イテルギター教室~人生DIY~

イテルギター教室~人生DIY~

教室案内、イベント案内、旬のニュース等をお届けします。


ちあきなおみ氏の「喝采」
https://www.youtube.com/watch?v=inUBzjhaz7Y

宮本浩次氏の「喝采」カバー
https://www.youtube.com/watch?v=01p6G1rEnt0

エレカシ宮本浩次氏が影響を受けたと思われる「普通の日々」
https://www.youtube.com/watch?v=Wa7KG-en-Ms


・共通点は語り手の日常が舞台であるという点
・その日常に、「喝采」は訃報という非日常が舞い込む。そのコントラストが際立たせる悲しみが主想。タイトルを「訃報」ではなく「喝采」にしたことで、

あくまでそちらの舞台が日常で、受け入れられない非日常である訃報の重みを際立つ。

・「普通の日々」はあくまで日常が続く。
「悲しい訳もない俺は静かに歩いてた」
「悲しい訳もない俺が静かにうたってた」
の詞は、「喝采」の訃報を意識していると思われる。
訃報という非日常は、そこにはない。

それでも、「後悔も悲しみも飲み込んでしまう時よ」と、
「普通の日々」=日常に対し、諸行無常、去り行くすべてのものへの寂しさを感じている。

「喝采」では「恋のうた」を歌い喝采を浴びるのが日常である。
恋する「アナタ」はもう居なく、歌う行為と恋とが分離していることが、一層悲しさを増す。

「普通の日々」では「幕が上がる 俺はきっと普通の日々から あなたを想ってうたをうたおう」
と、日常の中に恋と歌が統合されている。

 

おだやかに、繰り返される日常のように、あなたへの想いも続いていくだろう

というしみじみした恋情が描かれていると思われる。

レジスタンスのアジトに帰る途中。

人の形をした、男とも女とも若者とも老人ともつかないのに会った。

しゃべれなくはないけど、しゃべるのはあんまり得意そうじゃなかった。

なんだか僕についてきたいような目で訴えていた。

そんなに来たいならおいでと僕は言った。

 

そいつには名前があったんだけど、忘れた。

カタカナで、ミドルネームまであって、どこかにロがついた西洋風の名前だった。

バーソロミュー・ロイ・ディアスとかそんなかんじ。

縮めてロっくんと呼ぶことにする。

 

急いでいたので僕は早足だった。

もたもたしているとアジトのありかがばれてしまう。

時々振り返るとロっくんはずいぶん後ろにいた。

そのたびに僕は周囲を警戒しながら

ロっくんが追いつくのを待った。

 

アジトに着いた。

会議中だったみたいで入り口から会議室まで人は居なかった。

アジトは大きな木に造られていた。

入り口から長い木造りの螺旋階段を上る。

段の一つずつが空中にあやうい感じに固定されていて、かなり上りにくい。

僕は慣れているのですんなり上って会議室の入り口まで来た。

 

入り口には番人が居た。

ロっくんを連れてきたことを言うと、またか、といいたげな苦笑いをした。

僕はよく、レジスタンスに役立ちそうもない氣のいい人外の者を連れてくる。

待てども待てどもロっくんが上がってこない。

戻ってみると、螺旋階段の中途で上りあぐねていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…という夢をみた。

 

 

 

 

 

 

 

○イベント告知

2019年1月5日、札幌チセ別館「リルシー」でのイベントを告知します。
 

名古屋から、白川陽一さんをお招きして
「場作り」の実践を聞き、参加者の皆さんで新年の抱負を語り合います。

 

会のファシリテーターをお願いする白川陽一さんは通称しらさんと呼ばれています。

彼は自称「生まれながらのファシリテーター病」であり、

中学生時代には学校祭の演劇を監督したり

学生時代からして社会教育施設の事業で

こどものキャンプに参加するボランティアをコーディネートするなど

早くから頭角を現してきました。

 

学部卒業後は名古屋南山大学院教育ファシリテーター専攻で学ぶ傍ら、

「うずみん」というフリースペースを、ワークショップ形式で床と壁から改装し

延べ100人以上参加し、「住みびらき」の実践研究を行いました。

 

修士課程修了とともに名古屋市青少年交流プラザに就職し、

青少年教育に関わる主催事業を企画・運営しています。
 

今回特に参加してほしいのは、教育・福祉等の現場で日々場づくりを実践している方です。

長年場づくりを実践してきたしらさんに最新の実践を伺うことで、

刺激を得られるようにしたいと思っています。

 

場づくりとは普段関係ない方も、とっても面白いのでぜひご参加下さい。

 

 

☆申し込み

09066978026(古川イテル)へ電話かSMS

または

イテルまでFBメッセージ

 

 

【2019年1月5日】しらさん実践報告&新年の抱負を語りあう会【13時~】

 

 

●趣旨
 ・人が安心・安全でいられる「場作り」の最先端にふれる。
 ・しらさんと過ごす特別な新年で、特別な抱負を語る。

●日程
2019年1月5日13時~

●場所
札幌市中央区南9条西7丁目2-13 三井ハウス 17号室
(中島公園駅2番出口徒歩10分)
http://now-lshy-nt.co.jp/wp/アクセス/

※どうしてもわからなかったら、
セブンイレブンから
イテルにメッセンジャー通話かTEL 090-6697-8026 イテル
に連絡頂けたらお迎えに行けます。

●プログラム
12:30 開場,受付

13:00 第1部「しらさん実践報告」

15:00 休憩

16:00 第2部「しらさんと新年の抱負を語り合う会」

18:00 終了

●定員
10名

●参加料金
第1部1000円
第2部1000円
(各部 有資格者によるオリジナルブレンドハーブティ付き)


●ファシリテーター、白川陽一 プロフィール
名古屋市青少年交流プラザ「ユースクエア」職員。
対話と学びのファシリテーター。
ユースワーカー。自立や社会参画を育むための、
家でも職場でもない第三の居場所(サードプレイス)作りがテーマ。
得意分野は、人が安心・安全でいられる「場作り」。
ワークショップの企画、計画、運営(コーディネート)、
進行の実践者・相談者として活動。

※お茶菓子等もちより歓迎です☆

 

 

 

 

 

☆申し込み

09066978026(古川イテル)へ電話かSMS

または

 

イテルまでFBメッセージ

 

 

 

 

●主催

イテルギター教室

●共催
Chi Tuk Chiset

 

最近生徒さんから頂いたオーダー

 

①ネックは薄く狭く握りやすくしてほしい

②押さえても指先が痛くない弦にしてほしい

③ボディは小さく抱えやすくしてほしい

④ピックは使わないので指弾きに適したギターが欲しい

 

以上をなるべく叶えるために選定したギターはこちら

マーチン社製LXK2 (中古)

ペグにはマーチンロゴが入っている。

GOTOHのOEMかな?

頑丈でメンテナンスフリーなロトマチックタイプは初心者向き。

 

 

エンドピンジャックがついていて、ライン出力できる。

サドル下にインブリッジピエゾは入っていなかったので、

たぶんコンタクトピエゾが内蔵されてると思われる。

電池不要のパッシブタイプで、ボリュームやトーンのつまみも一切なし。

これも初心者向けのポイント。

 

アンプ出力を確認したところ、かなり自然な音がした。

高音ばかり目立つピエゾ臭さはそんなに感じなかった。

 

 

弦はもともと鉄弦だったのを、

釣り糸とクラシック弦に置き換えた。

 

1弦 DUEL CN500 カーボナイロン10号

2弦 シーガーエース12号

3弦 シーガーエース20号

4弦 鮎ハリス40号

5弦 オーガスチン 黒ラベル

6弦 サバレス ピンクラベル

 

ボールエンドがないとブリッジピンに留まらないと思ったので

最初はブリッジピンに細い穴をあけて弦を通した。

ブリッジピンが入らなくなってしまった。

 

そこで、

1-3弦は弦の端にビーズを結びつけると、ボールエンドのかわりになってしっかり留まってくれた。

4-6弦は弦の端を2回玉結びしただけでブリッジピンに留まってくれた。

 

 

 

ナット溝は張る弦の太さに合わせて削った。

一度削りすぎて弦が埋まってしまったので

UVレジンで高さを出した。

 

結果、弦が半分くらいナット溝から出るちょうどいい高さになった。

 

 

今回一番手をかけたのはネック。

リトルマーチンは、ネック幅が狭くボディも小さい割にネックに厚みを感じる。

そこで、ローコードを押さえる際に手が当たる部分を重点的に削ってみた。

 

2フレットあたりがくびれているのがわかるだろうか。

あんまり削ると強度に問題が出てくるのでほどほどにした。

削っては、握ってみて、を繰り返した。

 

 

目の粗い金やすりで削った後

だんだん目の細かい紙やすりに変えていき

最後はコンパウンドで磨いた。

削り跡は白っぽくなっていた。

 

 

 

仕上げにボアオイルで拭いたらさほど違和感はなくなった。

もともと塗装はラッカーなど塗ってなくオイルフィニッシュぽい仕様だったので

削ってもさほどリフィニッシュに手間がかからないのもリトルマーチンのいいところ。

 

 

磨く過程で、触ってツルツルに感じるか何度も確かめた。

 

音はこんな感じに仕上がった。

 

生徒さんに弾いてもらったところ、

今まで弾いていたどのギターよりスムーズにコードチェンジできていた。

指も痛くないとのこと。

納品まで1か月近く、レギュラーサイズのギターを貸して弾いてもらっていたので

そちらに慣れていたとのこと。

ミニギターに慣れるまでは少しかかりそう。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆ ライブ告知 ☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

「ケンユーヒーリングライブ in 札幌」

 

・日時 2018年 9月1日(土) 14時開始

・場所 就労支援作業所 chi tuk chiset

・料金 2000円

 

・魂を癒すヒーリングライブです。

 

「毎回大きな感動のライブをいただいています」(チセ代表鮒田)

 

主催 Chi Tuk Chiset

電話番号 011-311-3010

携帯電話 090-2074-4166(代表 鮒田)

 

 

梓道ケンユー /Kenyu SHIDOプロフィール

作曲家、心理学講師、ドラマセラピスト
これまでCM、アニメ、ゲームなど数百曲を制作。小椋佳、高橋洋子(エヴァンゲリオンのテーマ)に楽曲提供。
引き寄せの法則、前世療法、マーフィー成功法則などCDブック多数。
大学、専門学校、フリースクールなどで心理学講師を務める。
ドラマセラピーで最も歴史があり高度な技術を要求されるサイコドラマを音楽療法と融合させたM&Pワークショップ主宰

ケンユーさんのサイトはこちら↓

http://www.realing.com/Top.html

 

 

 

 

 

【9月23日(日)11時~16時 「チセ・モノづくり・バザー」 】

 

★★★今回も豪華ゲストのミニライブあります!★★★

 

☆入場無料

 

【参加対象】

・11:00~13:00 チセ利用者、およびチセ関係者

↑出店の飲食物は、この時間のみ販売します。

ふなちゃんのお友達や、チセに来たことのある方も該当します。

 

・13:00~16:00 一般開放

 

【13時~ミニライブ】

・めがねバンド

・りらぼの

・ピアノソロ

・手話講座

 

※ライブの合間か最後に、出展者の皆さまは出店内容の1分アピールをお願いします。

 

※ゲストの方は、自身のライブ告知その他アピールをお願いします。

 

※ゲスト出演者随時募集中。開催1週間前までに演目や内容などイテルにメールでお知らせください。

 

 

【物販】

 

●チセオリジナルハーブティ 1杯100円

・平日の利用者さんが作ってくれたオリジナルアクセサリー、ハーブティ等。

・ふなちゃん気功オリジナルアクセサリ、ハーブティ。

 

●きなこ様

☆手縫いエプロン 1000円

 

☆マスク、ブックカバー 350円

 

☆手作りお菓子

例 マフィン、ブラウニーなど

 

 

●イテルカフェ

☆ヘルシーおやつ 時価

例 グルテンフリー焼きドーナツ 1個 100円

 

☆ドリンク

・レギュラー or カフェインレスコーヒー、1杯200円

・オーガニック カフェインレスコーヒー、1杯300円

 

 

【モノづくり】

■ハーブティブレンド

■UVレジンアクセサリ作成

■ブレスレット・アンクレット作成

■サンキャッチャー作成

 

【出店】

・出店料1000円(税込)

 

・対象 ふなちゃん(鮒田)のお友達

またはふなちゃんのお友達とお知り合いの方。

 

・申込 開催1週間前までに、ふなちゃんへメール下さい。

chitukchiset@☆now-lshy-nt.co.jp ←☆を除去して送信下さい。

 

 

・出店内容

毎月 ヒーリング、占い、セッション、物販など、出店できます。

1階をモノづくりスペース

2階を出店スペースとします。

僕らは毎朝公演していた。

通勤する人。ごみを出す人。学校に行く人。

なにかその日1日を始めようとする人たちがその舞台を通りがかりに観ていった。

僕らは汗をかき1回1回の舞台を創った。

 

スポンサーの一人が言った。

なぜあの舞台を使わないのか、と。

僕らはいわゆる普通の劇場、普通の舞台を使っていた。


スポンサーが言う舞台というのは、

ちょっと変わっていた。
 

野っ原に造られたその舞台は、客先が地上と地下に設けられており、どちらも1つの舞台を観られる。

1つは明るく日が差し1つは暗く陰影を際立たせる。2つとない、ヘンテコで、これ以上ない完成された舞台だった。

僕はその舞台が氣に入らなかった。
きっとあの舞台で演ったら、今よりお客さんは感動し、今よりもっとたくさんお客さんが来てくれるだろう。

現状に不満はなかった。

変化が怖かった。

僕らが汗をかき、笑い、泣く今に何が問題があるのか。

 

あの舞台はあまりに立体的で、できすぎていた。

僕らのために口を開けて待っているオブジェのようだった。

空っぽの舞台は毎朝陽を浴びて、空っぽのまま僕らを待っていた。

空っぽなのに充実感に満ちているようなその舞台が、僕には憎らしかった。

 

舞台に立つために、僕らは日々訓練を受けていた。

劇場をひたすらグルグル移動する訓練を。

劇場内は広大な迷宮のようだった。

 

通路は一定区間ごとにレジで区切られていた。

レジからレジの間の動きは逐一評価され、レジでその評価がレシートになって渡される。

自然と、僕らの動きは洗練されていった。

1回1回、決まりきった規則的な動きなのに、飽きが来なかった。

 

「僕らは何をやっているんだろうね」

動きながら、そんな話をした。

僕らは1人1人が競争相手だった。

それにもかかわらず、誰かを出し抜こうとはせず、

淡々と一人一人ができる限りの動きをしていた。

 

僕らは朝舞台に立ち、昼は稽古し、夜は誰かの舞台裏でひっそり息をひそめていた。

夜は、裏方の時間だった。華々しい舞台の裏で生息する生き物。

歓声があがっても、それは届いてこない。

淡々と、舞台が滞りなくすすむように下ごしらえし、後処理をした。

 

 

…そんな夢をみた。

 

材料

・豆乳グルト100g(解凍)

・納豆菌(納豆パックに豆乳を注いで採取)

・豆乳1l


ヨーグルティアに入れて最初の10時間は全く固まらなかった。

匂いは納豆と豆乳。

ヨーグルトのにおいはほとんどしなかった。

解凍だから乳酸菌が弱ってたのかな。

 

滅菌したスプーンでかき混ぜて

もう10時間40℃保温した。

帰宅遅くなり10時間後も数時間放置。

 

したらこんなんできた。表面が納豆。匂いも納豆。

 

トロー。

 

すごく、トロトロ。

これはあれだ。

フルーチェだ。

味は納豆。

酸味は少しある。

ヨーグルトというよりは漬物系の酸味。

 

豆乳グルトの種菌がスンキ漬けのもとらしいからなのか。

まずくもなくおいしくもないかんじ。

酸っぱい納豆という感じ。

 

なんでもおいしくしちゃうミソジンジャーソースをかけてもまだ酸っぱい。

 

次は豆乳グルトを入れないで納豆菌だけでやってみよう。

 

 

 

 

以前、マルサンの豆乳グルトを種菌にして、豆乳ヨーグルトを醸した。

できた豆乳ヨーグルトを冷凍して、種菌としてとっておいた。

それを解凍した3代目豆乳ヨーグルトに納豆菌を加えてみることにした。

 

マルサン有機豆乳を

 

納豆に注ぐ。 納豆は100%北海道産の十勝納豆。

 

そのままヨーグルティアへスルー。

 

ヨーグルティアには、解凍した2代目豆乳グルトが100gすでに入っている。

豆乳の中で植物性乳酸菌TUA4408L菌と、納豆菌が同居することになる。

40℃で10時間保温する。
明朝7時くらいには醸し終わっている予定。

僕は2年生だった。

学校には備え付けの大型米びつがあり、それは僕の私物だった。

僕自身はあまり使っていない米びつだった。

2年生から3年生への進級記念の折に会食をした。

その時に僕は米びつから計量するための

氷をすくうシャベルのようなプラスチックので米をすくった。

 

隣の席の女の子が普段は口数少なかった。

あまり話すこともなかったのだけど

好きなことを話すときとても生き生きしていた。

自転車が好きらしく、ソニーのチェーンをこないだ買ったらしい。

チェーンて自転車の?と僕が聞いたら

「そう!」を目を輝かせていた。

 

進級にあたって僕が文学の授業で眠かったことを担任に話したら

担任は酢を造り左手の合谷に滴下するように指示した。

酢の作り方、使い方、あと酢を使ってドラゴンフライを観察するために

染色する方法が事細かに書かれた説明書をもらった。

 

もらった時点で僕は大分面倒くさい氣分になっていたが、

義務感でひとつずつこなした。

酢の話を隣の女の子にしたら、

夏休みかなんかの自由研究で私もしたわー と遠い目をしていた。

どうやら周りの学生複数人が経験済みの実験のようだった。

 

酢の材料は2年生担任の先生が管理する生物教室にあると書いてあった。

酢でドラゴンフライを染色するときプレパラートで挟んでちょうどよい厚みにするのがコツと書いてあった。

顕微鏡の向こうでピンク色に染まったドラゴンフライが、ピクピク動いてまるでボウフラのようだった。

 

夢だった。

僕は素裸で、

白いふわふわした肌触りのきもちいい布団カバーに入って遊んでいた。

動いてものすごいはしゃいでいた。

絶好調だった。

 

そこへ突然

「神様からもらった大事な体で何してるの!」

と怒鳴り声が聞こえ、

頬に平手打ちをくらった。

 

聞こえた言葉と同じくらい複雑な文を発語する能力は僕にはなかったが、

聞こえた言葉、単語、文を理解することはできた。

その意味は、未だにわからない。

 

僕は泣いた。

 

僕の幸せは、「神様」の氣分次第でいかようにもなる。

そう思い始める最初の出来事だった。

 

夢ではなかった。

ベビーベッドに仰向けに寝て天井を見上げていた。

視界でクルクル回る、飾りのようなおもちゃのようなものがあった氣がする。

ベッドには柵がついていて転がっても落ちないようになっていた。

窮屈には感じていなかった。

快適だった。

 

僕は言葉を発することができず、言葉を理解することもできなかった。

ただ声を出すことはできた。

声を出すと、一人か二人、来る。

僕が何を欲しているのか、知ろうとする。

 

僕はお腹がすいたり 体調に変化があったとき泣いて 救助を求めた。

それとは別に、明らかに空腹も体調に異常がない場合でも、人が来るのが面白くてわざと泣くことがあった。

来てくれて、 なにごとか 知ろうとし、かまってくれるのがうれしくて、泣いた。

意のままに操れるのだと思った。

得意になっていた。

全能感というやつか。

 

夢ではなかった。