今回は、2月1日に書くような内容ではない感じです。

 

受験生のみんなが頑張っている中、ちょっと心に隙間ができたので、

考えたことを書いてみようと思います。

まさにテーマは徒然です。

 

先日、実家で飼っていた愛猫が亡くなりました。

ちょうど亡くなる直前まで一緒にいることができました。

帰宅してから、15分後に亡くなったと母親から連絡が来ました。

 

僕が行った時には、すでに下顎呼吸が始まっていて、

目も耳も動かない状態だったので、長くないことはわかっていました。

おじさんが亡くなったときに、

おじさんの下顎呼吸について、父親が語っていたので、

愛猫が亡くなる時にはそばにいて、その瞬間まで見届けたいと思っていたのです。

 

猫で下顎呼吸が正しくなかったら、知識不足ですみません。

教えていただける方がいらしたら、ぜひ伺いたいです。

 

愛猫が亡くなった連絡をもらって、

5分くらいだったか、泣いていたのですが、

その直後にふと思い出したことがあったのです。

 

今から、8年くらい前だと思うのですが、

自宅ではとても反抗期で大変だったのですが、

僕にはとても従順な良い小学校6年生の男の子がいたのです。

 

ある日、授業中にお母様がやってきて、

「うちの子を帰宅させてください」と言ってきたのです。

確か、12月くらいだったと記憶しています。

正直な気持ちとして、

「この大切な時期に、偏差値の高い学校を目指させといて何を言ってんだか」

と思っていました。

彼も同じ気持ちのような顔をしていました。

その後に、お母様がおっしゃるには、

「小さい頃から一緒に過ごしていた愛犬が最期の時なんです。せめて最期は一緒に居させたい。」と。

 

それでも僕は、何を言ってんだかと。

犬の死は一瞬だけど、受験勉強は一生を決める!と突っ張っていました。

今思えば、40男にしては、余裕がないものです。

でも、志望校がそれだけ高かったし、届きそうだったという実感を持っていました。

 

結局、その時には間に合ったとのことで、良かったのです。

でも、その時の気持ちを思い出すことになったのでした。

 

実家の愛猫なので、一緒に過ごした時間は正味1年もなかったかもしれません。

15年くらい飼っていたのですが。

最初は全然、懐いてくれなくて。

僕が猫アレルギーなので、ありがたいと言えばありがたかったのですが。

最後の3年間くらいは、僕がいくとそばにいてくれたので、

どうしたものかと思っていたくらいです。

 

で、愛猫が亡くなった時に、その経験を思い出したのです。

あの時、おかしなことを言わなくて良かった。と。

 

結果的にその子は第二志望に進学したのですが、

当時の社長は喜んで泣いていました。

その時の僕の気持ちとしは、

「この人は第一志望に受かると思ってなかったのか。」

「社長にとっての第一志望は、その子の第二志望だったんだな。」と。

 

何がともあれ、あの時、彼は家に戻って良かったと思っています。

 

死に直面すると、決意も新たになることもあります。

きっと、その後の彼の頑張りの一つの要因として、

愛犬の死は間違いなく、あったと思えるのです。

 

人は経験したことしか理解ができない。

 

本で擬似体験をすることは可能です。

読書はたくさんして、擬似体験をたくさん積むべきです。

でも、所詮は「擬似体験」でしかないのです。

 

人生は、何事もなさぬには長いが、

何かをなすには、本当に短い。

 

最近の人は、スマホのゲームに時間を潰す人が増えています。

先日、久しぶりに朝のラッシュの電車に乗ったら、

ほとんどの人がゲームをしている。

 

本当に非常に勿体無い。

 

色々なことを経験して、たくさん勉強して、

幅のある素敵な大人に教え子たちはなってほしいなあと思いつつ、

僕も、もっともっと積極的に、いろんなことに挑戦していこうと思ったのでした。

 

挑戦を続けている受験生のみんな!

がんばれ!
頑張って開いた道にこそ価値がある!

今回は、生徒さんの成績表をシェアさせてもらってしまう。

 

この生徒さんは、高校1年生の夏にうちに来るようになってくれた子。

最初は、数学は好きだけど点が取れない。英語は苦手。という状態で、

英語は、僕の師匠のところに通うことにして、

数学は、うちでやることになった。

 

で、1年ちょっとで、偏差値8アップ。

 

 

何をしたかというと、

1 現状の把握

2 基本の組み直し

をやっただけ。

 

僕的に一番大きいのは、本人が素直で、言ったことをしっかりとやってくれる。

 

この3つが揃えば、簡単に成績が上がるという典型例です。

 

それにしても、国語と英語もうちでやった方がいいのでは?と思い始めている。

 

まあ、ビリギャルと似ていて、この子は中学時代に数学の偏差値が60あった子ではあるのだけど。

いよいよ2月1日を迎えます。

 

中学受験はもちろん必勝を期して戦っていくわけです。

 

一方で、今年、僕としては、初の本業としての大学受験があります。

大学受験というか、高校生指導はこれまで10年以上、副業でやっていて、

学校の定期テスト対策を広く扱っていました。

 

が、今年度は本格的に参入。

うちには、新しい本棚1つ分の大学受験の過去問題が。

生徒が受験する大学は最低でも10年分。

受験しない大学でも、併願可能な有名どころ全てを取り揃えました。

 

本年度は、人生で一番受験問題を解いた年かもしれない。

 

SAPIXに入社してから毎年、

全国高校入試問題正解(旺文社)を5教科。

中学入試問題集(みくに出版)は4教科。

と解くという習慣を持っていました。

担当していた社会、数学、算数は、横の流れの一覧表を作りながら。

さらに、生徒さんが受ける学校の過去問。

 

今年はこれに加えて、

全国大学入試問題正解(旺文社)は国語、英語、数学、物理、日本史。

さらに、生徒さんが受ける大学の過去問題。

 

もう、かなり脳みそを酷使しまくった感じです。

とても勉強になりました。

 

こうなってくると、絶対に全勝したいです!

昨日は、教育費の極意として、

 

幼少期、スマホ、ゲーム機は絶対にダメ。

本を買い与えるべし。

 

高校生になったらスタサプのみ。

 

という話をしました。

さあ、間はどう繋ぐのか。という話を書こうと思います。

 

が、その前に、補充などを。

 

任天堂Switch+ゲーム5本で10万円と想定すると、

1冊2000円の高級本でも50冊購入できます。

 

iPhoneを買い与えたとすると型落ちの13でも12万します。

1冊2000円の高級本でも60冊購入できます。

 

1冊1000円の本であれば120冊購入できるのです。

 

小学3年生くらいまでに、120冊の本を読破できれば、

すでに、まあまあな知識量になっているはずです。

 

ポイントは、ゲームに遊ばされる子にするのではなく、

自分自身で遊びを作れる子を育てるということです。

 

さて、小学3、4年生くらいになったら、

算数だけ、公文に行かせましょう。月8000円です。

5年生が始まるまでに、6年生まで終わるのが理想です。

読書はもちろん継続です。

SwitchとiPhoneに比べれば、はるかに安い出費です。

 

小学生算数として、

・小数、分数を含む四則計算(小数・分数の入れ替えを含む)

・整数の性質(約数、倍数、など)

・比

この2単元は死ぬ気で理解して欲しいところです。

可能であれば、相似、円などの面積・体積もです。

 

さらに漢字は漢字検定を利用して、どんどん進めてほしいところです。

こちらも5年生が始まるまでに5級は合格しておきましょう。

 

暗記物は12歳までが一番伸びます。

可能であれば、小学6年生までに3級を取っておいてほしいです。

 

一番大切なことは、

小学校のペーパーテストで90点以下を取らないようにすることです。

 

まあ、あくまで理想系ということで。

 

ということで、その3に続きます。

僕は、自分の経歴をあちらこちらに書いているので、

ここでは触れないようにします。長くなっちゃうので。

 

今回は、教育費の極意を可能な限り短く書こうと思います。

 

追記

全文を書いて追記を書いていますが、2800字になってしまいました。

4分ほどかかる文章の長さです。

でも、「読んでよかった!」と思ってもらえると思います。

 

そんな気になったのも、

運動不足を解消しようとして、

起きたら、散歩をする、ついでに食事をするということw

やってみようと思いったったので、

しっかりと散歩して、近所のインドカレー屋にいったのです。

そしたら、従業員の子どもと、その友人、合計6名が、

ゲームで盛り上がっていたのです。

まあ、僕が先に入って注文をしてしまったので、

断って帰るわけにもいかず。

初日から最悪な気分でした。


帰り道、よくいくお弁当屋さんがあるのですが、

ちょっと覗いてみると、

そこのオーナーの息子2人が並んでゲームをやっている。

 

全員、任天堂Switchです。

任天堂株を買っておけばよかった。

という話は別の株ブログでやるとして。

 

多かれ少なかれ、今の学力底辺層の子どもたちは似た環境です。

親が忙しいから。手が離せないから。

親側の事情で子どもに、ゲーム機、スマホを渡す。

 

ゲーム機は楽しいに決まってます。

消費者がお金を払っているので。

お金を払って楽しくないわけがないのです。

お金を払って楽しくなければ、売れないので、潰れます。

簡単な理屈です。

 

僕個人の考え方としては、中学生に上がる前に、

スマホ、ゲーム機、パソコンなどのガジェットを

子どもに与えるのは、百害あって一利なし。くらいに思っています。

もちろん、少ないメリットもあります。

が、しかし、メリットはあっても2%くらいです。

98%は害悪です。

 

じゃあ、どうすれば良いのか。

 

簡単です。

1980年代にゲームウォッチを任天堂が発売する前、

家で何をしていたか、考えれば良いのです。

 

「読書」です。

 

人類には2000年以上かけて作ってきた書庫があります。

本屋で本を買うのを高い。というのであれば、

図書館で借りてくれば、ほぼタダです。

ただで楽しめるエンターテイメントがこの世にあることを、

みんな忘れているんです。

 

『税金で買った本』という漫画が大好きです。

https://amzn.asia/d/g4Tc9NY

こっちはKindle版です。
大人はKindleを1つ持つべきだと思います。

何よりも、安い。

暗いところでも液晶が綺麗。

通常の液晶よりも目が疲れない。

いつでも、どこでも、本が読める。

 

子どもはKindleでも使うべきではありません。

 

あの、スティーブ・ジョブズですら、自分の子どもには、

iPhoneはおろか、iPadも与えていません。

害悪が先に来ることを、最もよく知っていたからです。

 

話を戻します。

『税金で買った本』をみると、

「図書館っていいなあ」と思えるので、好きです。

 

で、子どもの時期は、とにかく本を読ませるべきです。

大人になると、なんだかんだ言い訳をして、

本を読む量が減っていきます。

僕は個人的には、年間100冊の本を読むべきと思っていますが、

大人になってから、この習慣を作ることは、

かなりの困難を極めます。

子どものうちに、物心がつく前から本がそばにあった。

という状況を作りましょう。

 

大学受験の数学3や物理を解いていると気がつくのが、

「わからない」と訴えてくる子が多いということです。

でも、実際に、どうわからないかを分析していくと、

そのものの定理や定義が理解できないのではなく、

「何をいっているのか」「どう役に立つのか」がわからないのです。

 

「わからない=数学」ではなく、

「わからない=日本語」なのです。

 

スタート

子どもにどう教育を授けていくべきか。

「デジタルガジェットではなく本を与えましょう」

 

ゴール

高校数学や高校物理のみならず、高等教育を完全に理解して、

人生を豊かにする。

 

ということがわかってもらえたと思います。

 

そのために、家庭でできることは何か。

 

子どもに買い与えるのは、ゲームではなく本。なんです。

 

そんなことを言っても、小学校でゲームの面白さを学んできてしまう。

と反論される方もいるでしょう。

 

でも、ゲームを薦めてくる子は、なんといって紹介してきますか。

「面白いよ!」ですよね。

ならば、本を薦めてあげればいいのです。

「面白いよ!」って。

 

どんな方も、ゲームよりもテレビよりも夢中になった本があるのでは?
『ドラゴンボール』?『ワンピース』?

ちょっと寂しい気がしますが、いいでしょう。

個人的には、

『はじめの一歩』『スラムダンク』『るろうに剣心』あたりが好きです。

 

漫画でない方が嬉しいです。

僕は、村上春樹さんのファンではありませんが、

『ノルウェイの森』に皆さんがハマっている頃に

『国境の南太陽の西』にハマっていました。

ちょっと変人です。

『1Q84』は文庫本6冊をあっという間に読み終わりました。

 

村上春樹さんのファンでないことを証明するためにも別な本を。

『壬生義士伝』は泣きました。

 

キリがないので、この辺でやめておきます。

 

初めに話を戻します。

 

教育費をできる限り安くする極意は、

『読解力をつけて、自習できる人になる』です。

 

なんだよ。そんなことかよ。って思ったかもしれませんが、

これが実は最短の方法です。

 

急がば回れ

です。

 

なので、子どもには「うちはゲームが買えないくらい貧乏なの」とアピールをしましょう。

すでに子どもが、小学3年生以上か、ゲームを1台でも持っていたら無理です。

諦めてください。

 

2人目の子どもにやってみよう!も無理です。

兄姉を見て、壮大な疑問にぶつかってしまいます。

 

貧乏アピールをしながらも、

食べるみかんを毎週、静岡産、愛媛産、和歌山産、と変えていきましょう。

変化に興味を持ってもらうのです。

りんごの季節になったら、

王林、ジョナゴールド、と品種を変えていきましょう。

品種改良と遺伝に興味が持てるようになります。

 

すぐに、「品種改良ってすごいね」と言ってくる子どもは怖いです。

通常は、気にせず、「ふーん」も言わず、食べてます。

「おいしいね」で終わるかもしれません。

 

ただ、勉強は、机上だけでなく、実地でもできることを学ばせていきましょう。

 

高校1年生くらいまでに、素地が出来上がれば十分です。

そうなれば、

スタサプのベーシックコースの月2800円で医学部に行ってくれるはずです。

法学部に行って、弁護士になることも可能です。

なんなら、教育学部から、公認会計士になってくれる子になります。

 

整理します。

小学校時代に、ゲーム機などのデジタルガジェットを与えたら負け組です。(受験業界の)

大学を卒業するまでに、年間100冊の読書が行える人になりましょう。

食べ物など目に触れるものを固定化せず、流動的に買い物をしましょう。

 

簡単に言える極意は以上です。

 

免許皆伝になるためには、もう少し必要項目が出てきます。

 

それは、また別の機会に。

 

読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

受験生の皆さん、お疲れ様でした。

 

初日の生徒さんたちの反応を見ると、

まずまず戦略的には問題なかったかという手応え?な感じ。

 

受験勉強をはじめとする資格試験の勉強にはテクニックがあります。
絶対的な学力が必要な入試もありますが、

肌感覚として、中学受験、高校受験、大学受験問わず、

偏差値60〜62をボーダーとして、

それよりも下であれば、

強靭な基礎力+テクニック(徹底された対策)で、

なんとかなってしまうような気がします。

 

つまり、小手先の学力で乗り切れないのは、

トップ校クラスの学校と医学部で、

それ以外は、なんとかなってしまうという感じです。

 

現在の僕の塾は、高額な部類となってしまっていますが、

少しずつ、テクニックをテキストに落とし込んでいって、

教えやすい環境を整えることで、

より多くの生徒さんに、比較的安価に合格を勝ち取ってもらえるように

システム変更をしていこうと思っています。

 

今は、完全に、僕のマンパワーになってしまっているので。。。

 

教え子さんの前で、稀に体調悪そうししてしまうと、

「私の受験までは死なないでね。終わったらいいけど。」

と愛情?たっぷり?の言葉をいただけます。

 

生徒さんの1人の志望校1校につき、最低でも10年分は解いて、

出題傾向を分析して、授業内容を練っているので、

いきなりの方針転換や、受験校の増加には、

びっくりしてパニックになることもありますが、

確実に対応をしていきます。

来年度は、医学部受験、高校私立トップ校入試を控えているので、

そちらも、とても楽しみです!

担当科目が、

高校英語

高校数学

高校物理
高校化学

高校国語

高校地理

高校日本史

中学数学

中学英語

中学社会

中学理科

中学国語

小学算数

小学社会

小学理科

小学国語と、どんだけ天才なの。状態。。。
ちょっと焦ってますが、うちの職員も増えるので、

しっかりと合格を勝ち取っていこうと思います。

 

勉強の楽しさもお伝えできたらと思います。

一緒に勉強したい!させたい!と思われた方、

お問い合わせだけでも大丈夫ですので、

ご連絡を!

 

塾案内はこちら

 

問い合わせはこちら。

mail@e-revolution.jp

僕は『ドラゴン桜』の愛読者ではないので、

詳しくはないのですが、

その本の中で、

「受験で人格向上できないやつに成績向上はない」

みたいなセリフがあったような。

 

今年の高校3年生の子の受験の戦いを見ていると、

まさに、それだな。と思うことが多いのです。

 

受験を通して、

「自分の将来への展望」

「人生観」

「自己分析」

が、できるようになります。

 

そして、その自己分析をして、自分を修正できると、

今まで見たことのない景色が、眼前に広がるのです。

 

自分は自分に甘えてしまう。ということがわかり、

それを克服して、努力をする。

壁を乗り越えると、とんでもない成績向上が待っている。

 

甘えの先には堕落しか待っていない。

それがきちんと理解できるようになると、成長できると思うのです。

 

元東大王の鈴木光さんを見ていて、なんとなく思っていたことが、

今になって、正確に理解できたと思うのです。

 

テレビゲームやスマホゲームにお金をかけても、

快楽は提供してくれますが、人生の価値を増やしてくれません。

 

勉強は、自分を高みに連れて行ってくれます。

 

勉強の本当の価値を知ると、人生は本当に楽しくなると信じています。

いよいよ入試が始まります。

 

僕の担当している生徒さんは、首都圏だけではないので、

すでに入試が始まっています。

前哨戦という位置付けですが、しっかりと勝ちきりたいと思っています。

 

そして、今週末には共通テスト。

まだまだ、どんなレベルの問題になるのか、

定着を見ない共通テスト。

ですが、相対評価には大きな差が出ないため、

しっかりと自分のできることをやる。が課題になるのは、

どんな受験とも変わらないと思っています。

 

そしたら、中学入試、大学入試の大型解禁日となる2月1日まで、

全力投球で走り抜けます。

 

授業も空きコマなしで戦っていく状態になってしまう状況ですが、

体調管理に気をつけて、

全員合格を目指して、頑張っていきたいと思います。

 

おかげさまで、来年度入試に向けた枠が埋まり始めています。

まだ、受講可能な枠も残っていますので、

気になりましたら、体験授業も行いますので、

遠慮なくお申し付けくださいませ。

最近の学校教育を見ていると、子どもたちにシングルタスクを課しているようで。

 

1 大きな画面に先生が説明する内容が表示される。

2 先生が説明をする。

3 板書をうつす。

 

という授業の流れ。あ、公立中心の話です。

 

下手をすると先生のパワポの資料が配られていたりして。

 

出来の悪い社会人ごっこかと思い、爆笑しそうになりました。

 

パワポを使うと、話者に力がない限り、ライブ感が失われます。

授業がつまらなくなると思うのです。

 

僕は昭和の人間と馬鹿にされそうですが、

先生は板書をして、

生徒がリアルタイムに話を聞きながら板書をする方が好きです。

 

子どもたちが大人になって社会に出た時に、

「社長の話が早くてわかりません。ノートも取れないです。」

っていう社会を作りたいのでしょうか。

 

と思ってしまいます。

 

どんな大人になって欲しいのか。

 

そういうビジョンを持って、生徒を教えている先生って、

減ったなあと思う次第です。

 

ちなみにうちは、しっかりと指導していきます。

 

 

 

 

いよいよ受験のスタートです。

緊張する。。。

大学受験生たちの中には、すべての科目を僕に担当させてくれている子がいる。

その子たちは、展望が立てやすい。

なんと言っても、全教科の成績を把握しているので、

問題を見ることができれば、合否の想像はつく。

 

でも、複数の先生で担当している生徒さんたちは大変。

特に、僕の担当していない科目が苦手科目の場合。
合格しているはず。と思っていても落ちることがある。

 

科目によって先生が違うのが当たり前のようになってしまっているけど、

本当は、一人の先生が全責任を負って担当する方が、わかりやすい。

と思ってしまう。

 

と言っても、全教科を一人の先生に任せるのは、

常識的に考えても、不安ですよね。。。

なので、担任制の導入がベストと思っていたりします。