塾の先生をやっていると、志望校の話にまつわる話は大体がパターン化されてきます。

その中でも一番ありがちで、大変なパターンの話をしようと思います。

 

「子どもの学力」と「偏差値の現状」が完全にずれている。

 

学力が上で、志望校の偏差値が下、という方は少数派で、基本的には志望校が上にずれています。

 

大手進学塾の経験がある僕としては、こういう保護者が来た時には、大体、面談の後に「身の程をわかってない、とんでもないのが来た!」と裏で盛り上がっていたりします。かつて僕が在籍していた大手進学塾では、入塾テストさえ合格できれば難関校に合格できると思っているような保護者様はとても多かったように思います。

 

ところが、塾には目標数というものがあることが多く、その目標数をクリアすることに全身全霊をかけている先生方はとても多いです。(最近の塾は目標数を設定するようなところは減っていると思います。僕が在籍していた頃は、目標数全盛期でした。)

そうすると、先生の目標は、「合格できる子を入塾させる」ということになってしまいます。

 

つまり、塾に入っても成績が上がらないのです。

 

このことは、すでに実感として、思っている保護者の方々も多いのではないでしょうか。

特に、中学受験の塾にこのパターンは多いと思います。

下位のクラスは学級崩壊しているケースが多いと思います(もちろんきちんとやっている塾もあります)ので、成績が上がるなどという希望は持てないケースがほとんどです。偏差値はご存知の通り、相対評価なので、自分がいくら頑張ったとしても、周りの頑張りと同じであれば、偏差値は変わりません。

 

そのため、偏差値を上げるとなると、死ぬ気の努力が必要になるのです。が、下位のクラスにいるということは、そもそもが勉強好きではないため、クラスを上げるとか、成績を上げるというのは、とても難しい技になってしまうのです。

 

よく「下クラスと上クラスの授業内容は同じですか?」という質問を受けていました。

当然のことながら、「同じです!!」と、堂々と胸を張って答えます。ところが、そもそも同じな訳がありません。「同じ授業をしても理解できないでしょ?何を言ってるの?」と思いながら、対応しています。「違う内容です」と答えると後が面倒だからです。

 

大手進学塾を辞めて、自分たちで立ち上げた小規模な学習塾を経験してみると、とても面白いことに気がつきます。

実は、大手進学塾の取締役から言われた言葉の再確認なのですが、

「なぜ模試通りに合格者が出ないか考えたことがあるか?模試の成績がいいと保護者が安心する。なのに落ちる子がいる。なぜだ?お前の作題が良くないからと考えたことがあるか?保護者は、わからないから模試での得点を期待する。なのに、いい点を取っていたのに落ちたら、なぜ?となる。そういうことを細かく考えないと科目責任者の資格はない。」と。

その大手進学塾の塾内テストで、20位以内に入っていて、トップ校に落ちる子がなぜか1名は出てしまうのです。

 

その後、その取締役と一緒に塾を立ち上げたのですが、保護者から「こんな小規模な塾から難関校の合格者が出るって本気で思っているんですか?」と聞かれたことがあります。その時に「大手進学塾には取りこぼしがあります。なぜ取りこぼしがあるかというと、他の塾から合格者が出ているのです。正しい方法で勉強をすれば、きちんと合格者に食い込むことができます。」と答えた彼をみて、「なるほど」と思いつつも、自身の科目責任者としての力のなさを思い知ったのでした。

 

何が言いたいかというと、(ここからが結論です。)

 

正しい方法で、正しく努力すれば、開かれるだろう道はある。ということです。

 

世の中には、天才と呼ばれるような子はいます。

でも、志望校には定員という幅がある訳なので、それぞれの学校に対して、正しい対策をすれば、合格が見えてくるはずなのです。

 

僕の場合は、子どもたちの夢を大切にしようと思っています。もちろん、スポンサーである保護者の夢も大切にしています。

 

目指すは第一志望合格です。

 

万が一、第一志望に受からなかったとしても、第二志望の学校に対して、より前向きに通うような子になってもらって、3年後、6年後、10年後に再会した時に、「あの時、第一志望の学校には受からなかったけど、しっかりと夢を叶えられてよかった」と言ってもらえるような指導をしていこうと思っています。

 

そのために、卒業生には極力連絡を取るようにしています。夢の責任を取るというか。一緒に見た夢の結末を見たいというか。

 

僕の周りには、素敵な卒業生諸君がいます。

生徒からの希望があれば、紹介しています。

先に夢を叶えた先輩の背中を見ることで、自分も夢を叶えられる!と思ってほしいと思うのです。

 

コロナで大変な今だからこそ、自分の夢をしっかりと持って、正しい努力のお手伝いができたらいいなあと思っています。

 

今は、基本的には一人で教えているため、全ての教科を僕が担当していますが、全てが見れるからこそ、バランスを考えた受験指導ができるようになったと思っています。

実は、バックには、何人もの先生が協力をしてくれているので、「5人の違う先生をつけてください」と言われれば可能ですが、基本的には、僕の方で判断をして、先生を割り振っています。

 

来年、志望校合格を勝ち取りたい方、夢の実現のお手伝いをさせてもらえたらと思っています。

 

分析を書こうと思ったら、熱くなってしまい自分の目標になってしまった。。。。。

 

個人的には、古巣の塾に通っていて、苦戦している子の家庭教師をしてみたいなあと思っていたりもします。

 

私が進学塾に在籍していた時の担当科目は、数学・算数&社会でした。

なので、前回は算数の「おすすめ参考書」を紹介させてもらいましたが、今回は社会です。

社会は本当にいい参考書・問題集がありません。

SAPIXに在籍していた時に、「参考書を書こう!」と思っていたくらいです。
当時はSAPIXは日本一の塾であったために、「ノウハウを公開することになる」という、企業人に良くある理由で書くのを辞めました。が、SAPIXを辞めた後は、僕が書いたところで、出版社が拾ってくれる訳がない。と急にネガティブになったものです。

 

そこで、今回は、社会のお薦め参考書を書いていこうと思います。

 

まずはこのシリーズ。「塾で教えるシリーズ」です。

 

 

 

 

これに勝る参考書はないと思うのですが、いつの間にか、新刊は無くなっていました。

いい参考書は無くなっていって、漫画とか絵とかが豊富なクソな参考書ばかりになってしまう。

残念な感じがしてしまいます。

 

算数にしても、社会にしても、僕の授業がベストだと思うのですが、あえて参考書を選ぶとなると、こんな感じになりそうです。

 

他にないですか?とよく聞かれるのですが、他に探すなら「予習シリーズ」がまだ良い方かなあと思います。

 

 

 

いわゆる進学塾で働いていると、こういう質問をしてくる子はほぼいません。

特にSAPIXにいた頃は、ありませんでした。

塾の先生に質問する前に、ご家庭で解決できているんだなあと思ったものです。

今になって思えば、僕は上位クラスしか担当していなかったからだと思ったりもします。

僕はNo2には恵まれていたので、その子が中位以下のクラスを担当していたので、もしかすると彼のところにはこういう質問があったのかもしれません。

 

SAPIXに在籍している時には、とても印象的な面談が多かったなあと。

お母様に急ぎ連絡を取りたくて、いただいていた会社の名刺に連絡をしたら、お母様につながるまで、電話に出た方がすべて外国の方で全部、英語で対応しなければならなかったり、

お母様との面談で、お子様の進路面談をしていたら、お父様の転職相談をされたり(この結果を新聞で知ったり)、

某国の国王家の末裔の方の面談をしたり、面白かったです。

 

なぜ勉強をするのか、という問いに対しては、いろいろな返答が考えられます。

 

日本では一見すると、学力と収入には正の相関がないように見えます。

学がなくても稼げている人が多いように見えます。

そのため、子どもに「勉強しないとダメだよ」と言いにくい環境にあるのかもしれません。

ただ、冷静になってみてみればわかることだと思うのですが、

学がなくて成功している方の半分以上は、継続して稼ぎを生むことが難しい人がほとんどです。

 

学がなく成功している人は華々しく見えるため、「勉強しなくても成功できる」という間違ったスローガンが子どもたちに届きやすくなります。

 

基本的には、「勉強は忍耐力を育てる」という一面があることは否定できないと思います。

学歴があるということは、「努力をして結果を出せる」という証明になります。

東大、京大、早慶などが世間的に評価が高い理由の一つはここにあると思います。

某一流商社の人事の話として、「うちは男子は国立早慶、女子は有名女子大しかとらない。社内でいい女のをみつけてもらって、結婚して、良い家庭を作って欲しい。言い換えれば男子は優秀な子、女子には配偶者として優秀な子がほしい。」と言っているのを聞いたことがあります。これは15年ほど前の話なので、今でも似たようなものかなあと。

勉強が出来る子は、仕事が出来る子と考えやすいです。覚えが早い。努力ができる。と解釈されます。

 

ただ、これよりも、大切にして欲しいことがあります。

それは、「勉強ができると人生の楽しさが増える」ということです。

社会ができると、旅行に行ったときに見える物が増えます。

理科ができると、世の中で起きている最新技術への理解が進みます。

国語ができると、会話に幅がでますし、読める本の数が増えます。

英語ができると、これは自明だと思いますが、世界のほとんどの人とコミュニケーションがとれるようになります。

数学ができると、論理的思考に基づいて正確な判断ができるようになります。

体育ができると、理論に基づいて身体を健康に保つことができます。

音楽、美術ができると、休みの日におこなう趣味が増えます。

書道ができると、きれいな字を書くことができ、社会的信用が増します。

これらがすべて出来るようになると、自分に対して余裕を持つことができ、人に優しく接することが出来るようになりますし、相手を傷つける言葉を選ぶことがないため、良い友人に恵まれることになります。

 

勉強の本質は、後者ではないかと思うのです。

 

特に中学受験をやっている子どもたちに言えることなのですが、激しい受験競争で目の前しか見えなくなっている大人をいったん脇においておいて、「勉強は本当は楽しい」ということを覚えておいて欲しいと思うのです。中学生、高校生、大学生、大人になってからでも遅くはありません。

「勉強って出来るようになると人生が楽しくなる」ということを少しでも広めていきたいなあと思うのです。

 

楽しい、ためになる、出来るようになる授業をうけて、勉強を好きになって欲しいなあと思います。

 

 

ひろゆきさんの切り抜きYouTubeを見てしまうのが多いのですが、この動画は前の会社を辞めたい!って思った理由だったので、リンクを貼りつつ、話をしてしまいます。

 

石橋貴明さんの話は置いといて、この動画のラストにあった言葉がとても印象的でした。

 

僕なりの解釈で、いいように書き直してみます。

僕は、前の会社のラスト3年、本当に体調を崩してギリギリの状態で仕事をしていました。それを社長以外には理解されず、とても苦しい思いをしました。

一番辛かったのは、本当の体調不良で会社を休んでしまった時のことです。1日が終わったあと、社員から連絡があり、「体調を壊されたおかげで、授業に4つも空きが出た。生徒はその間することがなかったので、後でクレームになると思う。その処理は全部あなたがやってください。さらに振替の連絡と同時に全家庭に謝罪してください。全部の家に電話したレポートを提出してください。」と言われたのです。

 

僕がSAPIXの後車責任者をやっていたときは、アルバイトが急に休むこともたくさんありましたが、その穴埋めはこんなことになりませんでした。社員で連帯連携して、合同クラスを組んで、イベント日にしていたりしていました。生徒さんからの感想は、「今日、楽しかった。また先生が体調不良になったら、同じイベントをやろうね。」と言ってもらえたものです。

大きな声ではいえませんが、一部生徒からは、「毎週これでいいよ」と喜んでもらえましt。

 

僕の体調不良で迷惑をかけたことは間違いないのですが、危機管理ができていない社員3人にはうんざりしました。

(その会社は、社長と僕と社員3人だったので、社長、なんとかしろよ!というのもあるのですが、彼は大手進学塾の常務だったので、そのような細かい仕事をやることはないので、基本的に細かい仕事は僕がやっていました。となると、3人ではどうにもならなかったのでしょう。全責任を僕に押し付けて、逃げることしか頭にないだろうなあと。)

 

「フォローをする」とか、「ワンフォーオール。オールフォーワン。」とか、「全員野球」とか、そういう気持ちのないチームでは働けないなと思い、辞める事にしました。

 

今は、僕のことを信頼してくれているチームがいます。

生徒さんからは、先生は選択制になっているのですが、基本的には僕を指名してくれる人しかいませんが、早く信頼を勝ち取った大きなチームとして仕事をしたいなと思っています。

 

まずは、僕への信頼のもと、第一死亡合格率100%を目指して、邁進していきます。

 

 

 

 

 

 

まずは、今回アップしたまとめ動画です。

 

平安時代 院政と武士

 

平安時代 平氏の政治

 

 

今回の話は、受験期直前の志望校変更についてです。

 

僕の周りにいる子たちは、大体、大手進学塾に通いながら、僕のところで補講をするという形が多いのです。

本来であれば、大手進学塾を辞めていただいて、僕のところに来てくれるのがベストであると考えているのです。

なぜなら、大手進学塾で勉強を理解するのは、クラスがドンピシャの子しか無理です。

現在の主力の先生は、いわゆる「ゆとり教育世代」なので、30人規模の生徒を見ることは不可能だと思っています。

個人差があるのは、もちろん承知しておりますが。20人規模でも、しんどいと思っています。

 

大体、塾の先生になろうという人は、生粋の塾講師が10%弱、学校の先生の枠から溢れた人80%、社会不適合者10%という割合だと思っています。その中でも優秀な先生って、5%いない感じの計算になると思っています。
これは、一般の方から見ると、「何を言ってるの??(怒)」となりそうですが、肌感覚で思っている数字です。

 

となると、受験のセオリーとして、

1 まずは大手進学塾に通ってみる。

2 成績が伸びなければ、塾と個別指導を併用してみる。(これは大体失敗します。)

3 家庭教師の中で合いそうな人を探してみる。(小規模塾ならコスパがいいので、運が良ければ地元の小規模塾へ)

4 最終的には、僕のような家庭教師へ。という流れになると思うのです。

 

塾を掛け持ちするのは勧めていません。

先生というのは、人に責任を転嫁することが多い人種なので、転嫁できないように追い込むのがベストです。

 

最初の話に戻ります。

 

この時期、首都圏中学受験、高校受験、大学受験ともに、志望校を決定する時期なのですが、最近、問い合わせとして、特に増えているのが、「塾の先生から「志望校をワンランク下げましょう」という提案をされた。」というものです。特に中学受験に多い。

 

この提案をする塾の先生の心境が今ひとつ理解できません。

 

プロとして、早い段階から志望校を聞いて、それに向けて授業時間数を組んで、やってきて、ギリギリになって「志望校に落ちて、滑り止め校に行くより、ワンランク下の学校に行った方が将来的には得ですよ。」というアドバイスをするのはナンセンスだと思ってしまいます。

第一志望校に100%合格するように仕上げるのは、とても困難です。雪、インフルエンザ、コロナ、人身事故、事件などの外的要因による障害もあるでしょう。中学受験ならもちろん、子どもなので、その日の気分という内的要因も、合否に影響します。

そのため、100%の合格保証は無理です。

でも、受かるためには、この条件が揃えば大丈夫!というところまでは、持って行くことができるはずです。

 

それを失敗したから、志望校を変更しませんか?というのは、おかしな話。

 

毎年、3人くらい、12月から1月くらいに、僕のところに来てくれる方は、こういう方です。

本当は、もっと早く来てくれれば。

 

と、思うのですが、僕が有名ではないので、仕方はないですね。

 

僕の生徒の入試も始まっています。

地方の中学受験は、第一志望の全勝で終わりました。

首都圏の中学受験生がいないので、現在は高校受験に向けて準備をしています。

高校受験も地方は第一志望全勝で終わっています。

 

さあ、首都圏高校入試と大学入試。

 

気を引き締めて、全勝で終わりたいものです。
最悪、第一志望が無理であったとしても、学生時代を振り返った時に、「努力してあの学校に行ったのは正解だった」と言ってもらえるような受験にしたいと思います。

 

いやいや。第一志望全勝で。(これが僕の第一希望です。)

 

 

 

昨年の7月に会社を辞めて、細々と自宅で子どもたちに授業をしていて気がついたことがある。

 

通いとオンラインのハイブリッドが増えている

通いの生徒とオンラインの生徒と家庭教師と人数は3:6:1くらいの割合なのだけど、通いの生徒たちは次第にオンラインと通いのハイブリッドに移行しつつあるということ。「数学と理科は教室でやりたいけど、英語と国語と社会はオンラインでいい。」だったり、「新分野に入ったときは教室がいいけど、演習はオンラインがいい。」と言ったような分け方をしている子が増えてきた。

オンラインの授業というと「サボれる!」というイメージがつきまとうようだが、若干費用が高めで授業時間を最低限に設定する生徒さんが多いせいか、皆、一所懸命にやってくれている。そうすると、このような仕組みを好む子が多いのだと思う。

あと、珍しいパターンではあるけど、「部活がある間はオンラインで、部活禁止期間となるテスト前は教室で」という生徒さんもいる。

 

低学年は家庭教師。高学年はオンラインを好む。

週の半分はオンライン自習室というのをやっているのだけど、何気に中学3年生から高校3年生までくらいに評判がいい。外に出るのは面倒だけど、自宅だと勉強できない。という現代っ子?(いつも?)の習性に合っているのか、「知らない人とか友達が画面の中から見ていると緊張して勉強せざる得ない。」という子が一定数、いる。

オンライン自習室には、常に僕がいるので、先生に見られているというのもあるだろうし、ブレイクアウトルームという個別の部屋で質問がし放題というのも、人気のある理由なのではないかと思う。

 

総じて、勉強は実は楽しい。とわかっている子が増えていて、とても嬉しかったりするのです。

いろいろなことを試しながら、社会の将来に向けて、貢献できたらなあと考えています。

 

 

 

テキストの作成に対する補足。

 

前科目長の一言。

「クレームをもらわないように、全ての出題事項を載せること。」

これって、今になって思えば、若かった僕にダラダラと説明するより、そう言った方が早いって意味だったのかなあと考えるのです。

日本全国の入試問題で出題された内容を全て掲載するということは、そのテキストを見れば、日本中の入試問題が理解できるわけです。それを学習する生徒や保護者は大変だと思いますが、優秀な先生が育つのが早い。テキストの説明をしっかりとできれば、全ての問題が解けるので。そのことを理解するのに、かなりの時間がかかりました。

 

結果、僕がそれに反発をして授業マニュアルを作ったことは、保護者にとっては手助けにはなりつつ、トップ層の学力を下げることになったのかもしれないなあと、反省をしていたりするわけです。

 

何にしても、道具(テキスト)は超一流のものを用意して、それに人(教師、生徒、保護者)がどう対応するか。ということを大切にした方が、突出した人間が生まれるんだろうなあとは思います。

 

また、前科目長に会いたいなあと思うのでした。