こんばんは。

ふじわら動物病院、藤原です。

 

 

慢性腎臓病について話を

してきましたー。

 

 

慢性腎臓病は、猫ではかなり多く、

高齢になると多くがなってしまう病気。

 

 

犬も自分の感覚では、だいぶ多く

なってきたように思うんだ。

 

 

(診断がだいぶできるように

なってきたからかもしれないけどね)

 

 

慢性腎臓病になっているペットも

多くいると思うんだ。

当院でもかなりのペットが補液を

しているよ。

 

 

特に寒い季節になると症状が

悪化して病院に来るペットも

多くなるんだ。

 

 

より多くの方にペットの慢性腎臓病を

理解してもらったらうれしいな。

 

 

最後に簡単に慢性腎臓病のことを

まとめておくね。

 

 

□慢性腎臓病は、腎臓が壊れてしまう

病気でなおることができない病気

 

 

□ゆっくり徐々になっていく慢性腎臓病

 

 

□慢性腎臓病の症状は、よくお水を

飲んでおしっこをいっぱいする症状

からはじまる。


 

□血液検査でわかるようになるのが、

残りの腎臓が25%を切ってから。

 

 

□血液検査で腎臓の値が正常値でも

尿検査で異常が出てくると残りの

腎臓は33%を切っている

 

 

□血液検査で、腎臓の値が正常だから

と言って腎臓が大丈夫とは限らない

 

 

□慢性腎臓病の治療は、食事療法、

薬物療法サプリメント療法、

ホモトキシコロジーなどがある

 

 

□生活で気をつけることは、新鮮な

お水がいつでも飲めるようにしておく

ストレスが少ない環境にしてあげるなど

 

 

□予防はできないので、尿検査は

定期的に検査しよう。

 

 

□健康診断は、7歳を過ぎたら半年に

一度はするようにしよう。

 

 

慢性腎臓病ステージⅡから治療をして

継続的にケアしていると結構腎臓は

長持ちしてくれるこが多いので、

 

 

もし、慢性腎臓病になっても

できることを一つずつおこなって

 

 

少しでもペットと素敵な

日々を過ごしてほしいなー。

 

 

人気記事

👑寒くなると多くなる慢性腎臓病 尿検査編

👑西洋医学や現代医療の限界

👑慢性腎臓病のステージ分類による治療

👑脳はすごいけどエコが好き

 

 

記事を読んで「いいね~」と思ったら
お友達にリブログ、シェアしてもらえるとうれしいです。

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数

 

フォローしてくれたら

うれしいです。

フォローしてね…