笑顔とやる気の伝導師・ビヨンドXプロジェクト早川学校のブログ

鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログを改題しました。ビヨンドXのXは、人により様々です。
エンカレッジ、エンラージ、エンジョイがこの事業の合言葉です。
運営母体:一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校



 ご挨拶
鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校は、若い方々が取り組んでおられる様々な社会貢献事業をバックアップし、日本のみならず世界の将来を担うことが期待されている有為な人材の育成を目的にしております。

これまで
①東北大震災による被災3県の被災学校に対する図書寄贈事業
②中国留学生等と共に被災地を巡る東北応援バスツワー
③「新宿で繋がろう東北」フェスタ
④動態的憲法研究会
⑤新しい選挙制度研究会
⑥救急救命士制度研究会
⑦産業法務研究会
⑧「選挙の神様」・「超越国境」・「動態的憲法研究」・「早川学校」等の書籍の出版
⑨NPO団体に対する財政支援
⑩ジョブヨク(職欲)フューチャーセッションの開催
⑪一般社団法人全国水鉄砲協会や一般財団法人日本救護救急財団等の設立支援
⑫株式会社ネリムの設立
等多岐にわたる事業を展開してきましたが、いよいよ次のステージに移る時が来ました。


ビヨンドXプロジェクトのXは人により様々ですが、代表の私にとっては私自身の限界であり、また様々な柵です。


様々な柵を突き崩し、自分自身の限界を乗り越え、さらに明日に向かって飛躍していこう。
そういう思いを籠めて、ビヨンドXプロジェクトと称しております
突破せよ。
超越せよ。
ビヨンド・トゥモロー、レッツゴー。
これが私たちの合言葉です。
        一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校 代表 早川 忠孝


ビヨンドXプロジェクト関連書籍 
震災から一年後の被災地レポート―ビヨンドXプロジェクトの軌跡



超越国境


NEW !
テーマ:
SNSに悪口を書かれたとか、陰で悪口言われているとか、いちいちうるさい。
誰だって、近しい友人に「今日こんなことあって、めっちゃうざかった」と愚痴をこぼしたことくらいあるだろう。
誰もあなたのことを真剣で嫌おうとなんてしていない。ただ、会話のネタ程度に、おしゃべりしているだけだ。

そういえば、私も学生時代に舞台が終わったあとの懇親会の席で、他流のおっさんに間違った舞いの指摘をされたことがあった。大勢の人がいたので、その場では「はいはい」と聞いていたが、あとで恩師とよべる先生にその件を話したら、怒られた。
取るに足らない日陰者に、ちまちま言われたくらいで気にしているようなら死になさい。と言われた。

世の中、いちいちアホみたいなことを気にしていては何もできない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:
人の不幸が蜜の味である人は世の中以外と多い。
いくら、聖人ぶっている人でも心の中まではわからない。

では、なぜ人の不幸は蜜の味なのか。
それは、蜜の味だと思ってしまう人が不幸だからである。


自分は悪くないのに、怒られることは大人になるとよくある。
例えば、いつも通りの電車に乗ったのに人身事故で出社が遅くなった。
こんな時、どんな同僚がいたらホッとするだろうか。
おそらく、自分と同じ状況で遅刻した同僚だ。

多くの人は、自分ひとりだけということが怖いようだ。
自分が不幸な状況で、励みになるのは同じ状況にいる人たちだ。
華金・新橋・サラリーマンこんなワードがしっくりくる居酒屋に行ってみると、たいがい同じ状況の仲間が「おまえもかー!」と言わんばかりに、あれこれ話している。

人の不幸が蜜の味に感じられるほど、不幸であるということに気づかなければならない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日は早川学校の定例会。
みなさん、思い思いに今年の振り返りと、来年の抱負を語られていた。

私も、いくつかお話したが、まだまだ今年も時間がある。
何が起こるかわからないので、振り返りは、年末にとっておくことにする。

一旦、稽古場へ作業をしてから、安西さん主催の忘年会だ。
久しぶりに、同級生の佐々木君とも会える。

やはり、同い年で頑張っている人を見ると刺激を受ける。
楽しみだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 

卒論から解放されたCです。

 

訪台から1ヶ月、あっという間ですね。

お久しぶりな今日は私の卒論について、「ビヨンドXプロジェクト」「日台若者交流会」を交えて書いていきたいと思います。

 

-----

 

 

「縁」を大切に。

 

 

11月のビヨンドXプロジェクト会議で早川先生がお話しされていたことです。

卒論を書き終えた今、この言葉はとても大切なことだと実感しています。

 

 

私は論文作成中にそれはもう、何度も何度もつまづいていたのですが

(嘘ではなく、本当に。ずっこけてしかいないですね笑)

 

ビヨンドXプロジェクトや11月の訪台でお会いした方が

論文作成のためのインタビュー協力をしてくださったり、論文作成でつまずいている私に何度も何度もアドバイスをくださったり、研究テーマが同じで勉強することの楽しさを話してくださったりと…….本当に沢山の方にお世話になりました。

 

 

 

興味ある!英語使いたい!

という理由で参加した訪台プログラムでしたが、思わぬところでの予期せぬ出会いに本当に助けられました。

 

 

 

今までは(というか今も)、

この授業の単位を取る、あのイベントに参加する、今何をする、誰に会う……って目の前のことで精いっぱいだったと思うのです。

 

 

だけれど、最近たまーーーに思うことは

そういうのって始まりに過ぎなくて、何かした後にそれをどう活かすのか、出会った後にそれをどう繋げていくのか、とか。

なにかの「後」どうするのかが大切なのかな、なんて思ったり思わなかったりしています。笑

 

 

そんなことを思うようになった今、

「縁を大切に」という言葉のようにこれからも人との出会いを大切にしていきたいです。また、私自身も与えてもらっているだけでなく、どこかで誰かの役にたてるようになりたいです。

 

 

色んなことを考えるきっかけを作ってくれた台湾での経験は、私の中でとても大きなものになっています。

 

 

さて、今月は台湾から2人の友人が日本にやってきます!

卒論で忙しかった時も連絡をくれて、ビデオ通話で沢山笑わせてくれました。疲れている時に友人と英語で会話することは私の楽しみの1つでした!

彼らに会うことが今から楽しみですね(^○^)

 

 

 

まだ卒業が決まったわけではないので、ソワソワしています。笑 が、まずは卒論を無事終えることができて良かった!many many thanks!



C

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
うつ病、アル中、DVなど心に病を抱えた人が現代には多くいるようだ。
では、どこからが病なのか。

自分がうつ病だと思ったときか。
いや、違う。
病院へ行って診断書を受け取ったときか。
いや、私は違うと思う。

心の病の基準は、周りの人があなたのことを病気だと判断した時である。
子供に手を引かれて、病院へ連れてこられたお酒大好き親父は、その時点でアル中になる。
家族や職場の人間がうつ病だと判断したら、本人がいくら鬱ではないと言っても、病になる。
これがたとえ、医学的にうつ病の診断基準を満たしていなくても、心の病であることは変わらない。

心の病という非常に判断基準が難しい病気は、社会が判断する病である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
あの奥さんだったから、あの旦那さんは大成したと言われたら、奥さんはあげまんということになる。
あの奥さんだったから、あの旦那さんは失敗したと言われたら、奥さんはさげまんということになる。
何もことが起きなければ、あげまんでも、さげまんでもないプラスマイナスゼロということになる。

なんだか、情けない話だなと思う。
逆の話をしたら、男性は奥さんありきでの仕事になる。
君自身ではなくて、奥さんがあげまんだったから成功した。なんて言われることは屈辱だ。
また、君の失敗は、奥さんのせいだよ。なんて言われることがあったら、なおさら屈辱だ。

あなたはあなた自身で活動することが必要だ。
人のせいにしてはいけない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この世の中、知識力があることは大前提らしい。
以前、恩師にインフルエンスを与える人になってください。と言われた。

0地点で現状のシステムは把握している必要がある。
吟剣詩舞業界で言えば、20年ほどまえには300万人といわれていた詩吟人口が瞬く間に10万人まで減った。
現在の吟剣詩舞の大半は70歳以上。
詩吟とは、剣舞とは、詩舞とは。

基礎知識があるうえで、未来を創造していく。

スタート地点に立てるのは一通りの装備がそろっているキャラクターだけみたいだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっていけないことをしてしまったら、責任をとって何か行動を起こす必要がある。
ちょうど、話題になっているので相撲の話題をたとえに話したい。

どんなことがあっても、殴った元横綱は悪い。
一件筋が通ったような意見である。
私も真っ向からおかしいというつもりはない。

殴った元横綱は悪い。これは私もそう思う。

しかし、世の中100%の比重で善悪がはかれるほど簡単ではない。
殴られた力士にも悪いところがあったであろう。

いじめる側がわるいが、いじめられる側にも非があることはおおいにある。
(これをいうとよく炎上する、、、)

SNSでネガティブ発言をたまに見る。
マイナスイメージを植え付けるのはよくない。
しかし、当事者でもないフレンドたちがとやかくいうことでは全くない。
当事者同士にどのような関係があるのかがポイントである。

単一的ではなく、総合的な視野でものごとを考えなければ、ならない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これがダメだから、あれをしようという人は何をしても続かない。

ウォーキングダイエットをはじめけど成果が出ないから、糖質制限ダイエットをしようとする人は、おそらくダイエットを成功することない。
英語は文法だ!といって、文法書を買ったけどなかなか点数が伸びないから、やっぱり英語は単語力だ!といっている人は、英語の点数はいつまでたっても低いままだろう。

なんでも本気で取り組めばそれなりに成果が出るはずだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)