弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
やはり、ここは大騒ぎをしないで、「失望した」くらいの表現に留めておいた方がいいのかも知れない。

如何にも韓国が北朝鮮や中国の陣営に行ってしまうような印象だったが、GSOMIAが失効しても韓国にも日本にもそう実害はなさそうである。
本当に困るのであれば、韓国政府はGSOMIAに固執するはずだが、破棄通告に踏み切ることを韓国政府の安全保障会議が勧告したというのは、現在のGSOMIAにはその程度の価値しかないと韓国政府の安全保障会議の専門家の方々が判断したということである。

どの程度の情報のやり取りがあったのだろうと思っていたら、10数件だったということのようである。
情報の詳細は分からないが、目下のところなくても大きな支障にはならない程度のものだったらしい。

日本も韓国もアメリカとの間の情報共有関係を維持している限り、それぞれの安全保障体制の構築に決定的な齟齬を来たすような事態にはならない、ということなのだと思う。
アメリカの構想には背馳する事態ではあるが、アメリカとしては一応許容範囲内ということなんだろう。
そうでなければ、トランプ大統領が最大限の圧力を掛けるはずである。

確かに由々しい事態ではあるが、北朝鮮の南進を招くほど韓国の文大統領は愚かではないはずだ。

甘いかな。


アメリカから三下り半を突き付けられてもいいとでも思っているのだろうか。
ここまでヒステリックな対応をせざるを得ないというのは、ある意味で実に気の毒なことである。

これで米日韓の共同防衛・相互支援構想は重大な転機を迎える。

中国は一応歓迎するだろうが、これで米中関係が益々緊張度を増すことにでもなれば、中国もおちおちしていられなくなるはずだ。
文大統領が日本よりも北朝鮮や中国により親近感を抱いているらしいことは分かっていたが、それにしてもここまで反日、嫌日の姿勢を露にするとは驚きである。

GSOMIAの破棄。

さすがにここまで日韓関係が破綻するとは、どなたも想定していなかっただろう。
肩が触れた程度だったのが、いつの間にか掴み合いの大喧嘩になってしまいそうだ。

さて、トランプ大統領は、自分には関係ないと頬かむりしてしまうのだろうか。
目を塞いでいると目の前に何があるか分からないのが普通だろうが、余程ボンヤリしていない限り目の前に何があるか分かるはずである。

道路が陥没していれば、普通の人はその道を通るのは避ける。
街灯のない夜道を一人で歩くのは危険だと思えば、普通の人はそういう道を歩くのは避ける。

少々遠回りでも、安全な大通りを通行した方がいいはずである。
粗暴犯が出没するような場所に近づかないのも自分の身を護る一つの方法だろう。

暴風雨の時に外出を控えるのも然り。
体調不良の時に過重労働に従事したり、過激な運動をしないのも然り。

最近は新幹線でさえ、台風が接近する時は運転を休止する。

近未来のことであれば、データさえ揃えばそれなりのことが予見できる。

私が言っているのは、その程度のことである。
乗った船が悪かった、としか言えないだろう。

個人の力では如何ともし難い。
それでも何人かは助かるのだから、助かる組の方に入るべく努めるしかない。
運が良ければ、助かる。

ただそれだけのことである。

何年も先のことまではさすがに分からないが、1年先くらいのことだったら、トレンドを読むだけである程度分かってくる。
データが何もなければ皆目雲を掴むようなものだが、先の参議院選挙の結果を分析したり、最近の世論調査を見れば大体のことは分かる。

今日は、「選挙MAX」という各種選挙の情勢分析を行っている中尾優憲さん他と要町の事務所でお会いすることになっている。
この方の知見を皆さんが正しく活用されれば、選挙もずいぶん変わるはずだが、と思っているのだが、未だにこの方をフル活用できる人は現れないようだ。

縁がないのは仕方がないが、勿体ないことである。

近未来のことならある程度予見できるのに、と思うが、分かっていても止められない、止まらない、ということなのだろう。

まずは、この方の力をどうやって活かしていくか。
今日は、そういうことを考える日にしようと思っている。
呉越同舟、というほどには敵対関係にはないようだから、同じ船に乗ることにされたこと自体は、当事者の皆さんにとってはそれなりに結構なんだろう。

船長さんが何人もいるわけではなさそうだから、何人乗り合わせてもそれなりに動き始めるはずだ。
ただし、どれだけの推進力があるのかは相変わらず疑問である。

野党だから政権運営の拙さを批判されるようなことには一切ならないから、そこそこに前に進むだろうが、目的地が今一つ明確になっていないので、世間に対するインパクトもアピール力もそう大したことはなさそうだ。

注目する必要があるのは、その船には乗りたくないと言う人が現れるかどうか。

別の船が用意されているわけではないから仕方なく同じ船に乗ることにする人が大半だろうが、私は、小舟でもいいから自分たちの船を用意し、その船に乗り込む仲間を募集する元気な方が現れるのを期待している。

今、皆さんが乗り込もうとしている船は、決して泥船ではないでしょうが、最終的には、共産党の皆さん方とも選挙協力することを厭わない方々の船ですよ。
うっかり、共産党の皆さんと手を組むのはイヤだなあなどと呟いてしまうと、船から降ろされてしまう可能性があるということも予めよくお考えになった方がいいでしょうね。
時間にルーズなのも、金銭にルーズなのもいけない。

一度約束事を守らなかった人は、それで何のペナルティも課されないと、ついまた同じようなことをやってしまう。

私は若い方々を応援しているが、しかし何事につけルーズな人とはお付き合いしたくない。

自分がどういう目で見られているか早く気付いてくれればいいと願っているが、一度ルーズになると感覚までルーズになるようだ。

困ったことである。
他人から言われる前に直していただきたいものである。


声なき声でも、纏めれば、それなりの声になるはずである。

ちょっと待ったー、という声を上げたい方がそれこそあちらこちらにいることは分かっている。

これまではそういう声を一つの大きな声に纏め上げようとする人がいなかったか、いても力が足りなくてご本人がいつの間にか口を閉じてしまっていたので、結局なんの塊も出来なかったのだと思う。

若い方々に期待し、それなりに蹶起を促してきたのだが、血気盛んな若い方がどうも少なくなっていたようだ。

さすがにこのままでは拙いな、という思いが募ってきている。

まずは、失うものがない方々に集まっていただいて、これから何を為すべきか、何が出来るかということなどを自由に語っていただく場を設けることにしようかと思っている。

集まっていただくのは、何も失うものがない方々。
何かを失うことを恐れている方々には何も思い切ったことが出来ないだろうし、もともとそういう発想も浮かばないだろうから、とりあえずは何も失うものがない方々がいい。

明日、要町の事務所でささやかな会合を催すことにした。
私からは特にお声掛けはしないが、興味のある方は明日午後6時に要町の私の事務所にふらりと顔を出されたらいい。

何も始まらないかも知れないが、一人でも熱い人がいれば、その熱が他の人にも自然に伝わっていくはずだ。
乞う、ご期待。



単なる数合わせでは何も生み出さない。

1+1が3にも4にもなるのであれば、相乗効果があった、ということになるのだが、立憲民主党と国民民主党の統一会派結成には旧民進党の勢力が再結集を図った、という以上の意味は見出し難い。

少なくとも無党派層には何も響かないはずだ。

8月25日の埼玉県知事選挙ですぐ結果が出る。
自民党支持のいわゆる保守層に何か響くものがあれば、保守層にも多少は食い込めそうなものだが、響くものがどこにもない。

国民民主党の若い方々が気の毒である。

もう賽は投げられたのだろうが、いい目が出る保証はどこにもない。
緑のたぬきと二階のたぬきの狸コンビではないのかしら、と思うほどに小池さんの都知事再選戦略は着々と進んでいるようである。

昨日、小池さんを支援する政治団体「百乃会」のセミナーに小池さんと二階さんが仲良く講師として登場されたようだが、二階さんが小池さんの強力な実質的支援者の一人であることがまたまた確認された。
自民党東京都連の方々はさぞ反発されるだろうが、二階・小池のコンビはそうそう解消しそうにない。

二階さんが自民党の幹事長を続投するのかが話題になりかけているが、内閣改造は大幅になるだろうが、幹事長職の交代は当分先のような気がしている。

執行部の中には二階さんを衆議院議長に推して二階に上げてしまおうなどと画策していたのではないかしら、と思われる人もいたようだが、どっこいそうは問屋が卸さない、ということだろう。
参議院選挙でまたまた二階派が増えているから、今の段階で二階さんに、幹事長を降りるべしなどという声を上げる人がいるとはとても思えない。

二階さんが幹事長を降りるのは、あくまでご本人の健康問題が深刻になった時。
衆議院解散総選挙までは二階さんは幹事長職は手放さないはずである。

公明党筋からは衆議院の解散総選挙は来年の東京オリンピックが終ってから、という声が上がっているくらいだから、自民党東京都連の方々がいくら騒いでも来年の東京オリンピックの直前に実施される東京都知事選挙に自民党から独自候補の擁立など出来るはずがない。

まあ、無駄な考え休むに似たり、というところかしら。
これから何が待ち受けているのか分からないで戦々恐々としておられる方が、与野党共にそれなりにおられるのではないだろうか。

消費税の増税を実施して世の中が良くなると信じておられる方が、現時点でどれだけおられるか。

嫌な予感がしている。
どれだけ景気が落ち込むのか分からないが、消費税の増税で景気が上向くとはちょっと考え難い。

韓国における嫌日感情、反日感情を抑え込むような方策は殆どなさそうだから、日韓関係は悪化する一途だろう。
韓国の日本離れが進むと、韓国からの訪日客も少なくなるのは必然である。
万一2020年東京オリンピックへの不参加表明などという事態にまで発展すれば、まず修復不可能になる。

日米関係も何だか危うい。
アメリカが日本に様々な要求をしてきていることがあからさまになると、アメリカに追従しているようにしか見えない現在の安倍政権に対する何とはなしの批判感情が強くなっていく虞が強い。

北朝鮮に対する拉致被害者救出活動も、さらにはロシアに対する北方領土返還交渉も何の成果も収めそうにないことが明らかになると、外交面での行き詰まりが一気に顕在化しそうである。

選挙に強い安倍自民党のイメージがどうやら少しづつ崩れて行きそうだ。

立憲民主党も国民民主党も旧民主党を想起させるだけの存在に終わりそうだから、これから先大した展望は開けそうにない。

伸びるのは、れいわとN国、そして維新の三者だけ、ということになりそうである。

まあ、当たるも八卦当たらぬも八卦、の類だからそう気にされることはないが、何か手があるのであれば今の内に打たれておくことだ。