弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
トップの人とラストの人は嫉妬心の対象にはならず、また嫉妬心が起きることも少ないなああ、というのが私の感想である。

足の引っ張り合いをするのは、大体は中間層にいる人たちで、そういう人たちの間ではノートを隠したり、間違ったことを教えたりすることがあるが、卓越した天才の前では大体の人はただただ称賛するだけである。

力がほぼ同等のライバルの間では激しい競争が起きるが、力の差があまりにも大きいと競争心も嫉妬心も起きない。

まあ、小泉進次郎氏の実力がどの程度のものか私にはまだ見極められないから何とも言えないが、これまでの小泉進次郎氏の言動を見ている限りでは、ライバルがそれほど多いとは思えない。

思い切って行動しても、周りの人は大体は受け容れるんじゃないかな。

まあ、周りの人の嫉妬心で潰されるのなら、それはそれで仕方がないこと。
その程度の力しかなかった、ということだ。
NEW !
テーマ:
毎月第三土曜日に開催するのが恒例だったが、今月は第四週の土曜日、10月27日、来月は第二土曜日の11月10日にビヨンドXプロジェクトの全体会議を開催することになった。

くれぐれもお間違えのありませんように。

今月の雄弁会は10月8日に開催済みだが、雄弁会の方は来年2月3日まで開催されない見込みなので、次回の雄弁会に参加したいと思っておられた方は、出来れば10月27日の午後1時から2時まで開催されるビヨンドXプロジェクト全体会議の方に出席していただければありがたい。
上手くすれば、雄弁会に参加される時と同じように新しい仲間との友情の輪が広がり、それなりの満足感を味わうことも出来るはずである。

なお、雄弁会と同じように自分のスピーチ力を磨くと共に、同志との語らいの場を求めようとされているのであれば、11月11日(日)午後3時から午後6時まで開催されるさわやか選挙塾に参加されるのがいい。

いずれも懇親会が予定されているので、懇親会だけ参加されるのもいい。

よろしく。

NEW !
テーマ:
冗談でしょう、と一概に言えないのが、国民民主党の篠原孝衆議院議員が自民党幹事長の二階さんに集団入党の直談判をしたという話。
まあ、国民民主党や野党にスーパースターが現れればこういう類の話は一気に雲散霧消するのだろうが、一回ネットでこの話が出てしまえば、そう簡単には引っ込みが付かなくなる。

国民民主党に二階さんのような重しが効く人がいない、というのは、そのとおりだと思う。

篠原さんのような硬骨の人がその役割を担えばいいと思うのだが、どうやら今の体制では篠原さんにそういう役目は回ってこないようだ。

こういう話が表に出てくるところに、今の国民民主党の問題がある。

どうやって求心力を高めていくか。
玉木さん一人の力では難しそうだ。

思い切って若い方々に活躍の場を与えては如何だろうか。
幸い一期目の方々の結束は固そうだ。
執行部の方々が若手をリードしようなどと考えず、若手の方々に自由に活躍してもらえばいい。
何もしないでいると、それこそ二階さんの手が伸びてくるかも知れない。

なにしろ二階さんの面倒見の良さには定評がある。
穏健保守を標榜している若手の方だったら、二階さんに誘われたらコロッと引っ繰り返ってしまうかも知れない。

まあ、その時はその時のこと。
それが一概に悪いとは言えない。

完全無所属の人についても同じことが言える。
念のため。
NEW !
テーマ:
皆さん、そろそろそれぞれに思う存分暴れ出す準備をされていいのではないか。

橋下徹氏が相変わらずあちらこちらにケチを付けて回っているようだが、ご本人に国政に乗り出す気がないのであれば、何を言っても凡百の評論家の仲間で終わってしまう。

橋下徹氏に勝負する気があるのであれば、人集めを始めなければならない時期だろうと思うが、ご自分の講演会やメルマガの読者集めにはそれなりに配慮されているようだが、私が見る限り同志らしい人は未だ一人も集まっていないようだ。

このままではただの毒舌家、ちょっと気が利いた政治評論家、悪くすると政治にも明るいテレビタレントや漫談家の類に入れられてしまう。

名前を呼ばれるうちが華、ということもある。
ご自分で国政を動かしたいのなら、然るべく動き出すべき時だろう。

橋下徹氏が小泉進次郎氏をディスったことで如何にも小泉進次郎人気に陰りが生じたような印象があるが、小泉進次郎氏は現職の衆議院議員である。
自民党の厚生労働部会長というポジションを獲得したことにより、思う存分自分の政治的主張を語ることが出来、かつ、永田町で仲間集めをすることが出来る。

そこが、橋下徹氏と小泉進次郎氏の違いと言うべきだろう。

鶏頭となるも牛後となる勿れ、という言葉がある。

副部会長や部会長代理では政策提言の先頭に立つことはどうしても憚られるだろうが、厚生労働部会長ということになると発言に重みが出てくることは間違いない。

アゴラの編集長によると、小泉進次郎氏にはメディア対策のプロが付いているようである。
プロなら、厚生労働部会長というポジションを最高に活用する。

今なら、小泉進次郎氏が超党派の議連の結成を呼び掛ければそれなりに同志が集まるはずである。
橋下氏は逆立ちしても国会議員を集めることが出来ないだろうが、小泉進次郎氏は党派を超えて国会議員を集めることが出来る。

これから要所要所で、小泉進次郎氏が政治の表舞台に出てくるだろう。

小泉進次郎氏は、これからは誰に遠慮することなく、ご自分の群れをお作りになることだ。


テーマ:
皇后陛下と呼ぶのがいいか、美智子皇后と呼ぶのがいいのかちょっと迷うのだが、美智子皇后の84歳の誕生日を迎えての諸々の思いを認められている文章を過日の新聞各紙で拝読した。

これほど諸々のことに配慮し、しかもすべてのことに対して意を尽くした文書にお目にかかることは滅多にない。

完璧なものを目の当りにすると、うーん、これは凄い、の一言しかない。
美智子皇后の文章は周到で、これを読むすべての人に対して心温まるメッセージを伝えているようである。
元々特別の文才をお持ちだったのだと思うが、美智子皇后の日頃の祈りのようなものが存分にこの文書に刻み込まれている。

拉致被害者の家族の皆さんに対するメッセージを見つけた時は、思わずハッとしてしまった。
ガーンと頭を殴られたような思いをした、と言った方が正確かも知れない。
皇室は、そこまで気に留めておられたのか。
それに引き較べて、私たちは・・・。

患い事や心配事は出来るだけ早く脳裏から消し去って、心の平衡を保とうとしがちの私(たち、と続けたいのだが、読者の中で「私たち」の中に自分まで含まれてしまうのが嫌だと訴えられる方がおられるので、「たち」は括弧書きの中に書くことにする。別に他意はないのだが。)を教え諭されるような一文であった。

いや、参りました、というところである。

美智子皇后のこの文書の作成には、宮内庁の職員が大なり小なり関与していたはずである。
宮内庁の職員の方々が如何に優秀かということが、この美智子皇后の文書に端的に現れている、というのは、私の考え過ぎだろうか。




テーマ:
那覇市の市長選挙や兵庫県川西市の市長選挙の結果などを見て、「地域から国を変える!」「地方から国を変える!」というのが、これからのキーワードになりそうな気がしているのだが、如何だろうか。

地域社会の変貌を受けて地方政治の在りようも徐々に変わりつつあるのではないか、というのが現時点での私の大雑把な観測である。

国政の方は相変わらずだが、地方の政治は大分様変わりするような気がしている。
来年の統一地方選挙にはあちらこちらで新人の方が名乗りを上げてきそうである。
少なくとも東京は、新人が大挙して各地の区議会議員選挙や市議会議員選挙に立候補しそうだ。

音喜多さんが立ち上げた「あたらしい党」の候補者公募に果たして何人くらい応募するのかしら、と半分訝りながら見ていたのだが、既に50人以上の方が応募しているようである。
クラウドファンディングの方はその後それほど伸びていないようだが、候補者公募に応募する人が続いている、というのは凄いことである。

自民党も候補者の公募に力を注いでいるようだから、面白いことが起こりそうだ。

若い方々にとっては、国政よりも地方政治の方がより魅力的なはずだ。
今の地方議会の仕組みは、自分の力で地方の政治を変えられるのではないか、と思わせるところがある。

私が応援している地域課題を解決する会の方からも何人かが名乗りを上げるはずである。
選挙自体が若い方々の切磋琢磨の場になりそうだ。

地方議会議員の選挙はそう大してお金を使わないでもやれそうだから、ドンドンおやりになればいい。
まあ、追われる立場の年配の現職議員の皆さんにとっては大変だろうが、一般の有権者の立場からすると、投票の選択肢が増えることはいいことである。

上手くすれば、新陳代謝が進む。
政治が活性化する。

当事者の皆さんにとっては大変だろうが、何はともあれ競争があることはいいことである。

テーマ:
沖縄の自民党が大変な状況に陥ってしまったようだ。

自民党は那覇市長選挙にはエースを送り込んだつもりだったようだが、オール沖縄推薦の現職には歯が立たなかったようである。
開票率0パーセントでNHKが当確を打ったというのだから、自民党が擁立した候補者は相当寂しい選挙戦を戦わざるを得なかったのだろう。

自民党沖縄県連会長が辞職を表明し、落選した候補者も政界引退を表明するくらいだから、この選挙が如何に重要だったか、そしてこの選挙結果が如何に関係者にとって衝撃的だったかを端的に物語っている。

ネットで流れている情報からすると、創価学会関係者の離反及びこれによる公明党の選挙力の低下があ顕著だったようである。

選挙期間中に関わらず、聴衆が殆どいない場所での街頭演説をせざるを得なかった、などという話を聞くと、どなたでも、ああ、この選挙は負け戦だな、と覚悟する。

負ける戦いを最後まで見事に戦い抜くのも一つの美学なのだが、こういう選挙は実に辛い。

落選された候補者の方や支持者の方々に、お疲れさまでした、の一声を掛けたくなる。

少なくとも沖縄での選挙は、こういう状態が当分の間続くことになるのだろう。
どなたが次の自民党沖縄県連の会長を引き受けられても、待っているのは茨の道だろうと思う。

さて、沖縄以外の地域ではどうか。

あちらこちらで何となく地鳴りがしているように感じる。
空耳だろうか。

テーマ:
参議院愛知選挙区選出で、現在無所蔵の参議院議員がまもなく立憲民主党に入党されるそうだ。

まあ、無所属のままだと再選は難しいだろうから、少しでも有利に選挙戦を戦うために立憲民主党に入党されるのは一つの合理的選択だろうと思うが、しかし立憲民主党入党の理由があまりにも奮っていて、つい笑ってしまった。

「立憲という政党に入った方が政策を実現することができると考えた。」

まあ、無所属ではどうしようもないというのはそのとおりだろうが、さて、今の立憲民主党に入れば政策が実現できるようになるのだろうか。

この方の実現したいという政策は、何なのだろうか。
お聞きしたいものだ。

私の理解では、立憲民主党は、与党とは対決するという姿勢を一貫して堅持しているはずである。

何でも反対、いつでも反対の立憲民主党、などとは言わないが、現在の状況で何らかの政策を実現しようとするのであれば、与党である自由民主党か是々非々路線に立つ維新や国民民主党を選ぶのが普通の感覚だと思うが、さて如何だろうか。

ご自分の年来の主張をありのままに主張するには立憲民主党に入っていた方がやりやすいというのであれば、それはそのとおりだろうとは思うが、立憲民主党に入っていた方が政策を実現しやすくなる、というのは、これ如何に。
ホントかしら。

テーマ:
山本一太さんのブログで、県知事選挙の候補者選びの状況が少しだけ分かってきた。

地元で名前が通っていない人を急に担ぎ上げてもいい結果を出すことは難しい、と山本一太氏は書いておられたが、私も同感だ。

無名な人を半年間で有名にする方法を、私は知らない。

地元で殆ど知名度のない人を、首長選挙や衆議院選挙の小選挙区や参議院選挙の一人区の候補に担ぎ出すようなことはやはり止めておかれた方がいい。

私は三度国政選挙に挑戦して敗れたが、敗れることによって多少知名度が上がったから四度目の挑戦で辛うじて比例区で復活当選する、という経験をしているのだが、私の拙い経験からしても知名度がない人を一人しか当選者がいない選挙に担ぎ出すのは止めた方がいいし、担ぎ出される人もお止めになった方がいい。

知名度がない人は、たとえどんなに能力があっても、風が吹かない限り最初の選挙では当選しないものである。
知名度、認知度を高めるためには相当の苦労と、それなりの年月が必要である。

まあ、風が吹く時は殆ど何の苦労もしないで当選してしまうようなことがあるから、一概に言えないが、新人の候補者は10年くらい頑張るつもりで立候補された方がいい。

さて、皆さんに10年頑張るだけの気力、体力、資金力はおありだろうか。

おありの方は、初志を貫徹されるまで頑張らればいい。
ない方は、ほどほどのところで別の道をお探しになることだ。
選挙だけが人生ではない。

ちなみに私は、衆議院選挙に初めて当選するまでに8年かかっている。
今振り返ると、よくもそれだけの冒険が出来たものだと我ながら感心している。


テーマ:
一歩進んで二歩下がるようなものだと思っているが、立憲民主党に人が増えそうだと思っていると幹部の方の政治資金規正法違反が表沙汰になって、折角の勢いが削がれてしまうようだ。

今日の那覇市長選の結果次第で多少は雰囲気は変わるのかも知れないが、多分立憲民主党の皆さんは臨時国会の開会を目前にして大して気勢が上がらないはずだ。

目下は、共産党が元気なようだ。
今日は私の地元では共産党が駅頭での街宣活動をしていたから、他の地域でも同じような光景が繰り広げられているのかも知れない。

立憲民主党の街宣車も国民民主党の街宣車もとんと見かけない。
今、元気なのは、共産党だけらしい。

スカッと爽やかな野党の登場を待ち望んでいるのだが、臨時国会が幕を閉じる頃まで何もないのだろう。
足踏みしながらエネルギーを溜めているのならいいが、足踏み状態が長く続くようだと普通はエネルギーを消耗して勢いがなくなるはずだ。

永田町のユーチューバーになった玉木さんには、そろそろ次の一手を打ってもらいたいものだ。