2018年10月7日「林先生が驚く初耳学」からです。

 

BMIは保険会社が肥満の基準を作り

金儲けのために広めた数値

 

DSC_2389.JPG

 

 

BMIとは身長と体重から算出される肥満度を表す体格指数で世界中で使われている。

 

DSC_2348.JPG

 

 

ところが・・・・

 

『世界変えた14の密約』の著者である

 

DSC_2349.JPG

 

ジャーナリストのジャック・ペレッティ氏が

 

DSC_2351.JPG

 

「そもそもBMIには医学的な根拠は全くなく金儲けのために一人の男が広めた適当な数値だった」と、ダイエットのタブーを公表。

 

DSC_2347.JPG

 

 

ペレッティ氏が15年に渡って100人に及ぶ関係者たちへのインタビューで明らかになった紛れもない事実。

 

元々BMIには医学的な裏付けが何もなく

金儲けのために一人の男が広めた適当な数値だった。

 

DSC_2355.JPG

 

 

BMIは1835年、数学者アドルフ・ケトレーが統計手法を導入し提案した数値。

 

DSC_2362.JPG

 

ところが、BMIは筋肉量や脂肪量を全く無視した数値で

アドルフケトレー本人が「肥満度を算出するには曖昧な指数」と言っていた。

 

 

しかしそこに目をつけたのが保険会社の統計担当。

 

1945年アメリカニューヨーク

 

メトロポリタン生命の統計担当ルイ・ダブリンは

「何か成果を上げてボスを喜ばせたい」と考えていた。

 

DSC_2369.JPG

 

ある日、保険の顧客リストに目を走らせていたダブリンは

『体重が重い人は保険料の支払額が大きい傾向にある』ということに気づいた。

 

DSC_2373.JPG

 

そして「太っている人が増えればもっと稼げるのでは」と考えたが、

多くの人を無理やり太らせることは不可能。

 

そこで思いついたのが

「標準に分類されている人を肥満に分類することができればより高い保険料を支払わせられるのではないか」ということだった。

 

DSC_2386.JPG

 

そしてそれを裏付けるために引っ張り出してきたのがケトレーが作ったBMI

 

この当時、BMIはほとんど知られていない指数だったため、

「これをうまく利用すれば大金が稼げる」と思ったからだった。

 

この一人の男の企みにより

標準だった半数のアメリカ国民が瞬く間に肥満に変えられた。

 

 

DSC_2388.JPG

 

 

この放送内容にはかなり大きな問題がありますので

その点について後ほど別記事にてお話させて頂きます。

 

※別記事をアップしました。

いい加減な事を言ったらダメ!「BMIには何の根拠もない」ということについて

 

 

≪初耳学・関連記事≫
 

モデルも実践!小顔効果が倍増する美顔ローラーの使い方&小顔エクササイズ

目が大きくなって小顔になる静脈マッサージのやり方「初耳学」3月11日

ほうれい線を1分で消すプロ技とは?大久保佳代子さんが検証「林先生が驚く初耳学」4月30日

ダイエットのためにカロリーオフ食品ばかり食べると太る!原因は人工甘味料「初耳学」2月5日

 

≪あなたの知らない世界≫

 

そして天罰が下る!請求額の数倍の慰謝料を払うことになった夫

 

読者登録してね
 
ランキングに参加しています!
下のバナーにポチをして頂けると記事を書く原動力になります!