早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
年金改革問題で部会で大活躍していたのは、河野太郎氏、山本一太氏ともう一人だったのだが、社会保障の分野で大活躍していたのは、世耕さんよりも現在愛知県知事を務めておられる大村さんの名前を挙げる方が適当だったかも知れない。
世耕さんも自民党の中ではあらゆる分野で活躍しておられた方なのだが、グリーンピア問題や公益法人天下り問題で当時活躍されていた3人組の名前を挙げるとすれば後に厚労部会長を務められたはずの大村氏の名前を外してしまうと私の記憶が随分いい加減なものと見做されてしまう虞がある。

先の記事を鵜呑みにされてはいけないので、念のため追記、一部修正させていただく。
まあ、これは謝罪して撤回されてよかったのではないか。

部会でギャーギャー言っているよりも、政務官や副大臣のチームに入った方が仕事が出来る、と自民党の若手の国会議員に言ったそうだが、多分、自分自身に対する反省を籠めての発言だったのだろう。

実は、自民党の中で、政調の部会で最もギャーギャー言っていたのは、私が知る限り河野太郎氏が一番である。

厚労省か社会保険庁の幹部職員に結構激しい言葉を投げ付けていた。

へー、自民党の国会議員はこういう物言いをしても許されるんだ、などと口をポカンと開けて見ていたような記憶がある。

私が衆議院議員に初当選したのは、2003年(平成15年)のことだったが、翌2004年頃から国会等でグリーンピア・年金福祉施設・年金住宅融資等の年金福祉諫言事業の意義や実施経緯が問題になり、事業に関連した公益法人への天下り問題が俎上に上っていた。

年金制度改革がメインのテーマだったが、公的年金制度によって集められていた年金保険料が本来の年金給付以外に安易に使われていたということで、公的年金流用問題として国民から厳しく批判された問題であるが、自民党の中でその追及の急先鋒を務めていたのが、河野太郎氏、山本一太氏、世耕弘成氏の3人だったと思う。

その3人の中でも河野太郎氏が最も声が大きく、担当者を最も厳しく責め立てていたという記憶である。

ギャーギャーという表現はあまり良くないが、確かにあれは、ギャーギャーと呼ぶに相応しい追及ぶりだった。

厚労省や社会保険庁の天下り問題も俎上に上っていたので、河野太郎氏らの資料提出要求に遅れがあったり、曖昧な答弁があったりして、初めて当該部会に出席した私からするとビックリするようなやり取りだったが、一連のやり取りを振り返ってみると、あれはあれで相応の理由があったのだろうと思っている。

自民党の総裁にならんとしている人が、政調の部会での議論をギャーギャーなどと表現するのは不適切だと思うが、当時の自分のことを振り返って、反省の意味を籠めて、部会でギャーギャー言っているよりも政務官や副大臣のチームに入った方がもっと仕事が出来る、と言いたくなるのは、分からないではない。

過日の週刊新潮の取材で似たようなことを答えたつもりだが、没になってしまったので、あえてここで一言言及しておく。

あ、これは止めておいた方がいいのにな、というニュースが飛び込んで来た。

立憲民主党の平野選対委員長が小沢一郎氏に衆議院選挙についての格別の指導を頼み込んだ、という話がSNSで流れてきた。
何やら特別のポストを用意しているようだから、立憲民主党の選対関係者が本当に困っている様子が窺える。

これが本当だとすると、立憲民主党は小沢一郎氏の言うことには逆らえなくなる。

豪腕で鳴る小沢一郎氏は、選挙の時には実に頼りになる存在ではあるが、自分が気に食わないことがあるとプイと横を向いて、以後一切音信不通になってしまうという癖があるようだから、こういう人に頼みごとをする時はそれなりの覚悟がいるはずだ。

何処に行っても、最後は壊し屋になってしまうのが小沢一郎氏だ。

枝野氏とも江田氏とも合わないはずだ。

打つ手がなくなって、小沢一郎氏を頼るしかない、と思われたのだろうが、これで立憲民主党は大きな爆弾を抱えたことになる。
4日後に迫っている自民党総裁選の投票日だが、各陣営とも拍車が掛かってきたようである。

依然として国会議員票では岸田氏が優勢だと報じられているが、河野陣営も昨日事実上の決起集会を開いたようで、オンライン参加者を含めて100人以上の国会議員が集まったようだ。

国会議員の票読みは簡単なようで、結構難しい。
未だに態度表明をしていな方が90名以上いるようだから、最後の最後でどうなるかは分からない。

安倍さんの意向を踏まえて目下のところ高市陣営に属している方々が結構おられるが、既に意向表明済みの方々を超えて国会議員の支持が増えているようには見られない。
本の売れ行きは好調のようだが、国会議員の支持票の方はどうやら伸び悩みの状態になってしまっているようだ。

最後まで投票先を明らかにしないだろうと思われる方も結構いるようである。

最後の最後に流れを作るのは、安倍さんでも森さんでもなさそうだ。

やはり、二階さんと菅さんの動きが重要である。

菅さんには菅さんなりの意地がある。
出来れば、菅内閣で積み上げてきた業績をそのまま継承してくれそうな人に政権を託したいと思うのではないか。

二階さんも然り。
自分がやってきたことをそっくり引っ繰り返されることには堪えられないはずだ。

菅さんは、自分がやってきたコロナ対策を正しく評価し、受け継いでくれる人に次の政権を託したい、と既に述べている。

ご本人がキングメーカーになることを望んでおられるかどうかは定かではないが、菅さんにはキングメーカーの一人になる資質があることは否定出来ないだろう。
熱い視線が日本に注がれている、ということだけは確かだろう。

まさか、まさかと思うような展開だが、いきなり日本が主役に躍り出たような感じである。
今年のTPP議長国が日本なので、英国も中国も台湾も日本政府の舵取りに注目するのは当然である。

自民党の総裁選の真っ最中なので、まだどなたも迂闊なことは言えないのだと思うが、それにしてもいきなり大役が回ってきたものだ。

多分、アメリカも日本に期待しているはずである。

菅さんの続投が決まっていれば、茂木さんが引き続き外務大臣として関係各国との調整に乗り出すことになったと思うが、今は自民党総裁選の結果待ち、ということにならざるを得ない。

それにしても、中国政府と台湾政府、さらにはTPPとは一線を画していると言われるアメリカ政府やTPPへの加盟申請をしているイギリス政府等様々な国や地域から頼りにされている日本、という絵を初めて見たような気がしている。

日本が今、期待されているような役回りを本当に十分に果たせるのかどうかは分からないが、腕に覚えがある人なら、今頃はワクワクしているはずである。

やはり、早く次の日本のリーダを決めてしまいたい。

まあ、野党の皆さんには、とても今の状況に対応出来るだけの力はないだろうが・・。
党員投票では4割程度しか集められないのではないか、という話が出回っている。

党員投票の6割程度を確保出来れば、一回目の投票で確定ではないか、と言われてきたのだが、どうやらあちらこちらで河野太郎バッシングが始まっているようで、思ったほどには河野太郎氏の支持は拡がっていないようである。

いわゆる突破力、政策実現力では群を抜いているのだが、河野太郎氏はどうやらあちらこちらで敵を作ってきたようで、大事なところで足を引っ張られかかっているようである。

そろそろ二階さんなり麻生さんに出張ってもらって、あちらこちらに見えてきた綻びを修復してもらった方がいいと思うのだが、どうもご本人やその周辺の方にはそういうことが得意な方がいないようで、このままズルズルと行きそうな予感がしている。

小石河連合、などという造語が生まれたが、小泉進次郎氏も石破茂氏もこういう方面はどうも不得手なようで、ここは河野太郎氏本人が動くべきところだろう。

若い方々がまだ本気になっていないような気がしてならない。
どこかに気の緩みがあったのではないか。

今は何でもリモートで済ませる時代になっているが、選挙は最後は対面でなければならない。

河野太郎氏の決起集会はリモートで行われたとのことだが、やはりそろそろ本当の決起集会を対面でやった方がいい。

選挙は、自分一人では出来ない。
若い方々が一堂に会して互いに気勢を上げるところからやり直してみることだ。

決起集会に参加した一人一人が脚光を浴びるようになると、選挙戦がグッと盛り上がることは間違いない。

河野太郎氏の陣営に盛り上げ上手な人がいるのかいないのか知らないが、そろそろ何らかの手を打った方がいいはずだ。
自民党の総裁選のことばかり流している、と批判されていたので、テレビ局がほんの申し訳程度ではるが、野党の皆さんのことも取り上げようと努力しているようである。

これはこれで悪くない。

自民党の総裁選のニュースばかり続いていたので、視聴者の皆さんにも多少の飽きが出て来る頃だから、政治に対する関心を持ってもらうためには多少は目先を変えた方がいいはずである。

野党4党の代表クラスの方々の討論会だったようで、偶にはこういう企画もいい。

もっとも、野党の中でもこういう番組に呼ばれないところもあるから、みんながみんなハッピーということにはならないのだが、とりあえず出演された皆さんには、よかったですね、お疲れ様でした、と申し上げておく。

ここで注目すべきことは、立憲民主党を代表して登場したのが、代表の枝野氏ではなく代表代行の江田憲司氏だったということだ。

まあ、枝野も江田も一字しか違わず似たようなものだ、と言ってもいいのかも知れないが、立憲民主党の顔が枝野氏と江田憲司氏とでは大分印象が違ってくるので、立憲民主党の関係者の皆さんは注意しておかれた方がいいかも知れない。

新立憲民主党は結党して1年を迎えたばかりで、党のイメージが今一つ明確でない。

共産党との選挙協力を第一に考えているのはよく分かるが、共産党との連立政権構想には消極的だという話も伝わってくる。

立憲民主党は政権奪取を狙っている、と言われているが、政党支持率は5パーセントから6パーセントをウロウロしているとも言われているので、とても本気にすることは出来ない。

結局は、野党第一党の座を死守するために頑張っているんだろうな、ということになってしまう。

やはり、顔は大事である。

立憲民主党の顔は、江田さん?それとも枝野さん?


河野太郎氏が党員投票の6割を獲得出来るかが鍵になりそうだが、岸田さんも高市さんも健闘しておられるようで、現状では決選投票にもつれ込みそうである。

1回目の投票でスパッと決まってしまえば、自民党の刷新感が如実に表れると思うが、現実の政治の世界はなかなか思うように行かないものである。

党員投票と国会議員投票の双方で河野太郎氏が最多得票を獲得すれば、2、3位連合などというおぞましい手段を使わなくて済むだろうと思うが、今はあらゆる事態を想定して最善の方策を練っておくべきだろう。

こういう時は、やはり何度も修羅場を潜ってきた方々の練達の技に頼られるのがいいだろう。

色々問題はあるが、こういう時に頼りになるのは、やはり二階幹事長と菅総理の二人だろう。
誰も傷付かないで済むような落としどころを探してくれるはずである。

こういうことは、若い方々にはなかなか出来ないものだ。
立憲民主党には、まだ、これだけの演出をする力量はない。

役者も違うだろうが、演出家も違う。

永田町では、当分、自民党中心の舞台が続くはずである。

自民党総裁選で今日から4日間連続で、オンライン討論会「自民党総裁選LDPオープンタウンミーティング 国民の声に応える政策討論会」が開催されることになっている。
毎日18時から19時30分の1時間30分もの間、一般の方々から寄せられた様々な質問に4人の総裁選候補者がそれぞれに答える形式で開催されるようだから、総裁選の候補者と一般の国民の方々との距離が格段に近くなることは間違いない。

マスコミがこういった企画をどう報道するかは分からないが、自民党が次から次へと手を打っていることだけは確かである。

勿論報道の公正さを担保するために野党第一党の動きについてもそれなりに報道するだろうが、内容の面白さから言えば天と地ほどの差があることは否めない。

実は、総裁選が終ってからも、自民党は新しいドラマを用意している。

世耕参議院自民党幹事長が、二階さんに挑戦状を突き付けた、という話がSNSで出回っている。
二階さんが引退して自分の家族に選挙区を譲る動きをしているらしいという話を聞き付けて、二階さん家族による世襲に反対して、世耕さんが参議院議員を辞職して衆議院選挙に出る、という話だ。

永田町に激震が走るようなビッグニュースである。

これで自民党の世代交代の流れは本格化する。

これでは、否が応でも自民党に世間の関心が集中するのは止むを得ないだろう。
まあ、安倍前総理と今の自民党を一緒くたにして、安倍前総理に対する批判を今の自民党にそのままおっかぶせようとする方が現れるのは仕方がないと思うが、そういう方々が思うほどに今の自民党と安倍さんは一体ではない。

森友学園問題、加計学園問題、桜を見る会前夜祭の問題、買収問題で議員辞職を余儀なくされた参議院議員に係る総合計1億5000万円の資金提供問題等々で多くの方々が安倍さんに対して強い不信感を抱かれるのは自然だと思うが、自民党のすべての議員が安倍さんを無批判に擁護する側に回っているかと言うと、実際にはそうではないはずだ。

表立っての批判は控えているだけで、内心では困ったことだと思っている人が多いはずである。

口を噤んでいるからと言って、すべてのことを肯定しているわけではない。

いずれ、そのことが露になるはずだ。

今回の総裁選で既にその端緒が現れている。

派閥の指示に従わないで自主投票に決したことで、多くの自民党の国会議員は様々な軛から解き放たれた。

自民党は、もはや安倍さんの党などではない。

自民党は安倍さんの党、などと思って来るべき衆議院選挙の戦略を練っておられたら、多分大きな間違いをすることになる。