弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
国民の関心事と国会議員の関心事がこんなにもかけ離れているのか、と驚いてしまう。

皆さん、国民の代表者でしょう?

そう、思うのだが、当の国会議員の皆さんにはどうやらその意識が希薄なようだ。

予算委員会で何をやっているかと言えば、マスコミを通じて流れてくるのは、どちらかと言うと桜を見る会やその前夜祭のことばかり。
あ安倍内閣の泣き所のようだから、仕方がないと言えば仕方がないのだろうが、どうも大所高所からの本格的な質疑が一向になされないようである。

日本経済の先行きに赤ランプが点滅し始めているというのに、本格的な経済対策の議論が聞かれない。
日本の国力がどんどん落ちてきているように見えるのに、日本の国力を増強するための具体的処方箋についての深い議論が国会でなされていないようだ。

どうも国会議員の皆さんは、ぬるま湯にでも浸かっておられるのだろう。
中国政府が全人代の開催時期を変更せざるを得ないほどの状況に追い込まれているというのに、日本の政府にも国会にもそこまでの緊張感はなさそうだ。

イギリスがEUから離脱したことでイギリスやEUがどういうことになるのか、日本政府は具体的にどういう構想を描いているのか知りたいところだが、そういう辺りのことについて国会で深い議論がなされているようにはとんと見えない。

難しい問題への本格的な取り組みを皆さん、避けておられるようだ。
野党の皆さんが甘いから、与党も政府も甘くなるのかも知れない。

残念ながら、すべて茶番劇のように見えてしまう。

どうも今の国会審議の在り様は、国民の願いからは遠いようだ。
予算委員会が終るまでは他の委員会が開かれない、という状況に違和感を持たれる人はおられないのだろうか。

衆議院で予算審議が終るまで、参議院の各種委員会が開かれないままでいる、という状況にどなたも疑問を持たれないのだろうか。

ここは、国民の目線で物を考える国会議員がどうしても必要である。
都議会議員時代は色々周りの人と物議を醸すことがあった音喜多氏だが、今の国会には音喜多氏のような視点の持ち主がもっと必要である。

そういう方々と、いずれ安倍総理の後を襲うと噂されている自民党の有力な国会議員との間で、本格的な国会改革構想を語り合っていただければ幸いである。

上手くすれば、そこから何かが生まれるかも知れない。

ダメだ、ダメだ、とは言わないことにしている。

どんな難しい状況に遭遇しても、あれこれ試行錯誤している内にいい手を思いつくことがある。

勿論、それなりの運が必要なのだが、まったく何の手もない、などということは滅多にないものである。

3月に予定されている東京マラソンへの一般の方々の参加は今回は見送りになった。

まあ、体調万全の参加希望者には全員マスクを付けてもらって実施する、という手がなかったわけではないが、参加者全員がマスクを着けて走ると福島県はじめオリンピック関係者の方々が激しい嫌悪感を表明しておられる防護服を付けてのオリンピック聖火リレーのポスターのような印象になっただろうから、一般参加者の参加を全面的に中止することにされたのは賢明な判断だと思うが、参加費の払い戻しの件でちょっとした波紋を広げているようだ。

参加申し込みをされた方々は、参加要領をよく読まれてエントリーされた方々ばかりだと思うので、一般参加が中止になったからと言ってことさらに大騒ぎをされないと思うが、小池叩きの材料を血眼になって探して来られた一部の方にとっては絶好の小池バッシングの材料が飛び込んで来た、ということになるのかも知れない。

小池さんは、魔法使いサリーのコスプレがお好きなようだ。
かつてほどの神通力はなくとも、まだまだ小池マジックは通用するはずだ。

小池さんが、どこで、どういうマジックを使うのかに注目している。

ちなみに、私は、マジックの類にはおよそ縁がない凡庸な人間だが、それでも長年の弁護士生活を通じて、それなりに難しい問題を何とか解決してきた。
私の感覚から言えば、参加料の返還はどう見ても芸がない。
やはり、参加希望者の夢に出来るだけ応えるのがいいはずだ。

私だったら、津京オリンピック・パラリンピックの閉会後の今秋に東京マラソンを開催することにし、3月の東京マラソンに出場を予定されていた方々全員の参加を認めるところである。

ボランティアの獲得等の手間が余分にかかることになるだろうが、そこは財団と東京都が何とかすればいい。

さて、如何かしら。
野党の皆さんがここぞとばかり攻勢に出たくなる気持ちは分かるのだが、予算委員会の退席や審議拒否が安倍総理に対しても有効な攻撃になるかと言えば、どうも消極に解さざるを得ない。

安倍総理の答弁がどうにも芳しくないことは大方の国民が既に承知しているところだと思う。

いくら何でもその答弁では納得出来ない、と野党の皆さんが仰るのはよく分かるが、予算委員会は刑事裁判の法廷ではないから、安倍総理の答弁の虚偽性や答弁そのものの不誠実性を追及するのであれば、別の手段を選んだ方がいいと思う。

野党の皆さんが一斉に予算委員会を退席されても、予算委員会の審議がストップするわけではなさそうだから、結局は自分たちの質問時間を空費しているだけに終わりそうだ。

安倍総理がどんどん失点を重ねていることは皆さん、ご承知のとおりなのだが、気の毒なことに野党の皆さんも同じように失点を続けている。

皆さん、何かが足りないようだ。
やり方を変えた方がいい、と思っておられる人が与野党問わずそれなりにおられるはずだが、どうにも、皆さん進歩がない。

まあ、今のところ、大方の国民は与党にも野党にもそう大して期待していないようだから、野党の方々が委員会を一斉に退席しようが審議を拒否しようが、さらには、答弁者側がいい加減な答弁をしようが、特にブーイングの嵐が起きないのだろうが、こういうことは決していいことではない。
多分大方の国民は、今選挙の話をする人を見かけたら引いてしまうんじゃないかな。

そんな気がしてならない。

れいわ新選組が衆議院選挙の公認候補予定者の名前を挙げだしたが、殆ど何のインパクトもない。
さすがの山本太郎氏でもTPOを間違えると、こんなものである。

あまりの手応えのなさに、今頃はご本人も愕然とされているんじゃないかな。

昨年の参議院選挙の当時の熱はどこにもなさそうである。

政策を語るのはいいが、選挙の話は当分止めておかれることである。
内閣総辞職を求める声や安倍総理の退陣を求める声は段々大きくなるだろうが、れいわ新選組を求める声はどうも大きくなりそうに思えない。

候補予定者として名前が挙がった方々のパワーの問題だろうと思う。
山本太郎氏のパワーは相当のものだが、それ以外の方々は一見してひ弱すぎるようだ。

このままでは、皆さん潰されてしまう。

一気に100人の名前を挙げることが出来ればそれなりのインパクトがあったはずだが、小出しにしたのが決定的なマイナスになりそうである。

さすがの山本太郎氏でも、一気に大きな塊を作ることは至難の業ということだろうか。


東京マラソンの一般参加も全面的に取り止めになったそうだ。

結構なことである。

それにしても、皆さん、決断が早い。
それだけ事態が切迫しているということだろう。

必ずしも小池さんが決めたわけではないと思うが、小池さんが一般参加の中止に難色を示せば、中止決定までに多少の時間が掛かったはずである。

東京マラソンの主催者は財団だそうだが、財団としては参加料の払い戻しはしないという方針だそうだが、これは何とかした方がいい。

やはりこういう時は高度の政治判断が必要になる。

小池さんの出番ですね。

小池さんがどういう結論を出すのか、多くの国民が注目しているはずである。


立憲民主党は世論よりも自分たちの考えを優先するようだが、自民党は結構世論に敏感なので、多分今年の党大会は例年とは大分様子が違うはずだ。

少なくともお祭り騒ぎはしない。

立憲民主党はついていない。
天皇誕生日の一般参賀の中止の発表が先行していたら、さすがの強者揃いの立憲民主党も立憲フェスタの開催要領を大幅に変更したはずだが、結局変な風に目立ってしまった。

桜を見る会の前夜祭の件では多少の得点をしたようだが、立憲フェスタの開催を強行したことのマイナスがいずれ大きくなるはずである。

今は、臆病くらいな方がいい。
共同と時事の世論調査の結果が公表されたが、どうもこの調査結果は鵜呑みにはされない方がいい。

相変わらず自民党に投票する人は多そうだが、自民党には投票しても必ずしも安倍内閣を支持しているわけではない。

皆さん、仕方なく自民党に投票しているだけですよ。

安倍内閣というか安倍総理に対する支持率は現時点では20パーセント以下じゃないかな、というのが率直な私の感想である。

安倍総理を積極的に支持するポイントがどこにもない。

行き掛かり上NOと言わないだけで、今の段階でYESと声を上げる人が果たして何人おられるか。

今こそ自民党の若手議員の皆さんが声を上げる時だろうと思っている。
長島さんも細野さんも井出さんも遠慮しない方がいい。

自民党を中から変える時が来たように思う。

声を上げることを恐れるべからず。

今は、国難の時と思っておられた方がいい。
さすがに東京では止めた方がいいんじゃないかな。

防護服を着ていても新型コロナウィルスに感染した医療関係者がおられるくらいだから、とても安心は出来ない。

中国大陸から来日した中国人の方が何人おられるか分からないが、昨年の11月から現在まで来日した中国人の内の1パーセントくらいは新型コロナウィルスのキャリアかも知れない。

無症状でも感染力はあるということだから、これから何が起きるか分からない。

君子、危うきに近寄らず。

結論を出すにはまだ早過ぎるかも知れないが、ひょっとしたら政府が国民の健康状態に関する非常事態宣言的なものを出すかも知れない状況だから、小池さんは、そろそろ万一の事態に備えられた方がいいんじゃないのかな。
どうやら立憲民主党の関係者の皆さんは、普通の人よりも遥かに頑健で、多少のリスクは厭わない方々ばかりだったようである。

これで何もなければ枝野さんも福山さんも強運の人ということになるのだろうが、立憲フェスタに参加されなかった立憲支持者の方々はさぞハラハラされているだろう。

立憲民主党の枝野さんが正しかったか、それともれいわ新選組の山本太郎氏が正しかったかはいずれ分かる。

安倍総理の頑迷ぶりがいよいよ明らかになって安倍内閣の支持率が急落し、不支持率が支持率を凌駕するようになったという世論調査の結果が明らかになったばかりだが、さて立憲民主党は政権交代の受け皿に無事なれるのだろうか。

安倍内閣の支持率が急落しても、立憲民主党はじめ野党の皆さんには直ちには影響がない、といったあたりかな。
100人以上の集会への参加を禁止することにした企業が出てきたそうだ。

どうやらこれまでの水際対策だけでは不十分だったようで、東京都内でも新型コロナウィルス検査で陽性反応が出た方が何人か現れたようだ。

不特定多数の方々が集まるような場所には、余程の用事がない限り行かない、というのが今の段階での新型コロナウィルスに対する唯一の有効な対処策だということなんだろうが、2月16日に開催が予定されていると言われている立憲フェスタの規模はどのくらいなのだろうか。

最近どんどん人気が落ちているんじゃないかと一部で鵜w射されている立憲民主党だが、さすがに参加者の数は100人を遥かに超えるはずだ。

規模だけから言えば、立憲フェスタは件の企業が従業員に出来るだけ参加しないように呼び掛けている集会の一つになりそうである。

さて、枝野さんはどうするのかな。

直ちには危険がない、ということで、そのまま開催するか、それとも新型ウィルス問題が一応の収束を見るまで開催を延期するか。

ご本人にとっては実に悩ましい問題だと思うが、立憲フェスタの開催をどうするかで、ご自分たちが政権の座に就いた時の危機対処能力の程度が推し量られることになりそうな気がしている。

まあ、余計なお世話だろうが・・。