早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
25日に結果が出るのだが、地元新聞の調査では自民党の候補者と野党第一党推薦の候補者が横一線だということのようである。

今日の段階で横一線というのは、追い上げる候補者の陣営に追い風が吹き始めた、ということだろうと思っている。
これから1週間の間に選挙情勢を大きく左右するような出来事が起きることはちょっと考え難い。

結局は選挙運動力が高い陣営の組織力なり運動量の多寡がジワジワと効いてくるはずである。

双方の陣営とも死力を尽くすはずだ。

まあ、双方陣営とも週刊誌の話題になるような材料は抱えていないだろうが、多少のフェイクニュースや誹謗中傷まがいのビラが飛び交うようなことが出て来るかも知れない。

どうぞ、皆さん、お気をつけて。
泉健太氏が国民民主党を離れて新・立憲民主党に入党したことが、どうやら立憲民主党に化学変化を起こしそうだ。

立憲民主党の代表の枝野氏のコメントは政権を狙っていると言われている政党の代表としては如何にも教条主義的で、何でも政権批判の材料にしてしまうな、と些か首を傾げるような浅いものだったが、立憲民主党の政調会長としての泉健太氏のコメントは、日米共同声明の内容をよく読んだうえでの周到なコメントだったように思う。

ほう、立憲民主党もやれば出来るじゃないか、というところである。

政治的立場を異にしていると、何でも政権批判の材料にしてしまいがちだが、政権批判ばかりに固執していると、それなりに評価すべきものまで一律に批判の対象にしてしまいがちで、聞いている者をウンザリさせてしまうことがあるのだが、どうやら泉健太氏はそういう類の人とは違うようである。

いいものはいい、悪いものは悪い、と言えるような人でなければ本当の信頼を獲得出来ないはずなのだが、今までの立憲民主党の中の声の大きな人は、いつも批判ばかりで、いいものをいいと認めるようなことはしなかったようである。

立憲民主党が、中間層や無党派層に支持を拡げることが出来なかったのは、多分そういうことが一つの原因だったろうと思っている。

ひょっとしたら、泉健太氏が立憲民主党の政調会長になったことで、立憲民主党の文化なり政治風土が変わるかも知れないな、と思わせるような出来事であった。

こういう動きは、大いに歓迎したい。



今回の日米共同声明は、結構周到に練られていたようで、中国政府が反発・抗議の意思表示をせざるを得ない程度にはインパクトがあった重要な共同声明だということになるだろう。

アドリブは出来ないが、それでも菅さんは今回の共同声明で日本の立ち位置を世界に明示したことになる。

何の成果もなかった、などと矮小化したくなる方々も多いだろうが、日本とアメリカががっしり手を握った、くらいの印象は残るはずだ。

中国の顔色を窺うような印象は、これで完全に払拭できたはずである。

別に中国に敵対するわけではないが、中国政府に対して日本政府として言うべきことはしっかり言うことにした、というあたりか。

中国政府側から様々な形での反発や抗議があるだろうが、中国政府側の反発や抗議が強ければ強いほど日本政府側の対応も益々日米同盟重視の方向に傾いていくはずである。

菅さんがどこまで腹を括っているかは分からないが、日本の対中姿勢は強くなる。
少なくとも、菅さんは媚中外交とは一線を画していることは明らかだ。

多分、大方の国民は、菅さんのこのような基本的な外交姿勢を支持するはずである。
他県とは言っても、私の住まいは板橋区や練馬区とそう離れていないし、電車に乗れば20分以内に池袋に着いてしまうのだから、「来るな」と言われても、「はい、分かりました」とは言えない。

副都心線に乗れば30分以内に渋谷に着いてしまうのだから、旅行先で「どこから来ましたか」、と聞かれれば、「東京からです」、とつい答えてしまうくらいなので、自分自身の頭の中では、私は東京の人間だ。

いわゆる埼玉都民である。

埼玉県知事の動静よりも東京都知事の動静の方に関心がある。

来るな、と言われているが、あれは、コロナに向かっての言葉で、私には関係ないんじゃないかな、と思っている次第。
まあ、なるべく行かないようにはするが、要町に行くくらいはいいんじゃないかな。
AP通信が「五輪は開催、ただし名ばかりで」と批判的なコラムを掲載したようだが、それでも、今の状況でオリンピックが開催出来るのなら上等、と言った方がいいのではないかしら。

私も、今年のオリンピックは名ばかりのオリンピックで、いつものオリンピックとは程遠いものにならざるを得ないだろう、と思っているのだが、それでもこの問題をいつまでも引き摺らない方がいいだろうと観念している。

どんなにみすぼらしいオリンピックになっても仕方がない。

コロナに打ち克つことなど今の状況では殆ど無理だ、ということは、皆さん、十分承知しているはずだから、コロナとの戦いに勝った証としてのオリンピック開催、などという過去の如何にも気負った物言いはすべて水に流して、コロナとの戦いを懸命に戦っているすべての国の団結のしるしとしてのオリンピック開催だ、などと発想を転換することはいいことである。

国別の金メダルの数を数えるようなことは、この際止めてしまうことである。

国威発揚の絶好のチャンスだ、などという従来の発想も捨ててしまうことである。

オリンピックは、開催出来れば、それで成功。
経済的な損失は莫大だろうが、それもすべて呑み込んでしまうことである。

ただし、オリンピックの開催でコロナ感染を全国のみならず全世界に拡大するような結果になってしまっては大変だから、コロナ感染拡大のリスクを最小限にするための万全の措置が必要になることは当然だが・・。

私たちは、パンデミックや大規模自然災害には、やはり勝てませんね。
日米首脳の共同声明に中国政府が反発することくらいは想定の範囲内だったろうから、今回の菅さんの訪米はそれなりに成果があった、という評価になるだろう。

特にプラスはないかも知れないが、マイナスにはならない。
少なくとも、針の筵は待っていない。

帰国したら早速緊急事態宣言の再発出に取り掛からなければならなくなるのかも知れないが、だからと言って菅さんが直ちに窮地に追い込まれるようなことはなさそうだ。

菅内閣の支持率も自民党の支持率もダラダラと今の水準で推移しそうである。

野党の立憲民主党の支持率も同じようなものだ。

何をやっても変わらないし、何をやらなくても変わらない。

まあ、眠っているようなものだろう。

国民の皆さんも、そうですよ。
今はそこまで頭が回らない、と言ったところだろう。

菅さんは、今回の訪米に当たって一人も閣僚を伴っていないようだから、現閣僚の誰かを自分の後釜にする、などという考えはまったくないのだろう。

菅さんは、「チーム菅」みたいな発想はどうも持ち合わせていないようだ。

決していいことではないが、結局はこれが菅流ということである。

目先のことで頭が一杯で、先のことは殆ど考えていない、ということだ。

バイデン大統領とは、自分が会えば、それで十分、バイデン大統領との間に個人的な信頼関係が作れた、とアピールできればそれで十分、だとでも思っておられるのだろう。

アメリカにとっては極めて重要な会談だが、菅さんにとっては、バイデン大統領と直接会えば、今はそれで十分、というところか。

二階さんは、少々違う。

昨日のオリンピック中止発言は、それなりに知恵を絞ったうえでの発言だと思っていた方がいい。
オリンピック開催に向かってひた走りに走っている菅さんに対しての牽制にはなるだろうし、同時に自分の存在価値の大きさを誇示することにもなる。

二階さんが何を考えているのかよく分からないところが、如何にも二階さんらしい。

二階さんが如何にも古狸のように見えてくる。
実際にそうなのだが。

老獪な二階さんに対抗するためには、やはり同じくらい老獪な人を持ってきた方がよさそうだ。

目下のところ政界のもう一人の狸は、皆さん、ご存知のあの人。

二階さんの昨日の発言を、「叱咤激励でしょう」と言い切れる人である。


まだどこかに残り火があるのかも知れないが、維新は名古屋では当分起ち上がれないだろう。

大阪の吉村知事も名古屋にはそう簡単に足を踏み入れることは出来ないはずだ。

何故名古屋の維新が愛知県知事のリコール運動にあそこまで前のめりになったのか、まったく分からない。

河村たかし名古屋市長は独特のキャラクターだから、維新の風下に立つようなことは絶対にしないはずだから、名古屋や愛知の維新の方から河村たかし名古屋市長の方に近づいた、と見た方がよさそうである。

それにしても、愛知県知事のリコールを求める署名活動の中核を維新の衆議院選挙公認候補予定者の維新の支部長や維新所属の市議会議員が担っていたとは。
名古屋市長選挙の真っ最中ではあるが、今回の選挙は名古屋や愛知の維新にとっては何一ついいことはないはずである。

リコール活動団体の事務局幹部だった愛知県常滑市の市議会議員が、昨日「偽造署名に深く関与した」として辞任届を提出したようだが、どうやら近日中に警察当局によって逮捕される人がいる、ということだろう。

現時点では警察当局の捜査がどこまで及ぶのか皆目見当が付かないが、リコール運動に少しでも関わった人はいずれ警察当局等から事情聴取を受けることになるはずだ。

維新の火は、名古屋や愛知ではほぼ消えた、と言っていいだろう。
素手でコロナ変異株との戦いに臨んでいる、という小池さんの認識は、正しいのだろう。

私たちは、コロナ変異株を叩きのめすような武器は、一つも持っていない。

医療関係者の皆さんは、そういう状況であることを十分承知しながらコロナ変異株との戦いの第一線におられるのだから、何も武器を持たない私たちは医療関係者の皆さんに感謝するしかない。

私たちが今、しなければならないことは、医療関係者の皆さんにこれ以上のご負担を掛けることがないように、ひたすらコロナに感染するリスクを最小限にすることだろう。

「東京に来ないでください。」
「東京から出ないでください。」

小池さんの叫びは、真剣である。

多分東京には、コロナに感染しても無症状化、殆ど何の影響もない人があちらこちらにいるのだろう。

武器を持たない私たちが出来ることは、徹底的に周りの人から遠ざかることくらいかも知れない。

ソーシャルディスタンスを徹底的に守ること。

皆さん、私たちの傍に来ないでくださいね。
こちらから皆さんの傍に行くようなことはしませんからね。
もう、そのままアメリカで生活することですね。

解決金?

何も解決しないのだから、余計なことはしないし、何も言わないのがいいでしょう。

まずは、自立することでしょう。
あらゆることからフリーになることです。

ご自分が強くなれば、いずれ何をすればいいのか、どう動くのがいいのかが分かるようになるはずです。

勿論、すべてのことが不調になって終わるかも知れません。
その時は、すべて夢だった、と思うことですね。

そして、恩のある方々への感謝は終生忘れないことです。

その謙虚さ、慎ましさがあれば、道が拓けるかも知れません。