早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
菅さんは決して悪くなかったのだが、選挙の応援弁士としてはどうかな、と思うことが多かった。

やはり自民党は、岸田さんになってよかったようである。

現時点で全国を飛び回っているのは、やはりご自分の足元がしっかりしている方々のようで、ご本人が自分の選挙区にへばりついていなくても何とかなってしまうというのは凄いことである。

そういう意味では、やはり安倍元総理は応援弁士としては大したものである。
公示日の昨日こそは地元におられたようだが、地元はそこそこに全国を駆け巡られているようだから、選挙は強くありたいものである。

色々腐す人はいるが、河野太郎氏も小泉進次郎氏も全国を駆け巡っているようだから、結構なことである。

あちらこちらから応援弁士の要請が来る人は、さすがだ。

石破さんも元気なようだ。
多分、菅さんもあちらこちらから応援弁士の依頼があるはずだ。

コロナ禍が収束しつつある現在、菅さんの出番はもっとあっていい。
前回の衆議院選挙で共産党の候補者が獲得した得票数と同程度の票が立憲民主党の候補者の得票に上乗せされそうに見えるのだが、実際はどうなるか。

共産党支持者の方が自民党の候補者に投票するなどということは聞いたことがないので、やはり立憲民主党の候補者の得票が増えるだろう。

そういう意味では、共産党に候補者を取り下げさせた立憲民主党の枝野氏はよくやった、ということになるだろう。

候補者の一本化で立憲民主党はそれなりに議席を増やしそうである。

しかし、候補者の一本化が必ずしも立憲民主党にとってプラスにだけ働くわけではない。

多分、立憲民主党は弱くなる。
いつもいつも共産党のご機嫌を窺うようになってしまう。

共産党との候補者一本化は、いわば禁断の果実である。
一度その味を知ってしまったら、なかなかそこから離れることが出来なくなる。

どういうことになるのか、よくよく見ておいた方がいいだろう。

立憲民主党も一つの大きな岐路に立っていることは間違いなさそうだ。

いずれ、本当の立憲共産党になるのか、ならないのか。
皆さん、無事に選挙戦のスタートを切られたようである。

新聞の大見出しに載るような発言をする方は岸田内閣には一人もおられないようだから、今回の選挙はこのまま淡々と進むのだろう。
少なくともこの選挙期間中に舌禍事件を起こすような人はいないだろう。

マスコミの皆さんにとっては記事に出来るようなトピックスがなくてどうやって日々の選挙記事を書くかれこれ知恵を絞られるだろうが、多分あっという間に投票日を迎えることになる。

候補者の皆さんの顔触れが確定したが、選挙雀の皆さんにとって特に興味を引くのは、比例区の候補者の方々の名簿登載順位と、立憲民主党の公認辞退を表明して、てっきり政治の世界から足を洗うのかしらと思われていた千葉の生方さんが無所属で立候補していたことくらいだろう。

政治の世界からきっぱりと足を洗うことなど簡単には出来ない、ということである。

もっと上位での名簿登載を予想されていたと思われる方が、案外バッサリと切られてしまったように見える。

こんな下位にランク付けられるのだったら、名前を出したくなかった、などと息巻いておられる方もおられるかも知れない。

既にあちらこちらで悲喜交々の人間ドラマが始まっている。

マスコミの皆さんは、そのあたりの事にも光を当てられた方がいいかも知れない。
投票すべき相手が既に決まっておられる方は、明日から始まる期日前投票をドンドン利用されて目前の選挙のことは忘れて、ご自分のおやりになりたいことをやられた方がいいだろう。

選挙広報や政見放送を見てからじっくり考えて投票先を決めようとされている方もおられるかも知れないが、今は殆どの情報はSNSで瞬時に流れてくるから、必ずしも選挙広報や政見放送を待たれる必要はないように思う。

SNSに情報が流れてこない候補者はやはり選挙の準備が十分整っていない方々だろうから、事実上無視しても大きな間違いをすることはなさそうだ。

やはり国政選挙に立候補する方は、遅くとも選挙の公示や告示の3か月前までには名乗りを上げておいた方がいい。
出来れば、半年くらい前には準備を始めていただきたいものだ。

ファーストの会や上田新党が途中で挫折したのは、やはり選挙前の準備期間が足りなかったことに尽きる。

来年の参議院選挙の準備は、丁度今頃から始めるのがいい。

そういう意味では、今回の衆議院選挙を来年の参議院選挙の前哨戦として捉えて準備を始めておられる方々は、それなりに選挙がよく分かっておられる方々なんだろう。

ちなみに、今月のさわやか政治塾は、定例どおり第4日曜日の10月24日の午後5時から開催する。
まあ、2票あるのだから、どのようにこの2票を行使されるのも自由なんだが、私の周辺では、小選挙区では自民党の候補者に投票するが、比例区では国民民主党に投票することに決めた、などと表明される方が結構多い。

国民民主党の支持率が1~2パーセントなどと聞くと、え、何だかおかしいな、私の体感支持率では国民民主党の支持率はもっと高そうなのだがなあ、ということになる。

自民党の勝ち過ぎを警戒して、有権者の皆さんが如何にも戦略的投票をしているような感じである。

勿論、比例区は維新にするか国民民主にするかで迷っておられる方もそれなりにおられるのだが、東京初め関東では国民民主の方が多少人気が高そうである。

反自民の傾向が強い方々は、勿論自民や、国民民主、維新には投票しないで、立憲民主や共産、社民等を選ばれるのだろうが、各新聞社の実施する世論調査が、こういった有権者側の戦略的投票傾向をどの程度反映しているか知りたいところである。

何にしても衆議院選挙の火蓋は、既に切って落とされた。
国民の皆さんがどういう審判を下されるのか、ようやく見ることが出来る。

くれぐれも棄権されませんように。

皆さんの一票が、これからの日本が歩むべき道を決めることになる。
北朝鮮等の近接隣国による不穏な動きに対して日本の総理が断固たる姿勢を示すことは極めて重要なことだったので、岸田総理が予定された出陣式への出席を取り止めて、直ちに官邸の戻られたことは正解だった。

北朝鮮が何故日本の衆議院選挙の公示日にミサイルを発射したのか分からないが、これで今回の衆議院選挙の争点の一つが明確になった。

我が国の安全保障の舵取りをどの政党に委ねるのがいいのか、ということを日本の国民に突き付けたようなものである。

我が国を取り巻く国際情勢は決して安穏としたものではない、ということを北朝鮮や中国がその行動で日々、具体的に示している。
コロナの猛威が収まりつつある現在、今回の衆議院選挙の最大の問題は、日本の外交や防衛、安全保障の問題に集約されることになるだろう。

現在の段階で北朝鮮に融和的態度を取る政党はないと信じているが、拉致問題で曖昧な態度を取ってきたことがある政党にとっては、今日の北朝鮮のミサイル発射は相当深刻な影響を与えることになるはずだ。

外交や防衛、日本の安全保障や危機管理の問題について岸田さんが鋭敏な感覚の持ち主であることが実証された。
出陣式で気勢を上げるよりも、出陣式への出席を中止して急遽官邸の戻ったことで、岸田さんは公示日に見事な第一声を放ったことになるのではないか。
収賄被告事件で第一審で有罪の実刑判決を受けたのに、それでも衆議院選挙に立候補するという話だったので、判決の是非はさておいても、さすがにそれは無理だろうと思っていたのだが、秋元司氏は先ほど衆議院選挙に立候補しないとの記者会見をしたようである。

田中角栄氏ほどの人であれば、有罪判決を受けても判決が確定しなければ立候補しても当選するということもあり得たかも知れないが、小選挙区制で一人しか当選しないという選挙制度の下では、どう抗っても秋元司氏には当選の可能性はなかった。

ちょっと考えれば誰にでも分かるようなことなのだが、やはりギリギリになるまで決断が出来なかったのだろう。
多分周りの方はそれなりのアドバイスをされていたはずだが、本人にはそういったアドバイスをなかなか受け入れられなかったのだろう。

人はしばしば理性を失ってしまい、合理的判断、客観的判断が出来にくくなってしまうことがある、ということを実証する一例になるはずだ。
自民党の場合は、今回の総裁選では派閥の意向とは関わりなく、あえて河野太郎氏の支援に走り回った方々、立憲民主党では、自分自身の専門分野を持っておられ、従来型の野党の政権批判重視の姿勢に疑問を抱きながら、国民本位の政策作りや種々の活動に没頭して、実際に政治の場で実現出来るような具体的提言を出せるような能力と資質を有していると認められる方々。

うっかりするとそれぞれの政党で少数派に分類されたり、異端視されかねない虞があるが、それでも愚直に自分が信ずる道を歩もうとされている勇気ある方々である。

無所属で立候補すると目されている候補予定者の中では、細野豪志、柿沢未途、福島伸亮、緒方林太郎の各氏の動向に特に注目している。

勿論、国民民主党にもれいわやNHK党にもそれなりの人はいるだろうし、無所属で立候補すると目されている候補予定者の中には上記4名以外にも地元で相当強力な支持基盤を持っておられる方もおられるのだろうが、その活動をよく存じ上げない方が多いので、とりあえず無所属での立候補が噂される候補予定者の中では上記4名の方のお名前を挙げておく。

ちなみに、柿沢未途氏の選挙区は東京15区なので、私がエールを送っている立憲民主党の井戸正枝さんと選挙区が被ってしまうが、私としてはお二人とも当選してもらいたいものだと願っている。

もっとも、どんなに私が熱いエールを送っても、私には当該選挙区での投票権がないので、実際には何の影響もない。

反って、私を大逆神呼ばわりする人もいるくらいなので、具体的に名前を挙げたことでご迷惑にならなければいいがな、と思っているくらいである。

さて、10月31日はどういう結果になるか。

私が候補者だったら、とてもこんな呑気なことは言えないのだが・・。
無所属での立候補には様々なハンデがあることは、皆さん、ご承知のことだと思う。

比例区への重複立候補がないのだから、小選挙区で敗れればそれでお終いということになる。
いわゆる泡沫の候補者の場合はともかく、政治の世界でそれなりの活動実績があり、将来を嘱望されていた方々が今回の衆議院選挙であえて無所属での立候補を選ばれたのにはそれ相応の理由があるのだろうと思っているが、それにしても皆さん、実に勇気がある方々である。

無所属での立候補でも衆議院の小選挙区で当選出来るというのは、その方の選挙基盤が盤石であり、地元の有権者の皆さんの心をしっかり掴んでいるという証拠。

それぞれの政党の一部の有力者等に忖度しないで、自分が信じる道を堂々と歩めるのだから、強い政治家になることが出来る。

政党の公認を得られれば、公認料なりそれなりの人的物的援助を得られるはずだが、そういうものが一切なくとも当選出来るというのは、実に凄いことである。

そういう強い人が5人以上集まれば、新しい政党を起ち上げることが出来、政治の世界に新風を吹き込むことが出来るようになるのだから、私は、今回の衆議院選挙で何人ぐらい無所属で立候補して当選出来るのかに注目している。

まあ、政治は最終的に数が物を言う世界なので、一人だけでは大した仕事は出来ないまま終わる可能性があるが、こういう無所属で勝ち上がることが出来るような政治家が現れると、永田町の風景がいずれ一変する時が来るだろうと思っている。

明日の公示が楽しみである。

私がかねてからその活動に注目していたあの人は、やはり今回は無所属で立候補するのかな・・。
小泉進次郎氏が街頭演説の応援演説をしたが、聴衆が100人程度だった、などと報じられている。
多分、どこからも動員が掛かっていなかったと思うが、公示直前の街頭演説としては寂しかったと言わざるを得ない。

街頭演説にどの程度の聴衆が集まるかで、候補者や支援者の方々の日常活動の程度がある程度量られるのは間違いない。

少なくとも応援弁士をガッカリさせない程度の街頭演説にはしたいものである。

緊急事態宣言中は殆ど聴衆が集まらないのは当然と言えば当然であったが、幸い緊急事態宣言は全国的に解除され、コロナ新規感染者の数も顕著に減少しているから、今回の衆議院選挙はいつものような選挙運動を展開されてもどこからも文句は出ないはずである。

多少の密はあっても、声を張り上げるのは候補者や応援弁士だけなので、聴衆の皆さんは拍手等で盛り上げられればいい。
12日間という短い選挙期間ではあるが、街頭演説で聴衆が集まるようになれば、選挙ムードが一気に広がるはずである。

街頭演説を聞きに行こうとする人が今回、どのくらいいるかは分からないが、れいわの山本太郎氏の街頭演説にはそれなりの聴衆が集まりそうな気がしている。
選挙期間中に聴衆の数が段々増えるような、そういう街頭演説を繰り返せば、れいわはそれなりに得票するだろうと思っている。

それでは、NHK党はどうか。
聴衆をある程度集めることが出来るのは、立花孝志氏一人のようなので、選挙戦自体は今回は結構難しいかも知れない。

立花孝志氏本人は結構理詰めで物を考える人のようで、これまで多少突飛な言動で物議を醸したことがあるが、話を聞いてみると結構常識的なことをやさしく説いているところがある。

れいわもNHK党も現職の国会議員を要する立派な公党、国政政党なので、今回の衆議院選挙でどの程度の成績を挙げることが出来るのか注視しているところである。