昨年、鳴り物入りで川崎フロンターレに来たレアンドロ・ダミアンですが、公式戦で、二年連続チーム初ゴール。

私は、かなりレアンドロ・ダミアン押しなんですが、(着てるユニフォームは2018年仕様の41:MVP家長ですが。)

昨年は鬼木さんの、「一人に頼らない」方針で、そんなに出場してなくて、

公式戦開幕戦はルヴァンと言うことで、今年のレアンドロ・ダミアンは先発だけど、扱いはどうなの?

と思っていたら、リーグ公式戦もルヴァン開幕戦と殆ど同じ布陣。

 

やはり、ルヴァンで悠が、途中出場で2点入れたというのが、戦術が良かったと思ったのかな?

 

リーグ開幕戦のレアンドロ・ダミアンのゴールがオフサイドだったのは分かったよ。

でも、相手チームも抗議してないようなプレーをひっくり返してまで、VARを行使する必要があったのか?

 

正しい判断だったし、上記のような意見を言うと、

「バレなきゃ、何をしてもいいのか!」

「自分のチームに不利なジャッジは認めないのか!」

と言われる事でしょう。

 

はい。それは、そうです。

審判のジャッジ込みのサッカーですから。

ここで、書いている話の発端は、私の応援するチームがVARによって、不利益を被った経験がスタートなので。

 

ま、相手チームにはよかったです。

所詮、損した感のあるサポの戯言です。

 

でも、VARで谷口やら、碧やら(代表選だけど)を、サポが見てる映像では無い、VAR判定映像で判定されて、

苦い思いをしているフロサポとしては、VARは、いい思い出が無いので、やはり、

 

テニスのように、一試合三回までのVARチャレンジ制

 

というのは、いかがでしょうか。

 

ま、こんな提案、ヤマほど出てるでしょうね。

 

 

……ま、いいたいことは、VARが機能していることアピールをしたい審判団の餌食になった感覚が私個人の意見です。

 

 

 

盛り上がりかけてきた、ラグビーW杯。

なんと、日本がアイルランドに勝ちました。

 

実は、アイルランド戦は16時頃から。

この日は、川崎フロンターレの神戸戦が17時からだったので、録画だけして、川崎の試合を観に行きました。

 

結果は、1-2で川崎の負け。

 

この日も、先制点を奪われ、ロスタイムに一点返すのが精いっぱい。

 

今年の前半は、失点が少ないが、引き分けが多いのが問題でした。

ただ、選手を入れ替えて、誰がレギュラーかわからないくらい、スタメンを変更してました。

これは、きっと、夏場に選手を入れ替えられるようにだと思っていて、二か月くらい前のFC東京戦に勝った時には、

今年も優勝できると思ってました。

 

ところが、それ以降、失点が増え、決定力もなく、あまり勝てなくなってしまいました。

 

今日の試合なんかを見てると、今年の調子の悪さの原因は、

 

・プレーの精度が悪く、パスミスが多い。

・エウシーニョがいない。

・センターバックの人選を舐めている。

 

かなと思いました。

この日も、レアンドロ・ダミアンが、フィットしてない感があったし。

守田のボールウオッチャーのシーンが二回くらいあったし。

 

センターバックは、怪我の不運もありますが、マイケル・ジェームスも放出しちゃったりとか、やっぱ、舐めてます。

 

試合観戦後、帰宅して、ラグビーW杯のビデオを観ましたが、この日は、フロンターレの試合より、ラグビーの方がよかったな。

 

 

 

とにかく失点が多い。

 

リーグ戦でも2失点は当たり前のチームになってます。

やはり、センターバックをなめてるのでは?

 

今年は、マイケル・ジェームスの成長を期待し、谷口は、どこを護るかと思ってたら、

今や、谷口がセンターバックも屋台骨で、背が高いという理由からから、

前ならどこでもできるというフレコミのC大阪から来た山村がセンターバック。

 

どっちかが怪我したら、後は車屋がセンターバックしかない状態。

車屋も怪我したら、新井がゼンターバックか?

 

風間さんもセンターバックを舐めてて、就任当初は、稲村がセンターバックで、

広島に、面白いように失点してたし。

 

ゴールキーパーが少なくて、馬渡選手を呼んだのはいいけど、

センンターバックも気を使って欲しい!!!

 

 

 

昨日、ブレーメンとアウグスブルグの試合をスカパーで見てました。

 

はんぱねぇオオサコが二点入れて、日本のニュースではフィーチャーされてました、

が、私はFCアウグスブルクのファン。

 

 

今回の負けは残念。

 

 

 

池井戸さんのTVドラマは結構見てると思いますが、ノーサードゲームも観てます。

 

でも、これ、川崎フロンターレの歴史っぽいなー。

実際、選手達にボランティアをしてもらう資料に、フロン太君も出てたし。

 

でも、主人公の家族が実名のFC東京のファンクラブに入るってのは、どうなの?

川崎フロンターレも出してくんないかな。

 

 

 

先日のバルサとチェルシーの親善試合は、チェルシーが勝ったみたいですね。

その、チェルシーに勝ったフロンターレのサポーターとしては、なんか、バルサにも勝った気分。

 

でも、川崎とチェルシー戦は、スタッツを確認してないのですが。

ポゼッションやら、シュート数で負けてた気がします。

 

なんか、試合に勝って、勝負に負けたみたいな。

 

 

先日の川崎とチェルシー戦を観てて思い出したのが、2000年の川崎の初めてJ1の年の横浜マリノス戦。

 

水曜日の雨の中の試合だったのですが、バックスタンドで一人で観ていた私ですが、

確か、前後左右、10席は他の人がいませんでした。

私の周りに百席くらい空いてました。

たぶん、入場者数も三千人くらいだったんだと思います。

 

当時は東京Vと横浜Mは双璧で、J1発足と同時に加盟?した鹿島は別格で、

川崎フロンターレは、J1昇格して一年で降格して、当時は、一年で降格したチームは川崎だけでした。

 

で、その試合が、終始横浜に攻められたのですが、ポストに蹴られたり、GKのファインセーブが出て、

最終的に川崎が得点して勝ったのですが、試合としては、10-2くらいで負けててもおかしくない試合でした。

 

前日のチェルシー戦は、ちょっと同じような雰囲気を感じました。

でも、親善試合だし、結果として勝ち、チェルシーの技も感じられてよかったですね。

私の目では、チェルシーは、川崎と同じようなパスサッカーで凌駕して」やる

みたいな意思を感じましたが、チェルシーは、普段からパスサッカーなのでしょうか?

 

それと、9人の交代枠ということで、誰がレギュラーか分からないくらいの選手層の厚さが生かせた点はよかったですね。

しかし、交代枠9人ってのは、初めて観たかも。

 

 

 

 

この日は、川崎フロンターレの年に一度のファン感謝デー。

ま、自宅から近いので12時の開門に合わせて行きましたが、グッズショップは、朝10時から開いてたとかで、凄い列。

また、入場するのは、その数倍くらいの凄い列。

 

グッズやら、何やらはとんでもない列で、購買意欲が起こらず。

結局、ビールを買って、メインステージが、今年はメインスタンド側と言うことで、メインスタンドに陣取り、のんびり呑んでました。

 

13時過ぎに、選手が入場し、ちょっとした挨拶のあと、選手が色んなショップに別れて、サポーターとの触れ合い開始。

私は、ハイボールを買おうと、家長がいる、Bゲート近くの販売店で並んでいたのですが、

30分くらい並んだところで、お店の方から、謎のノンアルドリンクだけが家長選手のサーブで、他の飲みものは、

関係ないとのこと。

 

なのに、アルコールも謎のノンアルドリンクも、同じ列で並ぶ必要があるという。

 

そんなの、さっさと言ってよね。

 

大体、この店は、シーズン中も、並んでたら、変なカクテルしか無くて、ビールは無いとか、

客を並ばせておいて、順番が回ってきたら、商品が無い店なので、私は数年、行ってなかったのですが、

この日は、家長がいるということで、並んでいたのですが、今回も、この仕打ち。

 

これまで通り、もう、行かないもんね。

 

さて、ステージは、ノボリプロデュースということで、トップは馬渡選手の歌。

とんでもなく上手で、びっくり。

 

その映像は、まだ、私は発見できてません。

 

次に、タニとユウのI love you

https://www.youtube.com/watch?v=Gk3SQfw7v3Q

 

続いて

https://www.youtube.com/watch?v=_f9h3rjPBsk

 

あと、等々力の中心で、愛を叫べ

https://www.youtube.com/watch?v=j62cZgfFm6o

もしかしたら、これって、もっと早い時間帯だったかも。

 

アンコールの声援の元、

https://www.youtube.com/watch?v=VMSBFHKvmZc

 

閉会式。私は、この前に帰宅しましたが。

https://www.youtube.com/watch?v=zJpxYYqcQx8

 

 

神奈川ローカルで放送されている

「ファイト川崎フロンターレ」

ですが、最近、

「のぼりの里(仮)」

というコーナーがあって、フロンターレの選手3人とゲストのフロンターレの選手を交えたトーク番組があります。

 

少しずつ面白いコーナーを育てようと、色々とトークネタのテーマがあるのですが、

この日は、

「一番の○○」

とかいうテーマ。(ちょっと違ったかも。)

 

この日は、

「一番好きなポテトチップス」

というテーマで盛り上がってました。

 

のり塩、ピザポテト、九州しょうゆ……、あと何だっけ?

 

因みに私は、手で食べる食べ物が好きではないので、ポテチもあんまり好きではなく、

食べるときは、できれば、箸で食べます。

 

そのコーナーの中で、「ハッピーターン」が出てきたのですが、「ばかうけ」が出て来なかったのが悲しい。

 

私は「ハッピーターン」も「ばかうけ」も好きで、優劣付けがたいので、

「ハッピーターン」しか話題に上らなかったのが不満。

 

 

 

原監督になって、コーチの元●とか宮●とかが選ばれて、開幕前は雑誌がこぞって巨人を非難してました

が、今のところ独走状態。

 

開幕ダッシュをしたチームは、大体、交流戦で落ちて行くのが、

セリーグの場合、交流戦が導入されてからのお決まりのパターン。

 

あんまり真面目に順位をチェックしてませんが、たしか巨人は、交流戦直前は、

ちょっと順位を落としてました。

 

でも、交流戦最終戦では、交流戦の優勝を争って負けるくらいの好調さ。

 

この好調の原因は、マグレの可能性が高いですが、

原さんに全権を委任したことは一因かもしれません。

 

私が思うに、バルサ化を目指す神戸の不調は、監督やらオーナーやら、

船頭多くして、船、山に登る

なのかなぁと。

 

全、川崎フロンターレ監督の風間さんが言ってた、

「チームが勝つには、チームの理念が大事」

ってのがあって、優秀な監督を連れてきて、

「ほら、やれよ」

じゃなくて、チームとしての理念が大切な気がします。

 

理念が無いなら、誰かに一人した方がいいんでしょうね。

選手が、どこをむいて頑張ればいいかが分かり易いですものね。

 

 

 

Jリーグは年間の折り返し。

 

この日は、等々力で見られるラスト・トーレス。

雨の中、やはり、二万二千人を超える動員数。

やっぱ、ラスト・トーレスを観たいですよね。

 

川崎のスタメンは4-2-3-1。

 

1 チョン ソンリョン
[DF]
7 車屋紳太郎(1)
4 ジェジエウ(2)
5 谷口彰悟(1)
2 登里享平(1)
[MF]
25 田中碧
10 大島僚太(1)
28 脇坂泰斗
41 家長昭博(2)
16 長谷川竜也
[FW]
11 小林悠
 

私は、レアンドロ・ダミアンは、どこでもできそうなので、ボランチにして、ボールを集めて、

C大阪のソウザみたいな使い方をすればいいかと思うのですが、

なんか、個人のパフォーマンスに偏らないようにするのが、今年の川崎らしい。

 

この日のスタメンも、いい意味で、ベストなんだかなんだか、よくわかりません。

 

昨年のレギュラーと、今年の開幕直後のメンバーで言うと、

 

1 チョン ソンリョン
[DF]
7 車屋紳太郎(1) => マギーニョ or 馬渡
4 ジェジエウ(2) => 奈良
5 谷口彰悟(1)
2 登里享平(1) => 車屋
[MF]
25 田中碧 => 守田
10 大島僚太(1)
28 脇坂泰斗 => ケンゴ
41 家長昭博(2)
16 長谷川竜也 => 阿部
[FW]
11 小林悠
 

のように、ベストメンバーっぽい名前からは半数以上が変わってます。

(車屋は本来左SBなのが、この試合は右SB)

 

鳥栖もトーレスと夢生の2トップの4-4-2。

 

 

さて、試合の方は、

雨天で、多少の風もある中、前半、川崎は風上だったのですが、得点できず。

 

通算百得点がかかる、小林悠選手に」ボールを集めるわけでもなく、

タツヤやら、脇坂やらが果敢にゴールを狙いますが、結構、素直な球筋で、GKに塞がれます。

 

天皇杯の明治大学戦の方が、GKを動かせてたかも。

 

後半は風下になり、GKチョン・ソンリョンのGKキックが高く、大きく戻され、その後から、低い弾道に変えたけど、

前半から、風向きは変わってないんだから、もちっと早く気付いて欲しかったかな。

 

結果として、スコアレスドロー。

後半10分辺りの家長の独走ドリブルが止められたのは、どうみてもファールと思うけど、

この日の審判の上田益也さんは、ボールの位置をよく見て無くて、

コケてる選手がいたら、かなり遅れて、相手チームにファールを与える審判だったので残念。

 

審判は四人制ですが、あと二人追加して、ゴールが決まったかどうかの審判を二人追加するゲームもありますが、

観客席だか、放送席に一人審判を追加する方がいいかも。

ボールが無い場所での悪質なファールに気付かないのは仕方ないような気もしますが、

ボールがある位置のファールくらいは、ちゃんとジャッジというか、公平な基準でジャッジしてもらいたいものです。