弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
選挙の公示の直前に体調不良で埼玉県知事選挙への出馬を断念された行田邦子さんの動静が相変わらず不明なので、どうすれば参議院補欠選挙を活性化できるか、という観点から書いておく。

埼玉県知事選挙の結果が判明していないのに、先走り過ぎるな、というご批判を頂戴するだろうが、2か月後には補欠選挙が行われることが確定しているので、今の内に問題提起しておく。

自民党が候補者を擁立するとしたら、県会議員の中から適当に候補者を見繕うしかないだろうが、3年後の参議院選挙に自民党から候補者を擁立することは事実上難しいだろうから、なかなか引き受け手は現れないはずである。
行田さんが元気でしかも自民党筋の評判が良ければ、行田さんを担ぎ出す手もないではないが、今のところ目ぼしい動きは見られない。

埼玉県知事の上田氏の出馬も噂されているようだが、全国知事会長まで務めた上田氏を担ぎ出すことには立憲民主党も国民民主党も躊躇するはずだ。

まあ、何があってもおかしくないのが政治の世界だから、何があっても驚かないが、有権者が投票したくなるのはやはりそれにふさわしい出来事が起きた時。

埼玉県民にとってどれだけのインパクトがあるか分からないが、現時点で有権者の関心を集めやすい候補者の筆頭は、れいわ新選組の山本太郎氏だろうと思っている。
何もなければ大方の有権者から無視されそうな参議院の補欠選挙だが、れいわの山本太郎氏が立候補するということになると、全国の注目が埼玉に集中することになる。

れいわの支持率が4.3パーセントだという世論調査が先日発表されたばかりだが、れいわの勢いを保つためには国政選挙に出ることが一番のはずだ。
れいわの参議院議員のお二人はいずれも介護者の付き添いを要する重度の障害者。
国会の場で口八丁、手八丁の山本太郎氏の獅子奮迅ぶりを見たい方はそれなりに多いはずである。

うん、ここは山本太郎氏の出番だな。

あえて、そう書いておく。
ご参考までに。
4ポイントくらいの差が付くのかしら。

甲乙付け難し、とよく言われるが、甲乙の戦いには程遠いな、というのが大方の人の感想のようである。

どういう結果になっても、心の底から勝者を称える気にはなれそうもない。
結局は、それぞれの支持政党の色が色濃く出てしまった選挙戦になってしまった。
これでは、大方の無党派層の方々がそっぽを向いてしまったのは止むを得ない。

この人は絶対ダメだ、というほどのマイナスポイントはないのだが、この人が絶対いい、というほどの魅力が感じられなかったのが残念だ。

さて、知事選挙が終ってから、翔んで埼玉!というほどの高揚感を味わうことが出来るだろうか。


バラバラなものをただ集めて、雑然と棚に並べるだけの結果に終わってしまいそうだな、と思っている。

雑多なものをただ集めるだけでは何も起きないのだが、今は集めるのに精一杯で、集めて何をするのか、何を生み出そうとしているのかについて関心がなさそうに見えて仕方がない。

国民主党の場合は、放っておくとドンドン零れ落ちていきそうな人が何人もいるようだから、立憲民主党との統一会派構想を打ち上げて何とか体面を保とうとしているのだろうな、と多少同情しないでもないが、今の状況では何も生まれそうにない。

化学変化が必要なのに、そのための触媒なり器材の用意が出来ていないようだ。

単なる数合わせではないか、ただの野合じゃないか、という批判があっても、とにかく大きな塊を作ることにはそれなりの意義があるのだが、しかし、異質な物を同じ器に収納しておけばそれだけで何か新しい物が生成されるか、と言えば、大体は違う。

まずは、どうやって混ぜ合わせて、融合させるか、ということを考えておく必要がある。
当然潤滑油も必要なはずである。

混ぜ合わせるものが水と油ではいずれ水と油に分離していくことは必至なので、どういう物を混ぜ合わせるのか、ということにも十分意を尽くしておく必要がある。

現時点での支持率がれいわ以下で、ひょっとするとN国党にも抜かれてしまうかも知れないと言われている国民民主党に多くを期待するのは無理な話だということは十分承知しているが、玉木さんや玉木さんの周辺にいる若い方々が何か思い切ったことでもやってくれれば、多少は展望が開けそうなのだが・・。

まあここは、失望しないために、あえて何も期待していない、と言っておくことにしておこう。
本当は、ちょっぴり期待しているのだが。


さすがに前回の知事選挙よりは投票率がアップしそうである。

激戦だと伝えられてきたので、それなりに有権者の関心が高まったのだろう。

滅多にないことだが、本当にあなたの一票で当落が決まるかも知れない。
結果が見えていないからこそ、投票の価値が高まる。

あなたが、知事を決める。
あなたの一票で、知事が決まる。

どうぞ、この言葉を周りの皆さんに拡げていただきたい。

これでどうにか、投票率アップのために色々知恵を絞ってこられた埼玉県選挙管理委員会の皆さんのご苦労が報われるようである。

で、予想投票率はどの程度?

30パーセントをちょっと下回るくらいかな?
韓国政府は、どうやらトランプ大統領からも金正恩委員長からも無視され始めたようである。

こういう状態をシカトする、と言うのだろうが、韓国の存在感がドンドン小さくなっているのは確かだろう。
アメリカの政府高官は深く失望した、などと言っているようだが、トランプ大統領は依然として口を噤んだままである。
北朝鮮は、またまた飛翔体発射に踏み切ったようだから、北朝鮮が韓国に対して何の遠慮もしていないことがよく分かる。

北朝鮮の飛翔体発射はもっぱら韓国政府に向けられたメッセージのようだから、文大統領は益々北朝鮮や中国への傾斜を強めていくのだろう。

北朝鮮から威嚇されてした今回のGSOMIAの破棄通告ではないと思っているが、それにしても韓国政府や文大統領が何を一番大事にしているのかがよく分からない。
文大統領にとっては、南北朝鮮の統一が最大の政治課題だということだろうか。

韓国の方々が気の毒である。

この状態では、朝鮮半島有事の際にアメリカも日本も有効な手が打てなくなるかも知れないのに・・。

トランプ大統領がアメリカの主要企業に対して中国からの撤退を命令した、というニュースが駆け巡っている。
これでトランプ大統領が韓国からも撤退するように求めるようになったら、一種のパニック状態になってしまうかも知れないのに、さて、大丈夫かしら?
何度も失望させられると、失望しないために期待しなくなってしまうようなところがある。

どなたかが仰っているように、どうも最近は失望させられてしまうような事象が実に多い。
立憲民主党、国民民主党、さらには野田さん一派の統一会派構想などその最たるものの一つだろう。
横浜市のIR構想への参加表明も然り。

私たちを失望させかねないものは、それこそ五万とある。

2020年東京オリンピックの開催もその一つになりかねない。

ということで、失望しないために、あまり期待し過ぎないことに決めた。
心の平穏を保つためである。

ほどほどであればいい。
勿論、熱中症で人がバタバタ倒れるようになったり、あちらこちらで事故が起きては困るが・・。
トランプ大統領がツイッターでどんなことを言うのか注目しているが、今のところトランプ大統領自身は何も言っていないようである。

よほど北朝鮮の金正恩委員長とのパイプが太いのだろうか。

韓国政府が日本とのGSOMIAの廃棄を宣言したくらいでは、アメリカの安全保障には殆ど影響しないと安心しきっているように見える。

オランダ訪問をドタキャンするくらいに感情の起伏が激しく、随分野卑な言動に出てしまいがちのトランプ大統領なのに、北朝鮮や韓国に対しては如何にも大人しい。

精々が国務長官等から、失望したというメッセージが出てくる程度なので、今のところトランプ大統領が韓国に対して怒り狂っているという状況ではなさそうだ。
トランプ大統領自身は、日本政府と韓国政府の間で話し合って、早く落としどころを見付けろ、というくらいの感覚でいるのかも知れない。

韓国の文大統領がトランプ大統領の逆鱗に触れたのなら、文大統領の失脚は必至だと思うが、見ている限りでは未だそこまでの兆候はない。

昨日の会合には、私を含めて3人の元国会議員と3人の一般参加者が集まって来られた。

現職の国会議員を含めて元国会議員が10人も集まれば、そこそこの塊にはなると思うが、後は事務局兼呼び掛け人を引き受けてくれた中尾優憲さんの活動次第。

実にちっぽけな集まりだと思うが、それでも大きな塊に成長する可能性はある。
少なくとも、集まる場は出来た。
芽が出ているのは間違いないから、後はそれなりに水をやったり、日の光を当てることだろう。

中尾さんの選挙MAXが快調に飛ばしているようである。
玄人筋からの受けもよさそうだ。
世の中には情報に飢えている人がそれなりにいるから、今後の展開次第では大きな武器にある。

上手くすれば、この小さな塊が大きな役割を果すようになる時が来る。

とりあえず、皆さんへのお知らせまで。

やはり、ここは大騒ぎをしないで、「失望した」くらいの表現に留めておいた方がいいのかも知れない。

如何にも韓国が北朝鮮や中国の陣営に行ってしまうような印象だったが、GSOMIAが失効しても韓国にも日本にもそう実害はなさそうである。
本当に困るのであれば、韓国政府はGSOMIAに固執するはずだが、破棄通告に踏み切ることを韓国政府の安全保障会議が勧告したというのは、現在のGSOMIAにはその程度の価値しかないと韓国政府の安全保障会議の専門家の方々が判断したということである。

どの程度の情報のやり取りがあったのだろうと思っていたら、10数件だったということのようである。
情報の詳細は分からないが、目下のところなくても大きな支障にはならない程度のものだったらしい。

日本も韓国もアメリカとの間の情報共有関係を維持している限り、それぞれの安全保障体制の構築に決定的な齟齬を来たすような事態にはならない、ということなのだと思う。
アメリカの構想には背馳する事態ではあるが、アメリカとしては一応許容範囲内ということなんだろう。
そうでなければ、トランプ大統領が最大限の圧力を掛けるはずである。

確かに由々しい事態ではあるが、北朝鮮の南進を招くほど韓国の文大統領は愚かではないはずだ。

甘いかな。


アメリカから三下り半を突き付けられてもいいとでも思っているのだろうか。
ここまでヒステリックな対応をせざるを得ないというのは、ある意味で実に気の毒なことである。

これで米日韓の共同防衛・相互支援構想は重大な転機を迎える。

中国は一応歓迎するだろうが、これで米中関係が益々緊張度を増すことにでもなれば、中国もおちおちしていられなくなるはずだ。
文大統領が日本よりも北朝鮮や中国により親近感を抱いているらしいことは分かっていたが、それにしてもここまで反日、嫌日の姿勢を露にするとは驚きである。

GSOMIAの破棄。

さすがにここまで日韓関係が破綻するとは、どなたも想定していなかっただろう。
肩が触れた程度だったのが、いつの間にか掴み合いの大喧嘩になってしまいそうだ。

さて、トランプ大統領は、自分には関係ないと頬かむりしてしまうのだろうか。