早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
大阪万博の開催まで後1年という大きな節目を迎えたが、実に危なっかしいところに私たちはいるようだ。

夢洲と名前はいいが、実際には「夢のような立地」とは言い難い厄介な場所での開催になるようだ。

建築予定のパビリオンの工事業者の選定が済んでいないところが数多くあるそうだ。

万博協会や大阪府は当初の予定通りに大阪万博が開催されることに自信を持っているようだが、さて、その自信はどこから来るのか。

まあ、魔法遣いの人たちがそれなりに揃っているようだから何とか格好だけは付けてくれるのだろうが、過剰な期待だけはしない方がいいだろう。

国民民主党は、都民ファーストや小池さんとの連携を徹底的に追求することにしたのだろう。

国民民主党が推薦したからと言って、乙武さんの選挙が楽にある可能性は殆どないが、国民民主党が旗幟を鮮明にしたことはそれなりに評価しておいた方がいいだろう。

中間層や浮動票はどうも動きそうにないから、立憲民主党と共産党が応援する候補者が数多立候補する候補者の中で一派先を行くことになるだろうが、自民党や公明党の支持層が最後の最後どういう動きをするか分からないから、やはり現段階では選挙情勢は混沌としていると言っておいた方がいいはずだ。

賑やかな、いや、騒々しい選挙戦になることは必至である。
ちょっと五月蠅過ぎるかも知れない。

大谷翔平選手は、やはり一種の超人のようである。

メンタル面で大分やられてしまったのではないか、と心配したが、今日も第4号目のホームランを打って松井秀喜選手の記録と並んだようだから、さすがである。

件の通訳の悪行が詳細に報道され始めたが、大谷選手をこうした報道に左右されず、淡々と成績を上げている。
悪い縁を断ち切ってしまったようだから、私たちは安心して大谷選手のこれからの活躍を見守っていけばいいのだろう。

世の中には、断ち切らなければならない悪縁というものがあることは確かだ。

悪縁を断ち切って、良縁を求める。

大谷選手は、見事にそれをやり遂げたようである。
大谷選手の益々の活躍を祈る。
安倍さんや細田さんなら塩谷さんに対して何らかの言葉を掛けるだろうに、と思うが、岸田さんや茂木さんにはそういう心配りがないのだろう。

せめて、すまなそうな顔をして、立場上こうするしかなかった、塩谷さんの気持ちはよく分かります、などと言ってくれれば、塩谷さんのことだから言いたいこともグッと呑み込んでしまって余計なことは一切言わないで引き下がったかも知れないが、今の自民党にはそういう人情が分かる人が少なくなっているのだろう。

これでは、自民党から人心が離れて行くのは仕方がない。

強い相手には阿り、弱い者にはつい居丈高になってしまう、というのは、未熟な証拠である。

気の毒な塩谷さんだが、是非頑張って欲しい。

岸田さんは、日本にいるよりも海外に出ていた方が似合っているようだ。

アメリカ議会での岸田さんの演説はなかなかよく練られていて、好評だったようである。

なるほど、岸田さんにはこういう強みがあったのか、というのが、現時点での私の正直な感想。

岸田さんも十分手応えを感じたことだろう。

今回の訪米は、岸田さんにとって決してマイナスにはならない。
とりあえず、塩谷さんにエールを送ることにする。

最終的には自民党を離党することになるとは思うが、今の段階で自民党党紀委員会の決定に唯々諾々と従うことはない。

ここはトコトン粘って、塩谷さんなりの正論を述べた方がいい。

これが塩谷さんにとっての最後の戦いになるかも知れないが、先の自民党党紀委員会の決定にはどう見ても瑕疵がある。

岸田さんや二階さんが不処分のまま一切の責任を免れてしまうことには、大方の国民は納得していないはずである。

塩谷さんも最終的には責任を免れないだろうが、それにしても塩谷さんに一切合財の責任をおっかぶせようとして、自分たちは素知らぬ顔をしている人たちにも何らかの責任は取ってもらいたいものである。
お金がある方々に申し上げておきたい。

お金がある人は絶対に自分にお金があることを他人にひけらかすようなことはしないでいただきたい。

ああ、この人はお金のある人の傍にいなければ、まだ何とかやっていけたのかも知れないな、と思うが、なまじお金がある人の傍にいたため自分の人生を駄目にしてしまったようだ。

典型的なギャンブル依存症で、ギャンブルにのめり込んでトンデモナイ悪事に手を染めてしまったようだ。
悪いことをしているという意識はどこかにあったはずだが、一度悪いことに手を出してしまうと歯止めが利かなくなったのだろう。

生まれつきの悪人などいない、というのが、私の考えだが、ギャンブル依存症になってしまった人は実に厄介だ。

え、こんなにも酷いことをやっていたの、と驚き、呆れている。

大谷選手がショックを受けなければいいなあ、と思うが、さて、どうだろうか。
まあ、何にでも学ぶことが出来る。

自民党と公明党が事実上見放したようだから、どんな風が吹いても件の人の当選はない。

負けるのを承知で選挙に挑戦するような奇特な人は滅多にいないはずだが、行き掛かり上もう後戻りは出来ないだろう。

世論調査の結果が判明し始めたようである。
有権者の好悪の感情が素直に今回の世論調査に反映しているようである。

選挙の公示直前になされた世論調査の結果は、かなり正直である。

勝算がほぼ消失した選挙を、さて、どう戦うか。

出来るだけかっこよく散りたいものである。
どうやら公明党も自民党も国民民主党もあえて推薦はしない、という方向で纏まりそうである。

一見孤立無援に見えるが、乙武さんにはこういう状況の方がいいだろう。

大変な逆境の中を戦い抜いて勝利すれば、その喜びは順境の時の勝利の何層倍も価値があるはずだ。

負けても、この逆境の中を最後まで戦い抜けば、それなりの価値がある。

誰一人として敬遠したことがないような、大逆境の中の選挙。

普通の人は、逃げ出したくなるはずである。

それを、逃げ出さないで最後まで戦い抜いたら、必ず誰かは評価するはずである。

誰にでも失意の時はある。
そういう失意の時を乗り越えることが出来るかどうか。

試されているんですよ。
大阪万博の工事現場での爆発事故はそれなりの報道価値があったのだと思うが、当初こそそれなりに報道されたようだが、現在ではほぼなかったも同然の扱いになっているようだ。

メタンガスの爆発事故で吹き飛ばされたのは100平方メートル程度だったという記事がSNSで部分的写真付きで出回ってきたが、この爆発事故のことを追跡取材しているマスコミは現時点では一社もいないようである。

マスコミが報じなければ、件の爆発事故はなかったも同然になる。

マスコミがどの程度の記事にして報道するか、そしていつまで報道を続けるかにすべてのニュースの報道価値が懸かっている、ということだろう。

件のあの忌まわしい報道も然り、ということだろう。