早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
件の選手は、監督やコーチの明確な指示に従って相手チームのQB潰しのために意図的に悪質なタックルをやった、ということが今日の記者会見で明白になった。

既に日大のアメフト部の監督を退任したから関係がない、答える必要がない、ということにはならない。

日大には、危機管理学部という立派な学部があるそうだから、日大として今日の記者会見を受けてどう対処されるかを注目したいと思う。

被害を受けた関西学院大学の選手は既に被害届を警察に提出しているようだから、有耶無耶な処理は出来ないはずである。
QB潰しを支持した監督やコーチを辞めさせるだけでは、この件はとても収まらない。

教育者としてしてはならないことを学生にさせてしまったのだから、ご本人から大学の役職を取り上げる程度のペナルティは最低限不可避だろう。

もっとも、アメフト部の解体まではしない方がいい。

監督やコーチ陣を早急に一新して、名門日大アメフト部の再生に力を尽くされることだ。
監督やコーチが悪かったからといって、選手や学生から夢を奪うようなことは止めた方がいい。
NEW !
テーマ:
まだ逆転できるかも知れない、と思って最後まで打ち切る人もいれば、これはもうダメだ、とあっさり投了する人もいる。

何手も先を読める人なら、相手の技量を見極めて、どうやっても劣勢を挽回できないということが分かったら投了されるところだと思う。

しかし、安倍総理や麻生財務大臣はあっさり投了するタイプではなさそうだ。
へー、まだ戦うつもりらしいぞ、どんなことがあっても最後は勝てると踏んでいるのかしら、などと口をポカンと開けて見ているところである。

先が読めないのか、それとも、相手の技量がどの程度かしっかり見抜いて、相手のミスを誘い出すことに長けた途轍もない上級者のいずれだろうか。

上級者は飛車角、香車落ちでも簡単に下級者を負かすことが出来る。
碁の場合は、井目おいても、段違いの上級者に下級者が勝つことは難しい。

安倍総理や麻生財務大臣が相手の技量をしっかり見抜いて、相手のミスを誘うことに長けた超が付くほどの達人だなどとは思わないが、まあ、野党の皆さんがそれほどの上級者ではないことは明らかだ。

本当に詰むまで戦いを続けられるのだろうと思う。
詰んでいるのに最後まで打ち切るのは、へぼ将棋と言うはずである。
NEW !
テーマ:
私は、愛媛県が国会に提出したという文書の信用性には何らの疑いも持っていない。

そもそも愛媛県に内容虚偽の文書を提出しなければならない理由や必要性があるとはとても思えないから、ネットの一部で、この文書はフェイク文書だ、改竄されている、などと騒ぎ立てておられるのを見て少々ウンザリしている。
文書の体裁や記載内容からして、愛媛県が国会に提出した文書は十分に信用に足るものである。

この新たに開示された愛媛県の文書を前提にすると、安倍総理のこれまでの国会答弁は大事なところで間違っているようだ。

江田憲司氏などは、もう詰んでいますよ、と再三指摘されているが、私にもそう見える。

ふーん、安倍総理はこの愛媛県文書を目にしてどう答えられるのだろうな、などと心配していたのだが、安倍総理は愛媛県文書の記載内容を否定することに決められたようだ。

愛媛県文書に記載された日に加計学園の加計幸太郎氏と面談したこともなければ、それ以外の日に加計幸太郎氏と会食をした事実もない、と断言された。

私は、人の記憶はかなりいい加減で、記憶だけに頼ってあれこれ物は言わない方がいい、と思っているので、愛媛県文書のような物が出てくれば、そう言えばそういうこともあったかも知れないな、と妥協してしまうが、安倍総理はご自分の記憶には絶対の自信がおありのようだ。

本当のことは加計学園の加計幸太郎氏と安倍総理しか知らないのだろうから、ご本人がここまで断言されると、部外者の私たちは、本当にそうなのかしら、何か変だなあと思いながら、取り敢えずは引っ込まざるを得ないのだが、しかしいつまでも釈然としない思いを引き摺ってしまうことは間違いない。

何だか、黒を白と言いくるめられているような気がしてしまう。
自民党の二階幹事長などは、立場上総理の言われることを信じます、と言わざるを得ないのだろうが、お茶の間の皆さんが二階幹事長と同じような受け止め方をされるかは甚だ疑問である。

多分、お茶の間の皆さんは、白けている。

白を切るのはいい加減にされては、と思っているかはともかく、一連のモリカケ問題について大方のお茶の間の皆さんは、白けているはずである。

テーマ:
羽根付きなら顔に墨を塗るところだが、今はそういうペナルティは流行らないだろうから、冷笑を浴びせるくらいだろうか。

国会の権威も国会議員の権威も、どんどん低下しているようである。
少しは国会の権威を高めるようなことをすればいいのにと思うが、現実は興醒めするようなことが相次いでいる。

明日の本会議で茂木大臣の不信任決議案が否決されるのだろうが、不信任決議案が否決された後の自民党や野党の動きが気になる。

維新や無所属の会を除いた野党は、およそ通るはずもない茂木大臣の不信任案を提出して国民の失笑を招いてしまったが、自民党が数を恃んで強行採決に走ったら、今度は国民の批判は自民党や安倍内閣に向かうはずである。
野党の皆さんが自民党の強行採決に抗議して再び審議拒否戦術を使うようになったら、またまた国民の批判は野党に向かう。

全会一致で候補者男女均等法を可決成立させたのは今国会の快挙だと思うが、通常国会が終わって残ったのは国会や国会議員に対する不信だけということになったのでは、如何にも残念である。

このままでは、国会の権威が徐々に失墜していくような予感がしている。

結局、この通常国会では国民投票法の改正も憲法改正の発議もなされないままに終わりそうである。
決済済み文書の大改竄行為を組織的に行った財務省の幹部等についての刑事責任が不問にされ、財務省の最高責任者として政治的責任を問われるはずの麻生大臣も財務大臣のポストに居座ったままで、かつ、モリカケ問題についての最終決着も付けられないままに通常国会が幕を閉じることになったら、国会は何をやっていたのか、ということになるのではなかろうか。

そろそろ、衆参両院議長に本領を発揮していただきたいところである。

少なくとも、決裁済み文書の改竄や自衛隊の日報隠し等について、国会として内閣に対して正式に抗議するなり、法的に可能であれば告発等の措置も検討していただきたいものだ。

テーマ:
これが自民党の底力だなあ、と感心している。

来年の統一地方選挙に向けて自民党の地域支部があちらこちらで候補者の公募を行っているようである。
自民党が候補者公募を積極的に進めるようになったのは、いつの頃からだろうか。
政治に志を立てた方は、積極的に応募されたらいい。

候補者の選考が公平に行われて、本当に実力と可能性に溢れた人が自民党の公認候補として選ばれて行くのなら、公募をすればするほど自民党は強くなる。

野党の皆さんもそれなりに候補者の公募をされているのかも知れないが、今の状況では応募者の確保が大変だろうと思う。
自民党の場合は、自民党の公認が得られれば、自民党の公認候補だと言うだけで投票してくださる有権者がそれなりにおられるはずだから、自民党公認は一種のブランド価値がある。

昨年の場合は都民ファーストにブランド価値を認める人が多かったが、一年で様変わりした。
それなりの実力と可能性を秘めた人でも都民ファーストのブランドだけで当選出来るかどうかは、今は何とも言えない。
マイナスになることはないだろうが、かつてほどプラスにはならなさそうだ。

それでは、立憲民主党や国民民主党はどうか、ということになるが、コアの支持者を除いていわゆる浮動票へのアピール度はそれほど高くなさそうなので、今の時点でどれほどのブランド価値があるのかよく分からない。

私の元秘書は、自民党の公認を得て、県会議員や区議会議員に当選している。
政治に対して志を立てた若い方々にお勧めするとしたら、今は、やはり自民党だろう。

もっとも、最近の自民党は党員集めのノルマが厳しいらしい。
党員100名を集めるというノルマを果たせる人が現実にどの程度おられるか、ということを考えると、そうそう誰にでもお勧め出来ることではなさそうだ。

テーマ:
強行採決しなければ日本の国民はそんなに怒らない、ということなのかも知れない。

最近の国会審議の状況を見ている限り、安倍内閣の支持率がアップするような要因はなかったはずだと思っていたが、案に相違して安倍内閣の支持率がアップしたという世論調査の結果がいくつかの新聞社から明らかにされた。

モリカケ問題やセクハラ発言問題報道に多くの国民が飽きてきた、という兆候なのだろうと思っている。
いい加減ウンザリしているが、しかしそのウンザリ感は安倍内閣の即時退陣を求めるほどにはなっていない、ということだろう。

安倍内閣を変えてもそれほど期待するようないいことがなさそうだ、という諦観に近い判断からの安倍内閣に対する消極的支持、といったあたりか。
まあ、どの世論調査でも不支持率が支持率を上回っているようだから、いざ選挙になったら大方の国民がどういう投票行動を取られるか予断を許さないが、今直ちに安倍内閣が瓦解するようなことはなさそうである。

その一方で、立憲民主党の支持率が顕著に低下している。

立憲民主党はゼロからのスタートを標榜する政党ではないはずだから、この世論調査の結果は相当ショックだろうと思う。
攻勢に出たはずなのに、いつの間にか守勢に回っている。
それぞれの地域で組織固めが進んでいたはずなのに、それが世論調査にまったく反映されていない。

どこかが間違っているはずだ。

何だか、変だなあ。
そう、呟かざるを得ない。


テーマ:
あと10年、あと10年と思いながら日々を過ごしている昨今だが、またまた欲が出てきた。
あと10年ぐらいでは、とても足りない。
30年は頑張りたいな、という思いが募ってきている。

30年後に、この国はどうなっているか。
30年後に、目の前にいる人たちがどうなっているか。
それを知りたい。

出来るだけ長く頑張ろう。
出来るだけ長く、この場所で頑張ろう。
最後の一人になるまで、頑張ろう。

送られてきた都立西高の同窓会報を読んで、そういう思いに取り憑かれた。

私自身これからどれだけの引っ掻き傷をこの世に残せるか分からないが、出来るだけ見聞を広め、出来るだけ沢山のことを様々な人から学び、多少でも後世の人のためになりそうなことを残しておきたい。

そう、願っている。

今日は、私にしては珍しく感傷的になっている。

今日は、親しい方の一周忌の法要があったからだろう。

テーマ:
弁護士に対する懲戒請求の濫用は実に困ったことだが、なかなか有効な抑止策が見付からない。

中には弁護士が自分の抱えている係争事件を有利に持って行こうとして相手の弁護士に対する懲戒請求を唆す、などというケースもあるようだから、弁護士及び弁護士会として濫訴的懲戒請求の抑止策を検討する必要があることは間違いない。

弁護士会に対していわれのない大量の懲戒請求を受けた若い弁護士たちが一つの対抗策、防御策として濫訴的懲戒請求者に対する訴訟の提起を検討している、という話題がネット上に出回っている。

既に大阪の橋下徹弁護士や北海道の猪野亨弁護士がこの件について言及されているので、私も外野席にいる市井の弁護士として、どなたかの煽り記事に煽られてうっかり弁護士会に対して懲戒請求をしてしまった全国のウッカリさんに一言アドバイスをさせていただく。

懲戒請求をした相手の弁護士から、「①あなたの懲戒請求は何の理由もない、不当な懲戒請求である。②あなたの懲戒請求で私は大変な迷惑を受けた。③その損害は金銭に換算し難いが、あえて金銭に換算すると○○円を下らない。④したがって、私はあなたに損害賠償請求の訴訟を提起しようと準備しているが、本書到達から○○日以内にあなたから謝罪があり、かつ和解金として○○円の支払いがあれば、和解に応じる用意がある。⑤ついては、本書到達から〇日以内にあなたのお考えをご連絡いただきたい。」という趣旨の通知を受け取られた方は、まずは知り合いの弁護士に相談されたらいい。

訴訟を経験したことがない一般の方々には訴訟は実に厄介なものだろうから、訴訟を避けたくなるのは当然である。

訴状に「被告」と書かれているのを見て、「被告人」と読み間違る人もいれば、訴えられた、訴えられたと言ってパニックになる人もいる。
訴訟の当事者になるのを避けたいのは、誰でも同じこと。
訴訟を抱えて病気になる人もいるくらいだから、何はともあれ訴訟になることを回避しようという判断は正しい。
しかし、だからと言って、和解に応じなければ訴訟を提起するぞ、と通告してくる人の言いなりになってしまうことにもそれなりに問題があるので、ここは冷静に判断した方がいい。

全国の善良なウッカリさんを擁護したり弁護する気はさらさらないのだが、橋下弁護士や猪野弁護士の主張にも一理がある。

訴訟手続きに熟達した弁護士が得意の訴訟手続きを利用して全国の善良なウッカリさんたちに過大な請求をしているのではないか、という懸念があるのは確かだ。

訴訟を提起される可能性がある人が1000人とも4000人とも言われている。
裁判所が間に入れば、必ず裁判所が和解を勧める事案になる。

裁判所が介在しなくても、この問題は和解が相当な案件である。
この数日ネットで話題になったばかりの事件なのでまだ弁護士会としては動いていないようだが、ここは弁護士会の仲介で早急に妥当な解決を図った方がよさそうである。

もっとも最近は先輩の弁護士や弁護士会の役員の言うことにまったく耳を傾けない唯我独尊的で我が道を行くという若い弁護士もそれなりにいるということなので、この件が最終的にどう決着するのかは、私にも分からないが・・。







テーマ:
証人喚問なり参考人招致をするのなら、早い方がいい。

すべて私の責任だ、監督を辞任します、と言っているというニュースを見たので、そうか、辞任か、政治の世界よりスポーツの世界の方が結論が早くて結構、などと、アルコールの影響もあって詳細を確認しないまま昨日のコメントを書いておいたのだが、おっとどっこい、ご本人は責任は認めたものの、本当には何の責任も感じていないらしいことが分かったので、とりあえず昨日のコメントは読み流していただきたい。

一応謝罪はしているが、ほんの口先だけの謝罪で、ご本人は本当には何の責任も感じていないらしいことがその後の報道で少しづつ分かってきた。

この監督は、敵は徹底的に潰せ、どんな手段を使ってでもいいからとにかく潰せという、アメフトの世界ではどちらかと言うと異端に属する勝利絶対主義の信奉者のようである。
こういう戦闘心が強い監督がいたから日大のアメフト部は強くなった、という一面があるのだろうが、しかしこういう強い監督が君臨する世界では選手はロボットのような存在にならざるを得なかったのだろうと思えてならない。

この監督の君臨支配する状況の下で、他の大学が日大アメフト部との試合を拒絶するのは当然であり、こういう監督の存在を結果的に容認してしまうようなことは金輪際してはならない。

監督を辞任させてお終いに出来るようなことではない。

どういうペナルティーを課すのがいいのかについては、慎重に検討する必要があるが、私だったらアメフト界からの永久追放と日大の理事の自発的な辞職ぐらいは求めるところだ。

大学の運動部の在り方やアメフト競技の在り方等が問題になっているのだから、この問題は国会で取り上げられてもおかしくない。
必要があれば証人喚問や参考人招致を実施して、徹底的に追及していい。

日大の関係者の皆さんは、この問題を決して甘く見られない方がいい。
理事の中には法曹関係者もおられるようだから、早急に善処された方がいい。

お節介ながら。

テーマ:
「『安倍暴走列車にブレーキ』茂木大臣の不信任案提出」(テレ朝ニュース)なる見出しが躍っていたので、茂木大臣が本当に暴走したのかしらと思って、記事を読んだのだが、どうも茂木経済再生担当大臣ご本人の言動に問題があるということではないようだ。

「安倍暴走列車」なる言葉は、立憲民主党の辻元国対委員長の記者会見での発言をそのまま借用したもののようだが、安倍総理が暴走しているというのなら内閣不信任案を出すのが筋だろう。
茂木大臣の不信任案を出す理由がどうも釈然としない。

不信任案が可決されるはずもないことを承知のうえでの、単なる審議引き延ばし作戦の一つだということが一目瞭然なので、無所属の会の方々が不信任案の共同提出者に加わらなかったのは、当然と言えば当然のことである。

どうも立憲民主党の辻元さんはやっても殆ど意味のないことにエネルギーを費やしているようだ。

そういう、国民の共感を得られそうにもないことは、早々にお止めになったら如何、と申し上げたいところである。