ソーシャルメディアが社会を変える!
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2011-01-11 18:39:43

目標設定どうするの?

テーマ:ソーシャルマーケティング
こんばんわ 斎藤です。

今日は、寒かったね~。気温が低いだけではなくて、東京は風の強さが身にしみる1日でした。


さて、今日のテーマは、ソーシャルメディアの目標の考え方について。

ソーシャルメディアを運営していく上で、目標の設定ってされますよね?
まだ目標設定してないなんて、言わないでくださいよ。

その際に、目的や業態によって、どのステップを目標として設定するのかは様々だと思います。メディアで見た事例の目標がフォロワー1万人だったからといって、自社の目標をすぐに1万人にしてはいけませんよ。
しっかりと目的とターゲットを見定めてくださいね。

1.ファン数、フォロワー数

 一概に、目標を1万人にしてはいけませんが、かと言って、フォロワー数の目標を設定しなくていいという訳ではありません。広く一般消費者をターゲットにしているメーカーであれば、1万人必要かもしれませんが、ローカルサービスをしている飲食店であれば、そんなにフォロワーさんを集める必要はないでしょう。フォロワーをある程度集めたら、できるだけきめ細かいフォローを気にかけた方がいいですよね。

 何の為のフォロワーなのかを考慮した上で、目的へのファーストステップとして、フォロワー数、ファン数を目標数値は置くべきでしょうね。

2.コンタクト数

 リアルなコンタクト数を目標とするのが次のステップとなるでしょう。

 フォロワーやファンといっても、あくまでもウェブ上でのコンタクトで、しかも1対Nの関係性を抜け出せません。それだけでは、まだ関係性が希薄でフォロワーさんの企業に対する経験値(=印象に残るために経験値を高める必要がある)も低いままだと思います。

 特に、twitterなどのフォロワーさんは、ウェブへと誘導して資料請求をさせたり、ファンページへと誘導して、より濃いコミュニケーションを取ったり、1対1でのコミュニケーションをとり、コンタクト体験をさせることを目標とするのが良いでしょう。

3.紹介数

 コンタクト数が増えて、関係性が濃くなってくると、RTやシェアなどで自社のサービスやツイートなどを紹介してくれるようになってきます。そして、ウェブだけでなく、リアルな友達関係の中で、紹介をしてくれるようになってきます。そこまで来ると、企業に対するロイヤりティが少しずつ目覚めてきます。

 そうすると、口コミも起こりやすくなってきますので、ここを目標にするというのがソーシャルメディアの醍醐味でしょう。ウェブの中からリアルへと目標もシフトしていきますので、計測が難しくなってきますが、ここを数値目標に出来るような仕掛け・企画を立てていくことが重要です。

4.売上

 最終的に利益を追求する企業にとっては、売上目標を達成させなければいけません。当然、ソーシャルメディアを運営していく上で、何かしらのコストが発生している以上は売上目標を立てるべきだと思います。ソーシャルメディアが直接、関与した目標を作るのも難しいとは思いますが、今後、追いかけていくべきポイントですよね。

 まだまだ、アメリカでもソーシャルメディアのROIというのは、定まった基準がなく、ソーシャルメディアコンサルタントの中でも、重要課題の一つとなっています。今年中には、何かしらの基準が見えてくるとは思いますが、まずは自社の中で、上記のステップに合わせた目標設定をしてみましょう!




2011-01-04 17:40:20

2011年のソーシャルメディアに関する活動

テーマ:ソーシャルマーケティング
明けましておめでとうございます!!!

2011年もアクセルをガンガン踏みながら、ソーシャルメディアのパワーで社会変革が起きるまでとばしていきたいと思いますので、皆さんよろしくお願いしまーーす。


さて、ここ数カ月、ブログの更新頻度も自分としては高く、読者の方もポチポチとついてきたので、会社の紹介と弊社が2011年にやっていこうとしていることを宣言したいと思います。

まずは、弊社の紹介から。

--------------------------------------------------------------
株式会社グループライズ (http://www.grouprise.jp)

【事業内容】
 ・ソーシャルメディアコンサルティング事業
  1)Facebookファンページ構築・運用コンサルティング
  2)ソーシャルメディア営業コンサルティング
  3)Facebookビジネス活用セミナー運営

 ・メディア運営事業

「ソーシャルメディアを活用してビジネスを広げたい」「ソーシャルメディアをからめてクライアントに企画提案したい」「ソーシャルメディア関連のサービスを立ち上げていきたい」

このような相談が昨年後半は増えてきましたので、今年は様々な申し出に対応できるにようにしていきたいと思います。


--------------------------------------------------------------

2011年 展開予定のソーシャルメディア関連のサービス

 1)セミナー開催
  ・単独セミナー
  ・コラボセミナー(代理店さまとの共同開催)
  ・ワールドカフェ(ディスカッション型のイベント)

 2)業界特化型ソーシャル活用サービス
  ・業界・業態に特化したソーシャルメディアサービスの開発

 3)ソーシャル活用理論の構築
  ・海外のロジックではなく、日本人にマッチしたソーシャルコミュニケーションロジックの構築を行います
  ・効果測定(ROI)のロジックの構築
  ・ソーシャル利用実態調査(企業、一般)
  ・電子書籍化

 4)ソーシャルコマース
  ・海外マーケット向けのソーシャルコマースを展開します

 5)人材育成
  ・ソーシャルメディアを活用できる人材の育成。ソーシャルメディアのビジネス活用が増えてくれば、それを運用する専門職が絶対に必要になってきます。弊社では、紹介・研修・教育を行っていきます。

 6)社員採用
  ・今まで2年間は、一人で仕事をしてきましたが今年はオフィスを借り社員を採用していきます!

さーて、大風呂敷を広げたぞっ!

一人ではなかなか全ての事はできません。一緒に協力してくれる方・企業さん大募集します!
一緒に何か作り上げていきたいという方は、メッセージください。

よろしくお願いします。


2010-12-29 10:55:09

ソーシャルメディアが社会を変える

テーマ:ソーシャルマーケティング
◆ イベント情報 ◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆
  11年1月17日(月)
   第2回  【初級編】Facebookのビジネス活用法セミナー
Facebookをビジネスに活用してみたいんだけど、どんな活用法があるのか知りたいという方は、ご参加ください!


  11年1月19日(水)
   ワールドカ フェ ~ ファンページの運営ノウハウをみんなで創ろう ~   
      もうファンページを運営し始めたんだけど、どうやって「いいね」を増やせばいいんだろうという方は、ご参加ください

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆


こんにちわ 斎藤です。

今日は、いつもより早い時間に更新します。もう今年も3日を残すのみとなってしまいましたね。
すっかり営業をしている会社も少なくなり、もう年末年始のゆったりお休みムードなんでしょうね。

このブログも年内は最後の更新となります(多分、気が変わらなければ。。。。)
いつも、ご覧いただいている皆さん、ありがとうございます。来年は、もっとソーシャルメディアの事業に拍車をかけ、また仕事の体系も大きく変化させながら、進化していきたいと思っております。

さて、2010年最後ということで、このブログのタイトル「ソーシャルメディアが社会を変える!」のタイトルを踏まえて、2010年はソーシャルメディアで何が変わったのかをまとめたいと思います。

1.企業のキャンペーンに対する考え方が変わってきました。
 
  今までは、新製品がリリースされると広告に予算を投下して、広く認知度を高めるというのが一般的だったと思います。今年、ペプシはスーパーボウルのCM予算をCRM予算に回しました。つまり一時的なスポットの広告を打って認知を上げるという方法よりも、CRMに予算を回し、継続的な関係性を保ちながら、その中でしっかりとブランド訴求をしていくという手法に変えたのです。

 何故、今、この手法に変えたのかというと、推測ではありますが、Facebookやtwitterなどで顧客としっかりとつながっていることができているからだと思います。

 そうすると、広告業界、旧来のメディア業界にとっては非常に厳しい状況ですよね。

 他にも、日本のピザチェーンが時給200万円でアルバイト募集というバズを起こさせるようなキャンペーンを企画し、ソーシャルを使って情報拡散させましたよね。これも従来、広告費にかけていた費用をユーザに還元させるような仕掛けなんだと思います。

 ソーシャルメディアの普及が広告業界を変えていくのではないでしょうか?



2.ソーシャルメディアで人材採用を

 今年は、ウェブ系の大手企業がエンジニアを採用する際に、準備金を与えるというケースが出てきました。要は、今まで人材紹介会社に払っていた手数料を採用者に渡しちゃうことで、話題になり、かつ採用者に喜ばれるようなアイデアですよね。

 これが進んでいくと人材紹介の存在が薄れていきますよね。淘汰が加速する可能性が大です。



3.ビジネスコラボレーションが加速していきます

 これは、個人的にものすごく実感しています。今の、自分の仕事は全てFacebook上での「つながり」がきっかけになっています。これって、実名制のFacebookの最大の魅力ですよね。最初から信頼感を感じられる人とは、すぐに会って仕事の話しをしちゃいます。そして、ビジネスにつながります。

 また、同じような仕事をしている人とは、すぐにコラボしたり、仕事の相談もします。そのスピード感は革命的です。アメリカでは、パソコンの登場、インターネットの出現に続く、第3の革命がソーシャルメディアだと言われています。


これは、SNSやブログの延長線上で考えていてはいけないという事なんですよ!


アメリカでは、この2010年がソーシャルメディア革命の元年と言われており、恐らく、日本は来年が正に元年になるでしょう。その時に、どこまでをソーシャルメディア活用できるかは非常に重要なポイントですよね。


さて、今年1年ありがとうございました。
来年が皆さんのとって、革命的に進化する1年でありますように。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ