早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
都議会改革については既に一応の成果が挙がっていると思われるので、小池さんには次のステップに進んでもらいたいと願っている。

どう考えても我が国は世直しが必要な段階に来ているように思う。
小池さんが都知事になり、都民ファーストが先般の都議会議員選挙で大勝したのだから、東京改革の方はある程度道が見えてきている。

小池都政を貶めるための様々な批判がこれからも出てくるだろうが、一旦回り始めた東京大改革の歯車は止まらないだろうし、どんなことがあっても逆回転することはないはずだ。

小池さんには、小池さんにしか出来ない大仕事を是非、小池さんの元気なうちにやってもらいたいと思っている。
東京大改革の次は、日本の大改革である。

日本の改革は国会議員の皆さんの仕事だから、都知事はそう大して関われない、などと言って欲しくないところだ。
ご自分の力の出し惜しみは、決してして欲しくない。

無力な人や非力な人にお願いするのは酷というもので、ここはやはり力のある小池さんにお願いするしかない。
さすがの小池さんも3年も4年も経てば、かなり力が落ちてくるだろうということは十分覚悟しておかなければならない。

日本は、今、世直しと言っていいほどの大きな改革に迫られている時期に差し掛かっているように
見えてならない。
途轍もない不正義が罷り通っているのに、誰も口を噤んで本当のことを言わなかったり、何か組織的に大きな隠し事をしているように見えてならない。

小池さんが、世直しだあ、などと言うと大変な物議を醸すだろうが、私は小池さんには何とかそこまで踏み込んでもらいたいと思っている。

いよいよ新党の立ち上げが目前に迫っているが、新党に期待されているのは、今の日本の世直しではないかと思っている。
大変な力仕事になるはずである。
多分、若狭さんや細野さんだけでは、これだけの大仕事を仕上げていくのは骨だろうと思っている。

何とかして新党の代表には小池さんになっていただきたい。
都議会改革が軌道に乗り始めているのだから、小池さんの次の仕事は日本の世直しである。
多分、小池さんにしか仕上げられない。
多分、小池さんだったら、そこそこの成果が挙がる。

ここで小池さんが力の出し惜しみをしたら、折角の新党が大して力を発揮できないまま終わる虞がある。

やるなら、今、でしょう。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
多分、雷が落ちると思う。

本当にそんなことを考えているのかしら、と思うが、インターネットでは所信表明なしの臨時国会冒頭解散を政府・与党の幹部の方々が考えているそうだ。

さすがに安倍総理はこういう筋悪なシナリオは却下されると思うが、万一所信表明なしの臨時国会冒頭解散になったら、国民の皆さんは政府・与党の鉄槌を下した方がいい。
安倍総理を始め政府・与党の幹部の方々が国民の方を見ないで自分たちの保身に走っている、ということがこれで確定する。

私自身は、この度の解散を歓迎している。

今の国会は、与野党を問わずどうも国民の方を向いていない、やはりどうにかして早くガラガラポンをして、皆さんに一から出直しして欲しいと思い始めているから、ここで解散してくれれば国民の意思を表明できるようになるのだから、大義のない解散であっても解散してくれるのはいい。

しかし、この解散は、大義がないだけでなく、ある種の不正義を行うための解散、国民の追及を免れるためだけの解散だということになると、解散して結構だ、などとは決して言うことが出来ない。

どういう類の不正義が行われようとされているかについては部外者でしかない私たちにはとても審らかに出来ないが、逃げようとする人はきっと後ろ暗いところがあるから逃げようとしているのだろう、くらいのことは言っても差し支えないだろう。

所信表明もしないで、いきなり臨時国会冒頭解散?

野党の臨時国会召集請求権を実質的に無効化するような暴挙だと言っていい。

今はこういう言い方は流行らないが、憲政の常道に反する暴挙であることは間違いない。

ここまで今の政府・与党の幹部は堕落してしまったのか、と驚き、かつ嘆いているところである。

違うだろー、と大声を上げたくなるところだ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)
NEW !
テーマ:
若狭さんが新党で100人以上の候補者を擁立する、という構想を示されたことは結構なことだと思う。

新党が招来どこまで大きくなるのか、ということがある程度分からないと、新党に参加したいと思っていても二の足、三の足を踏む人が多いのが実際だろうから、いい人材を集めるためにはやはりそのなりの政党になりそうだという期待を持たせるようなものでないとなかなか成功しないものである。

取らぬ狸の皮算用であるが、ある選挙コンサルタントの方は、新党で35議席程度獲得し、第三党に躍り出る可能性がある、というご託宣を出しておられるのだから、ここは単純にそう信じて挑戦してみることである。

輝照塾の塾生の中からだけで一般の有権者にアピールするような清新な候補者を100名以上擁立するのは実際上難しいだろうから、本気で有為な人材を集めるのだったら、それこそあらゆるルートを活用しなければならない。

私は、今の日本は、その資質において自民党も民進党をも超えるような人材を求めている、と信じているので、新党の設立や有為人材の募集に多少でも貢献したいと思っている。

幸いに早川学校は、現時点ではそれなりに役に立てるような仕組みを備えているようである。
新党の候補者に本当に選ばれるかどうかは分からないが、それでも若い方々が自分の存在を世間にアピールする舞台の一つくらいにはなっているようだ。

縁がある人や新たに縁を求める人は、早川学校を覗いて見られることである。

小池新党は、10年、20年先を見て今日の一歩を決められるはずだから、いつ、どんなチャンスが回ってくるか分からない。

皆さん、ウキウキしませんか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
名古屋市長の河村氏が市長を辞めて衆議院選挙に出馬することを検討しているとのニュースが流れてきたが、ちょっと市長の職を軽く見ているようで感心しない。

橋下氏は大阪府知事を辞めて大阪市長選に出馬したが、当時はそれなりの大義があったが、河村氏の場合はどこに大義があるのかちょっと分からない。
まあ、大義のないことはどなたにしてもお止めになった方がいい。

東京都知事の小池さんが都知事を辞めて、小池新党の代表となって衆議院選挙に立候補するのではないかしら、という観測も一部にはあるようだが、まあお止めになった方がいいだろう。
都知事の仕事はこれからが本番なのだから、都知事職に専念されるべきである。

小池新党から衆議院選挙に挑戦する候補者の方々にとっては実にありがたいことだろうが、小池さんを都知事に選んだ有権者の皆さんが馬鹿にされたような気になってしまうだろうから、少なくとも次の解散時までは動かないことである。

小池新党のために小池さんが打てる手が、殆どない。
いつもは奥の手を出して人の意表を突くのが小池さんの得意技だが、私が見ている限り、さすがに小池新党については小池さんにも手がない。

あれば、小池さんならもっと早く手を打ったはずである。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:
まあ、助けてくれと言われているわけではないから、私が余計なアドバイスをすることはないのだろうが、心身のバランスを欠いてしまった人は、まずは心身のバランスを回復することに専念された方がいい。

仕事人間は何でも最後まで自分で仕事を仕上げないと気が済まないものだが、大体のことは自分がいなくとも何とかなるものである。
私にしか出来ない仕事だ、などと粋がっても、いざとなったら誰かが代わって仕事を仕上げてしまうものである。

まずは、自らの至らなかったところを自省し、自分自身を変える努力をすることである。
心身両面に不調をきたした時にやることは、しっかり休養を取り、心身両面の不調の原因を取り除くことである。

自分自身の見苦しさに気が付いて恥ずかしくなって消え入りたくなることもあるだろうが、全部受け容れることである。
自らの家庭の平穏を取り戻してから、次のステップに移るのがいい。

今の状況で選挙戦を戦うのは、ますます自分のストレスを大きくするだけで、大体は碌なことがない。

周りにいる方々は、本当のことを教えるのが親切というもので、ダメなものはいつまで経ってもダメなものである。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
北朝鮮の弾道ミサイル発射や核開発継続と同等の政治的な破壊力を持った安倍総理の臨時国会冒頭解散戦略だということは認めておいた方がよさそうである。

小池さんや若狭さんの応援団を標榜している私だが、あれこれ考えても打てる手が殆どないことを思い知っている。

出来るだけいい人材を政治の世界に送りたいと思ってきたのだが、今の段階でどの程度いい人たちにその気になってもらえるか分からない。
将来性のある有能な若い方々にどんどん政治の世界に飛び込んでもらって日本の大改革に取り組んでもらいたいものだと願っているのだが、どうも今の状況では麻生・安倍ラインの権謀術数に押し流されて、有為な新人の国政参加の芽を潰しかねないような危機的な状況になっている。

小池さんが新党設立の先頭に立つようになればガラッと風景が変わりそうな気がしているが、現状ではどうも旧態依然の顔触れで新人の政治参入を阻止してしまいそうだ。
この段階で衆議院を解散してしまえば、引退が当然視されていた人たちまで延命してしまう。

新人の皆さんにとってはこの度の衆議院選挙は相当厳しくなる、と覚悟しておいた方がいいだろう。
つい先日の都議会議員選挙の結果が吹き飛んでしまうような、既成政治家絶対有利の選挙である。

こういう既成政治家の保身のためだけの選挙は認めたくないのだが、一旦解散権を発動されてしまえば次の選挙まで異議を述べることが出来ないのだから、本当に困ったことだ。

民意は操作するもので、従うものではない、と思っている人が政権の要路にいるのだろうと思っている。
恣意的な解散権の発動で、好きなように政権の延命が出来たり、野党を壊滅的な敗北に追い込んだり、新党の設立であたらしい風を政治の世界に送り込もうと努力していた人たちの純真な企図を潰そうとするのだから、本当に罪作りなことである。

政治屋の皆さんはこんなことを考えるのか、と愕然としている。

この度の解散は、悪くするとあらゆる将来への希望の芽を潰してしまうことになる。
困ったことである。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:
こういう筋悪なことをしても内閣支持率が上がる、というのだから不思議なものである。

NHKが解散だ、とニュースを流したら、あっという間に皆さんがその気になってしまった。
さすがにNHKだと思うが、やはり筋悪なことは筋悪だとマスコミの皆さんが言ってくれないと、安倍さんも官邸も暴走してしまう。

官邸のマスコミ対策が相当利いているのだろうが、さて現時点で自民党の中では一番まともな論陣を張られるお一人の石破さんは何と言ってこの筋悪路線に対処するのだろうか。

とにかく、フェアではない。
今衆議院の解散・総選挙はやるのは、多分来年の自民党総裁選挙で確実に三選出来るような環境を整えようという保身的な発想から出ているのだろうが、さて、石破さんはそういうことに堪えられるだろうか。

石破さんは大義を重んずる人だから、大義のないことを強引に押し進めるようなことはしないと思うが、目先の勝利に拘る人は手段を選ばない、時を選ばないことがあるから、安倍総理がこの段階で衆議院の解散・総選挙を示唆し、与党の幹部に準備を支持したというニュースを聞いて苦々しく思っているはずである。

自民党の中にも良識的な人たちはそれなりにいる。
ただし、そういう人は面と向かって総裁や執行部の人たちと激論を戦わすようなことはしないから、結局は勇ましい人たちの言いなりになってしまう。

石破さんや村上さんは自民党の中の正論派だろうと思っているが、さて安倍さんの解散示唆発言に対してどう態度を表明されるか。

こういう理不尽なことはすべきでない、と抗議して席を立ってしまうかどうかの大事な問題ではないかと思っている。
石破さんが、今、それなりに窮地に陥っているのは確かである。

私は、石破さんが自民党を割って小池新党の旗頭になってくれるのを密かに期待しているのだが、さて、石破さんはどう動くか。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:
まあ、こういうものは当てにしない方が無難ではある。

しかし、どこでどんな風が吹くか分からないのだから、早川学校もある、というくらいの気持ちでおられるといいだろう。

いい人といい人を繋げるのが私の役割の一つだと思っているから、とにかく縁を頼って早川学校を覗いてみられることだ。
ちょっと元気をなくした人が、結構ここで元気を取り戻している。

早川学校には他の政治塾にはないものがある、というのが私たちの売りである。

友情と愛情がある。

まあ、世の中には優しい人が多いから、どこかでは癒されるのだろうが、早川学校に来れば、大体の人は笑顔で帰る。

どこの政治塾でもそうあって欲しいのだが、さて、若狭さんの輝照塾はどうだろうか。
小池新党の設立を懼れて、新党の態勢が整わないうちに衆議院の解散・総選挙をやってしまえ、というのがどうやら安倍総理の本音のようだが、新党の候補者擁立のルートは必ずしも輝照塾一本だけではなさそうだ。

ひょっとするとひょっとする、というのがこの世界である。

一つの縁がどんどん拡がるようなこともある。
友は友を呼ぶ、類は友を呼ぶ、という言葉がある。

運は運を呼ぶものである。
一つの縁を大事にされることだ。

きっと何かいいことがある。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
悪名は有名に似たり、という格言は選挙の場合にどこまで当て嵌まるだろうか。

現時点で一般の方々にまであまねくその名前が伝わっている人は、件の女性議員である。
私は件の女性議員は速やかに政治の世界から身を引いて、どこかで修行して来られた方がいいと思っているが、ご本人には次の衆議院選挙への立候補の意思があるようだ、と報じられている。

私に出馬を促すご意見がチラホラ聞こえるようになっているが、私をはじめ件の女性議員の知名度を凌駕できるような人は私の選挙区には一人もいない。

さて、有権者の皆さんは、知名度の高い方を選ぶのかしら。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
民進党の前原さんにはちょっと気の毒なことになってしまった。

新執行部としての体制がまったく整っていない状況での解散・総選挙ということになりそうだから、前原さんはかつてのリッカーの社長のようなもので、敗退後の残務整理を引き受けるために代表選に名乗りを上げたような格好になることは必至だ。

多分、前原さんには運もツキもないのだろう。
運のいい人の周りにいると周りの人にもいいことが沢山あるのだが、運を引き寄せるだけの力がなかったのか、どうも言っていたことと違った結果を招いてしまう。

菅さんではないが、前原さんも四国の巡礼なりお祓いをしておけばよかったのかしら、と思うくらいに、目下のところやること為すことが裏目に出ているようだ。
こういうマイナスに向かっている運気を逆転し上昇に転じさせる秘策があればお教えするところだが、なかなかそういうものはない。

精々が運のいい人の周りにいた方がいいですよ、と申し上げるくらいで、少なくとも10月いっぱいは何ともしようがないようである。

衆議院議員の場合は常在戦場と言われてきたのだから、どんな結果になってもあたふたしないことである。
日本では選挙に落ちたくらいで死ぬことはなく、詰め腹を切らされることもないから、腹を括って負け戦に臨まれることだ。

まあ、それでもどこかで逆転することもあるから、今の段階ではしっかりファイティングポーズを取っておかれることだ。

自民党にとっても別に嬉しい選挙にはならないような気がしている。
大義のない解散・総選挙で大勝ちできるとはとても思えない。
選挙が終わって残るのは、自民党はなんとまあ卑怯なことをやったのだろうか、という不信感や軽侮感だろうから、安倍総理のイメージは何となく薄汚れたまま、ということになってしまう。

喜ぶのは、共産党だけかしら、というところだ。

小池新党はまだ出来上がっていないのだから、何とも言えない。

まあ、ゼロの状態から始めるのだから、何人かでも新人候補者を当選させたら大勝利だ、と言ってもいい。
少なくともマイナスになることはなさそうである。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)