ランキング参加中です☆ ポチッと一押しお願いします! ブログランキング・にほんブログ村へ $エビのつぶや記カニのぼや記

かに座すさみ町立エビとカニの水族館のオフィシャルブログかに座


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年08月19日

暑い?熱い?磯の観察会!

テーマ:エビカニスタッフのぼや記

どうもかに座ですかに座

関東は雨が多くなんともいえない夏になったようですが、和歌山県の南部は台風以外ほぼ晴れで暑くなっている今夏晴れ晴れ

体育館をそのまま改修して水族館にした当館は、夏暑く、冬寒い学校の体育館そのままで、バックヤードは熱風が吹き荒れていますあせるあせるあせるあせる

 

 

さて昨日は久しぶりに団体の磯の観察会を開催しましたうお座タコ

 

奈良県の小学生たち24名が元気いっぱいすさみの磯を楽しんでくれましたビックリマーク

 

最近事務仕事やら調整やらでなにかと事務所にこもっている私・・・

久しぶりの感性豊かな子供たちとの磯観察会は最高のリフレッシュキラキラ

 

潮が少し悪かったので発見できた生物はそれほど多くはありませんでしたが、みんな熱中して生物採集を行っていたのでなかなかの成果でした

 

ナマコをわしづかみにする女の子がいたと思えば、ナマコに悲鳴をあげ生物には全く触れない男の子などもいて、海の生物並みに個性豊かな子供がそろっていました

 

日陰もなく結構大変でしたが、皆さん暑さを忘れて夢中になっていました(笑)

 

 

人間の生物に対する感受性は、本能的なこともありますが、育った環境(親の影響や周りの影響)に大きく左右されるといわれています

 

巡回水族館で様々な所に生物をもって出張しますが、生物を触れない、見てもあまり反応を示さない子共が結構多い・・・・・

 

自然を守ろうとする動きは全国各地で活発に行われていますが、将来を担う子供たちが自然のことを知らずに育っている・・・・・

 

地方の現状というものを知らないのに、都会からネットの情報だけを頼りに田舎の自然との関わり合いに『自然保護』を掲げて攻撃してくる変な大人がいる・・・・

 

なんとかしたいものですあせるあせるあせる

 

 

自然の楽しさや偉大さを知るにはやはり自然の中に飛び込むことだと思います

 

なんだかんだで誰よりも一番磯を楽しんでいた・・・・・

かに座かに座かに座でしたとさ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月23日

生物を飼育するということは・・・・

テーマ:エビカニスタッフのぼや記

どうもかに座ですかに座

 

また久しぶりの更新です・・・・・あせる

 

今日は生物との関わり方について少しだけマジメに書きます

 

つい先日、お隣の串本町にある串本海中公園センターさんより

『カクレクマノミいりませんか』というご連絡を頂きました

 

串本周辺の生物だけを展示する串本海中公園(水族館)のことはよく知っていましたので、

紀伊半島沿岸には生息することのないカクレクマノミ??

お客さんからもらったもの??

特別展示用??

と、???ばかりが頭の中に浮かびましたが・・・・・よくよく話を聞いてみると

 

なんと!

どこかの心無い人が串本町の海岸に放流したらしく(どうも海岸沿いの道路から投げ捨てたらしい)、水深1mという浅場でカクレクマノミとセジロクマノミそして謎のイソギンチャク(センジュイソギンチャクでした)がいて回収するのでいりませんか?ということだったのです!

(全て奄美群島以南に生息し紀伊半島沿岸では生息記録なし)

 

個体数を聞くと当館で小型の水槽を用意すればすぐにでも収容できそうだったので、二つ返事で頂くことになりさっそく受け取って展示しました

セジロクマノミとセンジュイソギンチャク

カクレクマノミ

アニメ映画の主役にもなるカワイイ魚ですが、本来の生息地でない場所で発見されると“外来魚“となってしまい”駆除”の対象になります。

勝手に放流された生物は一切悪くないのに・・・!!汗

 

近年こうした【飼えなくなったので?むやみな放流!】が日本各地で問題になっています。最近では名古屋と兵庫のアリゲーターガー(捕獲されて剥製に)など有名ですが、本来生息することのない場所に人間の都合で放流することは、もともと生息していた生物(在来種)の生存を脅かしたり、生態系のかく乱など多くの問題が指摘されています。

 

しかし、個人的に今回の件でなによりも憤りを覚えたのは、こうしたむやみな放流が地域の貴重な研究の侮辱に繋がるということです。

地道に毎年毎年途切れることなく沿岸の生物を含めた様々な調査を続けている串本海中公園センターをはじめとする地域の研究はとても貴重なもので、過去のデータはもう二度と手に入れることが出来ない地域の財産です。

生物学の心得が少しでもある人間であれば、自然の中でデータをとることの大変さ、それを続けていく苦労は並大抵のものではないということが分かるはずです。研究を続けてきたスタッフの努力量たるや・・・!!

 

今回は生物がある程度まとまって発見されるなど明らかに放流個体であると判断できる材料がたくさんありましたが、もし1個体だけが沖合で発見されると、自然に流れ着いたものか放流したものか簡単に判断はできません。生物に関するデータが1回の放流で変わる可能性もありました。

 

 

『生物を飼育する際は責任を持って最期まで』

大多数の方には当たり前のことで何度も言う必要のないこの言葉。

 

少し大げさに書きましたが、何気ない行為が生態系だけでなくその地域の貴重な研究のかく乱にも繋がるということ、そしてなによりも結局一番理不尽な思いをするのはいつも生物自身であるということ(中途半端な愛情ならないほうがいい)をあらためて考えてほしいと願う  かに座でしたかに座かに座

 

 

当館では今後こうしたむやみな放流が行われないように啓発も含めて

特別展示 すてられた魚たち』 と題して回収された生物を展示しています

キレイ、カワイイだけでなく少し視点をずらしてじっくり観察してみてはいかがでしょうか。

【展示の機会を頂きました串本海中公園センターの皆様 ありがとうございました!】

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年07月18日

何やら改造中

テーマ:エビカニスタッフのぼや記

三連休中は天気も良く(暑すぎっ(-。-;))

たくさんの方に来館していただき

誠にありがとうございいました!

 

館内は水槽の水温上昇を抑えるため、

空調は設定温度をガッツリ下げております( ̄▽ ̄)

なので

皆さん入口での第一声はだいたい

ハ〜〜〜涼しい〜(*´Д`*)でしたww

なので

夏にはもってこいのデートスポットですょ(*´艸`*)

 

さてさて無事に三連休を終えますと

今朝は何やらサメプールが。。。

もしかして夏仕様?!

 

 

なんだか楽しみです((o(´∀`)o))

乞うご期待!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月05日

マニアックな磯観察会 ~満潮編~

テーマ:エビカニスタッフのぼや記

6月11日と18日にマニアックな磯観察会を開催しました。

 

11日は大潮で昼過ぎが干潮という絶好の磯観察日和・・・でしたが、残念ながら雨がぱらつくお天気。

それでも、雨に負けない楽しい磯観察になりました!

 

そして18日。

小潮で昼に満潮という、こんな日に磯観察会なんてできるの!?

という状況でした。

そのせいか申込も一家族だけガーン

 

しかし!

無計画に開催した訳ではございません。

やるからにはしっかり楽しんで頂きますグッ

 

では満潮の磯で何が見れるのか・・・

その日見つけた生き物達の一部がこちらです爆  笑

 

波打ち際のカニ(カクベンケイガニやアカイソガニ、イワガニなど7種)

 

砂茶碗とも呼ばれるツメタガイの卵塊

 

ムラサキクルマナマコ

 

他にもヤドカリたちやスジエビモドキなど、探せば色んな生き物がいます!

 

そして、潮が満ちているので陸地にも目を向けると、

 

綺麗なウミスズメ(ハコフグの仲間)の骨や

 

ハチジョウダカラ(タカラガイの仲間)なども落ちていました。

満潮時の磯も捨てたものじゃないと思うのですがいかがでしょうか?
もちろん干潮時はもっと楽しいです
ラブラブ

 

 

この日、磯で捕まえたカニたちは水族館に持ち帰り、図鑑で名前を調べました。

しかし、地味な磯のカニたちは写真と見比べるだけだと分かりにくいですアセアセ

 

図鑑の文章にはヒントが隠されていますが、

「~前側縁は眼後歯を含めて2歯あり~」なんていう呪文みたいな難しそうな言葉もやもや

この呪文を解読すると、このカニとこのカニはこの部分のトゲの数が違うんだよ~と言うことなので、意味が分かれば簡単に見分けられますOK

 

夏休みも磯観察会を開催する予定なので、興味のある方はぜひご参加下さい!

 

ウンダリア

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月27日

大きくな〜れ

テーマ:エビカニスタッフのぼや記

先日テレビで巨大オニテナガエビを見たときは、

衝撃でした( ̄□ ̄;)!!

さらにそれを釣るサービス。。。なんと

いろんな商売があるもんです。

 

単純なわたくしは

単純にそれを釣りに行きたく

なったわけで。。。青森県。。。

 

そんなことを思いながら

うちの水族館で展示している

オニテナガさんを観察していると

昨日の朝に脱皮しましたヽ(*´∀`)ノ 

 

サイズはテレビのとは比べ物になりませんが

ハサミが長くなって体も大っきくなって

人でゆー1頭身が2頭身になった感じ?!

違うか。。。(^◇^;)

 

にしてもこの個体は何度目かの脱皮で

ハサミが抜けず

片方のハサミがなかった時期もあったので

嬉しさも倍増です♪

 

これからも見守っているよ(▰˘◡˘▰)

 

ビフォー

 

アフター

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。