Green planet with Kids

Green planet with Kids

地球のために私たちができることを
親から子供たちの未来へ


テーマ:

 

 

3月に開催されましたGreenPlanet主催の第三回上映会のレポートが

メディアサイトHACCOBEさんに掲載されました!

 

とっても丁寧にレポートされていて、

まるで当日参加したような臨場感とリアリティあるレポートです。

 

 

【レポート】「地球が壊れる前に」上映会&トークショー

「地球に優しくミニマムで満足な生き方とは?」
 


3月13日(水)、巣鴨にあるシェアハウスRyozan Park 巣鴨にて、「地球に優しくミニマムで満足な生き方とは?」をテーマにしたトークショーと、地球の気象変動を描いたドキュメンタリー映画「地球が壊れる前に」の上映会が行われた。主催はGreen Planet with Kids。この美しい地球を子どもたちに残したいと、昨年発足されたボランティアグループだ。実は、私もそのメンバーの一人である。

約50名の参加者の中、ゲストとして登壇したのは、アフリカのコンゴ盆地にある稀少な原生の熱帯林地域で約30年に渡り保全活動に尽力してきた理学博士 西原智昭氏と、エチオピアでラグジュアリーレザーブランドを立ち上げた起業家 鮫島弘子氏。同じアフリカを拠点に活動している二人だが、仕事の分野は全く異なる「環境保全」と「ファッション」。

 

 

しかし、原生林を伐採している企業と、大量生産・大量消費のファッション業界は同じことをしているという。
「このまま資源を使い続けていいはずがない」と。

どうしたらこの美しい地球環境が保たれ、人類にとって幸せな生き方につながるのか。お二人が考える「地球に優しくミニマムで満足な生き方」をリポート。

 

つづきはこちらから

http://haccobe.com/report-talkshow-beforetheflood/

 

 

 

Green Plane twith Kids



テーマ:

上映会時には、いつも映画への想いに共感してくれているスタッフが

ボランティアで協力してくれています。

 

1、3回目の撮影をお手伝いしてくれた

プロ・フォトグラファーの浅井芽美さん。

 

自然で内面をすくい取るすばらしい撮影力に加え、

プロならではの、難しいアングルやカラーを

クリアに1枚の中に収めてくださっています。

 

クリアでお一人お一人がしっかり映っています。

 

 

お二人のいい表情。

 

集合写真も、前から後ろまでしっかり入っています。

 

 

 

そんな凄腕の芽美さんより、3回目のレポートをいただきました。

 


芽美さんありがとうございました。

 

 

上映会第4回目は、7月の予定で進めております。

場所が決まりしだい、こちらでもご連絡いたします。

 


テーマ:

3月13日に開催いたしました

 

【「地球が壊れる前に」上映会~「地球に優しくてミニマムで満足な生き方とは?」】

 

の参加者様のご感想をいただきました。

 

その数24名さま

 

 

(こちらは掲載可の方のアンケートの一部を撮影させていただいたものです)

 

 

ほぼ、皆さんが満足or 大満足のご回答をいただきました。

 

本当にありがとうございました!

 

 

地球上では課題は多く、

みなさまのご回答通り、

一人一人がこれからどういう行動をとるか?

にかかっています。

 

是非、お読みになって、

参加者様がたの多くの気づきに触れ、

さらにこれからのことをご一緒に考える機会になればと思います。

 

 

 

アンケート返答 計24

(掲載不可分を除き、すべて掲載させていただきます)

 

ご感想お名前、紹介者、イベント満足度、

アンケート利用に関してウェブ上に掲載可能かどうか

 

 

・川口ちさと様 宮西淑子さんご紹介、満足、掲載可
今、自分に出来ることは何かをとても考えさせられました。
小さな活動が大きな変化となって表れる事を信じ、一つひとつやれることをやっていきたいと思います。

 

 

・斎藤真理子様 聖子さんご紹介、満足、掲載可
レアメタル、オイル事業に関して、我々が普段のニュースでは知ることのできない現実を映像で見ることができたこと
アフリカなど、我々の生活のために犠牲となっている国々の悲惨さを心に刻むことができたこと。

 

 

 

 

・西宮鉄二様 聖子さんご紹介、大変満足、掲載可

映画は二度目でさらに良く理解できたことと、やはり西原先生の生の声が深く響きました。
また、息子と観れたことが良い機会となりました。

 

 

 

・村上政美様 林美枝子様ご紹介、大変満足、掲載可

本日はとても有意義な会に参加できまして、身がひきしまる思いです。
と言いますのは、私は環境カウンセラーとして日々活動してきているからです。

“温暖化“についても小学1~2年生の子どもたちににも伝えています。
これ以上負の遺産を子どもたちにのこさないために、死ぬまでこの活動を続けていく、広めていく、考えていく。。。。続けていこうと強く思いました。(原発もとっても問題ですね!)

 

 

 

・あつこ様 須田このみ様ご紹介、大変満足、掲載可
知っていくことがとても大事。
まだできることがたくさんあることを今日のお話で知りました。
とてもこれからのためになりました。

ありがとうございました。
 

 

Y.Y様 聖子さんご紹介、大変満足、掲載可
このような上映会や動画を教育(学校)や企業の方に見てもらう機会があればと思いました。

自分の無知をはじめて気付き、もっと世界に目を向け、今の現状を知っていこうと思いました。
また、機会があればもう一度見たいです。

・アベ様 Facebookにて、大変満足、掲載可

「まずは、地球環境破壊がまったなしの状態になっていることを知ることからだ」という先生の提言が問題解決の第一歩という言葉に納得しました。
そこから、自分がなにをできるのかと考えることが個人としてできることだと感じました。

 

 

・三浦様 Facebookにて、大変満足、掲載可

西原先生と鮫島さんおお話を伺うことができたので、映画の内容がさらに深く入ってきました。

鮫島さんのバッグもとても素敵で、使わせていただきたいと思いました。

 

 

Koki 宮西さん紹介、満足、掲載可

映画だけでなく、生の声を聞くことで、リアリティもわいたし、

それ以上に自分がどうこれからアクションをとっていくかをしっかりと考える機会となりました。

このような会を開催してくださり、ありがとうございます。

 

 

・内藤日香里様 鮫島さんFBから、大変満足、掲載可
西原先生の「地球は壊れます」という冒頭の一言に大きなショックを受け、すぐ後に映像を見て、本当にその言葉通りの状況に直面しているんだなと期間を覚えました。
そして、現状をどれだけ一般の人々に知らせて、

トップや企業を動かせるかが今後の明暗を分けるのではないかと思いました。
問題があまりに大きすぎて、気が遠くなるような思いでしたが、せっかく今日の様な機会を得られたので、自分の子どもたちや周囲の人に伝えることから始めたいと思いました。

 

 

・かあか様 聖子さんのブログから、大変満足、掲載可
自分に出来ること。
そして、我が子たちに伝え、環境問題に関心を持たせていきたいと思いました。

 

 

・永井様 西原先生・聖子さんのご紹介、大変満足、掲載可
環境問題に関心はあっても、日々の暮らしで何することなしに行動していました。

今日あらためて、もう少し考え行動しなければいけないと思いました。

いい機会を与えていただき、ありがとうございました。

 

赤坂友紀様 FB・鮫島さんのご紹介・大変満足 掲載可 

地球が壊れる前に は一度観たことがあったのですが、

お二人のお話をあわせてきかせていただくことで、思考が深まりました。

貴重な機会をありがとうございます。

3/11がきっかけで、徐々に不要なものを持た無い生活にシフトしてきましたが、振り返ると今のほうが本当に好きなものだけのシンプルな生活で満たされた幸せだと感じています。

 

 

・AK様 重松さんと聖子さんから紹介、大変満足、匿名なら可

今まで知らなかったことが本当に多かったと思いました。

そして、ソーラーパネルだったり、間違った知識をもっていることも。
本当に、まずは知ることが必要だと思いました。
知らないことが多すぎる。そして、もっと多くの方にも知ってほしい。

知ることで、自分にもできることがあるから。少しずつでも皆に出来ることがあるから。
今日は参加できてよかったと思います。

素晴らしい機会を与えて下さって、素晴らしい活動をして下さっていて、ありがとうございました。

 

 

MOMO様 FBにて、匿名なら可

①   トークショー
先進国と呼ばれる私たち日本人の消費し続ける状況

満たされてないから買い続ける

アフリカのピグミーの方、電気や水道がなくても、食べ物は森に何百あり

今まで自殺者はゼロ。
気付き、文明の発展は、人の心の幸せと必ずしも比例しない。

②   映画

地球温暖化の問題がここまで世界中で深刻な問題であるということを知り、大変ショックを受けました。
一人ひとりが自分の問題として何ができるかを考えて、声をあげ行動していくことが大切だと思いました。

 

 

・TM様 かあか様ご紹介、大変満足、匿名なら可

映画の内容はとても衝撃的なことばかりでした。

何となく知っていることもあれば、全く知らなかった事実もあり、いい勉強になりました。
字幕を読むのも忙しくて、もう一度ゆっくり映像を見たいと思いました。
小さな一歩かも知れませんが、何か自分に出来ることを実践していきたいです。

 

 

・YK様 FBにて、満足、匿名なら可

マクロ視点で環境や社会に配慮した企業を応援する仕事をずっとやって参りました。

パリ協定と同じで仕組みはある程度できましたが、具体的な行動はもっと、もっと必要です。

それを私個人のレベルからも実践を深めなければ、と思っているタイミングでしたので、良い機会でのイベントでした。

有難うございました。

 

 

M.N.様 FBにて、大変満足、匿名なら可

とても考えさせられた。
知らずと恩恵を受けていない国の方々に被害を与えている現状があまりに大きいことに愕然とした。
買う物の選択、また食べ物で牛肉を減らすetc. のことでも少しでも一歩環境改善に意識を近づけていけるということで・・・・そこからまず始めていけたらと思う。また、このような機会があれば積極的に参加したい。

どうも、ありがとうございました。

 

 

・SS様 聖子さんご紹介、大変満足、匿名なら可
トークショー胸にささりました。何でも安くなっているにはウラがあり、

それが当たり前の今で誰もギモンに思わないのか、この活動をもっと多く場所で一人でも多くの人に届くことをいのります。
ちょうど私自身もミニマムな生活をしようととりくんでいる時で、

買い物も質の良い物を呈量持つを目指しているのでとっても参考になりました。
ありがとうございました。
 

 

・MY様 聖子さんご紹介、大変満足、匿名なら可

知らないことだらけでした。
これは、何とかしなくてはならないことです。

まず、今日は家に帰って家族に特に、子どもたちに話します。
私に何ができるのだろう。
世界中の途上国の人たち、未来を生きる人たちに、今私のできることは何だろう。
真剣に考えようと思います。

企画してくださったグリープラネットの皆様、西原先生、鮫島先生ありがとうございました。

 

 

・KK様 聖子さんご紹介、大変満足 

何からなのか、まだ整理できないんですが、自分に出来ることをしたいと思えました。

とにかく感情が動いています。強く動きました。

ありがとうございました。

 

 

・ST様 知人の紹介、大変満足

映画の中で、環境のことや気温変動のことなどが凄く興味深くて、私も将来は環境の保護活動をしたいと思いました。

 

 

 

 

ご感想くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 

また引き続き、6〜7月ごろには、

こちらのご感想も踏まえ、

上映会とワークショップを兼ねての開催を考えております。

 

この上映会が、みなさまのご感想が、

地球環境寿命に少しでも役立つことを祈ります。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

ゲスト:西原智昭先生 鮫島弘子さん

 

開催にあたり、集客管理システムを提供してくださっております

リザーブストックの相馬純平さん

 

すばらしい会場の協賛巣鴨の梁山パーク様

 

後援 NPO法人アフリカ日本協議会 星野智子さま

 

共催してくださっている美と健康のメディアサイト

HACCOBEの宮西里沙さん

 

anduamet 村松恵美さん

 

皆様一人一人のご厚意により、開催ができましたこと

誠に感謝申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。

 

主催 GreenPlanetwith Kidsメンバー

司会:小柴寿美子

カメラマン:浅井芽美

受付:福井千鶴、菅原陽子

シェア会セッティング:宮西淑子

コーディネート:蒼井聖子


テーマ:

 

GreenPlanetwithKids STAFFの福井です。

 

先日開催しました

【「地球が壊れる前に」上映会~「地球に優しくてミニマムで満足な生き方とは?」】の参加者さまが、

上映会の感想を

ブログに書いてくださいましたキラキラ

 

学んだことをとっても分かりやすく書いてくださっているので

皆さまにもシェアさせていただきます音譜


 

かぁかさん、今回2回目の上映会参加でした。

 

前回は、目の当たりにした地球の現状がショッキングだったようで

「私にも何かさせて!」と、声をかけてくださいました。

 

私たちスタッフの願いは、

この上映会がきっかけになって、それぞれが考えつく環境にやさしいことを

実行してもらえること。

 

だから、それをさっそく行動に移してくださる様子に

とっても嬉しくなりました。

 

ありがとうございます!!

 

 

 

*************

 

 

私がこの映画を観たのは今回で3回目になります。

 

 

見るたびごとに新しい発見があって・・

 

それは、観るたびに気づきがあり疑問に思ったことを調べたり

地球にやさしい商品を調べたり

学ぶから

次の上映でまた新たな問題に気づく、その繰り返し・・・

 

たぶん何度見ても ”飽きる” ということがない映画だと思っています。

何度も観て、私にできることをひとつひとつ

クリアしていきたいと思っています!

 

 

上映会がきっかけで私が学んだこと、

今回は〖RSPO認証〗についてご紹介しますねウインク

 

 

カップラーメンやファストフード、スナック菓子以外に

洗剤類や化粧品などに使われているパーム油

成分表に書かれている『植物性油脂』の多くはこれにあたるそうです。

 

 

パーム油の何が問題なの?

 

『アブラヤシ』から作られる『パーム油』は、

食品や日用品に加工しやすく

先進国(特に日本!)での需要が高いため

(積極的に買ってもらえるため)

違法に森林を切り開き栽培されてきました。

 

違法に生産されたパーム油と正規に作られたものを区別する基準が

〖RSPO認証〗なんです。

 

こちらもご参考に⇒WWF/RSPOについて

 

 

このマークがついた製品は基準をクリアした〖RSPO認証〗商品です!

 

 

 

私が今まで何気なく使っていたこちらの食器洗い洗剤

 

サラヤヤシノミ洗剤です。

 

とってもメジャーな商品で、使っている方も多いと思います。

自然食品店・生協・ドラッグストアなど、普通に見かけます。

 

私はこれをさらに3倍ほど希釈してお皿洗いや

農薬が気になる野菜を洗っています。

 

その他、サラヤは地球にやさしい商品作りを

積極的に行っているメーカーさんラブラブ

 

今までは食器洗い洗剤のみ使用でしたが

ストックの洗剤、シャンプーなどがなくなったタイミングで換えていこうと思っています。

 

お値段も特別高いわけではないので

他のもので調整して、日々の生活に取り入れていきたいです!

 

 

 

こちらは、イケアやダイソーで販売中のガラスタッパーです

 

 

お弁当生活だったこともあり、ラップ類・ビニール袋を多用していました。

残ったおかずは器のままラップをして冷蔵庫に・・

 

換わりにガラス製のタッパーなら

このまま温めても安心だし、ごみも出ない。

蓋もパッキンもしっかりしているのでコスパもよさそうです!

 

この商品は結構人気で、見かけた時に少しずつ買い増ししているところです。

きっと同じように考えている方が買っていかれるのかな・・

そうだといいな照れ

 

 

皆さんの考える地球にやさしいこと、実際にやっている事

私たちに教えていただけませんか?

 

GreenPlanetwithKids でシェアして皆さんで試してみませんかウインクキラキラ

 

ご意見もお寄せくださいね宝石紫

 

 

 


テーマ:

第三回GreenPlanetwithKids 主催

 

【「地球が壊れる前に」上映会~「地球に優しくてミニマムで満足な生き方とは?」】

開催しました。

 

50名近い皆様がお集まりいただきました。

 

 

アフリカのコンゴ共和国の国立自然公園の保全顧問をなさっている

西原 智昭先生と、

エチオピアから来日してくれた鮫島弘子さんのトークショー

映画でのテーマに沿って、さらにリアルで深い問題提示

がされました。

 

 

 

「地球に優しくてミニマムで満足な生き方とは?」

 

 

 

 

まずは経営者でもあり、デザイナーでもある鮫島さんの

anduametのバッグのご紹介から。

 

色とりどりでアフリカの大地の元気をいっぱいいただけそうなバッグ!

 

無駄、ゴミ、染めなどの環境にも万全配慮、

職人さんをしっかり育ててほこりをもって仕事していただく徹底し

経営理念をつらぬいた、幸せのものづくりを実現させた賜物です。

 

 

 

鮫島さんは、普段は、実はあえて

エシカルやサスティナブルといった言葉をあまり使わないようにしているという

ことでしたが、

実際は、デザイン以上に作ることの工程や売れた後のことまで

とても配慮されています。

 

だからこそ今回のトークショーでの言葉は、一言一言がとても

深い意味をもっていることを皆が実感できる内容ではなかったでしょうか?

 

 

『欲だけで消費していると、未来の自分たちの首を絞めることになる。

1年で捨てる服や物より、10年大事にできる服や物を選んで』

 

との問いかけは強かったと思います。

 

 

西原先生からも、

 

 

環境問題は、実はとても複雑で難しい。

 

消費大国の日本こそ、今アフリカと密接に絡んでいる。

 

だれかのせいにはできないとうかなりリアルなお話でした。

 

 

 

 

『日々少し節電、消費を抑える。一人がその努力をするだけでも、

これを全員がしたら世の中は変わる』

 

 

生々しいですが、日本人こそ、

地球環境や途上国の貧困に手をかしている共犯者でもあります。

 

これからの私たちがたちもどるところは、

古くから日本人にあった思想でもあるでしょう。

 

 

物を大切にすること・・・

相手がどんな状況なのか想像して、話をすること。

 

(ここでいえば、日本人が途上国やエネルギーやレアメタル等を供給してくれている国や

その土地に住む人たちのことを想像してみること)

 

そんな原点回帰でもあります。

 

 

皆さん、とても熱心に話に引き込まれていました。

 

 

 

 

 

 

親子で参加してくださった 

グリーンプラネットでも協賛をいただいているリザーブストック

そのインストラクターの教育担当をなさっている

西宮鉄二さんと息子さん。

実は親子で自然や野生動物の保護をしたい想いをもっていられての参加だったとか。

 

 

 

今回も、先生が一人一人に向き合って

サインを書いてくれました。

 

 

地方からはるばる来てくださった方もいらっしゃいました。

今私たちが一人一人ができること・・・

それぞれは皆さんのアンケートにぎっしり書き込まれていました。

 

 

上映会の後には、

シェア会を開催しました。

 

参加者さま皆の自己紹介では、、

皆さんそれぞれに環境や地球のこと、

自然が昔より失われたことの辛さきっかけ・・・

熱い思いを抱いての参加されていることがわかりました。

 

どなたも、一人一人が地球の乗組員で、

大切な役割をお持ちなのことがわかります。

 

 

テーブルごとでも先生からお話くださいました。

 

 

ずっと話をお聞きしたい・・・

 

 

 

グリプラのスタッフ&参加者様&先生方でのショット

 

 

 

 

開催にあたり、集客管理システムを提供してくださっております

リザーブストックの相馬純平 様

 

すばらしい会場を協賛くださった巣鴨の梁山パーク様

 

後援 NPO法人アフリカ日本協議会 星野智子 様

共催してくださっている美と健康のメディアサイト

HACCOBEの宮西里沙 様

 

ご協力くださったanduamet 村松恵美 様

 

 

そしてボランティア一緒に活動しているGreenPlanet

司会:小柴寿美子

カメラマン:浅井芽美

受付:福井千鶴、菅原陽子

シェア会セッティング:宮西淑子

 

皆様一人一人のご厚意により、開催ができましたこと

誠に感謝申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。

 


テーマ:

第3回 「地球が壊れる前に」上映会  

 決定しました!

 

今回はスペシャルなゲストをお招きして、

「私たちができる地球に優しい生き方」をテーマに話していただきます。

 

 

〜西原智昭先生と鮫島弘子さんの

「地球に優しいミニマムでも満足な生き方」とは?

 

 

地球の生態系を守っている海、そして原生熱帯林でいえば

このままだとあと50年もつか持たないか?だそうです。

 

我々人間の過剰な欲求行動が起こした地球環境問題、

その今の地球環境をドキュメンタリー映画にしたものが

「地球が壊れる前に」〜ディカプリオの黙示録〜です。

 

 

かつて皆がタイタニックで魅了されたレオ様ことレオナルド・ディカプリオが

自身の人生をかけて取り組んだ渾身の作品です。

 

映画の内容が深刻な事実でもありますので、

上映前後に、環境問題の鍵を握るアフリカの現地にいるからこそ話せる

2人のスペシャルゲスト西原智昭先生と、鮫島弘子さんが、

「私たちができる地球に優しい生き方」をテーマに話してくれます。

 

 

スペシャルゲスト紹介

 

✴︎国際NGO WCS(国際野生生物保全協会)所属、

世界で極めて希少なコンゴ共和国の原生熱帯林での自然環境保全技術顧問を務めてきた西原智昭先生

 

✴︎アフリカのエチオピアに単身渡り、

会社(株式会社andu amet / atelier andu amet P.L.C)を立ち上げ、

レザーブランドを創設、デザイナーとして活躍する鮫島弘子さん

 

 

 

この地球の大自然をこのまま無くさずに、どうしたらよいのか?

その明るい答えが、少しでも見つかる機会です!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「地球が壊れる前に」上映会

〜西原先生と鮫島弘子さんの「地球に優しいミニマムで満足な生き方とは?」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日:   2019年3月13日 

時間:  10時30分〜13時30分(10時15分開場・受付)

場所:  RYOZAN PARK(グランド東邦ビル地下1階上映室)

参加費(小学4年生〜対象〜): 無料

(字幕が難しいため小学4年生〜乳幼児のお子様連れは可能ですが混雑時には、

お膝の上での観賞をお願い致します。)

お申し込み先

https://resast.jp/events/318361

 

アクセス

【最寄駅】巣鴨駅(JR山手線、都営三田線)徒歩4分

RYOZAN PARK 東京都豊島区巣鴨1-9-1 グランド東邦ビル

出口を出てアトレ内、左手側(右手のターミナル・地蔵通り側と逆)へ下ります。

下りるとCOFFEE BECKSがあります。そのまま大通り直進し、横断歩道を渡って、

大通りから左手2つ目の道を入り、しばらく歩いて左手の建物になります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西原智昭先生 プロフィール:

1989年から約30年、コンゴ共和国やガボンなどアフリカ中央部熱帯林地域にて、

野生生物の研究調査、国立公園管理、熱帯林・生物多様性保全に従事。

国際保全NGOであるWCS(Wildlife Conservation Society;ニューヨークに本部があり)の

自然環境保全研究員。

NPO法人アフリカ日本協議会・理事。京都大学理学部人類進化論研究室出身、理学博士。

詳細はhttp://www.arsvi.com/w/nt10.htmを参照。

現在の最大の関心事は、人類による自然界・野生生物利用と人類の文化遺産の維持との

バランスに向けた方途や、先住民族の今後のあり方への模索である。

 

著書 「コンゴ共和国マルミミゾウとホタルの行き交う森から」

https://www.amazon.co.jp/コンゴ共和国-マルミミゾウとホタルの行き交う森から-西原-智昭/dp/4768458238

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鮫島弘子(さめじま ひろこ)さん  プロフィール

 

株式会社andu amet(アンドゥアメット)代表取締役・チーフデザイナー

国内メーカーでデザイナーとして働くなかで、 安価な製品を短いサイクルで大量生産するものづくりのトレンドに疑問を感じるようになり、 2002年にボランティアとしてアフリカへ渡る。

エチオピアでファッションショーを企画開催、 ガーナでフェアトレードプロジェクト立ち上げるなど

ファッションやデザインに関するプロジェクトに複数携わる。

帰国後、外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング担当を経て、

2012年、株式会社andu ametを設立。

世界最高峰の羊皮エチオピアシープスキンを贅沢に使用した

ラグジュアリーなレザー製品の製造・販売を開始。

2015年、日系企業としては3社目となる現地法人をエチオピアに設立。

APEC女性若手イノベーター賞受賞、カルティエ「Change makers of the year」賞等、

受賞歴(以下)多数。
 

  • 2012年:日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013キャリアクリエイト部門受賞。
  • 2013年:DBJ女性ビジネスプランコンペティション特別賞受賞
  • 2013年:JICA理事長賞受賞
  • 2013年:APEC女性若手イノベーター賞受賞
  • 2014年:日経ビジネス「日本の主役100人」選出
  • 2015年:カルティエ「Change makers of the year」受賞
  • 2017年:JETRO「Future Leading Women」選出

 

3月13日(水)開催分

詳細・お申込はこちら

https://resast.jp/events/318361

 

 

ーー  主催・パートナー  ーー
*ロゴをクリックするとリンク先につながります。

 

主催 Green Planet with Kids 

後援 NPO法人アフリカ日本協議会

特別協賛 HACCOBE 

協賛

リサーブストック

協賛  RYOZAN PARK

撮影協力・浅井芽美

Logoデザイン・ line meets line  

協力・宮西里沙・小柴寿美子・福井千鶴

篠崎房子・菅原陽子・宮西淑子・蒼井聖子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 


テーマ:

 

Green Planet with kids自主企画上映会
「地球が壊れる前に」

上映会の際に講師として西原 智昭博士に
ご同席いただき、
環境保全の現場で起こっている現状などをお話しいただいています。

西原博士は現在、WCS(Wildlife Conservation Society)
野生生物保全・国際NGOでのコンゴ共和国支部で
野生生物の研究調査と違法行為の取締りを
サポートしていらっしゃいます。

 

西原 智昭博士プロフィール 

上映会の中でも触れていますが、

森林の生態系にも大切な役割をしているマルミミ象は、

象牙目的で乱獲されています。

 

そして、象と同様に、
賢いペットとして人気の高いヨウムも
乱獲により絶滅が危ぶまれている野生生物なのです。 

 

 


ヨウム密猟については何が問題であるのか、

西原博士の過去講演にて詳しく説明しています。

是非ご覧ください。

「なぜヨウムの密猟は急増するのか~
激しく上昇する価格と輸入国側の乏しい管理~」

 主催:認定NPO法人TSUBASA

 

 


認定NPO法人TSUBASA
飼い鳥(インコ・オウム・フィンチ)を飼えなくなった方から保護するレスキュー団体です。
 

 

 

※TSUBASAの施設『とり村』で撮影の画像をお借りしました。

 

おしゃべりが上手で知能も高いヨウムはペットとして人気ですが・・・

手前が『ヨウム』 奥の『コイネズミヨウム』は乱獲の影響で現在は希少な種となってしまいました。

 

人間の欲望が、結果として野生動物の絶滅を推進しいてるという

残酷な事実。また野生動物を保護して、野生に戻す難しさ。

問題はとっても複雑ですが、全て人間が起こした事実。

それを論理定にわかりやすく説明している西原先生の講演は

人間と自然との向き合い方を深く考える機会であり、一聴の価値があります。

 

 

 



 


テーマ:

 

Green Planet with Kids ボランティアスタッフであり

上映会司会進行の小柴 寿美子さんより

先日開催いたしました

 「地球が壊れる前に」上映会の感想が届きました。

 

当日の様子や、会の趣旨をわかりやすくレポートしてくださっていますので

皆様にシェアさせていただきます。

 

 

 

 

 

きょうはドキュメンタリー映画「地球が壊れる前に」の自主企画上映会でした。

美しい地球を子どもたちのために残したいとボランティアで活動している

Green Planet with kidsとして2回目の開催になります。

 

師走のお忙しい中、平日にも関わらず、今回も30名の方々が足を運んでくださいました!

中には、愛知県からのご参加もあり、びっくりです!!

ご来場ありがとうございました。

 

この映画は、アカデミー賞俳優でもあるレオナルドディカプリオさんが、

2年間、世界を旅しながら地球の気象変動について収録したドキュメンタリー映画です。

日本では2016年に公開され、NHKのBSでも放送されたそうです。

 

映画の内容は、深刻でかなり重いです。

そんな中、私たちに何ができるか…。

上映後、西原智昭先生のお話を伺いながら一緒に考えていきます。

 

西原先生、毎回お話してくださる内容が少しずつ違うんですよね~。

なぜなのかを伺ったところ、毎回ご自身で反省をして、

次の会にはその反省を生かした内容にしてくださっているそうです。

素晴らしい!!それを伺って益々応援したくなりました!!

 

今回は、前回希望のあったランチ会も行いました。

 

西原先生もお忙しい中、同席してくださり、さらに色々なお話を伺うこともできました。

 

コンゴ共和国にいる間は、3か月分の食料をもって、チームでアマゾンの熱帯雨林の中に入り、

テント生活をしながら、密猟から野生動物を守る活動をしているんですって!

なぜコンゴ共和国で暮らすことになったのかなど、個人的なお話も伺うことができました。

 

今、この映画を日本で無料上映することができるのは、西原先生のおかげなんです。

 

西原先生は、普段、アフリカ中部に位置するコンゴ共和国で国際NGOとしてご活躍されています。

実際にアマゾンの森林破壊が進む様子を目の当たりにし、

地球環境の現状を知ってもらうには、この映画が一番伝わりやすい!との思いから、

上映権を持つナショナルジオグラフィックに交渉。

見事、来年8月まで日本での上映を許可されました。

 

ただし、上映するには、西原先生が立ち会うこと、無料で開催することなど、

様々な条件があります。

 

そんな条件も何のその。西原先生は、一人でも多くの人にこの映画を観てもらい、

現状を知ってもらいたいと日本に帰国している休暇の間、

全国飛び回って上映会、講演会の活動をされています。

 

私たちもその想いに賛同し、上映権のある8月まで、

なるべく多くの方にこの映画を観ていただこうと、上映会を企画していく予定です。

 

1月にも開催する予定で、いま場所を探しておりますので、

またご案内させていただきますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

12月17日の上映会に来られなかった方へ朗報です。

 

上映会での立会い・講演会をしてくださっている西原智昭先生は

AJF(アフリカ日本協議会)理事をされています。

全国での上映会スケージュールがAJFのサイトにて掲載されておりますので、

ぜひ、ご覧になってみてください。

 

 

西原理事による上映会・講演会スケジュール

 

関東近郊ではこちらが直近開催です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月5日(千葉市) 新春スペシャル上映会『地球が壊れる前に』上映会

日時:2019年1月5日(土)13:30-16:00(開場13:00)

場所:幕張国際研修センター2階 渚の間

(千葉市美浜区ひび野1-1 JR海浜幕張駅から徒歩約10分)

ゲストスピーカー:西原智昭氏

参加費:無料

予約申し込み:http://urx.blue/MfRb

主催:自然エネルギーを広めるネットワークちば(リネットちば)

後援:NPO法人アフリカ日本協議会

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

前回から4週間も立たないうちですが、

西原博士が来日している限定期間のため、

第2回目を開催させていただきました!

 

 

上映しましたこちら 

ディカプリオの黙示録 [地球が壊れる前に]

 

 

Green Planet with Kids代表から。

 

ボランティアでこちらの上映会に至った経緯、

私たちの未来、子供達のために

できることをしていこう!とご挨拶。

 

 

 

Green Planet with Kidsの立ち上げのきっかけを

くださった 10年先の美と健康を考えるメディアサイト

発酵美HACCOBEの運営企業セルアップの宮西様からもご挨拶。

 

 

 

 

普段はコンゴ盆地の熱帯雨林の保全に関わっている西原先生。

 

この上映権をナショナルジオグラフィックに直談判して

取り付けた経緯とその条件についてお話し下さいました。

 

 

実は先生の立会いのもと、ということが条件のため、

日本にいる貴重な休暇はほぼ、こちらの上映のために時間を費やしてくださっています。

 

もちろん交通費も自己負担、本当に頭が下がります!

 

 

今回もみなさん、真剣にお話しを聞いていらしゃっていました。

 

 

 

 

映画は本当のことなのか?映画の中のことのようで、

かなりショックな場面も多いです。

 

でも最後に科学者が

 

人間はこれが最善だと思うことは

必ずやり遂げる。不可能も可能になる。

 

とおっしゃっていて、

グリプラとしては、この言葉を信じたい!と思って活動をしております。

 

 

ということで、

 

 

先生の口から、まずは事実を知ろう!というお話でした。

 

先生曰く、地球の熱帯雨林は後50年持つか持たないかだろうと。

 

 

 

先生の視点は、地球の上に住む人間として、今の現状をどう捉えていくべきか?

をここだよ!と俯瞰した中立の視点、世界と地球全体を見る視点で

またそれを日本人に伝わるようにお話し下さいます。

 

動画でも人間の息がかかっていない、現地の森林の様子を

動画で見せてくれました。

 

 

ゴリラも象もとても生き生きとして美しい・・・

 

 

そしてその動物たちが、人間たちの私欲のため、

森林を焼いたり、根こそぎ伐採して再生不可能にしている現実。

 

特にレアメタル希少金属のこと。金なども始め、カドニウム、コバルトなど・・・

携帯電話やソーラーパネルにも使われている鉱物)は

桁違いに高価なため、木材、密猟以外でも森林は財が隠されているということで、

世界中から狙われ、荒らされているのが実情だそうです。

(それを保護しているのが先生のNGO団体の役割)

 

 

実は日本人は、資源輸入大国。正直、携帯電話を使っている私たち、

輸入木材にあやかっている私たち・・・実際は間接的ながら加害者なのです。

 

へ〜って遠い国のこと?!と思ってるわけにはいきませんね!

 

まずは私たちにできること

 

1.FSC認証制度のものを使う

 

 

日本では王子製紙のネピアが代表例(エリエールは日本ではFSC認証ではありませんが、

香港ではFSC認証のようです)

 

 

2. RSPO認証制度のオイルを使う

 

 

日本では認証制度が遅れていたり、販売しているお店が少ない実情です。

 

ですが私たちが賢い消費者であることが大事。

 

RSPO認証〜化粧品・食品使用されるパームオイル

(サラヤ・ヤシノミ洗剤など・RSPO認証への取り組み例)

https://www.saraya.com/csr/env/rspo.html

 

 

 

 

映画では、住むところがなくなり保護されたり、

亡くなったオラウータンや象の姿も映っています。

 

そんな熱帯雨林にすむ野生動物の詳しくは、こちらの

西原先生の本にも書かれています。

 

 

今回も司会の小柴寿美子さん。

明るく、スムーズな進行を担当。

スタッフが少なく、今回はカメラマンも担当!!

 

今回も最後には、多くの方が先生へ感想を述べたり、

ご質問をされていました。

 

 

 

一度と言わず、ぜひDVDでもご覧になてください!

 

 

上記画像はアマゾン販売サイトDVDイメージです

以下プライム会員ですと無料で観れます。

http://urx.space/O6aa

 

 

 

今回も最後には、多くの方が先生の本にサインをお願いしたり、

ご質問をされていました。

 

 

そして、最後の意見交換会

 

赤坂の老舗ベトナム料理 アオザイ にて

 

 

 

キラキラ先生が、博士としての研究が終わった後、現地採用にて

アフリカ森林の保全に関わる仕事に就いたお話。

 

キラキラ普段は、現地の方と一緒に3ヶ月食料等持参し、森林の移住生活をしていること。

 

キラキラ熱帯雨林の再生が人工では不可能困難なこと。

 

キラキラ先生の休みはほぼ、この現状を知っていただくため、日本での

自然保護の普及啓蒙を活動されていること。

 

 

キラキラ後進の育成について(先生に続く日本人はまだいないそうです。

2週間で挫折される方ばかりとかガーン

 

キラキラNGOスポンサーの要望や継続、マネー面でのこと。

 

 

様々なことを伺いました。

(動画で配信したいぐらいです。メディアの方ぜひご協力お願いします!)

 

 

 

次回は来年、まだ開催日は未定ですが、

決まり次第、こちらでお知らせしていきます。

 

 

 

 

ご参加くださった皆様、ご協力くださっている企業様

スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

地球環境や子たち達の未来へ興味と問題意識のある方。

エコロジーや平和、エネルギーについて興味のある方。

今異常気象を起こしている地球の現状が分かり、

地球のためにできることは何か?をこの上映会では知ることができます。

ぜひ、ご興味ある方は、こちらの活動にご参加くださいね!!

aoiseiko*outlook.jp(*を@にしてメッセージください)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

共催・HACCOBE・小柴寿美子・蒼井聖子

協賛・リサーブストック

撮影協力・浅井芽美

Logoデザイン・ line meets line  

協力・福井千鶴・菅原陽子・宮西淑子・馬場その・篠崎房子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

Ameba人気のブログ