スタッフ本と縮刷パンフか…まあ、予備だと思っとくか。設定、小説、絵コンテは欲しいし。 Amazon限定はポスターとクリアファイルが付いて+\1,080か…限定版でいいや。ポチ。 諭吉っつぁんは名残惜しいけど、お布施したい出来ではありましたからねぇ。>「PSYCHO PASS」のBOXは、特典が遂にデジタルになりましたよ。 ホントだ。シナリオブック入りUSB…同梱アプリでしか観られない、とかじゃないかな?>TVアニメの消化も進まず、メディアへの移行も進まない日々を送っております。 私もです~。せめて「コトブキ」は平成のうちに消化したい! ブロ具とかリアルとか忙しくて、観る作品を減らさないと時間が確保できなひ。 諭吉っつぁん(近々、渋沢翁に改め)も節約したいし。>ピコーン、ピコーン。ジョワ!! ウルトラマ~ン、また来てねぇ~。 って…アニメ版は、どうなんでしょうね?Netflix入る気はしない。BD待ちか。----------439ほむランボー 2019年4月27日 11:35:48 >438H-Kom@38 「えっ、何? もう帰って来ちゃったの?ウルトラマン。」 「ULTRAMAN」>アニメ版は、どうなんでしょうね?Netflix入る気はしない。BD待ちか。 PVとか観ただけだと、キャラとULTRAMANの戦闘シーンにかなりギャップがあるような。 TVでは、表現できない戦闘シーンのクオリティーという感じはします。 ネタバレ含む? YouTube:Ultraman「AMV」On My Own 円盤は、12~13話で2万越えの可能性があります。 販売数の見込み次第で下がる可能性は、あるかもしれませんけど。 「B:the biginning」は、2万円超えてました。 ジョジョの焼肉黄金のたれの28話(?)は、神回!! ※正しくは「ジョジョの奇妙な冒険・黄金の風」(^^;。 彼の行く末を暗示する曇り空、そして最後に光が射すシーンの使い方も良かった。 以前とは違い残虐な表現も、ボカシなしで完全に映像化。 ギャングものらしい胸糞展開。 彼をかばって死んだ警官との会話や、あの異様な世界観。 そしてそのシーンに込められた真の意味。 花京院の最後より、ショッキングでした。 エジプト編では、既に読者にネタバレした状態でジョースターがDioのスタンドの秘密を知るけど、今回は視聴者にも分からないように作られているのが凄い。 小林靖子の脚本が、凄いのだろうか? ブチャラティも、カッコ良かったな。----------440H-Kom 2019年4月28日 12:16:38 >439ほむランボー@39 「戻ってきたウルトラマン」てのが、OUT投稿でありましたね。 「ULTRAMAN」>PVとか観ただけだと、キャラとULTRAMANの戦闘シーンにかなりギャップがあるような。>TVでは、表現できない戦闘シーンのクオリティーという感じはします。>ネタバレ含む? YouTube:Ultraman「AMV」On My Own 観ましたっ。原作を読んでいれば「ネタバレ」は無いとは思いますが、 ただ原作とはちょっと違って、より進次郎に花が持たされていますね。 星司の「キメ」のシーンのアングルが変わってるのは「うーん」と思いましたが。 なるほど、なかなかいい見栄えだと思います。 「いかにもCGアニメ」「ゲームみたい」な感じは、まあジャンル自体が発展途上ということで。 キャラと戦闘のギャップは確かに感じますが、これは原作の絵に寄せたためではないかと。 しばしば目が付いて行かないのも、まあ諦めモードで。 でも夜間戦闘のライティングと配色、スーツが溶融して焦げた感じ、気に入りました。 自称「一流の殺し屋」も、実にワルくていい感じ。 「完璧」を求める人達からは文句も出るでしょうけど、 「いま観られる映像」としては及第点だと思います。 これは、アニメ化した意味がありましたね。2万超えでも円盤を待ちたい。>「B:the biginning」は、2万円超えてました。 公式HP見ました。ダークで深い感じで面白そうだとも思いますが、今のところ専門外かな。>ジョジョの焼肉黄金のたれの28話(?)は、神回!! おおっ。「あの辺」ですね。楽しみです! …24話が謎の録画失敗を喰らったので、ANIMAX再放送まで、お預けなんです~(T_T;。 なので感想については、それ待ちで。>小林靖子の脚本が、凄いのだろうか? 凄いと思います。小林靖子さんは、まぎれもなく天才です。 仮面ライダー龍騎の時から「この人、只者ではない」と目ェ付けてましたが。 特にジョジョの脚本・シリーズ構成においては、 元来アニメ向きでない、ヒドく言えば「とっ散らかって冗長な」原作を、 突貫工事で整然とした流れのアニメにリビルドしてしまう「剛腕」の持ち主。 出来ることなら「なんでもお任せ!」しちゃいたい脚本家さんです。 …具体的な作品名は口が裂けても挙げられませんが…ほら、アレとかも…。----------441ほむランボー 2019年4月30日@41 緊急電波たん 平成最後の日、ヤマトファンが集うこの場所で、敢えて言おう。 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がアニマックスで、(有料)一挙放送されると。 早急に、録画予約されたし。 以上!----------442AC! 2019年4月30日 12:19:03 >441ほむランボー、438H-Kom@40 平成最後の日 退位の儀式は202年ぶりとか、歴史に立ち会ってる気がして感慨深いですね。 ファミリー劇場の2199と2202の一挙放送を観たので、ほぼ引きこもってるけどコメント出来てませんm(__)m 今日からもwowowで2199と2202の劇場上映版を視聴・録画するので、またコメント遅れそうf^_^;>ほむランボーさん、H-Komさん>「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」がアニマックスで、(有料)一挙放送されると。 アニマックスは契約してない、無編集版はアマプラで観るつもりです。 Netflixは悩み中。実は観たいアニメが1つあるのですが、他に特に観たいものも無いので。 次のコメントは多分、令和になってから(;^_^A----------443H-Kom 2019年4月30日 16:41:06 >441ほむランボー@42 Re:緊急電波たん 予約しました~!----------444H-Kom 2019年5月1日 02:24:11@43 改元・改題 というわけで、令和になりましたね。 そしてブログ改題しました。 平成最後に、打ちかけた返信をキャンセルするつもりで、 ほむランボーさんのコメントを誤って消してしまうという レジェンダリー・ポカをやらかしてしまいました。すいません~m(_ _;m! ORIGINは、無事録画終了しました。 5日のUC一挙も録らなきゃ。ああっ容量が…! ほむランボーさん、AC!さん、たなかさん。 色々バタバタで恐縮ですが、どうか令和の御代もよろしくお願いします。 …てか、ブログタイトル変わって見失わないで下さいね? なんて、ここで書いてもしょうがないか(^_^;。 amaの方にも改題告知しとこっと。バレないように。----------445H-Kom 2019年5月1日 >358ダック艦長[Amazon] 書きあぐねているうちに、とんでもない亀レスになってしまいました。 2202は完結するし、御代までも代わってしまうし… 丁寧なレスを頂いておいて、誠に申し訳ありませんm(_ _;m!! 宇宙戦艦ヤマト2202・福井晴敏さん>真面目なシナリオを書いても照れ隠しのような所がありますよね。>この時には実はこういった事があったのでは?とか色んな事が頭の中を駆け巡っているのでしょう。>その中の一つがジョーク次元かと(^^) 良く言えば、作品世界に完全に没入しているから、その世界の人々の与太話までも拾ってしまっている? 悪くいえば、脳内に雑音が多すぎてマジメに創作に集中できてない、とも…(^^;? 映画公開>TV放映、という作品形態>TVも第25話が放映されました。ネット上のつぶやきでは、ここで最終回と勘違いしてる方も。>区切り的には、やはりTV版の方がしっくり来ます。>OVAが先でTV版にする時に再編集が理想的なのかも知れませんね。 2199では上手く行ってたのに、2202はことごとく裏目に出てた気がします。・ 土星沖会戦…バルゼー艦隊撃退→白色彗星の反撃。 TVなら1週間の間があるのに、映画では「勝てり!負けり!」。・ 25話…ヤマト特攻→銀河の月修復工事。 TVなら「がーん…でも、あと1回ある??」映画では余韻もへったくれも無し。 せめて、TV版を「まんま」繋いで映画化するんじゃなく、映画用の再編集を徹底できる余裕があれば良かったのに。 バレル大使とクラウス>たしかに、バレル大使はガミラスの年齢高めの新キャラとしては要所で良い活躍どころが多かったです。 素直にいいキャラでしたね。てらそまさんの演技も相俟って、「出て良かった」キャラだったと思います。>クラウスと玲の関係は曖昧だったけど、「悲し過ぎます…」との最後の通信辺りで玲自身もクラウスへの想いがはっきりと気がついたのかも?と私は思いました。 双方そこで気付いたということなら致し方ないか?…でも、そこに至るまでにも、ささやかな描写ぐらいは欲しいところでした。 なにしろ神谷さんが「実は気付けなかった」という意味のことを語ってますから、ドラマとして如何なものか。>2202も最後になって私事のカミングアウトで何ですが私には2199の頃には高校生、今は成人の娘がいます。>嫁さんもヤマト好きなんで2199が劇場上映が開始に娘も一緒にと、それ以来から劇場に足を運んでいます(途中で娘はBlu-rayのみで鑑賞もありつつ)。 それは、お羨ましい。ウチはカミさんと二人で、どちらも重度のヤマトファンですが。 次世代もいらっしゃるとは嬉しいことですね。私の姪はアニメ・特撮マニアですが、ヤマトは今のところ対象外^^;。>2199から観ている中で娘は女性キャラでは百合亜と玲がお気に入り。なのでクラウスの最後は残念がってましたね。>玲も一度はタイガーIごと…と思ってたら生還で複雑な気持ちのようで。片方が残されるのは辛いと。 非常に正しくハマっていらっしゃいますね。2199・2202のスタッフが聞いたらジ~ンと来そうなお話です。 若い人がきちんとメッセージを受け取ってくれるなら、2202を作りクラウスを登場させた甲斐もあったというものでしょう。>あと、金色になってるシーンでは一度しか観てないのに誰がいるいないとか見極めてました。凄いなと。>展開も早過ぎなかった?と聞いたら、(ちなみに他のアニメ作品も観る方)他でも展開が速い作品が多いからと大丈夫だとも。>細部は分からなくても楽しんで観ていたようです。 我々の世代が「これでは若い世代に受け入れられない」と心配するのは、杞憂というものかもしれませんね。 明らかに若い人の好評価レビューも、けっこう見かけますし。>そういえば、何かのインタビューで福井さんの息子さんに明日から最終章を観るかどうか聞いたら「俺はいいよ…」と、「時は無情です」のコメントがあった事を思い出しました。>う~ん、ジョークなのか本当なのか(^-^) 何となく、本当のような気がします。作家の家族が作品に無関心という話は、ナリに聞きますからね。悲し(TT;。>>問題点はそれとして指摘しつつも、基本的には「アゲ」て行きたいですね。>そうですね。好き嫌いも作品数が多く趣味が細分化された今では賛否両論で、当たり前だと思います。 原作者やアニメ制作者によっては物語創りの方法論が全く違って、同じ「アニメ」という枠では括れなくなってますし。 大量に作品を観ているアニメファンでも「ヤマトや○○は対象外」という人に会うと「がーん」と来ますね。>ましてヤマトは歴史の長い作品なのでファンも色んな世代がいるでしょうから。 旧作と2199、双方のファンから文句が出ない作品を作ることなど、絶対に不可能ですよね。>旧シリーズの作品のつながりのなさを振り返ると2199~2202は新しい要素も加えつつ、色々と全体の流れは良く考えられていると思うのですがね。 2199も2202も、それぞれの流派なりに真摯に考え、旧作リスペクトと新発想をバランスさせようと努力していた。 でも、どんなに頑張っても「旧作をナメている」などと口さがないことを言う人は必ずいますね。 私見ですが、こういう人の多くは「創意がない」人だと思うのです。 ヤマトという作品の本質とは?旧作は本当にあれで良かったのか?といったことに思いを致さず、リメイクの変化を楽しもうともしない。「いじるな!」と拒否反応を示すだけ。 作品は生モノ。旧作のマズかったところは直し、時代に相応しくアップデートさせていくべきもの、なのに。>私は結構、SFで小難しい作品が好き(難しい所を想像するのが楽しいのかな)だけど、ファンタジーが好きな所もあるので2202は受け止める事が出来るのかも知れません。 ヤマトって元々、オカルトじみたところはありましたからね。第一作でもスターシャの救いの手は魔法みたいだったし、沖田艦長が亡くなって森雪が息を吹き返すところなども。 2199~2202と、さらにエスカレートしてはきましたが。「こんなのヤマトじゃない」「オカルトヤマト!」なんて罵ってる人達には、ホントに旧作観てたの?と訊きたくなります。 「大いなる和」「縁の力」「宇宙樹」など、ヤマトだからこそ語れる、今こそ語りたい要素だと思うんですが。 …ただヤマトの場合、それでも「SFだ!」というダマしも必須なのであって、そこが難しいところかもしれません。>長くなると、また大変そうなので私の方からは幾つかの所をピックアップでと思ってたのに長くなってしまいました。 ご配慮頂いたのに遅くなってしまって、返す返すも申し訳ありません。お目に留まっていると良いのですが。

  • 28May
    • 「彼方のアストラ」

       えー・・・・・ またまた二週間、ブログ更新が滞ってしまいました(_ _;。 ヒジョ~~にじくじくした、いや忸怩たるものがあります。 今回の原因は、ひとえに「自治会」です。いや、こんなに忙しいとは思わなかった。 総会。回覧物。総会。行事。総会…二日おきにナントカ総会って、いったい何!? それも、ただ座って連合会長さんや市長さんのお話、事業報告や決算報告や今後の計画を聞いて、「ご賛同頂けますか?」ときて、わーっと拍手して…そんだけ。 もう。今度生まれ変わったら、自治会副会長なんて絶対引き受けてあげないんだからね! で。今度生まれ変わったら、絶対「宇宙時代」に生まれたい!と思うんです。 やっと月まで行ったと思ったら、その後延々と国家間の揉め事が続いて、人間が行く範囲は国際宇宙ステーションの高度408kmあたりが上限になってしまっている。ISSクルーの方々には悪いですけど、こんなのギリギリ大気圏を出たか出ないかの「宇宙の玄関口」ですよ。 アポロ11号の月面初着陸が1969年。アポロ17号の最終月面着陸が1972年。その後46年にわたって、人類は他の天体を踏んでいない。こんなはずじゃあ、なかった。 映画「2001年宇宙の旅」が迫真の映像で描き出した未来は、地球軌道上に浮かぶ円環型(フォン・ブラウン型)の巨大宇宙ステーションに航空会社のスペースシャトルが往還し、さらに月面基地へ調査船が発着し、調査の結果、有人探査船ディスカバリー号が木星を目指す。 …はず、だった。いや、さすがに木星は無理でも、せめて一般人の月旅行ぐらいはフツーに実現している、そんな21世紀を思い描いていたわけですよ、この昭和の宇宙少年は! 最近やっと世界の風向きは変わってきて、人類の発展を延々と阻んできたガン細胞とも言うべき自称リベラルや左翼といった勢力の正体がバレ、追い詰められつつある。この流れなら、あるいは生きてるうちに「宇宙時代」を拝めるかな?…と、淡い期待を抱いておりますが。 さて、前置きはさておき(前置きだったんかい!)表題の「彼方のアストラ」です。 先日、さる大手書店に行った際、コミックコーナーの棚一列に並んでいた全5巻。 …え?宇宙もの?ジャンプコミックスで?こんなの全然知らなかった! (後で調べたらWebの「少年ジャンプ+」での連載だったとの事。そりゃあ…) 帯のアオリ文句は 「『SKET DANCE』篠原健太、渾身のSFミステリー、堂々完結!!」 「ミステリー界からも賞賛の声が続々!!」 「『このマンガがすごい!2019』オトコ編第3位」 この辺は、まあともかく。(『SKET DANCE』…タイトルしか知りませんでした^^;) 「全ての伏線が本当に巧妙かつ精確、完璧に配置された、とてつもない漫画です。- 陳浩基(作家)」 「SFならではのセンス・オブ・ワンダーと謎解きミステリーの興奮に満ちあふれた快作。ジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』を初めて読んだときのわくわく感が甦る。これから手にとる人には、全5巻一気読みを推奨します。- 大森望(翻訳家、評論家)」 「嗚呼、この物語の魅力を(ネタバレなしに)語るのは難しい…。- 中澤工(ゲームクリエイター)」 こんな風にアオられて、関心を惹かれずにいるのは難しい。 まして、SF書評等でおなじみの大森望さんに『星を継ぐもの』を引き合いに出されちゃあ。 …読まれましたか?『星を継ぐもの』。まだの方には、ぜひ創元推理文庫版を手に取られることをお薦めします。スゲェですよ!正統派宇宙SF、なのに本格ミステリー。そこで提示される謎は「誰がやったか?」「どうやったか?」どころのスケールじゃありません。「どこの星で」「どの時代に」「いかなる種族が」「何をやったのか?」…なのです! さすが大森さん、SFファン殺しのツボを心得ていらっしゃる。 そして表紙の宇宙に舞う、活き活きとした、あるいは一癖ありげなキャラクターたち…。 私は手に取った1巻を、棚に戻せなくなりました。…全5巻一気読み推奨?ええい、捕まってやるとするか!ひょいひょいと美本を選んで、カミさんと共にレジに向かった次第です。 で、その晩。 大森さんご推奨のとおり、全5巻一気読みで徹夜。 固まった姿勢で黙々と読みながら、脳内は狂喜乱舞。実に久々に接する「本格宇宙冒険SF」。「これを待っていた!」という喜びと「先にやられた!」という心地好い悔しさと。 明け方。血走った目と掠れた声で、カミさんに「さあ」と差し出す。速読家のカミさんが数時間で読破し、私と狂喜乱舞を共有してくれたことは当然の帰結でありました。 オタク夫婦がどハマりしたSF漫画、それは一体どんな物語なのか? …そこで、また帯の文句「この物語の魅力を(ネタバレなしに)語るのは難しい」が問題となるわけです。 そういうわけで、読む前のネット検索はお薦めしません。ざっと画像を見ただけでもネタバレに溢れています。またAmazon等のレビューを読むのも、やめといた方がいいです。 とは言え、何も語らないわけにもいかないので、語れるところから…。 西暦2063年。ケアード高校の「惑星キャンプ」に参加する生徒9人が宇宙港に集合する。 9光年の旅を経て「マクパ」という惑星に到着し、生徒のみで5日間を過ごすという企画だ。 ワクワクしている者、何やら冷め切っている者…さまざまな生徒たちを惑星に降ろして、教師たちの宇宙船は飛び立ち、引き返して行く。 その直後、9人を襲った怪現象とは!? ↓…書いていいんだろうか?いや、このくらいは大丈夫でしょう…↓ 謎の球体に飲み込まれた9人は、次の瞬間、宇宙空間に飛ばされていた。 集合時から班長に立候補していた「カナタ・ホシジマ」の咄嗟の判断で、全員がヘルメットを再着用していたから助かったのだ。眼下には惑星、少し離れた軌道上に一隻の宇宙船。 なんとか宇宙船に辿り着いた9人は、しかしIQ200の天才「ザック・ウォーカー」のデータ検証により驚愕の事実を知る。眼下の惑星はマクパではなく、5千12光年彼方の惑星だった! 携帯通信機は紛失、宇宙船の通信機も部品が紛失。学校への連絡手段は無い。 手持ちの食料も、船内に残っていた飲料水も3日分。水のリサイクルシステムも故障。 超光速航行エンジンは生きているが、それでも帰り着くには3ヶ月を要する。 どうやって生き延び、どうやって帰ればいいのか!? 絶望しかける者たちを「カナタ」の不屈の精神が支え、また集合前からワクワクし続けていた天然娘「アリエス・スプリング」が打開策を発案する。それは… ああっ、書けないっ。 その「打開策」は別に謎ではないけど、一つのキモですからねぇ…。 あらすじ紹介、この辺で止めておきますね。 ざっとここまで読んだだけでも、幾つかの作品が頭に浮かぶでしょう。 「十五少年漂流記」…私は読んでません。カミさんに「読め!」って言われてますけど。 「11人いる!」…恥ずべきことに、これも読んでません。近いうちに読んでおきます~。 そして、ここからの展開を追っていくうちに、 「インターステラー」…の、中盤の展開が思い起こされるでしょうし、 次々と現れ、深まっていく謎は、確かに「星を継ぐもの」を思わせるものだと言えます。 …だからと言って、コピーだパクリだといった批判は当たりません。 そんな戯言をほざくのは、創作の何たるかを分かっていない愚か者です。 こうした錚々たる名作たちを「思わせる」要素や展開を導入したからには、その名作たちに充分な敬意を示し、それらを自分のものとして「消化」「昇華」してみせなければならない。 それに成功すれば「継ぐもの」として評価され、失敗すれば「パクリ」として地に堕ちるのみ。 名作に「挑む」ということは、その覚悟を…「○○度胸」を見せること。 そして、篠原健太氏の「○○度胸」…私は「徹った!」と思っています。 また、この作品のもう一つの魅力は、実に活き活きとしたキャラクターたちです。 それぞれ尋常でない人生を背負いながら、それぞれ卓越した能力をもって共に困難な状況を克服するうちに、屈折を抱えていた者も打ち解け、団結していく… 男子5名、女子4名(?)。全員が名前を繰り返し呟きたくなる、愛すべき人物たち。 特に…まあ男子たるこちらにとっては、ヒロインたちは強力ですね。彼女らの誰にも萌えないという男は、まず居ないであろうと私は確信します。(←ガジガジbyカミさん) そんな彼らが喧嘩やボケ・ツッコミの応酬を繰り返しながら、絶望に屈することなく生き抜いていく様は、読む者に生きる元気を与えてくれること請け合いです。 そしてまた、実に久々の「宇宙冒険SF」…戦争物でもなく(戦争は絡みますが)ロボット兵器も出てこない本作は、私のような宇宙SFバカに、未来への希望を与えてくれます。 こんな作品を待っていた!そして…「負けませんよ!」 で…まあ。何とまあ。 この作品、7月からTVアニメとして放映されるそうです。 公式サイトはこちら。 トレーラー動画が、実にいい感じです。 宇宙に飛ばされた時、宇宙服のスラスターの故障で漂流してしまったアリエスの姿。 ゆっくりと回転する体。ヘルメットの外を無情に流れていく星々。 手を振っても触れる物はなく、足を振っても踏みしめる大地はない。 絶望と恐怖に圧し潰されかけた彼女の視界に…太陽を背に手を差し伸べる人影が…。 このシーンを持ってくるセンス。スタッフは「分かってるな!」と感じました。 「このアニメ、なにがなんでもヒットさせるぞ!」 「Aye,Yeah!」(アイ・イェー)

  • 14May
    • 宇宙のどこか

       うあああああああ。 「令和改元を期して『宇宙某所』に改題!」とブチアゲておいて、いきなり二週間の大連休。 すすすすみません~m(_ _;m!! 何があったかを簡単に言えば「リアルが忙しかった」。 GW中はカミさんの仕事の手伝いで。GW明けは自治会業務に悩殺されてまして。 ※「忙殺」の間違い…じゃないです。忙しいと言うよりは、何をどうしていいのか分からず悩んでましたので(^^;。 それでもブログ書く時間ぐらいはあったはずなんですが、時間が分断されたせいか、なかなか「ブログ頭」に切り替えられなくなっちゃいましてね。これも五月病ってことなのかな? まー、とにかく気を取り直すふりをして、再起動(改題後の初起動)したいと思います! さて、まずは「宇宙某所」つまり「宇宙のどこか」について語ろうと思います。 「宇宙のどこか」とは、どこか?いや、何なのか? それは宇宙恐竜ゼットンの出身地に他なりません!↑こちらが、ゼットン様にあらせられます。(画像はお借りしました) 一部の方々には、まったく解説不要。「何じゃそりゃ?」って方も、そんなには居ないんじゃないかと思われるほどの有名怪獣(いや恐竜?)です。 なにしろ「ウルトラマン」最終回「さらばウルトラマン」において、ウルトラマンを倒した最強怪獣(いや恐竜?)ですから。 宇宙船(空飛ぶ円盤)の大船団で地球に侵攻してきたゼットン星人(名乗ってはいないが、便宜上そう呼ばれている)が、地球攻略の切り札として持ち込んだ。 巨大円盤に積まれた群青色の「卵?」が膨れ上がり、爆発。白煙の中に立つ異様な姿。 奇妙な電子音を響かせ、重低音で「ゼットン…」と吼え、顔の真ん中の眼だか何だか分からない部分を「ピピピッ」と光らせる… シビれましたね。幼少時の私は、息を詰めてTVにかじりつきましたね。 出現するなり、プログラムされていたかの如く科学特捜隊基地を破壊しようとするゼットンを食い止めようとウルトラマン登場。ここからの戦いというかバトルスタイルが、また凄い。 なにしろゼットン、ほとんど突っ立ったまま動かない。動くときは「瞬間移動」。 対峙していたウルトラマンの目の前から「パッ」と消え、忽然と背後に現れるんです。↑このように。 そして、ウルトラマンの光線技をまったく受け付けない。動きを封じるキャッチリングは引きちぎり、ウルトラスラッシュ(八つ裂き光輪)はバリアで跳ね返し、スペシウム光線は…吸収。 さらにはウルトラマンのお株を奪うように、両手から放つウェーブ光線でカラータイマー付近にダメージを与え…ウルトラマンを昏倒させてしまうのだ! どうなる、ウルトラマン! どうする、ゼットン! 私ゃもう、目も口も全開でTVに集中。親が何言っても聞こえない。 (「ウルトラマンマックス」で何代目かのゼットンが登場した時も、同様だったようです。カミさんによれば「完全に息を止めてた」ですと) その後ウルトラマンは飛来したゾフィに救われ、ゼットンは科特隊の無重力弾(ペンシル爆弾)というチンケな新兵器を撃ち込まれて爆散してしまう…というガッカリな展開。まあ、「これからはウルトラマンに頼ることなく、人間の手で地球を守るんだ」という意義のあるシーンであり、また最近思ったことは「光線には強いけど実体弾には弱かった、ということか」。 それはともかく、こうしてゼットンは今に至るも「私の大好きな怪獣」となりました。 「ウルトラマンを倒した憎き敵を『大好き』とは何事か!」と仰る向きもあるでしょう…が。 黒くて冷徹で強くてカッコいい敵が、男の子は大好きなものなんです! カミさんが映画館で「ムーラン」を観た時、フン族の頭領シャン・ユーの猛威を見ながら、小さな男の子がお父さんに「シャン・ユー、強いよね」と囁いていたそうです。その口調は悪逆非道ぶりに対する嫌悪と言うよりは「あこがれ」であったと。 また、私が職場の年末行事でダース・ヴェイダーのコスプレをした時も、子供たちに揉みくちゃにされて大変でしたよ、はっはっは。 そういうわけで、オタクとしての「三つ子の魂」を宿した私の「研究」の日々が始まります。 当時、私の手許にあった資料は…これだけ↓。「パラゾール」で有名だった「白元」社の販促品「怪獣トランプ」。 見づらいですが、「宇宙恐竜ゼットン。身長60メートル、体重3万トン。出身地…宇宙のどこか」と書いてあります。これを幼かった私は頭に叩き込み、忘れることはありませんでした。 マトモに考えると、これらのスペックは、すべて突っ込み処のカタマリです。 「身長60メートル?40メートルのウルトラマンと同じ背格好にしか見えないんですけど」 体重3万トンは置いといて、ここには書いてありませんが… 「1兆度の火の玉を吐く?そんなの吐いた瞬間、○光年以内の生物が死滅しちゃうよ?」 この↑突っ込みは「空想科学読本」で、柳田理科雄氏が指摘したものです。 おっしゃることは、もっともなのかも知れない。だーが。 私はそういう「愛のない揚げ足取り」が、大嫌いだ。 いいんですヨ、そういうのは。 「ゼットンはウルトラマンより『気持ち』背が高いんだ。そう見えないけど、そうなんだ」 「1兆度ってのは『ものすごく熱い』って意味だ。後付けで妥当な温度に訂正したっていい」 ぐらいに思っときゃいいんです。物語にアラを見つけても、突っ込み入れて否定するんじゃなく「どうすれば(解釈・訂正・脳内変換で)肯定できるか?」を前向きに考えてあげる方が、楽しめるってもんじゃないですか。私はそういう「愛のある人」でありたい。 さらに余談ですが、柳田理科雄氏は後に「進撃の巨人 空想科学読本」において「どうしたら『立体機動装置』を実現できるか?」を真摯に考察するという「愛」を示してくれました。意地悪な揚げ足取り屋だと思っていましたが、見直しましたよ、ええ。(←えらそう) さて、やたら前置きが長くなりましたが(前置きだったんかい!)やっと本題です。 「出身地:宇宙のどこか」。 どこか、って…どこなんだ? ゼットン星人のゼットン星じゃないんかい?調べる気ないんかい?ブン投げかい! …って、突っ込むんじゃなくて。 「素晴らしい。ロマンを掻き立てられる」と、私は思うのです。あなたにも思って頂きたい。 「ゼットン星人」と呼ばれる異星人は、母星ではない「どこか」で、それらを発見した。 「そこ」はヒューマノイド(人間型)種族の生息できない、過酷な環境かもしれない。 灼熱の、あるいは極寒の惑星かもしれないし、有毒ガスに覆われた衛星かもしれない。 いや、ヘタをすると。惑星でも衛星でもないかもしれない。 暗黒星雲や散光星雲といった「ガス雲」かもしれないし、何も無い宇宙空間かもしれない。 そんな場所に発生する生命が「絶対にあり得ない」と、誰に断言できるのか? とにかく「どこか」に生まれ、人知れず生息してきた「宇宙恐竜」ゼットン。 …なぜ「恐竜」と呼ばれるのか? それは「とうの昔に絶滅した、古き種」だと思われていたからではないのか? それを発見したゼットン星人は「最強の尖兵を得た!」と、小躍りしたに違いない。 過酷な環境下での生存のために、ゼットン達が進化の過程で身に付けた数々の能力。 降り注ぐ隕石群から身を守るバリア、あるいは焼き払う灼熱の火の玉。 それらのすべてが、ゼットン星人を「宇宙最強の種族」とする兵器になる! …飼い馴らすことができれば、という条件は付くが…。 「宇宙のどこか」、「宇宙恐竜」。この二つのキーワードは、こんな妄想を呼び起こします。 もちろん幼少時の私がこんなことを考えたわけではないし、これを設定した円谷プロの人々がここまで考えていたかどうかも分かりません。でも、貴重な遺産とも言うべき言葉。 なのに、今Wikipediaを見ると「出身地:宇宙」と書かれています… おやおや、いけませんねぇ(滝口順平さん風)。「どこか」を外しちゃあ、いけません。 何があるのか、何が起きるか分からない、「宇宙のどこか」。 というわけで「宇宙某所」。 宇宙行きたいよ~! と吠えたところで、とりあえず今回の長話はおしまい。

  • 01May
    • 改元おめでとうございます!

       さようなら、ありがとう、平成。 そして、はじめまして、令和。 凜とした響きの、美しい元号のもとに。 「大いなる和」に人々が寄り添って築いていく、よき時代となりますように! そして改元にともなって、このブログも 「H-Komヤマトレビュー避難所」から「H-Kom宇宙某所」に改題してみました。 序文にある通り、色々やっていくつもりです。 本格始動までは、ちょっとかかりそうですが… ゆるりとお付き合い頂ければ、幸いでありますm(_ _)m。

  • 29Apr
    • ”4章レビュー・受信可能なヤマトファンへ!”

      ※告知。 当ブログは5月1日の改元を期して、「H-Kom宇宙某所」に改題します。 1年前、私はこのブログを立ち上げました。 「ブログを始めよう」と思っていたわけではありません。あくまで非常手段でした。 Amazonレビューと大量のコメントが削除されてしまい、慌ててアメブロに避難したという… そして、はや1年…色々あったなぁ…(トオイメ) というわけで、ブログ立ち上げから今に至る経緯を、時系列で整理してみました。 前史であるヤマト2202序盤、常連さん達のレビュー投稿も含めています。 「…これ、いちいち全部調べたの?…こわ~い…」と、ドン引きしてやって下さいね(^o^)♪2017年2月25日 宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち・第一章「嚆矢編」公開2月25日 たなかさん、セル版1章レビュー投稿2月26日 ほむランボーさん、BD1巻レビュー投稿5月 3日 H-Kom、BD2巻レビュー投稿 ※先走り投稿^^;5月16日 H-Kom、BD1巻レビュー投稿6月24日 第二章「発進編」公開6月25日 H-Kom、BD2巻レビュー投稿6月26日 ほむランボーさん、BD2巻レビュー投稿9月18日 AC!さん、BD1巻レビュー投稿9月18日 AC!さん、BD2巻レビュー投稿10月14日 第三章「純愛編」公開10月14日 H-Kom、BD3巻レビュー投稿10月17日 たなかさん、セル版3章レビュー投稿10月20日 ほむランボーさん、BD3巻レビュー投稿11月25日 AC!さん、BD3巻レビュー投稿2018年1月27日 第四章「天命編」公開1月27日 たなかさん、セル版4章レビュー投稿1月27日 H-Kom、BD4巻レビュー投稿1月28日 ほむランボーさん、BD4巻レビュー投稿3月 4日 AC!さん、BD4巻レビュー投稿4月28日 H-Kom、BD4巻レビュー削除される4月29日 当ブログ立ち上げ。レビュー、コメントの転載開始4月30日 H-Kom、BD4巻レビュー再投稿 ※コメントも復活してしまう^^;5月11日 H-Kom、普通人である弟から「ブログ、難しい(T_T;」と言われ、リンク張りを開始5月19日 H-Kom、BD4巻レビューまた削除され、再々投稿5月25日 第五章「煉獄編」公開5月25日 H-Kom、BD5巻レビュー投稿5月28日 たなかさん、BD5巻レビュー投稿5月31日 ほむランボーさん、セル版5章レビュー投稿5月31日 H-Kom、とあるディスレビュアーと衝突。結果、複数のコメントが削除される6月 4日 H-KomとAC!さん、ディスレビュアーとの戦闘を断念する6月 7日 H-Kom、BD5巻レビュー改稿6月13日 ほむランボーさん、BD5巻レビュー投稿7月 1日 H-Kom、ディスレビュアーの件で落ち込み、常連さん達にSOS(^_^;7月 9日 AC!さん、BD5巻レビュー投稿8月 1日 ほむランボーさん、コメントで軍事関係の話題を投入。8月17日 H-Komのネトウヨとしての本性が現れ始める。マスゴミ批判開始8月25日 ネトウヨ分、エスカレート。半分以上が反日勢力批判の記事、アップ9月19日 某国の闇に関する話題により(推定)Amazonによるコメント大量削除が始まる9月25日 Amazonでのやり取りが困難となり、アメーバでのコメント投稿開始9月28日 ついにレビューも削除。H-Kom、BD5巻レビューを全面改稿し再投稿      以後、アメブロが主な交流の場となる10月 4日 記事の内容による分類(「ヤマト」「今アニメ」「ロボットアニメ」等)開始10月 6日 宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち、TV放映開始11月 2日 第六章「回生編」公開11月 2日 H-Kom、BD6巻レビュー投稿11月 3日 ほむランボーさん、セル版6章レビュー投稿12月 3日 たなかさん、セル版6章レビュー投稿12月16日 AC!さん、BD6巻レビュー投稿12月23日 ついに「国防」記事、アップ12月31日 「良いお年を!」アップ2019年1月 1日 「明けましておめでとうございます」アップ1月11日 「自衛隊が悪いのか?」アップ。非オタクの方々から反響を頂く1月17日 ブログの分離を決意。国防ブログ「H-Kom日々旗日」を立ち上げる2月21日 「はやぶさ2、明日着陸!」アップ3月 1日 第七章(最終章)「新星編」公開3月 1日 たなかさん、セル版7章レビュー投稿3月 3日 H-Kom、BD7巻レビュー投稿3月 3日 ほむランボーさん、セル版7章レビュー投稿3月 7日 AC!さん、BD7巻レビュー投稿3月17日 たなかさん、アメーバにコメント初投稿。常連さん3名、避難完了。      そしてクイーンの話題が投入され、洋楽にまで風呂敷が広がる3月27日 記事の内容による分類(「ヤマト」「今アニメ」等)廃止 そんなこんなで、今に至るってぇわけだ。 いやぁ…こうして並べてみると、改めて自分のキ○ガイっぷりが浮き彫りになるなぁ。 あ、なにも私はヤバい奴じゃないですよ、そんなに。逃げなくていいですよ、皆さ~ん(^o^;ノ?

  • 28Apr
    • クイーン+今アニメ+ヤマト+令和2019.4.18~25

      ※告知。 当ブログは5月1日の改元を期して、「H-Kom宇宙某所」に改題します。 1年前(マイナス1日)、Amazonのレビューページから迫害に耐えかねて「避難」してきましたが、いつまでも「避難所」の看板を掲げているのも、どうもね…(^_^;。 もちろん、一緒に避難して来て下さった常連さん達との雑談掲示板は、引き続き運営します。 でも今後は、それ以外にも色々な記事を書いていこうと思います。 アニメ・特撮等の作品(主にSFやロボットもの)についての雑感とか。SF小説とか。 さて、その雑談掲示板。 ちょっと前まで「ほむランボー」さんからのコメントが来ないなぁ、とハラハラしてましたが。 今はほむランボーさんからコメントが来ていて、他のお二人が沈黙中^^;。 まあ、無理もないことです。仕事が忙しい年度当初が過ぎれば、今度はGWですからね。 だいたい「全員参加の会議を!」なんて言ってたら、もたないでしょう。 なので「飛び入り・書き逃げOK」のユルい場だと思って下さい。一見さんも歓迎よ~(^o^)ノ。 今回の投稿者は「AC!」さん、「たなか」さん、私。話題は…・ クイーン来日!…AC!さん情報。約3年4ヶ月ぶりの来日。うーむ…行こうかな?たなかさんもボヘミアン・ラプソディ観賞。やっぱりすごい映画だった。でもゲイ達者は、ちと勘弁^^;。・ 幼女戦記…映画も大ヒット、ロングランしてたみたいですが、さすがに終了。あとはBD待ち。・ ガンダムTHE ORIGIN…TVアニメに再編集されてNHK放映予定。富野さん「観て下さい^^」。・ ヤマト完結編LDゲーム…タイトーのアーケードゲーム。敵要塞潜入時の無茶なトラップに戦慄。洞窟の天井の岩に艦橋がぶつかって大破。昔のゲームは色々とワイルドだった。・ 外人とネトゲ…荒れてくるとFU○KとかJA○とか言われちゃうそうです。怖い怖い^^;。・ 2202にもっと戦術性を…超兵器インフレよりも、通常兵器による駆け引きを見たかった。・ 遙かなる星イスカンダル…昔のPS版ゲーム。名作…というより、マゾゲーだったらしいです。・ 令和…間もなく来る新元号。美しく凜とした響き、「大いなる和」に歓迎の声。・ 国家安康…攻め滅ぼす口実として、家康が豊臣家につけた因縁。えげつな~。・ アニメ消化…一体いつ生活してるのか?いや、AC!さんにとっては生活の一部ですと。・ 滅びの方舟・最終形態…クリオネ、案山子、やじろべえとも。いずれにしてもメカじゃない。・ カラクルム幼体…都市帝国内部で、うにうにと成長する戦艦群…いや、そりゃないよ。初めから「成長するメカ」としてデザインされたならともかく、元々普通のメカなんだから。・ ちょっと言及…ゾンビランドサガ、プリンセスコネクト!Re:Dive、ストライクウィッチーズ、フェアリーゴーン、天狼、ケムリクサ、フルーツバスケット、川柳少女、翠星のガルガンティアH-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------420AC! 2019年4月18日 07:08:58@19 なんとQUEENが たなかさ~ん、クイーンが来日しますよ! クイーン日本レーベル公式のツイッターアカウントがツイートしてます。 QUEEN + ADAM LAMBERT THE RHAPSODY TOUR 2020年1月25日(土)東京 さいたまスーパーアリーナ 2020年1月26日(日)東京 さいたまスーパーアリーナ 2020年1月28日(火)大阪 京セラドーム大阪 2020年1月30日(木)名古屋 ナゴヤドーム だそうです。----------430AC! 2019年4月20日 11:15:26 >391、393ほむランボー@29 いろいろと亀レスです(^_^;) 雑ネタ>昨日、幼女5回目行ってきました。 凄い、5回ですか。私は結局2回目行きそびれた(TωT) EJアニメシアターは4DX開始の前日に終了し、悩んでる間にそちらも終わってしまった。 仕方ないので円盤を待ちます。まだ公式は何も言ってませんが、今までの角川の傾向から、2019年秋(9月頃)ではないかと予想されてるみたい。>「ジ・オリジン」は、TVアニメに再編集されて放送予定 これは視聴します。アマプラでも観れるのですが放送と違い、配信でいつでも観れるとなかなか観ない、まだ1しか観てない。それも1年位前でもう忘れてしまった(^o^;)>富ちゃんが、ちょっと照れながらニコニコ顔で、「観て下さい。」って宣伝してました。 うわあ、それは是非見てみたかった、おっサンTV(笑)。 ゾンビランドサガ 昨夜の再放送は観ました、以前クビチョンパで盛り上がった回でした。>「プリンセスコネクト!Re:Dive」もアニメ化決定か。ゲームやった事ないけど。 おお、楽しみ。このスマホゲー、事前登録受付時のCM見て悩んだんですが、結局やらなかったです。 ストライクウィッチーズ>かなりコアな絵柄になっているようなので、 観てます、ギャグで面白いです。ただ元のアニメ観てないと分からない一見さんお断り的要素もありますね。 あとその前の15分の「異世界かるてっと」が面白いです、幼女戦記も参戦してます。 それから前作はCGが残念だった、と言った前作とは「ブレイブウィッチーズ」です。>「第501統合戦闘航空団 ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 」というのが、来年放送 おお、ありがとうございます、さっそく公式を覗きました。楽しみです、デビプロですか。>私が一番期待してるのは、「Fairy goneフェアリーゴーン」:P・A・WORKS なるほど、ありがとうございます。視聴予定から外してたのですが、追加しました。 「天狼」はそこそこ面白かったですが、12話では世界観を活かしきれなかった感もありました。でも録画は残してます。 あと前期の「ケムリクサ」が結局最後までイミフで、投げッぱENDのように思えて残念でしたね。やはり世界観を活かせてないように思えました。----------431たなか 2019年4月20日 19:28:47 >420AC!、417、418、419H-Kom@30 無題 クイーン来日ですか。情報ありがとうございます。にわかなんで行くかどうかまだ分かりませんが。 でもこの機会を逃すともう二度とないかもしれませんね。ブライアンさんも白髪になってるし。 ボヘミアン・ラプソディは観ました。最後のライブシーンのド迫力は圧巻ですね。魂を揺さぶるのキャッチコピーに嘘はなかったです。 映画でこんなに感動したのは久しぶりです。こりゃ劇場にリピートした人の気持ちも分かるわ。おっさんのチューは勘弁して欲しかったけど^^; ヤマト完結編LDゲーム>でも、あの要塞通路の数々のトラップも、本編にあった映像なんですかね? あれはゲーム用に作ったオリジナル映像ですね。失敗して谷間に落ちるのは勿論?古代じゃありません。反射衛星砲の基地潜入の時と同じで見た事のないモブキャラです。 レーザーディスクゲーム初期に「忍者ハヤテ」ってのがありましてあんな感じのトラップが多かったんですよ。で、ゲーマーからは「忍者ヤマト」と言われてました。>「島!障害物に気をつけろ!」→艦橋が岩に激突してバキャッ!…て、おい。 どうせなら艦橋がもげたりとかヤマトがポンコツになる映像とかあれば良かったんですが予算の関係かなかったですね。 外人とネトゲ>恐いなぁ。「XXXX You!」「Go To XXXX!」「Son of a XXXXX!」…リアル洋画だ。いいじゃ(ry FU○KとかJAPとか言われた事ありますね。外人は嫌になるとすぐに回線切断しますしね。 2202にもっと戦術性を>観たかったですね。ヤマトと艦隊各艦が連絡を取り合って、もしくは通信が途絶した状況で意図を読み合って連携し、シールドの弱点に気付いてないフリをして虚を突いて… そういえばちくわ空間の所で波動エンジン使用不能の設定がありましたね。あれを前振りにして艦載機とミサイル攻撃のみでの要塞攻略戦とかね。 都市帝国の回転ミサイル一発づつ発射じゃなくてイデオンばりに「ふーむ、回転ミサイル一斉発射ァァッ!!」で全ての発射口から一斉攻撃。 地球艦隊一瞬で全滅、白目を剥くヤマトクルー。「あーはっはっは! 思い知ったか地球人ども!」ズォーダー腹を抱えてバカ笑い。こんなのあったら楽しそうだなあ。>「遙かなる星イスカンダル」 アマゾンレビュー見るとゲームバランスが悪くてかなりのマゾゲーだったようですね。あまり覚えてませんが確かにそうだったかも。----------432AC! 2019年4月21日 06:54:26 >400、401H-Kom@31 Re: Re:4月1日新年度、色々忙しい春ですね①②>「令和」とは、予想外でしたね。数年前に当てた予言者がいたそうですが。>凜とした響きで芯があり、また「秩序と和」を思わせる、良い元号だと思います! 私も最初聞いた(見た)瞬間は全くの予想外で驚きましたが、良い元号だと思います。 Rで始まる響きが予想外に感じたんだと思います。でも昭和と同じく和で終わるので、親しみも感じます。>国家>安康>ですね^^;。ひでェ無理筋だ。 まあ、家康としては過去のいきさつから恨み骨髄だったろうから、イチャモンつけられれば何でも良かったんでしょう。 多分関ヶ原で勝利した時から、必ず滅ぼしてやる!と思ってたでしょうね。>大いなる「和」は入りましたね。それと「令月」の令なので、静かに澄んだ感じが好きです。 大いなる「和」が入ったので、ツイッターのヤマトクラスタは盛り上がってましたね。 令は「良い」と言う意味と聞いてもピンとこなかったのですが、令嬢・令婦人の令と聞いて、おお!となりました。何度か口にすると馴染んで、響きも良いなと感じましたね。>いつ生活ry。私はHD空け作業が追っつかない^^;。 アニメ消化は生活の一部(半分?)です(笑)。今回完全未視聴作品をある程度USBに移動したので、HD空けは何とかなりました。>分かんないので、追い追い観るか調べるかしてみます。 「フルーツバスケット」は少女マンガ原作で海外でも人気のある結構なビックタイトルです。 「川柳少女」はキャラデザが思ってたのとちょっと違った。「ORIGIN」はガンダムです。 滅びの方舟最終形態>当然みんな期待してるものを、あえて外すか。外してウケるんなら勝ちだけどよォ? 最近では案山子とか言われてますよ(^_^; 私はやじろべえに見えてきた(^o^; カラクルム幼体>引きましたね。「おいおい」ですよ。そんな設定なら、それ向けのデザインが必要だろうに。 SFとしてはアリですが、ヤマトにはそぐわない。そしておっしゃる通り、すでにメカとして完成されてるから、やるにしてもメカ以外の何かのデザインが必要。 ガルガンティアの世界観ならマッチすると思いますが。ひょっとしてパクった?副ちゃん。 やっとコメント連絡用4のレス終了v(^-^)v----------433H-Kom 2019年4月25日 00:47:37 >431たなか@32 Re:無題① 遅くなりました~。ちょっと燃え尽きてました^^;。 クイーン来日>でもこの機会を逃すともう二度とないかもしれませんね。 うーむ。私も、どうしようかな~。>ブライアンさんも白髪になってるし。 今や天体物理学博士としても有名ですからね。それでギターもまだ弾けるってのが偉い。>ボヘミアン・ラプソディは観ました。最後のライブシーンのド迫力は圧巻ですね。魂を揺さぶるのキャッチコピーに嘘はなかったです。 観ましたか~。あれは、にわかファンを真のファンに定着させるに充分な映画ですね。 …まだやってたの?なんて思って検索したら、まだこんなにやってるの!凄いロングラン。>おっさんのチューは勘弁して欲しかったけど^^; 濃厚でしたからね。俳優って大変だなぁって思いましたね。 あと、ライブエイドのフレディを見守る「彼」の熱い視線も「うわぁ…」って感じ。 ヤマト完結編LDゲーム>>あの要塞通路の数々のトラップも、本編にあった映像なんですかね?>あれはゲーム用に作ったオリジナル映像ですね。失敗して谷間に落ちるのは勿論?古代じゃありません。反射衛星砲の基地潜入の時と同じで見た事のないモブキャラです。 やっぱりそうですか、さすがに。 昔は、名も無きモブが「うわー!」と吹き飛んだり落ちたり、という描写が当たり前だった。 今は「戦死するなら、なおのこと名前付けないと」ですから、作る方もやりにくくなってますね。 2202のヤマトの戦闘に(最終章以外)緊迫感が乏しかったのは、そのせいもありますね。>レーザーディスクゲーム初期に「忍者ハヤテ」ってのがありましてあんな感じのトラップが多かったんですよ。で、ゲーマーからは「忍者ヤマト」と言われてました。 なるほど~。それは知らなかったけど、「潜入」をゲームにすると言えば、こういうインディ・ジョーンズ的パターンが鉄板ですね。----------434H-Kom 2019年4月25日 00:51:31 >431たなか@33 Re:無題②>>「島!障害物に気をつけろ!」→艦橋が岩に激突してバキャッ!>どうせなら艦橋がもげたりとかヤマトがポンコツになる映像とかあれば良かったんですが予算の関係かなかったですね。 苛烈な宇宙戦闘に耐えるヤマトでも、岩の突端には負けるか~…そりゃ、そうだわなぁ。 艦橋がもげたらギャグになっちまいそうだけど、あり得ない話じゃない。 まして「砲撃を喰らって負け」ならポンコツになって然るべきなのに、省略しちゃったか。 外人とネトゲ>FU○KとかJAPとか言われた事ありますね。外人は嫌になるとすぐに回線切断しますしね。 何だかんだ言って、日本人って上品でおとなしいよなぁ。肉食には負けるわぁ。 2202にもっと戦術性を>そういえばちくわ空間の所で波動エンジン使用不能の設定がありましたね。>あれを前振りにして艦載機とミサイル攻撃のみでの要塞攻略戦とかね。 そうですよ。そういう「制限」あってこそ戦術感も緊迫感も出ると言うもの。 ワープと波動砲と波動防壁の便利使用ばっかりじゃ「あー、どうせ勝つのね」になっちゃうのに~。>都市帝国の回転ミサイル一発づつ発射じゃなくてイデオンばりに「ふーむ、回転ミサイル一斉発射ァァッ!!」で全ての発射口から一斉攻撃。>地球艦隊一瞬で全滅、白目を剥くヤマトクルー。「あーはっはっは! 思い知ったか地球人ども!」ズォーダー腹を抱えてバカ笑い。こんなのあったら楽しそうだなあ。 ですね。大重力やクリオネ足ビームとかじゃない、通常?兵器の脅威も見たかったな。 今回は回転ミサイルの代わりに前期ゴストーク級の「破滅じゃないミサイル」でしたが、これも回を重ねるごとに弱体化していった感じ。 メダルーサもカラクルム級も、怖いのは最初だけ。 マトモに考えれば、火焔直撃砲や旋回雷撃砲をガンガン撃たれたら、勝ち目なんか無いのに。 「再生怪人は弱い」の法則じゃなくて「新兵器も対策を講じられれば弱くなる」を、きちんと描いてくれれば、まだしも説得力があったのに。 「遙かなる星イスカンダル」>アマゾンレビュー見るとゲームバランスが悪くてかなりのマゾゲーだったようですね。あまり覚えてませんが確かにそうだったかも。 うーん。バランスの良い名作だったら語り継がれてるだろうに、そうでもないのは…そういうことか。残念。----------435H-Kom 2019年4月25日 01:40:13 >432AC!@34 Re:Re:Re:4月1日新年度、色々忙しい春ですね①②a 遅くなりました~。ちょっと燃え尽きてましたⅡ。 「令和」>私も最初聞いた(見た)瞬間は全くの予想外で驚きましたが、良い元号だと思います。>Rで始まる響きが予想外に感じたんだと思います。でも昭和と同じく和で終わるので、親しみも感じます。 頭文字Rも、平成一代置いてまた「和」も予想外でした。 でも「和」は日本の基本精神、また今の時代にこそ希求されるべき精神ですよね。 国家 安康>まあ、家康としては過去のいきさつから恨み骨髄だったろうから、イチャモンつけられれば何でも良かったんでしょう。>多分関ヶ原で勝利した時から、必ず滅ぼしてやる!と思ってたでしょうね。 分かる気はするけど、えげつない因縁付けだよなぁ。 一部では家康人気が今一つな理由でしょうね。>大いなる「和」が入ったので、ツイッターのヤマトクラスタは盛り上がってましたね。 やはり。この混迷の時代を救い、縁の糸を結び直すのは「大いなる和」をおいて他にない。>令は「良い」と言う意味と聞いてもピンとこなかったのですが、令嬢・令夫人の令と聞いて、おお!となりました。何度か口にすると馴染んで、響きも良いなと感じましたね。 「令月」という言葉は知りませんでしたが、令嬢・令夫人なら馴染みがありますものね。 それと私は法令・律令から「規律・秩序」を思わせ、また「時代をゼロから始める」感もあって、気に入ってます。----------436H-Kom 2019年4月25日 01:40:48 >432AC!@35 Re:Re:Re:4月1日新年度、色々忙しい春ですね①②b いつ生活ry>アニメ消化は生活の一部(半分?)です(笑)。今回完全未視聴作品をある程度USBに移動したので、HD空けは何とかなりました。 アニメ消化の求道者と呼ばせて下さい(^^;。…私はUSB、買い足した方がいいかもなぁ。>「フルーツバスケット」は少女マンガ原作で海外でも人気のある結構なビッグタイトルです。>「川柳少女」はキャラデザが思ってたのとちょっと違った。「ORIGIN」はガンダムです。 やーん。他の二つはノーチェックだったけど、ORIGINは分かってましたよ~^^;。 私は今の少女マンガは専門外でして。昔はベルばらとか「花ゆめ」読んでましたが。 滅びの方舟最終形態>最近では案山子とか言われてますよ(^_^; 私はやじろべえに見えてきた(^o^; 案山子。ボロボロの寄せ集め感が「まさに」。たなかさんの「クリオネ」も「あ、確かに」ですね。 カラクルム幼体>>引きましたね。「おいおい」ですよ。そんな設定なら、それ向けのデザインが必要だろうに。>SFとしてはアリですが、ヤマトにはそぐわない。そしておっしゃる通り、すでにメカとして完成されてるから、やるにしてもメカ以外の何かのデザインが必要。 ほむランボーさんが「ゲッターロボみたい」と言ってましたが、ゲッターはね…「生物のごとく成長する機械」をジャンルとして確立した作品ですから。 んで、とにかくアリモノに唐突に投入されたのではシラ~となってしまいますよ。 どうしてもやろうって言うなら、西条さんの報告一つで片付けるんじゃなく、今まさに成長していく機械の「見たこともない絵」を見せれば、あるいは受け入れられたかもしれない。 「どこかで聞いたようなアイディア」を「こんなの見たことない!」に化けさせるのは「絵」ですよ。>ガルガンティアの世界観ならマッチすると思いますが。ひょっとしてパクった?副ちゃん。 すいません~、以前お薦めされていながら未だに観てませんガルガンティア。 近々観ます~^^;。

  • 21Apr
    • 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 2019.4.18~19

       「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」は、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のリメイクとして、また「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編として制作され、先月をもって完結しました。 その作品としての評価は、賛否両論まっぷたつに分かれ、ネット上でも議論を呼んでいます。 「良い点も問題点も、ともに大量に含んだ作品」であったことは、間違いないでしょう。 ただ「AC!」さんは「良かった点の方が多い」とする肯定派であり、 私は2202が作られたこと自体は歓迎しつつも「問題点の方が多かった」とする懐疑派です。 今回、私はAC!さんに応えて「ここまで言ったらヤバくない?」ってとこまで書き連ねました。 今後も議論が続くか「言うことは言ったし疲れるから手打ち」になるかは、分かりませんが… とりあえずAC!さんは今に至るもコメント投稿を続けて下さっているので、ホッとしてます^^;。・ 拙速…物語の展開が速すぎて付いていけない。制作期間に余裕がなく、仕上げが雑になる。この双方の「拙速」こそ2202の問題点の核心であり、今後のヤマトの課題でありましょう。・ 小林誠副監督…もう、伏せ字にしてやんない。メカデザインに、ストーリー展開に、そして作品外でもツイッター等で「我」を通し続けた、2202諸悪の根源。ヤマトからの、退場を願います。・ 福井晴敏氏…小説家としてデビューし、脚本家としても多数のアニメ制作に関わる、精力的なクリエイター。大量のアイディアを投入し、2202のストーリーの根幹を作った…その評価は。・ 西崎彰司氏…養父・義展氏からヤマトを引き継ぎ、「制作総指揮」として2202を始動した人。三項目の依頼「さらばリメイク、殺すな、泣かせろ」の是非は?副監督に対する監督責任は?・ ヤマトの今後…何はともあれ「2202」は完結した。「さらば」というハードルは、曲がりなりにも越えられた。そして続編制作も発表。ヤマトは、これからどこへ向かうのか…? …というわけで、今回の記事はゴリゴリのヤマトファンによるガチトークです。 ヤマトに関心の薄い方、深刻な文章がイヤな方には、スルーをお勧めいたします(^_^;。 その他の話題。・ 愛のヤマトークナイト…新宿ピカデリーでのヤマト2202上映後、本作スタッフがゲストとして来場し、熱く語るというイベント。前作2199の時は「たっぷり~」のタイトルで開催されてました。私は一度も行ったことがありませんがAC!さんは常連。いいなぁ。・ さらば愛の宣伝会議…ヤマト2202各章の上映前から、公式HP及びYouTubeに公開された宣伝動画。小林治、中村繪里子両氏が司会進行、福井晴敏氏と羽原信義監督が毎回ゲストで楽しく語り合ってきましたが、その最終回後に福井・羽原両氏のみで、しんみりと締めくくり。・ ヤマトコンサート…2199完結後、宮川彬良さんが大阪市音楽団を率い、ヤマトの音楽をたっぷりと聴かせてくれました。そのコンサートが、この秋に再来するそうです。詳細は、まだ不明。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------421AC! 2019年4月18日 08:19:39 >388H-Kom@20 Re×4:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ①>>楽しく幸せでした。あの空間には仲間しか居ない。>>思いを込めて拍手。満場の大拍手に感動。>素晴らしいことです。ヤマトという作品は「乗艦する」ものですね。 初めてヤマトーク行ったのは2199の最後の頃ですが1度行くとクセになります。 さらば愛の宣伝会議>福井さん、羽原さん、ともに感無量といったところで。>羽原さんが「ぶっちゃけ、いつでも〇ねます」と仰ってましたが、>クリエイターとして、これを言えるのは幸せなことですね。 確かに、我が人生に一片の悔いなし!と言った所ですか、幸せですね。 ヤマトコンサート>お薦めですよ!ヤマトコンサートと銘打つ以上、ヤマト空間に浸れることは保証済みです。>そして彬良さんの軽妙なトークに爆笑できることも間違いなし。 映像(抜粋)は見たんですが、なかなか良い感じでした。絶対行きます! 宮川彬良さん、ヤマト音楽に>「次回作以降も関わり続ける」に、7000円。 7000円、コンサートの値段でしたっけ?(^O^) 次回作に関しては、ラジオスイートさらば宇宙戦艦ヤマトで感触がつかめるかも。 続篇>しかし私は2202には「良かった」点も「問題があった」点も、ともに多々あると感じています。>「問題点」の生ずる最大の原因は、どんな作品でもそうですが「拙速」なのです。 問題点も感じますが、私は良かった点の方が多いです。 問題点はほぼ副が原因と感じますが(^_^;) 「拙速」に関しては私は次のような印象です。 つめ込みダイジェスト感とかも福井さんのシナリオがボリューム有り過ぎなのかなと。 羽原監督が映像化するのに苦労されたように言われてたので。 26話ではなくファーストガンダムのように43話とかあれば...と思いますが。 けど昔と違い今はテンポの悪いアニメは売れない傾向が強い。 で、2199で出渕さんや製作側が第1作と同じ26話を選択したのかなと。 今のアニメのフォーマットだと2クール26話以上はほぼ有り得ない。 2クールでも24話とか普通、1クールだと12話が普通でノイタミナだと11話。 角川アニメだと低予算で10話とかまである。 昔のドラゴンボールとか今だと1話で終わる内容を1年位放送してた気が(^o^;) じっくり準備を、は私も祈ります。 時間切れ、続きはまた。----------422AC! 2019年4月19日 07:26:40 >389、390H-Kom@21 Re×4:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ②③ 小林誠副監督>>現に奴はヤマトで使ったマークを日野のトラックに使ったりしてる。>…見ました。呆れ返りましたね。公私混同と言うのか…矜持って言葉、知ってるかな? 私も唖然としました。あのマーク自体は私は好きです。 でも関わるものに手当たり次第に使うと言うのは「俺が俺が」でしかなく作品に対するリスペクトもない。 結局俺様最高!と勘違いしてる残念な人でしかなく、またクリエーターとしても新たな物が創作できない無能かと。 2199、2202とも参加したスタッフには皆ヤマトというレジェンドへのリスペクトがあると思いますが、唯一この人だけがない。多分、人格異常者だと思う。>「大いなる和」も「縁」も乱しまくりですからね。アニメ界から、お引き取り願いたい。 勿論ですが、個人的に二度と公の場に出て来ないで欲しい、ツイッターもやめろと思います。 西崎彰司さん>福井さんに「さらばリメイク、殺すな、泣かせろ」の無理難題を吹っかけたことは、義展氏と同じ「クリエイター軽視」の意識の現れと言うほかない。 義展氏がクリエイター軽視なのは私もそう思います。他人の褌で相撲をとって、とにかく楽して金儲けしたいと思う最低のプロデューサーとかいう人種かと(出典:冴えカノ^^;)。 ただ彰司さんに関しては、私はお義父様とは違うかな?とも感じてます。疑問点もあるけど。 さらばのリメイクで、殺すな、泣かせろは確かに無理難題たげど、私がプロデューサーでも多分同じ事を言うと思います。 私なら、吹っかけると言うより優秀なクリエイターを信頼してのお願い、と言った感じになると思います。 それ以外に旧作さらば以降のグダグダを整理・リメイクして、ヤマトという作品を復権させる道はないと思うし、個人的にヤマトはガンダムのように今後も続いて欲しいと思うからです。 それと、第七章の最速先行上映の時に直に聞いたファンに語った言葉から、悪い人とは感じませんでした。 続きます。----------423AC! 2019年4月19日 07:41:19 >390H-Kom@22 Re×4:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ②③ 西崎彰司さん>小林氏を重用し甘やかし、現場を掻き乱すに任せたことは、指揮官として如何なものか? これについては事実なら確かに責任がある。けど既に炎上しているので、途中で解任する方がさらに炎上に拍車をかけ現場も混乱するので、致し方ない気もします。 終了後に解任したならそれで良いのでは、と個人的に思ってます。 あと近頃の噂だと、次回作に福井さんの関与も有るかもとも感じてます。 出来ればそうなって欲しいです。個人的に、凡百のアニメ脚本家とは才能の差を感じます。>2202に関わったスタッフや声優さん達には、心から「お疲れ様でした」と申し上げたい。>その努力と誇りを、無にしないために。>「さらば」という最大の難関を突破したヤマトが、今後も航行を続けていくために。>続篇は、何としても無事に軌道投入しなければならない。 全くの禿げ同ですね。そう願わずにはいられません。>何か、自分にできることがあれば良いのだけど…。 ファンに出来る事は、 ずっと変わらずに応援する、お布施する、位ですかね(*^o^*)----------424H-Kom 2019年4月19日 15:41:05 >421AC!@23 Re×5:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ①>初めてヤマトーク行ったのは2199の最後の頃ですが1度行くとクセになります。 「ヤマトーク」と聞いた時に「行きたい!」と思ったんですが、仕事がね~^^;。 今はそうでもないんで、色々と封印解除していこうかな。 さらば愛の宣伝会議>>羽原さんが「ぶっちゃけ、いつでも〇ねます」と仰ってましたが、>>クリエイターとして、これを言えるのは幸せなことですね。>確かに、我が人生に一片の悔いなし!と言った所ですか、幸せですね。 けっこう真顔で言ってましたからね。好きだな、この人。 ヤマトコンサート>映像(抜粋)は見たんですが、なかなか良い感じでした。絶対行きます! 私が行った時は超満員でした。良い席は、お早めに♪ 宮川彬良さん、ヤマト音楽に>>「次回作以降も関わり続ける」に、7000円。>7000円、コンサートの値段でしたっけ?(^O^) いやぁ、まったく大テキトーな「そん時の俺相場」ですよ(^^;。 自信がない時は1桁。5桁になると「絶対確信!」ですね。 もちろん実際に賭けるわけじゃありませんけど。ジッちゃんの名に懸けて、賭け事禁止。 …しかし、もし彬良さんがヤマトから離れるようなことがあったら… その時は「ヤマトシリーズがダメになった時」と思っていいと思います。よ。>次回作に関しては、ラジオスイートさらば宇宙戦艦ヤマトで感触がつかめるかも。 だと良いですね。それが「さっぱり」ということは、むらかわみちおさんが噛んでないということですから。 ※ヤマト2199の漫画版を連載し、2202にも関わっている漫画家。そしてラジオスイートの企画者。 むらかわさんには、ヤマトから離れて欲しくない。できれば出渕さんも残って欲しかった…と、いま言っても詮無いことですが。 続篇>>私は2202には「良かった」点も「問題があった」点も、ともに多々あると感じています。>問題点も感じますが、私は良かった点の方が多いです。 AC!さん、正直に言います。私は、分量で言うなら、問題点の方が多かったと思っています。 ただ「莫大な創意と努力を傾注して、ヤマトの新作を作ってくれた」という一点に、私はこの上ない喜びと感謝の念を抱いている。 この絶大なプラスがあるからこそ、私は肯定派にとどまり、応援し続けているのです。 続きます。----------425H-Kom 2019年4月19日 19:49:15 >421AC!@24 Re:Re×5:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ②>問題点はほぼ副が原因と感じますが(^_^;) ヤマト世界にそぐわない、俺符号てんこ盛りの独善的デザインを大量投入。 デザインのみならず、ストーリー進行まで我を通して改変。 しかも観客の批判・不満を完全無視、あまつさえツイッターで喧嘩を売って回るという、不遜きわまりない態度。 確かに彼がいなかったら、2202がここまで炎上することは無かったでしょう。 2199から続く美術面での貢献を相殺して余りある「マイナス要員」です(- -)。>つめ込みダイジェスト感とかも福井さんのシナリオがボリューム有り過ぎなのかなと。 それは言えるようですね。ストーリーの根幹も複雑に改変されているのに、さらに枝葉の要素を詰め込んでいる。 どこかで「当初は1クールの予定だったが、2クールに延長された」という話を聞きました。 しかし、そこでなすべきだったことは要素を増やすことではなく「既成の各シーンをじっくりと描き込むこと」だったのではないでしょうか?>昔と違い今はテンポの悪いアニメは売れない傾向が強い。 「テンポが速い」と「いっそがしくて追い切れない」は違いますよ。 充分な状況説明と心情描写がなされるのは、物語の基本です。 それをおろそかにしてまで進行速度を上げたのでは「物を語っている」とは言えません。 たとえば「ラーゼラーがイーターⅠスペシャルに『同化』する形で乗り込み、発進した」ことを、初見で理解できた人が、どれだけいると思います? 「熟練者」の動態視力と理解力を基準にしちゃ、いけません。そんな作品は「異形」なんです。>今のアニメのフォーマットだと2クール26話以上はほぼ有り得ない。 元が映画1本だったんですから、それ以上に膨らませる必要はなかった。 26話という枠内で余裕を持って語りきれる程度に、内容を刈り込むべきだったと思います。>じっくり準備を、は私も祈ります。 私が訴えたい「拙速」は、主にこちらの意味です。 充分な準備期間を設けて、じっくりと構想を検討する。 製作に入ってからも、脚本チェック等を「しつこく」繰り返す。 誰かが「ダメだ、理解(感動)できない」と言ったら、ばっさりリセットして作り直し! …これをやる余裕のない作品が、「生煮え」になるんです。 続きます。----------426H-Kom 2019年4月19日 20:33:48 >422AC!@25 Re:Re×5:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ③ 小林誠氏、日野のトラックに菱形マーク>私も唖然としました。あのマーク自体は私は好きです。>でも関わるものに手当たり次第に使うと言うのは「俺が俺が」でしかなく作品に対するリスペクトもない。 どこにでも使い放題ですもんね。ノイ・デウスーラの壁面、イーターⅠのシルエット…挙げ句に次元潜航艇がヤマトを囲んだ時にまで菱形って…おい!いい加減にしろよ(^o^)♪>結局俺様最高!と勘違いしてる残念な人でしかなく、またクリエーターとしても新たな物が創作できない無能かと。 ここまで徹底されてると、ホントに「小林誠参上」「〇〇の一つ覚え」だと思いますね。>2199、2202とも参加したスタッフには皆ヤマトというレジェンドへのリスペクトがあると思いますが、唯一この人だけがない。 自己申告で「リスペクトしてる」と取れる発言があった気がしますが、誰もそうは思わない。 この人の頭の辞書って、ちょっと人と違うんでしょうよ。>個人的に二度と公の場に出て来ないで欲しい、ツイッターもやめろと思います。 せめて「ツイ上の暴言は控えるように」と、西崎彰司さんは警告すべきだったでしょう。 西崎彰司さん>>福井さんに「さらばリメイク、殺すな、泣かせろ」の無理難題を吹っかけたことは、義展氏と同じ「クリエイター軽視」の意識の現れと言うほかない。>義展氏がクリエイター軽視なのは私もそう思います。>他人の褌で相撲をとって、とにかく楽して金儲けしたいと思う最低のプロデューサーとかいう人種かと(出典:冴えカノ^^;)。 豊田有恒さんの著書にあるように、 「会議を連発してアイディアを出させては、それを自分の発案ってことにする」 「出したアイディアを素人考えで改変する」 例)白色矮星→白色彗星 クリエイターの苦労も価値も理解しないくせに、出されたアイディアにはホイホイ乗っかる。 「ヤマトの言い出しっぺ」以外に尊敬すべき要素のないヤマ師、だったようです。 …「冴えカノ」は分かりません、すいません^^;。 続きます。----------427H-Kom 2019年4月19日 21:29:45 >422AC!@26 Re:Re×5:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ④ 西崎彰司さん>ただ彰司さんに関しては、私はお義父様とは違うかな?とも感じてます。疑問点もあるけど。>さらばのリメイクで、殺すな、泣かせろは確かに無理難題たげど、私がプロデューサーでも多分同じ事を言うと思います。>私なら、吹っかけると言うより優秀なクリエイターを信頼してのお願い、と言った感じになると思います。 うーん。言い方の圧力にかかわらず、内容が「さらばリメイクで。殺さず、泣かせて」である以上「吹っかけ」だと私は思いますが^^;。 ホントにクリエイターを理解し、信頼しているならば、オーダーは… 「2199」の続編を作って下さい。 制作に当たっては「さらば」を参考にし、 「さらば」のような感動を与える作品にして欲しいと思いますが、 どの要素を、どのように活かすかは、あなた方にお任せします。 なお今後のシリーズ展開を考えて、主要キャラクターは生き残らせる方向で。 たとえば、このようにあるべきだと私は思うのです。 福井さんが吐露した三項目に、どのような細部注文が付けられたかは分かりません。 しかし出来た2202を観る限り、かなり肝心な点で「さらば」を墨守しています。 この墨守ぶりが、西崎さんの指示によるものだとするなら。 2199、特に「星巡る方舟」の要素がガン無視されたことも「そういうことか」とうなづけます。 「蛮族」ガトランティスは「無かったこと」に。 海自式敬礼は「何の断りもなく」ヤマト式敬礼に戻され、 2199の新キャラクター達は明らかに軽視され、 SF設定・軍事考証の緻密さは「ヤマト的?」派手さ・ケレン味に取って代わられた。 実のところ私は、この「失礼な改変」に納得していません。 この方向性が最後まで変わらなかった以上、「Thanks To 2199オールスタッフ」とクレジットに書かれたところで、説得力を感じません。 そして、これらの改変が「三項目の吹っかけ」によるものなら… 私の福井さん達へのモヤモヤは、西﨑さんへと矛先を変えることになります。 続きます。----------428H-Kom 2019年4月19日 22:10:13 >422、423AC!@27 Re:Re×5:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ⑤ 西崎彰司さん「さらばリメイク、殺さず、泣かせて」>私がプロデューサーでも多分同じ事を言うと思います。>それ以外に旧作さらば以降のグダグダを整理・リメイクして、ヤマトという作品を復権させる道はないと思うし、個人的にヤマトはガンダムのように今後も続いて欲しいと思うからです。 ヤマトの長期シリーズ化に懸ける思いは、私も同じです。 そのためには、あの問題作「さらば」に何らかの形でケリを付けるしかなかった。 込められた思いの重さと熱さにおいて同等以上の作品を作り、新時代の「愛の戦士たち」との名乗りを上げる。 その上で、「2」に始まるグダグダとは違う、正統の続編を発進させる。 それが、どうしてもヤマトが越えなければならないハードルだった。 何はともあれ、それはクリアされ、前途は開けた… それを今は受け入れ、喜ぶべきなんでしょうね。>ファンに語った言葉から、悪い人とは感じませんでした。 人柄じゃ、ないんです。作品にとって「良い」人か否かは…。>>小林氏を重用し甘やかし、現場を掻き乱すに任せたことは、指揮官として如何なものか?>これについては事実なら確かに責任がある。>けど既に炎上しているので、途中で解任する方がさらに炎上に拍車をかけ現場も混乱するので、致し方ない気もします。 西﨑さんが、どのように現場に関わっていたかは知る術もありません。 ただ現象を見る限り、小林氏は独善デザインとネット暴言を恣にしていた。 どこかの野党みたいに「任命責任」などと因縁をつける気はありませんが、「監督責任」は担っていたはずでしょう。 「制作総指揮」なんですから。 解任しないまでも、その言動を諫め、暴走を止めるべきだった。作品を守るために。 今後のヤマトシリーズが、どんな航路を辿るかは、否応なく西崎彰司氏に懸かっている。 氏が「よき指揮官」だったと評価されることを、ただ祈るのみです。 続きます。----------429H-Kom 2019年4月19日 22:41:50 >423AC!@28 Re:Re×5:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ⑥」 たいへん長いガチトークになってしまいました。 だいぶ言いにくいことも言ってますが、本心を言っておかないと先に進めないので…。 これでひとまず〆ですので、あと十数行お付き合い下さいm(_ _;m。>あと近頃の噂だと、次回作に福井さんの関与も有るかもとも感じてます。>出来ればそうなって欲しいです。個人的に、凡百のアニメ脚本家とは才能の差を感じます。 本業、と言っていいかどうか分かりませんが、元々小説家ですからね。 次々と突飛な発想を生み、物語を展開させていく推進力は、確かに非凡だと思います。 ただ…アニメ脚本家としては、しばしば「風変わり」だなぁ、という気もします。 いずれにせよ、私は福井さんの思考パターンや語り口は、嫌いではありません。 見ていると楽しいです。ああ、「福井流」だなぁ、と但し書きは付きますが…(^^;。>>2202に関わったスタッフや声優さん達には、心から「お疲れ様でした」と申し上げたい。>>その努力と誇りを、無にしないために。>>「さらば」という最大の難関を突破したヤマトが、今後も航行を続けていくために。>>続篇は、何としても無事に軌道投入しなければならない。>全くの禿げ同ですね。そう願わずにはいられません。 上の四行をもって、私は「ただ文句言うだけ」のディスレビュアーと一線を画したい。 とにかく、私は「グダグダでない」ヤマトの続きを、なんとしても観続けたい。 そのために努力し、ヤマトを飛ばし続けてくれる人々に、私は感謝せずにいられない。 たとえ多少の問題を感じようと、今は「昭和のあの時期」とは違うんですから!>>何か、自分にできることがあれば良いのだけど…。>ファンに出来る事は、>ずっと変わらずに応援する、お布施する、位ですかね(*^o^*) 私はオタクです。全てのオタクは「クリエイター予備軍」だと思っています。 AC!さん、あなたもそのはず。心に創意があるから、深いこだわりを保てるのです。 「いつか、ヤマト制作に関わってやる」 その妄想を、私は抱き続けます。叶うか否かはともかくとして… とりあえず、以上です!

  • 20Apr
    • クイーン+ゾンビィ+ヤマト+ゲーム2019.4.15~16

       「怒濤の会話ラッシュ」第2弾でございます。 今度は「AC!」さん以上にお久しぶりの「たなか」さん。 またまた私ゃ狂気乱舞で、しゃべりまくってしまいました~よ。 …「ほむランボー」さん、お忙しいんですよね。気長にお待ちしてますよ~(^_^;。 「見て下さい…ほら、たなかさんがコメント1通書くと、H-Komが3通返信してるでしょ?」 「ホントだ。『1発撃つと、3発撃ち返してくる!』って奴ですね。こりゃあ、疲れちまいますね」 「おまけに、ちょっと休んでると『お待ちしてますよ~』じゃ、たまったモンじゃないですよねぇ」 …あれぇ?また誰かしゃべってたような…幻聴かな?ヤバいかも… ま、いっか。えーと、今回の話題は…・ クイーン…いよいよ本格的にハマり始めた、たなかさん。ケンシロウ、クイーンはいいぞ! Don't Stop Me Now…映画観てから歌詞読むと「俺は一晩中楽しむぜ!」…って… それと「ミスター・ファーレンハイト」って誰?帝国軍の人?…ではなくて。・ ショーン・オブ・ザ・デッド…爆笑コメディホラー。ジュークボックスの「Don't Stop Me Now」に乗って、ゾンビを棒で叩いていぢめるシーン…の、動画あり。・ ゾンビランドサガ…ゾンビィ少女6人のアイドルグループ、佐賀を救え!な大ヒットアニメ。 私は第1話観ました。スゴいです!そして大・三石琴乃さんが、スゴい役を演ってます^^;!・ 戦闘妖精雪風…名作空戦SFのアニメ化、当時空前の映像と評価も高い。観なければ。・ ウイングマン…ヒーロー漫画家の桂正和さん、パンツ漫画家とも思われちゃってました。・ TIGER & BUNNY…企業戦士へのエールのつもりが女子に大人気、それも特定方面に…・ 広島「宇宙戦艦ヤマト2202ワールド」…第一艦橋を会場内に再現!限定的なれど、これで燃えないヤマトファンはいない!充実したイベントでした。満足度高し。・ 第一艦橋で戦術シミュレーションゲームをやったら、そりゃもうスゴいだろうなぁ!・ ヤマト完結編のゲーム…昔のゲーセンにあった、タイトーのゲーム。レーザーディスクで再生される本編映像は迫力満点。次々と襲うトラップは不条理感満点。動画あり。・ 遙かなる星イスカンダル…昔のプレイステーション版、ヤマトゲーム三部作。名作!・ ヤマト2202の弱点の一つは、艦隊戦を始めとする戦闘が「戦術」を感じさせなかったこと。 それと…都市帝国内部で戦艦がクリオネみたいに成長してるのは、頂けなかったなぁ…。・ 銀河英雄伝説…トンデモとも言える大艦隊戦。しかし戦術がぶつかり合う「気分」は充分! そして旧アニメ版のヤン・ウェンリー役、富山敬さんの演技は素晴らしかった。・ アメリカン・ヒーロー…80年代の米国製特撮コメディドラマ。富山敬さん、主人公吹き替え。 …カオスだなぁ…(^^;。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------412たなか 2019年4月15日 20:29:41@11 ゲーセンのヤマト完結編のゲームはまってました。 ボヘミアンもまだ観てないのに「クイーンヒストリー」という上下巻のDVD観ました。 当時の批評家からは評価されたりされなかったりしたんですね。 すっかりはまって毎日聞いてます。dont stop me nowが好きですね。 ミスター・ファーレンハイトと言われると帝国軍の人を思い出しますね。 話題のゾンビランドサガ観ましたー。 ギャグとシリアスのバランス良くて最後は逆境を撥ね除けての大成功で燃えました。 コケコッコーの声の三石琴乃さんすごい。よくあんな声出せるなと思います。 幸太郎の声の人お笑い芸人かと思ったら声優さんですか。 ラインハルト役は嫌いだったけどこっちは良いです。ブッ飛んでます。 最後の「佐賀おはようございます」の盛り上がりは当分忘れられそうもないです。 戦闘妖精雪風ってオタク談義で良く出てきますよね。 ニフティサーブやってる頃に雪風ってハンドルの人がいましたがその当時画期的な映像だったそうで。 ゲオで借りれそうなので観てみます。>AC!さん ウイングマン、TIGER & BUNNY by桂正和 大昔にジャンプで読んだっきりですが美紅ちゃんのパンツとかリアルだったような記憶があります^^; てっきりノリノリで描いてたのかと思っていました。 当時は桂さんはパンツ作家だと思っていました^^; タイバニはイカす男性キャラがいるので婦女子の皆さんに大受けだったそうですね。 そのうちに観てみようと思います。>H-Komさん 広島遠征おつかれさまでした。まさか第一艦橋を再現するとは。 ここに座って戦術シミュレーションゲームでも出来たら最高でしょうね。 2199でも第一艦橋視点での映像が一瞬ありましたがあんな感じで出来たら大興奮間違い無し。 アーケードは無理だろうからいつかVRゲームでイスカンダルへの旅でもプレイ出来たらいいですね…一年間拘束されてヤマト廃人になったりして。----------413H-Kom 2019年4月16日 00:17:21 >412たなか@12 Re:ゲーセンのヤマト完結編のゲームはまってました。① た、たたた、たなかさん!オカエリナサイましっ!! どどどどうなることかと、お見限りかと思いました~よ。 そうか~、ゲーセンにハマってたんですか。じゃあ仕方ないですよね(^o^;!>ボヘミアンもまだ観てないのに「クイーンヒストリー」という上下巻のDVD観ました。 まー…すっかり…「クイーンファン」の特定の呼び名って、無いんですね。>当時の批評家からは評価されたりされなかったりしたんですね。 聴けば「只者ではない!」と分かりそうな気がするんですけど、そうでない人が多いんだなぁ。 映画に出てきますが、まさに「ボヘミアンラプソディ」曲作りに入る前に、プロデューサーが「6分もある曲がラジオで流されるか!却下!」と宣ったそうで。 先見の明の無さ、恐るべし。>すっかりはまって毎日聞いてます。dont stop me nowが好きですね。 気持ちいいですよね~。聴きながら、つい「Hey Hey Hey!」とか「Call Me Mr.ファーレンハぁ~イ♪」とか唱和しちゃいますよね。…で、ゾンビィいぢめんの?>ミスター・ファーレンハイトと言われると帝国軍の人を思い出しますね。 すいません~、銀英伝は「まだ」チラチラと観た程度でして(^^ゞ。 検索…猛将タイプだけど戦術理解力と自制心をもち、人望もあった、と。 たぶん歌詞の方は物理学者のガブリエルさん(華氏)だと思うけど、なんで「俺のことはミスター・ファーレンハイトと呼んでくれ!」なのかなぁ?※歌詞検索…「俺は空を染めて燃えている。200度だ。だから人は俺を『華氏』と呼ぶんだ」。>話題のゾンビランドサガ観ましたー。 しまったぁ!第1話録り逃がした! 仕方ない、2話から録ろう。リマインドありがとうございます。しくしく(TT;。※どうにかして観ました!これは…すごい…完走確定。>コケコッコーの声の三石琴乃さんすごい。よくあんな声出せるなと思います。 その話は、たまたま観ました。感服すると同時に「こんな役に(失礼)三石御大を?」と呆れました^^;。----------414H-Kom 2019年4月16日 00:20:41 >412たなか@13 Re:ゲーセンのヤマト完結編のゲームはまってました。②>戦闘妖精雪風ってオタク談義で良く出てきますよね。>ニフティサーブやってる頃に雪風ってハンドルの人がいましたがその当時画期的な映像だったそうで。 ニフティサーブ!時代だなぁ…私も入ってましたがROMでした。 私はヘタに原作を読んでいたので「なんかキャラのイメージ違う。」で、食わず嫌い。 今や痛恨です。BDに焼いてあるので、こんど観ます。一週間以内(たぶん)。 ウイングマン横レス>美紅ちゃんのパンツとかリアルだったような記憶があります^^; リアルでしたね、確かに。布の質感まで伝わってくるようでした。>てっきりノリノリで描いてたのかと思っていました。>当時は桂さんはパンツ作家だと思っていました^^; ノリノリだったのは間違いないでしょう。 パンツ作家と呼ばれることも厭わなかったと思います。 ただ、後に「そればっかり」描かされるコトになるとは想定外だったようで。 TIGER & BUNNY>タイバニはイカす男性キャラがいるので婦女子の皆さんに大受けだったそうですね。 若造のバーナビーがオッサンの虎徹を「お姫様だっこ」するシーンで、腐女子キャー♥だったそうです。----------415H-Kom 2019年4月16日 00:21:23 >412たなか@14 Re:ゲーセンのヤマト完結編のゲームはまってました。③>広島遠征おつかれさまでした。まさか第一艦橋を再現するとは。>ここに座って戦術シミュレーションゲームでも出来たら最高でしょうね。 座席が無いんですよ~、いきなりカーペットで。まあ縮小版にするしかなかったんでしょうけど。 でも、出来る範囲で頑張ったのが分かって好感が持てました。>2199でも第一艦橋視点での映像が一瞬ありましたがあんな感じで出来たら大興奮間違い無し。 コクピットビューは燃えますよね。この場合はブリッジビューか。 できれば艦橋要員、全員必要なシステムで。 内容は…やっぱりバラン星や七色星団での艦隊戦がいいなぁ。 どうも2202は「艦隊戦っぽさ」に欠けるのが辛いところで。 土星沖会戦とか、アンドロ軍団の都市帝国攻めなんか、もっと戦術っぽく捉え直せば思い入れも違ってくるかと…あ、どっちもヤマトの出番ないじゃん。>アーケードは無理だろうからいつかVRゲームでイスカンダルへの旅でもプレイ出来たらいいですね…一年間拘束されてヤマト廃人になったりして。 「遙かなる星イスカンダル」など、なかなか当時としては良く出来てましたね。 「上下」が導入され、「沈み込んで回避!」とかもあり、戦術シミュレーションっぽくもあって。 あの方向性で、VRで第一艦橋の揺れまで疑似体験!とかなったら…廃人、間違いなしですね!----------416たなか 2019年4月16日 13:57:55 >413、415H-Kom@5 無題 いやいや、ヤマト完結編のアーケードゲームは30年位前のです。 当時はTAITOがレーザーディスクのゲーム何作か出してましてハマってました。 youtubeに映像有りました。 LDゲーム 宇宙戦艦ヤマト 個人移植 パート1 - YouTube don’t stop me nowでゾンビィをいぢめる動画もありました。 Shaun of the Dead Don't Stop Me Now - YouTube 銀河英雄伝説 これをみれば富山敬さんへの愛情が深まる事間違い無しです。 銀河英雄伝説の艦隊戦はかなり面白かったです。ツッコミどころもあると思いますが^^; アメリカン・ヒーローっていう大昔の洋ドラの声も富山敬さんがやってたなぁ。人間味溢れるお声と演技が素晴らしかった。>その話は、たまたま観ました。感服すると同時に「こんな役に(失礼)三石御大を?」と呆れました^^;。 多分そこもギャグのうちなんじゃないですかね?このスタッフならやりそう。>できれば艦橋要員、全員必要なシステムで。 使えない奴がいたら罵り合いのけんかが起こりそうですね。 XBOXのゲームをやってますが罵詈雑言吐いてくる奴いますからね。特に外人さんが。>アンドロ軍団の都市帝国攻め 波動エネルギーに引火して爆発する粒子とか何やらで波動砲封印させて銀河英雄伝説ばりの要塞攻略戦、ヤマト+地球艦隊VS都市帝国やったら絶対面白くなったと思います。 これをじっくりやったら否定派も頭を丸めてお詫びしたと思います。 クリオネじゃなくて都市帝国の方が恐かったしまだ格好よかったですよ。トホホ。 「遙かなる星イスカンダル」 三部作のゲーム全部やりました。細かい所まで作り込まれてたと思います。 ゴーランドのミサイルが迎撃しても迎撃しても終わらなくて「いつまで続くんだコレ?」と思ったり。 プレアデスはシールド装備してて波動砲直撃でも沈まなくて三発当ててやっと沈んだりとか記憶が残っております。----------417H-Kom 2019年4月16日 21:24:37 >416たなか@16 Re:無題①>いやいや、ヤマト完結編のアーケードゲームは30年位前のです。>当時はTAITOがレーザーディスクのゲーム何作か出してましてハマってました。 いやぁ、どうもおかしいと思ったんですヨ。「完結編」…どこぞのゲーセンで発掘してリバイバルプレイしてんのかな?なんて。ンなわきゃないですよね^^;。>youtubeに映像有りました。 見ました~。なかなかの力作ですね。当時はCGが未発達で、いい画を使おうと思ったら本編から持ってくるしかなかったわけですね。 でも、あの要塞通路の数々のトラップも、本編にあった映像なんですかね? あんな、生存確率1/2×1/2×1/2×…なんて潜入作戦は、私ゃ御免蒙りますが^^;。 「島!障害物に気をつけろ!」→艦橋が岩に激突してバキャッ!…て、おい。>don’t stop me nowでゾンビィをいぢめる動画もありました。 観ました~。ちゃんと「Having a Good Time,」からバシバシが始まるあたり絶妙ですね! こりゃあ、米の映画館なんか大爆笑と手拍子の嵐だったんだろうなぁ。 って、ビリヤードのキューじゃ効いとりゃせんがな。もっとゴツい棒じゃなきゃ。 銀河英雄伝説 頭からイゼルローン要塞あたりまでは、友人宅で続けて観たんですよ。ただ、なにしろ原作を読んでないので「ふらっと入った」感があって、本腰が入らなくて…>これをみれば富山敬さんへの愛情が深まる事間違い無しです。 富山さんは、さすがです。ヤン・ウェンリーは、古代よりハマり役だったと思います。 古代の台詞で好きなのは、相原への「あったり前じゃないか。仲間だもの」といった、とぼけてるようで温かく深い言葉。ヤンの台詞は、ほとんどがそんな感じでしたね。>アメリカン・ヒーローっていう大昔の洋ドラの声も富山敬さんがやってたなぁ。人間味溢れるお声と演技が素晴らしかった。 観たことはなくて、友達の噂話で聞いたのみですが…原語にない、すっとぼけたアドリブも味だったとか。----------418H-Kom 2019年4月16日 21:25:34 >416たなか@17 Re:無題②>銀河英雄伝説の艦隊戦はかなり面白かったです。ツッコミどころもあると思いますが^^; ラヴェルのボレロに乗って艦隊が整然と前進するところなんか、酔っちゃいますね。 大味でいい加減であっても「おお!見事な戦術だ!」という「気分」にさせてもらえるところが重要なんですよね。 2202の艦隊戦は、そこが足りなかった。 「星図を前に陣形と前進経路を考える」描写が無ければ、艦隊戦じゃないでしょうよ。 だからワープの濫用は興を削ぐんです。「土星の輪の陰からの奇襲!」も、「ついでに大量ワープアウト!」で台無し。 ゾンビランドサガ・たえのニワトリ>>感服すると同時に「こんな役に(失礼)三石御大を?」と呆れました^^;。>多分そこもギャグのうちなんじゃないですかね?このスタッフならやりそう。 でしょうね~。振る方も振る方だし、受けちゃった琴ちゃんも剛の者。ノリノリでしたね。 ヤマト戦術シミュレーション>>できれば艦橋要員、全員必要なシステムで。>使えない奴がいたら罵り合いのけんかが起こりそうですね。 「何やってんだ、ヘボ運転手!」「なんだと、ノロマ兵事部長!」「やめんか、バカ者!!」 …リアル第一作だ。いいじゃないですか!声の近いメンバーを集めましょう。>XBOXのゲームをやってますが罵詈雑言吐いてくる奴いますからね。特に外人さんが。 恐いなぁ。「XXXX You!」「Go To XXXX!」「Son of a XXXXX!」…リアル洋画だ。いいじゃ(ry----------419H-Kom 2019年4月16日 21:29:04 >416たなか@18 Re:無題③>>アンドロ軍団の都市帝国攻め>波動エネルギーに引火して爆発する粒子とか何やらで波動砲封印させて銀河英雄伝説ばりの要塞攻略戦、ヤマト+地球艦隊VS都市帝国やったら絶対面白くなったと思います。 観たかったですね。ヤマトと艦隊各艦が連絡を取り合って、もしくは通信が途絶した状況で意図を読み合って連携し、シールドの弱点に気付いてないフリをして虚を突いて… どうもねぇ、ヤマトが元来「戦争物」であることを、完全に忘れ去っていたとしか。 あるいは「戦争物」の描き方を知らないのかな?「幼女戦記」や、甚だしくは「ガルパン」の方が遙かに「戦術」を感じさせるとは、先駆者として情けない限りじゃありませんか。 ミリタリー福井、何やってたの?>クリオネじゃなくて都市帝国の方が恐かったしまだ格好よかったですよ。トホホ。 クリオネは感心しませんでしたね。あくまでも「メカ」がガシャンガシャンと量産されてくる、ならスカイネット的な脅威を感じたろうに、生物同然なんてなぁ。 てか、十歩譲って生物的にするにしても、「脅威・恐怖」が描けてない。怪獣の幼生体だって怖いでしょ? 生まれたばかりのクリオネが、小っちゃな旋回雷撃砲を撃つ。そこそこ痛い!しかもいっぱいいる!みたいな。※すいません、私カラクルム級の幼体を「クリオネ」と勘違いしてました。滅びの方舟・最終形態のことだったんですね(^_^;。 「遙かなる星イスカンダル」>三部作のゲーム全部やりました。細かい所まで作り込まれてたと思います。 第一作は入手して、途中までやったんですよね。「すごい!素晴らしい!」と盛り上がったはずなのに、なんで中断しちゃったんだろう… まあ、たぶん仕事がめちゃくちゃ忙しくなってきた時期だったんだろうと思います。 大昔はゲーマーだったのになぁ。第4次スーパーロボット大戦なんか、「金曜の夜から始めて、気がついたら日曜の夜。なんでこんなに寒いんだ?と思ったら、パン以外食べてなかった~」という武勇伝(かよ!)も持ってるっていうのに。ああ情けない。>ゴーランドのミサイルが迎撃しても迎撃しても終わらなくて「いつまで続くんだコレ?」と思ったり。>プレアデスはシールド装備してて波動砲直撃でも沈まなくて三発当ててやっと沈んだりとか記憶が残っております。 いいなぁ。あのシステムで、そういう強敵とガンガンやり合えるってのは喜びだよなぁ。 いずれ、探してみようかな?

  • 19Apr
    • ヤマト2202+今アニメ2019.4.14~15

       前回まで「コメント投稿がない~!停滞~!」とキャーキャー騒いでましたが。 その「停滞」を脱した途端に「怒濤の会話ラッシュ」となるのが、当ブログの常でございます。 今回の記事は「AC!」さんと私のみ、二日間で7件のコメントの応酬です(^_^;。 宇宙戦艦ヤマト2202関係・ 最終章で泣くには、高速展開に追随しポイントを読む「ヤマト脳」が必要だ。・ ヤマトークナイト…濃い話が連発されるんだろうなぁ。一度は行ってみたかった。・ Amazon限定ブルーレイ特典CD…福井ギャグ満載と評判。聴く機会は訪れるのか?・ 広島「ヤマト2202ワールド」…私も行きましたが、2回行った強者も。前半と後半で、第一艦橋の窓に映る映像が違ってたそうです。それを押さえたわけですね。う、羨ましい。・ 京都丹後鉄道・2199ラッピング列車…地元乗客と旅行者(我々)とのギャップが凄かった。・ BS・CS、どのチャンネルを押さえるか?ヤマトのためにWOWOW加入のAC!さん、流石。 それ以外・ THEビッグオー…レトロでスタイリッシュなロボットアニメ。OPはパクリ「オマージュ」満載!・ 「Project BLUE 地球SOS」…AC!さん紹介。 SF画やプラモデルの箱絵で有名な画家、小松崎茂さんの絵物語を原作としたSFアニメ。 もともと凝った設定の侵略物SFだった原作に、現代SF的要素を加味した作品のようです。 …原作・アニメ版ともに、後発の「ある作品」が「参考にした」としか思えない要素もアリ… いろいろと目ウロコの情報でした。私は未読・未見ですが、探してみようかな。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------405AC! 2019年4月14日 17:38:19 >373H-Kom@4 Re:Re:2202最終第七章も、あと3日! 最終章初見で泣けなかった話>うーむむむ。集中力が足りなかったか。。。 集中力と言うか、場面が変わって一瞬展開から置いてけぼり喰らうのですが、あ、ここはもう旧作のあのシーンのオマージュで、泣かせに来てるんだ!と認識して、前のシーンの事は置いといて頭を切り替えついて行く、というのの繰り返しでしたね。初回はそんな感じでした。>ヤマトークナイト…いずれ、BDBOXの特典か何かで付くのかな。一度は見てみたい。>特典と言えば、Amazon限定CDを聴ける機会は訪れるのだろうか? ヤマトークナイト、なかなか面白いですよ。公式HPの舞台挨拶レポートとかを見ると雰囲気が分かると思います。 私は限定CDの事が気になります。けどアマの価格は高すぎ! 特典の為だけに通常版+4千円以上も払う気になれない。 面白いんだろうけど、結局はギャグだし。>広島のイベント…気になったけど(中略)「どこから」行ったのかも気になりますが。 20回以上の方は東京在住ですね。 この方、広島には初日と最終日の2回行かれたみたいです。 ツイート見てると七章だけで百万以上使ってる?と思う(@Д@; というか、広島行かれたのですね!めっちゃ羨ましいですよ。 第一艦橋、再現度がハンパなさそう。最初の頃は映像も撮影禁止の告知がされてなくて、写真あげてる方が多く、行きてーーっ!と思いました。 2199の京都丹後鉄道のラッピング列車も良いですね~。 私は2日以上連続して家を空けられなくて、しばらくは旅行は難しい(TωT)----------406AC! 2019年4月14日 18:59:59 >374H-Kom@5 Re:Re:Re:Re:Re:とても共感したレビューの紹介です+α>ウチはBS・CSはCATVで、ファミリー劇場(と東映チャンネルとANIMAXとAT-X)は押さえてます ファミ劇はウチも。あと日テレ+とTBS1も、どちらも結構アニメやります。 東映・ANIMAXとAT-Xは無し。AT-Xは1ランク上のお値段とSD画質がネックですね。>YOUはヤマト観にWOWOWへ? 劇場上映版ですからね、BDとは別のバージョンで、ここでしか見れない内容が有るので録画して永久保存します。 2202だけでなく2199もやりますので、逃しませんよ! ラジオスイート宇宙戦艦ヤマト 再放送、おめ!です。 あと、ほむさん関連の話ですが、戦闘妖精雪風が気になって、私もツタヤに寄った時に見たら、こちらでも全巻貸出し中でしたよ(゚Д゚) それと、「ビッグオー」のOP曲が気になってググり、観て大爆笑しました。 2曲目の謎の円盤UFOも大ウケです。見事なパ...オマージュですね。ヾ(@^▽^@)ノ そう言えば2006年か2007年に、昔のSFテレビまんが風のアニメがありました。 なんかレトロな光線銃から、まるい輪っかの光線が出るみたいなの…。 タイトル思い出せない、検索、検索。だめだ、見つからない(T▽T) 2007年に絶対観た覚えがあるのに、何故なんだ? ちなみに「CODE-E」ではありません。----------407H-Kom 2019年4月14日 19:42:31 >405AC!@6 Re:Re:Re:2202最終第七章も、あと3日!>集中力と言うか…頭を切り替えついて行く、というのの繰り返しでしたね。 では「迅速に場面転換に対応し、泣くべき展開を予測する、特殊ヤマト脳」と。 わしらの頃と比べると、随分ハードルも上がったもんですなぁ、沖田艦長。 ヤマトークナイト>公式HPの舞台挨拶レポートとかを見ると雰囲気が分かると思います。 できれば生のオタトークを聴きたい…行った人の特権、ですか^^;。 Amazon限定CD>アマの価格は高すぎ!…面白いんだろうけど、結局はギャグだし。 ヤマトOUTなんか見ちゃうと、CDもそれなりのクオリティだろうな、と。 ズルいよなぁ。こっちは劇場限定BD買うのが、2199からの習慣なんだから… 「なら両方買え」なんて、アイドルCDみたいなこと言わんといて欲しいデス。>20回以上の方は東京在住ですね。>この方、広島には初日と最終日の2回行かれたみたいです。 前半と後半で、第一艦橋からの映像が違ってたそうです。 それを両方カバーした訳ですね。いいな~! いったい何様…いや何者なんだ?>というか、広島行かれたのですね!めっちゃ羨ましいですよ。 すんまへん。まぁ、ヤマトークナイトとあいこって事で。>第一艦橋、再現度がハンパなさそう。 映像が撮影禁止になっちゃったのは著作権の関係か、それともフラッシュ焚く奴がいたからか? まあ本編映像ですし、「艦橋からのビュー」として上手くハマってたのは少数でしたけどね。 再現度は…まあ、そこそこでした。やや縮小版だし、座席は無くてカーペットだし…でも、予算の範囲で頑張った感じでしたよ。 午前中は折れてた木製のレバーが、午後には直ってました^^;。>2199の京都丹後鉄道のラッピング列車も良いですね~。 大阪のイベントに行ったついでに、超・強行軍で組み込んだのでした。 天橋立を窓外に見て、限界の駅でトンボ返りするというトンデモ旅行。 カミさんと車内の写真撮りまくってたら、地元の人々が呆れてました^^;。>私は2日以上連続して家を空けられなくて、しばらくは旅行は難しい(TωT) 大変なんですね。自慢話モードは、極力控えます(_ _;。----------408H-Kom 2019年4月14日 20:51:29 >406AC!@7 Re:Re:Re:Re:Re:Re:とても共感したレビューの紹介です+α>>ウチはBS・CSはCATVで、ファミリー劇場(と東映チャンネルとANIMAXとAT-X)>ファミ劇はウチも。あと日テレ+とTBS1も、どちらも結構アニメやります。>東映・ANIMAXとAT-Xは無し。AT-Xは1ランク上のお値段とSD画質がネックですね。 通常の地デジ民放は、何となくスルーしちゃってます。今はジョジョぐらい。 東映チャンネルは、古いヒーロー物を保存するのに、私的には必須です。 (…でも、観てると情けなくなってくることも多い…^^;) AT-Xは、逃したアニメのチェックに便利なので、高くても外せません。 えと…ウチはJCOMで「HD画質」ってなってますよ。(一瞬ビックリした^^;)>>YOUはヤマト観にWOWOWへ?>劇場上映版ですからね、BDとは別のバージョンで、ここでしか見れない内容が有るので録画して永久保存します。>2202だけでなく2199もやりますので、逃しませんよ! そうかぁ…CS(ファミ劇?)でも偶に劇場版やるけど「いつか録ろうかな」だなぁ^^;。 なにしろBD持ってるので、安心しちゃってまして。 ラジオスイート宇宙戦艦ヤマト>再放送、おめ!です。 あー良かった。これでやっとコンプリート。>戦闘妖精雪風が気になって、私もツタヤに寄った時に見たら、こちらでも全巻貸出し中でしたよ(゚Д゚) なんだろう?急激にキてるな。F-35とかの影響かな?>それと、「ビッグオー」のOP曲が気になってググり、観て大爆笑しました。>2曲目の謎の円盤UFOも大ウケです。見事なパ...オマージュですね。ヾ(@^▽^@)ノ もう、悪ノリノリ。画もウルトラセブンそのものですがな。 謎の円盤UFOは曲名も「Respect」ですからね。確信犯ですねぇ。 往年のオマージュ職人・田中公平さんは「反省」しちゃったみたいですけど。>そう言えば2006年か2007年に、昔のSFテレビまんが風のアニメがありました。>なんかレトロな光線銃から、まるい輪っかの光線が出るみたいなの…。 「宇宙パトロールルル子」じゃないか?と思ったけど…2016年ですね^^;。 引き続き、調査してみます。----------409AC! 2019年4月15日 06:29:06 >407、408H-Kom@8 まとめて、ちょこっとだけ返信します(^_^;) 何故だか最初にUPした「Re:Re:2202最終第七章も、あと3日!」が無いですね。 間違って連絡用記事4にコメしたのかな?>>私は2日以上連続して家を空けられなくて、しばらくは旅行は難しい(TωT)>大変なんですね。自慢話モードは、極力控えます(_ _;。 ダイジョブですよ~、どんどん自慢して下さい! お話が聞けるのは楽しいですし、大歓迎ですぅ(^∇^)>AT-Xは、逃したアニメのチェックに便利なので、高くても外せません。>えと…ウチはJCOMで「HD画質」ってなってますよ。(一瞬ビックリした^^;) あ、そうなんですか! 以前スカパーの無料開放で見た時SD画質だったんですm(_ _)m レトロSFテレビまんが風味アニメ>「宇宙パトロールルル子」じゃないか?と思ったけど…2016年ですね^^;。 見つかりました! 「Project BLUE 地球SOS」でした。 初回は2006年のAT-Xなんですね。2007年冬に地上波放送されたのを観た訳か。 レトロだけど、かなりしっかりしたSFだったんですね。 何か他のとゴッチャになったのか、昭和レトロの印象が強すぎたのか、ハードSFの印象が薄かったです(;^_^A----------410H-Kom 2019年4月15日 17:13:44 >409AC!@9 Re:まとめて、ちょこっとだけ返信します(^_^;)>何故だか最初にUPした「Re:Re:2202最終第七章も、あと3日!」が無いですね。 いや、ちゃんとありますよ。下の方の「もっと見る∨」ボタンをクリックすれば出てきます。 旅行>>大変なんですね。自慢話モードは、極力控えます(_ _;。>ダイジョブですよ~、どんどん自慢して下さい!>お話が聞けるのは楽しいですし、大歓迎ですぅ(^∇^) すみませんねぇ(^_^;。なるべく自慢っぽくイヤミ(^皿^)にならないように報告しますね。 AT-X>>ウチはJCOMで「HD画質」ってなってますよ。>あ、そうなんですか!>以前スカパーの無料開放で見た時SD画質だったんですm(_ _)m 1~2年前だったか、「HDになるのでチャンネル番号の変更を」と通知が来たんですよ。 それまでは、確かにSDだった…のを、思い出しました。 レトロSFテレビまんが風味アニメ>見つかりました!>「Project BLUE 地球SOS」でした。>レトロだけど、かなりしっかりしたSFだったんですね。>何か他のとゴッチャになったのか、昭和レトロの印象が強すぎたのか、ハードSFの印象が薄かったです(;^_^A 検索したら、確かに出てきました。SF画家の小松崎茂さん原作なんですね。 ※地球SOS 画業の傍ら、手すさびに小説を書かれたのか…と思ったら、ごく初期の絵物語だったんですね。失礼しました! あらすじや設定を読むと、ハードSFと言うよりは、あくまでレトロな冒険活劇という印象ではありますが、かなり綿密に考え抜かれた、立派なSFと言えそうです。 画家としてだけではなく、SF作家としても素晴らしい方だったのですね。 これをアニメ化するという企画は、恐らくは小松崎さんの偉業を改めて世に示そうという動機だったんでしょうね。 なお、侵略者「バグア彗星人(改め遊星人)」の設定は大幅に変更され、 「地球人以外の知的生命体が存在しないことに絶望した科学者が、宇宙に送り出した人造生命が超進化したもの」ということになっています。 最初、これも小松崎さんのアイディアか!?と、ぬか驚きしてしまいました^^;。 「宇宙パトロールルル子」 こちらは、ホントにドタバタ不条理レトロSFギャグですね^^;。 これも「積ん読アニメ」になってます。いつ消化するんだ俺?----------411H-Kom 2019年4月15日 17:39:39 >409AC!@10 追記 「地球SOS」 Wikipediaより 原作:「バグア彗星:バグア彗星人の母星。黄色いガス体に覆われた彗星で、大きさは月と同等。その実体は、彗星自体が巨大なロケットとなったもので、自在に宇宙空間を飛び回ることができる。また、地上には無数の高塔が幾何学的に並ぶ都市が広がっている。」 アニメ版:「バグア遊星人:地球を狙う侵略者。人類を遥かに凌ぐ科学力を持つ。人間を虫けら扱いし捕虜を殺害し、その死体をゾンビ兵として操り自爆テロを起こす」 「その正体は、スチムソン博士が創造し宇宙に送り出した(人間そっくりの)人工生命体」 …どこかで聞いたような…(^_^;。

  • 18Apr
    • 今アニメ+ヤマト2202+令和2019.4.3~14

       「停滞ですって?見たところ、順調に投稿が続いているじゃないですか」 「投稿者名と日付を、よく見て下さい。H-Kom、4月3日。前回の記事と合わせて、なんと8件ものコメントを連投してるんですよ」 「…ホントだ。こんなにドカドカ投稿されたら、大抵の人はドン引きですね」 「まったくです。「AC!」さんが4月14日に『亀レスですう』と現れるまで、12日間の空白が生じるのも、むべなるかな、といったところですね」 「だいたい年度頭ですもん。仕事が忙しくてブログどころじゃありませんよ、普通は」 「なのに『投稿がない~』ってオロオロしてる。どんだけヒマ人なんだ?って話ですよ」 …あれ?誰かしゃべってた? まあいいや。えー…今回は冒頭6件が私のコメント。7件目が「AC!」さん久々の復帰で、次が私の狂気乱舞の返信(^_^;。 4月14日は「オカエリナサイ記念日」。『イ』は太字になってますが、実際には『左右反転』です。わかってますよね? ※わかんない人は永遠の名作「トップをねらえ!」を観よう! そんな状態ですが一応、話題は…・ 幼女戦記…上映終了しましたが、結構ロングランしてたのでは?客の入りも上々でしたね。特に「極上爆音上映」を名物とするシネマシティ立川は、最後まで満席に近かったという…。・ 犬HK…日本をディスる偏向報道を垂れ流し、受信料をふんだくる国民の敵のクセこいて、やたらアニメ放映に積極的。進撃の巨人に続いて、今度はガンダムだ?ふざけんなよ、こら。・ スター☆トゥインクルプリキュア…←この虹色文字にこだわりを感じる方も多いかと思いますが、実は私は観てません^^;。そんな私にも、キュアミルキー変身シーンの大人気は鳴り響く。なんでこんなに?キャラの可愛さ、アイドル的な踊りのキャッチィさ、澄んだ歌声…それと。・ 萌え絵…ネットに溢れる動画、イラスト、コラ画像…と、その元ネタになってしまうアニメ。・ オタグッズ…置き場所、困りますよね。BDやCDのBOX、デンドロビウムのプラモデル…。・ ジャイアントロボ(アニメ版)…ワルシャワフィルを起用した、重厚な音楽は一聴の価値アリ。・ 桂正和…「ウイングマン」で華々しくデビュー、ヒーロー漫画家だと思ってたら美少女漫画で一世を風靡。萌え漫画家かと思ったら、そっちは苦手でヒーローが本筋だったんですって。・ TIGER & BUNNY…中年&若造バディ・ヒーローアニメ。桂正和キャラクターデザイン。 スポンサー名を背負ったヒーロー達の決め台詞も名物。AC!さんはブルーローズ推し。・ ちょっと言及…ルパン三世、GODZILLA、機動戦士ガンダム(第1作、THE ORIGIN)、ゾンビランドサガ、プリンセスコネクト!Re:Dive、プロジェクトA子、HELLSING、フルーツバスケット、川柳少女、ストライクウィッチーズRtB 宇宙戦艦ヤマト2202関係・ 滅びの方舟・最終形態…誰もが期待した「超巨大戦艦」。なのに、崩壊した都市帝国が、残骸を寄せ集めて「凶鳥?」の姿に…おい。これ、メカって言うのか?翼は何の役に立つんだ?・ ラジオ・スイートさらば宇宙戦艦ヤマト…ヤマト音楽漬けの4時間アゲイン。さあ、あなたも!・ 令和…めでたく発表された新元号。予想を的中させた神ツイートがあったそうですね。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------397H-Kom 2019年4月3日 01:30:15 >391ほむランボー@96 Re:雑ネタ>昨日、幼女5回目行ってきました…20人以上は、いました。 シネマシティ立川は、7割方入ってました。まあオタ御用達の極上音響ですから。 中のカフェにオタク喋りの客が多くて閉口。私もあんなじゃないだろな…^^;。※「例のパスタあります?」「ネット注文できなかった。こんなこと初めてなんですよねぇ?」>つまんないローカルCMとか、同じ予告を何回も見せるのやめて欲しい。 「何回も」は無いですが、さいたま新都心MOVIXのローカルCM中は目ェ閉じてます。>予告と言えば、小池ルパンの予告がありました。 実は私は小池ルパンを観ていない^^;!なかなか、いい感じっぽいですね。 不ゥ二子ちゃんなら、観てみてもいいかな… ←ガジガジ>ハリウッドゴジとガチンコ対決。 客層が被りそうな、まったく被らなさそうな… ゴジラ対ルパン…私にはちょっと、面白くヒネれそうな気がしない^^;。>最近のNHKはアニメの放送に積極的過ぎます。 未来少年コナンの昔からミョーに積極的でしたよ。 ただ…昔は純粋にアニメ好きの局員が多かったんだろうけど、今は「オタク捕まえて受信料アップ」の邪心に満ちておる気がするのう。>「ジ・オリジン」は、TVアニメに再編集されて放送予定のようです。 凝ったことするなぁ。大変だろうに。作業の割、合うのかな?>アニソンなんかもジャンジャン放送してますし。 ふ…ふん、観ない(聴かない)!「進撃」でもなければ、誰が観るかい犬HK。>おっサンTV(訂正)では、初代ガンダムが放送されます。>富ちゃんが、ちょっと照れながらニコニコ顔で、「観て下さい。」って宣伝してました。 気持ち悪いなぁ…Vガン風に「観て下さい!」だと、もっと気持ち悪いなぁ。>「ゾンビランドサガ」、おっサンテレビ、TOKYO MXで、再放送されるようです。 おお!来た!今度は録るぞ!脳が腐っても観るぞ! ※1話逃した!バカバカバカ!>俺>「プリンセスコネクト!Re:Dive」もアニメ化決定か。ゲームやった事ないけど。 分かんない…ソシャゲですか。当面は回避だな、ハマったらヤバそう。----------398H-Kom 2019年4月3日 02:20:41 >387ほむランボー@97 Re:Re:Re:無題①a スタートゥインクルプリキュア>良いんです。キュアスターは、ノーマルで平々凡々な感じが味なんです。>プレーンも、偶には食べたくなるのと同じなんです。 島本和彦も言っていた。「主人公は、一番つまらない奴!」>基本、最初にプリキュアになる奴は特徴がなく、アホの子が多いです。>最終的に誰もがリーダーと認める存在になるというのが、伝統なんです。 結局、それはセーラームーン以来の伝統ということになるんではないだろうか。 スター☆トゥインクルプリキュア キュアミルキー変身>>踊って歌いまくっちゃって、とても敵を前にした変身シーンとは思えん。>頬を膨らましてから髪の毛が弾けるカットとか狙いまくってます。 顔文字付きで「この顔がたまらん」とコメント付いてましたね^^;。 ストッキングを「描く」ところなんかも。>特殊な空間で安全に変身できるのです。>着替えしてる最中に乱入するのと同じなので、敵もうかつに手を出せません。>「キャー!おまわりさ~ん!!」 タイムボカンシリーズに「シリーズ初!悪が勝つ」ってのがありましたが。 「シリーズ初!変身空間乱入!!」なんてやったら、どうなるんだろう? 全地球何百万の萌え豚の激怒を受けて、三下でも無間地獄に堕とされるか。 タブー視されていた作画>>えーと。目ェ皿にして観たけど、ヘンなものは見えなかったよ?>それは良かったですね。ノーマルだという事です。>ヒントは、フェ○系です。 脇の下でも、肩甲骨でもなく…ひょっとして、 あ>「スマプリ」は、コラ画像が溢れ返っていました。>それらを監視している人達から苦情が殺到したのかな。 おかーさん達かな?それも人生楽しんでなさそうな。----------399H-Kom 2019年4月3日 02:23:02 >387ほむランボー@98 Re:Re:Re:無題①b し>上からは、「そういうものに利用されてしまう画を描くお前らが悪い。」と、無情なお言葉が浴びせられたんだとか。 いろんな意味でひでェな。つまんない上だなぁ。別にコラを良しともしないが。>監督がぶちぎれて「コラ画像貼るのやめろ!」と、ネトで訴えた。 実際的に「これ以上やると、変身シーンつまんなくなっちゃうぞ?」と脅してれば優秀。 ?>>「封印されたミルキー変身」に、延べ60万のファンが血涙を流すんですね。>闇で高値で取引されます。 「プロジェクトA子」朝のお目覚めシーン、劇場版。 完結篇のラスト、2199のワープ…は、大丈夫か。他には…思いつかないや。 「あ…あるんだろ?ミルキー…」 「全員、壁に手をつけ!」>>「ヘンな宇宙人符号」と「萌え符号」の絶妙なブレンド。ツボ心得てますなぁ。>そこにすっぽりハマるチョロさが恨めしい。 いや…笑えぬ(バッフクラン風)。私も実は、頭の中を画と歌が回っている… 「トゥインクルっ、トゥインクっル・プリキュア♪」>>やはり捕まりましたね^^。CDを買わずに踏み留まったのはグレイトです。>置く場所が無かったのが、幸いしました。 置く場所がブレーキかけてくれた例は、いくつかありますね。 デンドロビウムのプラモデルとか!(でもドメラーズは、止まらなかった。)>>ヤマトのBGMを聴いた時は「これ、アニメの曲か?」と思ったし。>でも一番、オカシイのはワルシャワフィルを導入した、Gロボと、HELLSINGでしょう。 HELLSINGもワルシャワだったんですか!すっかり日本アニメ付いちゃったんですね。 Gロボは大好きです。サントラ4までと、管弦楽曲を持ってます。 「出撃!その名はジャイアント・ロボ!」は、TV版主題歌に匹敵する名曲! あとOPと#2EDと「脱出」と「爆走!一清と楊志」と「出撃命令」が、たまんねぇです。 でも、言う人に言わせると、クラシックのパクリが多いそうで…^^;。----------400H-Kom 2019年4月3日 03:00:07 >392AC!@99 Re:4月1日新年度、色々忙しい春ですね①>本日は、ついに新元号が発表ですね、11時30分ですか。 移動中だったので、後で知りましたが… 「令和」とは、予想外でしたね。数年前に当てた予言者がいたそうですが。 凜とした響きで芯があり、また「秩序と和」を思わせる、良い元号だと思います!>私の絶対当たらない予想は、「安康」です。でもこれって確か家康が豊臣家を滅ぼす時にイチャモンをつけた、鐘に刻まれた文字だった気が(^_^; ないな。 国家 安康 ですね^^;。ひでェ無理筋だ。大体これからのし上がろうって側が「不敬」って、何様なんだ?>けど頭文字がMTSHなのは無いと思うのに、平和とかを予想する人が多い。 考えてませんよね。結局Rだったけど。噂された頭文字「安」だったら、Aか。 あり得ないのはL、P、Q、V、X…かな?>平成は平和だったけど災害の多い時代だったので、安寧を願うようなものになるかなと思います。 大いなる「和」は入りましたね。それと「令月」の令なので、静かに澄んだ感じが好きです。----------401H-Kom 2019年4月3日 03:01:21 >392AC!@100 Re:4月1日新年度、色々忙しい春ですね②>春アニメのチェックと視聴するのも決定。今季視聴は25作(^o^;) いつ生活ry。私はHD空け作業が追っつかない^^;。>一番期待してるのはヤマトの後番組の「フルーツバスケット」>後は「川柳少女」「ORIGIN」が楽しみ。 分かんないので、追い追い観るか調べるかしてみます。>2202のTV最終回EDで、ヤマトより愛をこめてがフルで流れたのには、キターーー!!となりました、多分流れないと予想してた。 いや…少々端折っても流すと思ってましたが、私もフルとは予想外でした。>「ストライクウィッチーズ」もまたやりますね 15分の日常もの…スピンオフというかアンソロジーコミック的なやつ? 滅びの方舟の最終形態>ムビチケ特典のクリアファイルにあったような超超巨大戦艦みたいなのを期待してました。 当然みんな期待してるものを、あえて外すか。外してウケるんなら勝ちだけどよォ?>これはもはやメカじゃない。カラクルムが建造でなく、生物のように生まれてくるとか、副の残念なセンスは到底理解出来ないです。 あれは引きましたね。「おいおい」ですよ。 そんな設定なら、それ向けのデザインが必要だろうに。 すでにメカとして完成されたものを「成長する」だなんて、SFメカデザイナーの思考じゃないよ。 滅びの方舟・元ネタ>ツイッターで見たので遡ってみましたが、見つけられない(T_T)>確かFFで使われたものと書かれてて、画像も載ってました。そっくりでした(笑)。 炎上の兆候を見て封印したのかも、ですね。 今さら何を糊塗しても無駄だと言うに。----------402H-Kom 2019年4月7日 15:44:16 >394AC!@1 Re:ラジオスイート宇宙戦艦ヤマト>新情報です。>正式タイトルは「ラジオ・スイートさらば宇宙戦艦ヤマト」 情報ありがとうございます! 今は、これ↓になってるようです。 特別番組「ラジオ・スイート さらば宇宙戦艦ヤマト」 CLOVER MEDIA Radio&NetTV レギュラーは前回と同じく、むらかわさん、アンドロー梅田さん、林檎さんに加え、 「福科考∞譜観」さんですと(聞き覚えがないような…気のせいか?)。※↑失礼しました!「ふみ」さんですね。人間音楽データバンクの方。 そして特別ゲストが羽原さんと彬良さん、AC!さん情報どおり。 あ!!!!! 前回の番組、再放送ですって! 2019年4月26日金曜日 27:00~31:00(27日3:00~7:00) やったヽ(^0^)ノ!今度は逃さないぞ!そこ動くな!!----------403AC! 2019年4月14日 12:06:22@2 タイバニ&その他 たなかさん、H-Komさん 亀レスですう(^_^;)>桂正和の絵は好きなんですがTIGER & BUNNYは未見です。面白いですかね? 桂正和氏は90年代萌え絵の代表のように思います。美少女を描かせたら当時は並ぶ者がないほどに感じてましたね。 でも今回ググって初めて、こういうの苦手で最初は仕事と割り切って描いてたと知って驚きました。 TIGER & BUNNY H-Komさんも書かれてますが、私も面白かったですよ。(^O^) ヒーローがスポンサー背負ってるとか、各自のキメゼリフとかも面白かった。 私はブルーローズのキメゼリフがお気に入りです。 ちなみに劇場版は観てませんm(__)m なんかで聞いたのですが、会社員とか中年層へ向けたエールも込めてたけど、蓋を開けたら若い女性に人気が出てビックリとか製作側の人が言ってましたね。----------404H-Kom 2019年4月14日 16:00:09 >403AC!@3 Re:タイバニ&その他>たなかさん、H-Komさん>亀レスですう(^_^;) おおおおおお お待ちしとりましたぁ(^o^;!! まあ皆さん年度初めで、お忙しいんだろうなぁと思ってはおりましたが。>>桂正和の絵は好きなんですがTIGER & BUNNYは未見です。面白いですかね?>桂正和氏は90年代萌え絵の代表のように思います。美少女を描かせたら当時は並ぶ者がないほどに感じてましたね。 「ウイングマン」は単行本買ってました。 その頃は「ヒーロー物大好き!漫画家」で、女の子は「ちょっと可愛いな」程度でしたが。 (美紅ちゃんアオイさんゴメン^^;) で、私は「ヒーロー物」の部分が好きで、作者本人もそこで押していくつもりだったはずで。 なのに「美少女」の部分が注目されて、編集部もそっちばっかり押すようになってしまって…>こういうの苦手で最初は仕事と割り切って描いてたと知って驚きました。 そうだったのか~。「電影少女」とか「D.N.A」とか、「なんだ~、こっち行っちゃうのか。こういうのが好きなのかな?」と思ってたら、苦手だったとは。 まあ、楽しそうじゃなかったもんね。やたらエグい展開が多くて、読んでられなかったわ。 ZETMANの頃からはヒーロー物を全開で描けるようになって、本領復帰という感じですね。 ところで、誰かが指摘してたとは思うけど。 ウイングマンの「ドリムノート」って「デスノート」の元ネタですよね。 TIGER & BUNNY>私はブルーローズのキメゼリフがお気に入りです。 何だっけ?と思って検索。 「私の氷はちょっぴりCOLD、アナタの悪事を完全HOLD!」 こいつはキャッチィだ!>ちなみに劇場版は観てませんm(__)m 私なんかTV版も全然途中です。全話BD保存してあるんですけどね。>会社員とか中年層へ向けたエールも込めてたけど、蓋を開けたら若い女性に人気が出てビックリとか製作側の人が言ってましたね。 ううむ。本来のターゲットには届いたんだろうか? キャーキャー言われ始めると、オジサン引いちゃうからなぁ。 ウチの友達夫妻は、二人でハマってたみたいですけどね。

  • 17Apr
    • ヤマト2202+今アニメ2019.3.31~4.3

       4月1日、新元号「令和」が発表されましたね。 平成最後の年度が幕を閉じ、令和最初の年度が幕を開ける(平成が1ヶ月残ってますが)。 清新の気風と共に、このブログに訪れたものは…大停滞。 4月2日を最後に、実に12日間にわたって、常連さんの投稿が途絶えました(^^;。 そりゃそうです。年度初めの仕事が忙しいのは、いずこも同じ。パニクるんじゃないよ>俺。 投稿者は「ほむランボー」さん、「AC!」さん、私。 今回も、話題はヤマトとそれ以外のアニメが半々。そして新元号予想が一件。 宇宙戦艦ヤマト2202関係・ 2202完結…最終上映ヤマトークナイト、さらば愛の宣伝会議。一つの祭りの〆。・ ヤマトコンサート開催決定…2199での名コンサート、今秋再来!パイプオルガン希望~。・ ラジオ・スイートさらば宇宙戦艦ヤマト…ヤマト音楽に浸る4時間が帰ってくる!待てGW!・ 続篇製作決定…ビジネス的には「間を置かず発表!」が必須なのでしょうけど…。 私が恐れるのは「拙速」です。充分な検証を!長期シリーズを見据えた、綿密な構想を…!・ 副監督・小林誠氏…独善デザインと傲慢ツイートで2202を荒らしまくった「あの人」は今? 滅びの方舟・最終形態…スゴいデザインでしたね~。元ネタがあったとか?・ 製作総指揮・西崎彰司氏…ヤマトのシリーズ展開の鍵を握る人。熟考を…祈ります。 それ以外・ 幼女戦記…ほむランボーさんは5回、私は3回観賞。3回目は極上爆音音響上映で 異世界戦争巨編。今後、戦争映画を作る人は、一回観るべきだと思います…いやマジで。・ メアリー・スー…ターニャを父の仇と付け狙う、もと純朴少女。作画をも歪める、その狂気。 「戦争は個人の感情で行うものではない」それは踏み外してはならない、兵士の矜持。・ アニメ放送に積極的なTV各局。新作、再放送、劇場版…どうした?という盛況ぶり。・ ちょっと言及…ルパン三世、夜は短し歩けよ乙女、ソードアート・オンライン、機動戦士ガンダム(第1作、THE ORIGIN)、ゾンビランドサガ、プリンセスコネクト!Re:Dive、フルーツバスケット、川柳少女、ストライクウィッチーズRtB、Fairy goneフェアリーゴーン、天狼・ 新元号発表…皆様の予想は何でした?「安」の字、入りませんでしたね(^_^;。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------388H-Kom 2019年3月31日 20:22:06 >381AC!@87 Re:Re:Re:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ①>楽しく幸せでした。あの空間には仲間しか居ない。>思いを込めて拍手。満場の大拍手に感動。 素晴らしいことです。ヤマトという作品は「乗艦する」ものですね。>さらば愛の宣伝会議>テレビ最終回後に見て、また泣いてしまった。 福井さん、羽原さん、ともに感無量といったところで。 羽原さんが「ぶっちゃけ、いつでも〇ねます」と仰ってましたが、 クリエイターとして、これを言えるのは幸せなことですね。 お二人の顔を見ていると「この人たちが携わったことは、良いことだったな」と思えます。 ヤマトコンサート>2199の時は行かなかったですが今回は何としても行きたい。>次回作に彬良さんが加わる保証はありませんし。 お薦めですよ!ヤマトコンサートと銘打つ以上、ヤマト空間に浸れることは保証済みです。 そして彬良さんの軽妙なトークに爆笑できることも間違いなし。 …「次回作以降も関わり続ける」に、7000円。 続篇製作決定!!!>>「早い、早いよ西崎さん!」>>せめて2年は待って欲しかった>気持ちは分かりますが利益が大きい証であり、>実際、興行的には2199を上回ったと公式がツイートしてます。 まあ、そうなんでしょうけどね…。水を差すつもりは、全くありませんが。 大ヒットしたのは、もちろん喜ばしいことです。2199を上回るというのも予想外だった。 しかし私は2202には「良かった」点も「問題があった」点も、ともに多々あると感じています。 「問題点」の生ずる最大の原因は、どんな作品でもそうですが「拙速」なのです。>タイミング的にも盛り上げてライトファンや新規層を繋ぎ止めるには最適かと。>発表だけして中身はじっくり準備していけば良いかと。 …確かに、ビジネス的に「発表」は、今でなければならないのでしょうね。 「中身をじっくり準備」されることを信じ、祈り、待つ。 舞台の下にいる者にできることは、それだけだ…----------389H-Kom 2019年3月31日 20:24:09 >381AC!@88 Re:Re:Re:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ②>副の続投は絶対ないと思います。>現に奴はヤマトで使ったマークを日野のトラックに使ったりしてる。 …見ました。呆れ返りましたね。公私混同と言うのか…矜持って言葉、知ってるかな?>ホサれたので必死に次の仕事探してるのではないかと。 排除が本当なら、続篇の改善に貢献する朗報ですね!>2202のスタッフ批判とかもしてるらしい(SNS情報につき確証無)。 ツイッター見たら、そういう噂はガンガン出てきます。実体は見たくもありませんが。>滅びの方舟の最終形態も私にはインパクト不足で、さらばに劣ってると思います。 私も「鉄屑の塊」にしか見えず「え?まだ変形途中だよね?」と目を疑いました。 あの「翼」に何の機能があるのか?メカとしての説得力、皆無。>そしてこれ過去に他で使ったものの使い回し(画像あり)。 ざっと探してみましたが、私には見つけられません^^;。>人格が破綻してるだけでなくクリエイターとしての能力ももはや限界で用済みと感じます。 「大いなる和」も「縁」も乱しまくりですからね。アニメ界から、お引き取り願いたい。----------390H-Kom 2019年3月31日 20:24:43 >381AC!@89 Re:Re:Re:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ③>>できれば福井さん羽原さんにもお休み頂いて>発表は舞台挨拶の3人が退場された後のスクリーンでありました。>お二方の関与は無いと予想。 最大の問題は「西崎彰司さんの意識」だと思います。 まさか「自分の2202製作姿勢に、何の問題も無かった」とは思っていないでしょうね? 福井さんに「さらばリメイク、殺すな、泣かせろ」の無理難題を吹っかけたことは、義展氏と同じ「クリエイター軽視」の意識の現れと言うほかない。 また小林氏を重用し甘やかし、現場を掻き乱すに任せたことは、指揮官として如何なものか? このあたりに何の反省もなく続篇に向かわれたのでは、結果は目に見えています。 福井さんから離れて「自由」になり、またも「方向性を決めた」上で、ヘンなスタッフを集め始めなければ良いんですけどね。 直訴でも、するしかないかな?>羽原さんは人柄が素晴らしいですね。福井さんも才能豊かだと感じます。>小野Dさんも良い人、人気の理由が分かります。>声優さんにもヤマトはレジェンドであり光栄と感じるのでしょう。 2202に関わったスタッフや声優さん達には、心から「お疲れ様でした」と申し上げたい。 その努力と誇りを、無にしないために。 「さらば」という最大の難関を突破したヤマトが、今後も航行を続けていくために。 続篇は、何としても無事に軌道投入しなければならない。 何か、自分にできることがあれば良いのだけど…。----------391ほむランボー 2019年3月31日 20:26:41@90 雑ネタ 昨日、幼女5回目行ってきました。19時30分~21時20分の回でしたが、20人以上は、いました。 つまんないローカルCMとか、同じ予告を何回も見せるのやめて欲しい。 予告と言えば、小池ルパンの予告がありました。 大方の予想通り、峰不二子が描かれるようです。 ハリウッドゴジとガチンコ対決。 話はコロコロ変わりますが、最近のNHKはアニメの放送に積極的過ぎます。 「夜は短し歩けよ乙女」、劇版「SAO」を、一番手で放送。 「ジ・オリジン」は、TVアニメに再編集されて放送予定のようです。 アニソンなんかもジャンジャン放送してますし。 TV大阪では、初代ガンダムが放送されます。 富ちゃんが、ちょっと照れながらニコニコ顔で、「観て下さい。」って宣伝してました。 最近は、不機嫌で小難しい爺さんになってしまったイメージが強かったんですけど、Gレコでも完成したのかな? それから、「ゾンビランドサガ」、おっサンテレビ、TOKYO MXで、再放送されるようです。 「プリンセスコネクト!Re:Dive」もアニメ化決定か。ゲームやった事ないけど。----------392AC! 2019年4月1日 07:40:47@91 4月1日新年度、色々忙しい春ですね 本日は、ついに新元号が発表ですね、11時30分ですか。 私の絶対当たらない予想は、「安康」です。 でもこれって確か家康が豊臣家を滅ぼす時にイチャモンをつけた、鐘に刻まれた文字だった気が(^_^; ないな。 けど頭文字がMTSHなのは無いと思うのに、平和とかを予想する人が多い。 予想と言うより願望? 平成は平和だったけど災害の多い時代だったので、安寧を願うようなものになるかなと思います。 春アニメのチェックと視聴するのも決定。今季視聴は25作(^o^;) また多くの新たなアニメに挑む日々が始まります。HD空けなきゃ(苦笑)。 一番期待してるのはヤマトの後番組の「フルーツバスケット」 最初のアニメは凄く感動したんですよ。途中で終わったけど、原作完結してるので今回は全編アニメ化。 最終回で、亡くなった岡崎律子さんの「Forフルーツバスケット」が流れたら号泣します。 言うの忘れてたけど、2202のTV最終回EDで、ヤマトより愛をこめてがフルで流れたのには、キターーー!!となりました、多分流れないと予想してた。 後は「川柳少女」「ORIGIN」が楽しみ。 「ストライクウィッチーズ」もまたやりますね、これって15分か。 前作はCGが残念だったけど、日常ものだからCGは無いかな。 ちょこっとレス>H-Komさん 滅びの方舟の最終形態>私も「鉄屑の塊」にしか見えず「え?まだ変形途中だよね?」と目を疑いました。>あの「翼」に何の機能があるのか?メカとしての説得力、皆無。 単に変形して翼広げたようになっただけですからね、インパクト無し。 ムビチケ特典のクリアファイルにあったような超超巨大戦艦みたいなのを期待してました。 これはもはやメカじゃない。カラクルムが建造でなく、生物のように生まれてくるとか、副の残念なセンスは到底理解出来ないです。>ざっと探してみましたが、私には見つけられません^^;。 ツイッターで見たので遡ってみましたが、見つけられない(T_T) 確かFFで使われたものと書かれてて、画像も載ってました。そっくりでした(笑)。 で、私もググりましたが画像は見つからない。 まあツイッター情報なので確証無しかなf^_^;----------393ほむランボー 2019年4月2日 01:14:11 >392AC!@92 Re:4月1日新年度、色々忙しい春ですね 横レス、失礼いたします。>「ストライクウィッチーズ」もまたやりますね、これって15分か。 かなりコアな絵柄になっているようなので、お間違いの無いようにお願いします。 「第501統合戦闘航空団 ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」というのが、来年放送予定だとか。 PVも公開されています。 スタッフ見たら、「ジョジョ」のデビプロが元請けをしているようです。 私が一番期待してるのは、「Fairy goneフェアリーゴーン」:P・A・WORKS ノーチェックだったので、やられました。 今までの路線とは、かけ離れた意欲作のような気がします。 「天狼」に足りなかったコアさがありそうなので、期待。 また蓋を開けたら、何時ものおちゃらけがあったりして… 「天狼」は、敵キャラをもっと起たせて、ホラー色を強くしてたら面白くなってたと思う。 火力の高い兵器で簡単に殺されたら、化物の怖さがありませんやん。 ついでで何ですが、Gダムは、TV大阪じゃなくて、おっサンTVでした。すいません。----------394AC! 2019年4月2日 06:19:18@93 ラジオスイート宇宙戦艦ヤマト 新情報です。 正式タイトルは「ラジオ・スイートさらば宇宙戦艦ヤマト」 そしてゲストが発表されました。 羽原信義 氏 ! (ノ゚ο゚)ノ 宮川彬良 氏 !!\(゜□゜)/(ノ´▽`)ノ 5月4日放送で、去年と同じく4時間の番組! 時間は14:00~18:00です。 昨年に続いて、むらかわみちお氏も出られます。 詳細は、以下を参照して下さい。 特別番組「ラジオ・スイート さらば宇宙戦艦ヤマト」 CLOVER MEDIA Radio&NetTV※そして前回の番組も4月26日(金)27:00(つまり土曜3時)再放送!----------395H-Kom 2019年4月3日 00:22:03 >232ほむランボー@94 Re:幼女サイコウ戦記 昨日、立川のシネマシティで幼女戦記3回目を観賞(アリータ2回目も)。 カーナビを読み間違えて高速をウロウロし、30分遅刻してしまいましたが…また行くもん(^^;! 魔導士の飛翔音や爆音にハラワタが揺さぶられて、身体に悪そうなレベルでした。スゴい! 2月10日の超亀レスが残ってました~。>涙の宣誓をしたメアリーが早くも登場。>ターニャとの一騎打ちは、圧巻でした。メアリーの狂気が凄まじい。 メアリー、何度観ても怖すぎです(((ToT;))。 街をバンバンと爆撃、ターニャをグーでガンガンと。まさに鬼神。>戦争にカッコイイも何もない。>ただひたすら、凄惨な生き抜くための戦いが描かれているのが良い。 始まる前も始まった後も、ヒューマニズムで止められるもんじゃないんですよね。 国や民族の生存が懸かって、恐怖や憎悪が極限まで高まって、始まるわけですから。>そんな中でも自分だけは、安全で快適でありたいと思うターニャの最低の人格が最高です。>またその行いに、天罰が下るお約束も良いです。 「どうしてこうなった~!?」…って、今回は全員が叫んでませんでした? CMでも流れた「諸君!南方の調度品を土産に…」は、部下達と一緒に「ガーン」でしたが、 転属願いは…ゼートゥーア閣下に出した段階で、ロクなことにならない予測がつかないのか?>ゼートゥーアこそが、存在Xなんじゃないのかとか思ってしまいました。 だから俺は、初登場の時から言ってたんだ。「糸目を信じちゃいけないよ♪」って。>5週目のノベルティー目当てに、5週目に行こうと思います。 私は5週目?にスタッフブックを入手しました。ディ・モールト良い!----------396H-Kom 2019年4月3日 00:23:33 >326ほむランボー@95 Re:Re:Re:Re:いざ抜錨!① 3月13日の幼女部分。>>私は円盤購入かなぁ… 注文してました~。TV版は録画済みなので、今のところ保留。>メアリーのテーマが聴こえると、ぐっときます。>故意なのか作画崩壊なのか凄い形相だった。>やっほーの映画レビューにもそう書いてる人がいて、噴き出しました。 私は「作画崩壊のつもりで狂った絵ェ描け!」だと思います。>少し前まで、素朴な掘れたてのイモねぇちゃんだったのに。 名作シリーズのヒロインみたいな純真無垢人ほど、壊れると怖いってことだな。 ペリーヌやセーラが刃を執ったら… 惨 劇 は 止 ま ら な い

  • 14Apr
    • ヤマト2202+今アニメ2019.3.31

       今回は「ヤマト2202」関係と、「今アニメ」…割と最近のアニメ関係。 前回と同じく、クイーンを始めとした「洋楽」は無し。洋楽ファンの方々、すみません(_ _;。 なにしろ「雑談掲示板」ですので、どんな話題に転んで行くかは予測不可能なんですよね…。 なお現実の時間線では、久々に「AC!」さんがコメントを投稿して下さいました(^^;。 例によって長い停滞に気を揉んでいた私にとって、今日は「オカエリナサイ記念日」ですよ。 よーし!現在の貯金、記事3本分。さっさと消化するぞー! なんと今回の記事、たった一日分のやり取りでコメント7件。 投稿者は「AC!」さん、「ほむランボー」さん、私。話題は… 宇宙戦艦ヤマト2202関係・ 最終章「新星編」最終上映ヤマトークナイトから帰還したAC!さんの感動報告。・ さらば愛の宣伝会議…福井さんと羽原さんの振り返りトーク。今、万感の思いを込めて。・ 続編製作決定…AC!さんは大歓迎。でも前回も書いたとおり、私の思いは複雑です。 続編がイカンと言うのではありません。ただ、充分に考察し、時間をかけて作って欲しい…。・ 2202炎上の大きな要因となった副監督「暴言王」小林誠氏。続投は、ありませんよね?・ スタッフ・キャストの皆様、長く困難な航海、本当にお疲れ様でした! それ以外・ 戦闘妖精雪風…神林長平の空戦SF。1979年掲載開始、2002年にOVA化。 その戦闘機や空戦、コンピュータに関する描写は緻密を極め、今も全く色褪せない。・ 現実にパイロットの「愛機」は無く、整備士が「俺たちの機体、大事に飛ばせよ!」ですと。・ 「いや~!私のガンダムが~。」ガンダム0083・悲劇のヒロイン、ニナ・パープルトン。・ MP5…「マジで〇アする5秒前」?あのなぁ、シャレにならんぞ!(>言い出した奴)・ スター☆トゥインクルプリキュア…主役のキュアスターを喰っちゃうキュアミルキーの変身。 踊って歌いまくる間、敵はボーッと見てるのか?そして、その異常な人気の秘密は??・ 幼女戦記…異世界に「幼女」の姿で転生したエリートサラリーマンが「魔導大隊」の指揮官となり「帝国」を連戦連勝に導いていく…トンデモファンタジーの形をとりつつ、娯楽と「戦争物」を絶妙にバランスさせた傑作。そのアニメ化がTV・劇場版ともに大ヒットしたのも、当然かと。・ 京都星人であるほむランボーさんにとって「京都タワー」は…微妙な存在であるようです。・ アニメにとって「音楽」は重要な要素。昔ヤマト、今プリキュア…「これ、本当にアニメの曲?」 他作品には、海外のオーケストラを呼んで来ちゃうという、いささか過剰な例も。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------381AC! 2019年3月31日 14:22:27 >378H-Kom@80 Re:Re:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ>乗艦お疲れさまでした<(- -)。速報ありがとうございます! 楽しく幸せでした。あの空間には仲間しか居ない。 思いを込めて拍手。満場の大拍手に感動。 さらば愛の宣伝会議 テレビ最終回後に見て、また泣いてしまった。 ヤマトコンサート 2199の時は行かなかったですが今回は何としても行きたい。 次回作に宮川彬良さんが加わる保証はありませんし。 続編製作決定!!!>・・・え。>ううむ、即座に素直に喜べない>「早い、早いよ西崎さん!」>せめて2年は待って欲しかった 気持ちは分かりますが利益が大きい証であり、スポンサーや製作委員会参加企業のオファーが出たと感じます。 他アニメでも、終了と同時に次回作製作告知があるのは大ヒットした証。 実際、興行的には2199を上回ったと公式がツイートしてます。 タイミング的にも盛り上げてライトファンや新規層を繋ぎ止めるには最適かと。 興行的に大成功しないと出来ない事です。 発表だけして中身はじっくり準備していけば良いかと。 追加情報は再来年とかになると予想。 副の続投は絶対ないと思います。 現に奴はヤマトで使ったマークを日野のトラックに使ったりしてる。 ホサれたので必死に次の仕事探してるのではないかと。 2202のスタッフ批判とかもしてるらしい(SNS情報につき確証無)。 滅びの方舟の最終形態も私にはインパクト不足で、さらばに劣ってると思います。 そしてこれ過去に他で使ったものの使い回し(画像あり)。 これらの情報を総合するに、奴は人格が破綻してるだけでなくクリエイターとしての能力ももはや限界で用済みと感じます。>できれば福井さん羽原さんにもお休み頂いて 発表は舞台挨拶の3人が退場された後のスクリーンでありました。 ジーベックは無くなりましたので当然制作スタジオが変わります。なのでお二方の関与は無いと予想。 案はあれど中身はまだ何も決まってないかと。 羽原さんは人柄が素晴らしいですね。福井さんも才能豊かだと感じます。 小野Dさんも良い人、人気の理由が分かります。 声優さんにもヤマトはレジェンドであり光栄と感じるのでしょう。----------382H-Kom 2019年3月31日 16:54:09 >379ほむランボー@81 Re:丁度アップされたので、タイムスリップ。① 戦闘妖精雪風>データリンクや、アビオニクスなどの名がしっかり使われていたり、4話で機体を立てたまま移動する姿はスホーイみたいだったり、排気ノズルを絞る映像は推力偏向ノズルみたい。>今観ると現存する技術などが描かれていたんだと感心します。 原作(1984年初版、2002年<改>ともに)巻末に「<雪風>概説」として、スーパーシルフの機体スペック等が載っています。 いま読んでも「近未来」の戦闘機を構想している…と感じられます。 まあ私は航空機に詳しくはないので、雪風がどの程度現在の機体に先行しているか(あるいは追い抜かれてる部分があるか)は分かりませんが(^^;。>オスプレイも登場してます。 それは、当時の最新情報を取り入れたんでしょうね。 作中では「えらく古い輸送機」でしょうけど。 不親切な1話>>原作を読んだ身としては「XXXX年、人類は…」なんて聞きたくない気も…。>1話を観直すと、語りでそれらしき台詞がありました。 さすがに、入れないわけにも行きませんか。>説明不足だった部分や、駆け足の部分を新作カットバンバン入れて、再構成して欲しい。>GONZO自体が、終わってるから無理だろうな。 いや、どうかな。ここで約2名が話題にしてるってことは、少なくとも60名は関心を持ってるはず。F35導入とかで戦闘機の「旬」は来てるわけで、「また雪風を」という声は上がってると思いますよ。GONZO残党かき集め+新規スタッフで、新作を!…って、3年以内になる方に、2000円。>実質、グラフィニカとサンジゲンを切り捨てたようなもの。 ああ無情。有能な人材が埋もれてなければいいけど。うまく「渡って」ることを祈ります。>あの頃に現在のCG映像を確立していたのも驚きです。 洋画、アニメ、ゲーム…各分野で、CG技術は濁流のように進歩を続けてきましたからねぇ。----------383H-Kom 2019年3月31日 17:07:16 >379ほむランボー@82 Re:丁度アップされたので、タイムスリップ。②>>ええと?も、もちろん「転送」シーンは、あるんですよね??>転送って、乗っ取りシーンの事ですか? 「FRXを」乗っ取り、なら合ってます。危うく未読の方にネタバレするとこだった^^;。 「ステルス」、パクった?>>ぜったい雪風、参考にしてるでしょー!(鼻血)>2話の無人機とか、無人機が取った行動なんてもろですよ。 やっぱりなー。くっくっくっ…圧倒的じゃないか、神林長平は。>>「アニメ化できるだけ上等」「作り逃げの実験作」って風潮、ありましたからね。>最終話が駆け足でダイジェスト風ですけど、それなりに形にはなってるので、良い方なのかもしれない。 まあ、完結の形を取れてるだけ上等か。原作も、まだ続きが出そうな気がするし。 やっぱり「雪風」観てみないといけませんね。焼いたBD、発掘しておこう^^;。 愛機なんて存在しない?>>そうなのか~、それはびっくり&がっかり。>整備士たちが、自分達の機体をパイロットに貸してやってるみたいな風潮があるそうです。 そうなのか~~。アニメとかでは整備士ってモブだけど、リアルでは主導的なのね。 ガンダム0083・パープルトンさん>ニ○「いや~!私のガンダムが~~~~。」 こんな整備士がいたら、パイロットはおちおち戦えない(〇ナは「会社の人」だけど)。 …返す返すも、スタッフのせいで「最悪のヒロイン」にされちまいましたね。 いいお姉さん彼女だったのに…メタ的な意味で「悲劇のヒロイン」。----------384H-Kom 2019年3月31日 17:59:56 >380ほむランボー@83 Re:無題①>>MP(〇ア)5 ※…わかんないです^^;…ひょっとして「ポ〇」?>はい。その通りです。>メスト(ゲーメスト)の投稿者が使ったペンネーム。 むー。あの当時は、平気でオ〇ムネタが流行ってたからなぁ。 〇アとか、ヘッド〇アとか、挙げ句にコスモクリーナー〇とか、罪もない言葉が泥つけられちゃって、困ったもんだ。 「魔法使いサリ〇」なんて替え歌を歌ってた奴に、「シャレになんないよ?人〇に出てんだからね?」と釘を刺したもんでした^^;。 スター☆トゥインクルプリキュア キュアミルキー変身>はい。この映像です。>沢山アップされていて、再生数、60万越えてるのもあります。 …分かる気がします。これは、見入ってしまう。えらい気合いの入りようですね。 セーラーマーキュリーの昔から、青い娘には気合いが入るのが伝統ですが。 「キュアスターより力入ってる」の声、多数。主役喰ってどーする。 踊って歌いまくっちゃって、とても敵を前にした変身シーンとは思えん。時間断層? まあ闘将ダイモスの昔から、敵は変身や変形をじっと待ってくれるのが伝統ですが。>プリキュアでは、タブー視されていた作画がされています。 えーと。目ェ皿にして観たけど、ヘンなものは見えなかったよ? ←ガジガジbyカミさん>詳しく書くと、騒ぎ出す人が出て、バンクを差し替えなきゃいけなくなると大変 「封印されたミルキー変身」に、延べ60万のファンが血涙を流すんですね。----------385H-Kom 2019年3月31日 18:01:29 >380ほむランボー@84 Re:無題②>語尾に、「るー」をつけたり、びっくりした時に「およ~!」と言う変な宇宙人。>触角のようなものも、生えてます。>プリキュア変身時は、そこから電気の様なものを出して攻撃します。>このレトロな感じが、また良いんです。 「ヘンな宇宙人符号」と「萌え符号」の絶妙なブレンド。ツボ心得てますなぁ。 「ラムちゃんの再来!」と騒いでる豚さんもいました。>サントラは、先週の週末ぐらいにiちゅんで配信され、3曲買いました。 やはり捕まりましたね^^。CDを買わずに踏み留まったのはグレイトです。>これ、プリキュアの曲か?というぐらい出来の良いのもありました。 ヤマトのBGMを聴いた時は「これ、アニメの曲か?」と思ったし。 戦隊ものの主題歌には、ほとんど外れがないし。 でも今やプリキュアの作曲は、世界を聴衆にした舞台ですからねぇ。----------386AC! 2019年3月31日 19:30:58 >330ほむランボー@85 Re:Re:Re:Re:亀レス砲、撃ちーかた始め!その2と幼女 幼女ハァハァ戦記>起立してる奴いました?立ちたくてしょうがなかった さすがにいませんでした(^_^;>原作者の関与が、かなり活きてるみたいです この方ミリタリ方面の知識が豊富なんですね。H-Komさんも感動する位ですし。>コミィは、畑で採れるのか?とか、人的資源を何だと思ってるんだ?という台詞も良かったです。 ああ、そうコミィです。絶対間違ってると思いつつ思い出せずコミュと書いてしまった。>興行成績は、制作側の予測を遙かに超えてそうですし。>急遽、イベントを追加したりしてますので、ぜひ。 4月になったら是非もう一度観たいです。 EJアニメシアター新宿(旧角川アニメシアター)はまだやってるけどいつ迄か不明。 4DX版は4月5日からで惹かれるけど、+千円も取られるし遠いしで、うーん。 4月5日以降もEJアニメシアターがやってれば、そこかな? その時、カノジョは。>それは、助かりました。MP(〇ア)5になってたかも 爆。さすがにPアはやばいです(^o^;>京都星人なので。外壁のガタガタ感が、ハリボテみたいで恥ずかしい あ、大阪ではなくて京都ですか。京都は昔に観光で2泊3日旅行した事があります。 まだ京都駅が新しくなる前だけど、京都タワーを近くで見てないので分からない。 御所や金閣、渡月橋、清水寺や夏場だったので、鴨川の納涼床等のお決まりのコース。 でも初の京都だったので堪能しました、楽しかった。 泊まったのが新しくなったばかりの京都ホテルだったのですが、行く先々のお寺で入場お断りの立て看板見てウンザリ。ちょっと保守的すぎると感じました。 あの程度で過剰反応するのなら、今の京都駅の時は発狂したんじゃないかと(^_^; タクシーの運転手さんも、観光客で食ってるのに彼らは頭おかしいと言ってました。 劇版のプリキュアのCD 観てなくて分からない(iДi)プリキュア(TV)また観てみようかな?----------387ほむランボー 2019年3月31日 20:09:22 >384H-Kom@86 Re:Re:無題①>「キュアスターより力入ってる」の声、多数。主役喰ってどーする。 良いんです。キュアスターは、ノーマルで平々凡々な感じが味なんです。 プレーンも、偶には食べたくなるのと同じなんです。 基本、最初にプリキュアになる奴は特徴がなく、アホの子が多いです。 最終的に誰もがリーダーと認める存在になるというのが、伝統なんです。>踊って歌いまくっちゃって、とても敵を前にした変身シーンとは思えん。時間断層? 頬を膨らましてから髪の毛が弾けるカットとか狙いまくってます。>まあ闘将ダイモスの昔から、敵は変身や変形をじっと待ってくれるのが伝統ですが。 特殊な空間で安全に変身できるのです。 言ってしまえば、着替えしてる最中に乱入するのと同じなので、敵もうかつに手を出せません。 「キャー!おまわりさ~ん!!」 タブー視されていた作画>えーと。目ェ皿にして観たけど、ヘンなものは見えなかったよ? ←ガジガジbyカミさん それは良かったですね。ノーマルだという事です。 ヒントは、フェ○系です。 「スマプリ」は、コラ画像が溢れ返っていました。 それらを監視している人達から苦情が殺到したのかな。 上からは、「そういうものに利用されてしまう画を描くお前らが悪い。」と、無情なお言葉が浴びせられたんだとか。 監督がぶちぎれて「コラ画像貼るのやめろ!」と、ネトで訴えた。>「封印されたミルキー変身」に、延べ60万のファンが血涙を流すんですね。 闇で高値で取引されます。>「ヘンな宇宙人符号」と「萌え符号」の絶妙なブレンド。ツボ心得てますなぁ。 そこにすっぽりハマるチョロさが恨めしい。>やはり捕まりましたね^^。CDを買わずに踏み留まったのはグレイトです。 置く場所が無かったのが、幸いしました。>ヤマトのBGMを聴いた時は「これ、アニメの曲か?」と思ったし。 でも一番、オカシイのはワルシャワフィルを導入した、Gロボと、HELLSINGでしょう。

  • 13Apr
    • ヤマト2202in広島+今アニメ2019.3.27~31

       2019年3月末。「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」最終章「新星編」終了間近。 さすがに雑談の嵐は「やや」鳴りを潜め、ヤマトの話題がメインとなっております。 投稿者は「AC!」さん、「ほむランボー」さん、私。・ 毎週のように劇場に通い、最初から最後まで泣き続けたAC!さん、さすがのヤマト愛!・ なんと20回以上も観たという人も、広島のイベントに行った人も… …実は私、妻とともに行って来ました。 広島マリーナホップ「宇宙戦艦ヤマト2202ワールド」。 ヤマトの第一艦橋に立つ、ただそれだけのために!(いや、広島焼きも喰いましたけど) やはりヤマトファンとして、夢にまで見た第一艦橋に立つというのは感無量の体験でした。 残念ながら、彗星ガスが晴れた状態の窓外の風景は撮影禁止でしたが…。 また座席が撤去されていたのと、レバーが動かなかったのは、見学者対策でしょうけど…。 何はともあれ、巨大模型やストーリーボード、プラモ等の展示も充実し、感動に全身の震える一日(もちろん二回入場)でありました。客の入りも上々、夢中で写真を撮りまくってる外人さんが特に印象的でした。ヤマト、あなどりがたし。 閑話休題(閑話かよ!)。・ 古代が高次空間でテレサと会話する時、流れ去る泡の中に様々な時代の幻影が…。 これを肉眼で確認した人が居たらしい。上級ヤマトファンの視力は、人間のそれではない。・ GWはCSとBSでの再放送、さらにラジオスイート!でヤマトロスの心配ナシだー!・ ヤマトOUT「妄想大予想」…銀〇と〇ーマンがアレな貴方には、正統派さらばリメイクを。・ 妻帯者でありながら森さんブランケット買っちゃった貴方には、正妻の制裁を。・ 「ヤマト渦中へ」…作曲者の宮川彬良さんが「ブンチャカヤマト!」と言い放った名曲。 これを「1時間耐久」に編集したツワモノがいる。ついでに「ガメラ現る」も文中にリンク有り。・ 2199でBGM「コスモタイガー」に、ウルトラシリーズでお馴染みの「ワンダバコーラス」を入れましょうよ!とスタッフに勧められた宮川さん。冬木透先生に、ホントに菓子折持ってった?・ 帰るのを拒んでいた古代…それは縁の糸をほどき、未来を崩壊させかねない行い。・ 「さらば愛の宣伝会議」…福井さんと羽原さんの「公開反省会」。いい人たちだと思います。・ 2019年秋、ヤマトコンサート開催…2199の名コンサート再び。パイプオルガンは有るか?・ 舞台挨拶…肋骨を折りながら強行参加された羽原さん、ノーギャラで観に来て、熱い挨拶を叫んだ小野大輔さん。ヤマトの子供達が征く…。・ ヤマト2202、続篇製作決定…あまりに早い発表を、素直に喜べない私であります…。 以下、ヤマト以外の話題。・ THEビッグオー…OPの曲や画面で、色々な作品を「リスペクト」しまくった傑作アニメ。・ 戦闘妖精雪風…名作空戦SF、2002年にアニメ化。短いOVA故、やや説明不足で不親切な面があると語るほむランボーさん。しかし空戦シーンの迫力には定評あり…近々、観ます!・ スター☆トゥインクルプリキュア…キュアミルキーの可愛い変身シーン、大人気。 緑の髪に二本の触角、微妙にヘンな日本語、電撃を発する宇宙っ娘…狙っとるな~。H-Kom日々旗日(「日本を守る」等の話題はこちら)----------372AC! 2019年3月27日 06:12:37@71 2202最終第七章も、あと3日! いよいよ劇場は明日まで、その翌日深夜はテレビ放送の最終回ですね。 私は過去最大、毎週のように新宿ピカデリーに通いましたよ。 第4週の日曜なんて完売満席という盛況ぶり。そして何度観ても泣いてしまう(^_^; H-Komさんが1回目は状況理解に必死で泣けなかったと言ってましたが、私は第六章にて展開の速さを経験した為、集中してついて行ったので最初から泣けました。 そして明日、新宿ピカデリーの最終上映回のヤマトークナイトに行って来ます! 結局、最速先行上映から計9回の乗艦になります。10回まであと1回で力尽きた^^; ツイッターでは、全部で20回以上観て地方の舞台挨拶や、広島のイベントまで行ってるツワモノもいらっしゃる。 この人多分2202だけで数百万円使ってると予想(◎o◎)! あと最終話で古代君が、高次元でテレサと会話する場面で発生する泡、コマ送りすると面白いものが見られます(^O^) これ劇場で気付いた人、凄すぎる。私はBD再生して分かり劇場版には無いのでは?と思って上映で確認したらある(^_^; 早すぎて何なのかの判別はできないけど。 劇場で入手しそこなった、クリアファイルその他の商品も、ヤマトクルーとフルービーでなんとか入手し、ほぼ当初の目標を達成しましたo(^▽^)o 最後のお祭りの3日間を悔いなく過ごしますよ~!----------373H-Kom 2019年3月27日 15:41:27 >372AC!@72 Re:2202最終第七章も、あと3日!>いよいよ劇場は明日まで、その翌日深夜はテレビ放送の最終回ですね。 とうとうここまで来てしまったか…。長いような短いような、波瀾万丈の航海でしたね。>第4週の日曜なんて完売満席という盛況ぶり。 第一作劇場版、新宿東映パラス前の長蛇の列を思わせる祭り状態になってますね。 何はともあれ、めでたいことです。>H-Komさんが1回目は状況理解に必死で泣けなかったと言ってましたが、私は第六章にて展開の速さを経験した為、集中してついて行ったので最初から泣けました。 うーむむむ。集中力が足りなかったか。。。現代ヤマト脳を鍛え直す必要があるようだ^^;。>明日、新宿ピカデリーの最終上映回のヤマトークナイトに行って来ます! ヤマトークナイト…いずれ、BDBOXの特典か何かで付くのかな。一度は見てみたい。 特典と言えば、Amazon限定CDを聴ける機会は訪れるのだろうか?>結局、最速先行上映から計9回の乗艦になります。10回まであと1回で力尽きた^^; いやぁ…9回も乗れれば大したものです。私は今日で3回、たぶんこれで最終。>全部で20回以上観て地方の舞台挨拶や、広島のイベントまで行ってるツワモノ 昔から「〇〇ジプシー」と呼ばれる人々はいましたが…彷徨えるガルマンの民とでも呼んであげましょうか^^;。 広島のイベント…気になったけど、どんなんだったんでしょうね?「どこから」行ったのかも気になりますが。 ※諦めていたのですが、「第一艦橋」と聞いてエンジンが暴走してしまいました。 ウチ的には大阪の2199イベントに行ったのと、京都丹後鉄道のラッピング列車に乗ったのが秘かな誇りですね^^。 ※2202イベントは2199より若干小規模ながら、巨大模型がウリでした。>古代君が、高次元でテレサと会話する場面で発生する泡、コマ送りすると面白いものが見られます(^O^)>これ劇場で気付いた人、凄すぎる。 テレサの台詞から「多元宇宙の話になってるな。なんか映ってるんだろうな」とは思ったけど、あの泡の中を視認できるのは人間の視力ではない。ガイレーンと呼んであげましょう。>クリアファイルその他の商品も…なんとか入手し、ほぼ当初の目標を達成しましたo(^▽^)o 良かったですね、「取り返しのつかないこと」にならなくて、何よりです^^。>最後のお祭りの3日間を悔いなく過ごしますよ~! うーん…ウチも最終日、乗艦しようかな…?----------374H-Kom 2019年3月27日 15:46:09 >319AC!@73 Re:Re:Re:Re:とても共感したレビューの紹介です+α 3月10日分の亀レス。>4月末と5月初めのGWに、2199と2202のTV版・劇場版の一挙放送があります。>TV版はCSファミリー劇場、劇場版はBSでWOWOW。>私、4月にWOWOW加入します! ウチはBS・CSはCATVで、ファミリー劇場(と東映チャンネルとANIMAXとAT-X)は押さえてますが、WOWOWは… ううむ、そんなに強力ですかね^^;? YOUはヤマト観にWOWOWへ?>5月4日には昨年に続いてクローバーラジオで、ラジオスイート宇宙戦艦ヤマトの第2弾が放送されます。 おお!来た!!これは絶対、AC!さんに教えて頂いた「どがらじ」で録音しなければ。 …ついでに第1弾、再放送しないかなぁ。実はあの時、最終回が途中までしか録れてなかったんですよね(T_T;。 (原因不明…録音中に他の作業してたからかな?)>今年のGWはヤマト三昧で、ヤマトロスの心配無用ですねo(^▽^)o なかなかゴージャスですね、嬉しいことです(^_^)。 …制作側としては、噂される2203とか、その後に繋げる布石なのかな?----------375H-Kom 2019年3月27日 15:58:57 >326ほむランボー@74 Re:Re:Re:Re:いざ抜錨!① 3月13日分の亀レス(幼女部分は後ほど)。 ヤマトOUT妄想大予想>>「さらばリメイク」をお薦めされたってことは、どっちか(銀河・キーマン)嫌いってことなのに。ね、蘭姉ちゃん?>「まぼろしぃ~。」 えと?↑コナンで、こういう台詞があったんですか^^;?>>Sir,Yes Sir<(-_-)!森さんブランケットを買えなかったのが心残りでありますッ!>>奥様「どこを撃たれたい?選べ、未来を」>無条件降伏致します。 はははははは!(天井を仰いでマンガ笑いする奥様) (C)miniminononnさん ヤマトのサントラ>>私は未だに聴いてなかったりする。>私は、ソミーのアプリに取り込んでるので、これを書きながらパソで聴いたりしてます。 なるほどぉ。iTunesでも、やろうと思えばできるな。重いけどな。>>コンサートでは「ヤマト渦中へ」を「ブンチャカヤマト!」と言い放ってたし、>確かにブンチャカです。Youtube:降下するヤマト(ヤマト渦中へ) 1時間耐久 調べ。 すげぇな。よくこれ耐久にしたな…いや、耐久職人には、やりやすい方か。 ずっとブンチャカ聴いてると、脳内麻薬出まくりになりますな。 執筆の追い込みに好適(後で廃人)。 他に好きな耐久は【100分間耐久】ガメラ現る(大怪獣空中決戦) - YouTube。>>「コスモタイガー(ワンダバ)」では「冬木透先生に菓子折持って挨拶に行かなきゃ」。>おもろい事考えたな~。って、思いましたね。 コンサートで「菓子折」言われた時は、場内爆笑。 「ビッグオー」OP曲>>「BIG-O!」カラオケで歌う時は「Open Fire! All Weapon!!」て入れるのが、お約束。>やはり、みんなもそう思うんですね。 ビッグオーは、この曲をバックにした初期OP(後に封印)の画が「ウルトラセブン」まんまだったし、差し替えた後期OPも「キンクス」のパ…オマージュだったし、第二期は「謎の円盤UFO」を「Respect」。----------376H-Kom 2019年3月27日 16:01:20 >327ほむランボー@75 Re:Re:Re:Re:いざ抜錨!②同じく3月13日分の亀レス。>>「26話に水増し感ガー」言われてるんだし、もっとゆったり展開してもいいのに。>あれ、読みましたよ。 え。あ。す。すいません。「あれ」って…誰のレビューでしたっけ^^;;? ※AC!さんが紹介された、フィルマークスでのkigumaさんのレビューですね?>古代が戻るのを拒否し続けていたので、縁の結び目がほどけて崩壊しかけていたって事?>たった一人が欠けても成立しないとかいう感じならとても素晴らしい事です。>そう考えると、あの金色の糸も更に綺麗に感じます。(安直に金色使いやがって。って、思ってました。) 古代はヤマトの「縁」の要だった、と言えるでしょうか。最後の最後に、主人公らしくなりましたね。 ほどけかけて輝きも弱まった糸は、「身を犠牲にして逝ってしまった古代」への、人々の悲しみと喪失感、やりきれない思いか。 それは「さらば」に納得できなかった観客の思い…という気もします。>スターシャのように、「ほっといて下さい。」というのは、その世界に於いて人との関係を紡ぐ責任を果たしていないって事ですね。 「人の好意を無にする者は、一生苦しむぞ。」(アムロ→カミーユ) amaレビュー>セル版☆5「さらばタイガーⅠ」で、投稿。既にコメついてます。 …あんなにコメ大量になってるとは思わなかった。これから改めて入るのも至難の業だ(^_^;。----------377AC! 2019年3月29日 03:33:12@76 新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ 取り急ぎ、本日あった告知・発表の速報です。・本日のテレビ放送最終回の後(多分25:55)に、さらば愛の宣伝会議が配信・2019年秋、ヤマトコンサート開催!・宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち、続篇製作決定!!!ヾ(@^▽^@)ノ あと羽原監督は最速先行上映の前に、自転車で転び肋骨3本折ったのに、誰にも言わず、痛み止め飲んで、その後の舞台挨拶を回ったそうです!!(゚Д゚) MCの小林さんも福井さんも知らず、聞いて驚いてましたが、私も驚きました(◎д◎) なんというヤマト愛とプロ意識!(T▽T) それから小野大輔さんが、どうしても観たくてプライベート(福井さん曰くノーギャラ)で観賞されてました。 舞台挨拶の最後の方で紹介され、2階のプレミアシートから顔を出されファンにお礼を言い、挨拶されました。 (ファンを含めた)俺達でヤマトを作ったぞー!、とムネアツの挨拶をされました。----------378H-Kom 2019年3月29日 14:07:41 >377AC!@77 Re:新ピカの最終上映ヤマトークナイトから帰還(^^ゞ 乗艦お疲れさまでした<(- -)。速報ありがとうございます!>さらば愛の宣伝会議が配信 おお!昨日やっと全部見て「これで終わりか…」と侘しく感じていただけに、codaがあるとは嬉しいですね。 なお⑥の〆の挨拶で、中村繪里子さんが「あ、私キャストだった!」とか、「『出番の多さとか台詞の重要性とかではなく』1ヤマトファンとして作品に関われて幸せです」と、サラッと言ってたのが何とも(^^;。 桐生美影、せめて斉藤との会話ぐらいは欲しかったですね…。>2019年秋、ヤマトコンサート開催! おお!これは楽しみ!また生演奏と宮川彬良さんのトークに浸れますね。 …気になるのはパイプオルガン。ホールが限られますが、ぜひ聴きたい! できれば白銀の巫女姿の女性に演奏して頂きたい!!>宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち、続篇製作決定!!! ・・・え。 ううむ、即座に素直に喜べない。 「早い、早いよ西崎さん!」 せめて2年は待って欲しかった。 まさか小林誠氏の続投は無いと思うけど、できれば福井さん羽原さんにもお休み頂いて、じっくりと新スタッフを選定し、今後の長期構想を綿密に練って欲しい。 何はともあれ「さらば」という難題の大山を越えた…のだから、これからは少しは楽…か? いや。結局「さらばリメイク」にこだわり、終わるなり続篇制作を決めてしまう西崎氏の姿勢が心配だ。 これ以上旧作をなぞるのは、やめてくれ!と訴えたい。 「新たなる旅立ち」まんまでは、ヤマトの「新たなる旅立ち」にはならないんだ、西崎さん!>羽原監督は最速先行上映の前に、自転車で転び肋骨3本折ったのに、誰にも言わず、痛み止め飲んで、その後の舞台挨拶を回ったそうです!!(゚Д゚) 羽原さん、いい人だ。日本の職人監督という感じですね。 愛の宣伝会議を見ていると、羽原さん福井さんが今作でヤマトに関わったことは「良かったな」と思います。 小野大輔さん>(ファンを含めた)俺達でヤマトを作ったぞー!、とムネアツの挨拶をされました。 気が利いてますね(^^)!小野・山寺・手塚・菅生さん達のインタビュー等を聞いていると、声優さん達にとって「やりがいのある作品」だったんだな、と思えます。----------379ほむランボー 2019年3月31日 10:56:55 >213、214H-Kom@78 丁度アップされたので、タイムスリップ。 「今アニメ2.5~7」のコメント213、214に返信。 戦闘妖精雪風>原作が「洒落が効いて」「グサッと辛辣」「高度なSF性」「空軍大好き」神林さんですからね。 データリンクや、アビオニクスなどの名がしっかり使われていたり、4話で機体を立てたまま移動する姿はスホーイみたいだったり、排気ノズルを絞る映像は推力偏向ノズルみたい。 今観ると現存する技術などが描かれていたんだと感心します。 オスプレイも登場してます。 不親切な1話>まあ…確かに原作を読んだ身としては「XXXX年、人類は…」なんて聞きたくない気も…。 1話を観直すと、語りでそれらしき台詞がありました。 説明不足だった部分や、駆け足の部分を新作カットバンバン入れて、再構成して欲しい。 GONZO自体が、終わってるから無理だろうな。 CG班も独立したし。(正確には切り捨てられた?) 実質、グラフィニカとサンジゲンを切り捨てたようなもの。 あの頃に現在のCG映像を確立していたのも驚きです。>ええと?も、もちろん「転送」シーンは、あるんですよね?? 転送って、乗っ取りシーンの事ですか? 「ステルス」、パクった?>ぜったい雪風、参考にしてるでしょー!(鼻血) 2話の無人機とか、無人機が取った行動なんてもろですよ。>「アニメ化できるだけ上等」「作り逃げの実験作」って風潮、ありましたからね。 最終話が駆け足でダイジェスト風ですけど、それなりに形にはなってるので、良い方なのかもしれない。 愛機なんて存在しない?>そうなのか~、それはびっくり&がっかり。 整備士たちが、自分達の機体をパイロットに貸してやってるみたいな風潮があるそうです。 ニ○「いや~!私のガンダムが~~~~。」----------380ほむランボー 2019年3月31日 11:44:49 >コメント331へのH-Kom注釈@79 無題>MP(〇ア)5 ※…わかんないです^^;…ひょっとして「ポ〇」? はい。その通りです。 メスト(ゲーメスト)の投稿者が使ったペンネーム。>※これですか?>スター☆トゥインクルプリキュア キュアミルキー変身 - ニコニコ動画 はい。この映像です。 ※YouTubeは削除されてました^^;。 沢山アップされていて、再生数、60万越えてるのもあります。 プリキュアでは、タブー視されていた作画がされています。 詳しく書くと、騒ぎ出す人が出て、バンクを差し替えなきゃいけなくなると大変なので、黙っておきます。 語尾に、「るー」をつけたり、びっくりした時に「およ~!」と言う変な宇宙人。 触角のようなものも、生えてます。 プリキュア変身時は、そこから電気の様なものを出して攻撃します。 このレトロな感じが、また良いんです。 サントラは、先週の週末ぐらいにiちゅんで配信され、3曲買いました。 「スターカラーペンダント!カラーチャージ!」は、TV編集版の方が良いかな。 これ、プリキュアの曲か?というぐらい出来の良いのもありました。