神戸市立博物館へ4年前の2017年6月に伺いました(過去記事より)。

 





旅行や出張では美術館か博物館を1件伺う時間を作っています。


そこには、その土地の文化や風土、風習が詰まっているからです。

 

限られた時間のなかで学んだり、考えたり。


表面だけでさなく、深く知ることもできます。

 

 

 


 

神戸市立博物館では改修予定目前だったことと、旅行中の時間ということもあり、より印象深かったです。

 


 

 

 

 

 

神戸市立博物館は、国宝1件21点、重要文化財7件76点を含む、約7万点の館蔵品があるそうです。

 

数あるコレクションのなかでも特に南蛮美術に惹かれました。

 

貿易港をもつ神戸と当時の交流のあった国々と、日本のキリシタンによる独特な文化。

 

 

 

 

 

 

会期中の『遥かなるルネサンス』展を鑑賞しました。

 

天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)として、1582年にキリシタン大名の名代としてローマに派遣された4少年たちの奇跡です。

 

南蛮美術を中心に辿ることができる企画展です。

 

使節に選ばれたのが、当時13~14歳だった伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアンの4人の少年。

 

 

 

 

 

日本史と世界史を併せて感じられる展示に、歴史オタクの家族も大喜び! 

私もそちら系ですが。

 

 

 

 

4名の少年たちの名前は知っていても、特に海外での様子は高校の歴史の授業では、あまり触れられていません。

 

 

 

 

 

4名の少年たちが辿る軌跡と、希望と使命感と栄光と挫折。

 

10代の多感で貴重な時間の多くを信念をもって異国に渡った前後を知るにつけ、大河ドラマで放映してほしいと感じられるほどドラマティックでした。

 

そして帰国後の人生についても、展示品を通して知ることができました。

 

歴史を語る丁寧なキャプションにも助けられました。

 

 

 

 

 

 

先日、神戸市立博物館の改修工事も完了。

 

ぜひまた伺いたいです。

 

コロナ禍にあって、自宅からオンラインで「名品撰」を拝見できる試みもうれしいです。

 

https://www.kobecitymuseum.jp/collection

 

 

 

 

 

 

 







 

 

 

アートで

美しいエイジングを叶える美エイジング®協会

健康・医療・美容の

女性専門家とのコラボレーション、プロジェクト

アートセラピスト桜井まどか美エイジング協会代表

                        

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

美エイジング®︎協会による8月ワークショップのご案内です。

 

公立美術館ワークショップ・パートナーとして2年目を迎え、

 

美術館公式サイト内のイベントページに掲載されました。

 

 

 

 

 

こちらでも先日投稿しましたが、3月開講予定のワークショップは

 

緊急事態宣言をうけて8月に変更になっている回です。

 

 

 

 

 

アートセラピーの塗り絵テーマも春の花から夏の花へと、

 

デザインも新たにご用意しました。

 

蓮と向日葵のいずれかよりお選びいただけます。

 

 

 

 

 

ふたつのなかから選べる、「選ぶ」という行為も大切です。

 

仮に絵柄がひとつしかないと、たとえばわたしのように

 

ちょっとひねくれていると、なにか自分の意思ではないものを感じるわけです‥笑。

 

 

 

 

 

もし絵柄2つ以上あれば。

 

自主的に自分で選んだ、という感覚になれます。

 

とはいえ、選択肢が多すぎると迷いが生じて時間のロスにもなるため

 

通常は企画主催者として、

 

ご参加の方々の属性や趣向をふまえて、適切な図柄と数を事前にご用意しています。

 

 

 

 

 

会場は館内のホールのような規模のスタジオにて。

 

ソーシャルディスタンスを十分にとり、

 

定員は20名さま迄とさせていただいています。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのような見本を制作するのも時間はかかりますが

 

講師としての楽しみのひとつです。

 

今回は画材は水彩をメインに、マスキングインクを使用して

 

背景を自由に描くことと、光の表現をお伝えします。

 

 

 

 

 

千葉市美術館公式サイトです。

 

お申し込みはこちらのページよりお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

スケッチブック1冊が手元にあれば

何か描きたくなります

 

ちょっとしたメモ書きからアイデアも生まれます

 

コピー紙ではだめです、ぬくもりやザラっとした紙独自の手触りが必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アートで

美しいエイジングを叶える美エイジング®協会

健康・医療・美容の

女性専門家とのコラボレーション、プロジェクト

アートセラピスト桜井まどか美エイジング協会代表

                        

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

6月がスタート。

 

春と夏、ふたつの顔を持つこの月は、1年の移り変わりの速さも感じさせます。

 

 

 

 

 

我が家の庭では、早春に植え替えた紫陽花の株が大きくなってきています。

 

庭のコンテナ(寄せ植えの鉢)の植物を夏に強いものに入れ替える時期。

 

季節に合わせてガーデニング熱が再燃しています。

 

 

 

 

 

ガーデニングでは植物の色味は多くないほうが、まとまりがつきます。

 

苗から購入すると、つい赤やピンク、黄色、紫など色々目移りしてしまいますよね。

 

でも、満鑑色のお庭は、あれもこれもと頑張ってしまう初心者のイメージになりがちです。

 

 

 

 

 

アラフィフのお庭は基本1色と、その色を映させる補色で3色以内にまとめています。

 

カラーグラデーションの濃淡で考えると、色が増えすぎないですみます。

 

結果、洗練された雰囲気や穏やかなイメージをつくることができます。

 

 

 

 

 

過去のブログから自宅庭の様子です。

 

いろいろな年の6月です。この写真を目にするだけで

 

その頃の気持ちや体調も感覚的に蘇ります‥。

 

 

 

 

好きな色を身近におきたいという心理と、

 

好きな色だけにかこまれて、心地よくありたい願望が私の庭なのです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色彩心理学によるガーデニングのノウハウをお伝えし

 

オリジナル・セラピー塗り絵を楽しむワークショップも開講しています。

 

 

 

 

 

アラフィー女性の健康と心理に寄り添う内容の講座とワークショップの

 

企画力が美エイジング®︎協会の強みです

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵な器に爽やかな色合いの寄せ植えは

ひとつあるだけで存在感があります

 

プロの植え方、配分なので、夏にぐっと成長

何ヶ月もたのしむことができます

 

 

 

 

 

 

 

 

アートで

美しいエイジングを叶える美エイジング®協会

健康・医療・美容の

女性専門家とのコラボレーション、プロジェクト

アートセラピスト桜井まどか美エイジング協会代表

                        

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

5月も最終日。

 

 

 

 

緑の中で過ごす時間は、なにより元気を与えてくれます。

 

日差しを適度に遮ってくれて、ハーブの香りも届きます。

 

 

 

ホームセンター内のカフェは、グリーンも絶妙な配色で。

 

 

 

 

 

 

こちらはドクダミ。

 

足元に広がる背丈のひくいもの達もかわいいです。

 

 

 

 

 

 

5月から、すでに初夏を通り越して夏日も。

 

そんな気候の境目では、心身のバランスに気をつけたいです。

 

 

 

 

50代女性は、無理にポジティブへ向かう必要はないのでは?と感じています。

 

途中で倒れてしまったり、計画が頓挫してしまうくらいなら

 

長く走れることのほうが、ずっと大切です。

 

 

 

 

 

私は持病があるということもあり、低燃費で過ごしています。

 

「低燃費で」という意味は

 

やる気がないということではなく、疲れたらこまめに

 

心身のおやすみをはさみながら、健康にきをつけつつ過ごすということです。

 

そして、加速する時は、きちんと!

 

 

 

 

 

パワーを使ったなと感じた時の後には、ゆったりと気晴らしする時間をつくります。

 

そうした自分への見定めも、いままでの沢山の失敗から得られたことです。

 

現在は、自宅で過ごす時間を豊かにすることですね。

 

 

 

 

 

 

効果を感じられるこころのスイッチ切り替えとして、

 

日常に手軽にアートセラピーを取り入れています。

 

美エイジング®︎協会ではオンラインでのワークショップでは、

 

はじめての方やマンツーマンご希望の方にもご対応中です。

 

 

 

 

色彩のパワーや画材の思いがけない効果から、五感が刺激されます

すこし遠のいていた感覚や、蓋をしていた感情が溢れ出ます。

 

日常のルーティーンのなかで過ごしている場合、こうしたワークショップは自由度が高く、

のびのびとした感覚を味わうことが可能です。

 

 

 

 

 

おうちで過ごす時間が長くなっている現状は、1年以上継続しているなか、このようなレッスンを日常に上手に取り入れている方々が増えています。

 

すると、自宅がスタジオのように変化していく過程をアートセラピストとしても感じています。

 

 

 

 

 

生活の基盤であったスペースのわずかな部分、テーブルひとつのスペースであっても、自分の得意なことや好きなこと、ワクワクすることをしてみれば、そこは自分だけのアートスタジオなのです。

 

 

 

各人が持ち寄る画材によって作品が創られていくスペースは、「みんなのスタジオ」(みなスタ)と言えます。

 

それぞれの感情があふれだし、クリエイティブなスペースとして、オンラインを通して互いにハッキリと感じることができる、多様な表現が生まれる場になるのです。

 

 

この楽しい時間、自分にプラスにしかなりえない体験を!

 

 

 

 

 

こちらは美術館より配信の美エイジング®︎協会オンライン講座です。

 

 

 

 

6月は美エイジング®︎協会オンライン講座 土日開講予定です

おひとりさま¥6,000 (税込) zoomにて

事前お振り込み確認後、塗り絵キットを郵送

ポストカード大・季節の花のオリジナルセラピー塗り絵の

数種類のなかから1または2枚 ご選択のデザインをお届けします

 

画材はクレヨン・水彩・色鉛筆などおすきなものをご用意ください

 

PCの場合は1回線でおふたりまでご対応可能です

ご友人・親子など

その際は人数分の参加費用となります

 

 

6月12日(土) 満席 10:00-12:00 

   満席 19日(土)10:00-12:00   

    26日(土)10:00-12:00

    27日(日)10:00-12:00   14:00-16:00

 

ワークショップへのお問い合わせ・ご予約

健康・美容・心理のセミナー企画・主催

 

 

 

 

アートのワークショップ参加の時のお薦めのグッズ

 

画板があると用紙がズレません

背景が暗い色(灰)の場合、絵が浮き出て上手に感じられます

 

 

 

 

作品を遠目に、俯瞰で観る際に適しています

斜めのほうが目が疲れず、見本を見ながら彩色の場合は描きやすいです

 

 

 

 

平らのため、積み重ねや縦で収納の際に便利です

 

 

 

 

               

 

 

 

アートで

美しいエイジングを叶える美エイジング®協会

健康・医療・美容の

女性専門家とのコラボレーション、プロジェクト

アートセラピスト桜井まどか美エイジング協会代表

                        

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ

緊急事態宣言は6月20日まで延長になったことで、

 

「おうち時間」をますます豊かに充実させていきたいですね。

 

美エイジング®︎協会代表理事・桜井まどかです。

 

 

 

 


自宅で過ごす時間を輝かせるために、色彩が心理に及ぼす効果を活かします。

 

楽しい

美味しそう

嬉しい

きれい

美しい など。

 

 

 

瞬間的に芽生え、自分にとって心地よい感情。

 

これらを引き出してくれる色を、生活に取り入れるコツ

⇩⇩⇩

 

 

 

 

千葉市美術館みんなでつくるスタジオ・みなスタ

 

 

 

美エイジング®︎協会ではオンラインでのワークショップでは、

 

はじめての方やマンツーマンご希望の方にもご対応中です。

 

 

 

 

色彩のパワーや画材の思いがけない効果から、五感が刺激されます

すこし遠のいていた感覚や、蓋をしていた感情が溢れ出ます。

 

日常のルーティーンのなかで過ごしている場合、こうしたワークショップは自由度が高く、

のびのびとした感覚を味わうことが可能です。

 

 

 

 

 

おうちで過ごす時間が長くなっている現状は、1年以上継続しているなか、このようなレッスンを日常に上手に取り入れている方々が増えています。

 

すると、自宅がスタジオのように変化していく過程をアートセラピストとしても感じています。

 

 

 

 

 

生活の基盤であったスペースのわずかな部分、テーブルひとつのスペースであっても、自分の得意なことや好きなこと、ワクワクすることをしてみれば、そこは自分だけのアートスタジオなのです。

 

 

 

各人が持ち寄る画材によって作品が創られていくスペースは、「みんなのスタジオ」(みなスタ)と言えます。

 

それぞれの感情があふれだし、クリエイティブなスペースとして、オンラインを通して互いにハッキリと感じることができる、多様な表現が生まれる場になるのです。

 

 

この楽しい時間、自分にプラスにしかなりえない体験を!

 

 

 

 

 

こちらは美術館より配信の美エイジング®︎協会オンライン講座です。

 

 

 

 

6月は美エイジング®︎協会オンライン講座 土日開講予定です

おひとりさま¥6,000 (税込) zoomにて

事前お振り込み確認後、塗り絵キットを郵送

ポストカード大・季節の花のオリジナルセラピー塗り絵の

数種類のなかから1または2枚 ご選択のデザインをお届けします

 

画材はクレヨン・水彩・色鉛筆などおすきなものをご用意ください

 

PCの場合は1回線でおふたりまでご対応可能です

ご友人・親子など

その際は人数分の参加費用となります

 

 

6月12日(土) 満席 10:00-12:00 

   満席 19日(土)10:00-12:00   

    26日(土)10:00-12:00

    27日(日)10:00-12:00   14:00-16:00

 

ワークショップへのお問い合わせ・ご予約

健康・美容・心理のセミナー企画・主催

 

 

 

 

アートのワークショップ参加の時のお薦めのグッズ

 

画板があると用紙がズレません

背景が暗い色(灰)の場合、絵が浮き出て上手に感じられます

 

 

 

 

作品を遠目に、俯瞰で観る際に適しています

斜めのほうが目が疲れず、見本を見ながら彩色の場合は描きやすいです

 

 

 

 

平らのため、積み重ねや縦で収納の際に便利です

 

 

 

 

               

 

 

 

アートで

美しいエイジングを叶える美エイジング®協会

健康・医療・美容の

女性専門家とのコラボレーション、プロジェクト

アートセラピスト桜井まどか美エイジング協会代表

                        

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ