早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
今日の夕刻に3A主宰の議連と二階さん主宰の議連が同時刻に開催され、互いに賛同議員の囲い込みを考えていたはずなのに、不信任案採決の本会議が開催される時刻次第では、いずれの議連の開催も流会になってしまう可能性がある。

大方の議員はどちらに与するか出来る限り態度を曖昧にするだろうが、いつまでもどっちつかずということは出来ないはずなので、いつかは旗幟を鮮明にせざるを得ない時が来るはずだ。

自民党の内部で綻びが目立ち始めていたのだが、どうやら内閣不信任案の提出で逆に与党の結束を固めてしまったような印象がある。

皮肉なものである。

まあ、これが永田町の政治である。

能舞台を見ているようなものであるが、見るべきポイントが分かると、それなりに面白い。

まあ、結局は不信任案を提出した立憲民主党の代表の枝野氏の評判を下げるだけの結果に終わりそうなので、不信任案の趣旨説明の時間が無制限だ、などという国会の変なルールな止めた方がいい。

菅内閣に対する不信任の理由は確かにいくらでも挙げることが出来るだろうが、過ぎたるは及ばざるが如しで、聴衆が途中でウンザリするような長広舌は大体はマイナスの効果しか発揮しない。

簡にして要を得る、などとということは、不信任案提出の趣旨説明としてはおよそふさわしくないだろうが、ただの長広舌は一種の議事進行妨害でしかないので、雄弁家の皆さんは出来るだけ避けられた方がいい。

国会議員の皆さんの演説力がどの程度のものか、今日の本会議で明らかになるだろう。


まさか私自身が委員会で与党の代表としての質疑に参加していたとは・・。

まだ健忘症の虞はないが、私自身の記憶がどんどん風化して行っていることは否めないようである。

2005年4月に開催された衆議院法務委員会、法務・財務金融・経済産業連合審査会で私が委員として出席し、しかも与党を代表するような形で会社法案の質疑をしていた、と当該議事録の一部を示して指摘してくださった方がおられる。

2000ページ以上にも渡る関係資料を読み込んで質問の場に立ったようだが、その議事録を読むと私の当惑ぶりが如実に表れている。

各論にはまったく踏み込まないで、総論だけ述べているような感じだから、多分詳細な論点についての個別具体的な検討の機会がないままに法務委員会の委員として最終的な審議の場に臨んでいた様子が窺える。

自民党の部会で個別具体的な論点についての詳細な議論があったはずだが、多分、私自身は関係部会の審議には殆ど参加していなかったのではないかと思っている。
おそらく財務金融や経済産業関係の専門部会で様々な議論がなされていたはずだが、自民党の政調の部会は同時間帯に多数の専門部会が同時開催されることが多く、残念ながら私自身はその場での議論に参加していなかったのかも知れない。

直接担当していなくても質疑の順番が回ってくることがあるのが、国会の委員会における審議である。

2日間で2000ページを超える関係資料に目を通して、与党の一員としての質疑をするわけだから、基本的には政府提出の法案の細かい問題点を指摘するというよりも、法案を滞りなく通過させるための環境整備になりそうな質疑内容になってしまう。

平成5年に成立した会社法が如何に日本の経済社会に大きな変革を齎せたのか、ということを痛感する昨今である。

そういう私の感懐の一部が既に上記の議事録に現れていることを確認した。

なるほど、あの時の委員会の質疑だったのか、と感慨一入である。

よく、あの時の議事録を見付けていただいた。

心から感謝申し上げたい。
これも経済社会におけるコンプライアンス法制整備の果実の一つだろうと思っている。

過日の記事で、東芝の今回の調査報告書が如何に強烈なものであるかについて簡単に言及しておいたが、東芝は、13日の臨時取締役会で、①いずれも社外取締役で、監査委員長を務めてきた太田順司氏と監査委員の山内卓の2人を25日に開催される株主総会に諮る取締役候補から外して退任させ、②経産省との交渉を担ってきたと件の調査報告書で指摘されていた豊原正恭副社長と加茂正治常務の二人を25日付で他退任させる人事を各決定したようだ。

取締役会議長の永山治氏が記者会見で、東芝と経産省のやり取りについて「コンプライアンス(法令順守)とガバナンス(企業統治)の欠如と言わざるを得ない」と認め、「不安と心配をおかけする事態となってお詫び申し上げる」と謝罪したそうだから、件の調査報告書が東芝の経営陣にとって如何に強烈な一撃だったか明らかだ。

件の調査報告書は100ページ以上もの膨大なもので、そのすべてを精読した人は未だ少ないと思われるが、ブロゴスに掲載された企業法務戦士(id:FJneo1994)という方の2021年06月14日 付け「瞠目すべき成果を生み出したのはフォレンジックの進化か、会社法316条2項の威力か、それとも・・・?」という記事を読むと、コンプライアンスの実効性を担保するためには、やはりそれにふさわしい法制をまず整備する必要があることを痛感する。

今回の東芝の一件で、日本の企業文化が一新されることは確実である。
私自身はこれまで会社法の改正等に関わって来なかったので気が付かなかったのだが、日本の国際化は、経済の分野では驚くほどのスピードで進んでいるようである。

ウーン、この調子で日本の政治文化も変わっていけばいいのだが・・、というのが、私の
現時点での率直な感想である。

暴言大臣は、あのままにしていていいのかしら。
国会議員として不穏当で非常識な発言を言動を繰り返す国会議員をそのまま放置していていいのかしら。
それぞれの政党には自浄力が働かないのかしら。
政治倫理審査会がちっとも機能していないぞ。
起訴されている国会議員に対する歳費支給を停止できないのかしら。
失格した国会議員について歳費等の返還を求めなくていいのかしら。
非行議員に対する懲罰はもう少し厳格化した方がいいんじゃないかしら。

政治家の活動に様々な制約を課すことは政治家の政治活動の自由の制限にも繋がりかねないので慎重に検討すべきだとは思ってはいるが、最近の国会議員にはどうも野放図なところが目立つ。

私自身、国会議員時代には政治資金規正法の改正や公職選挙法の改正などで多少は政治の世界でのコンプライアンス法制の整備に関わってきたつもりであるが、具体的には殆ど何の成果も挙げられないで来たな、という感じである。

政治の世界にも、コンプライアンスの観点からの何らかの法整備が求められているはずである。

まあ、立法府の皆さんは、自分で自分の首を絞めるようなことはやりたがらないだろうが・・。
鳥は鳥でも、この方の場合は政党渡り鳥、ということになるのだろうが、鳥(雉)も鳴かずば撃たれまい、という言葉がふさわしくなるかも知れない。

いよいよ都議選が幕を切って落とされるが、前哨戦にしては結構華々しい。

まあ、内情はこんなところだったのかも知れないな、とは思うが、こういうことは書いた人にそのまま返ってくるようなところがあるので、感心しない。

マスコミ的には絶妙なタイミングなのかも知れないが、名前を挙げられた人も書いた人も結構傷付くんじゃないかな。

ちなみに、記事を載せたのはダイヤモンド・オンラインで、内容は都民ファーストの会のことである。

どういう結果になって返ってくるか、様子を見ることにする。
菅さんはどう見ても壁の華だな、と思ったので、自分自身を鼓舞するためにあえて当初の私の率直な感想とは逆のことを書いてみた。

どういう場面でも話題の中心かその周辺にいる人と較べると、場慣れしない人や自分のアピールが不得意な人は舞台の袖の方に回ってしまう。

話題が豊富な人やどんな場面でも自然に目立ってしまう人は、周辺に人が集まって来てそれなりに人だかりがするようになるものだが、普段から控えめで、あまり自己アピールが得意でない人はどうしても端っこの方に位置するようになってしまう。

主宰者の方がよほど気を利かせてあげないと、こういう人はどうしても影が薄くなる。

まあ、これが今の日本の実際だろうと思ったが、それではあまりにも日本の国民が惨めな思いをしかねないので、あえて逆転の発想で私の当初の感想と逆のことを書いてみた。

一つの思考実験である。

しかし、逆転の発想に立ってみると、これはこれで十分成り立ちそうだ。

大方の人は、いや、そんなことはない、と仰るだろうと思ってはいたが、私は物は考えようで、今の日本の立ち位置はそんなに悪くない、と考えるに至っている。

ダメだ、ダメだ、などと言わず、どんな場合も発想の転換で途轍もない一手を考え付くことがある。

私は、物事を悲観的に見るより、どんな場合も逆転の一手がある、と思って知恵を絞る方が好きである。

皆さんが仰ることはいちいちごもっともではあるが、それだけでは力が湧いてこない。

もっと前向きに物事を考えましょう!
日本をもっとアピールしてもらってもよかったのではないかな、と思わないでもなかったが、外国語にはあまり堪能ではなさそうだし、こういう世界の首脳が一堂に会する国際会議にも場馴れしていないように見える菅さんに無理なことをお願いしてもちょっと気の毒な気がしないでもないので、菅さんの後で日本の政治のリーダーシップを握るはずの次の日本のリーダーの方々に期待することにした。

アメリカと中国が決定的に対立していることが明らかになった今回のG7サミットだったと思う。

アメリカは、G7を民主主義国家と専制国家の対抗の枠組みの中に押し込めてしまいたいだろうが、こういう時の日本の立ち位置は実に微妙で、かつ極めて重要だ。
アメリカもイギリスも懸命に日本に秋波を送ってきているな、と見ておくくらいで目下はよさそうである。

アメリカにとって日本は、中国や北朝鮮に対する最強の防波堤にも、また、最前線の強力な基地のようにも映るだろう。
アメリカにとって盾にも矛にもなる国、これが日本の実際だろう。

EUを離脱したイギリスにとっても日本は結構重要な国になりそうである。

勿論、中国にとっても然り。

米中対立が熾烈化している今日、米中対立の最前線にいるのが、どうやら日本ということになりそうだ。

動き方が実に難しい。

こういう時は、変に動き回らない方が結果的にいいことが多い。

フランスは、あえてその趣旨を公言したが、日本は、G7の写真撮影で図らずも日本の立ち位置を態度で示した、ということになるかも知れない。

物は考えようである。

菅さんは、一線を越えるのを図らずも踏み止まった、ということになるのかも知れない。
東京で開催するオリンピックに最強の選手団を派遣してください、とのみ言う菅さんの発言には特別の意味合いが包含されるのかも知れない・・・。

考え過ぎかな?
渋谷辺りでは、酒は出すな、といくら言われても、これに従わない店が増えている、という趣旨のSNSが出回っていた。

緊急事態宣言の威嚇効果が大分薄れてきているようで、東京での新規コロナ感染者の発生件数が先週よりも増えてしまったようだ。

私は、「酒を出します」などと高言するような店には近づかないが、みんながやることには何でも反対したくなる天邪鬼な人が一定程度いることは承知しているので、あえてそういう方々と事を構えようとは思っていない。

大方の人は、私と同じような態度を取られるのではないか。

その店からコロナ感染者が出ませんように、と願うのみである。

SNS等で国会議員の皆さんが選挙区に帰って後援会の皆さんと一緒に駅立ちをしているという活動報告があちらこちらから入ってくる。

東京から出ないで、東京から来ないで、などと呼びかけても選挙を間近に控えている政治家の皆さんはそうは行かない。

国会議員へのワクチン接種を優先的に実施することにかつてとかくの批判があったように思うが、私は、不特定多数の人と接触する可能性が高い人たちのワクチン接種を急ぐ方が結果的にコロナ感染拡大を未然に防止することになるだろうと思っている。

今、選挙区に帰っておられる方々は、多分ワクチン接種を終えておられるのだろう。

皆さん、大丈夫ですよね。
G7サミットでの公開された写真撮影での菅さんの立ち位置がSNSで多少話題になっているが、まあ、これが日本の国際社会での現在の立ち位置を端的に象徴しているのかも知れない。

日本の総理大臣にはもっと堂々とした姿を期待したいところだが、そのためにはやはり内実から磨き上げる必要がある。

ないものねだりは、今は、しないことにする。

菅さんが今世界に誇れることと言ったら、やはりオリンピックの開催しかないように思えてきた。

菅さんは、どう見ても内弁慶である。

日本の国内ではそれなりに強い存在として振る舞うことが出来るが、国際社会という広い舞台では如何にも心細そうに見えてしまう。

まあ、側近の方々が周到に用意した原稿を読む限りでは何の失敗もないだろうが、然るべき素養がないと臨機応変のアドリブが出来ない。

さて、日本には国際社会の檜舞台で堂々たる振る舞いが出来る政治家はどの程度育っているのだろうか。

長い目で見れば自民党にはそれなりの可能性を秘めた方が何人かおられそうだが、政権交代を求めておられる野党側は大丈夫なのかしら。
日本が世界に誇れる先進国だ、などと言えなくなったことが、東芝の調査報告書でも明らかになった。

事実関係にまだ不明なところもあるようだから、この調査報告書だけで日本はダメになった、などと嘆き騒ぐのは早いだろうと思うが、この調査報告書が公表されたことで国際社会における日本の地位が下がることはほぼ間違いない。

何処の国でも似たようなことをやっているよ、という指摘が出て来そうだが、そういう弁明しか出来そうもないところが、恥ずかしいと言えば恥ずかしい。

一応株主総会で選任された調査委員会による正式な調査報告書だから、一部の記載に首を傾げるような箇所があったとしても、大筋は認めざるを得ないだろう。

この調査報告書は、東芝のみならず日本の政府を断罪する性質のものである。

名指しされた人はすんなり調査報告書の記載内容を認めるわけには行かないだろうが、全部が全部嘘だ、などと極め付けることが出来ないところが実に辛いところだ。

多分、逃げの一手しかない。

ご飯論法も山羊答弁もまず通用しない。

ここは、何が何でも国会を閉じるしかなくなる。

逃げるな、といくら言われても、ここは逃げの一手・・でしょうね。