日本橋アグレアーブル(東日本橋)


■アクセス   東日本橋駅より徒歩2分
■セラピスト  SKさん
■料金     90分17000円


■施術レポート

寅次です。

さて、日本橋エリアです。
年末年始に色々とお店checkしていて、ちょいと気になっていたこちら。
新店のようで。
仰向け特化、ほぅ、年始には向いていますな(謎)


~ prologue ~

前日に予約の電話完了。
でもって当日、確認の電話して、住所をSMSでもらって東日本橋駅からトコトコと。
うん、そう、あのエステがたくさんある一角w

でもって案内されたビル、はて、ここは通い慣れたビルではないか。
建物前にて電話、すると部屋番を伝えられ。


・・・あれ?あの老舗の跡地??

ウィ◯ユーしかり、B◯フレインしかりなあの老舗の入っていたお部屋。

・・・店名変更?

とはいえ値段もあのグループと比べると高くなっているし、とりあえず ? マークいっぱいで部屋へ。

インターフォン押すとすぐにセラピストさん登場。
む、ナイスじゃないですか!
小柄だけど出るとこ出てて、可愛い感じ。
目が合うとニコリ。

案内されて奥の部屋へ。
ウッディーな調度品と、明るいグリーンのはえるインテリアで、前店の印象はなし。
ただ、制服が白Tにスカート。
前店と同じなんだが、やはり系列?

とりあえずお茶もらってお会計。
オプションは泡のみ用意されていて。
あまり好きではないので今回はつけず。
でもって服脱いでシャワー。
ショーツは横須賀タイプ、きっちりと履いてシャワールームを出る。


えっ!?

な、なんと衣装チェンジ。
まったく予想していなかったので、おじさんびっくり。
目のやり場に困りつつ、なんて言いながら胸の谷間ガン見で仲良くお部屋へ。

背中を拭いてくれ、ソファに座って待機。
シャワーの片付けを終えた彼女が戻ってきて。
「では、まずあぐらで座ってください」
暖色なライトに妖しく照らされた可愛らしい彼女に導かれ、マットに座って。

ということで、仰向け特化、堪能しましょうかね。


~ 施術 ~

★あぐら
後ろ側から前面へサワサワ → そのまま軽くそ○い部 → 前側からハグ
★仰向け(パウダー)
膝枕でデコルテ → 腹部に跨っての足全体 → 軽くそ○い部 → 足に跨って太ももとそ○い部 → 横側からそ○い部 → 添い寝で足スリスリ
★うつ伏せ(オイル)
背面のオイル → カエル → 四つん○い
★仰向け(オイル)
足に跨ってそ○い部 → マーメイド → 足の間でそ○い部 → 抱き起こされハグ


しょっぱなから、飛ばしてきます。
あぐら。
目の前には鏡。
彼女は後ろからピタっと身を寄せ、
「では始めますね」
と耳元でコール。
そのまま背後から肩を軽く揉み、そのまま手は前面側へ。
背中に感じる柔らかさ、うん、グレート。
手はそのままオイラの体前面を優しく撫でるように徘徊し、時折◯首も悪戯されて。
さらに手は下の方へ。
太ももの付け根をギュッと圧をかけ、ともすると指先は再び妖しく蠢き始め、そのままショーツの中へ。
「い、い、いきなりですかっ!」
「ダメですかぁ?」
「・・・よろしくお願い致します」
掠めつつ、鏡に映る姿がかなーりエ◯ティック。
「ふふふ」
と、オイラの顔の横で悪戯な笑みをこぼす彼女。
って、顔近っ!
髪がオイラの首元をくすぐり、なんだか妙な気分になってくる。

と、彼女は前側に移動してオイラの太ももの上に座り。
ハグかと思いきや、彼女はおもむろにオイラの頭を優しく抱きかかえる。
彼女に導かれ、オイラの顔は彼女の胸元へ。
そのまま彼女はオイラの背中を優しく、優しくさすり始めた。

な、なに、この安らぐ時間は。
すげぇ安らぐんだけど、息子様は反してどんどん元気にww


眼福のために必死で頑張るおやじ、寅次。
で、仰向け。
もう最初の5分くらいですでに相当癒されているんだがw
膝枕な体勢で、パウダーを使ってデコルテ。
サワサワはあまり得意ではないと伝えると、ニコリと微笑んだ彼女はくすぐったくない圧でゆっくりと手を運ぶ。
爆撃もありつつ、でも不思議なんだけど、スロウな手技だからか、なんだか優しい時間に思えて。
ほっこり、とでも言うべきか、とはいえ反して息子様はどんどん元気にww

その後、彼女はオイラのお腹の上あたりに足向きで跨ってきて。
そのままオイラの足の方へ体を倒し、足全体をトリートメント。

もちろん、顔を上げれば目の前には眼福・・・のはずが、裾が長いため見えず。
あとちょっとなんだけどなぁ。
ということで、彼女にバレないように裾上げにチャレンジしてみる。

鏡に映らないよう、細心の注意で2ミリずつ手を裾の方へ移動。
端を指先で軽く掴み、再び2ミリずつ持ち上げてみる。
緊張で指先が震えるが、集中して制す。
そして。
彼女はさらに低く体を落とし、完全にオイラの足に絡みついてきた。
と、裾をめくらずともそこには桃源郷。
ということで、とりあえず手を合わせて拝んでおくことに ←


オイルはより身近に彼女の体温を感じつつ。
この辺りから、指先は時折そ◯い部を掠めつつな進行。

足が終わると、今度はこちら側を向いて足の上に座り、太ももとそ◯い部を。
オイルではなく、パウダーでのそれ。
やたら直な感覚が生々しく、オイラの息も荒くなる。
さらにオイラの横側に来て、足を外側に倒してのそ◯い部。
徐々に深く、深く入り込んでくる。
「エ◯いでしょ、実は」
「わ、わたし??エ◯くないですよぉ」
と言いながら、そのまま添い寝。

ピタリと身を寄せ、足を使ってオイラの股間周辺をスリスリ。
と、そのまま彼女はオイラの腕に完全に頭を乗せて。

そう、完璧な恋人同士な距離感ww
ゆったりとそのまま時間を過ごし、反対側も同じ流れにて。


少しだけある「うつ伏せ」、ねっとり系。
「では少しだけうつ伏せやりますね」
ということでうつ伏せ。
オイルを使って、さらっと背中を流し、すぐにカエル足へ。
パウダーの時よりもさすがオイル。
圧も衝突も一気に加速。
思わずぶふぉぶふぉと奇声を漏らすオイラ。
「よつん◯い、やりますか?」
とのことで、気合い入れて腰を天へ。
やはり、思わずぶふぉぶふぉと奇声を漏らすオイラ。
うつ伏せの楽しい部分だけくり抜いて提供しているような、そんな短いうつ伏せもあっという間に終わりを迎え。

「ではまた仰向けで」


常に近い距離感が、オイルの心地よさを増幅するわけで。
仰向けのオイル。
オイラの太ももあたりに座り、オイルを塗布して太ももから腰の方へ流してゆく彼女。
そのまま手は足の付け根を通過、掠めかすられ嗚呼、至福。
彼女の両足に挟まれるような格好で、足もスリスリしつつのそ◯いへ。
マーメイドってやつですな。
でもって、嬉しいことに事故多発。
多摩地区崩壊、さらにはショーツの中へ侵入する指が掠めかすられ嗚呼、至福。

両サイドから怒涛の攻め込みをくらい続け、頭の中は白くなり始め。
ともすると足を絡めつつ体勢を少し変え、足の間に入り込みそ◯い部へ。
さらにはそのまま上体を倒してきて、オイラの股間は彼女の胸に包まれて。

嗚呼、至福。

彼女はそのままオイラの手をとり、ゆっくりと抱き起こしてくれて。
再びハグで包まれて、一つ息を落とすオイラ。
「はーい、お疲れ様でした」


~ epilogue ~

仰向け特化、いいですねこれ。
なにより、なんだろ、母性とでも言うべき思わず身を預けてしまいたくなるような優しい演出。
でもって大胆にも攻め込んでくるそのギャップが妙に後引きます。

ということで、実は珍しく翌日も訪問w

その際はKTさんに入ったのですが、未経験というのもあってか施術面は?も、一生懸命なのと、すげー可愛かったので★×4ということで(笑)

まだセラピストさんは少ないみたいですが、これからが楽しみですな^ ^




Data

◆部屋タイプ   ファミリータイプ

◆施術スタイル  仰向け特化
 
◆制服      Tシャツ&ミニからセクシー系

◆紙ショーツ   横須賀


母性に癒される  ★★★★★

施術に悶える   ★★★★☆

そして包まれる(謎)★★★★★


寅次