早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
玉木さんや国民うさぎの人気は大したものだと思うが、しかし、選挙で国民民主党が大勝利する日は来ないと思う。

国民民主党の支持率が相変わらず低いのは、国民が今の国民民主党には大して期待していない証拠。

今の自民党に批判的な人はそれなりにいるが、そういう方々の支持が国民民主党に向かう傾向は、今のところほぼ皆無だと言っていいだろう。

ゆ党のままでは、現状を打破することは出来ない。

来年の通常国会で、国民民主党はその存在意義を問われるような事態に遭遇することになるだろう。

来年度の通常予算に賛成するようなことになるのだったら、思い切って与党の一角に食い込むことを志向すべきだろうし、あくまで自民党が掲げる政策に反対の姿勢を貫くのであれば、もっと反自民、野党色を強めなければならなくなるだろう。

来年の通常国会は、ゆ党のままではいられなくなる。

国民民主党がどういう政策を打ち出すのか。
それ次第である。

来年は、日本の将来を決するような政策大転換の年になる。

国民民主党には、心して臨んでもらいたいものだ。
当初の区長選で最高の得票を得た候補者が、再選挙で大幅に得票を伸ばして当選されたということは、実によかった。

かつて都民ファーストに所属していた都議会議員が都民ファーストを離党して、しばらくの間無所属で議員活動をした後、今回の品川区長選挙に政党の支援を受けない完全無所属の立場で挑戦された選挙だが、再選挙で大幅に得票を伸ばして当選したということの一因は、何処の政党からも支援を受けないことに徹したことにあったのかも知れない。

まさに品川区民の立場に立って、品川区や品川区民のために区政を推進したいというその政治姿勢が評価されたのだろう。

現職の市長が応援に回った、というのも大きかっただろう。

沢山の柵を抱えた候補者では、いくら区民のために仕事をします、などと訴えても一般有権者の心を捉えることは出来なかったはずである。

国民民主党は、当初の選挙では名乗りを上げなかった新人候補者を再選挙に擁立したが、これは選挙参謀の完全な間違いだったろう。
国民民主党には、首長選挙で候補者を当選させるだけの力はまだない。
合格点数を低くしてしまうと、皆さん、中途半端な勉強しかしなくなる可能性があるから、ある程度はハードルを高くしておきたいものである。

自民党の幹事長の茂木さんが出した統一教会等被害者救済法案について立憲民主党の幹事長である岡田さんは、50点ぐらいの点数を付けて、後もう少し頑張って60点ぐらいのものに仕上げて欲しいと言ったそうである。

落第点は付けないが、合格点にはまだ少し足りないということだろう。

この法案のままでは被害者救済の役には立たない、などと仰る方もおられるが、まだそこまで悲観的にならない方がいいだろう。

自民党としては結構踏み込んだ内容にはなっている。

国民民主党は、この被害者救済法案には賛成すると既に述べたようだが、委員会での質疑を聞くまで賛否の態度表明は控えておくくらいが丁度いいのかも知れない。

この臨時国会の会期中に被害者救済法が成立する目途が立ったのはいいことだ。

茂木さんのポイントである。
岸田さんがコケても、俺がいるぞ、くらいなハッスルぶりである。

幹事長の茂木さんは、実にいいポジションを占めている。

統一教会被害者救済法案の会期内成立も視野に入ってきたというのだから、茂木さんが着々とポイントを稼いできているのは間違いない。

衆議院の新しい小選挙区区割りに基く小選挙区支部長の選任作業も着々と進んでいるようである。

やはり本命は茂木さん、ということになりそうだ。


私のブログの読者の中にはなかなか賑やかな人がおり、ワクチン接種を如何にも毒物接種のように見做してあれこれ騒いでおられるが、私は多少の毒は自分自身の毒で消してしまうようなところがあり、目下のところ何の異常もない。

発熱もなければ、痛みもない。

今朝も青葉台公園でのラジオ体操や活血功に参加しており、万事好調である。

ワクチン接種の副反応で発熱したり、痛みを訴えられる方がおられるのは承知しているが、私の場合は、ワクチン接種で益々元気になってしまうようなところがある。

誰にでも通用するようなことではないが、少なくとも私はワクチン接種で安心と元気を獲得している。

勿論、だからと言って寒風の中をあちこち歩き回るような無理はしない。
会食も、特に必要な時以外はしない。
今日も都内某所でクリスマスチャリティコンサートの案内があったが、さすがに人混みの中に出るのはしばらくは控えておいた方がいいかな、と思って、あえて欠席した。

ツイートで私の近況を知らせて欲しいという連絡があったので、取り急ぎ現在までの経過報告まで。

特に心配することはなさそうですよ。
反撃能力(敵基地攻撃能力)の取得に大方の人は賛成されるようだが、危機感を煽られると真珠湾攻撃に踏み切った山本五十六のような軍人が出て来るかも知れないので、私はトマホークのような長距離ミサイルの保有には反対である。

軍人としては立派だが、しかし真珠湾攻撃などという愚かな戦術を提唱し、自らこれを実行してしまったということを端的に見れば、とても山本五十六を英雄や軍神扱いには出来ない。

本当に勇気があったのなら、身を挺して戦争突入を阻止すべきだったと思うが、山本五十六にはそこまでの勇気はなかった、ということだ。

まもなく12月8日がやって来る。

かつて日本は、今のロシアと同じようなことをやったことがある、ということを忘れないようにしたいものだ。


安倍・菅コンビは歴代最強のコンビと言っていいだろうが、あれは安倍さんのルーズなところを菅さんが上手にフォローしていただけのことで、岸田さんは菅さんを頼りにしたら、そこで終わりになると思っていた方がいいだろう。

今は、菅さんの力を借りないで、何とか凌ぐことである。

菅さんが岸田さんの官房長官を引き受けて、岸田さんをバックアップする、などという絵は描きにくい。

内閣改造を断行して、ご自分の周囲に信頼出来る仲間を集めることはいいが、ここで菅さんを頼るようなことをすれば、早晩、総理の座をどなたかに明け渡さなければならなくなる。

岸田さんにも菅さんのような存在が必要だな、と思ってはいるが、決して菅さん本人ではない。

岸田さんの支持基盤は極めて脆弱だと思われるので、岸田さんの内閣で国家の運命を左右するような重要な政策を後戻り出来ないほど決定的に決めてしまうようなことは差し控えておかれた方がいいと思う。

防衛政策然り、原発回帰政策然り。

ウクライナの現下の状況を見れば、日本の防衛費の増強等を急ぎたくなるのは人情だが、それでもここは一旦立ち止まるべきである。

今政府が検討していると言われている防衛政策の見直しは、結局は日本を現状より更に危うい状況に追い込みかねない。

防衛大臣や外務大臣を歴任した河野太郎氏は、いつまで口を閉じているのだろうか。

原発回帰政策への転換も然り。

国民の目の前に日本が直面している様々な重要政策課題を突き付けるのはいいが、決定は先送りした方がいい。

岸田さんは、その内閣がひ弱なのに、何でも今の段階で結論を出そうとしているようだ。
支持率よりも不支持率が上回っていることは、十分承知のはずなのに、随分無理をしているように見える。

まあ、今は、問題の所在を明らかにする程度で留めておかれることだ。
反ワクチン派のかたは、如何にもコロナワクチンが毒でもあるかのような言説を振りまいておられるが、私にとってワクチンは一種の守護神のようなもので、5回目のワクチン接種を終えてホッとしているところである。

ワクチン接種の副反応をこれまで一度も経験したことがないので、副反応で色々な症状が出ることをそれなりに警戒していたが、幸い今回も何の症状もない。

ワクチン接種をしたからといって、絶対にコロナに感染する恐れがないというわけではない、ということもそれなりに承知しているが、それでもコロナに感染しても重症化する虞は殆どない、ということは実にありがたいことである。

コロナによって生活のリズムが大きく変わってしまったが、自分自身の行動が実に慎重になったことは決して悪いことではないと思っている。

世の中には様々なリスクがある。
どうしても避けられないリスクなら受け容れざるを得ないが、コロナはどうやら相応の体制で臨めば避けられるリスクに分類できるようである。

避けられるリスクなら、皆さん、避けましょうよ。
1ミリ、オンライン上だったということだが、この種の判定は普通の人には無理である。

あれはアウトだった、と言われればそうだったかも知れないな、と思うような実に際どい判定だったので、観戦していた観客のすべての皆さんが判定の結果を固唾を呑んで見守っていたと思う。

極めて精巧な計測器によって1ミリだけライン上にあったことが確認された、という判定結果をすべての関係者が納得された、ということが実にありがたい。

これが、ワールドカップのいいところだろう。

どんなことにもケチの付けようがあり、実際には世の中には様々な理屈を編み出して判定結果に異議を述べる人が出て来るものだが、スポーツの世界ではそういうことが少ない。

こういう文化を、私たちは大事にしたいものである。