笑顔とやる気の伝導師・ビヨンドXプロジェクトのブログ

鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログを改題しました。ビヨンドXのXは、人により様々です。
エンカレッジ、エンラージ、エンジョイがこの事業の合言葉です。
運営母体:一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校



 ご挨拶
鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校は、若い方々が取り組んでおられる様々な社会貢献事業をバックアップし、日本のみならず世界の将来を担うことが期待されている有為な人材の育成を目的にしております。

これまで
①東北大震災による被災3県の被災学校に対する図書寄贈事業
②中国留学生等と共に被災地を巡る東北応援バスツワー
③「新宿で繋がろう東北」フェスタ
④動態的憲法研究会
⑤新しい選挙制度研究会
⑥救急救命士制度研究会
⑦産業法務研究会
⑧「選挙の神様」・「超越国境」・「動態的憲法研究」・「早川学校」等の書籍の出版
⑨NPO団体に対する財政支援
⑩ジョブヨク(職欲)フューチャーセッションの開催
⑪一般社団法人全国水鉄砲協会や一般財団法人日本救護救急財団等の設立支援
⑫株式会社ネリムの設立
等多岐にわたる事業を展開してきましたが、いよいよ次のステージに移る時が来ました。


ビヨンドXプロジェクトのXは人により様々ですが、代表の私にとっては私自身の限界であり、また様々な柵です。


様々な柵を突き崩し、自分自身の限界を乗り越え、さらに明日に向かって飛躍していこう。
そういう思いを籠めて、ビヨンドXプロジェクトと称しております
突破せよ。
超越せよ。
ビヨンド・トゥモロー、レッツゴー。
これが私たちの合言葉です。
        一般社団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校 代表 早川 忠孝


ビヨンドXプロジェクト関連書籍 
震災から一年後の被災地レポート―ビヨンドXプロジェクトの軌跡



超越国境


NEW !
テーマ:
フェアトレードの商品を買うというのは自分に損はないし現地の人は得をするし一番簡単にできる尽くすことであると思う
別にいつものコーヒーをフェアトレードのものに変えたところで、変に高くなったりするなどということはないし、それが売れるということがわかれば、みんなフェアトレードにしだす
意識で世界が変わることになる
南北問題が問題になってきて、資本主義の矛盾がどんどん広がっていくと、いずれは資本主義自体が崩壊してしまう
次に来るものが何かわからないが、リスクは犯したくないし、それで不幸になる人もたくさん出る
バタフライエフェクトのように、蝶の羽ばたき一つでいずれは大きく世界は変わるのである
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ポケモンGOで日本国内初の死亡事故が起きた事実を知りました。ゲームに夢中になっていた男性が運転していた乗用車は、横断歩道を渡っていた女性2人をはね、1人はお亡くなりになりもう1人は腰の骨を折る重体の状態だそうです。

数週間前、目の前を歩いていた男性が突然停止した為、私は避けられず男性の背中にぶつかってしまいました。彼の手元を見るとスマートフォンを握っており、その画面にはポケモンGOが表示されていました。

我々は物心ついた時から「ルールや規則を守りましょう」と周りの大人や学校から何度も繰り返し教えられますが、このような悲痛なニュースを聞くと基礎的な事がなっていないと感じます。何事も楽しむ前にまずは守るべき事にきちんと従うこと。守れないのであれば使う権利は無いのである、と怒りが募ります。田代
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
北のミサイルや地雷の事件で、緊張が高まっている
韓国人の友達がいるのだが、兵役のために祖国に一旦帰ることになってしまった
韓国は平和に見えるが、休戦しているとはいえ、戦争中なのである
1500年ほど遡れば、休戦協定など口約束だし、北朝鮮は挑発してくる
少し前までは自分に全く関係のない世界の話だったのだが、今韓国の友達ができたので、身近で切実な問題になった
もし激化すれば自分の友達が戦争に駆り出されることは明白だし、そうなってほしくないと思う
はやく南北朝鮮の問題が解決することを祈る
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近虫に遭遇する事が多いです。2日に1回程度家の中に蜘蛛が出没し、デパートでも足元にゴキブリが出て思わず固まってしまいました。(今だに謎なのがゴキブリは見た目がコオロギやカマドウマ、クワガタ等に似ていますが何故か彼らは特別嫌われていますね)
上京して初めてゴキブリを見つけた時は勘違いしてカブトムシだと思ったのを覚えています。

私の血液型が関係しているか分かりませんが、日々蚊にも食われます。特に嫌いな訳ではないのですが、刺された跡が残ってしまう事が嫌でたまりません。去年の夏に刺された跡が今も消えない事が恨めしいです。以前、シンガポールには蚊がいないと聞いたことがあります。

虫を嫌がってしまうのは私だけなのか、日本人だけなのか。ゴキブリを食べる国もあるので価値観や考え方は本当に国によると感じています。これも一種のculture differenceでしょうか。田代
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
国立新美術館で昨日8月22日まで開催されていたルノワール展を訪問しました。7月4日にも訪れたのですが、あまりの素晴らしさに「是非もう一度見たい」という気持ちが沸き起こり最終日の昨日、台風の中行ってきました。

幼い頃に絵画を習っていた事がきっかけなのか、又は母親の美術好きが影響してか、私は物心ついた時には絵に魅了されていました。私は彼の描くコレクションだけでなく、この画家の生き方にも感動したのです。

本名ピエール=オーギュスト・ルノワール(Pierre Auguste Renoir)1841年にフランスに誕生します。幼い頃から画才を発揮し、多様な作品を描いた彼は人々を、そして自分自身を幸福にさせる為に絵を描くのです。ルノワールはFor me, a painting must be a pleasant thing, joyous and prettyと述べていました。

印象派を築いた一人ルノワールは晩年、リウマチ性疾患に苦しみ、車椅子での生活を余儀無くされます。筆を指に括り付け描いた最期の超大作「浴女たち」は110×160センチのキャンバスに描かれ、彼が病に侵されている事を感じさせず「生」の力強さと執念が伝わってきます。この作品はルノワールが残した数多くのコレクションの中でも最高傑作と称されたのです。

http://renoir.exhn.jp/exhibition/

絵画を鑑賞する事で、その画家個々の描き方の違いや絵の背景にある物語を知る事ができます。しかしそれだけではなく、画家が生きてきた道のりや、その人が誰に影響を受けそして与えたのか等、歴史を学ぶ事ができるのも意義の一つだと私は考えます。

100点を超える貴重な作品を目の当たりにし、沢山学び考えさせられ本当に素晴らしい経験をさせて頂きました。このような機会を与えて下さった全ての皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

最後にルノワールの遺した言葉を引用します。

You don't look at painting, you live with it.絵は見るものではない、一緒に生きるものである。
田代


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の全体会で人生は岐路の連続というお話があった
その感覚は僕にとっても常に渦巻いているものなのだが、生死を分ける選択で、その渦中にいる時はさすがに肝が冷える
人間そういう時は現状維持を選んでしまうもので、自分もあの時もし何か行動していたら危なかったかもなと思うことはある
アルゴという映画を知っているだろうか、イラン革命下のテヘランにあるアメリカ大使館が占拠された時に、カナダ大使の私邸に逃げた6人をアルゴのいう架空の映画のクルーとして連れ出すというノンフィクションの映画だ
これはまさに積極的に動いたから助かった物語である
その勇気を持ちたい
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第22回一般財団法人鴇田くに奨学基金ビヨンドプロジェクト
早川学校 全体会議議事録

【開催日時】平成28年8月22日(土)13:00~14:15
【場   所】要町オフィス
【司会進行】千葉事務局長
【参加人数】11名

(1) 早川代表挨拶
8月に入り夏休みが明けたばかりで参加者人数も少ないですが、月に一度の参加で近況報告をすることが次への大きなステップとつながるため、皆さんの参加をお待ちしています。

(2) 会議室利用の申請及び報告
①8月22日(月)18:30~ 馬場真光さん
②9月中旬から後半 早川貴子さん
③9月12日(月)21:00~ 高辻佑規さん
④火曜日・金曜日 16:00~約2時間 千葉慎吾さん

(3)2016年度 早川学校奨学金
<鈴木大輔さん>
英々辞典の読み、カードに記録しためています。ブログを書き表現することは難しいですが、頑張ります。

<田代希和さん>
8月に日本語教師の教育実習を行い、教師と生徒との相互コミュニケーションのもとに良いクラスが成り立つことを実感しました。留学について、長期で海外に行くことは初めてですが、人生の力となることを信じ壁にぶつかっても頑張ります。

<星山芳実さん>
7月にセミナーを開催しました。セミナーは秋にも開催予定で、主催者としても勉強をしていくために月に5冊の本を読むように取り組んでいます。

(4)2016年度 ビヨンドXプロジェクト 11月3日~5日
山元町の内藤さんのもとに訪問予定

(5)近況報告
<内藤和夫さん>
毎日の散歩道で見かける人参の成長を見るのが楽しみです。

<板谷光男さん>
各界で活躍されている人を集めた文化人交流会の代表を務めています。他にも最近では健康のためのトレーニングにも励んでいます。

<豊田定史さん>
翻訳受注可能システム、公職選挙や政治家報酬査定をインターネット上で行うシステムを作成する取り組みを行っています。どのように皆さんに面白みのあるものとして受け取ってもらえるかを考え日々奮闘中です。

<早川貴子さん>
美文字レッスンを通して、何かをやり遂げるための集中力の素晴らしさを再認識しました。学びの場を増やしていくために、マナー講座に参加予定です。おもてなしの心を学んできます。

<高辻佑規さん>
若い参加者から元気をもらっています。私の大学生活を振り返ってみると、ビヨンドXプロジェクト会議に参加している大学生とは異なるものだったと思います。

<千葉事務局長>
9月に東京ゲームショウに参加予定です。iPhoneの登場後世界が変わり、次はバーチャルリアリティー(VR)の登場で新しいイノベーションを楽しみにしています。http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2016/

女性が社会の中で活躍していくことと子育ては切り離すことができません、キャリア設計においてはパートナーや子供についても考えていくことが大切です。

(5)早川代表総括
東京都知事である小池さんが次のオリンピック開催地の代表としてリオへ向かっています。これは女性が世の中を変える力を持っていることの現れでしょう。ビヨンドXプロジェクトにも女性メンバーが増えてきています。ビヨンドXプロジェクトにも黄さん、星山さん、田代さんというように3人の女性奨学生がいます。人生の岐路は何になるか分かりません。女性が活躍していく社会の中で子供の出産と仕事とのバランスについて考えていかなければならないでしょう。

大きすぎる課題はこなせません。小さく分割した目標を設けて期間中に必ず仕上げていくことで人は成長していきます。やる気を育てていくには工夫が必要です。ビヨンドXプロジェクトのモットーでもある「笑顔とやる気の伝道師」という言葉を胸に1人1人が「笑顔とやる気の伝道師」であることを意識しましょう。



≪次回全体会議開催予定≫
日 時: 9月24日(土)13時~14時 ※次回、第4土曜日に変更
場 所: 早川学校要町オフィス 要町駅5番出口 徒歩1分

以上
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はジャパンタイムズの本社で開催されたビジネス英語講習会に参加してきました。

昔から「最前列に座る」というポリシーがある私は今回も一番前の席に座って講演を待ち侘びていたのです。しかしいざ始まるとまるでTED talksのようなプレゼンテーションが目の前で繰り広げられ私は圧倒され、何故かとても緊張しました。最前列に座っているくせに、指名されると心臓がはち切れそうになりました。

英字新聞の攻略法を伝授される前にまず、語学の構造分析法を教わりました。具体的には例えば日本語は他の大多数の言語と全く異なるSOV型(「てにをは」支配型)であるのに対し、英語をはじめとする数多くの言語(フランス語、イタリア語、スペイン語等)はSVO型(語順支配型)であります。

ここに日本人がヨーロッパの人々より英語習得スピードが遅い理由があるのです。アメリカの教育研究機関で行われた調査によると、日本人はビギナーからはじめて英語を母語レベルまで習得するのに1320時間かかります。一方でヨーロッパ圏の人々は480時間であるそうです。

そもそも文章の構造自体が異なっている我々日本人にとって、語の順を把握して読むという事がいかに大切かを思い知らされました。

「全ての言語は3要素から出来ている。一つがM5(基本五文型)、二つ目がAD(副詞修飾語)そして三つ目がFA(形容詞修飾語)によって構成されている」この事を何度も教えて頂きました。構造分析読解は時間も労力もかかりますがこれから挑戦していきます!田代


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ふと小学生の頃を思い出して思ったのだが、小学校時代がいかに理不尽だったか
学校で守らなきゃいけない決まりはあったと思う、例えばシャーペンを持ってくるのは禁止などというくだらないルールだ
これはよく考えてみたら本当に酷い制度だと思う
まず、先生が一方的にルールを設定できて、生徒には拒否権がないこと
全くもって民主主義に反している
アメリカ独立戦争の時に立ち上がった市民はこう言った「代表なくして課税なし」
つまり話し合いに参加できないのに一方的に課税をするな、というものである
生徒が世の中のことを知らないのをいいことに一方的にルールを強いている
これでは植民地と一緒だし、独裁国家とも一緒だ
もし仮に持ってきたとしたら、大人の力でもって取り上げられる
もちろん子供には抵抗できない
これは軍を想起させられる
やはり権力を持つと人間は変わってしまうのだろうか
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)